【証拠付】プロミス審査経験者7名の詳細口コミ:初めての借入~自営業まで

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    【証拠付】プロミス審査経験者7名の詳細口コミ:初めての借入~ブラックまで
    審査が不安な 佐藤さん
    生活費のピンチをしのぐためにプロミスを使ってみたいけれど、クレジットカードも作れないような自分でも審査に通るのかな?

    結論から言うとあなたが「働くことにより収入を得ている」のなら、プロミスの審査申し込みには問題はありません。
    ……とは言えもちろん申し込みを行った方全員が審査に通過できているわけではありません。

    今回はプロミスの審査、あるいは借入自体に心配のあるあなたのため、実際のユーザーからの詳しい審査体験談を募集し、まとめました。

    【管理人】山本
    読み終えていただければ、漠然とした不安を解消した上で申込に進めるだろうと思います。

    ★このページでは主に「プロミスの審査」に関する不安の解消を目的としています。
    「プロミスからお金を借りること自体の安全性」等についてお知りになりたい場合は、先に以下のページをご覧ください。

    CHECK【初めてのプロミス】問合せに基づく即日借入の条件とよくある不安・疑問について

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2)
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2)
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    (※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    (※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    事前にチェック!「プロミス」審査に通る大前提&申込後にやるべきこと

    事前にチェック!「プロミス」審査に通る大前提&申込後にやるべきこと

    それでは早速、実際の申込経験者のアンケート回答を見ていきましょう!
    と言いたいところなのですが……。

    アンケート回答からより多くの情報を得るためにも、そしてあなたが「100%審査に落ちてしまう人」でないことを確かめるためにも、ここではいくつかの基礎知識を仕入れておきたいところ。
    まずは「プロミスへの申込を検討する際、知っておくべきこと」について、少々お付き合いください。

    ①プロミスへ申し込めるのは「20歳~69歳で、仕事による収入のある人」のみ

    大前提として、プロミスへ申し込めるのは以下の3つの条件のすべてをクリアした方のみとなります。

    プロミスの申込条件

    1. 20歳~69歳である
    2. 仕事をして収入を得ている
    3. 貸金業者(主に消費者金融会社、クレジットカードキャッシング枠)からの借入額合計が、年収の3分の1を超えていない

    1について、特に説明は要らないでしょう。
    あなたが未成年者ならそれに対応した各ローンを、70歳以上なら生活福祉資金貸付制度年金担保融資の利用をご検討ください。

    意外と引っかかる方が多いのが2ですね。「仕事をして」という前提から分かる通り、収入源が年金や失業保険、仕送り等のみという場合、返済能力にかかわらずプロミスを利用することはできません。専業主婦の方も同様です。
    この場合は仕事の有無にかかわらず、返済能力に応じた審査を行ってくれる銀行カードローン等を利用するのが良いでしょう。

    3はプロミス側の制限ではなく「貸金業法」の制約によるものですね(いわゆる総量規制)。
    例えばあなたの年収が300万円、かつ既にアコムから50万円、アイフルから50万円を借りているという状況だと、合計借入額が年収の3分の1に達してしまうために原則としてプロミスの審査に通ることはできません。(緊急時医療費のための借入といった例外はありますが)。

    ここからは、あなたが以上3つの条件をすべて満たしていることを前提に、説明を進めさせていただきます。

    ★銀行カードローン残高やショッピングリボは「総量規制」の対象に含まれませんが、返済能力を圧迫するものとして審査の上では不利に働きます。ご承知おきください。

    ②おおまかな契約の流れと必要書類、在籍確認について

    一般的なインターネット契約における、「プロミス」利用の流れは以下の通り。
    なぜ今これを紹介するかと言うと、後のアンケート回答では契約の流れ(特にプロミスからの各電話確認)に関する情報が多く含まれているからですね。

    プロミス「インターネット契約(Web完結)」の流れ

    インターネットから申し込み
    即日融資を狙うなら21時までに申し込み完了
    ここから携帯電話へ連絡(本人確認、申込確認)が入る可能性あり
    (毎日9時~22時)
    一次審査結果メール
    メールの案内に従い、
    インターネット上、もしくはスマートフォンアプリで
    必要書類の写真を提出
    前後する形で勤務先への電話連絡(在籍確認)
    本審査通過メール
    (ここまで申し込みから最短30分)
    メールに添付のURLからネット上で契約手続き
    カード発行希望の選択など
    ここまで携帯電話へ連絡が入る可能性あり
    (毎日9時~22時)
    契約完了
    振込融資(夜間OK)または「スマホATM」での
    借入が可能に
    (ここまで最短1時間程度)
    ローンカードの郵送(希望者のみ)

    ※その他、無人店舗または有人店舗を使った来店契約や郵送契約も可能です。

    プロミスとの契約に必要な書類を見る(クリック/タップで開きます)
    「プロミス」新規入会時の必要書類
    提出が必要な方該当する書類
    本人確認書類全利用者運転免許証
    無ければ健康保険証+1点(例:住民票)またはパスポート

    ※来店契約の場合に限り、顔写真なしの書類には補助書類の提出が必要
    ※マイナンバーカード等の書類もOKとのこと(個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします)。
    学生証や社員証は写真付きでも不可

    住所確認書類
  • 本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合
  • 来店契約時、写真付きの本人確認書類を用意できない場合
  • 以下のいずれか1点(発行日から6ヶ月以内のものに限る)

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 現住所を確認できる、二点目の本人確認書類を提出してもOK

    収入証明書類
  • 限度額50万円超の場合
  • プロミスとの契約額+他の貸金業者※1からの借入額が100万円を超える場合
  • 以下のいずれか1点

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
  • ※その他、住民税決定通知書などの公的書類もOK

    勤務先確認書類
    (在籍確認書類)
    勤務先への電話を避けてほしい場合
    勤務先の休業中に審査を受けたい場合
    何らかの理由で在籍確認に失敗した場合 等
  • あなたの勤務先から発行された各種保険証(国民健康保険証や被扶養者のものは不可)
  • 最新の給与明細書
  • 最新の源泉徴収票
  • 社員証
  • その他応相談

    その他外国籍の場合在留カードまたは特別永住者証明書
    「勤務先固定電話番号」を記入できない個人事業主の場合事業実態を確認できる書類(最新の確定申告書控えなど)
    ※1 主に消費者金融会社、クレジットカードのキャッシング枠

    契約の流れの上で、特に気になりやすいのは「在籍確認(勤務先確認)」でしょう。特に希望や事情が無ければ、この確認はプロミスがあなたの勤務先に電話を掛ける形で実施されます。目的は虚偽申告やなりすましの排除ですね。

    ……とは言えこの過程で第三者が電話を取ったとしても、「プロミス」の会社名や用件が伝えられることはまずありません。電話は「○○と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?」というように、担当者の個人名を用いて、知り合いを装うような形で掛けられます。

    多くの「プロミス」申込者はこの電話について「知らないうちに終わっていた」と回答されていますので、実際そこまで気に留めるほどのものでもないでしょう。
    (どうしても気になるようであれば、相談次第で対応してもらえる可能性あり/ただし要事前相談)

    CHECKプロミスコール直伝:在籍確認の電話は相談一つで回避できる!
    CHECK【プロミス】携帯&勤務先に電話が入るタイミングとその回避:体験談による会話内容も

    その他契約の過程では、在籍確認の他に携帯電話へ確認の電話(本人確認/申込確認)が入ることも多いですね。
    こちらの内容については、これから紹介するアンケート回答からご確認頂ければと思います。

    「プロミス」ユーザー7名への詳細アンケートと審査体験談

    「プロミス」ユーザー7名への詳細アンケートと審査体験談

    それではここからは、実際に「プロミス」へ申し込まれた7名の方のアンケート回答を紹介させて頂きましょう。

    信憑性の薄い、怪しい体験談も多いインターネット上で少しでも確かな情報を得るため、ここでは皆さんに「契約が事実だと確認できる画像」を添付していただきました。内容に関する信頼度はかなり高いと見て良いかと思います。

    今回アンケートにご協力くださった方の簡単な属性等
    申告年収他社借入備考

    Aさん
    (30代アルバイト)

    90万円なし
  • 勤続6ヶ月
  • 限度額10万円
  • Bさん
    (20代学生)

    60万円なし
  • 限度額10万円
  • Cさん
    (20代アルバイト)

    190万円なし
  • 限度額10万円
  • Dさん
    (20代会社員)

    400万円なし
  • 限度額50万円
  • Eさん
    (20代自営業)

    125万円なし
  • 限度額10万円
  • Fさん
    (30代契約社員)

    300万円三井住友銀行からの借り入れあり
  • 限度額50万円
  • ※この他、属性の近い方の簡易アンケート結果(審査落ち含む)を各所に紹介しています。

    ★何度も出てくる「信用情報」という言葉は、各種ローンやクレジットカード、携帯電話端末の分割払いといった「審査の必要な後払いサービスの利用履歴」を指します。
    ここに問題(長期間の延滞など)があると、審査通過が難しくなるなどの障害が生まれることとなります。

    存続期間
    ブラッククレジットカード、各種ローン、各種分割払い(携帯電話端末含む)の支払いを「61日」または「3ヶ月」以上延滞「延滞解消から」5年
    クレジットカード、各種ローン、各種分割払い(携帯電話端末含む)契約の強制解約5年
    債務整理5年
    ブラック未満のキズクレジットカード、各種ローン、各種分割払い(携帯電話端末含む)の支払いを「1ヶ月前後」延滞延滞発生月から2年
    各ローン等へ立て続けに申込を行った
    (いわゆる申し込みブラック/ただしキズと見なされる申込数は金融機関等による)
    6ヶ月
    これまでに一度も各種「後払い」サービスを利用したことが無い
    (消費者金融会社の審査ではあまり問題にならない)
    ※ブラック未満のキズを付ける基準は金融機関による

    ①一番ギリギリ?年収90万円Aさんの審査通過例

    今回の調査で、最も「ギリギリ」で審査に通ったように思われるのがこのAさん。
    属性(ステータス)としては他社借入こそ無いものの、「年収90万円」「勤続6ヶ月」という、かなり危うい状況でいらっしゃいました。

    プロミスユーザーAさんの契約内容確認書(自動契約機での契約時に発行)

    ▲▼プロミスユーザーAさんの契約内容確認書(自動契約機での契約時に発行)&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:30代
    • 職業:パート・アルバイト
    • 年収:90万円
    申込時期2019年1月契約方法自動契約機
    (申込~契約)
    年代30代職業パート・アルバイト(学生でない)
    申告年収90万円勤続年数6か月
    家族構成単身、親と同居家賃または住宅ローン負担0円です。
    審査に掛かった時間1時間弱です。
    (申込:水曜日の朝の11時くらい)
    申込~借入までにかかった時間1時間半くらいです。
    契約金利17.80%契約限度額10万円
    他社借入他社は0円です。
    申告年収以外の収入、生活援助など親(配偶者以外の方)が生活費の一部(またはすべて)を出してくれていた。
    借入が必要だった理由兄弟が結婚することになり、祝い金や礼服を買うお金がなかったので10万円を借りることにしました。
    プロミスを選んだ理由家の近くに無人契約機があったからです。
    申込確認電話について携帯電話は持ってなかったので自宅の固定電話にちゃんと鳴るかだけ確認されました。会社の在籍確認の前に家に電話したと思います。
    在籍確認電話についてされました。年収や現状など聞かれたり免許証のコピーなど終わってからバイト先の支店に在籍確認の電話をしました。
    提出した書類免許証のコピー
    雇入通知書のコピー(※通常は不要。任意での提出か)
    プロミスへの感想バイトで1年も働いていなかったので正直借りれなかったらどうしようという不安が大きかったです。
    申し込みから審査が終わるまでの時間も早くて、即日で借りれたので本当に感謝しています。

    厳しい状況下にありながらAさんが審査に通れた理由を推測するなら、

    • 実家暮らしで、おそらくほとんど生活費が掛かっていなかった
      (=収入のわりに自分で自由に使えるお金が多かった)
    • 自宅固定電話があった
      (=生活の拠点が定まっており、夜逃げなどの可能性が薄い)
    • 他社での借金が無かった

    といったものでしょうか。

    Aさんと同じ属性(年収100万円未満)の方が必ずしも審査に通るとは言い切れませんが……。
    こういった通過例は多くの方に希望を抱かせるものになるかと思います。

    ②年収60万円、勤続2ヶ月の学生Bさんの審査通過例

    続いて紹介させて頂くのは、今回の調査中もっとも低い申告年収(60万円)で審査に通過されていたBさんの回答。

    プロミスユーザーBさんに届いた審査完了メール

    ▲▼プロミスユーザーBさんに届いた審査完了メール&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:20代
    • 職業:学生アルバイト
    • 年収:60万円

    申込時期2019年6月契約方法自動契約機
    年代20代職業学生アルバイト
    申告年収60万円勤続年数2ヶ月
    家族構成単身、親と別居家賃または住宅ローン負担家賃月6万円
    審査に掛かった時間30分程度
    (申込:日曜日の午前中)
    申込~借入までにかかった時間3時間くらい。あまり覚えていないです
    契約金利わからない
    (おそらく17.8%)
    契約限度額10万円
    他社借入ない
    申告年収以外の収入、生活援助など親(配偶者以外の方)が生活費の一部(またはすべて)を出してくれていた。
    信用情報関連クレジットカードを持っていた(1ヶ月以上の滞納歴は無い)
    借入が必要だった理由新しく一人暮らしをするため、その生活費の補助
    プロミスを選んだ理由初心者におすすめだという会社でネットで検索したら出てきたから。
    申込確認電話について申し込みをしてすぐかかってきたと思う。
    在籍確認電話について携帯電話に、その旨を知らせる電話が来た。店長の話によると、昼に開店して1時間くらいで在籍確認の電話がかかってきたらしい。
    提出した書類運転免許証のみ
    プロミスへの感想アルバイトをしているだけの学生でも通るか心配だったが、大丈夫でした。親にバレたくないなら、近くの自動契約機(結構ある)でするのがいいと思う。
    (※今はインターネットでも郵送物なしで契約できます)

    やはり気になるのは「年収60万円」「勤続2ヶ月」という属性問題でしょう。とは言えその他のマイナスポイントは見受けられませんし、仕送りもあったようですから返済能力自体は十分だっただろうと思います。

    ただしこのBさんの審査通過の一方、今回の調査では

    といった報告も確認済み。
    低年収に他社での借入(またはリボ債務)が重なると、審査通過は一気に難しくなるようですね。

    AさんとBさんの通過例より、プロミスでは「親元からの生活援助」「他社借入なし」といった要素を満たすことで、低収入でも審査に通過できると推測されます。
    今回のアンケート調査における、その他の年収100万円以下の方の審査結果
    年収職業他社借入限度額備考
    可決70万円学生なし10万円
  • 詳細体験談あり
  • 72万円パートなし10万円
    否決80万円学生推定リボ残高あり審査落ち
  • 詳細体験談あり
  • 可決96万円学生20万円10万円
  • 勤続6ヶ月
  • 否決96万円アルバイトクレカキャッシング枠20万
    アイフル10万
    審査落ち
  • プロミスの前にSMBCモビットで審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 可決100万円学生なし10万円
  • 詳細体験談あり
  • ③年収190万円、標準的なアルバイターCさんの審査通過例

    続いて紹介させて頂くのは、標準的なアルバイター(フリーター)Cさんの審査通過報告。

    プロミスユーザーCさんの会員ページ

    ▲▼プロミスユーザーCさんの会員ページ&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:20代
    • 職業:パート・アルバイト
    • 年収:190万円
    申込時期2018年契約方法Web完結
    年代20代職業パート・アルバイト
    申告年収190万勤続年数三年
    家族構成単身、親と同居家賃または住宅ローン負担家賃は家族がはらっていたので0です。
    審査に掛かった時間私の場合は夜9時前後に電話をして書類を送り審査の結果が出たのは次の日の10時か11時ごろでした。申込~借入までにかかった時間約2日
    (※おそらくモアタイムシステム実装前だったため)
    契約金利17.8%契約限度額10万
    他社借入なし
    申告年収以外の収入、生活援助など自分で働いて得たお金以外の所得は無かった。
    信用情報関連普段からクレジットカードで決済をしていた
    借入が必要だった理由フリーターで働いていましたが主にやっていたアルバイトのシフトが削られてしまい、給料も少なすぎて、生活も苦しくなり、自分のやりたいことができなくなってしまったから。
    プロミスを選んだ理由3時までに申請すればその日に自分の口座に振り込んでくれるという瞬フリがあるのに惹かれました。(※現在は土日や3時以降も振込可)
    申込確認電話について本人確認の電話がきました。
    電話番号と名前、生年月日、住所を口頭で確認した後にこれからの詳細を聞かれました。
    在籍確認電話について勤務先への電話はありませんでした。
    (※おそらく他の人が対応したか、在籍確認実施時に勤務先が休業中だった)
    プロミスへの感想審査をお願いしてから結果がでるまでがすごく、はやくてびっくりしました。
    借り入れも平日の3時までにインターネットで予約をするとその日のうちに振り込まれる(※現在は土日や3時以降も振込可)のですぐに借りれて本当にありがたかったです。毎月の支払い額も借入額によるとは思いますが、私の場合は毎月ちゃんと払えるような額を設定してくれていて返済もしやすいです。
    電話の対応もすごくはやくて、安心して利用できると思います。
    備考プロミスの後はアコムアイフルに同じ額ずつ借り入れを申請してます。
    両方とも審査に通り返済も三社ちゃんとしています。

    特に言うことは無いです。「給料が少なすぎて…」という借入理由はよく聞かれるところですが、こちらも「他社借入」などの問題が無ければほぼ審査落ちの理由にはなりません。借入が初めてであれば、そこまで心配しなくても良いでしょう。

    ただしアルバイターの方の限度額は多くの場合で「10万円」となる模様。
    もともとプロミスはSMBCモビット等に比べても初回限度額が渋い傾向にあります。この点についてはあらかじめご承知おきください。

    今回のアンケート調査における、非正規従業員の審査結果(年収に対する他社借入額が20%以上の方については後掲)
    年収職業他社借入限度額備考
    可決171万円派遣社員なし10万円
  • プロミスの前にSMBCモビットで審査落ち
  • 180万円アルバイトなし15万円
    240万円アルバイトなし10万円
  • 詳細体験談あり
  • 250万円派遣社員なし30万円
  • 勤続6ヶ月
  • 270万円アルバイトなし10万円
    否決280万円契約社員なし審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 可決290万円派遣社員50万10万円
  • レイクALSA、同時申込みで可決(30万円)
  • 詳細体験談あり
  • 300万円アルバイトなし30万円
    否決300万円派遣社員アコム30万審査落ち
  • 勤続3ヶ月
  • クレカ等を「2ヶ月」以上延滞「中」
  • 後にレイクALSAで可決(20万円)
  • 300万円派遣社員なし審査落ち
  • 10年以内に自己破産
  • 可決 300万円派遣社員なし10万円
    320万円派遣社員なし10万円
  • 勤続2ヶ月
  • 後に楽天銀行カードローン可決(限度額不明)
  • 詳細体験談あり
  • 否決400万円契約社員なし審査落ち
  • 5年以内の強制解約処分
  • アコムでも審査落ちとのこと。他に問題がありそう
  • 赤太字:ブラック状態、またはそう推測される要因
    黒太字:ブラック未満の信用情報問題

    ちなみに上の表では

    • 年収171万円の方が審査通過
    • 年収280万円、ブラック未満の延滞歴のある方/年収400万円 、ブラック状態の方が審査落ち

    という逆転現象が起きていますが、審査基準が公開されていない以上、理由は不明と言わざるを得ないところです。

    CHECKプロミス申込者55名に聞く!審査に落ちた理由はほぼ他社借入(+α)?次の申込先候補も

    ④年収400万円、他社借入なしの会社員Dさんの審査通過例

    次に紹介するのは近しい状況にある方も多いであろう、安定収入のある標準的な会社員Dさんの例です。

    プロミスユーザーDさんの会員ページ

    ▲▼プロミスユーザーDさんの会員ページ&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:20代
    • 職業:正社員
    • 年収:400万円

    申込時期2016年の冬頃契約方法インターネット
    年代20代職業正社員(上場)
    申告年収400万円勤続年数2年
    家族構成単身、親と別居家賃または住宅ローン負担家賃:4万円。住宅ローンの支払額は無し。
    審査に掛かった時間1、2時間程度
    (申込:金曜朝)
    申込~借入までにかかった時間半日
    契約金利不明
    (おそらく17.8%)
    契約限度額50万円
    他社借入当時他社の借金はありません。
    申告年収以外の収入、生活援助など自分で働いて得たお金以外の所得は無かった。
    信用情報関連クレジットカードを持っていた(延滞歴などなし)
    借入が必要だった理由ボーナスが入金される前で手元にお金がなかったため。
    必要金額は3万円程度。
    プロミスを選んだ理由すぐお金を下ろせたため。1か月は金利がつかないため。
    申込確認電話について会社への電話があった後に携帯電話へ電話があった。
    本人確認の為必要だった。
    在籍確認電話について審査中に在籍確認は実際された。別の社員が応対したため内容はわからない。
    就業時間中に連絡がきた。
    提出した書類本人確認書類
    プロミスへの感想期間に応じて1か月間金利無料な場合(※プロミスとの契約がはじめてで、メールアドレス登録完了&利用明細をインターネット上で受け取る場合)があるため、急な出費に伴い前借りをして給料入金後に返済する応急処置の使い方は良い。

    属性の上で一切の問題は無く、審査通過は当たり前と言って良いでしょう。

    ただし知っておきたいのは、プロミスではこういった「何の問題も無い人」であっても初回から50万円超の契約を結ぶのが困難であるということ。
    例えばSMBCモビットでは年収300万円前後・他社借入&信用情報問題ナシ、という方であれば、最初から100万円くらいの契約を結べることが多いです。総量規制にかかわりのない楽天銀行あたりであれば、年収の半分に達する借入に成功できることもありますね。

    大きな限度額はそれだけ「借りすぎ」のリスクを呼ぶため、一概にメリットとも言い切れませんが……。
    仮に大口の契約を希望しているのなら、他社への申込も併せて検討した方が良いでしょう。

    2015年以降に「プロミス」へ申し込んだ正規雇用者のアンケート回答
    (年収に対する他社借入額が20%以上の方については後掲)
    年収職業他社借入限度額備考
    否決200万円会社員
    (非上場)
    なし審査落ち
  • 2年以内に携帯端末分割払いを1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 可決
     
     

    230万円会社員
    (上場)
    なし50万円
    266万円会社員
    (上場)
    40万円23万円
  • 後にアイフルで可決(18万円)
  • 280万円会社員
    (非上場)
    レイク60万10万円
    300万円会社員
    (非上場)
    アコム50万円50万円
    350万円会社員
    (上場)
    なし20万円
    360万円会社員
    (非上場)
    アコム30万円50万円
    400万円会社員
    (上場)
    なし50万円
    400万円会社員
    (非上場)
    なし30万円
    400万円公務員楽天銀行カードローンから70万円50万円
  • プロミスの前にSMBCモビットで審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 400万円会社員
    (非上場)
    覚えていない50万円
    400万円会社員
    (非上場)
    なし30万円
    400万円会社員
    (非上場)
    なし50万円
    414万円会社員
    (上場)
    30万円10万円
    480万円会社員
    (非上場)
    なし70万円
    500万円会社員
    (非上場)
    なし50万円
  • 後にアコムで審査通過(50万円)
  • 550万円会社員
    (非上場)
    アイフル30万円30万円
  • プロミスの前にSMBCモビットで審査落ち
  • 黒太字:ブラック未満の信用情報問題

    ⑤申告年収125万円、自営業者ながら契約できたEさんの審査通過例

    続いて紹介するのは、審査が不利に進みやすいとされる自営業者Eさんのアンケート回答。非常に詳しくご記入くださいましたので、読み応えがありますね。

    「プロミス」審査経験者Eさんのプロミスアプリメニュー

    ▲▼「プロミス」審査経験者Eさんのプロミスアプリメニュー&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:30代
    • 職業:自営業
    • 年収:125万
    申込時期2018年契約方法インターネット(カード発行あり)
    年代30代職業自営業
    申告年収125万勤続年数4年
    家族構成単身、親と同居家賃または住宅ローン負担家賃や住宅ローン負担はありません。
    審査に掛かった時間40分くらいです。Webから申し込み
    →電話確認
    →メールで結果が出る=20分(1次審査)、確定申告書類の画像をメールで送信→メールで結果が出る=20分(2次審査)
    申込~借入までにかかった時間大体2日くらいかかったと思います。
    (※時間外振込対応前に、週末に申込み振込融資を希望したため)
    契約金利17.8%契約限度額10万
    他社借入他社借り入れなし。プロミスが初めて登録、借入した消費者金融です。
    信用情報関連
  • クレジットカードへ申し込んだことはあるが、審査に通れなかった
  • 携帯電話「端末」の分割払いを行っていた
  • 借入が必要だった理由貯金0で、月の収入は10〜12万程度。当時は実家(賃貸アパート・自分は家賃負担なし)住まいでフリーランスのライターをしていました。
    給料日まであと1週間というところで所持金が残り3000円に。
    そのとき丁度欲しい物があったので、プロミスで1万ほど借りようと思い、借入申し込みしました。

    そこまで切迫していないけれど借入しようと思ったのは、この先プロミスなど消費者金融に登録しておけば、いざという時に安心だからです。
    借りるほどではなかったけれど、何かあった時のためにプロミスのカードを作っておこうと思いました。

    プロミスを選んだ理由2017年にアコム、SMBCモビット、楽天ローンに申し込みをしたものの審査に通らなかったので、プロミスなら借入できるかもと思って選びました。
    申込確認電話についてフリーランス(自営業)で、起業はしていません。仕事専用の番号などもありません。
    そのため自分の携帯番号に「申込確認・本人確認」の連絡がありました。
    聞かれたのは「フリーランスのライターとあるが、具体的にどういう仕事なのか」、「どういう目的で借入するのか」、「他の消費者金融からお金を借りていないか」です。
    Webから申し込みをしたあと、10分後に電話がかかってきました。
    在籍確認電話についてフリーランス(自営業)で、起業はしていません。仕事専用の番号などもありません。
    そのため自分の携帯番号に「申込確認・本人確認」と併せて「在籍確認(勤務先への電話)」をされました。
    提出した書類確定申告書類(プロミス申し込みは2018年なので、2017年分の確定申告書B)
    マイナンバーカード※
    プロミスへの感想プロミスから本人確認の電話がかかってきたときに、詳しくどういう仕事で、何年続けていて平均どの程度の年収なのか、家賃負担などはないかなどを説明すると、あっさり審査に通りました。

    また、プロミスで合計15万ほど借入して1年くらいで完済(一度も返済遅れなし)すると、最初は限度額10万だったのが40万まで増えました
    こちらからプロミスへ連絡して限度額が増えたのではなく、プロミスから「限度額を増やす審査をしませんか」といったような電話がかかってきたのです。
    借入当時より20万程年収が落ちていましたが、無事審査に通りました。

    ※もしあなたが個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

    このEさんの例を見る限り、「他社借入なし」「信用情報なし」というクリーンな状態であれば、決して年収が高くない自営業者であっても審査通過は可能な様子。

    楽天銀行あたりでは何の問題も見受けられない自営業者の審査落ち報告も挙がっていましたが、少なくともプロミスでは「自営業者である」という理由だけで審査に落とされてしまうことは無いでしょう。

    ……とは言え収入が不安定になりやすく、雇用保険などの後ろ盾のない自営業者の審査はどうしても、同じような生活状況の給与所得者に比べ不利に進みやすいもの。何らかの審査上のマイナスポイントがあれば、やはり申し込みは「ダメ元」となってくるかと思います。

    CHECK自営業者のためのプロミス:審査通過4名&否決2名の共通点と問合せに基づく注意点

    2015年以降に「プロミス」へ申し込んだ自営業者のアンケート回答
    申告年収職業他社借入限度額備考
    可決300万円自営業なし10万円
  • 後にアコム、アイフル審査落ち
  • 詳細体験談あり
  • 300万円なし50万円
    320万円なし30万円
  • 借入額20万円の時点でアコム審査通過、SMBCモビット審査落ち
  • 否決350万円楽天カード
    キャッシング30万
    審査落ち
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 5年以内の強制解約処分
  • 600万円アコム56万円
    アイフル10万円
    審査落ち
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞
  • 5年以内に任意整理
  • ⑥【他社借入】銀行から借入中だったFさんの審査通過例

    最後にご紹介するのは、他社債務を抱えながら審査に通過できたFさんの例。

    「プロミス」審査経験者Fさんのプロミスアプリメニュー

    ▲▼「プロミス」審査経験者Fさんのプロミスアプリメニュー&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:30代
    • 職業:契約社員
    • 年収:300万円

    申込時期2018年2月頃契約方法インターネット
    年代30代職業契約社員
    申告年収300万円勤続年数2年
    家族構成単身、親と同居家賃または住宅ローン負担親との同居のため、家賃等はありませんでした。
    審査に掛かった時間2時間ほど
    (申込:水曜日の14時頃)
    申込~借入までにかかった時間4時間ほど
    契約金利17.8%契約限度額50万円
    他社借入三井住友銀行カードローンからの借り入れあり
    申告年収以外の収入、生活援助など自分で働いて得たお金以外の所得は無かった。
    信用情報関連問題なし
    借入が必要だった理由生活費として利用したかったので。必要金額は50万円まで利用可能ということで、10万円あればと思っていましたが、50万円にして頂きました。
    プロミスを選んだ理由申込の際に、郵送物を送って欲しくない、在籍確認をしてほしくない等の私の希望に合っていたため
    申込確認電話について本人確認は名前を聞かれた程度で、電話をこちらからして、ネットから個人情報を送っていたため、スムーズに審査を進めており、申込確認等はとくにありませんでした。
    在籍確認電話について在籍確認は、自分名義の電話が会社にかからないので、会社への連絡は避けたいと伝えたところ、会社へのワンコールは可能ですかということで、済ませていただきました。
    提出した書類給与明細直近2ヶ月分
    プロミスへの感想ウェブページから、瞬フリという機能を利用し、即座に銀行口座に借入ができるのはとても使い勝手がいいと思った。カードがなくても、ウェブページで返済もできるので、とても使い勝手がいいと思いました。
    備考プロミスの利用後、数ヶ月たったときに、アイフル で50万円借りられた。


    このFさんのように他社借入を抱えていても継続的な返済が可能だと認められれば、プロミスとの新規契約が可能です。

    ……とは言えプロミス、本当のところを言うと「大きな他社借入があっても審査に通過できた」という報告は他社よりずっと少ない……というより「プロミスで断られた後、アコムやアイフルで借りられた」という報告が多いのが気になるところ。要はプロミス、他社に比べ他社借入に厳しいと考えられるんですね。
    実際、プロミス以外では年収に対する債務率50%超の方の審査通過報告も複数確認されています

    というわけであなたが「他社借入」を理由に審査に不安を抱えているのなら、プロミス以外の申込先も併せて検討した方が良いかもしれません。

    ちなみに目安としては安定収入のある会社員の場合、「年収に対する債務割合20%以下」であればプロミスであっても審査通過にさほどの問題は無い模様。
    一方でこれが「25%」を超えると、審査落ち報告が増えてくる印象です。

    「プロミス」申込経験者アンケート中、「年収の20%以上の他社借入あり」と回答された方の回答(黒い背景は他社債務率25%超を示す)
    年収職業他社借入限度額備考
    可決96万円学生20万円10万円
  • 勤続6ヶ月
  • 否決096万円アルバイトクレカキャッシング枠20万
    アイフル10万
    審査落ち
  • プロミスの前にSMBCモビットで審査落ち
  • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満延滞
  • 可決270万円アルバイトアコム50万円
    SMBCモビット16万円
    24万円
  • 勤続14年
  • 280万円会社員
    (非上場)
    レイク60万10万円
    300万円契約社員三井住友銀行からの借り入れあり50万円
  • 後にアイフル可決(50万円)
  • 350万円会社員
    (上場)
    他社債務あり50万円
  • 勤続11年
  • 後にSMBCモビットで可決(限度額不明)
  • 否決350万円契約社員UFJニコスのリボ50万円
    千葉銀行カードローン50万円
    審査落ち
  • 勤続6ヶ月
  • プロミスの後、アコムで審査通過(50万円)
  • 365万円会社員
    (非上場)
    楽天カード30万
    ライフカード30万
    JCB10万
    出光クレジットカード50万
    auクレジットカード30万
    ジャパンネット銀行160万
    北陸銀行atmカードローン30万
    審査落ち
  • アコム、アイフル、SMBCモビット、楽天カードローンも審査落ち
  • 可決400万円会社員
    (非上場)
    銀行カードローン20万円
    リボ残高60万円
    50万円
  • 後にアコムで可決(10万円)
  • 否決600万円会社員
    (非上場)
    楽天カード200万近く
    住信SBI銀行100万ぐらい
    審査落ち
  • 勤続4ヶ月
  • 赤太字:ブラック状態、またはそう推測される要因
    黒太字:ブラック未満の信用情報問題

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • 前提として、プロミスと契約を結べるのは「20歳~69歳で仕事をしており、貸金業者から年収の3分の1に達するお金を借りていない」人のみ
    • 実際の通過例を見るに、年収100万円以下でも「他社借入なし」「実家等からの生活費援助あり」なら通過できる可能性が高い
    • 安定収入があれば大きな他社借入問題・信用情報問題が無い限り、審査に落ちることはほぼ無い。ただしプロミスの場合、初回限度額はほぼ50万円以下となることは知っておきたい
    • プロミスは他社に比べ、多重債務を抱えながら審査に通れたという報告が少ない(最高でも収入に対する他社債務率は33%)。これを理由に審査が不安なら他社を選ぶのが無難そう

    プロミスの審査傾向をまとめると、「低収入・勤続期間の短さ等には寛容」ながら「他社借入には比較的厳しい」といったかんじ。信用情報問題に関してはケースバイケースでしょうか。

    「他社借入なし」「信用情報問題なし」といったクリーンな状態でなら審査落ちを気にする必要もほぼ無いとは思いますが、もしもこのあたり(特に他社借入)で不安があるのなら、プロミス以外の申込先も併せて検討できると良いですね。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    プロミスで借り入れするのなら、自分が条件をクリアしているのか確認を。クリアできているようならアンケートを参考に、自分が審査に通るかイメージしてみて下さい。審査に通りやすいのは働き方や収入と言うよりも「他社借入なし」「信用情報なし」の人。既に他社から借り入れがある場合は厳しいかもしれません…。また年収に対する債務割合20%以下なら審査通過では問題はなさそう。反対に25%を超えてしまっている場合には、審査落ち報告が増えています。

    CHECK【体験談から分かる】プロミスの審査に通る人・落ちる人:重要なのは「誠意ある回答」
    CHECKプロミスの審査は甘い?アンケート調査から見る審査傾向:年収70万の通過例も
    CHECKプロミスの審査が不安なあなたへ:強制解約記録あり&低収入での可決例から見る通過条件

    CHECKアルバイトのプロミス申込者4名に聞いた!審査時の年収、限度額、在籍確認他

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!
    CHECK契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類
    CHECKプロミスコール直伝:在籍確認の電話は相談一つで回避できる!
    CHECK【プロミス】携帯&勤務先に電話が入るタイミングとその回避:体験談による会話内容も
    CHECKプロミスに聞いた!現在の審査時間は「9時~22時」:即日融資対応は何時まで?
    CHECKプロミスは時間や曜日を「ほぼ」問わない即日振込に対応!例外時間&その対策も


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい