キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

【官報閲覧】自己破産5年後でもプロミスの審査通過は困難:実例とその他の申込先候補

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    【官報閲覧】自己破産5年後でもプロミスの審査通過は困難:実例とその他の申込先候補

    「自己破産後なんとか5年が経過して、信用情報も綺麗になった。
    収入等の属性も十分だし、消費者金融系のプロミスなら難なく審査に通るかな?」

    結論から言うと、あなたが「任意整理」ではなく「自己破産」(または個人再生)の経験者であるなら、5年が経過していようといなかろうとプロミスの審査に通らない可能性が高いです。

    というのもプロミスは審査の際、個人信用情報の他「官報」情報を閲覧すると公式HPに明記
    実際に5年以上前の自己破産歴が理由としか思えない審査落ち報告も上がっていることから、自己破産経験者がプロミスへ申し込むのはリスキーと言わざるを得ないでしょう。

    今回は自己破産(または個人再生)経験者のあなたに向けて、プロミスへの申込をおすすめできない理由と自己破産経験者でも通過実績のある申込先候補を簡単にまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたが取るべき行動が分かります。

    ★このページは「自己破産後、5年が経過した方」のみを対象としています。
    自己破産から5年以内でも申し込めるローンについては以下のページをご覧ください。

    CHECK【重度ブラック】自己破産5年以内でも審査に通るカードローンは?喪明け後の対応も

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    プロミスでは「自己破産から5年以上経過・現在ブラック状態でなくても」審査落ちとなる可能性が高い

    プロミスでは「自己破産から5年以上経過・現在ブラック状態でなくても」審査落ちとなる可能性が高い

    はじめに、「たとえブラック状態から脱出できていても、自己破産経験者にプロミスへの申込がお勧めできない」と言える理由についてお話ししていきます。

    ①自己破産歴以外の審査落ち理由が見当たらないAさんの審査体験談

    まずは実例をご覧頂くのが早いでしょう。
    以下、2015年以降の「プロミス」申込経験者を対象としたアンケート調査のうち、唯一の「自己破産経験者」であったAさんの回答となります。

    ★プロミス申込経験者Aさんの審査体験談
    年代40代職業派遣社員
    申告年収300万円勤続年数5年
    他社借入なし
    信用情報問題5年以上前に自己破産した

    このAさん、正社員でこそありませんが審査通過には何の問題も無い属性です。実際、プロミスでは55名の方のアンケート調査結果をまとめてみても「他社借入なし」かつ「信用情報問題なし」での審査落ち例は確認できていません
    となれば、やはりAさんの審査落ち理由は「自己破産歴」以外に考えられない…ということになります。

    ご存知の方も多いとは思いますが、自己破産によるブラック状態(個人信用情報機関への記録)が残るのは原則として5年間
    (銀行などが加盟する個人信用情報機関「全国銀行個人信用情報センター」の方では10年間残りますが、プロミスはこれを閲覧しない)

    JICC(日本信用情報機構)公式HPより
    JICC(日本信用情報機構)公式HPより(リンク先PDF)

    ということで、Aさんは「信用情報に問題が無いにもかかわらず、自己破産を理由に審査に通過できなかった」わけですね。

    ★ちなみにCIC(指定信用情報機関)は自己破産情報を記録しません。

    ②プロミス公式HPの同意事項には「官報情報を閲覧する」との明記あり

    「JICCにもCICにも自己破産情報が残っていないのに、自己破産を理由に審査落ち」と言うと奇妙なかんじがしますよね。
    この答えはプロミスの公式HP上「個人情報の取扱いについて」のページに書いてあります。

    3.当社は、前項の情報に加えて、以下の情報を本条第1項記載の目的(※主に審査)の範囲内で取り扱います。
    (1)登記簿等から取得した会社情報(代表者の氏名、生年月日を含む)
    (2)官報等から取得した破産・免責・民事再生情報
    (3)電話番号帳等から取得した電話番号情報
    (4)地図等から取得した地図情報および表札情報

    (プロミス公式HPより)

    自己破産や個人再生を行うと、その人の名前や住所などの情報は「官報」(国の機関紙)に掲載されます。そしてこの情報は個人信用情報と異なり、時間が経っても消えません

    プロミスは審査の際に官報情報を通し、5年以上前のものを含む自己破産歴を確認します。
    そのためたとえブラック状態から抜け出せていたとしても、過去の自己破産を理由に審査落ちとなってしまうことは珍しくありません

    まあプロミスの正確な審査基準が不明な以上、「自己破産歴があるけれど審査通過」という結果が出る可能性を否定することはできませんが……。
    実際にAさんのような例が出ている以上、破産経験者がプロミスへ申し込むのは高リスクと言わざるを得ないでしょう。

    ただし「官報情報が申込者本人のものと断定できない場合」は審査通過となることも?

    そういうわけで破産者の審査通過が難しいと思われるプロミスですが、以前モビット(プロミスと同様、官報情報の閲覧あり)元従業員の方へ行ったインタビューでは以下のような興味深い話を伺うことができました。

    【管理人】山本
    そういえば、モビットの同意事項には「官報情報の閲覧」が含まれていたはずですが……。
    こちらは実際に確認されていますか?
    元従業員の方の回答
    見てます
    ただ異動した人、官報に載ってる人も住所が違うと(本人だと)判断できなかったりするので…その場合は(次の審査段階に)行けたりとかもあります。

    「SMBCモビット・元従業員にインタビュー!審査基準・方法とその裏事情」より

    プロミスでも同じような対応が取られているかは分かりませんが……。
    もしそうなら「官報情報が申込者本人のものと断定できない」場合、破産者が審査に通過できることも多々ありそうですね。
    積極的に利用できる抜け道ではありませんが、知っておいて損は無さそうです。

    ちなみに官報に掲載されるものは主に

    • 氏名
    • 住所
    • 破産決定日時

    です。(その他管財人名など)

    自己破産歴があっても借りられる金融機関はどこ?

    自己破産歴があっても借りられる金融機関はどこ?

    官報情報をチェックするプロミスへ、破産経験者が申し込むのは高リスク。とは言えすべての金融業者が官報情報を見ているわけではありません。
    ここからは各公式情報から、「自己破産から5年経過後でも借り入れ可能と思われる金融機関」についてまとめてみました。

    ①大手の中だと唯一「レイクALSA」は官報情報取得の記載なし

    大手消費者金融会社(プロミスの他、アコムアイフルレイクALSASMBCモビット)の個人情報に関する同意事項をチェックしてみたところ、唯一「レイクALSA」には「官報から情報を取得する」という記載が見られませんでした。
    大手の中でもユーザーサービスに優れた業者ですので、「自己破産歴がある」以外に審査上の不安点が無いなら、こちらが最優先の申込先候補となることでしょう。

    レイクALSA
    金利4.5%~18.0%限度額1万円~500万円
    審査スピード最短30分申込~融資の時間最短1時間程度
    その他
    • 全ATM利用手数料無料
    • 「30日間無利息サービス」または「180日間5万円以下無利息サービス」を選択可
    • 郵送物なし+来店なしのカードレス契約対応

    CHECK「レイクALSA」のメリット・デメリットと即日融資の流れ

    ★ただレイクALSAの同意事項には「インターネット等から、会員等の個人情報を取得し、当該情報を自社のデータベースに登録することがあります」という記載が見られます。
    「インターネット版官報情報が閲覧される」可能性がゼロとは言えませんのであらかじめご承知おきください。

    ★新生フィナンシャル社が保証している銀行カードローン等で金融事故を起こしたことがある場合、審査通過は困難と思われます。こちらもご了承ください。

    参考銀行カードローンと保証会社について

    ②中小業者の多くは官報情報を見ていない模様

    大手が官報情報を気にしやすい一方で、中小消費者金融会社の同意事項にはほとんどこれに関する項目が見られません(=破産から5年が経ち、JICCから情報が消えていれば破産したことが分からない)
    中小業者の利用が初めてであれば、セブン銀行ATMを利用できるなど他に比べていくらかユーザーサービスの良い「セントラル」あたりが優先候補となることでしょう。

    セントラル
    金利4.8%~18.0%限度額1万円~300万円
    審査スピード最短即日融資スピード最短即日
    その他
    • セブン銀行ATMの利用可(カードの発行を希望した場合)
    • 東京都、神奈川県、埼玉県、愛媛県、香川県、高知県、岡山県に店舗あり(詳細公式HP)
    • 来店なしでも即日振込可

    その他、もしもすでに他社債務を重ねている状況であれば、ブラックに対するおまとめローンに定評のある「スペース」あたりが申込先候補となるでしょうか。

    「AZ」「エイワ」などでは破産から5年以内の、事故情報が残っている状況でも審査に通過できた、という報告も上がっていますが……。
    最初にこういった業者を利用すると万が一追加借入が必要になってしまったとき、どこからも借りられなくなってしまう可能性があるため、よほど切羽詰まった局面に置かれている場合のみ検討されることをお勧めします。

    中小業者について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKブラック対応の中小消費者金融会社(街金)について

    ★ただし例外的に、審査の際に官報情報を閲覧する業者も存在します(ライフティ等)。
    また各規約は変更される可能性もありますので、申込前に現行の公式情報をご確認ください。
    (インターネットから申し込みを行う場合、必ず個人情報取り扱いに関する規約を閲覧できます)

    ★ここで紹介した業者は、プロミス等に比べれば知名度に劣るものの各都道府県などの承認を得た正規業者のみとなります。
    違法業者(いわゆる闇金)への申込を避けるため、名前を知らない業者への申込を検討する場合には、貸金業者としての登録番号を今一度ご確認ください。

    CHECK絶対に利用してはいけない闇金の見分け方

    まとめ

    まとめ

    • プロミスは審査の際に「官報」情報を閲覧すると明記あり。
      実際に「5年以上前の自己破産」が原因としか思えない審査落ち報告が上がっていることもあり、破産経験者がプロミスへ申し込みを行うことは現在の信用情報にかかわらずリスキーと言える
    • 大手だと唯一「レイクALSA」は官報情報を閲覧するとの表記なし。またセントラルはじめとする多くの中小業者も官報情報を取得していないため、JICCでの破産情報が消えたならこれらの業者が申込先候補となる

    債務整理の中でも最も重く見られる「自己破産」。レイク以外の大手がこぞって5年以上前の破産情報を確認しようとしていることからも、破産者に対する視線の厳しさが分かります。

    …とは言えJICCの破産情報が消えているのなら抜け道が無いわけではありません
    もちろん二度目の借金問題を起こさないよう気を付ける必要はありますが、どうしてもというのなら各社の個人情報に関する規約を確認の上、申し込みを検討してみてください。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    プロミスでは審査をする際、官報を閲覧。これにより自己破産経験者がプロミスへ申し込んでも、審査落ちの可能性大です。「5年経過していても」です。もし自己破産後5年以上経過しているのなら、他の消費者金融会社へ申し込みましょう。とはいえ大手で官報を確認しないのはレイクALSAのみ。大手から借りたいと言うのなら、レイクALSA一択。中小規模の会社なら官報を確認しているケースは少ないため、審査に通る可能性は高くなります。

    CHECK「レイクALSA」利用メリットと即日融資の流れ、無利息サービス、在籍確認他
    CHECKブラック対応!中継消費者金融会社「セントラル」のメリットと即日融資の流れ、審査通過例


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント