キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

プロミスの審査・契約】本人確認書類じゃ足りない?問合せに基づく本当に必要なモノ

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類

    「CMでよく聞く<プロミス>で必要なお金を借りてみたいけれど、運転免許証も無ければ給与明細も管理できていない……」

    そんな場合であってもプロミスなら、「インターネット契約」かつ「50万円以下の契約」という条件の下で健康保険証等1枚での借入が可能……かも。
    実際の必要書類は審査状況によって変わってくるため100%とは言えないものの、契約方法や内容に気を配っておけば、必要最低限の書類で審査通過を狙うことは難しくありません。

    今回は、プロミス公式が提供する規約や必要書類に関する法律、そして実際のプロミスユーザー15名によるアンケート回答をもとに、「プロミスとの契約に必要な書類」情報をまとめました。
    読み終えていただければ、今用意できる書類を使って「プロミス」との契約を結べる可能性があるか否かが分かります。

    「プロミス」申込条件(公式HPより)
    • 年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    事前にチェック!プロミスの「基本の必要書類」

    事前にチェック!プロミスの「基本の必要書類」

    それでは項目別の「プロミス」必要書類について、詳しく見ていきましょう。

    ★「プロミス」必要書類
    提出が必要な方該当する書類
    本人確認書類全利用者運転免許証
    無ければパスポートまたは健康保険証

    ※来店契約の場合に限り、顔写真なしの書類には補助書類の提出が必要
    ※マイナンバーカード等の書類もOKとのこと
    住所確認書類
    • 本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合
    • 来店契約時、写真付きの本人確認書類を用意できない場合
    以下のいずれか1点(発行日から6ヶ月以内のものに限る)

    • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
    • 社会保険料の領収書
    • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
    • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

    ※現住所を確認できる、二点目の本人確認書類を提出してもOK

    収入証明書類
    • 限度額50万円超の場合
    • プロミスとの契約額+他の貸金業者※1からの借入額が100万円を超える場合
    以下のいずれか1点

    • 源泉徴収票(最新のもの)
    • 確定申告書(最新のもの)
    • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

    ※その他、住民税決定通知書などの公的書類もOK

    勤務先確認書類(在籍確認書類)勤務先への電話を避けてほしい場合
    勤務先の休業中に審査を受けたい場合
    • 最新の給与明細書
    • 社会保険証、組合保険証など勤務先の確認できる保険証

    その他、応相談

    その他外国籍の場合在留カードまたは特別永住者証明書
    ※1 主に消費者金融会社、クレジットカードのキャッシング枠

    ①インターネットでの申し込みなら顔写真付きの書類がなくてもOK

    とりあえずどこの金融機関からお金を借りるにしても、必ず提出することになるのが「本人確認書類」。なりすましを防ぐためですから、当然と言えば当然ですね。

    プロミス公式HPにおける「本人確認書類」に関する規定は以下の通り。

    プロミス公式HPにおける「本人確認書類」に関する規定
    ▲プロミス公式HPより

    一見すると本人確認書類に「健康保険証」を用いる場合には、住民票などの補助書類が必要そうに見えますが……。
    下に脚注のある通り、これを求められるのは来店(自動契約機含む)契約の場合のみインターネット上で契約手続きを済ませる場合には、健康保険証1枚での本人確認が可能です(プロミスへ電話確認済み)。
    よって本人確認書類が用意できなくて困る、ということはほぼ無いと言って良いでしょう。

    ……とは言え他社では認められる書類(マイナンバーカード等)の記載が無かったのが気になったため、問い合わせを行ってみたところ得られた回答は以下の通り。

    【管理人】山本
    保険証を発行待ちの状態で、免許もパスポートも取っていないのですが申し込みは出来ますか?
    プロミスの回答
    そういったご事情でしたら…公的な本人確認書類、具体的には住民基本台帳カードや個人番号カード(マイナンバーカード)は発行されていますか?
    【管理人】山本
    マイナンバーカードでしたら探したらあるかもしれないですが……。
    プロミスの回答
    そちらが見つかるようでしたら、そちらでご契約が可能です。
    ただもし見つからないということでしたら住民票とその他、ご本人様の氏名、生年月日とご住所の確認できる公的な書類をもう一点ご用意いただく形でも大丈夫です。

    (2019年7月問合せ分)

    というわけで公式HPに記載が無くても、一般的に「本人確認書類」として認められる、「写真付きの公的な書類」であれば、問題なく利用できるようですね。

    ★学生証や社員証は国や地方公共団体が発行するものであっても、本人確認書類として用いることはできません。

    本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合には、「住所確認書類」の提出が必要となります
    運転免許証に記載されているのは旧住所だけれどマイナンバーカードの方には新住所が書いてある、といった場合には、マイナンバーカードを本人確認書類として用いることで追加書類の提出を回避できることでしょう。
    ※マイナンバーの書かれている書類を提出する際は、番号が見えないように、コピーして塗りつぶす、紙を貼るなどの加工が必要となります。(参考プロミス公式HP 個人番号(マイナンバー)記載書類ご提出の際のお願い)

    ★プロミス公式HP上では「住所確認書類」として公共料金の領収書などが挙げられていますが……。
    警察庁の公式HPでは、「もう一点の本人確認書類を提出することで住所確認が可能」といった旨の記載を見ることができます。
    実際、後に紹介するアンケート結果においても「現住所と運転免許証に記載の住所に違いがあったため、健康保険証を提出した」方の回答を確認することができました。
    最近引っ越しをされた場合には、こちらも参考にしてみてくださいね。

    警察庁公式HPに基づく本人確認書類一覧(クリック/タップで開きます)
    【写真あり】

    • 運転免許証
    • 運転経歴証明書
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    • 個人番号カード(マイナンバーカード/通知カードとは異なります)
    • 旅券(パスポート)・乗員手帳
    • 身体障害者手帳等
    • その他官公庁から発行又は発給された書類その他これに類するもので、当該自然人の氏名、住居及び生年月日の記載があり、かつ、当該官公庁が当該自然人の写真を貼り付けたもの
      (※住民基本台帳カードなど)

    【写真なし】

    • 各種健康保険証
    • 国民年金手帳等
    • 母子健康手帳
    • 印鑑登録証明書
    • 戸籍謄本又は抄本
    • 住民票の写し又は記載事項証明書
    • その他官公庁から発行又は発給された書類その他これに類するもので、当該自然人の氏名、住居及び生年月日の記載があり、かつ、当該自然人の写真がないもの(個人番号の通知カードを除く)
    • 外国政府又は国際機関が発行した書類等(日本国政府の承認した外国政府又は権限ある国際機関の発行した書類その他これに類するもの)

    健康保険証以外の「写真なし」の書類は、インターネット申込時であってもこれ1点で「本人確認書類」として用いることができません
    住所確認書類として使う分には差し支えないとは思いますが、本人確認書類は原則「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」あるいはその他顔写真付きの書類のみ、と思っておくのが無難かと思います。上に記載の「写真なし」の書類は、あくまで住所証明のための(あるいは後述の、来店契約を行うための)補助書類と考えて頂くのが良いでしょう。

    出典:警察庁刑事局組織犯罪対策部「犯罪収益移転防止法の概要
    (平成30年11月30日以降の特定事業者向け)」

    自動契約機または有人店舗での申し込みだと、本人確認書類に関する規定は異なる

    あなたが自動契約機、またはプロミスの有人店舗で契約手続きを行う場合、保険証はじめ「顔写真なしの書類」1点では本人証明を達成することができません
    これはプロミスのせいではなく、犯罪収益移転防止法(正しくは「犯罪による収益の移転防止に関する法律」)の制限のせいですね。そのためプロミス以外の金融機関であっても、来店契約であれば同様の対応が取られます

    来店契約時における、本人確認書類の規定は以下の通り。

    • 運転免許証など、顔写真付きの公的書類1点
    • 健康保険証(他の書類も相談次第で使えるかも)+住所確認書類1点

    ここで言う住所確認書類はプロミス公式HPいわく

    • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
    • 社会保険料の領収書
    • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
    • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

    のいずれか。とは言え電話で問い合わせを行ったところ「国民年金手帳でもOK」とのことでしたので、上で紹介した警察庁公式HPに基づく本人確認書類であれば大体どれでも問題なく利用できる可能性大です。

    ★顔写真付きの本人確認書類を持っておらず、住所確認書類の用意に煩わしさを感じるのであれば、保険証のみで本人確認のできるインターネット契約をご利用ください。
    (ただし保険証に記載の住所と現住所に相違がある場合には、こちらも住所確認書類が必要)

    ②限度額50万円以下なら収入証明書は不要な可能性が高い(他社借入のないとき)

    プロミスは、以下の条件に該当するとき「収入証明書類」の提出が必須となります。

    • プロミスとの契約額(限度額)が50万円を超える(50万円までは提出不要)
    • プロミスとの契約額+他の貸金業者からの借入額が100万円を超える
      (貸金業者…主に消費者金融会社、クレジットカード会社のキャッシング枠。ショッピングリボや銀行ローンは該当しない)

    この規定もプロミス独自のものではなく、「貸金業法」の規定によるものですね。

    モビット等とは異なり、プロミスの公式HPでは収入証明書が必要になる基準が明記されています。
    よって貸金業法の制限に触れない範囲なら、収入証明書なしで借りられる可能性が高いでしょう。

    ただし審査の進み具合によっては、限度額にかかわらずプロミスから収入証明書の提示を求められる可能性があります。(とくに自営業者・個人事業主、または多重債務者など)

    ★プロミスでは限度額にかかわらず、審査の過程で「収入証明書を提出できるなら限度額を○○円まで引き上げられる」といった提案がなされることがあります。
    収入証明書類を用意できるなら、それに越したことは無いでしょう。

    ★プロミスが公式HP上で定める収入証明書類は以下の5点です。

    • 源泉徴収票(最新のもの)
    • 確定申告書(最新のもの)
    • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
    • 税額通知書(住民税決定通知書/最新のもの)
    • 所得(課税)証明書(最新のもの)

    各書類の入手方法については以下のページをご覧ください。

    CHECK金融機関との契約に使える「収入証明書」の種類とその入手・再入手方法

    ③勤務先への電話を避けたい、または勤務先が休業中なら「勤務先確認書類」を揃えておこう

    ここまで紹介してきたのは、大体公式HP上に記載のある書類ばかりでしたが……。
    「プロミス」のサイトに情報が無いにもかかわらず、審査の際に提出を求められやすいのが「勤務先確認書類」です。「在籍確認書類」と言い換えても良いでしょう。

    原則として、プロミスはじめとするカードローンの審査では、申込者が申込情報通りの勤務先に勤めている(在籍している)ことを確認する「在籍確認」という過程が必要となります。
    そしてこの在籍確認、基本的には電話を使って、つまりプロミスがあなたの勤務先に電話を掛ける形で行われるのですが……。

    • 申込者が、勤務先への電話確認を避けたいと考えている
    • 勤務先が休業日なので、電話を掛けても繋がらない
    • 勤務先に電話を掛けたはいいが、個人情報の保護などを理由に在籍の確認を取れなかった

    といった理由で「電話を使った在籍確認ができない」ことはまったく珍しくないんですね。
    そしてここで必要になるのが「勤務先確認書類(在籍確認書類)」というわけです。

    該当するのは主に

    • 健康保険証(申込者の勤務先の確認できるものに限る)
    • 最新分の給与明細書

    など。このあたりの詳細は担当者の判断によりますが、社員証の提出をもって契約できたという報告も見受けられました。

    電話を使った在籍確認が100%可能なら不要なものの、そうでないなら(あるいは単に電話を避けたいなら)あらかじめ「勤務先確認書類」を用意しておくと安心ですね。

    CHECKプロミスに聞いた!在籍確認の基本仕様と電話の避け方

    ちなみに勤務先の確認できる保険証があれば、本人確認と勤務先確認を一度に済ませることも可能です。

    「プロミス」申込者15名に聞いた!みんなの「実際に提出した書類」

    「プロミス」申込者15名に聞いた!みんなの「実際に提出した書類」

    ここからは「公式情報」だけじゃ頼りない!というあなたのために、2015年以降のプロミスユーザー15名を対象としたアンケート結果の中から「実際に提出した書類」に関する情報をご紹介させて頂きます。

    ★2015年以降に入会された「プロミス」ユーザー15名のアンケート回答(一部)
    契約限度額提出した書類備考
    20代、アルバイト
    年収190万円
    10万円保険証の写真裏表
    20代、アルバイト
    年収240万円
    運転免許証
    20代、アルバイト
    年収100万円
    健康保険証
    30代、会社員
    年収300万
    免許証
    マイナンバーカード
    社会保険証のカード
    金融ブラック状態
    (クレジットカードを10年間踏み倒し中)
    20代、会社員
    年収414万円
    運転免許証、源泉徴収票(※電話での在籍確認なし)申込者希望による在籍確認電話の回避
    他社借入30万円
    20代、派遣社員
    年収320万円
    給与明細
    本人確認書類(健康保険証)
    20代、アルバイト
    年収180万円
    15万運転免許証のみ金利15%
    20代、会社員
    年収400万
    最初は30万過去2ヶ月分の給与明細、免許証です。金利15%
    20代、会社員
    年収400万円
    50万円免許証、収入証明になるもの。
    (※電話での在籍確認なし)
    日曜日申し込みのため書類で在籍確認
    銀行カードローン債務20万円
    ショッピングリボ債務60万円
    30代、会社員
    年収350万円
    運転免許証と保険証
    (※住所証明のため)
    他社借入100万円
    (おそらく銀行)
    運転免許証に記載の住所と現住所に相違あり
    30代、会社員
    年収500万
    給料明細と免許書のコピーをインターネットで送付しました。
    20代、会社員
    年収400万円
    本人確認書類
    20代、会社員
    年収360万
    運転免許証、保険証金利13%
    他社借入30万円
    (アコム)
    20代、会社員
    年収480万円
    70万円免許証
    源泉徴収票
    (※貸金業法の上で必須)
    キャッシュカード
    (※おそらく返済用口座登録のため)
    金利15%
    30代、会社員
    年収600万円
    審査落ち免許証
    源泉徴収票
    他社借入約300万円
    (銀行から)
    インターネット契約(顔写真なしの書類も本人確認書類として利用可)
    自動契約機契約(顔写真の無い書類1点による本人確認不可)

    限度額50万円以下、かつ在籍確認を電話で行ったにもかかわらず、収入証明書を提出された方がしばしば見受けられますが……。
    「プロミス側から給与明細の提出を求められた」といった報告はありませんでしたので、おそらくほとんどは自主的な書類提出でしょう。
    (プロミスは書類による収入確認を推進しており、これを提出することで独自ポイントがもらえたり、限度額が優遇されたりします)

    何にせよ「年収100万円」「年収190万円」といった属性の方が健康保険証1枚での借入に成功させている点を見るに、収入や職業を理由に提出書類が増えることは無さそう
    限度額を高望みせず、単に契約を結ぶだけならば、本人確認書類1点で済むことがほとんどと見て差し支えないかと思います。

    ★自動契約機(または有人店舗窓口)を利用する場合、書類に不備があるとその場で契約を済ませることができません
    他社借入が多い、自営業であるなど、追加書類を求められやすい状況にあるのなら、プロミス側からの電話連絡を受け、その都度対応のできる「インターネット申込」の選択をおすすめします。

    「プロミス」基本のインターネット契約の流れ

    「プロミス」基本のインターネット契約の流れ

    最後に、「プロミス」における基本のインターネット契約の流れを復習しておきましょう。

    プロミス「インターネット契約」の流れ

    インターネットから申し込み
    即日融資を狙うなら21時までに申し込み完了
    一次審査(おそらく機械審査)
    通過後は書類提出を促すメールが届く
    インターネット上、もしくはスマートフォンアプリで
    必要書類の写真を提出

    ※携帯電話へ申込確認の電話が入る可能性あり
    在籍確認あり(相談次第で回避可)
    本審査通過メール
    (ここまで申し込みから最短30分)
    メールに添付のURLからネット上で契約手続き
    カード発行希望の選択など
    契約完了
    振込融資または「スマホATM」での
    借入が可能に
    (ここまで最短1時間程度)
    ローンカードの郵送(希望者のみ)

    イメージとしてはプロミスが審査を行っている間に、あなたが書類を出したり、プロミスから各電話確認が入ったりする感じです。
    (メール等で適宜指示が入ります/プロミス側の審査対応は22時まで)

    各書類は

    • スマートフォン上で撮影した写真を所定の場所にアップロード
    • スマートフォンアプリ内で撮影・提出

    といった形で提出可能。
    もともとプロミスは「来店なしでの契約・借入」に強い金融機関ですから、手間を掛けずに必要なお金を調達できるのは嬉しいですね。

    詳しい契約の流れ(来店契約含む)については以下のページをご覧ください。

    CHECK契約方法・曜日別、「プロミス」で即日融資を受けるための条件とタイムリミット
    CHECK「プロミス」に聞いた!在籍確認の基本仕様と電話の避け方
    CHECK契約方法別、「プロミス」審査・借入の流れ

    まとめ

    まとめ

    • プロミスの契約に必要なのは原則として「本人確認書類」のみ。
      (契約額50万円以下かつ他社借入との合計額100万円以下、住所変更がないとき)
      インターネット契約(Web完結)であれば健康保険証一点での契約も狙えるのが嬉しい
    • 本人確認書類に記載の住所と現住所に相違がある場合には、追加の書類提出が必要。とは言え公式HP情報通り公共料金等の領収書を用意できなくても、保険証などで対応可
    • 電話を使った在籍確認を拒否したい(または休業日などを理由に電話が繋がらない)のなら、「勤務先を確認できる書類」(主に保険証、給与明細)の提出が必要。あらかじめ用意しておこう

    公式HPに記載の無い書類での住所確認・本人確認等を認めてくれる可能性のある一方で、勤務先確認書類はじめとする追加の書類も求められ得る「プロミス」
    書類の準備に不安があるのなら、臨機応変に対応しやすい「インターネット申込」「インターネット契約」を選択するのが良さそうです。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    いずれの消費者金融会社でも本人確認は必要なのですが、プロミスのWeb完結なら保険証1枚のみでもOKな場合もあります。これならスムーズに手続きできそうですね。とはいえ自分勝手に判断するのは危険です。必ずプロミスに確認を取りましょう。限度額50万円以下なら収入証明書は不要な可能性は高いのですが、働き方によっては追加で書類が必要になることも。アンケートを参考に、自分の場合には何が必要なのか確認しておきましょう。

    CHECK「プロミス」に聞いた!在籍確認の基本仕様と電話の避け方

    ★「プロミス」必要書類の詳細
    提出が必要な方該当する書類
    本人確認書類全利用者運転免許証
    無ければパスポートまたは健康保険証
    ※マイナンバーカード等の書類もOKとのこと
    住所確認書類
    • 本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合
    • 来店契約時、写真付きの本人確認書類を用意できない場合
    以下のいずれか1点(発行日から6ヶ月以内のものに限る)

    • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
    • 社会保険料の領収書
    • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
    • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

    ※現住所を確認できる、二点目の本人確認書類を提出してもOK

    収入証明書類限度額50万円超の場合
    またはプロミスとの契約額+他の貸金業者※1 からの借入額が100万円を超える場合
    以下のいずれか1点

    • 源泉徴収票(最新のもの)
    • 確定申告書(最新のもの)
    • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
    • 税額通知書(住民税決定通知書/最新のもの)
    • 所得(課税)証明書(最新のもの)
    勤務先確認書類(在籍確認書類)勤務先への電話を避けてほしい場合
    勤務先の休業中に審査を受けたい場合
    • 最新の給与明細書
    • 社会保険証、組合保険証など勤務先の確認できる保険証

    その他、応相談

    その他外国籍の場合在留カードまたは特別永住者証明書
    備考
    • 審査状況や担当者の判断により、限度額などの条件にかかわらず追加の書類の提出を求められる場合があります
    • 年収100万円・190万円のアルバイターも健康保険証のみでの借入に成功
    • 各書類はスマートフォンなどで撮影+インターネット上で提出可
    ※1 主に消費者金融会社、クレジットカードのキャッシング枠
    ★「プロミス」基本情報
    金利4.5%~17.8%限度額1万円~500万円
    ※上限は年収の3分の1
    審査スピード最短30分申込~借入までの必要時間最短1時間
    申込条件
    (公式HPより)
    年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方

    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント