【証拠有】学生プロミス申込者4名の審査体験談:バイト先への在籍確認情報も

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    【証拠有】学生プロミス申込者4名の審査体験談:バイト先への在籍確認情報も

    「作ったばかりのクレジットカードを使って、つい支払いを重ねてしまった。
    必要な出費のために、学生でも<プロミス>を使えないかな?」

    あなたが「アルバイトをしている成人」であれば、問題なくプロミスを利用可能
    限度額(借入可能額)は多くの場合で10万円と控えめになるようですが、学生だからという理由だけで審査に落とされてしまうことはありません

    今回は実際に「プロミス」への申込を経験した4名の学生にアンケート調査を実施。申込時の属性(収入など)やその感想、その他気になりやすい在籍確認(バイト先への電話)等についても分かりやすくまとめました。
    読み終えていただければ、不安を払しょくした上でプロミスへの申込に進めるかと思います。

    ★「プロミス」基本情報
    申込条件
    (公式HPより)
    年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    事前にチェック!プロミスへ申し込みを行う前提条件と契約の流れ

    事前にチェック!プロミスへ申し込みを行う前提条件と契約の流れ

    実際にどんな人がプロミスを利用しているのか見ていく前に、あなたがプロミスへ申し込むための条件を満たしているか、もし満たしているなら借入のためにどういった手順を踏む必要があるのかを、簡単に解説していきます。

    ①申し込めるのは「仕事による収入」のある「成人」だけ

    前提として、プロミスへ申し込めるのは「20歳~69歳」かつ「安定した収入のある」方。
    気になるのはこの「収入」の範囲ですが、プロミス公式HP「よくある質問」内には「現在お仕事をされていらっしゃる方」という表記が見られますので、これに従うことになります。

    現在お仕事をされていらっしゃる方

    ▲プロミス公式HPより
    要は未成年者はもちろん、奨学金や仕送りのみで生活している学生も、プロミスへ申し込むことはできないわけですね。

    学生がプロミスへ申し込むためには、「成人済み」かつ「アルバイト等により収入を得ている」という2つの条件をクリアする必要があります。

    親権者の同意は一切不要です。
    これは「成人」は、単独で法律行為(契約)を果たせるものだと認識されるからです。

    ★勤続年数制限はありませんので、アルバイト開始から日が浅く、まだ給与をもらっていないという場合であっても申し込みは可能です。(ただし審査は不利に進みそう)

    「カレッヂ」他、一部の学生ローンであれば18歳・19歳の学生も利用可能です。

    キャッシングを利用したせいで、怖い思いをすることはない?

    はじめてキャッシング(現金借入)を利用する際、どうしても気になるのが「お金を借りたせいで怖い思いをしないか」ということ。
    これについて結論から言うと、「借りたお金をちゃんと返せればまず困ることは無い」ですし、プロミス程の大手であれば「仮に何らかの問題を起こしても、理不尽にひどい目に遭うことはありません」

    まず気になるのは「ちゃんと返す」の線引きですが、学生に適用されやすい「限度額10万円」の場合、毎月の返済額は「4,000円」が基本(借入額83,103円~10万円のとき)。これくらの金額であれば無理なく支払いをこなして行けるかと思います。

    また仮に当月の返済が難しくなってもプロミスのオペレーターは相談に応じてくれますし、滞納したからと言って怖い人が家に来たり…なんてことはまずありません
    (訪問取り立て自体は規制されていませんが、「退去を求められたら応じるべき」等の制約が法律上で定められていることからコスパが悪く、プロミスのような大手はまずやらない)
    まあ踏み倒しを行えば法律に則ってそれなりの対処(最悪の場合で民事訴訟からの差し押さえ)が取られることはありますが、これはプロミスに認められた正当な権利です。

    というわけであなたが毎月4,000円程度の返済を確実にこなして行けるなら、プロミスを利用することに必要以上の抵抗を感じる必要は無いでしょう。
    とは言え「他人からお金を借りる」ための契約を「一人で」結ぶ以上、その責任を果たす義務はあります。

    ★毎月の返済さえこなしていけるなら、家族などに借入がバレることもありません
    (ただし返済が滞ったとき、自宅に電話や手紙が届くことはあります)

    ②審査の過程ではアルバイト先への電話確認が実施される、ただし回避も応相談

    プロミスの利用条件をクリアできていたなら、申込後の流れを確認してみましょう。

    プロミス「インターネット契約(Web完結)」の流れ

    インターネットから申し込み
    即日融資を狙うなら21時までに申し込み完了
    ここから携帯電話へ連絡が入る可能性あり
    (毎日9時~22時)
    一次審査結果メール
    メールの案内に従い、
    インターネット上、もしくはスマートフォンアプリで
    必要書類の写真を提出
    前後する形で勤務先への電話連絡(在籍確認)
    本審査通過メール
    (ここまで申し込みから最短30分)
    メールに添付のURLからネット上で契約手続き
    カード発行希望の選択など
    ここまで携帯電話へ連絡が入る可能性あり
    (毎日9時~22時)
    契約完了
    振込融資(夜間OK)または「スマホATM」での
    借入が可能に
    (ここまで最短1時間程度)
    ローンカードの郵送(希望者のみ)
    プロミスの契約に必要な書類を見る(クリック/タップで開きます)
    提出が必要な方該当する書類
    本人確認書類全利用者運転免許証
    無ければパスポートまたは健康保険証

    ※来店契約の場合に限り、顔写真なしの書類には補助書類の提出が必要
    ※マイナンバーカード等の書類もOKとのこと、ただし学生証は写真付きであっても不可

    住所確認書類
  • 本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合
  • 来店契約時、写真付きの本人確認書類を用意できない場合
  • 以下のいずれか1点(発行日から6ヶ月以内のものに限る)

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • ※現住所を確認できる、二点目の本人確認書類を提出してもOK

    収入証明書類
    ※学生はほぼ不要
  • 限度額50万円超の場合
  • プロミスとの契約額+他の貸金業者※1からの借入額が100万円を超える場合
  • 以下のいずれか1点

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
  • ※その他、住民税決定通知書などの公的書類もOK

    勤務先確認書類(在籍確認書類)勤務先への電話を避けてほしい場合
    勤務先の休業中に審査を受けたい場合

    学生アルバイターの場合、原則として「最新の給与明細書」
    その他応相談
    その他外国籍の場合在留カードまたは特別永住者証明書
    ※1 主に消費者金融会社、クレジットカードのキャッシング枠

    一見複雑そうですが、実際はプロミスからの指示(携帯電話への連絡またはメール)に従っているだけで契約は完了します。

    さて、多くの方が気にされるのはおそらく「在籍確認」、つまり勤務先(アルバイト先)への電話確認の過程だと思いますが……。
    あなた以外の方がプロミスからの電話を取った際、プロミスがその社名や用件を伝えることはありません。電話は「○○(担当者個人名)と言いますが、××△△(申込者)さんはいらっしゃいますか?」といった風に、知り合いを装う形で掛けられます。
    よってこの電話のせいで、借入がバイト先の人に知られてしまうことはほぼありませんが…。

    どうしても名指しで電話が掛かってくるのは困る、という場合には、「勤務先を確認できる書類」の提出を持ってこれを回避可能。学生アルバイトが用意しやすいもので言えば「最新分の給与明細書」でしょうか。(その他応相談)
    勤務先への連絡を避けたいのであれば、申込の直前または直後にプロミスへ相談を行ってみてください。

    CHECKプロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を
    CHECK【プロミス】携帯&勤務先に電話が入るタイミングとその回避:体験談による会話内容も

    ★契約過程について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!
    CHECKプロミス申込者15名に聞く審査所要時間:結果が遅い・来ないとき&土日の対応も
    CHECK契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類
    CHECK【プロミス】夜中に申込んだときの審査~借入の流れ:電話が掛かってくるのはいつ?

    プロミス申込経験者の学生4名に聞いた、申込時の状況と体験談

    プロミス申込経験者の学生4名に聞いた、申込時の状況と体験談

    利用条件や契約の流れを確認したところで、ここからは実際に「プロミス」へ申し込まれた4人の学生の方の体験談を見ていきましょう。
    今回は情報の信憑性を確保するため、「契約が事実であると確認できるスクリーンショット」をご提出いただきましたので、安心してご覧頂けるかと思います。

    ①申告年収70万円(月6万円弱)で審査に通ったAさんの例

    申告年収70万円(月6万円弱)で審査に通れたAさんの例

    ▲▼プロミスユーザーAさんの会員ページ&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:20代
    • 職業:アルバイト
    • 年収:70万円

    申込時期2017年契約方法自動契約機
    (申込・契約)
    年代20代職業パート・アルバイト(学生)
    申告年収70万円勤続年数1年
    勤続年数単身、親と別居家賃または住宅ローン負担4万
    審査に掛かった時間30分くらい
    (申込:土曜日昼頃)
    申込~借入までにかかった時間1時間半
    契約金利17.8契約限度額不明(おそらく10万円)
    他社借入なかった
    信用情報関連これまで自分の名義で「後払い」サービス(クレジットカード等)の契約を結んだことは無かった
    借入が必要だった理由どうしても友達の結婚式に必要だった
    プロミスを選んだ理由1ヶ月金利なかったから
    申込確認電話について電話を携帯にかけられた 本人確認など
    在籍確認電話についてその日に職場に電話をかけられた
    プロミスへの感想審査は通った。
    ちゃんと毎月返済しているので
    とりたてとかはない、
    メールで知らせてくれる程度

    このAさんの回答は親元を離れ、仕送りをもらいながら隙間時間にアルバイトをされている学生さんの、典型的な通過例と言って良いでしょう。
    (プロミスの場合、「年収」欄にはアルバイト収入+仕送りの合計見込み額を記入することになります)

    Aさんの回答について、特にあれこれ言うことはありません。
    この例からは申告年収の決して高くない学生であっても、何らかの問題点(クレジットカードの延滞や他社からの借金/奨学金含まず)が見つからない限り、問題なく審査に通過できると判断することができます。

    ★今回のアンケート調査で、70万円を下回る申告年収の方の回答は確認できませんでした。
    とは言えアイフルモビットで「年収50万円」「30万円」といった方の審査通過報告が寄せられていることを考えると、プロミスにおいても年収70万円未満での審査通過が可能と推測されます。
    (他社借入などの問題が無い場合に限る)

    ②申告年収100万円、飲食店でアルバイトをしていたBさんの例

    続いて紹介するのは、Aさんより少し申告年収の高いBさんの例。

    ▼プロミスユーザーBさんの詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:20代
    • 職業:アルバイト
    • 年収:100万円

    申込時期2018年5月契約方法インターネット
    年代20代職業パート・アルバイト(学生)
    申告年収100万円勤続年数1年
    勤続年数単身、親と別居家賃または住宅ローン負担5万円
    審査に掛かった時間8時間程(深夜だったため)申込~借入までにかかった時間8時間程
    契約金利17.8契約限度額10(万円)
    他社借入なし
    信用情報関連クレジットカードを持っていた(延滞などは無し)
    借入が必要だった理由支払いが多かったため、自分の所得だけでは足りなかった。
    プロミスを選んだ理由CMをしていて信頼感があったため。
    申込確認電話についてなし
    在籍確認電話についてされましたが、私がいなかった時でした。
    プロミスへの感想特に不満はない

    こちらも特に言うことはありません。「仕送り+アルバイト」で生計を立てている学生さんの、一般的な利用例と言えるでしょう。

    ★深夜の申込について詳しくは以下のページをご覧ください。

    CHECK【プロミス】夜中に申込んだときの審査~借入の流れ:電話が掛かってくるのはいつ?

    ③申告年収200万円、他社借入50万円で審査に通過されたCさんの特殊例

    続いて紹介するCさんは、学生ながら「年収200万円」かつ「すでに50万円を他社カードローンで借入済み」という特殊例です。
    似た状況の方はあまりいらっしゃらないとは思いますが、参考程度に紹介させて頂きましょう。

    プロミスユーザーCさんの会員ページ

    ▲▼プロミスユーザーCさんの会員ページ&詳細口コミ

    口コミ【可決】

    • 年代:20代
    • 職業:アルバイト
    • 年収:200万円

    申込時期2018年5月頃契約方法インターネット
    年代20代職業パート・アルバイト(学生)
    申告年収200万円勤続年数1年
    勤続年数単身、親と別居家賃または住宅ローン負担5万円
    審査に掛かった時間1時間もかからなかった。申込~借入までにかかった時間翌日には借りることができた。
    契約金利17.8%契約限度額10万円
    他社借入50万円
    信用情報関連「2年」以内に、クレジットカードの支払いを「1ヶ月」以上延滞した(申込時には清算済み)
    →ブラック未満の信用情報問題の可能性あり
    借入が必要だった理由その月に衝動買いしてしまい、生活が厳しくなったため5万円を必要金額として審査を申し込んだ。
    プロミスを選んだ理由他社にも申し込んだがプロミスだけ審査に通った。
    申込確認電話について本人確認の際に、審査に必要な収入証明書の提出を求められた。
    在籍確認電話についてバイト先の営業が夕方からであるため1度目は連絡がつかなかったらしく、営業時間を聞かれた。
    タイミングは本人確認の電話から約30分後。
    プロミスへの感想現在プロミスで延滞しておらず、数ヶ月分返済しているにもかかわらず利用限度額が0円になっている理由がわからない。
    (※これは途上与信で引っかかったため)
    備考アルバイト内容はキャバクラのボーイとのこと

    収入が高いのは水商売関連のお仕事だからですね。これにより、他社借入と軽い信用情報問題を抱えながらでも審査に通過できた形となります。

    このCさんの例を見る限り、プロミスの審査を受ける上で「学生であるか、そうでないか」はあまり関係ないのでしょう。
    「50万円の他社借入あり」という状況であっても、一定の返済能力さえ認められれば審査通過が可能です。

    ④【審査落ち】年収80万円、原因のハッキリしない否決結果の出たDさんの例

    ここまで紹介してきたのはいずれもプロミスの審査に通過できた方々でしたが……。
    今回アンケート調査にご協力くださった4名の学生さんのうち、唯一審査に通過できなかったのがこのDさん。しかも回答を見ても、その理由がはっきりしません

    プロミスユーザーDさんの会員ページ

    ▲▼プロミスユーザーDさんの会員ページ&詳細口コミ

    口コミ【否決】

    • 年代:20代
    • 職業:アルバイト
    • 年収:80万円

    申込時期2018年12月申込方法インターネット
    年代20代職業パート・アルバイト(学生)
    申告年収80万円勤続年数3年
    勤続年数単身、親と別居家賃または住宅ローン負担毎月の家賃は約4万5千円
    審査に掛かった時間一日
    申し込みは夜中でした。
    申込~借入までにかかった時間審査落ち
    他社借入ありませんでした。
    信用情報関連普段からクレジットカードで決済をしていた
    借入が必要だった理由携帯が壊れ、新しい携帯の購入を考えていたが、その時購入しようとしていた携帯の機種代が高い上に、一括でしか買えないとのことだったため、20万円ほど借入するつもりだった。
    プロミスを選んだ理由インターネットで学生でも借入できるという情報を見たから。
    申込確認電話についてされませんでした。
    在籍確認電話について

    されませんでした。
    (=在籍確認が実施される前の段階で審査落ちか)

    審査に対する不安など支払いの延滞などは行っていなかったが、普段からクレジットカードをよく使っていたため、少し不安があった。
    プロミスへの感想結果的には落ちてしまったが、審査はとても早く、インターネット上でいつでも申し込みできるのがとても便利だと思った。しかし、今考えると、もしあの時審査に通っていたら、今頃は借金に苦しんでいたかもしれないので、ある意味、落ちていて良かったのではないかと思う。

    年収70万円のAさんが審査に通っている以上、年収が審査落ちの理由とは思えません。
    となると、審査落ち理由を推測する上でヒントとなるのは「普段からクレジットカードをよく使っていた」という言葉でしょうか。この「使っていた」内容がショッピングリボや分割払いであれば、返済能力を圧迫するものとして審査通過が不利になる可能性はあります。

    カードの利用が一回払いのみであれば審査上の不安として数えられることはほぼ無いはずですから、Dさんがこれに該当している可能性は高いと思われます。

    ★仮にDさんにショッピングリボや分割払いによる債務が無いのなら、アコム等他社の審査を受け直すことで審査通過は可能と思われます。

    ここまでの内容から、学生がプロミスの審査に通るには、

    • 20歳~69歳で、仕事(アルバイト)をしている
    • 少なくとも70万円程度の年収(バイト代+仕送り)がある(おそらくもう少し低くても大丈夫)
    • 他の消費者金融会社等からお金を借りていない(奨学金はノーカウント)
    • ショッピングリボや分割払いの債務を重ねていない

    (その他おそらく、これまでクレジットカードや携帯料金の長期延滞を行っていないこと等)

    といった条件が求められると推測されます。Cさんの例を見る限り、年収が高ければもう少しの無理は利くようですね。

    また今回の調査では、限度額不明のAさんを除く3名がいずれも「限度額10万円」と回答されていました。
    (Cさんは他社借入等の問題さえなければもう少し大きな契約を狙えそうですが)
    一般的な学生がプロミスへ申し込みを行う場合、限度額は「10万円」になると考えておくのが無難でしょう。

    学生の「プロミス」利用に関するよくある質問と回答

    学生の「プロミス」利用に関するよくある質問と回答

    最後に、学生の方から寄せられるよくある質問についてお答えしていきます。

    ①学生ローンとプロミスの違いは何ですか?

    学生ローンもプロミスも、大まかな括りで言えば同じ「消費者金融会社」。ですが会社の規模が全く異なることもあり、受けられるサービス内容には違いがあります。
    ここでは簡単に、「プロミス」と有名学生ローン会社「カレッヂ」「マルイ」(いずれも店舗は高田馬場)を比べてみました。

    ★プロミスと学生ローン2社の比較
    プロミスカレッヂマルイ
    上限金利17.8%16.8%17.0%
    限度額学生は多くの場合で10万円最大50万円
    親権者の同意不要
    アルバイト先への在籍確認あり(書類提出による代用可)なし
    店舗設置場所全国各地1店舗のみ
    (東京都、高田馬場)
    来店なし+郵送物なしの両立不可
    土日や15時以降の振込融資不可
    ATMでの借入カードレス:スマホATMのみ可
    カードあり:全国さまざまなATMを利用可
    セブン銀行ATMのみ利用可不可
    即日融資のための申込タイムリミット毎日21時平日18時(来店時)平日16時(来店時)
    その他三井住友銀行グループ
    30日間無利息
    18歳から利用可

    もうちょっと簡単にまとめなおすと、大体以下のようになりますね。

    ★プロミスと学生ローンの簡易比較
    メリットデメリット
    プロミス
  • 来店なし+郵送物なしの両立
  • 大手銀行グループの安心感
  • 多くの借入・返済方法から好きなものを選べる
  • 無利息サービスで小口借入がおトクに
  • 学生だと10万円超の借入は難しいかも
  • 学生ローン
    (カレッヂ等)
  • 学生でも10万円超の借入に期待できる
  • アルバイト先への連絡なし
  • (プロミスでも相談次第で回避可)

  • 自動引き落としでの返済に対応していないなど、借入・返済回りの利便性が悪い
  • つまり…
  • 10万円以下を無難に・便利に、家族に知られず借りたい(来店が難しい場合)なら「プロミス」
  • 10万円超を借りたいなら「学生ローン」
  • を選ぶのが良い

    借入・返済の利便性を考えると、個人的には「借入希望額が10万円以下ならプロミス」(またはその他の大手消費者金融会社)を選ぶのが無難なように思います。

    CHECK学生ローンと消費者金融会社(サラ金)の違いは何?特色と選び方を簡単解説
    CHECK高田馬場の学生ローン6社を電話調査!一番便利&おトク&スピーディな借入先は?

    ②一緒に住んでいる家族に知られずに借りられますか?

    はい、自宅への郵送物を避けることはまったく難しくありません。というよりあえてカードの郵送を希望しない限り、契約時に郵送物が届くことは無いはずです。

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!

    ★ただしインターネット契約で郵送物を避けるためには、「口座振替」(毎月の自動引き落とし)の登録が必要になります。
    仮にこれに対応していない金融機関口座のみをお持ちの場合、郵送物を避けるには「来店契約」を行う必要があります。(とは言えほとんどの銀行や信金、労金を利用可能です)

    CHECKプロミス公式HP「会員サービスでご登録可能な金融機関」

    ★返済が滞った場合には、契約方法にかかわらず自宅に郵送物(督促状)が届く可能性があります。

    ③プロミスの利用が、就活に響くことはありませんか?

    まず無いです。ご安心ください。

    プロミスの利用状況が記録されるのは「個人信用情報機関」というところですが、これを閲覧できるのは同機関に加盟している会社(主に「審査が必要な後払いサービス」を取り扱う会社)だけ。
    また仮に就活先がこれにが該当する金融機関であっても、審査のため以外にこの情報を閲覧することは禁止されていますから、心配は不要です。

    同様に、借入が学校や友人等に知られることもありません。

    ★ただしプロミスと契約を結んでいることで、今後受ける「後払い」サービスの審査が少し不利になることはあります。(借入を清算・解約できれば無問題です)

    ④30日間無利息サービスって何ですか?

    名前の通り、30日間利息(借入手数料)が発生しないサービスのことです。プロミスの場合は「初回借入日の翌日から30日間」がその対象ですね。

    プロミスの金利(年利)は原則として17.8%。これを1ヶ月あたりで計算すると、
    17.8%÷12=約1.483%となります。

    ですから10万円を1ヶ月借りた場合、発生するはずの利息は大体1,483円くらい。
    30日間無利息サービス中であれば、これを丸々支払わずに済む、というわけです。まあ目を見張るような数字ではありませんが、何一つデメリットはありませんのでサービスを受けられるに越したことは無いでしょう。

    ★計算を簡単にするため、簡略化した数字を用いています。
    実際の計算式は以下の通りです(金利17.8%、うるう年でないとき)

    借入額×0.178÷365×借入日数=利息

    ★無利息サービスの適用条件は「はじめてプロミスを利用する」「メールアドレスの登録」「Web明細の受け取り」の3つです。
    とは言えこれらの条件はインターネット申込の場合ほぼ自動的にクリアできますので、さほど心配しなくてよいでしょう。

    ★無利息サービス中に借入を清算することも可能です。この場合は結果的に、「借りたお金をそっくりそのまま返す」ことで返済義務を果たせることとなりますね。

    ★31日目からは通常通りの利息(年17.8%)が発生します。

    ⑤プロミスの返済について教えてください。

    プロミスにおける毎月の返済額は、「最後にお金を借りたときの借入残高」に応じて決まります。
    契約後すぐに10万円を借りたなら毎月の最低返済額は4,000円ですが、返済が進んだ後に再度借入を行い、そのときの借入残高が5万円ならその後の最低返済額は2,000円に…といったかんじですね。
    何にせよ限度額が10万円であれば、毎月の最低返済額が4,000円を超えることはありません

     

    ★プロミスの最低返済額
    最終借入時の借入残高当月の最低返済額(引き落とし額)
    27,700円以下1,000円
    27,701円~55,401円2,000円
    55,402円~83,102円3,000円
    83,103円~110,803円4,000円

    毎月の返済方法は、「Web完結(カードレス契約)」選択時であれば「口座振替(自動引き落とし)」一択。プロミスのカードを発行されたなら、任意の方法(ATM入金、口座振替、銀行振込など)から選択することとなります。

    あえて注意すべき点について言うなら、「毎月の最低返済額の中から勝手に利息が徴収される」ことでしょうか。
    上でも触れた通り、プロミスでは月あたり1.483%程度の利息が発生します。借入額が10万円であれば、大体1,483円/月くらいですね。
    この1,483円は最低返済額「4,000円」の中から、自動的にプロミスに支払われます。
    (=4,000円のみを支払った場合、利息の分を差し引くと借入清算に充てられるのは2,517円)

    というわけで、最低返済額のみで支払いを続けていると意外と借入が減りません
    こんな場合には各ATM(スマホATM含む)や銀行振込などによる追加返済(任意返済)が可能ですので、ぜひこちらも積極的に取り入れてみてください。

    プロミスの返済や利息の計算等について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKプロミスに聞いた!毎月の返済額とその方法:遅れそうなら電話相談で対処可能
    CHECKカードローンの金利・利息と返済の仕組み、追加返済の重要性について

    まとめ

    ポイント
    • 成人済み、かつ仕事(アルバイト)をしている学生であれば、親権者の同意なくプロミスへの申込が可能。ただし相応の責任を負うということは忘れずに!
    • 今回の調査では「年収70万円、他社借入無し、クレカ等の利用歴なし」「年収200万円、他社借入50万円」といった学生の審査通過を確認。
    • 後者は特例として、基本的には年収が高くなくても他社借入(リボ含む)や信用情報問題が無ければ「10万円」の枠で審査通過を狙えそう

    • 自宅への郵送物をカットするのは簡単な一方で、バイト先への連絡を避けるには事前相談が必要。とは言えこの電話のせいで借入がバレることは滅多にない

    現行(2022年3月末まで)の民法であれば、「20歳」に達したときからその人は成人、つまり一人で法律行為(契約)のできる人として取り扱われます。よってプロミスと契約を結ぶ際にも、親権者の同意を得る必要はありませんが……。

    単独で契約を結ぶということは、それだけの責任を負うということでもあります。
    返済義務を果たすこと自体は難しくないはずですが、この先のためにも「不必要な借入はしない」「プロミス以外からの借入を重ねない」といった最低限の注意は払っていきたいところです。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    学生だとプロミスでお金を借りるのに不利になる?と心配する人もいるようですが、成人していてアルバイトで働いて収入があれば、学生を理由に審査落ちになることはなさそうです。収入に関しても年収100万円未満でも審査に通っている例は報告されていますので、一度相談してみると良いでしょう。万一プロミスで借り入れができなかった場合には、学生向けのローン会社を検討してみましょう。プロミスよりも借入限度額は低くなりますが、ブラック等で無ければ借り入れできる可能性はあります。

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!
    CHECKプロミスに聞いた!毎月の返済額とその方法:遅れそうなら電話相談で対処可能


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント