プロミスの審査は甘い訳ではない!アンケート調査から見る審査傾向

    プロミスの審査は甘い?アンケート調査から見る審査傾向:年収70万の通過例も

    「いつも使っている銀行のカードローン審査に落ちてしまった。
    それでも消費者金融の<プロミス>なら、いくらか融通も利きそうだけれど…?」

    銀行カードローン等に比べれば、申し込みやすい傾向にある「プロミス」。実際、「銀行での審査落ち後にプロミスで借りられた」という報告も多いですね。

    ……とは言え「プロミスに落ちて他社で通った」「なんで審査に落とされたか分からない」といった声がいくつか聞かれるのもまた事実。

    今回は実際の「プロミス」申込者へ実施したアンケート調査をもとに、同社の審査傾向をまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたがプロミスへ申し込むべきか否かが分かります。

    事前にチェック!プロミスの最低限の申込条件

    プロミスの審査に通る…というより門前払いを受けないためには、以下の条件をクリアする必要があります。

  • 20歳~69歳である
  • 自分自身の収入がある(専業主婦は申込不可)
  • 他の貸金業者(消費者金融会社、クレジットカードキャッシング枠)からの借入額「合計」が、年収の3分の1に達していない
  • 3つ目の条件は「貸金業法」の制限によるもので、プロミスの公式HPには記載されておりませんのでお気を付けください。(ただし緊急時医療費の借入など、例外となる場合もあり)

    各条件を満たしていない場合には、他社ローン(主に銀行カードローン)の利用をご検討ください。

    CHECK専業主婦が申し込める銀行カードローンについて
    CHECK年収の3分の1超の借入可、楽天銀行スーパーローンの審査口コミ

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2)
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2)
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    (※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    (※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    年収100万円未満も!これまでに寄せられた「プロミス」審査通過報告

    まずはこれまでに当サイトで実施したアンケート調査結果をもとに、どういった人が「プロミス」の審査に通っているのか見ていきましょう。

    ①プロミスのカードローン審査に高い年収は不要

    結論から言うと、プロミスのカードローン審査に通るため、高い年収は決して必要ありません。実際の例をいくつか見てみましょう。

    実際の「プロミス」審査通過例
    属性契約内容
    • 年収60万円
    • 学生アルバイト(2ヶ月)
  • 限度額10万円
  • 金利17.8%
    • 年収72万円
    • パート
    • 年収90万円
    • アルバイト(6ヶ月)
    • 5年以内に携帯電話の強制解約処分
    • 年収125万円
    • 自営業(4年)
    • 年収171万円
    • 派遣社員(1年)
    • 5年以内に任意整理(ブラック)
    • 年収200万円
    • 学生(1年)
    • 2年以内に1ヶ月程度のカード延滞
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    ※アンケート回答の際、申込みの事実が確認できる書類を頂戴しています。
    ※いずれも申込時点で他社からの借入なし

    ご覧の通り、プロミスでは「年収100万円未満のアルバイト」といった決して高属性と言えない方であっても問題なく審査に通過されています。
    少なくとも年収の低さ「だけ」が原因で審査に落とされることはほぼ無いと考えて良いでしょう。

    ②他社での借入が無ければ、プロミスでの審査は決して厳しくない

    基本的にプロミスの審査では「他社借入」、つまり他社でのキャッシング/カードローン利用が無ければ、年収や信用情報(これまでの各後払いサービスの利用履歴)にかかわらず柔軟に対応してもらえることが多いです。

    あなたが、

    • 年収が低い
    • いわゆるブラック状態(後述)である

    …といった、審査を不安に思う要素をお持ちなら、「他社借入があるかないか」が審査の決め手となることも珍しくはないでしょう。

    …が、これは逆に言えば「他社借入とその他の審査上のマイナス点が重なると、審査落ちの可能性が高い」ということでもあります。

    実際の「プロミス」審査結果報告より
    属性契約内容
    • 年収60万円
    • 学生アルバイト(2ヶ月)
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収80万円
    • 学生アルバイト
    • クレジットカードのリボ残高あり(金額不明)
    審査落ち
    実際の「プロミス」審査結果報告より
    属性契約内容
    • 年収300万円
    • 契約社員
    • 他社借入100万円(銀行)
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収300万円
    • 派遣社員
    • 他社借入30万円
    • クレジットカード等を2ヶ月以上延滞「中」(ブラック状態)
    審査落ち

    同じような属性の方であっても、他社借入の有無で審査結果が分かれることがあるのは明らかですね。

    他社借入さえなければ、年収が低かったり、信用情報に問題があっても審査通過を狙える「プロミス」。
    ですが他社借入を抱えた上で審査に通るためには、「信用情報に問題が無いこと+他社借入を補う支払い能力があること」が求められます。あらかじめご承知おきください。
    自分の信用情報はどうすればチェックできる?ブラック入りの要因とは

    あなたが各種ローン、クレジットカード、分割払い(携帯電話の本体料金含む)等の「審査が必要な後払いサービス」を利用すると、その情報は逐一「個人信用情報機関」というところに記録されます。

    その内容は「いつ、どの会社に申込んだか」「いくらの金額を、どのように返すと契約したか」そして「毎月きちんと支払いができているか」といったもの。これらの情報はまとめて「(個人)信用情報」と呼ばれます。

    そして長期間の延滞などを理由に、悪い信用情報が記録されてしまった状態のことを一般に「ブラック状態」と呼ぶわけですね。

    「ブラック状態」となってしまう要因は以下の通り。(他にもありますが主なもののみ記載)

    • 61日または3ヶ月以上の「後払い」延滞
      (延滞解消から5年後まで継続)
    • 各種後払いサービスの「強制解約」
      (強制解約から5年間継続)
    • 債務整理

      (原則として、残債の清算から5年間継続)

    「ブラック状態」だけがプロミスの審査落ち理由となることは無いようですが、その他の問題点、特に「他社借入」と重なるとどうしても審査通過は難しくなります。あらかじめご確認ください。

    ★自分がブラック状態か分からない、という場合には「個人信用情報」を開示してみることをおすすめします。手数料(1,000円くらい)は掛かりますが、プロミスら金融機関がチェックする個人信用情報とほとんど同じものを閲覧可能です。

    CHECK個人信用情報の開示とその見方、開示請求先の選び方

    プロミスの審査に落ちてしまうのはどんな場合?

    プロミスの審査に落ちてしまうのはどんな場合?

    年収100万円未満で「プロミス」の審査に通れる方がいる一方、500万円以上の年収を得ながら審査に落ちてしまう方もいらっしゃいます。
    ここからはプロミスでの「審査落ち」要因について、もう少し詳しく見ていきましょう。

    ①他社借入については厳しめ?多重債務者の審査落ちは多い

    まずプロミスでは、SMBCモビットアコム、あるいは楽天銀行スーパーローンあたりと比べて年収の3分の1に達するような他社債務を抱えた方の審査通過報告は少ないです(総量規制対象外の銀行・信金の利用者も含む)。

    これにはプロミスがその知名度や利便性の高さから、1社目・2社目の申込先として選ばれやすいという理由もあるのでしょうが……。
    やはり各報告を見る限り、2件以上の他社借入を抱えている状況なら、他社ローンを選んだ方が無難に思えます。

    多重債務者の「プロミス」審査落ち例
    申告年収他社借入(年収に対する割合)備考
    【審査落ち】
    30代、契約社員
    350万円千葉銀行カードローン50万円
    ショッピングリボ50万円
    (28.5%)
    直後にアコムで通過(50万円)
    【審査落ち】
    20代、会社員
    365万円クレジットカード5社計150万円(リボ含む可能性あり)
    銀行カードローン2社計190万円
    (93%)
    アコム、SMBCモビット、アイフル、楽天銀行でも審査落ち
    【審査落ち】
    30代、会社員
    600万円楽天カードから約200万円
    住信SBIネット銀行100万円
    (50%)
    東京スター銀行でも審査落ち
    ★ここで言う他社借入とは「無担保で利用できる、目的を問わないローン」(主にカードローンやキャッシング枠)の利用分を指します。自動車ローンや住宅ローン、奨学金などの残高は審査にほぼ影響しません。
    他社借入に寛容なカードローンはどこ?

    「プロミスよりも他社借入に寛容」な消費者金融会社として真っ先に挙げられるのは「アコム」。上にも「プロミスでの審査落ち後、アコムの審査に通った」という報告が見られますね。

    プロミスでは見られない、「ブラック+他社借入あり」という属性の方の審査通過例も複数確認済みということもあり、プロミスより他社借入に寛容であることはまず間違いないでしょう。
    その他、大手で言えば「SMBCモビット」あたりも多重債務者の審査通過報告が多いです。

    CHECK徹底比較!消費者金融の審査基準&サービスの違いと申込み先カードローンの選び方

    また申込み先を消費者金融会社に限らないのであれば、

    といった「おまとめ」対応のローン(主にネット銀行系)の名前が挙がります。
    高額契約には一定以上の属性が必要ですが、ある程度安定した収入と生活基盤があるのなら、こういった申込み先を選んでも良いでしょう。

    CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン
    CHECKネット銀行カードローンの審査は甘い?22名の属性&結果から見る審査傾向

    ②重度ブラックや破産経験者は支払い能力にかかわらず利用不可

    「過去にクレジットカードを長期間延滞した」といった方の審査通過報告も確認されている「プロミス」ですが…。
    残念ながら、以下の条件に該当する方の審査通過は今のところ確認されていません

    支払い能力にかかわらず、プロミスでの審査通過が難しい方

    • ブラック状態かつ他社借入がある
    • これまでに自己破産を行ったことがある(5年以上前のもの含む)
    • これまでにプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)がかかわる場所で、長期延滞などの問題を起こしたことがある
    • 他社カードローン等を現在進行形で延滞中
      ┗クレジットカードは含まれない模様

    どれか1つでも該当しているものがあるのなら、残念ながら「プロミス」への申込みは諦めた方が良いだろうと思います。
    ★「ブラック+他社借入がある」「自己破産経験者である」といった条件に該当する場合には、こういった属性の方を主な対象とした中小消費者金融会社の活用をおすすめします。
    CHECK【証拠付】アンケート調査に基づく「ブラックでも借りれた」消費者金融10選
    CHECK体験談から見る!中小消費者金融会社/街金、6つのデメリットと向き・不向き
    ただいくら中小業者であっても、他社ローン延滞中での審査通過は困難とお考え下さい。

    ★ちなみに5年以上が経過した自己破産者がプロミスの審査に落ちてしまうのは、プロミスが個人信用情報だけではなく「官報」情報を閲覧しているためです。
    「官報」に記載の破産者情報は、時間が経っても消えません

    参考【官報閲覧】SMBCモビットは5年経っても自己破産者の審査通過困難…その根拠と例外とは

    ③プロミスからの電話連絡に対応できないと審査通過が出来ないことも

    その他意外なところを挙げると、「プロミスの連絡を受け取れなかったせいで審査に落ちた」といった例も存在します。

    プロミスは審査の過程で申込み者の携帯電話に連絡を行うことが多いのですが…。
    着信を何度も無視し、連絡が取れない状況だと「申込みの意志が無い」と見なされてしまうわけですね。

    さすがに1日連絡が取れなかっただけで審査落ち通達が届くようなことはありませんが、スムーズに契約を済ませるためには、申込後の着信に気を配っておきたいところです。
    CHECKプロミスに聞いた!即日振込(来店なし即日融資)を成功させる3つの条件と注意点
    CHECK【2020年最新】プロミスに聞いた!即日融資&審査の条件と申込みタイムリミット【来店あり/なし】
    ★その他、プロミスに要求された必要書類(健康保険証など)を提出しなかった場合などにも同じ理由で審査落ちとなります。

    プロミスの必要書類を見る(クリック/タップで開閉)
    本人確認書類
    全申込者必須原則として以下のいずれか1点

    • 運転免許証
    • 健康保険証
      ┗ネット申込み+返済用口座の登録が可能な場合に限る。
    • 来店契約の場合は補助書類として住所確認書類(下段)が必要

    • パスポート
      ┗2020年2月4日以降に申請した、住所が掲載されていないものは不可
    • マイナンバーカード
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    • 住民基本台帳カード
    住所確認書類
    以下の場合に提出

    • 来店契約かつ写真付きの本人確認書類を用意できない場合
    • 本人確認書類の住所と現住所に相違がある場合
    • 公共料金の領収書
      (電気、ガス、水道、NHK)
    • 住民票の写しまたは記載事項証明書
    • 国税や地方税の領収書/納税証明書
    • 社会保険料の領収書

    ※いずれも発行日から6ヶ月以内のものに限る

    収入証明書類
    以下の場合に提出

    • プロミスでの希望限度額が50万円を超える
    • プロミスでの希望限度額+貸金業者※からの既存借入が100万円を超える
    • その他プロミス側から要請があった場合
    • 源泉徴収票
    • 確定申告書
    • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
    • 税額通知書
    • 所得(課税)証明書
    勤務先確認書類
    以下の場合に提出

    • 勤務先の休業中にプロミスと契約を結びたい
    • 勤務先への電話を避けたい
    • その他何らかの事情で、勤務先への電話確認が取れない
    • 勤務先から発行された保険証(被扶養者のものは不可)
    • 最新分の源泉徴収票
    • 最新の給与明細書
    • その他社員証など、勤務先から発行された書類他
    事業実態を確認できる書類
    自営業者や個人事業主(特に決まった営業拠点が無い場合)の申込時に要求されやすい
    • 確定申告書の控え

    その他応相談

    ※1 主に消費者金融会社、クレジットカードのキャッシング枠

    ★電話確認なしでプロミスの審査に通れる方もいらっしゃいます。
    ただし審査通過後に送られてくる契約手続きメールを無視した場合にも、申込みはキャンセル扱いとなってしまうことでしょう。

    ②その他原因不明の審査落ち報告も

    プロミスに限ったことではありませんが……。
    アンケート回答の中には、「本当に審査落ちの理由が分からない人」がちらほら見られます。

    とは言え最低限の返済能力があり、信用情報の上でも問題が無いのなら、その他の消費者金融会社の審査を受け直すことで借入に成功できる可能性は高いです。
    理由の分からない審査落ちを経験することになってしまったら、偶然の事故だと思って他社へ申し込み直すのが、結局のところ一番の近道となりそうですね……。

    根本的な解決にはなっていませんが、プロミスに尋ねても審査落ちの理由は教えてもらえないため仕方ありません。「そういうこともある」くらいに思っておく他なさそうです。

    プロミスの審査に通りやすくなるコツはある?

    あなたが「プロミス」の申込み条件をクリアしており、特に重い信用情報問題などを抱えていないことを前提とすると、「プロミス」への審査通過条件の目安は以下のようになります。

    • 低収入またはブラック状態なら、他社借入がない
    • 安定収入を得ていてる場合でも、「年収の3分の1以上※」または「2件以上」の他社借入がない(例外あり)
    ※総量規制の対象とならない銀行カードローンやショッピングリボの残高を含む

    …となると、審査に通りやすくなるコツと言えば、「何とかして自分の属性を、上の2つの条件に寄せる」ことでしょう。基本的には他社借入を清算する形になるかと思います。

    が、実際問題として他社借入をすぐに減らすことは難しい方も多いはず。

    この場合にはプロミスへの申し込みにこだわるより、「アコム」など多重債務者の通過報告が多い他社を選ぶのが無難だろうと思います。

    ★ちなみに希望限度額は審査結果と関係ありません。

    まとめ

    プロミスの審査に通る最低条件
    (1)以下の申込み条件をすべて満たすこと

    • 20歳~69歳
    • 仕事をして収入を得ている
    • 現在貸金業者から、年収の3分の1に達するお金を借りていない
    (2)以下の「通過例が確認されていない」条件に、一つも該当しないこと

    • ブラック状態かつ他社借入がある
    • これまでに自己破産を行ったことがある(5年以上前のもの含む)
    • これまでにプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)がかかわる場所で、長期延滞などの問題を起こしたことがある
    • 他社カードローン等を現在進行形で延滞中
    その他の「プロミス」審査通過条件目安
    以下のいずれかに該当すること

    • 低収入またはブラック状態なら、他社借入がない
    • 安定収入を得ていてる場合でも、「年収の3分の1以上」または「2件以上」の他社借入がない(例外あり)

    このように並べると一見難しそうですが、実のところは「年収100万円未満、アルバイト、他社借入なし」といった属性の方でも十分に審査通過を狙えます。
    この「プロミス」、他社借入の方面では厳しめな方針が見られるのは確かですが…。

    すでに複数、または多額のお金を借りていない状況であれば、多くの場合で柔軟な審査に期待できることでしょう。


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい