【プロミス】国保や被扶養者、保険証なしでも審査に通る?14の実例からチェック

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    【プロミス】国保や被扶養者、保険証なしでも審査に通る?14の実例からチェック

    プロミスへの申込を検討しているけれど、国保(国民健康保険)加入者は審査が不利に進みやすいだとか……。このまま申し込んでしまって良いのかな?」

    確かに社会保険や組合保険、共済組合の保険証を持つ方に比べ、審査が不利に進みやすいとされる「国民健康保険」加入者。また、保険証種別が社会保険等であっても誰かの扶養に入っている状況であれば、単純に収入の低さがネックになってくることもあるかと思います。

    ……とは言えこういった場合であっても、「他社借入」「信用情報問題」といった審査上のマイナス点が無いのなら、少なくともプロミスの審査を受ける上でさほど不安に思う必要はありません。何より保険証種別は変えようと思って変えられるものではないですしね。

    今回は「保険証種別」を理由に審査に不安を覚えるあなたのために、実際の国保加入者、または被扶養者による審査可決・否決例などを簡単にまとめました。
    読み終えていただければ、今からあなたが取るべき行動が分かります。

    ★「プロミス」基本情報
    申込条件
    (公式HPより)
  • 年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方(申込ページより)
  • 現在お仕事をされていらっしゃる方(よくある質問ページより)
  • ※上記条件を満たせない場合はこちらのページをご覧ください。

    備考
  • 既に貸金業者(消費者金融会社、クレジットカードキャッシング枠)からの借入合計が年収の3分の1に達している場合、プロミスでの審査通過は不可(総量規制/緊急時医療費などの例外あり)
  • ★契約に必要な書類(保険証1枚で借りられるか否か)についてお知りになりたい場合には、以下のページをご覧ください。

    CHECK契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類

    ★自分がどの保険に加入しているか分からない、という場合にはあなたの健康保険証を確認してみてください。
    表面下部の「保険者名称」にお住まいの市区町村の名前が書かれていたなら、あなたの加入先は「国民健康保険」です。
    また保険者が「全国健康保険協会」「○○組合」等であっても、どこかに「家族」「被扶養者」といった文字が見られれば、あなたは被扶養者(家族の生活援助を受けている人)となります。

    参考:公的保険制度の区分について(プロミスへ申し込める69歳以下の方が加入するものに限る)
    保険者(一部医療費等を負担してくれる者)該当者
    社会保険
    (社保)
    全国健康保険協会
    (協会けんぽ)
    会社員はじめとする従業員とその被扶養者
    (会社員の収入により生活している配偶者や子供など)
    ※非正規従業員が加入できるかは契約内容、勤務時間等による
    組合保険
    (組保)
    ○○保険組合
    (名称は会社による)
    主に大企業の会社員とその被扶養者
    ※非正規従業員が加入できるかは契約内容、勤務時間等による
    共済組合○○共済組合
    (名称は勤め先による)
    公務員、私立学校教員とその被扶養者
    船員保険全国健康保険協会
    船員保険部
    船員として船舶所有者に使用される者とその扶養者
    国民健康保険
    (国保)
    市区町村上に該当しない方(自営業者、社会保険に加入していないフリーター等)

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    確かに国保加入者や扶養下にある方は審査が不利に進みやすいかも。ただし……。

    確かに国保加入者や扶養下にある方は審査が不利に進みやすいかも。ただし……。

    一般に、市区町村を保険者とする「国民健康保険」の加入者は審査が不利に進みやすいとされます。
    これについて、最も大きな理由は「会社等に正式に所属していないから、将来性に不安があると見なされやすい」というものでしょうか。また保険証種別が社会保険証(全国健康保険協会の保険証)等であっても「被扶養者」であれば、単に収入の低さがマイナス要素となりそうです。

    プロミスは審査基準を一切公開していないため、100%「保険証種別が審査に影響する」とまでは言えませんが……。
    同社の申し込みフォームにはしっかり保険証種別を尋ねる項目が設けられていることを考えると、これが一切審査に影響しないとは考えにくいところです。

    実際の「プロミス」申込フォームより

    ▲実際の「プロミス」申込フォームより
    というわけでここからは、「プロミスの審査に保険証の種類が影響する」ということを前提にお話しを進めさせていただきます。

    ①国保加入&被扶養者(と思われる方)の審査可決・否決例

    今回は「2015年以降にプロミスへ申し込んだ方」を対象としたアンケート調査の中から、国保加入者、または被扶養者の回答をピックアップしてみました。

    ★すべてのアンケート調査で保険証種別を尋ねたわけではありませんので、回答内容から推定した情報も多いですがご容赦ください。
    また「被扶養」と記載したものであっても、実質的な扶養者(一般に父親)が国保加入者の場合、保険証種別は「国保」である可能性があります。(国保に扶養制度は無いため)

     

    ★2015年以降に「プロミス」へ申し込んだ方のアンケート回答
    年収職業保険証他社借入備考
    可決70万円学生被扶養なし
  • 限度額10万円
  • 詳細体験談あり
  • 否決80万円学生被扶養推定リボ残高あり
  • 詳細体験談あり
  • 可決90万円アルバイト被扶養なし
  • 限度額10万円
  • 勤続6ヶ月
  • 5年以内の強制解約処分
  • 詳細体験談あり
  • 否決96万円アルバイト被扶養クレカキャッシング枠20万
    アイフル10万
    プロミス10万
  • プロミスの前にモビットで審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 可決100万円学生被扶養なし
  • 限度額10万円
  • 詳細体験談あり
  • 125万円自営業国保
    または被扶養
    なし
  • 限度額10万円
  • 180万円アルバイト推定国保なし
  • 限度額15万円
  • 190万円アルバイト推定国保なし
  • 限度額10万円
  • 後にアコム、アイフルで可決(各10万円)
  • 詳細体験談あり
  • 200万円学生推定国保50万円
  • 限度額10万円
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 詳細体験談あり
  • 300万円自営業国保なし
  • 限度額10万円
  • 後にアコム、アイフル審査落ち
  • 300万円自営業国保なし
  • 限度額50万円
  • 320万円自営業国保なし
  • 限度額30万円
  • 後にアコム審査通過、モビット審査落ち
  • 否決350万円自営業国保楽天カード
    キャッシング30万
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 5年以内の強制解約処分
  • 600万円自営業国保アコム56万円
    アイフル10万円
  • 5年以内に任意整理
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 赤太字:ブラック状態、またはそう推測される要因
    黒太字:ブラック未満の信用情報(=審査が必要な後払いサービスの利用履歴)問題あり

    審査結果は可決だったり否決だったりと様々ですね。
    とは言えよく見れば、保険証種別が国保や被扶養(またはそう推測される方)であっても、「他社借入」「信用情報問題」の無い方は皆さん審査に通っていることが分かります。
    というわけで、保険証種別が何であっても「他社からお金を借りていない」「これまで各種<後払い>サービスで問題を起こしたことが無い」なら、プロミスの審査通過に問題は無いと見て良いでしょう。

    「信用情報」って何?という場合はこちら(クリック/タップで開きます)
    「信用情報」とは、クレジットカードや各種ローン、携帯電話端末の分割払いといった「審査が必要な後払いサービス」の利用履歴を言います。
    あなたがこういったサービス(もちろんプロミスを含みます)を利用すると、その申込情報や利用状況は「個人信用情報機関」という場所に保存されます。そしてあなたが新たに審査を受けると、その申込先の金融機関は「個人信用情報機関」を通しあなたの「後払い」利用状況をチェックするわけですね。

    そしてこの「後払い」履歴に何らかの問題が残るといわゆるブラック状態、つまり審査に通りにくい状態となってしまいます。
    「ブラック」、あるいはそれ未満の問題として見なされる要因は以下の通り。

    存続期間
    ブラッククレジットカード、各種ローン、各種分割払い(携帯電話端末含む)の支払いを「61日」または「3ヶ月」以上延滞「延滞解消から」5年
    クレジットカード、各種ローン、各種分割払い(携帯電話端末含む)契約の強制解約5年
    債務整理5年
    ブラック未満のキズクレジットカード、各種ローン、各種分割払い(携帯電話端末含む)の支払いを「1ヶ月前後※」延滞延滞発生月から2年
    各ローン等へ立て続けに申込を行った
    (いわゆる申し込みブラック/ただしキズと見なされる申込数は金融機関等による)
    6ヶ月
    これまでに一度も各種「後払い」サービスを利用したことが無い
    (消費者金融会社の審査ではあまり問題にならない)
    ※ブラック未満のキズを付ける基準は金融機関による

    ただでさえ審査通過が不利になりやすい国保加入者や被扶養者の場合、信用情報問題はブラック未満のものであっても審査落ちの原因となりやすいです。

    信用情報は「個人信用情報機関」に開示請求を出すことで閲覧できますので、思い当たるところがあるのならこちらもチェックしてみると良いでしょう。

    CHECK個人信用情報の開示とその見方、開示請求先の選び方について

    ★審査が不要な後払い、具体的に「公共料金の支払い延滞」等は信用情報と関係ありません。

    ちなみに上の表だと「他社借入や信用情報問題があっても審査に通れた」という例も目立ちますが、実際は「社保加入者でも他社借入や信用情報問題を理由に審査に通らなかった」方は多いため、審査に通過できた方と似た状況であっても過度な期待を抱くことはできません。

    ★2015年以降に「プロミス」へ申し込んだ方のアンケート回答(社保、組保加入者の否決例)
    年収職業保険証他社借入備考
    否決200万円会社員
    (非上場)
    社保または組保なし
  • 2年以内に携帯端末分割払いを1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 280万円契約社員推定社保または組保なし
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 300万円派遣社員アコム30万
  • 勤続3ヶ月
  • クレカ等を「2ヶ月」以上延滞「中」
  • 後にレイクALSAで可決(20万円)
  • 300万円派遣社員なし
  • 10年以内に自己破産
  • 350万円契約社員UFJニコスのリボ50万円
    千葉銀行カードローン50万円
  • 勤続6ヶ月
  • プロミスの後、アコムで審査通過(50万円)
  • 400万円契約社員なし
  • 5年以内の強制解約処分
  • 600万円会社員
    (非上場)
    社保または組保楽天カード200万近く
    住信SBI銀行100万ぐらい
  • 勤続4ヶ月
  • プロミスの後で東京スター銀行審査落ち
  • 1585万円会社員
    (非上場)
    他社で4件、合計290万円
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 赤太字:ブラック状態、またはそう推測される要因
    黒太字:ブラック未満の信用情報問題

    CHECKプロミス申込者50名超に聞く!審査に落ちた理由はほぼ他社借入(+α)?次の申込先候補も

    ②そもそも保険証種別は変えようと思っても変えられないので、そのまま申し込む他ない

    「他社借入」や「信用情報問題」が無ければ、保険証種別にかかわらず審査通過に期待を抱ける「プロミス」。
    ……ですが実際の否決例(社保や組保加入者のもの含む)を見る限り、このあたりで問題があると審査通過可能性は大幅に下がってしまうようです。審査が不利に進みやすい国保加入者となれば尚更でしょう。

    それならどうすべきか、という話ですが……。
    ベストなのは「何とかして他社借入や信用情報問題を解消する」こと。とは言え現実問題、これが難しいことも多いかと思います。

    となれば、そのまま「ダメ元」であってもプロミスへ申し込む他ありません。例え保険証の種類を理由に審査に不安を感じていても、(近々就職が決まっているなどの状況でなければ)すぐにこれを変えることなど出来ないからですね。

    あなたの氏名や住所、年齢と同じように、保険証種別についても「事実をそのまま書く」以外の選択肢はほぼ残されていません
    ……と言うより1社のキャッシングの審査に落ちてしまうことにそこまでのデメリットはないため、「プロミスの審査に通ればラッキー」「落ちたら落ちたで次の手を考える」といった方向で舵を取っていくのが一番現実的かと思います。

    参考:問題別の現実的な現状改善方法
    対処法の候補メリット、期待できる効果など
    他社借入問題現状維持
  • 毎月の負担が生活を圧迫するものでないなら、そのまま返済を続けて良い
  • (金利に不満があるなら借換えも視野に)

    おまとめローンやフリーローン等を使った借入の一本化
  • 毎月の返済負担軽減
  • 返済日の先延ばし(初回のみ)
  • 任意整理
    (場合によっては自己破産)
  • 無審査
  • 金利を0%にすることによる、確実な借金軽減
  • ※ただし最低5年間ブラック入り

    信用情報問題信用情報の開示+待機
  • ブラック(またはそれ未満)の問題が消えるまで待つことで審査通過を狙える
  • ※信用情報問題を解消する上で、「待機」以外に確実かつ真っ当な方法はありません。

    正社員になれば、必ず「社会保険」または「組合保険」に加入することとなります
    (非正規であっても契約によっては保険の提供あり。これに該当する場合は求人情報などに書いてあります)
    もし近々就職する予定があるのなら、それを待ってプロミスに申し込むのも良いでしょう。

    社保加入者と偽って申し込むことはできない?

    審査通過可能性が上がるのなら……と、保険証種別を偽っての申込を検討している方もおそらく少なくはないでしょう。

    これについてですが、あなたが自営業者(個人事業主/フリーランス)なら100%バレるのでやめておきましょう。生命保険会社勤めなど「会社に所属しながら事業収入を得ている」ような方を除き、個人で、従業員などを雇わずに仕事を受けている方が社会保険や組合保険に加入することはできません
    (仮にこの内容で申し込みを行うと、申込情報の間違いがあるといった内容でプロミスから連絡が入ります)

    一方であなたがアルバイト等の給与所得者、かつ保険証以外の本人確認書類(免許証など)を提出できるのであれば、バレずに審査が進む可能性もそれなりにありますが……。

    • 年収や勤務状況によっては「社保加入」という申告が非常に怪しくなる
      (社保加入が義務付けられるのは「正社員の3/4以上の時間分、働いている方」等の条件あり)
    • 個人信用情報に保険証番号などが記入される場合がある
      (=今回の審査では問題なくても、次の審査で怪しまれる可能性がある)

    といった事情を考えると、やっぱり嘘を貫き通すのはリスキー。
    「自分の保険証種別が分からない」という理由で誤った情報を送信する方はそれなりにいると思われますが、プロミスからの確認が入ってなお嘘をつき、これが後に発覚した場合には、本来通れたはずの審査に落ちてしまう可能性もあります。やはり余計なことはせず、素直に正しい保険証種別を申告するのがベストでしょう。

    保険証を持っていない場合、プロミスは利用できない?

    保険証を持っていない場合、プロミスは利用できない?

    さて、プロミスの申込フォーム中「健康保険証の種類」欄には「健康保険に未加入」という選択肢も存在します。

    実際の「プロミス」申込フォームより

    ▲実際の「プロミス」申込フォームより
    これに関しては「健康保険証の種類」の意味が分からず、生命保険などと混同して「未加入」という項目を選んでしまう方も多いとは思うのですが……。
    おそらくこれを選んだ場合には、プロミスから事実確認の電話が入ることでしょう。

    …ここでいう「健康保険に未加入」とは、「保険証を持っていない」人を指します。つまり病院に行ったら、かかった費用の全額を負担しなければならない人のことですね。
    (保険証を持っている方の医療費負担は原則として3割=残りの7割は都道府県などの保険者が出してくれる)

    今回のアンケート調査でこれに該当した方はいらっしゃらなかったので、確かなことは言えませんが……。
    おそらく本当に申込者が健康保険に加入していなかった場合、つまり保険証を持っていない場合、プロミスへの審査通過は困難でしょう。
    これは「健康保険に入る」という国民の義務を守らないのみならず、いつ大病や大けがをして、その費用を全額自分で出すことになるか分からない人に対してお金を貸すリスクを、プロミスが負いたがるとは思えないからです。
    (保険にさえ入っていれば、仮に高額な医療費が発生しても保険者による通常の7割負担の他、高額療養費制度などを利用可)
    後は保険証を持っていない=原則として借金の禁じられている、生活保護受給者と疑われる可能性もありますね。

    仮にあなたが現在保険証を持っていないのなら(滞納中の場合含む)、何か健康上の問題が起こる前に早急に「国民健康保険」に加入してください。お住まいの市区町村に必ず窓口が設けられています。(「○○市 国民健康保険」などで検索すればヒットするはずです)

    また、あなたが配偶者や親の収入によって生活している状況なら、被扶養者としての保険証を獲得できるかもしれませんね。
    (年収が130万円未満であること、といった条件があります)

    詳細厚生労働省公式HP「健康保険制度に関係するよくあるご質問Q&A(一般の方向け)A」

    公的な保険制度に加入していないというのは、もしものときに守ってくれる後ろ盾が一切ないということです。
    保険に入っていない期間があると最長2年間分の保険料支払いを求められることとなりますが、相談次第で分割払いも認められるはずです。

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • プロミスでは申込時に保険証種別を尋ねられる。この項目が無意味に置かれているとは思えないので、やはり国保加入者は審査が不利に進みやすいと考えるのが妥当か
    • とは言え国保(または年収130万円未満の被扶養者)であっても「他社借入なし」「信用情報問題なし」の方は全員審査通過。このあたりで問題が無いのなら、さほど審査を心配に思う必要は無さそう
    • 一方、他社借入や信用情報に関する問題があると社保や組保の加入者でも審査落ちが増えてしまう。この場合、国保加入者の申込はダメ元となるが、考えても保険証種別が変わるわけでもないので、とりあえず申し込んでみてからその後の対応を考えるのが現実的か
    • さすがに健康保険に未加入だとプロミスへの審査通過は厳しそう。と言うよりもしものことがあると今後の人生にも関わってくるので早急に対応(原則として国保窓口への相談)を

    非常に身近な存在でありながら、契約の際に必要な「本人確認書類」としてだけでなく、審査結果を左右する一要素ともなり得る「健康保険証」
    就職の予定があるような場合を除き、これについてはありのままを受け入れる他ありませんので、審査上の不安点があるのならまずは保険証以外の点(他社借入など)を見直していきたいところです。

    ★プロミスと契約を結ぶ流れや必要な書類等について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!
    CHECKプロミス申込者15名に聞く審査所要時間:結果が遅い・来ないとき&土日の対応も
    CHECK契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類
    CHECKプロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を
    CHECK【プロミス】夜中に申込んだときの審査~借入の流れ:電話が掛かってくるのはいつ?
    CHECK【プロミス】携帯&勤務先に電話が入るタイミングとその回避:体験談による会話内容も
    CHECKプロミスに聞いた!現在の審査時間は「9時~22時」:即日融資対応は何時まで?
    CHECKプロミスは時間や曜日を「ほぼ」問わない即日振込に対応!例外時間&その対策も

    CHECK自営業者のためのプロミス:審査通過4名&否決2名の共通点と問合せに基づく注意点
    CHECKプロミスの審査は甘い?アンケート調査から見る審査傾向:年収70万の通過例も
    CHECKプロミスの審査が不安なあなたへ:低収入&ブラックでの可決例から見る通過条件
    CHECK【プロミス】ブラックリスト入りでも借りれた3例&審査落ち4例から探る審査基準
    CHECKアルバイトのプロミス申込者4名に聞いた!審査時の年収、限度額、在籍確認他
    CHECK【プロミス】審査時の嘘はNG!…と言うのは何故?虚偽申告を見抜く三段構えとは

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    お金を借りる際、国民健康保険の加入者や被扶養者だと審査が不利になるのでは?と考えがちなのですが、プロミスで申し込みをした人にアンケートの結果、他社からの借り入れなし、信用情報問題なしなら、審査に通るケースがほとんどです。そんなに心配する必要はないようですね。それでも心配と言うのなら、まず申し込みし、審査が通らなかった場合には他の消費者金融会社を探してみては?特に問題になりませんので、落ち着いて行動を!

    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント