学生のための「プロミス」ガイド:FAQと審査体験談、バイト先/親バレについても

    学生のための「プロミス」ガイド:FAQと審査体験談、バイト先/親バレについても
    「先月クレジットカードを使いすぎて、バイト代が入るまでの生活が厳しい。
    理由が理由だから親にも相談しづらいところだけど、<プロミス>かどこかで必要なお金を借りられないかな?」

    あなたが「アルバイトをしている成人」であるのなら、学生であっても問題なく「プロミス」を利用可能。
    奨学金とは異なり親権者の同意や保証は不要、かつ借りたお金の使い道も問われませんので、資格取得等に掛かる費用はもちろん、単に「先月お金を使いすぎてしまった」といった場合にも申し込むことができるでしょう。

    今回はそんな「プロミス」のキャッシング(現金貸付)サービスについて、学生向けにまとめました。
    読み進めて頂ければ、はじめて「プロミス」を利用するにあたっての漠然とした不安を解消できるだろうと思います。

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2)
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2)
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    (※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    (※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    学生でも「プロミス」で、親権者の同意なくお金を借りられる:その条件は?

    学生でも「プロミス」で、親権者の同意なくお金を借りられる:その条件は?
    残念ながら、すべての学生さんが「プロミス」を利用できる…というわけではありません

    まずは学生が「プロミス」を使う条件と、申込みやサービスの概要についてお話しさせて頂きます。

    ①プロミスを使えるのは「仕事(アルバイト可)をしている成人」だけ

    冒頭でも触れた通り、プロミスを利用できるのは「仕事(アルバイト可)をしている成人」に限られます。この条件は、学生を含むすべての「プロミス」申込み者に適用されるものですね。

    あなたが未成年者、あるいは成人であってもアルバイトをしていない場合には、「プロミス」を利用できませんのでご承知おきください。
    「バイトはしていないが、仕送りや奨学金で収入がある」という場合であっても同様です。

    ★ちなみにこの条件は、その他の消費者金融(アコムなど)においても共通のものとなります。

    ★未成年者は「カレッヂ」などの学生ローンを利用することで融資を受けることができます。
    ただしこちらもアルバイトをしていることが条件となります。

    CHECK学生ローン「カレッヂ」に電話で直撃!安全度&借入の流れ、親バレ他を徹底調査

    ②親権者の同意は不要、ただし裏を返せば「自分で責任を取る必要がある」ということ

    学生がプロミスを利用するにあたって、親権者の同意は不要です。

    これは少し意外、あるいは怪しいように思われるかもしれませんが……。
    現行の民法では、20歳になれば単独で契約行為(この場合は借入契約)を行うことが認められます。学生にとっては、プロミスの利用が「はじめての、単独の契約」となることも多いでしょう。

    ただしこれは逆に言うと、「自分の責任は自分で負わなければならない」ということ。
    プロミスから借りるのは、「確実に返せる」範囲のお金に抑えましょう。

    ちなみにプロミスで10万円を借りた際の、月の最低返済額は4,000円です。

    CHECKよくある質問>プロミスでの返済について教えてください。

    無担保、無保証人なんて怪しくないの?

    プロミスは無担保、かつ無保証人で利用可能。
    ただしその代わり、長期延滞などの問題を起こすと、あなたの「信用情報」にキズがつき、いわゆる「ブラック状態」となってしまいます。仮にこの状態に陥った場合、最低5年間はクレジットカードや各種ローン(自動車ローンや住宅ローン含む)の契約が結べなくなってしまうわけですね。

    よって「プロミス」では担保や保証人、親権者同意が必要ない代わり、あなたの信用が担保に取られている(=何か問題を起こすと、あらゆる金融サービスを使えなくなる)ものと考えておくと良いでしょう。

    ちなみに借りたお金をきちんと返済できていれば、「信用が担保に取られている」ことにこれといったデメリットはありません。

    ③借りたお金の使い道に特に制限はない

    「プロミス」を利用する上で、借入目的の指定はありません
    学費や資格取得、あるいは帰省などに必要な費用に加え、単に「先月遊び過ぎて今月の生活が厳しい」といった場合にも問題なく利用可能です。

    …ただし先述のように「自分で契約の責任を取る必要がある」「信用が担保に取られている」ことを考えると、借入は必要最小限に抑えたいところではあります。

    ④学生が借りられる金額は「上限10万円」が一般的

    あなたが「プロミス」と契約を結ぶと、審査結果に応じて与えられる「限度額」の範囲で、必要に応じその都度お金を借りられるようになります。

    問題となるのはこの「限度額」の金額ですが…。
    一般的な学生が申し込むにあたっては、十中八九「10万円」になると考えて頂いて差し支えないでしょう。
    これはプロミスの中ではほぼ下限にあたる限度額ですが、学生の経済能力や「信用」はどうしても社会人に比べ低いため、致し方ありません。

    ということで、あなたがプロミスと契約を結び、「10万円」の限度額を手に入れられたなら、借入額が「10万円」に達するまで、好きに入出金が出来ることとなります。

    ★プロミスやATMのメンテナンス時間中等は借入が出来ません。あらかじめご承知おきください。
    また提携ATM(コンビニ等)を使う際には110円または220円/回の手数料が発生します。

    ⑤利息(サービス料)は「月1.483%くらい」が目安

    限度額が10万円なら、「10万円の預金口座を持っている」のとほぼ同じ感覚で入出金ができるようになる「プロミス」のキャッシングサービスですが…。

    「あなたのお金」をやりくりする預金口座と異なり、プロミスからお金を借りる際には相応の利息(サービス料)が請求されます。

    プロミスが掲げる金利(年利)は「4.5%~17.8%」ですが、学生…というより初めてプロミスを利用する方に適用されるのは「年17.8%」であることがほとんど。

    そしてこれを月当たりの数字に直すと「1.483%」程度、つまり毎月借入額に対し、1.483%くらいの利息が発生する計算となります。

    例(実際は誤差あり):

    • 10万円を1ヶ月借りるときの利息は1,483円程度
    • 5万円を1ヶ月借りるときの利息は741円程度

    これを高いと見るか安いと見るかはその人次第ですが、「借入は無料でない」ことは必ず押さえておきましょう。

    ★あなたがプロミスを初めて利用するのであれば、「初回借入の翌日から30日間」は金利0%、つまり無利息となります。
    (メールアドレス登録+Web明細受け取り時)

    実際「プロミス」を利用しているのはどんな人?学生3名の審査体験談

    実際「プロミス」を利用しているのはどんな人?学生3名の審査体験談
    プロミスのサービス概要を確認したところで、ここからは実際に「プロミス」を利用された3名の方の体験談を紹介させて頂きましょう。

    ①申告年収70万円(月6万円弱)で審査に通れたAさんの例

    まずは「親元を離れアルバイトをしている」学生Aさんの審査結果を紹介します。

    Aさんの申込み・契約の事実を示す画像

    ▲▼Aさんの申込み・契約の事実を示す画像とアンケート回答
    属性
    • 20代、学生
    • 申告年収70万円
    • 親と別居
    契約内容
    • 金利17.8%
    • 限度額10万円
    借入目的友達の結婚式
    感想など審査は通った。
    ちゃんと毎月返済しているので
    とりたてとかはない、
    メールで知らせてくれる程度

    属性(ステータス)や契約内容ともに、「典型的な学生」のものと見て良いかと思います。ちなみに年収70万円というのは、月収に直すと平均5.8万円程度ですね。

    あなたがこのAさんと近い状況にあるのなら、似たような審査結果が出る可能性が高いでしょう。

    ②申告年収100万円、飲食店でアルバイトをしていたBさんの例

    次いで紹介するのは、Aさんより少し収入が高い(月あたり8万円強)Bさんの例。

    Bさんの申込み・契約の事実を示す画像

    ▲▼Bさんの申込み・契約の事実を示す画像とアンケート回答
    属性
    • 20代、学生
    • 申告年収100万円
    • 親と別居
    契約内容
    • 金利17.8%
    • 限度額10万円
    借入目的支払いが多かったため、自分の所得だけでは足りなかった。
    感想など特に不満はない

    契約内容は先のAさんと同じですね。
    こちらは「特定の借入目的がなくてもプロミスを利用できる」と分かる好例とも言えそうです。

    ③申告年収200万円、他社借入50万円で審査に通過されたCさんの特殊例

    こちらのCさんは、学生でありながら年収200万円を得ていたとのこと。特殊なケースではありますが、せっかくなので紹介させて頂きましょう。

    Cさんの申込み・契約の事実を示す画像

    ▲▼Cさんの申込み・契約の事実を示す画像とアンケート回答
    属性
    • 20代、学生
    • 申告年収200万円
    • 親と別居
    • 他社借入50万円
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレジットカード等延滞
      ┗ブラック未満の信用情報問題
    契約内容
    • 金利17.8%
    • 限度額10万円
    借入目的その月に衝動買いしてしまい、生活が厳しくなったため5万円を必要金額として審査を申し込んだ。
    感想など現在プロミスで延滞しておらず、数ヶ月分返済しているにもかかわらず利用限度額が0円になっている理由がわからない。
    (※これは途上与信=契約後の定期審査に引っかかったため)

    気になるアルバイト内容はキャバクラのボーイとのことでした。

    一般に他社からすでにお金を借りていると、それだけ審査通過は厳しくなりますが…。
    Cさんくらい収入があれば、「すでに借金がある学生」でも何とか審査に通過できるようですね。

    ただしその後、さらに借入を増やしてしまったのか、途上与信(契約後の審査)に引っかかってしまったとのこと。
    このように、プロミス(というよりあらゆるカードローン)では、契約後に属性が悪化すると新しく借入が出来なくなってしまう場合があります。あらかじめご承知おきください。

    「プロミス」でお金を借りるまでの流れと勤務先への電話確認について

    「プロミス」でお金を借りるまでの流れと勤務先への電話確認について
    ここからは、実際に「プロミス」と契約を結ぶ流れについてお話しさせて頂きましょう。

    ①「プロミス」基本のインターネット契約(Web完結)の流れ

    現在のプロミスにおける、基本の契約方法は「インターネット申込み+インターネット契約」(Web完結)。
    そのおおまかな流れは以下の通りです。

    プロミス「Web完結」の流れ

    公式HPまたはアプリから申込み
    審査開始
    (毎日9時~22時)
    メールの案内に従い必要書類の提出
    在籍確認
    メールの案内に従い
    ネット上で契約手続き
    カード発行有無の選択
    24時間振込
    または「スマホATM取引」を使い借入
    (ここまで最短1時間)
    ※日曜18:50~の振込制限に注意

    ※いずれかのタイミングで、プロミスからあなたの携帯電話へ確認の電話が入ることが多いです。

    申込み~借入までは最短1時間程度。とは言えあくまで「最短」ですので、実際には2~3時間程度を見ておくのが無難だろうと思います。

    契約後は「ほぼ」24時間365日の即時振込が可能ですが、

    • 土曜23:30~24:00
    • 日曜0時~4時
    • 日曜18:50~翌8時
    • 振込先金融機関のメンテナンス時間中
    • 年末年始やゴールデンウィーク

    等は例外となりますのでご注意ください。

    とは言えこの場合でも、「スマホATM取引」(郵送でローンカードを受け取った場合は一般ATMも可)を使うことで借入自体は可能です(元旦等除く)。

    CHECKプロミス公式HP「金融機関一覧表(振込実施時間検索)」

    ★無人店舗を使った契約については以下のページをご覧ください。

    CHECK【2020年最新】プロミスに聞いた!即日融資&審査の条件と申込みタイムリミット【来店あり/なし】>自動契約機で即日融資を狙うなら「20時」頃までに入店を

    ②プロミスとの契約に必要な書類

    プロミス「Web完結」に必要な書類は、原則として以下の「本人確認書類」のみとなります。

    プロミス「Web完結」必要書類
    以下から1点

    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート
    • マイナンバーカード
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    • 住民基本台帳カード
    ※返済用口座をインターネット上で登録できる場合の必要書類となります。
    ※審査の進み具合などによっては追加の書類を要求されることがあります。

    学生の場合は追加書類を求められることも少ないでしょう(勤務先確認を書類で行う場合除く/後述)。

    免許証が無くても、保険証で本人確認を済ませられるのは嬉しいですね。

    ③勤務先確認(在籍確認)は必須、ただし100%「電話」が必要というわけではない

    プロミスに限らず、大手消費者金融会社を利用するにあたって必須となるのが「勤務先確認(在籍確認)」
    これは無職の人の虚偽申告や「なりすまし」による借入を防ぐための審査過程で、主に電話を使って行われます。要はプロミスが、あなたのアルバイト先に電話を掛けてくるわけですが…。

    このとき、プロミスがその社名や用件を第三者に伝えることはありません。
    電話は「○○(担当者個人名)と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?」というように、知り合いやお客さんを装う形で掛かってきます。よって、この電話のせいでキャッシングが知られる可能性は低いですが…。

    特に学生アルバイターという立場だと、「バイト先に名指しで電話が掛かってくる」という状況自体が不自然ということも多いでしょう。

    この場合は事前にプロミスへ相談を行うことで、「書類を使った在籍確認」に対応してもらえる可能性大。学生が提出できる書類と言えば、「最新分の給与明細」となるでしょう。

    勤務先を確認できる書類を提出可能、かつ電話を掛けられるのは困る、という場合には、「プロミスへの申込み直後に電話で相談」という方法をお取りください。

    CHECK大手消費者金融に聞いた!在籍確認の基本仕様と「こんなときどうなるの?」
    CHECK大手消費者金融5社に聞いた!在籍確認なしで借りる条件&申込先の選び方

    ★その他、「アルバイト先の休業日に即日融資を受けたい」という場合にも「勤務先を確認できる書類」の提出が必要となります。

    CHECKプロミスに聞いた!土日の在籍確認:勤務先の休業日に即日融資を受けるには

    学生のための「プロミス」利用に関するよくある質問と回答

    学生のための「プロミス」利用に関するよくある質問と回答
    最後に、学生の方からよく挙がる「プロミス」についての質問にお答えさせて頂きます。

    ①一緒に住んでいる親に知られずに借りられますか?

    はい、問題なく可能でしょう。
    先述の通り「プロミス」を利用するにあたって親権者の同意は必要ありませんし、特にローンカードの郵送を希望しない限り、郵送物が送られてくることもありません

    …ただしもちろん、「持っているはずのないお金を持っている」ことを理由に借入を怪しまれてしまう、といった可能性は否めません。
    また、プロミスでの支払いを延滞すると、自宅に督促状(とくそくじょう)が送られてくる可能性はあります。

    要は「不自然でない程度に借り、毎月きちんと返済を続けている場合に限り」借入が発覚する可能性はごく低い、ということですね。

    ②学生ローンとの違いは何ですか?

    「カレッヂ」はじめとする「学生ローン」を提供する会社も、プロミスと同じく消費者金融会社に含まれます。

    とは言え会社の規模や利用者数は比べ物になりませんので、やはり基本的なユーザーサービスに優れているのは「プロミス」の方。来店なしで契約を行う際のスピードも、借入・返済の勝手も、小規模な学生ローン会社とは大きく異なります。

    …が、学生ローンはその規模の小ささを活かし、

    • プロミスより低金利
    • 他社借入などの問題を抱えている学生への融資
    • 10万円超を借りられる可能性あり(審査結果による)
    • 未成年者への融資(カレッヂなどの一部に限る)

    といった利点を持っていることも。

    個人的には、「プロミス」等の大手を使えるならそちらを選ぶに越したことはないと思いますが、審査上の不安などがあるのなら(あるいは少し不便でも低金利で借りたいなら)「学生ローン」を選ぶのもありでしょう。

    ★「プロミス」と「カレッヂ」の比較
    プロミスカレッヂ
    上限金利17.8%
    (月1.483%程度)
    17.0%
    (月1.416%程度)
    未成年不可
    郵送物の回避容易高田馬場の店舗への来店が必要
    24時間振込一部例外除き可不可
    (平日日中のみ)
    30日間無利息ありなし

    ③プロミス以外にも似たようなキャッシングサービスがあるようですが…。

    はい、大手消費者金融サービスは、プロミス含め5つ存在します。

    とは言えプロミスは「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」に比べてユーザーサービスに優れていますので、ライバルになりうるのは「レイクALSA」くらいでしょう。

    ★大手消費者金融のユーザーサービス比較
    上限金利24h振込その他
    プロミス17.8
    • 30日無利息
    • 郵送物の回避が簡単
    レイクALSA18.0
    • 60日無利息または180日間5万円以下無利息
    • 郵送物の回避が簡単
    • 他社より若干審査厳しいかも
    アイフル18.0×
    • 30日無利息
    • 郵送物の回避が簡単
    アコム18.0
    • 30日無利息
    • 郵送物の回避に来店必須
    SMBCモビット18.0○-
    • 無利息サービス無し
    • 郵送物回避に諸条件あり
    • 他社より即日融資は苦手
    ※いずれも申込み~契約は最短1時間

    「レイクALSA」は他社より若干審査が厳しいとされるものの、カードローン(キャッシング)の利用が初めてであればそこまで不安に思う必要はありません。

    「60日間無利息」「180日間5万円以下無利息」といった独自の利点に魅力を感じるなら、「プロミス」より「レイクALSA」の選択を優先して良いだろうと思います。

    CHECKレイクALSA徹底解説!確かな根拠に基づくメリット・デメリット&即日契約の流れ

    ★ローンの利用が初めてなら、「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」はユーザーサービスの視点からあまりおすすめできません。
    が、自宅近くに店舗があるという場合にはこういった申込み先を選んでも良いでしょう。

    ④プロミスの利用が、就活に響くことはありませんか?

    プロミスの利用状況が記録されるのは「個人信用情報機関」というところですが、これを閲覧できるのは同機関に加盟している会社(主に「審査が必要な後払いサービス」を取り扱う会社)だけ。

    また仮に就活先がこれにが該当する金融機関であっても、審査のため以外にこの情報を閲覧することは禁止されていますから、心配は不要です。

    同様に、借入が学校や友人等に知られることもありません。

    ⑤プロミスでの返済について教えてください。

    プロミスにおける毎月の返済額は、「最後にお金を借りたときの借入残高」に応じて決まります。

    契約後すぐに10万円を借りたなら毎月の最低返済額は4,000円。追加で借入を行わなければ、返済が終わるまで金額は一定ですが……。
    返済が進んだ後に再度借入を行い、そのときの借入残高が5万円であったなら、以降の最低返済額は2,000円に…といったかんじですね。

    とは言え何にせよ限度額が10万円であれば、毎月の最低返済額が4,000円を超えることはありません

    ★プロミスの最低返済額
    最終借入時の借入残高当月の最低返済額(引き落とし額)
    27,700円以下1,000円
    27,701円
    ~55,401円
    2,000円
    55,402円
    ~83,102円
    3,000円
    83,103円
    ~110,803円
    4,000円

    毎月の返済方法は、「Web完結(カードレス契約)」選択時であれば「口座振替(自動引き落とし)」一択。プロミスのカードを発行されたなら、任意の方法(ATM入金、口座振替、銀行振込など)から選択することとなります。

    あえて注意すべき点について言うなら、「毎月の最低返済額の中から勝手に利息が徴収される」ことでしょうか。

    上でも触れた通り、プロミスでは月あたり1.483%程度の利息が発生します。借入額が10万円であれば、大体1,483円/月くらいですね。

    この1,483円は最低返済額「4,000円」の中から、自動的にプロミスに支払われます。
    (=4,000円のみを支払った場合、利息の分を差し引くと借入清算に充てられるのは2,517円)

    というわけで、最低返済額のみで支払いを続けていると意外と借入が減りません
    こんな場合には各ATM(スマホATM含む)や銀行振込などによる追加返済(任意返済)が可能ですので、ぜひこちらも積極的に取り入れてみてください。

    CHECK3ステップで簡単!カードローンの金利・利息と返済の仕組み:損をしない借入のコツとは

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • あなたが「アルバイトをしている成人」であるなら、親権者の同意なくプロミスを利用可能。
      ただしこれは「相応の責任を、一人で負わなければならない」という意味でもある
    • 学生の場合、契約内容は一般的に「限度額10万円」「金利17.8%(月あたり1.483%程度)となる
    • 勤務先の確認は必須、かつ基本の方法は「電話」だが、事前相談により「給与明細書の確認」等にも代えてもらえる
    • 特に希望しない限り自宅への郵送物は発生しないが、家族に知られず借りるためには「必要最小限を借り、極力すぐ返す」ことを心掛けたい

    キャッシングの利用がはじめて、かつ所定の利用条件を満たしているのなら「プロミス」と契約を結ぶことは難しくありません。

    とは言え契約には相応の責任が含まれますので、「返せる分だけのお金を借りる」「できる限り早く返済する」ことは心がけていきたいところです。


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい