キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

プロミス申込者55名に聞く!審査に落ちた理由はほぼ他社借入(+α)?次の申込先も

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    プロミス申込者55名に聞く!審査に落ちた理由はほぼ他社借入(+α)?次の申込先も

    プロミスの審査に落ちてしまった。
    確かにクレジットカードも延滞したことがあるし、他社からも少しお金を借りているけれど、審査落ちの理由が分からないんじゃ対処のしようも無い……」

    プロミスに限らず、金融機関の審査基準は完全非公開
    ……とは言え実際のユーザーにアンケート調査を行ってみると、おおまかな「傾向」くらいは掴むことができます。
    そしてどうやらプロミスの場合は、「信用情報問題や収入の低さ等には割と寛容」な一方で「他社借入に厳しめ」な審査を実施しているようですね。

    今回は2015年以降に「プロミス」へ申し込みを行った55名の方にアンケート調査を実施。その回答から、プロミスの審査傾向を分析しました。
    読み終えていただければ、今のあなたが取るべき行動が分かります。

    ★「プロミス」基本情報
    申込条件
    (公式HPより)
  • 年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方(申込ページより)
  • 現在お仕事をされていらっしゃる方(よくある質問ページより)
  • ※上記条件を満たせない場合はこちらのページをご覧ください。

    備考既に貸金業者(消費者金融会社、クレジットカードキャッシング枠)からの借入合計が年収の3分の1に達している場合、プロミスでの審査通過は不可(総量規制/緊急時医療費などの例外あり)

    ★無職の方は収入の有無を問わずプロミスの審査に通ることはできません。
    このページでは上の申込条件を満たしていることを前提に解説を進めさせていただきます。ご承知おきください。

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    「プロミス」審査落ちの理由はほぼ「他社借入(+α)」?実際のユーザーアンケートからチェック!

    「プロミス」審査落ちの理由はほぼ「他社借入(+α)」?実際のユーザーアンケートからチェック!

    それでは早速、実際のアンケート調査から「プロミス」の審査傾向を分析していきましょう。

    事前にチェック!「信用情報」「ブラック状態」について

    アンケート調査結果を見ていく前に知っておきたいのが、ここから何度も登場する「信用情報」「ブラック状態」といった言葉。

    信用情報とは簡単に言うと、各種ローンやクレジットカード、携帯電話端末の分割払い等「審査が必要な後払いサービスの利用履歴」ブラック状態とはその後払い履歴に何らかの問題が残っていることを言います。

    あなたが何らかの後払いサービスを利用すると、その情報は「個人信用情報機関」という場所に保存され、審査のたびに閲覧されます。もちろんこれはプロミスも例外ではありません。
    要はこれまで何らかの後払いで問題を起こしていると、プロミスはじめあらゆる金融機関の審査が不利に進んでしまうわけですね。

    実際に「信用情報問題」と見なされる要因は以下の通りです。(主なもののみ掲載しています)

    存続期間
    ブラッククレジットカード、各種ローン、各種分割払い(携帯電話端末含む)の支払いを「61日」または「3ヶ月」以上延滞「延滞解消から」5年
    クレジットカード、各種ローン、各種分割払い(携帯電話端末含む)契約の強制解約5年
    債務整理5年
    ブラック未満のキズクレジットカード、各種ローン、各種分割払い(携帯電話端末含む)の支払いを「1ヶ月前後※」延滞延滞発生月から2年
    各ローン等へ立て続けに申込を行った
    (いわゆる申し込みブラック/ただしキズと見なされる申込数は金融機関等による)
    6ヶ月
    これまでに一度も各種「後払い」サービスを利用したことが無い
    (消費者金融会社の審査ではあまり問題にならない)
    ※ブラック未満のキズを付ける基準は金融機関による

    該当するものがあればあなたは「ブラック」または「ブラック未満」の信用情報を抱えていることになります。

    ★その他、後払いサービスを延滞「中」の場合は、その日数が61日に満たなくてもブラックと同様、あるいはそれ以上の問題として扱われることが多いです。

    ★ブラック未満の延滞情報が残っているかどうかは、「個人信用情報」を開示するまで確認することができません。もし興味があれば、こちらもチェックしてみてください。

    CHECK個人信用情報の開示とその見方、開示請求先の選び方について

    ①審査落ちの理由はやはり「他社借入」「信用情報問題」が多い

    はじめに紹介するのは、今回「2015年以降にプロミスへ申し込んだ方」を対象としたアンケート調査のうち、「審査に落ちてしまった」という方の回答です。
    グレーで色を付けている箇所は審査結果に影響を及ぼしたであろう箇所ですね。

    ★「プロミス」申込経験者アンケート中、審査落ちと回答された方の回答
    年収職業他社借入備考
    80万円学生推定リボ残高あり
  • 金額は不明
  • 96万円アルバイトクレカキャッシング枠20万
    アイフル10万
    プロミス10万
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 200万円会社員
    (非上場)
    なし
  • 2年以内に携帯端末分割払いを1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 280万円契約社員なし
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 300万円派遣社員アコム30万
  • 勤続3ヶ月
  • クレカ等を「2ヶ月」以上延滞「中」
  • 後にレイクALSAで可決(20万円)
  • 300万円派遣社員なし
  • 10年以内に自己破産
  • 350万円自営業楽天カード
    キャッシング30万
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 5年以内の強制解約処分
  • 365万円会社員
    (非上場)
    楽天カード30万
    ライフカード30万
    JCB10万
    出光クレジットカード50万
    auクレジットカード30万
    ジャパンネット銀行160万
    北陸銀行atmカードローン30万
  • アコム、アイフル、モビット、楽天カードローンも審査落ち
  • 400万円契約社員なし
  • 5年以内の強制解約処分
  • 600万円会社員
    (非上場)
    楽天カード200万近く
    住信SBI銀行100万ぐらい
  • 勤続4ヶ月
  • 600万円自営業アコム56万円
    アイフル10万円
  • 5年以内に任意整理
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 1585万円会社員
    (非上場)
    他社で4件、合計290万円
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 赤太字:ブラック状態、またはそう推測される要因
    黒太字:ブラック未満の信用情報問題

    ご覧の通り、全く・完全にクリーンな状態で審査に落ちてしまった、という方はいらっしゃいません。申込条件(20歳~69歳で仕事をしている)を満たしているなら、何の理由もなくプロミスの審査に落とされることは無いと言って良いでしょう。

    ②「年収の25%を超える債務あり」「他社借入の他にも問題あり」だと審査通過は困難か

    ここからは審査落ちに繋がったであろう、直接的な原因別に解説を進めて行きます。
    まずは多くの方が該当されていた「他社借入(他社債務)」ですね。実に審査に落ちてしまった12名のうち8名が、これを抱えていらっしゃいました。
    ……とは言えもちろん、他社からお金を借りながら審査に通過できた方もいらっしゃいます。

    そこでここではアンケート調査のうち、可決・否決を問わず「他社借入があった」方の回答をまとめてみました。

    ★他社借入欄について、「年収の25%を超える債務」があったという回答を黒く、「年収の20%~25%未満の債務」があったという回答を灰色に色づけています。

    ★「プロミス」申込経験者アンケート中、「他社借入あり」と回答された方の回答
    年収職業他社借入限度額備考
    否決80万円学生推定リボ残高あり審査落ち
    可決96万円学生20万円10万円
  • 勤続6ヶ月
  • 否決96万円アルバイトクレカキャッシング枠20万
    アイフル10万
    プロミス10万
    審査落ち
  • プロミスの前にモビットで審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 可決200万円アルバイト50万円10万円
  • 2年
    以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 266万円会社員
    (上場)
    40万円23万円
  • 後にアイフルで可決(18万円)
  • 270万円アルバイトアコム50万円
    モビット16万円
    24万円
  • 勤続14年
  • 280万円会社員
    (非上場)
    レイク60万10万円
    290万円派遣社員50万10万円
  • レイクALSA、同時申込みで可決(30万円)
  • 否決300万円派遣社員アコム30万審査落ち
  • 勤続3ヶ月
  • クレカ等を「2ヶ月」以上延滞「中」
  • 後にレイクALSAで可決(20万円)
  • 可決300万円会社員
    (非上場)
    アコムに50万円50万円
    300万円契約社員三井住友銀行100万円50万円
  • 後にアイフル可決(50万円)
  • 350万円会社員
    (上場)
    100万円
    (推定銀行)
    50万円
  • 勤続11年
  • 後にモビットで可決(限度額不明)
  • 否決350万円契約社員UFJニコスのリボ50万円
    千葉銀行カードローン50万円
    審査落ち
  • 勤続6ヶ月
  • プロミスの後、アコムで審査通過(50万円)
  • 350万円自営業楽天カード
    キャッシング30万
    審査落ち
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 5年以内の強制解約処分
  • 可決360万円会社員
    (非上場)
    アコム30万円50万円
    否決365万円会社員
    (非上場)
    楽天カード30万
    ライフカード30万
    JCB10万
    出光クレジットカード50万
    auクレジットカード30万
    ジャパンネット銀行160万
    北陸銀行atmカードローン30万
    審査落ち
  • アコム、アイフル、モビット、楽天カードローンも審査落ち
  • 可決400万円会社員
    (非上場)
    銀行カードローン20万円
    リボ残高60万円
    50万円
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 前にモビットで審査落ち
  • 後にアコムで可決(10万円)
  • 400万円公務員楽天銀行カードローンから70万円50万円
  • プロミスの前にモビットで審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 414万円会社員
    (上場)
    30万円10万円
    550万円会社員
    (非上場)
    アイフル30万円30万円
  • プロミスの前にモビットで審査落ち
  • 否決600万円会社員
    (非上場)
    楽天カード200万近く
    住信SBI銀行100万ぐらい
    審査落ち
  • 勤続4ヶ月
  • 600万円自営業アコム56万円
    アイフル10万円
    審査落ち
  • 5年以内に任意整理
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 1585万円会社員
    (非上場)
    他社で4件、合計290万円審査落ち
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 見たところ、年収の25%を超える債務を抱えながら審査に通過できたのは6名中2名のみ。
    (審査落ち4名の中にはプロミスでの否決後、アコムで通過できた方を含む)
    一方で年収に対する債務割合が20%~25%未満、という方が3名中3名審査に通っていることを考えると、「他社借入が年収の25%に達しているか」は一つの目安となりそうですね。

    ……これに対し、同じ大手消費者金融会社であるモビットアイフルでは「年収の50%を超える債務があっても審査に通った」という回答が複数確認されています。
    これだけのアンケート回答を得てなお、プロミスでそのような報告が見られない(最高でも年収に対する債務割合は年収の33%)ことを考えると、この会社は他社借入について厳しめの姿勢を取っていると考えて良いでしょう。
    (これは単に、プロミスがその知名度の高さなどから最初の申込先として選ばれやすいという事情もありそうですが)

    ちなみに他社借入がそこまで大きくないながらも審査に落ちてしまった方は、みなさん「低年収」「自営業」「勤続年数が短い」そして「信用情報問題あり」といった何らかのマイナスポイントを抱えていらっしゃいますね。

    以上の内容により、プロミスでは

    • 年収の25%を超える他社債務(リボや銀行カードローン含む)
    • 金額を問わない他社債務+何らかの審査上のマイナスポイント(低年収、自営業、勤続1年未満、信用情報問題)

    を抱えている場合、審査通過は困難と推測されます。

    参考自営業者のための「プロミス」審査

    ★プロミスでの審査通過が難しそうならば、「モビット」「アイフル」「アコム」「楽天銀行」といった他社借入に強い申込先をお選びください。
    ただしこのうち「モビット」「楽天銀行」は信用情報問題に厳しめです。また、貸金業者(消費者金融会社、クレジットカード会社)からの借入額「合計」が年収の3分の1に達している状況で、新しく消費者金融会社(モビット、アイフル、アコム)からお金を借りることはできません(総量規制)。

    CHECKモビットの審査は通りやすい?可決&否決体験談から見る傾向
    CHECK40名のアンケート回答から分析!SMBCモビット審査の否決&可決理由とその傾向
    CHECK【証拠付】モビットWEB完結、20項目×7名の詳細口コミ:他社借入多数の通過例も

    CHECK【楽天銀行カードローン】他社借入アリで新規審査に通るには?カギは「利用目的」

    ★「返済のための借入」を検討している状況であれば、おまとめローンの利用をおすすめします。
    月々の負担が軽減されることに加え、上手くいけば次の返済日を1ヶ月ほど先延ばしにできるかもしれません。(その他、場合によっては任意整理はじめとする債務整理も視野に入ります)

    CHECK楽天銀行「おまとめ・借り換え」審査経験者へアンケート!非正規には厳しい現実も
    CHECKアイフルおまとめローン、審査通過者4名に聞いた!5社&総量規制超えでの成功例他

    CHECKプロミスに聞く!おまとめローンの詳細&即日契約の流れ【在籍確認他】 
    ※銀行ローンやショッピングリボのおまとめ不可

    ③ブラック状態=審査落ちではないが、明暗を分ける基準ははっきりしない

    次に紹介するのは、何らかの信用情報問題を抱えたままプロミスへ申し込んだ方のアンケート回答です。

    ★「プロミス」申込経験者アンケート中、「信用情報問題あり」と回答された方の回答
    年収職業他社借入限度額備考
    可決90万円アルバイトなし10万円
  • 勤続6ヶ月
  • 5年以内の強制解約処分
  • 否決96万円アルバイトクレカキャッシング枠20万
    アイフル10万
    プロミス10万
    審査落ち
  • プロミスの前にモビットで審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 可決171万円派遣社員なし10万円
  • プロミスの前にモビットで審査落ち
  • 5年以内に任意整理
  • 200万円アルバイト50万円10万円
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 否決200万円会社員
    (非上場)
    なし審査落ち
  • 2年以内に携帯端末分割払いを1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 280万円契約社員なし審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 300万円派遣社員アコム30万審査落ち
  • 勤続3ヶ月
  • クレカ等を「2ヶ月」以上延滞「中」
  • 後にレイクALSAで可決(20万円)
  • 300万円派遣社員なし審査落ち
  • 10年以内に自己破産
  • 可決300万円会社員
    (非上場)
    なし10万円
  • 後にモビットで審査落ち
  • 同日にアコム可決(10万円)
  • 10年前からクレカ踏み倒し
  • 否決350万円自営業楽天カード
    キャッシング30万
    審査落ち
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 5年以内の強制解約処分
  • 可決400万円会社員
    (非上場)
    銀行カードローン20万円
    リボ残高60万円
    50万円
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 前にモビットで審査落ち
  • 後にアコムで可決(10万円)
  • 400万円公務員楽天銀行カードローンから70万円50万円
  • プロミスの前にモビットで審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 500万円会社員
    (非上場)
    なし50万円
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 後にアコムで審査通過(50万円)
  • 否決600万円自営業アコム56万円
    アイフル10万円
    審査落ち
  • 5年以内に任意整理
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 1585万円会社員
    (非上場)
    他社で4件、合計290万円審査落ち
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 赤太字:ブラック状態、またはそう推測される要因
    黒太字:ブラック未満の信用情報問題

    結論から言うと、イマイチ釈然としません年収90万円・ブラック状態で審査に通れた方もいれば、安定収入あり・他社借入なし・ブラック未満の信用情報問題で否決となった方もいらっしゃいます。

    見たところ、ブラック状態(またはそれ未満の問題あり)であっても、他社借入さえなければ(あるいは借入が軽微なら)審査に通過できる可能性も高そうですが……。
    少しでも不安が残る状況であれば、審査落ちを覚悟で申し込むととなりそうですね。

    とは言え「信用情報に問題あり、ただし返済能力に問題なし」といった場合は、仮にプロミスの審査に落ちてしまっても「アコム」「アイフル」あたりで審査通過が狙えるように思えます。
    (もし2社の審査を受けてもダメだったなら、信用情報に問題が無いか確かめてみることをお勧めします)

    CHECK【プロミス】ブラックリスト入りでも借りれた3例&審査落ち4例から探る審査基準

    ★「10年以内に自己破産」を行ったことにより審査落ちとなった方がいらっしゃいますが、これはプロミスが「官報」情報を閲覧したためと推測されます(プロミスの同意事項にもその旨の記載あり)。
    個人再生・自己破産を行った場合には、その者の名前や住所が官報に記載されます。これは個人信用情報とは異なり、時間が経っても消えません。
    (ちなみに任意整理を行ったという記録は個人信用情報機関「JICC」には残るものの、官報には載りません)

    ★ちなみに「モビット」元従業員の方へのインタビューでは、「信用情報に問題があっても、住所変更などにより生活が一変していると、本人との紐付けができず問題が無いものとして審査が進む場合がある」という言葉も聞かれました。(プロミスで同様の対応が取られるかは不明です)

    「プロミス」申込経験者55名の属性・適用限度額一覧(簡易版)

    「プロミス」申込経験者55名の属性・適用限度額一覧(簡易版)

    せっかくなので、ここでは今回実施したアンケート調査の全員分の回答を掲載させて頂きました。
    年収順に並べていますので、あなたの近い属性の方も見つけやすいかと思います。

    ★2015年以降に「プロミス」へ申し込んだ方のアンケート回答
    年収職業他社借入限度額備考
    可決60万円学生なし10万円
  • 勤続2ヶ月
  • 70万円学生なし10万円
  • 詳細体験談あり
  • 72万円パートなし10万円
    否決80万円学生推定リボ残高あり審査落ち
  • 詳細体験談あり
  • 可決90万円アルバイトなし10万円
  • 勤続6ヶ月
  • 5年以内の強制解約処分
  • 詳細体験談あり
  • 96万円学生20万円10万円
  • 勤続6ヶ月
  • 否決96万円アルバイトクレカキャッシング枠20万
    アイフル10万
    審査落ち
  • プロミスの前にモビットで審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 可決100万円学生なし10万円
  • 詳細体験談あり
  • 125万円自営業なし10万円
    171万円派遣社員なし10万円
  • プロミスの前にモビットで審査落ち
  • 5年以内に任意整理
  • 180万円アルバイトなし15万円
    190万円アルバイトなし10万円
  • 後にアコム、アイフルで可決(各10万円)
  • 詳細体験談あり
  • 200万円学生50万円10万円
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 詳細体験談あり
  • 否決200万円会社員
    (非上場)
    なし審査落ち
  • 2年以内に携帯端末分割払いを1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 可決230万円会社員
    (上場)
    なし50万円
    240万円アルバイトなし10万円
  • 詳細体験談あり
  • 250万円派遣社員なし30万円
  • 勤続6ヶ月
  • 266万円会社員
    (上場)
    40万円23万円
  • 後にアイフルで可決(18万円)
  • 270万円アルバイトなし10万円
    270万円アルバイトアコム50万円
    モビット16万円
    24万円
  • 勤続14年
  • 詳細体験談あり
  • 否決280万円契約社員なし審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 可決280万円会社員
    (非上場)
    レイク60万10万円
    290万円派遣社員50万10万円
  • レイクALSA、同時申込みで可決(30万円)
  • 詳細体験談あり
  • 300万円自営業なし10万円
  • 後にアコム、アイフル審査落ち
  • 300万円アルバイトなし30万円
    300万円会社員
    (非上場)
    なし10万円
  • 後にモビットで審査落ち
  • 同日にアコム可決(10万円)
  • 10年前からクレカ踏み倒し
  • 詳細体験談あり<<プロミス 審査 ブラックリスト 当該>>
  • 否決300万円派遣社員アコム30万審査落ち
  • 勤続3ヶ月
  • クレカ等を「2ヶ月」以上延滞「中」
  • 後にレイクALSAで可決(20万円)
  • 300万円派遣社員なし審査落ち
  • 10年以内に自己破産
  • 可決 300万円自営業なし50万円
    300万円会社員
    (非上場)
    アコム50万円50万円
    300万円派遣社員なし10万円
    300万円契約社員三井住友銀行100万円50万円
  • 後にアイフル可決(50万円)
  • 320万円派遣社員なし10万円
  • 勤続2ヶ月
  • 後に楽天銀行カードローン可決(限度額不明)
  • 詳細体験談あり
  • 320万円自営業なし30万円
  • 後にアコム審査通過、モビット審査落ち
  • 350万円会社員
    (上場)
    100万円
    (推定銀行から)
    50万円
  • 勤続11年
  • 後にモビットで可決(限度額不明)
  • 否決350万円契約社員UFJニコスのリボ50万円
    千葉銀行カードローン50万円
    審査落ち
  • 勤続6ヶ月
  • プロミスの後、アコムで審査通過(50万円)
  • 350万円自営業楽天カード
    キャッシング30万
    審査落ち
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 5年以内の強制解約処分
  • 可決 350万円会社員
    (上場)
    なし20万円
    360万円会社員
    (非上場)
    アコム30万円50万円
    否決365万円会社員
    (非上場)
    楽天カード30万
    ライフカード30万
    JCB10万
    出光クレジットカード50万
    auクレジットカード30万
    ジャパンネット銀行160万
    北陸銀行atmカードローン30万
    審査落ち
  • アコム、アイフル、モビット、楽天カードローンも審査落ち
  • 可決400万円会社員
    (非上場)
    銀行カードローン20万円
    リボ残高60万円
    50万円
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 前にモビットで審査落ち
  • 後にアコムで可決(10万円)
  • 400万円会社員
    (上場)
    なし50万円
    400万円会社員
    (非上場)
    なし30万円
    否決400万円契約社員なし審査落ち
  • 5年以内の強制解約処分
  • 可決400万円公務員楽天銀行カードローンから70万円50万円
  • プロミスの前にモビットで審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 400万円会社員
    (非上場)
    覚えていない50万円
    400万円会社員
    (非上場)
    なし30万円
    400万円会社員
    (非上場)
    なし50万円
    414万円会社員
    (上場)
    30万円10万円
    480万円会社員
    (非上場)
    なし70万円
    500万円会社員
    (非上場)
    なし50万円
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 後にアコムで審査通過(50万円)
  • 550万円会社員
    (非上場)
    アイフル30万円30万円
  • プロミスの前にモビットで審査落ち
  • 否決

    600万円会社員
    (非上場)
    楽天カード200万近く
    住信SBI銀行100万ぐらい
    審査落ち
  • 勤続4ヶ月
  • プロミスの後で東京スター銀行審査落ち
  • 600万円自営業アコム56万円
    アイフル10万円
    審査落ち
  • 5年以内に任意整理
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 1585万円会社員
    (非上場)
    他社で4件、合計290万円審査落ち
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 赤太字:ブラック状態、またはそう推測される要因
    黒太字:ブラック未満の信用情報問題

    「なんでこの人は通ったのにこの人は審査落ち?」という例が無いわけではないですが、少なくともグレーに塗られた箇所(審査上でマイナスに働く主な要因)の無い方は、皆さん審査に通過されているのが分かるかと思います。また意外と「年数が高いほど審査通過率が高い」…というわけでもないようですね。
    (これはそもそも「高収入を得ながらプロミスを利用する必要がある」という時点で他社借入などの問題を抱えていることが多いからかも)

    そして今回の調査では、55名の回答者の中に、「最初から100万円以上の契約を結べた」という方はいらっしゃいませんでした
    特に信用情報問題・他社借入がなければ容易に100万円以上の契約を結べるSMBCモビット等に比べると、プロミスは最初に貰える限度額が低い(というより収入にかかわらずほぼ50万円以下)と言って良いでしょう。

    その他、勤続年数については「1年未満」「10年以上」の方のみ表記させて頂きましたが、こちらもよく見れば審査に少なからず影響を及ぼしていることが分かりますね。
    (勤続14年の方が他社借入2件を抱えながら総量規制ギリギリの契約に成功されている等)

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • 「プロミス」申込経験者55名を対象としたアンケート調査のうち、審査に落ちてしまった12名はいずれも「他社借入」または「信用情報問題」ありという結果に
    • 審査落ち可能性が高くなるのは「他社借入合計が年収の25%に達している」または「他社借入に加え、何らかの審査上のマイナスポイントがある」といった場合。
    • プロミスは他の消費者金融会社に比べ他社借入に厳しい傾向にあるため、これに不安があるなら別の申込先を選ぶのが無難か

    • ブラックでも審査に通過できたという例が多い一方、「ブラック未満の信用情報問題、かつ他に問題点も無いのに審査に落ちてしまった」という報告も。とは言えこの場合はアコムアイフル等で通過を狙えそう
    • 今回の調査で「最初から100万円以上を借りられた」という報告はゼロ。プロミスの初回限度額はモビットなどに比べ低いと言って良い

    収入や勤続年数といったステータス面だけを理由に審査に落とされることはほぼ無い「プロミス」。その一方で他社借入や信用情報に問題があると、その内容に応じて審査通過は厳しくなります。

    返済能力に自信があるのなら、プロミスでの審査落ち直後に「アコム」「アイフル」等へ申し込みを行っても構いませんが……。
    もしも審査落ちの理由に思い当たるところがあるのなら、「おまとめローンを使って徐々に借入を減らしていく」「個人信用情報を開示し、ブラック(またはそれ未満の)情報が消えるタイミングを確認しておく」といった対応も検討したいところです。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    金融機関のトップシークレットとも言える審査基準をアンケートにより推測。プロミスの場合、信用情報問題や収入には寛容な反面、他社借入の有無に厳しい判断を行っていることが分かってきました。とはいえブラックであっても必ずしも審査落ちという訳ではなさそうなので、会社の裁量なのか、申込者に将来を感じたのかの判断はできませんでした。プロミスで審査落ちをしてしまったら、こちらのページを参考に、信用情報に重きを置いていない消費者金融会社へ申し込んでみては?!

    CHECK個人信用情報の開示とその見方、開示請求先の選び方について

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!
    CHECKプロミス申込者15名に聞く審査所要時間:結果が遅い・来ないとき&土日の対応も
    CHECK契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類
    CHECKプロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を
    CHECK【プロミス】夜中に申込んだときの審査~借入の流れ:電話が掛かってくるのはいつ?
    CHECK【プロミス】携帯&勤務先に電話が入るタイミングとその回避:体験談による会話内容も

    CHECKプロミスの審査は甘い?アンケート調査から見る審査傾向:年収70万の通過例も
    CHECKプロミスの審査が不安なあなたへ:低収入&ブラックでの可決例から見る通過条件
    CHECK【プロミス】ブラックリスト入りでも借りれた3例&審査落ち4例から探る審査基準
    CHECKアルバイトのプロミス申込者4名に聞いた!審査時の年収、限度額、在籍確認他
    CHECK派遣社員のためのプロミス:他社借入ありでの審査通過例、問合せに基づく在籍確認他
    CHECK【プロミス】審査時の嘘はNG!…と言うのは何故?虚偽申告を見抜く三段構えとは


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント