キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

アルバイトのプロミス申込者4名に聞いた!審査時の年収、限度額、在籍確認他

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    アルバイトのプロミス申込者4名に聞いた!審査時の年収、限度額、在籍確認他

    「CMや看板でよく名前を見かける<プロミス>を使ってみたいけれど、アルバイトの私でも審査に通るのか不安……」

    「無担保・無保証人でお金を借りるための審査」と言うと、何だか非常に難しいような気もしますが……。
    結論から言うとプロミスと契約を結ぶための審査は、決して厳しいものではありません
    もちろん必ず借入に成功できるとは言えませんが、「年収100万円未満・アルバイト」といった方の審査通過例も複数報告されています。

    今回は実際の「プロミス」ユーザーを対象に実施したアンケート調査の中から、パート・アルバイトの方の回答をピックアップ。詳しい属性(申込時の年収など)や契約の流れについてまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたがプロミスの審査結果に期待を持てるか分かります。

    プロミス申込条件(公式HPより)
    • 年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    事前にチェック!「プロミス」おおまかな契約の流れ

    事前にチェック!「プロミス」おおまかな契約の流れ

    それでは早速「プロミス」申込者の経験談を見ていきましょう、と言いたいところなのですが……。
    審査の上での不安を軽減するためにも、アンケート回答をしっかり理解するためにも、まずはプロミスにおける契約の流れを知っておきたいところ。
    それでは簡単に解説していきます。

    ★「以前にも消費者金融会社を利用したことがあるので、契約の流れについての解説は要らない」という場合にはこの過程を飛ばし、実際の審査経験談をご覧ください。

    ①基本のインターネット契約の流れ

    「プロミス」における、基本のインターネット契約の流れは以下の通り。

    プロミス「インターネット契約(Web完結)」の流れ

    インターネットから申し込み
    即日融資を狙うなら21時までに申し込み完了
    一次審査(おそらく機械審査)
    通過後は書類提出を促すメールが届く
    インターネット上、もしくはスマートフォンアプリで
    必要書類の写真を提出
    ※携帯電話へ申込確認の電話が入る可能性あり
    在籍確認あり(相談次第で回避可)
    本審査通過メール
    (ここまで申し込みから最短30分)
    メールに添付のURLからネット上で契約手続き
    カード発行希望の選択など
    契約完了
    振込融資または「スマホATM」での
    借入が可能に
    (ここまで最短1時間程度)
    ローンカードの郵送(希望者のみ)
    プロミスの契約に必要な書類を見る(クリック/タップで開きます)
    ★「プロミス」必要書類
    提出が必要な方該当する書類
    本人確認書類全利用者運転免許証
    無ければパスポートまたは健康保険証

    ※マイナンバーカード等の書類もOKとのこと
    住所確認書類
    • 本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合
    • 来店契約時、写真付きの本人確認書類を用意できない場合
    以下のいずれか1点(発行日から6ヶ月以内のものに限る)

    • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
    • 社会保険料の領収書
    • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
    • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

    ※現住所を確認できる、二点目の本人確認書類を提出してもOK

    収入証明書類
    • 限度額50万円超の場合
    • プロミスとの契約額+他の貸金業者※1からの借入額が100万円を超える場合
    以下のいずれか1点

    • 源泉徴収票(最新のもの)
    • 確定申告書(最新のもの)
    • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

    ※その他、住民税決定通知書などの公的書類もOK

    勤務先確認書類(在籍確認書類)勤務先への電話を避けてほしい場合
    勤務先の休業中に審査を受けたい場合
    • 最新の給与明細書
    • 社会保険証、組合保険証など勤務先の確認できる保険証

    その他、応相談

    その他外国籍の場合在留カードまたは特別永住者証明書
    ※1 主に消費者金融会社、クレジットカードのキャッシング枠

    合間合間で申込内容確認の電話が掛かってくる可能性はありますが、申し込み~契約までの手続き自体はすべてインターネット上で完了します。また、ローンカードの送付を希望しなければ自宅に郵送物も送られてきません。(この場合の借入方法は原則として銀行振込/夜間や土日も対応可)

    ★より詳しい契約の流れ、あるいはインターネット以外の契約手段(来店契約など)については以下のページをご覧ください。

    CHECK契約方法別「プロミス」借入の流れ
    CHECKプロミスで即日融資を受けるための条件とそのタイムリミット

    ②アルバイト先への「在籍確認電話」は原則必須、ただし抜け道も

    さて、契約過程の中で一番気に掛かりやすいのが「在籍確認」。これは金融機関(この場合はプロミス)が「申込者の申告した勤務先情報が正しいことを確認する」過程を言います。

    プロミスの場合、その手段は原則として「電話」。つまりプロミスからあなたのアルバイト先に電話が掛かってくるわけですが……。

    この電話の際に、プロミスの社名や用件が第三者に伝えられることはありません。仮に用件や身元を尋ねられても、「携帯に掛けましたが繋がらなかったので」といったように上手くかわしてくれます。
    また、あなた自身が電話を取れなくても、「○○は本日お休みです」といったように「その勤務先に勤めていることが分かる」回答さえ得られれば、在籍確認は完了となります。

    ということでこの在籍確認、インターネット上では不安の声がよく聞かれますが……。
    後に紹介するアンケート回答を見ても分かる通り、実際の利用者はあんまりこの過程を気にしてはいないようですね。

    ★在籍確認の電話は、あなたが申し込み時に記入した「勤務先電話番号」宛てに掛けられます。
    あなたが実際働いている場所に設置されている、固定電話の番号を記入しておきましょう。
    (ただし派遣型アルバイトの場合は派遣元電話番号を記入すること)

    ★プロミスの在籍確認について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKプロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を

    ★在籍確認電話(勤務先への電話確認)の他に、プロミスから申込確認の電話が入る場合があります。
    こちらは原則として携帯電話への、個人的な確認電話ですね。詳細については後に紹介する体験談をご覧ください。
    ちなみにタイミングは在籍確認の前だったり後だったり、そもそも申込確認が実施されなかったりと様々です。

    アルバイターのプロミス申込者5名に聞いた!審査時の詳しい属性&経験談

    アルバイターのプロミス申込者5名に聞いた!審査時の詳しい属性&経験談

    契約の流れを確認したところで、ここからは実際の「プロミス」ユーザーのアンケート回答を見ていきましょう。
    今回は情報の信憑性を確保するため、「契約内容が事実だと確認できる画像」を添付して頂きました。こちらも併せて紹介させて頂きます。

    ★アルバイターの「プロミス」申込者情報(簡易版)
    申告年収他社借入備考
    30代、アルバイト90万円なし金融ブラック
    限度額10万円
    20代、学生100万円なし限度額10万円
    20代、アルバイト190万円なし限度額10万円
    20代、アルバイト240万円なし限度額10万円
    30代、アルバイト270万円アコム50万円
    モビット16万円
    限度額24万円
    勤続14年

    ①年収90万円、金融ブラック状態で10万円の契約に成功したAさんの場合

    はじめに紹介させて頂くのは、「年収90万円、アルバイト」さらに「金融ブラックの可能性が高い」という属性(ステータス)のAさんです。
    契約には自動契約機(無人店舗)を利用されたとのことで、契約内容の確認書類の画像を添付してくださいました。

    プロミスユーザーAさんの契約内容確認書
    ▲▼プロミスユーザーAさんの契約内容確認書(自動契約機での契約時に発行)&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:30代
    • 職業:パート・アルバイト
    • 年収:90万円

    申込時期2019年1月契約方法自動契約機
    (申込~契約)
    年代30代職業パート・アルバイト
    (学生でない)
    申告年収90万勤続年数6か月
    家族構成単身、親と同居家賃または住宅ローン負担0円です。
    審査に掛かった時間1時間弱です。
    (申込:水曜日の朝の11時くらい)
    申込~借入までにかかった時間1時間半くらいです。
    契約金利17.80%契約限度額10万円
    他社借入他社は0円です。
    申告年収以外の収入、生活援助など親(配偶者以外の方)が生活費の一部(またはすべて)を出してくれていた。
    信用情報関連「5年」以内に、クレジットカードや携帯電話契約などの「強制解約」処分を受けた。(金融ブラック扱いとなる可能性が高い)
    借入が必要だった理由兄弟が結婚することになり、祝い金や礼服を買うお金がなかったので10万円を借りることにしました。
    プロミスを選んだ理由家の近くに無人契約機があったからです。
    申込確認電話について携帯電話は持ってなかったので自宅の固定電話にちゃんと鳴るかだけ確認されました。会社の在籍確認の前に家に電話したと思います。
    在籍確認電話についてされました。年収や現状など聞かれたり免許証のコピーなど終わってからバイト先の支店に在籍確認の電話をしました。
    提出した書類免許証のコピー
    雇入通知書のコピー
    プロミスへの感想バイトで1年も働いていなかったので正直借りれなかったらどうしようという不安が大きかったです。
    申し込みから審査が終わるまでの時間も早くて、即日で借りれたので本当に感謝しています。

    年収90万円、勤続6ヶ月、おまけに金融ブラックというこのAさんの属性は決して良いとは言えません。
    携帯電話を持っていない、というのもいまどきは珍しいですね。強制解約は携帯電話代金の未払いによるものでしょうか…。

    さて、こんな状況にもかかわらずAさんが審査に通過できた理由は

    • 他社からお金を借りていなかった
    • 「兄弟の結婚式のため」という正当な借入理由があった
    • 居住地に固定電話があった(=生活の拠点が確立されており、夜逃げなどの可能性が低い)

    あたりに集約されることでしょう。

    ここまで属性にマイナス点が多いと、何とかそれ以外の場所でプロミスからの信頼を得る必要があります。
    このために「借入が必要な真っ当な事情を、しっかり説明できる」ことは最低条件となるでしょう。

    参考プロミスの審査は甘いのか>「まっとうな借入理由」が審査通過のカギになる?

    ★「雇入通知書」を提出されたとのことですが、一般的な契約の際、この書類は必要ありません
    Aさんは自動契約機での申し込みですので、仮にプロミス側からこの書類の提出を要求されたのなら雇入通知書を探すため、一旦自宅に帰る必要があったことでしょう。
    とは言えそういった不平も無いようですから、たまたまAさんがこの書類を申込時に所持しており、勤務先証明として任意に提出された可能性が高いかなと思います。

    ★いわゆる「金融ブラック」入りの要件については以下のページをご覧ください。

    CHECK金融事故(ブラック入りの要件)とその存続期間について

    ②年収100万円、学生アルバイターBさんの場合

    次に紹介するのは、申告年収100万円で審査に通過された学生アルバイターBさんの回答です。

    プロミスユーザーBさんの会員ページ
    ▲▼プロミスユーザーBさんの会員ページ&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:20代
    • 職業:パート・アルバイト
    • 年収:100万円

    申込時期2018年5月契約方法Web完結
    (インターネット契約)
    年代20代職業パート・アルバイト
    (学生)
    申告年収100万円勤続年数飲食店1年
    家族構成単身、親と別居家賃または住宅ローン負担5万円
    審査に掛かった時間8時間程(深夜だったため)申込~借入までにかかった時間8時間程
    契約金利17.8%契約限度額10万円
    他社借入なし
    申告年収以外の収入、生活援助など親(配偶者以外の方)が生活費の一部(またはすべて)を出してくれていた。
    信用情報関連クレジットカードを持っていた(普段から使ってはいなかった)
    借入が必要だった理由支払いが多かったため、自分の所得だけでは足りなかった。
    プロミスを選んだ理由CMをしていて信頼感があったため。
    申込確認電話についてなし
    在籍確認電話についてされましたが、私がいなかった時でした。
    提出した書類健康保険証
    プロミスへの感想学生が審査に通るかどうかが不安でした

    100万円という申告年収は、学生さんの中では高い方かもしれませんね。(参考として、アイフルでは年収50万円の学生さんの審査通過を確認済み)

    上のAさんが審査に通過されたのだから、他社借入も信用情報問題(ブラック問題)も無いBさんが借入に成功できるのは当たり前とも言えそうですが……。
    何にせよ、学生であってもプロミスを問題なく利用できるのは確かと言えます。

    参考学生ローンと大手消費者金融会社カードローンの違いは何?

    ★ただしプロミスへの申し込みが可能なのは「20歳~69歳」の方のみとなります(未成年者は収入の有無にかかわらず申込不可)。
    また、収入源が仕送りや奨学金のみの場合、申し込みを行うことはできません。プロミスと契約を結ぶためには「アルバイト等により、自分で働いて収入を得ている」必要があります。

    ③年収190万円&240万円、フリーターとして生計を立てていたCさん・Dさんの場合

    次に紹介するのは、フリーターとして生計を立てていたCさん・Dさん。
    似た属性の方々ですので続けて紹介させて頂きます。


    ▲▼プロミスユーザーCさんの会員ページ&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:20代
    • 職業:パート・アルバイト
    • 年収:190万円

    申込時期2018年契約方法Web完結
    年代20代職業パート・アルバイト
    申告年収190万勤続年数三年
    家族構成単身、親と同居家賃または住宅ローン負担家賃は家族がはらっていたので0です。
    審査に掛かった時間私の場合は夜9時前後に電話をして書類を送り審査の結果が出たのは次の日の10時か11時ごろでした。申込~借入までにかかった時間約2日
    (※おそらくモアタイムシステム実装前だったため)
    契約金利17.8%契約限度額10万
    他社借入なし
    申告年収以外の収入、生活援助など自分で働いて得たお金以外の所得は無かった。
    信用情報関連普段からクレジットカードで決済をしていた
    借入が必要だった理由フリーターで働いていましたが主にやっていたアルバイトのシフトが削られてしまい、給料も少なすぎて、生活も苦しくなり、自分のやりたいことができなくなってしまったから。
    プロミスを選んだ理由3時までに申請すればその日に自分の口座に振り込んでくれるという瞬フリがあるのに惹かれました。(※現在は土日や3時以降も振込可)
    申込確認電話について本人確認の電話がきました。
    電話番号と名前、生年月日、住所を口頭で確認した後にこれからの詳細を聞かれました。
    在籍確認電話について勤務先への電話はありませんでした。
    (※おそらく他の人が対応したか、在籍確認実施時に勤務先が休業中だった)
    提出した書類保険証の写真裏表
    プロミスへの感想審査をお願いしてから結果がでるまでがすごく、はやくてびっくりしました。
    借り入れも平日の3時までにインターネットで予約をするとその日のうちに振り込まれる(※現在は土日や3時以降も振込可)のですぐに借りれて本当にありがたかったです。毎月の支払い額も借入額によるとは思いますが、私の場合は毎月ちゃんと払えるような額を設定してくれていて返済もしやすいです。
    電話の対応もすごくはやくて、安心して利用できると思います。
    備考プロミスの後はアコムアイフルに同じ額ずつ借り入れを申請してます。
    両方とも審査に通り返済も三社ちゃんとしています。

    プロミスユーザーDさんの会員ページ
    ▲▼プロミスユーザーDさんの会員ページ&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:20代
    • 職業:パート・アルバイト
    • 年収:240万円

    申込時期2019年4月契約方法Web完結
    年代20代職業パート・アルバイト
    申告年収240万円勤続年数1年
    家族構成単身、親と同居家賃または住宅ローン負担3万円
    審査に掛かった時間3日申込~借入までにかかった時間1ヶ月
    (※おそらく借入を必要としていなかっただけ)
    契約金利17.80%契約限度額10万
    他社借入なし
    申告年収以外の収入、生活援助など自分で働いて得たお金以外の所得は無かった。
    信用情報関連クレジットカードへ申し込んだことはあるが、審査に通れなかった
    借入が必要だった理由生活費が足りなく10万の借入を行った。
    プロミスを選んだ理由(アフィリエイトによる)セルフバックがあったから。
    申込確認電話について実施なし
    在籍確認電話について実施なし
    (※おそらく知らないうちに実施されている)
    提出した書類運転免許証
    プロミスへの感想迅速な審査と対応でたいへん助かった。

    お二人とも「在籍確認は無かった」と回答されていますが、電話あるいは書類での在籍確認なしでプロミスが審査に通すことは無いはずですから、おそらく知らないうちに第三者が対応されたのでしょう。
    (Cさんの保険証が勤務先を確認できるものであれば、これの提出によって在籍確認が完了した可能性もありますが)

    ちなみに適用限度額はお二方とも10万円。というよりここまで紹介した方全員がそうですね。
    (Dさんと属性が重複するので紹介しませんでしたが、年収270万円他社借入無し・フリーターの方の限度額も10万円でした)

    ここまでバラ付きが無いのなら、パート・アルバイトとしてプロミスへ申し込みを行う場合、適用限度額は原則10万円になると考えて良さそうです。
    …年収90万円でも270万円でも同じ限度額が適用される、というのはちょっと不公平な気もしますが仕方ありません。

    プロミスは他の消費者金融会社に比べても、「契約時の限度額が低い」傾向にあります
    10万円超の借入を希望するのなら、アイフルSMBCモビットといった他社ローンの選択をおすすめします。(ただし他社を選んだからと言って、10万円超の契約を結べるとは限りません)

    ④他社借入2件ありで総量規制ギリギリの契約に成功できた、ベテランフリーターEさんの場合

    最後に紹介するのは、今回「他社からお金を借りながら、審査に通過」できたEさんの例。

    プロミスユーザーEさんの会員ページ
    ▲▼プロミスユーザーEさんの会員ページ&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:30代
    • 職業:パート・アルバイト
    • 年収:270万円

    申込時期2017年7月契約方法Web完結
    年代30代職業パート・アルバイト
    申告年収270万円勤続年数14年
    家族構成単身、親と同居家賃または住宅ローン負担3万円
    審査に掛かった時間3日申込~借入までにかかった時間1ヶ月
    (※おそらく借入を必要としていなかっただけ)
    契約金利17.80%契約限度額24万円
    他社借入アコム、モビットで50万円、16万円の計66万円。
    申告年収以外の収入、生活援助など自分で働いて得たお金以外の所得は無かった。
    信用情報関連信用情報問題なし

    アンケート調査を行ったタイミングが異なることによる、質問内容の少なさについてはご容赦ください。

    さて、このEさんの回答で目を引くのはやはり「すでに2社から計66万円を借りていたこと」「それにもかかわらず、最初から24万円の契約に成功したこと」でしょう。

    消費者金融会社から借りられる金額は「全社合計で年収の3分の1」が限度(総量規制)。
    年収270万円のEさんの場合、3社の借入合計は90万円(=法律上の上限額)というわけで、この方がプロミスから最大限の信頼を獲得できていたことが分かります。

    …これまで触れてきたアルバイターの方は、他社借入というマイナス点がないにもかかわらず「10万円」の限度額が適用されていました。Eさんと同じ、年収270万円の方であってもです。

    そんな方々とEさんの違いは何かというと、これはやはり14年という勤続年数の長さでしょう。

    アルバイトはやはり、正規雇用の仕事に比べ辞めるのが簡単です。実際、今回の調査でもアルバイトとして申告された方の勤続年数は2年以下であることがほとんどでしたね(年収270万円で限度額10万円が適用された方を含む)。
    そんな中で長い間、一途に同じ仕事を続けていることは、たとえ非正規雇用であっても金融機関から見て非常に好印象に映るのだろうと思います。

    まあ勤続年数は伸ばそうとして伸ばせるものでないので、今のアルバイトを始めて日が浅いのならどうにもならないことですが……。
    「勤続年数があれば、非正規でも、他社借入があっても最大限の信用を得られる」というのは、プロミスの審査基準を知る上で非常な重要なポイントとなりそうです。

    ★ちなみにEさんに確認を取りましたが、アルバイトの種類についても特別な資格が要る特殊なものではないとのことでした。(運送会社勤務とのこと)

    ★Eさんは後に収入をアップさせ、プロミスでの限度額増額審査に通過。再び法律の上限に接する借入に成功されています( 詳細プロミスの増額経験談 )。
    プロミスがEさんに信頼を寄せているのは間違いなさそうですね。

    ★ただしプロミスは他のカードローン会社に比べ、他社借入を重ねている方の審査通過報告が少ないです
    他社借入の面で不安があり、Eさんのような長い勤続年数も持たないのであれば、プロミス以外の申込先を選ぶのが無難かもしれません。

    CHECKプロミス申込者にアンケート調査!他社借入を抱えて審査に通過できた&できなかった人の違いとは

    ★個人信用情報機関(審査の際に必ずチェックされる、他社ローンやクレジットカード等の利用状況データベース)には、以前他の金融機関に申告した勤務先などが記録されています。
    勤続年数を水増ししようとしても、バレて審査落ちとなる可能性が高いのでこれはやめておきましょう。

    まとめ

    まとめ

    • プロミスの申し込み~借入までに必要な時間は最短1時間程度(実際はもう少し掛かることも多い)。
      在籍確認の電話(勤務先への確認電話)はアルバイターに対しても行われるが、この電話のせいだけで借入が知られることは滅多にない。またどうしても電話を避けたい場合は書類提出により代用可
    • 一般的なアルバイターの、「プロミス」における適用限度額は「10万円」年収が100万円未満でもブラック状態でも、他社借入が無ければ10万円までは借りられることが多い模様
    • 10年を超える勤続年数は大きなプラスポイントとなるようで、他社借入があっても総量規制ギリギリの借入を認められた例あり。

    決して属性(ステータス)が高いとは言えなくても、金融ブラック状態であっても、10万円までなら借りられる可能性の高いプロミス(他社借入が無い場合)。
    収入や信用情報を理由に審査に不安を抱いているのなら、打ってつけの申込先と言えそうです。

    ★今回の調査では「10万円」の限度額が適用された方が多かったものの、大口借入が必要な正当な事情があれば、これが承認される可能性もあります(葬儀費など/電話による事前相談推奨)。
    詳しくは以下のページをご覧ください。

    CHECKプロミスユーザーに聞いた!携帯電話への「申込確認(本人確認)」内容とそのタイミング

    ★その他、プロミスの審査について詳しくは以下のページをご覧ください。

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!
    CHECKプロミス担当者に直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を
    CHECKプロミス申込者15名に聞く審査所要時間:結果が遅い・来ないとき&土日の対応も
    CHECK契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類
    CHECK【プロミス】夜中に申込んだときの審査~借入の流れ:勤務先や携帯に電話連絡が入るのはいつ?
    CHECKプロミス申込者にアンケート調査!他社借入を抱えて審査に通過できた&できなかった人の違いとは

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    プロミスではアルバイトで年収が低いような人であっても、審査に通過する場合があります。とはいえ誰もが問題なく審査に通過する訳ではありません。まずはアンケート結果を参考に、自分に可能性があるかどうかを判断してみては?プロミスは他社からの借り入れがある場合には属性、ステータスが良い場合でも審査に通らないことも。総合すると、プロミスは初めての借り入れ、他社借り入れなしの人には心強い味方になってくれそうです。

    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント