【プロミスに聞く】プロミスのおまとめローンは銀行NG!契約&返済の流れと注意点

「複数件の借入がかさんで、返済が厳しくなってきた。 プロミス<おまとめローン>を使ってみたいけれど……」

スピーディかつ使い勝手に優れるプロミスのおまとめローンは、そんなあなたにおすすめ!
と言いたいところですが……。

このローンでまとめられるのは、消費者金融会社からの借入やクレジットカードのキャッシング枠といった「貸金業法の対象となる債務」だけ
そのため銀行カードローンやショッピングリボの残高がかさんでいる場合には、まず選択肢となりません
とは言えローン自体の使い勝手は上々ですので、アコムやプロミスなど貸金業者からの借入だけをまとめたい場合にはおすすめしやすいローンと言えるでしょう。

今回はそんなプロミスの「おまとめローン」について、そのおまとめ対象や実際の問い合わせに基づく利用・返済の流れについてまとめました。
読み終えていただければ、あなたが現在このローンへ申し込みを行うべきか分かりますよ。

★プロミス「おまとめローン」

金利 6.3%~17.8%
※借入額100万円以上なら上限15%
融資額
(おまとめ額)
上限300万円
返済方式 元利定額返済方式
(分割払い)
返済回数 1回~120回
(相談の上決定)
審査スピード 最短30分 融資スピード 最短1時間程度
その他
  • 貸金業者からの借入にのみ対応
  • インターネット申し込み不可(自動契約機または有人店舗のみ受付)
  • 返済用のローンカードは発行されるが、追加借り入れは不可
  • プロミスのフリーキャッシング(普通のプロミス)からの切り替え可
  • 無利息サービス適用なし

★おまとめローンの概要や利用メリットについては、「おまとめローンとは」のページをご覧ください。

プロミス (基本情報)
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
備考
  • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
  • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
    深夜早朝でも振込みキャッシングOK

プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!

注意!プロミス「おまとめローン」でまとめられるのは<貸金業者>からの借入だけ

プロミス「おまとめローン」、最大のデメリットは「貸金業者からの借入にしか対応していない」こと。
これは公式HPにもしっかり明記してありますね。

▲プロミス公式HPより
▲プロミス公式HPより

このローンで「おまとめ」の対象となるのは、「消費者金融会社またはクレジットカード会社からの無担保キャッシング」だけ
銀行カードローンやショッピングリボ、その他有担保ローンなどには一切利用できない
ため、このローンを有意義に利用できる方はちょっと限られそうです。

★借入先が貸金業者であれば、総量規制の制限を超えるもの(年収の3分の1を超える債務)であっても問題なくおまとめが可能です。(総量規制の例外)

<銀行のローンやショッピングリボをまとめたいのなら>

実はプロミスのように、「貸金業者からの借入れにしか使えないおまとめローン」を取り扱う消費者金融は少なくありません。アコムのおまとめローンも、プロミスと同じ性質を持っています。

銀行系ローンやショッピングリボをまとめたいのなら、「銀行または信用金庫等、貸金業者以外の金融機関が取り扱うおまとめローン」(または「おまとめに使えるフリーローン」等)を選べばまず間違いナシ。
特に地銀・信金といった地域密着型のフリーローン・おまとめローンは、「ダメ元で申し込んだら満額で審査に通った」という報告も多くおすすめしたいところです。(もちろん金融機関ごとに差はありますが)

また、貸金業者の中では例外的に「アイフル」のおまとめローンが、銀行やショッピングリボの一本化にも対応しています。
アイフルユーザーならちょっとばかりの金利優遇も受けられるので、こちらも併せて検討してみてください。

CHECKおまとめ・借り換え対応のおすすめローン
CHECK実際の多重債務者に好評な「審査に通る」おまとめローンは?大手からブラック対応の中小機関まで
CHECK銀行ローン・ショッピングリボOK!「アイフル」のおまとめローンについて

現在問題なく返済を続けられているのなら、審査に通過できる可能性は高い

「貸金業者からの借入にしか使えない」という性質上、プロミスのおまとめローンは利用者(というより需要)が決して多いとは言えず、インターネット上の口コミなどもごく少なくなっています。

とは言え、公式HPの「お申込みいただける方」項目は通常のプロミスの利用条件と変わりなし。

★プロミス「おまとめローン」申し込み条件(プロミス公式HPより)

年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方
主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。

少なくとも「200万円以上の年収必須」「アルバイト不可」といった条件を掲げる東京スター銀行のおまとめローンなどに比べれば、まだ申し込みやすいと言えます。

さて、「50万円のおまとめ」と「300万円のおまとめ」では求められる能力が全く変わってくる都合上、どうやっても「おまとめローン」の審査難易度について論じることは困難。
とは言え利用条件が寛容なことから、「信用情報と返済能力」にさえ問題が無ければ、審査に通過できる可能性が高いと見込まれます。

信用情報とはこの場合、現在のローンの利用状況ですね。借り入れを滞納中であれば審査通過は困難です。(この場合はどの会社でも一本化が困難なので、債務整理などを検討する必要があります) 返済能力とは借り入れを一本化した上、1ヶ月~120ヶ月(相談の上決定)を掛けて毎月滞りなく返済を続けて行ける力のこと。
もちろん借入額にもよりますが、債務が大きいのならそれなりの信用(勤続年数の長い正社員・公務員ほど良い)は求められることでしょう。

おまとめローンの場合、結局「審査を受けてみないと分からない」ことがかなり多いです。
とは言え「利用条件が寛容で、アルバイトも申込可」「審査スピードが通常ローンと変わりない(後述)」ことを考えれば、さほど厳しい基準で審査を行っているとも思えません

貸金業者からの借入を何とかしたい、という場合はさほど気構えずに申し込みを行っても問題ないとは思いますが……。
不安があるのなら来店申し込み前に、電話で問い合わせを行っておくのも良いでしょう。

プロミスコール(おまとめローン対応):0120-24-0365

★カードローンやおまとめローンは、短期間に複数社に申し込みを行うことで審査が不利になる傾向があります。(申し込みブラック
何が何でもおまとめを成功させたい、という場合には事前に電話を掛け、おまとめ成功の可能性を確認した上で申し込みを行うことをおすすめします。

プロミスに聞いた!「おまとめローン」利用の流れ

通常の借入(フリーキャッシング)と異なり、公式HPに融資スピードについての記載がない「おまとめローン」。
そこで、実際の契約の流れについてプロミスコールに問い合わせてみました。

①基本的な契約の流れやスピードは通常のプロミスと変わりなし

まずは実際の問い合わせ結果をご覧ください。

【管理人】山本
自動契約機でこれから※「おまとめローン」に申し込みを行う場合、契約にはどれくらいの時間が掛かりますか?
プロミスの回答
今から自動契約機ですと、30分~1時間くらい、もしかすると1時間半くらいは掛かってしまうかもしれませんが、それ以上になることは無いかと思います。
【管理人】山本
在籍の確認はありますか?
プロミスの回答
はい、それもその間にすべて行います。
【管理人】山本
返済金額や適用金利は契約の時に決められるのでしょうか?
プロミスの回答
そのようになります。

※ 火曜日12時頃に問い合わせ

少なくとも審査のスピードについては、通常のプロミスと変わりない模様。 最短30分で審査が完了するおまとめローンは(銀行やキャッシングリボに対応していないとは言え)、かなり珍しいのではないでしょうか。

プロミス「おまとめローン」契約の流れは以下のようになります。

プロミス「おまとめローン」

自動契約機または有人店舗から申し込み
必要書類の提出など
※インターネット申し込み未対応

審査
(最短30分)
在籍確認あり

その場で審査結果連絡
直通オペレーターもしくは店舗スタッフと
契約内容の確認、相談など

その場でローンカード(返済専用)の発行
プロミスがあなたの代わりに支払い実行

利用の流れはカードローンと変わりありませんね。
申し込みの際にはプロミスの自動契約機、もしくは有人店舗を使う必要がある点にはお気をつけください。三井住友銀行の「ローン申込機」は利用できません

CHECKプロミス公式HP「店舗・ATM検索」

★混雑具合などによっては審査に時間がかかる可能性もあります。

★プロミスの在籍確認については当該ページをご覧ください。

②借入額にかかわらず、収入証明書の提出は必須

プロミス「おまとめローン」の申込・契約に必要な書類は以下の通りです。
借入額にかかわらず収入証明書の提出が必須となる点にはお気をつけください。

★プロミス「おまとめローン」必要書類(公式HPより)

本人確認書類
(全利用者必須)
以下のいずれか一点

  • 運転免許証
  • パスポート+住民票の写しなど(応相談)
  • 健康保険証+住民票の写しなど(応相談)
収入証明書類
(全利用者必須)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書、所得証明書、課税証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※いずれも最新のものに限る

外国籍の場合
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合 以下のいずれか一点

  • 税金の領収書
  • 納税証明書
  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し
  • 住民票の記載事項証明書

住民票の写しは市区町村役所ですぐに発行することができます。(300円程度の手数料の発生あり)
その他、必要書類の詳細については直接プロミスにお問い合わせください。

プロミスコール(おまとめローン対応):0120-24-0365

毎月の返済は「ATM入金」もしくは「自動引き落とし」で

公式HPを見てもイマイチ分かりづらい「おまとめローン」の返済について、実際にプロミスへ問い合わせを行ってみました。

【管理人】山本
毎月の返済方法はATM入金ですか?
プロミスの回答
返済の方法2つ御座いまして、1つはプロミスカードを使ったATM入金、もう1つは口座引落しとなります。

プロミスカードですと返済日を「5日、15日、25日、末日」からお選びいただけれるのですが、引き落としだと指定口座※ をお持ちでない限り、引き落とし日は「5日」で固定されてしまいます。
また、ご都合の宜しいときや余裕がある時に返済をしやすい、という点では「プロミスカード」を使った方が勝手は宜しいかと思います。

【管理人】山本
引落しを利用する場合、追加返済はできないのでしょうか?

プロミスの回答
いいえ、引き落としを設定されました場合でもプロミスカードは発行されますので、ATMなどを使って追加のご返済は可能です。
ただ、引き落とし日前に入金があっても所定の引落しは行われますので、その点だけご注意していただく必要があります。

※ 三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座なら引落し日の選択可

ちょっと分かりづらいのですが、要約すると「プロミスカード(返済専用)は全利用者に発行され、契約時に引き落としの有無を選べる」ということですね。

どうしても返済額が大きくなりやすいおまとめローンですから、毎月現金で支払いを行うのは面倒かつATM利用手数料も発生しやすいもの。
個人的には「引落し日が5日でも構わない」あるいは「三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座からの引落しが可能」であるのなら、基本的には自動引き落としを使い返済、余裕がある時にATMで追加返済を行うのが無難かつ手軽なところかと思います。

ちなみに、毎月の返済額は契約時に相談により決定します。
以下のサイトなどを使い、大体の返済金額をあらかじめ確認しておくと計画も立てやすいでしょう。

CHECKke!san「ローン返済(毎月払い)」

★三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座から引き落としを行う場合、その実行日は5日・15日・25日・末日から選択可能です。

★ATM利用手数料は「返済額1万円以内なら108円」「返済額が1万円を超えるなら216円」です。プロミス・三井住友銀行のATM等を使えば、返済額にかかわらず手数料は発生しません
詳しい提携先等についてはプロミス公式HPをご覧ください。

まとめ

プロミス「おまとめローン」貸金業者からの借入にしか使えないので注意!ショッピングリボや銀行からの借入をまとめたいのなら、他社のおまとめローンを選ぶしかない
★おまとめローンには珍しく、審査スピードは最短30分。利用の流れも「インターネット申し込みができない」「収入証明書必須」という点を除いては通常カードローンと変わりなし
★毎月の返済は「ATM入金」または「自動引き落とし」で。基本的には分割で支払っていく形になるものの、自由に追加返済ができるのは嬉しい

活用できる人は限られるものの、ローン自体の勝手は良いプロミス「おまとめローン」。
貸金業者からの借入を一本化したい、という場合には心強い味方となってくれることでしょう。


この記事でチェックしたカードローン情報

プロミス (基本情報)
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
備考
  • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
  • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
    深夜早朝でも振込みキャッシングOK

プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。