専業主婦はプロミスへ申込不可…。パートなしで審査に通る銀行カードローンを選ぼう

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    専業主婦はプロミスへ申込不可…。パートなしで審査に通れる銀行カードローンを選ぼう

    「家庭の事情で急にまとまったお金が必要に。
    専業主婦の私の名義でも、プロミスなら貸してくれないかな?」

    結論から言うと、あなたがあなた自身の手で収入を得ていないのなら、現状のままプロミスからお金を借りることはできません。理由は簡単で、プロミスの申込条件を満たせないからですね。
    (プロミスの申込条件…20歳~69歳で、「申込者本人に」安定収入があること)
    とは言え専業主婦の申し込みを受け付けているカードローン自体は少なくないため、さほど悲観する必要はありません。

    今回は専業主婦のあなたのため、「プロミスへ申し込みを行う条件」「専業主婦のまま借りられるカードローン」の情報をまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたの状況に合った申込先を選択できるかと思います。

    ★このページは現時点で「一切、自分自身で収入を得ていない」主婦の方を対象としています。
    これに該当しない場合は「パート・アルバイトのためのプロミス審査」のページをご覧ください。

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    仮審査最短15秒
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。
    詳しくはこちらをご確認ください

    ポイント

    • スマホなら最短15秒で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    プロミスの利用には「申込者本人」に収入が必要……。

    プロミスの利用には「申込者本人」に収入が必要……。

    プロミスへ申し込みができるのは「20歳~69歳の<ご本人に>安定した収入のある方」
    わざわざ「ご本人に」と書いてあることから分かる通り、いくら世帯収入が高くても専業主婦の方が申し込みを行うことはできません女性向けの「レディースプロミス」窓口についても同様です。

    ▲プロミス公式HPより

    というわけでプロミスを利用するためには、パートを始めるなどして「専業主婦」を脱却する必要があります。

    参考パート・アルバイトのための「プロミス」審査と実際の体験談

    ★申込条件はより厳密に言うと、「20歳~69歳で<現在お仕事をしている>方」となる模様。

    ▲プロミス公式HP自動返信サービスの回答
    よって年金収入や失業手当、育児休暇給付金などによる所得はノーカウント(=これらの所得だけをもってプロミスへ申し込むことはできない)と判断できます。

    ★「確定申告もしていない、源泉徴収も受けていない」事業所得(私塾やピアノ教室の先生など)の取り扱いについてはケースバイケースになると思われます。事前にプロミスへご相談ください。

    パートを始めた直後でも借り入れはできる?

    プロミスの申し込みに、勤続年数の制限はありません。よってパートを始めた直後、お給料をもらう前であっても審査を受けることは可能です。

    ただしプロミスの審査の際には、申込者の勤務先にプロミスからの電話連絡が入ります(在籍確認)。
    第三者にプロミスの会社名や用件が明かされることはありませんが、パートを始めた直後に名指しで電話が掛かってくるのは(勤務先にもよりますが)不自然と言えなくもないかも。この点についてはあらかじめご承知おきください。

    詳細プロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:職場への電話回避なら審査開始前後に相談を

    銀行や信用金庫のカードローンなら、専業主婦でも申し込めることは多い

    銀行や信用金庫のカードローンなら、専業主婦でも申し込めることは多い

    申込条件上、専業主婦が専業主婦のまま「プロミス」を利用することはできません。残念ながらこれは他の大手消費者金融会社(アコム等)についても同様です。

    というのも現在、消費者金融会社を含む「貸金業者」は原則として「個人に対し、年収の3分の1を超える金額の融資」を禁じられているんですね(総量規制)。
    これについて「配偶者貸付制度」という例外が無いではないですが、手続きも審査も手間が掛かるためか(少なくとも大手業者では)導入されていません。

    じゃあどうするべきかと言うと、答えは簡単で「貸金業者」以外の金融機関を使えばOK。具体的には銀行信用金庫のカードローンです。

    基本的に、銀行や信金のカードローンはその金融機関の口座を使って毎月の返済を行います。
    よってまずはあなたが口座を持っている金融機関が、専業主婦対応のカードローンを取り扱っているかチェックしてみると良いでしょう。

    公式HP等に「専業主婦の方もお申込みいただけます」といった直接的な文面が見られなくても、申込条件に「(安定)収入のある方」「お勤めの方」「年収○○万円以上の方」といった制限が無ければ、専業主婦の申し込みを受け付けている可能性が高いです。

    少し分かりづらい「専業主婦OK」の例(しまなみ信用金庫)

    ▲少し分かりづらい「専業主婦OK」の例(しまなみ信用金庫)
    「専業主婦NG」の例(福岡銀行)
    「専業主婦NG」の例(福岡銀行)
    ちなみに全国的な傾向で見ると、小規模な金融機関ほど専業主婦対応のカードローンを取り扱っている可能性が高いようですね(信金はほぼ100%取り扱いあり)。
    ★大手銀行の専業主婦に対する対応
    三菱UFJ銀行「バンクイック」公式HPに掲載は無いが利用
    (問い合わせによる)
    三菱UFJ銀行「マイカードプラス」不可
    みずほ銀行カードローン不可
    三井住友銀行カードローン不可
    (埼玉)りそな銀行カードローン不可
    北洋銀行「スーパーアルカ」不可
    横浜銀行カードローン
    千葉銀行「クイックパワー<アドバンス>」不可
    常陽銀行「キャッシュピット」不可
    静岡銀行「セレカ」
    七十七銀行「77カードローン」不可
    七十七銀行「77スマートネクスト」不可
    福岡銀行カードローン不可
    西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」
    ※ゆうちょ銀行は現在カードローンの取り扱い停止中
    口座を持っている銀行が専業主婦の申し込みを受け付けていなかったら?

    もしあなたが普段使っている銀行のカードローンが専業主婦の申し込みを受け付けていなかったなら、次に申込先候補となるのが「楽天銀行スーパーローン」「イオン銀行カードローン」です。というのもこの2つのローンは、「専業主婦の申し込みOK」かつ「好きな金融機関の口座を使って毎月の返済ができる」からですね。後者は銀行系ローンの中でも珍しい特徴となります。

    上限金利備考
    楽天銀行スーパーローン14.5%健康保険証のみで契約可
    イオン銀行カードローン13.8%運転免許証またはパスポート必須(日本国籍の場合)
    ※いずれも口座開設不要
    配偶者の同意は不要ですが、自宅への郵送物送付は避けられません

    申込先にはどちらを選んでも構いません。
    金利が低いのはイオン銀行の方ですが、必要書類の条件がやや厳しい点については注意が必要です。

    ★2行とも、利用限度額は原則として「50万円」が上限となります。
    (楽天銀行に限っては担当者からの案内が入った場合のみ、これを超える契約を結べる可能性あり)

    ★その他あなたが「運転免許証」をお持ち、かつ三菱UFJ銀行店舗に設置の「テレビ窓口」を使える場合は、「三菱UFJ銀行バンクイック」を用いて郵送物なしでの契約・借入が可能です。確認できている限り、専業主婦が自宅への郵送物なしで借りる方法はこれだけですね。
    他行口座を用いて返済を行うことはできませんが、ATMを通した毎月の返済が可能なら三菱UFJ銀行口座の開設は不要です。

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • プロミスはその利用条件上、専業主婦の利用不可
    • どうしてもプロミスを利用したいなら、パートなどにより「働いて収入を得る」必要がある
      (勤務先への電話確認が可能なら、勤続1ヶ月未満でも申し込み可)

    • 自身に収入が無くても、専業主婦対応の銀行や信用金庫のカードローンを使えば問題は無い。まずは普段使っている金融機関のカードローンの申し込み条件をチェックしてみよう。
    • 普段使っている金融機関が専業主婦対応のローンを取り扱っていなかったなら、好きな口座で返済のできる「楽天銀行」「イオン銀行」あたりを選ぶのが基本。郵送物を避けたいなら「三菱UFJ銀行バンクイック」も有力候補に(ただし運転免許証・来店手続き必須)

    プロミスに限らず、専業主婦の申し込みをほとんど受け付けていない消費者金融業界。
    パート等を始める予定が無いのなら、素直に銀行や信金のローンを選ぶのが基本と言えます。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    プロミスでは収入のない専業主婦へ貸し出しを行っていません。とはいえパートやアルバイト等で本人が毎月いくらかの収入を得ていれば、最低限の収入要件はクリアでき申し込み可に!自宅でピアノや英語を教えている等で確定申告をしていないなら、まずはオペレーターに相談してみましょう。収入のない専業主婦でも銀行からは借り入れ可能です。お金を借りたい主婦なら自分の収入の有無を考えて、申込先を選ぶと失敗がありません。

    CHECKパート・アルバイトのための「プロミス」審査について
    CHECKプロミス利用者による審査口コミ:低収入、個人信用情報に事故歴あり(ブラック状態)、他社借入他
    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られないキャッシングの条件とは

    CHECK楽天銀行カードローンは専業主婦もOK!審査落ちの要因&パート・内職等の扱いも
    CHECK【専業主婦のカードローン】配偶者への在籍確認は原則ナシ:秘匿性が高い銀行はどこ?


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    仮審査最短15秒
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。
    詳しくはこちらをご確認ください

    ポイント

    • スマホなら最短15秒で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。


    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい