キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

プロミスに夜中に申込んだときの審査~借入の流れ:電話が掛かってくるのはいつ?

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    【プロミス】夜中に申込んだときの審査~借入の流れ:電話が掛かってくるのはいつ?

    <プロミス>からお金を借りたいけれど、仕事の都合上、日中の対応が難しい。
    深夜に申し込んで、そのまま審査に通過できないかな?」

    インターネット申込時、「22時」まで審査を行っているプロミス(2019年7月確認)。
    審査対応時間は他社に比べても長いですが、これに間に合わなかった場合、審査は翌日の朝に持ち越しとなります。

    ここで問題になるのは「実際に審査が行われる、翌日の朝以降にどういった手続きが必要になるか」ですが……。
    申込者の中には電話確認などの必要なく審査に通過できる方もいるものの、基本的には「審査中、最低1回の電話対応」は必要だと考えた方が良いでしょう。とは言えこれは他の消費者金融へ申し込む場合であっても同様です。

    そこで今回は仕事などの都合で深夜(22時以降)にプロミスへ申し込みを行った場合の審査~借入の流れについて、簡潔にまとめました。

    読み終えていただければプロミスへの申込当日または翌日に、あなたがするべきことが分かります。

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    深夜や早朝の申込方法は「インターネット」一択

    深夜や早朝の申込方法は「インターネット」一択

    プロミスへの申込方法は「インターネット」「電話」「自動契約機(無人店舗)」「有人店舗」「郵送」の5択ですが……。
    時間も手間も掛かる「郵送」を除外した場合、深夜でも利用できるのは「インターネット」申込のみとなります。

    ……とは言え、インターネットを通しいつでも可能なのは「申込」手続きのみ。24時間体制で「審査」が行われているわけではありません
    プロミスは審査回答時間を公開していないようなので、これについて実際に問い合わせを行ってみました。

    【管理人】山本
    審査をされているのは何時からですか?

    オペレーターの回答
    私共の営業時間は朝の9時から22時、夜の10時までとなっております。

    【管理人】山本
    22時以降に申込むと、結果はいつ頃に出ますか?

    オペレーターの回答
    混み具合などにもよるため一概には言えないのですが、おそらく明日の午前中…何時とは言いかねてしまうのですが…には対応できるかと思います。

    (2019年7月問合せ分)

    ということで申し込みが22時以降なら(あるいは審査結果が22時までに出なければ)、審査は翌日9時から開始(または再開)されるようですね。

    ちなみに2018年以前の審査回答時間は「9時~21時」(インターネット申込の場合)だったはずなので、いつの間にかこれが1時間延長された形となっています。夜型のユーザーにとっては嬉しい対応ですね。

    ★土日祝日であっても営業時間に変動はありません。(年末年始除く)

    ★即日融資(申込当日の貸付)のためには、毎日「21時」までの申し込みが求められるとのことでした。これを希望する場合には以下のページをご覧ください。

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!

    ★「電話申し込み」「自動契約機申し込み」においても、対応時間は同様です(9時~22時。店舗によっては例外あるかも)。
    ただしインターネットとは異なり、「営業時間外に申し込み、翌日に対応してもらう」ことはできません。(そもそもオペレーターに電話が繋がらない/店舗内に入れないため)

    夜中に申し込みを行った場合の審査・契約の流れと対応時間

    夜中に申し込みを行った場合の審査・契約の流れと対応時間

    ここからは22時以降に申し込みを行った場合(あるいは22時になっても審査結果が出なかった場合)の契約の流れについて、簡単にお話ししていきます。

    ①おおまかな契約の流れ

    インターネットを使った「プロミス」申し込み・契約の流れは以下の通り。

    プロミス「インターネット契約」の流れ

    インターネット(または電話)から申し込み
    ★ここから翌日9時以降の手続き★
    一次審査
    通過後は書類提出を促すメールが届く
    インターネット上、もしくはスマートフォンアプリで
    必要書類の写真を提出
    ※携帯電話へ申込確認の電話が入る可能性あり
    在籍確認あり(相談次第で回避可)
    本審査通過メール
    メールに添付のURLからネット上で契約手続き
    カード発行希望の選択など
    契約完了
    ★ここまで対応時間9時~22時★
    振込融資または「スマホATM」での
    借入
    ローンカードの郵送(希望者のみ)

    ご覧の通り、営業時間外にできるのは「申込」手続きだけです。
    その後の対応は、プロミスが営業を開始する翌日の朝まで待たなければなりません。あらかじめご承知おきください。
    ちなみにこれは他の消費者金融を選ぶ場合であっても同様です。

    プロミスの契約に必要な書類を見る(クリック/タップで開きます)
    ★「プロミス」基本の必要書類
    提出が必要な方該当する書類
    本人確認書類全利用者運転免許証
    無ければパスポートまたは健康保険証

    ※マイナンバーカード等の書類もOKとのこと

    住所確認書類
  • 本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合
  • 来店契約時、写真付きの本人確認書類を用意できない場合
  • 以下のいずれか1点(発行日から6ヶ月以内のものに限る)

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • ※現住所を確認できる、二点目の本人確認書類を提出してもOK

    収入証明書類限度額50万円超の場合
    またはプロミスとの契約額+他の貸金業者※1からの借入額が100万円を超える場合
    以下のいずれか1点

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
  • 税額通知書(住民税決定通知書/最新のもの)
  • 所得(課税)証明書(最新のもの)
  • 勤務先確認書類(在籍確認書類)勤務先への電話を避けてほしい場合
    勤務先の休業中に審査を受けたい場合
  • 最新の給与明細書
  • 社会保険証、組合保険証など勤務先の確認できる保険証
  • その他、応相談

    その他外国籍の場合在留カードまたは特別永住者証明書
    ※1 主に消費者金融会社、クレジットカードのキャッシング枠

    ②確認の電話が入るとすれば「翌日の午前中」が基本

    そういうわけで、プロミスの審査が実施されるのは「9時~22時(曜日問わず)」のみ。
    そして上で紹介したオペレーターさんによれば、22時以降に申し込みを行った場合の審査結果は翌日午前中に出ることが多いとのことでした。

    ……となると当然、審査の過程で必要な各種「確認電話」も、翌日の午前中に実施されることとなります。

    プロミス(というよりあらゆるカードローン)の審査における、「確認電話」は以下の2種類。

    ★プロミスの審査過程で掛けられる可能性のある確認電話
    申込確認(本人確認)電話
  • 主に申込者の携帯電話に掛けられる電話。
  • 内容は本人確認程度だったり、生活状況を詳しく尋ねられたりと様々
  • プロミスの場合、在籍確認との順番が不定の上、実施されないこともある
  • 在籍確認電話
  • 虚偽申告やなりすましを防ぐため、申込者の勤務先に掛けられる電話。
  • プロミスの社名や用件が第三者に伝えられることは無い
  • 不都合があるなら書類提出で代用可
  • 在籍確認については後述するとして……。
    「申込確認(本人確認)」が必要になった場合、これが済むまで審査結果が出ることはありません。もしも昼夜逆転の生活をしているようであれば、この過程のせいで審査が長引く可能性も高いでしょう。

    さて、プロミスではインターネット申込時、「カンタン入力」「フル入力」という2つの申込口を選択することができます。
    このうち「フル入力」を選べば、電話確認なしで審査に通過できる可能性もあるのですが……。

    プロミス公式より:申込ボタン

    ▲プロミス公式HPより
    実際の「プロミス」ユーザーを対象としたアンケート調査を見る限り「フル入力」を選択しても電話が掛かってくることはさほど珍しくないようですので、基本的には「電話が無ければラッキー」程度に思っておくと良いでしょう。

    というわけで、携帯電話への申込確認が必要と仮定するなら翌日の午前中以降、プロミスとの電話に対応できる時間を作っておきたいところです。

    ★確認内容にもよりますが、電話自体にそこまでの時間は掛かりません。
    ただし他社借入状況など、ちょっと公共の場所では対応しづらいことを尋ねられる可能性はありますのであらかじめご了承ください。

    CHECKプロミスユーザーに聞いた!「申込確認」で尋ねられたのはどんなこと?

    ★仮にプロミスからの電話を取れなくても、都合の良いときに折り返し連絡すれば問題ありません(ただし対応は9時~22時のみ)。
    また、この場合には折り返しの連絡を求めるメールが届くかと思います。着信と一緒に、メールボックスにも気を配っておきましょう。

    申込確認に前後して、プロミスから必要書類の提出を求めるメールが届きます。こちらも見逃さないよう注意しておきましょう。
    (書類はスマートフォンのカメラで撮影+所定の場所にアップロードするだけで提出できます)

    CHECK契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類

    ③日中に勤務先が営業していないなら、「勤務先を確認できる書類」を用意しておこう

    先にも少し触れた通り、プロミスの審査の過程ではあなたの勤務先へ電話確認が行われます
    とは言えプロミスの社名や用件が第三者に伝えられることはありませんので、多くの場合この電話についてそこまで気にする必要は無いでしょう。

    電話は「○○と申しますが、××さんはいらっしゃいますか?」というように、担当者の個人名を用いて掛かってきます。ここで本人が出なくても、電話を受けた人が「××さんは本日お休みです」「席を外しています」とでも答えれば、在籍確認はそれで完了。業種等によるとは言え、多くの場合で特に気にされることも無いでしょう。(もちろん申込者本人が電話を受けてもOK)

    さて、ここで問題になるのは「勤務先が午前中に営業していない」といった場合ですが……。

    プロミスが電話を掛けても在籍の確認を取れなかった場合、あなたの携帯電話へ「勤務先を確認できる書類を提出してほしい」という旨の連絡が入ります。プロミスが在籍確認を行う時間(深夜の申込なら翌日午前中)に勤務先が営業していないなら、あらかじめこれを用意しておきましょう。
    プロミス側が正式に認めている「勤務先確認書類」は「勤務先の確認できる健康保険証」「最新の給与明細書」の2点ですが、相談次第はで社員証なども認めてもらえるかと思います。

    ★その他、「勤務先は営業しているけれど、名指しで電話を掛けてくるのは困る」といった場合でも書類を使った在籍確認が可能です。
    ただしこの場合には、プロミスへの申込の直前または直後に電話相談が必要。深夜の申込時にはちょっと難しいかもしれません。(強行するとすれば、翌9時にすぐに電話を掛けることとなるか)

    CHECKプロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を

    どうしても勤務先への電話を避けたいなら、在籍確認前に必ず申込確認を行う「SMBCモビット」を選ぶのが良さそうですね。社会保険証と指定口座があれば、原則電話を使った在籍確認ナシの「WEB完結」も選択可能です。
    (モビットと異なり、プロミスのWeb完結=カードレス契約は原則として電話確認を行います。ご注意ください)

    ④契約後の借入は深夜でも問題なし(日曜夜間の振込など除く)

    さて、各電話確認と書類提出が済んだら、特にやるべきこともありません。後はプロミスから届く審査結果を待ち、メールの案内に従って契約手続きを済ませられればOKです。

    契約さえ済めば、22時以降でも好きなタイミングで借入が可能。
    ローンカードの郵送を希望しない場合に利用できる借入方法は、「銀行振込(振込キャッシング)」「スマホATM」の2つですね。

    ★プロミスにおけるカードレス借入方法
    利用できる時間その他の注意点など
    銀行振込以下の時間を除き、常時利用可

  • 日曜18:50~翌8:00
  • ※三井住友銀行宛てなら21時まで可
    ※ジャパンネット銀行宛てなら月曜0時まで可

  • 土曜23:30~翌4:00
  • 振込先金融機関のメンテナンス時間
  • (要個別確認)

  • その他年末年始など
  • すべての金融機関が土日祝日の振込に対応しているわけではありません。
  • 振込先に応じた対応時間をあらかじめご確認ください。
    (公式HP「金融機関別振込実施時間検索」)

  • 申込者名義でない口座へ振り込むことはできません。
  • 振込先や金額問わず、手数料無料
  • スマホATM以下の時間を除き、常時利用可

  • 月曜0時~7時
  • セブン銀行ATMのメンテナンス時間
  • その他年末年始など
  • 日曜夜間なども原則利用可

  • 以下の手数料あり
  •  ○取引額1万円以下…108円
     ○取引額1万円超過…216円
    (利息と共に返済時に徴収)

  • プロミスのスマートフォンアプリをインストールしておく必要あり
  • プロミスは2018年10月より、曜日や時間をほとんど問わない銀行振込に対応しています。
    手続きもインターネット会員ページから簡単に済ませられますし、手数料も掛かりませんから、基本的にはこちらを使うと良いでしょう。

    ただし「日曜18時以降~翌8時」「土曜日23時30分以降~翌4時」その他銀行のメンテナンス時間(要個別確認)などには、振込を通してお金を受け取ることができません。
    その場合は「プロミス」のスマートフォンアプリと「セブン銀行ATM」を組み合わせた「スマホATM」を使って借入を行うと良いでしょう。

    ★ローンカードの受け取りを希望した場合にはこれの到着次第、各ATMを使った借入が可能となります。(参考プロミス公式HP「提携先のご案内」)

    ★「スマホATM」の詳しい使い方については、以下のプロミス公式HPをご覧ください。

    CHECKプロミス公式HP「スマホATMの使い方」

    まとめ

    ポイント
    • プロミスの審査対応時間は「9時~22時(曜日問わず)」
    • オペレーターさんによると22時以降の申し込み分の審査結果は「次の日の午前中」に出ることが多い模様

    • となれば当然、審査が行われるのも「翌日午前中」。
    • 「フル入力」選択時であっても「申込確認(本人確認)」電話が必要になることは多いため、可能ならプロミスと会話のできる時間を作っておきたい

    • 在籍確認は本人が電話を取れなくても良い。ただし勤務先が午前中に営業していないなら、「勤務先を確認できる書類」の提出が必要に(電話を避けたい場合も同様)
    • 契約さえ済めば、夜間でも問題なく借入可能。ただし日曜夜間等には振込キャッシングを利用できないので、この場合は「スマホATM」の活用を

    深夜に申し込みを行った上で極力スピーディに借入を行うためには、翌日午前中には電話を取ったり、書類を提出したりする体制を整えておきたいところ。
    とは言えそこまで気を張る必要はありません。プロミスからの連絡(電話またはメール)に、都合のよいときに対応していければ、さほど問題なく契約を結べることでしょう。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    プロミスで22時以降申し込みをするときには、インターネットでの申し込み一択。ただし審査は翌日9時以降となりますので、確認電話がくるのは早くても翌日の午前中以降になります。この時、仕事中で電話に出られないときには必ず折り返しをお忘れなく。その後、職場への在籍確認の電話となります。「在籍確認の電話は困る」なら、勤務先を確認できる書類の提出が必要になります。あらかじめ準備しておきましょう。

    CHECKプロミスの審査に通っているのはどんな人?プロミスユーザーの詳細審査口コミ
    CHECK【プロミス】ブラックリスト入り(信用情報に事故情報あり)でも借りれた3例&審査落ち4例から探る審査基準

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!
    CHECKプロミス申込者15名に聞く審査所要時間:結果が遅い・来ないとき&土日の対応も
    CHECK契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類
    CHECKプロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を
    CHECKプロミスユーザーに聞いた!「申込確認」で尋ねられたのはどんなこと?


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント