【初心者向け】プロミスの審査は「借入が初めてなら」決して厳しくない

    【初心者向け】プロミスの審査は「借入が初めてなら」決して厳しくない
    「今必要なお金をプロミスで借りたい。
    けれど年収も低くクレジットカードも作れないような自分だと、やっぱり審査に通るのは厳しいかな…」

    結論から言うと「プロミス」の審査に通過することは、あなたが他社でカードローン・キャッシングを利用していないのであれば決して難しくないはず。

    実際、これまでには

    • 年収100万円未満の独身アルバイター
    • いわゆるブラック状態

    といった方の審査通過も確認済みです。
    少なくとも一般的なクレジットカードの審査などに比べれば、通過基準は低いと見て良いでしょう。

    ……とは言えもちろん、誰でも審査に通れるというわけではありません。

    今回ははじめての「プロミス」利用を検討中のあなたのため、特にその審査通過基準について極力分かりやすくまとめました。

    【管理人】山本
    読み進めて頂ければ、今のあなたが「プロミス」での審査結果に期待を抱けるか否かが分かります。
    事前にチェック!申込み条件

    「プロミス」を利用できるのは、「仕事をしている成人」のみとなります。
    「仕事」の内容はアルバイトや自営業でも構いませんが、

    • 無職
    • 専業主婦

    といった方は審査に通過することができません。あらかじめご承知おきください。

    参考プロミス利用条件は「仕事をしている」こと…無職でも審査に通る合法ローンはないの?

    ちなみにこの制限は、「アコム」など他の大手消費者金融会社においても共通のものとなります。

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    仮審査最短15秒
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。
    詳しくはこちらをご確認ください

    ポイント

    • スマホなら最短15秒で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    プロミスの審査は「他社で既に借りていないなら、決して厳しくはない」

    プロミスの審査は「他社で既に借りていないなら、決して厳しくはない」

    【管理人】山本
    それでは早速、「プロミス」の審査に通る要件について見ていきましょう。

    ★プロミスの申込み条件「成人で、仕事をしている」を満たしていることを前提に解説させて頂きます。

    ①他社でお金を借りていない方なら、ブラック状態や年収100万円未満でも通過例あり

    あなたが他の会社から「用途自由なお金」を借りていないのなら……。
    収入が低くても、過去にクレジットカード等での支払いトラブルを起こしていても、十分に「プロミス」での審査通過を狙えます

    その根拠となるのは、これまでに確認されている「プロミス」申込み者のアンケート回答。

    実際の「プロミス」審査通過例
    属性契約内容
    • 年収60万円
    • 学生アルバイト(2ヶ月)
  • 限度額10万円
  • 金利17.8%
    • 年収90万円
    • アルバイト(6ヶ月)
    • 5年以内に強制解約処分(ブラック)
    • 年収125万円
    • 自営業(4年)
    • 年収171万円
    • 派遣社員(1年)
    • 5年以内に任意整理(ブラック)
    • 年収200万円
    • 学生(1年)
    • 2年以内に1ヶ月程度のカード延滞
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    ※アンケート回答の際、申込みの事実が確認できる書類を頂戴しています。
    ※いずれも申込時点で他社からの借入なし

    ご覧の通り、「プロミスへの申込み時点で、他社からお金を借りていない」という条件であれば、

    • 年収100万円未満
    • ブラック状態

    といった状況でも「プロミス」の審査に通過できる可能性は十分。
    この場合の審査難易度は、ライバル他社の情報と比べてみても決して高くないと言って良いかと思います。

    審査に通過できそうなので、契約の流れを見る

    ★ただしご覧の通り、「ギリギリでの審査通過」に近い状況と思われる方の限度額はほぼ「10万円」固定となります。

    ★ここで言う「他社からの借入」とは、

    • カードローンやフリーローン
    • クレジットカードのキャッシング枠
    • 場合によってはクレジットカードのリボ残高

    (プロミスはリボ残高をアコム等の他社に比べ重く見る傾向あり)
    を指します。

    • 住宅ローンや自動車ローンといった、目的の決まったローン
    • 奨学金

    は、よほど返済能力を圧迫しているような場合を除き審査に影響を及ぼさないと考えて差し支えありません。

    「ブラック状態」とされるのはどんな人?

    一般に「ブラック状態」とされるのは、以下の条件に該当する方となります。

    • 何らかの後払いサービス(クレジットカード、各種ローン、携帯電話端末の分割払い等)において、2ヶ月以上の延滞を起こし、その「解約」から5年以内
    • 何らかの後払いサービスにて、5年以内に強制解約処分を受けた
    • 5年以内に債務整理を行った

    …とは言えプロミスでは「他社からの借入さえなければ」ブラック状態での通過例も多いため、あまり気にしなくても良いでしょう。

    ★ブラック状態での通過も複数確認されているプロミスではありますが、

    • 他社ローンの延滞が現在進行形である
      ┗クレジットカード延滞であれば通過例あり
    • 個人再生や自己破産の経験がある(5年以上前のものを含む)

    といった場合の審査通過は困難となります。
    また、他社借入が無ければブラック状態であっても100%審査に通過できる…というわけではありません。

    ★2年以内に目安として1ヶ月程度の各種「後払い」延滞を起こしている場合、「ブラック未満の信用情報のキズ」が残っている可能性があります。
    …とは言えこちらもプロミスの審査に関してのみ言えば、さほど気にしなくても良いでしょう(延滞が現在進行形の場合を除く)。

    ★税金や公共料金の支払い延滞は審査に影響しません。

    ②一方、すでに他社借入があるならそれを補う収入や信用が必要に

    「すでに他社からお金を借りていないなら」決して高い返済能力や信用をお持ちでなくても、十分に審査通過を見込める「プロミス」。

    ですがあなたが2社目、あるいは3社目以降の申込み先として「プロミス」を検討しているのなら、審査通過のためには「他社借入」というマイナスを補うだけの能力が求められます。

    これについても、実際の審査通過/否決例をご覧頂くのが早いでしょう。

    実際の「プロミス」審査通過例(年収の低い順)
    属性契約内容
    • 年収96万円
    • 学生アルバイト(6ヶ月)
    • 他社借入1社20万円
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収96万円
    • アルバイト(1年)
    • 他社借入3社計40万円
    審査落ち
    • 年収200万円
    • アルバイト(1年)
    • 他社借入1社50万円
    • 2ヶ月以内にクレカ1ヶ月程度延滞
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収270万円
    • アルバイト(14年)
    • 他社借入2社計66万円
    • 限度額24万円
    • 金利17.8%
    • 年収300万円
    • 派遣社員(3ヶ月)
    • 他社借入1社30万円
    • 5年以内に2ヶ月以上延滞(ブラック)
    審査落ち
    • 年収300万円
    • 契約社員(年数不明)
    • 他社借入1社100万円(銀行から)
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収350万円
    • 契約社員(6ヶ月)
    • 他社借入2社計100万円
    審査落ち
    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    • 他社借入1社20万円+リボ60万円
    • 2ヶ月以内にクレカ1ヶ月程度延滞
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    ※アンケート回答の際、申込みの事実が確認できる書類を頂戴しています。

    ご覧の通り、他社からの借入があっても「プロミス」の審査に通過できた方は少なからずいらっしゃいます。

    が、結果を見ていると、

    • 他社借入件数が2社以上である
    • 勤続年数が短い(1年未満)
    • ブラック状態である

    …といった方の審査落ちは目立ちますね。

    「年収400万円、他社借入2件80万円で審査通過」といった例を見るに、複数の借入があってもそれを補える返済能力があれば審査通過を狙えるものの……。

    特に複数社からの借入を抱えた上での「プロミス」審査通過は、そうでない人に比べハードルが高いと考えて差し支えないでしょう。

    ★これまでのアンケート調査において、プロミスでは「ブラック+他社借入あり」という方の審査通過が一切確認されていません

    これに該当する場合には同じ条件での審査通過が確認されている「アコム」、あるいはブラック対応の中小消費者金融などを使った方が良いでしょう。

    年収の3分の1を超える借入を制限する「総量規制」について

    プロミス含む貸金業者(主に消費者金融会社、クレジットカード会社)は「個人に対し、年収の3分の1を超えるお金を貸してはならない」という法律の制限下にあります。
    いわゆる「総量規制」ですね。

    そしてこの制限は、貸金業者からの借入額合計に掛かります。

    よって例えばあなたが年収300万円なら、貸金業者から借りられるのは「合計」100万円まで。既に他の会社で100万円を借りているなら、プロミスでの審査通過は不可能です。

    ただしこの制限は銀行ローンやリボ払い等には適用されません。また、緊急医療費など一部借入目的に関してであれば、例外が適用される場合もあります。

    例:年収300万円の場合、

    • プロミスとアコムから計120万円の借入→原則不可
    • 銀行カードローンから計120万円の借入→問題なし
    • プロミスから50万円、銀行から100万円の借入

    →問題なし

    CHECK【総量規制の例外・除外・対象外】年収の3分の1超を借りる要件

    ③審査の有利/不利は存在するが、あまり気にしすぎる必要は無い

    ここまでの内容をまとめると、プロミスの審査は、

    プロミスの審査

    • 他社からの借入が無いなら、低年収やブラック状態でも十分に通過を見込める
    • 他社借入(特に2件以上)があると、それを補うだけの年収や信用が必要

    …ということになります。

    その他、もちろん「審査が有利に進みやすい人、そうでない人」といった違いも存在はするのですが……。

    プロミスの審査が有利に進みやすい人、そうでない人
    審査が有利
    • 他社からすでにお金を借りていない
    • 安定した収入を得ている
    • 正規雇用者である
    • 勤続年数が長い

    →審査がスムーズに進みやすく、高限度額を得やすい

    審査が不利
    • 2件以上の他社借入がある
    • ブラック状態である
    • 勤続年数が1年未満である(特に他社借入がある場合)
    • 自営業者など、収入が不安定と見なされやすい業種である

    →審査に通過できても低い限度額が設定されやすい

    こういった違い(主に職業、勤続年数など)は、ご覧の通りすぐに変えられるものではありません

    「他社からお金を借りていない、安定収入を得ている正規雇用者」になろうと思ってなれるわけではありませんので、あまり気にしすぎない方が良いでしょう。

    実際のところ、1社のカードローンの審査に落ちてしまっても大したデメリットはありません。
    現在本当にお金が必要な状況にあるのなら、仮に「ダメ元」であっても申込みを行う価値はあるかと思います。

    ただし申込件数は出来る限り抑えたい

    「ダメ元」での申し込み自体は特に問題ない「プロミス」ですが……。
    その一方で短期間にあまり多くの金融サービスに申し込むと、一定期間(6ヶ月)審査が不利に進みやすくなります(いわゆる申し込みブラック)。
    この傾向はプロミスに限ったことではありません。借入先にこだわりが無い場合であっても、申込件数をできる限り抑えるに越したことはないでしょう。

    そしてこの観点から見ると、プロミスでの審査通過がほぼ絶望的な方、具体的に言うと

    • 「成人で仕事をしている」という条件を満たしていない
    • 他の貸金業者から、すでに年収の3分の1に達するお金を借りている
    • ブラック状態かつ他社借入がある
    • 個人再生や自己破産の経験がある

    といった方の申し込みはおすすめしかねます。

    「プロミス」申込み~審査・借入までの流れ

    「プロミス」申込み~審査・借入までの流れ

    ここからは「プロミス」への申込みを決めたあなたのため、その契約の流れや必要なものについて簡単に解説させて頂きます。

    ①現在主流のインターネット契約(Web完結)の流れと必要書類

    現在主流の「プロミス」インターネット契約(Web完結)の流れは以下の通り。

    プロミス「Web完結」の流れ

    公式HPまたはアプリから申込み
    審査開始
    (毎日9時~22時)
    メールの案内に従い必要書類の提出
    在籍確認
    メールの案内に従い
    ネット上で契約手続き
    カード発行有無の選択
    24時間振込
    または「スマホATM取引」を使い借入
    (ここまで最短1時間)
    日曜18:50~の振込制限に注意

    ※いずれかのタイミングで、プロミスからあなたの携帯電話へ確認の電話が入ることが多いです。

    プロミス「Web完結」必要書類

    以下から1点

    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート
    • マイナンバーカード
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    • 住民基本台帳カード

    ※返済用口座をインターネット上で登録できる場合の必要書類となります。
    ※審査の進み具合などによっては追加の書類を要求されることがあります。

    手続き自体はメールや電話の指示に従うのみで完了しますので、特に何をしたらいいか分からず困るといったことはないでしょう。

    各書類についても「スマートフォン等で撮影+アップロード」という形で、簡単に提出可能です。

    ★プロミスの無人店舗(自動契約機)を使った契約手続きについては、以下のページをご覧ください。

    CHECK【来店編】プロミスで即日キャッシングを成功させる2つの条件【20時まで】

    即日融資を希望するなら遅くとも20時までに申し込みを

    プロミスの審査回答時間は毎日「9時~22時」
    契約は最短1時間程度で完了するものの、申込みの当日中に借りたいという場合には、遅くとも20時頃までに申し込んだ方が良いでしょう(参考問い合わせ結果)。

    またプロミスは「ほぼ24時間」の即時振込に対応していますが、日曜18:50~等の例外も存在します。即日「振込」を希望する場合にはご注意ください。

    CHECKプロミスに聞いた!即日振込(来店なし即日融資)を成功させる3つの条件と注意点

    ★日曜の夜間であっても、

    • スマホATM(カードの代わりにスマートフォンを使い、セブン銀行ATMで入出金を行う方法)
    • 無人店舗でのカード受け取り
    • 三井住友銀行(21時まで)またはジャパンネット銀行口座への振込

    といった方法を利用できれば、問題なく即日融資を受けられます。

    ★振込先の銀行がメンテナンスを行っている場合、即時振込を利用できませんのでご注意ください。
    例えば三菱UFJ銀行は、第二土曜日の21時~翌7時までメンテナンスを行っています。

    ②審査中にはあなたの勤務先にプロミスからの電話が入る(在籍確認/例外あり)

    プロミスの審査に通過するために、クリアしなければならないのが「在籍確認(勤務先確認)」という過程。
    これは虚偽申告やなりすましを防ぐため、あなたの勤務先をプロミスが確認することを言いますが…。

    その方法は主に電話。要はプロミスが、あなたの勤務先に電話を掛けてくるわけですね。

    とは言えこの際、プロミスが第三者に社名や用件を明かすことはありませんし、この電話をあなた自身が取る必要もありません。
    そのためこの過程自体は特に滞りなく、申込み者が知らないうちに住んでしまうことも多いのですが…。

    いきなりプロミスから電話が掛かってきて驚いてしまわないよう、こういった手続きがあることだけはチェックしておくと良いでしょう。

    実際の在籍確認例
    プロミス○○(担当者個人名)と申しますが、××△△(申込者)さんはいらっしゃいますか?
    第三者××は本日お休みを頂いております。ご用件をお伺いいたしましょうか。
    プロミスいいえ、大丈夫です。こちらから携帯に掛けなおしてみます。ありがとうございます。

    ★「勤務先の休業中に即日審査を受けたい」「勤務先に電話を掛けられるのは何としても避けたい」という場合には、「勤務先を確認できる書類の提出」をもって在籍の確認を完了できる可能性があります。
    該当する場合には、

    • 直近の給与明細書
    • 源泉徴収票
    • 勤務先から発行された保険証

    などをあらかじめご用意ください。

    CHECKプロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を
    CHECKプロミスに聞いた!土日の在籍確認:勤務先の休業日に即日融資を受けるには

    プロミスの審査に関するよくある質問と回答

    プロミスの審査に関するよくある質問と回答

    最後に、プロミスの審査や契約に関するよくある質問にお答えしていきます。

    ①家族に知られず審査を受けられますか?

    はい、問題なく可能です。プロミスを利用するにあたって、ご家族の同意などは必要ありません。

    またプロミスの場合、インターネット契約時であってもカード郵送を希望しない限り、郵送物も送付されません
    何らかの事情で同居の家族に隠してお金を作りたい、という場合、プロミスは最良の申込み先の一つと言えるでしょう。

    ……とは言え、

    • 携帯電話への申込み確認の内容を聞かれてしまう
    • 持っているはずのないお金を持っていることで不審に思われる
    • 返済の延滞などを理由に、自宅に督促状が届く

    といった理由で借入が発覚してしまう可能性が無いわけではありません。

    ②プロミスが審査を行っているのは何時までですか?

    インターネット申し込みに関して言えば、「毎日9時~22時」です(年末年始除く)。

    土日祝日であっても、この審査対応時間に変わりはありません。
    ただし日曜日18:50~は即時振込サービスが停止されますのでご注意ください。
    (この場合も「スマホATM取引」等を使えば借入は可能です)

    CHECKプロミスに聞いた!即日振込(来店なし即日融資)を成功させる3つの条件と注意点

    ★「プロミス」無人店舗の営業時間は「9時~21時」です(2020年8月現在/一部店舗に例外あり)。

    CHECK【来店編】プロミスで即日キャッシングを成功させる2つの条件【20時まで】

    ③審査をできる限り短期間で済ませる方法はありますか?

    プロミスは他社のように、「急ぎの旨を伝えることで優先的に審査を行う」…といった対応を行っていません
    そのため極力スピーディに審査を済ませるために出来ることは、

    • プロミスからの連絡(電話またはメール)を見逃さないよう気を配る
    • 事前に必要な書類を用意しておく

    …といったことくらいとなるでしょう。

    ちなみに審査スピード自体は、ネット申込みよりも来店申込の方が安定して早い傾向にあります。

    CHECK【来店編】プロミスで即日キャッシングを成功させる2つの条件【20時まで】

    ★プロミスへの問い合わせ結果

    【管理人】山本
    インターネット申込と来店申込み、どちらの方が審査が早い、といった違いはありますか?
    オペレーターの回答
    ご来店でしたら1時間程度で、ネットの方でしたらスムーズに進んで1時間~1時間半程度のお時間になるかと思います。

    オペレーターの回答
    来店でしたらその場でのカード発行、ネット契約ですとお振込みでのご融資となりますのでご都合の良い方を選んでいただけば。

    (2020年8月問い合わせ分)

    ④プロミスでの限度額はどれくらいになるのでしょうか?

    新規契約時に関して言えば、十中八九「10万円~50万円」の間です。

    プロミスはライバル他社に比べて初回限度額が低めな傾向にあり、高収入の方であっても50万円を超える契約は困難。
    「それなりに審査に自信があり、50万円を超えるお金を借りたい」という場合には、目的に合った申込み先を選んだ方が良いでしょう。

    CHECK【100万円借りたい】高限度額に定評あるカードローン&その他借入方法と必要条件

    参考【プロミスの限度額】私はいくら借りられる?増額はできる?

    ⑤成人していますが学生です。プロミスを利用できますか?

    成人しており、仕事(アルバイト)をしているのなら問題なく利用可能です。

    実際の審査通過例を見ていると、学生さんは「学生を続けられるだけのバックボーンがある」と見なされるからか、同じ年収のフリーターの方に比べ、いくらか審査が有利に進みやすい傾向も見て取れますね。

    すでに他社借入を重ねているような状況で無ければ、審査上の問題も特にないでしょう。

    CHECK学生ローンと消費者金融会社(サラ金)の違いは何?特色と選び方を簡単解説

    ★奨学金や仕送りにより収入を得ていても、「仕事(アルバイト)をしていない」のであればプロミスを利用することはできません。

    ⑥水商売でもプロミスを利用できますか?

    問題なく可能です。
    実際、これまでのアンケート調査においても、キャバクラやクラブで働く方の審査通過が確認されています。

    同じ年収の会社員の方に比べるといくらか審査は不利に進みやすいかもしれませんが…。
    借入が初めてであれば、そこまで気にしなくて良いでしょう。

    ⑦女性は「プロミスレディース」から申し込んだ方が、審査に通りやすかったりしますか?

    プロミスには「プロミスレディース」という女性専用申込口も存在しますが…。
    実はここから申し込んだとしても、契約できるローンは通常の「プロミス」と同じ。よって、「プロミスレディース」から申し込んだからと言って審査結果が変わることはありません

    とは言えこちらの申込口を使えば、在籍確認を含む審査担当者が100%女性となります(プロミスへの問い合わせにより確認)。
    女性担当者を希望する場合には、「プロミスレディース」から申し込み手続きを行うと良いでしょう。

    プロミスレディース

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    仮審査最短15秒
    最短即日
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!
    • 問い合わせから申し込みまで、すべて女性オペレーターが対応
    • パート・アルバイトなどで自分の収入があれば、学生や主婦もOK(専業主婦はNGなのでご注意ください!)
    • カードローンの使い勝手、審査基準などは、プロミスとまったく同じ

    ※他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。
    詳しくはこちらをご確認ください

    CHECK問合せと体験談に基づく「プロミスレディース」メリット・デメリットとFAQ

    ⑧プロミスの審査に落ちてしまったらどうすればいいですか?

    審査に落ちてしまった理由によります。

    • 審査落ちの理由が不明、あるいは「年収の3分の1を超えない」他社借入にあると思われるなら「アコム」等への申込み
    • 多重債務の他、信用情報に問題があるようなら「中小消費者金融」各社への申込み

    がそれぞれ視野に入りますが……。

    もしもあなたが「客観的に考えて、お金を借りて返せるような状態でない」のであれば、プロミス以外を選んでも審査通過は難しそう。
    この場合は家族や、行政の支援制度を頼った方が現実的かもしれません。

    ⑨過去にプロミスを利用したことがあるのですが、二度目の申し込みは可能でしょうか?

    過去にプロミスで何かしらの問題(長期間の延滞、債務整理など)を起こしたことが無ければ、二度目の申込みも問題ありません。

    ただしこの場合、「初回30日間無利息」サービスは適用されませんのでご承知おきください。

    ⑩プロミスが加盟している個人信用情報機関について教えてください。

    「CIC」「JICC(日本信用情報機構)」の二機関です。

    全国銀行個人信用情報センター(KSC)の情報は参照されませんが…。
    プロミスは審査の際に官報情報を閲覧しますので、個人再生や自己破産の経歴はたとえ5年以上前のものであっても審査落ちの原因となります。あらかじめご承知おきください。

    CHECK【官報閲覧】自己破産5年後でもプロミスの審査通過は困難:実例とその他の申込先候補

    ★「個人信用情報機関って何のこと?」という場合、この項目を気にする必要はありません。

    ★大手消費者金融会社の中では「レイクALSA」のみが官報情報を閲覧していない模様。
    個人再生・自己破産から5年が経過しているのなら、「プロミス」より「レイクALSA」への申込みが優先されることでしょう。

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • プロミスは「すでに他社からお金を借りていないなら」、年収100万円未満やブラック状態といった状況でも十二分に審査通過を見込める
    • 一方で他社借入(特に2社~)がある場合、審査通過のためにはこれを補う返済能力や信用が必要となる
      ┗「ブラック+他社借入あり」での審査通過はほぼ不可
    • 審査が有利に進みやすい人、そうでない人という違いはあるものの、職業や勤続年数はすぐに変えられるものではない。
      最低限の申込み条件を満たしているのなら「ダメ元」で審査を受けてみるのもアリか

    「他社でお金を借りていない人」に対しかなり柔軟な審査を行っていることから、初心者の申込み先としても打ってつけな「プロミス」。

    もちろん他社借入が無いからと言って、100%審査に通過できるとまでは言えませんが…。

    過去の利用者の例を見る限り、「年収が低い」「過去にクレジットカードの支払いで問題を起こした」という場合であっても、申し込んでみる価値はあるでしょう。

    CHECK【証拠付】プロミス審査経験者7名の詳細口コミ
    CHECKプロミスに聞いた!即日振込(来店なし即日融資)を成功させる3つの条件と注意点


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    仮審査最短15秒
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。
    詳しくはこちらをご確認ください

    ポイント

    • スマホなら最短15秒で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい