プロミスに直撃!即日キャッシングの大前提:申し込みリミット、勤務先休業時の対応他

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

     

    「給料日までまだ日があるのに緊急な出費が発生してしまった。
    スピード審査を受けられるという<プロミス>で今日中に借りられるなら、申し込んでみたいけれど……」

    大手消費者金融会社の中でも、即日契約を含むユーザーサービスに定評のある「プロミス」
    さらにここ最近になって

    • 時間や曜日を問わない振込融資に対応
    • インターネット申込の審査対応窓口を延長(21時まで→22時まで)

    といった改革が行われたこともあり、「来店なしでの即日キャッシング」に関しては業界トップクラスと言って良いでしょう。(もちろん従来通りの来店契約もOK)

    今回は少しでも早くお金を借りたいというあなたのため、「プロミス」に実際に問い合わせを行いながら、即日契約の条件・注意点などをまとめました。
    読み終えていただければ、あなたがこれから取るべき行動が分かります。

    ★「プロミス」基本情報

    申込条件
    (公式HPより)
    • 年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方(申込ページより)
    • 現在お仕事をされていらっしゃる方(よくある質問ページより)

    無職の方、収入源が仕送りや奨学金、年金等のみである方は、プロミスを利用できませんこちらのページをご覧ください。

    備考既に貸金業者(消費者金融会社、クレジットカードキャッシング枠)からの借入合計(任意整理の残債含む)が年収の3分の1に達している場合、プロミスでの審査通過は不可(総量規制/緊急時医療費などの例外あり)

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    プロミスに聞いた!現在の審査対応時間と「即日融資のための申込タイムリミット」

    まずは実際に、プロミスへ「現在の審査対応時間」「即日融資のための申込タイムリミット」について問い合わせてみた結果をご覧ください。

    【管理人】山本
    今日(平日)中の契約だと、何時頃までに申し込めばよいでしょうか?
    プロミス
    お申込みの後には審査を行ったり書類を提出いただいたりすることになるんですけれども、私共の営業時間は22時までとなっています。なのでそれを加味しますと、インターネットでの申込みでしたら「21時」頃までにお申込みの手続きを完了頂けましたら、本日中のお手続きができる予定でございます。
    【管理人】山本
    土日に申し込む場合であっても同じでしょうか?
    プロミス
    土日ですとやはり審査に時間が掛かりやすくなってしまう傾向はあるかと思います。21時頃までにお申込みいただければ対応はできるかと思うのですが……。

    (2019年8月問合せ分)

    と言うわけで、プロミスで即日融資を受けるための申込タイムリミット目安は「21時」。これはインターネットから申し込みを行う場合も、無人店舗で申し込みを行う場合も変わりません。

    ……そうは言ってももちろん「予想外の追加書類が必要になった」「プロミスへの申込者が多く、普通より審査に時間が掛かってしまった」(とくに土日や連休中)という場面はまったく珍しくありませんから、やはり早い時間帯に申し込めるに越したことは無いでしょう。

    要はプロミスの場合、「21時までの申し込みなら即日融資を受けられる可能性あり」「21時より早い時間帯であればあるほど、その確実性も上がる」といった具合です。

    ★ちなみに審査開始は「朝9時」からとなります(インターネット・来店申込共通)。

    プロミス申込経験者を対象としたアンケート調査結果を見る限り、「属性の高さ」と「審査時間」に関係はなさそうです。

    参考プロミスユーザーによる「審査・借入に要した時間」(抜粋)

    審査結果が出るまでに掛かった時間申込の曜日や時間申込から実際の借入までにかかった時間
    20代、学生アルバイト年収70万円30分くらい昼ごろ
    土曜日
    1時間半
    30代、アルバイト年収90万円金融ブラック1時間弱です。水曜日の朝の11時くらいです。1時間半くらいです。
    20代、アルバイト
    年収270万円
    1時間程度土曜日のお昼頃2時間程度
    20代、会社員
    年収400万
    30分程度曜日は覚えていません。時間帯は13時ごろです。3時間程度
    20代、会社員
    年収414万円
    他社借入30万円
    2時間平日の17時頃2時間ほど
    30代、会社員年収500万申し込みから審査結果が出るまでには1時間以内でした。うろ覚えにはなりますが、申し込んだのは木曜日の9時頃に申し込みました。実際に申し込みからお金が振り込まれるまで約3時間程度でした。
    インターネット申込+インターネット契約
    インターネット申込+自動契約機契約
    自動契約機申込+自動契約機契約

    CHECKプロミス申込者15名に聞く審査所要時間:結果が遅い・来ないとき&土日の対応も
    CHECK【プロミス】夜中に申込んだときの審査~借入の流れ:電話が掛かってくるのはいつ?
    CHECKプロミスに聞いた!現在の審査時間は「9時~22時」:即日融資対応は何時まで?
    CHECKプロミスは時間や曜日を「ほぼ」問わない即日振込に対応!例外時間&その対策も

    ネット契約&来店契約共通、即日融資を受けるために抑えておくべき基礎知識

     

    申込方法を問わず「21時」までなら即日契約に期待できるらしいプロミス。
    ですが、時間さえクリアすれば誰でもこの会社からお金を借りられる…とは言えません。

    ここからはプロミスと契約を結ぶ上で押さえておくべき知識について、簡単に紹介させて頂きます。

    ①審査に通るのは大前提とは言え、借入がはじめてならそこまで心配しなくて良い

    前提として、プロミスを利用するためには「プロミス」独自の審査に通る必要があります。クレジットカードを作ったことがあるのならそれと似たものと考えて差し支えありません。
    (ただしクレジットカードの審査に比べると、携帯電話あるいは職場へ電話が入りやすい)

    とりあえず、まずはあなたがプロミスへ「申し込む」条件を満たしているか、確認しておきましょう。

    (1)20歳~69歳

    (2)仕事をして収入を得ている(またはこれから得る予定)

    (3)貸金業者※からの借入額合計が、年収の3分の1を超えていない(緊急時医療費借入などの例外除く)

    ※主に消費者金融会社、クレジットカードキャッシング枠

    (1)~(3)のうちどれか一つでもクリアできていないものがあると、返済能力の有無にかかわらずプロミスを利用することはできませんのでお気を付けください。

    さて、あなたが上の最低条件をクリアしており、「キャッシング(現金借入)」(クレジットカードのキャッシング枠含む)を利用するのが初めてなら、そこまで審査を不安に思う必要はありません。プロミスでは年収100万円未満の方の審査通過報告も複数確認されています。
    また100%とは言えませんが、他社での借入さえなければ、携帯電話やクレジットカード滞納などによるブラック状態であっても審査に通過できた例は多いですね。


    CHECK【プロミス】ブラックリスト入りでも借りれた3例&審査落ち4例から探る審査基準
    CHECK【証拠付】プロミス審査経験者7名の詳細口コミ:初めての借入~ブラックまで

    一方で、プロミスは他の消費者金融会社(アコムなど)に比べても「他社での債務」(キャッシング利用に加え、ショッピングリボ等を含む)に厳しい傾向にあります。
    年収に対する債務の割合が、目安として25%以下(フルタイムで働く給与所得者の場合)であればそこまで気にする必要は無いかと思いますが……。
    これに接してしまう場合には、プロミスへの申込は半ば「ダメ元」のような形となってしまいそうです。

    CHECK他社借入ありの「プロミス」審査経験者18名に聞く!通過者の共通点と審査基準分析
    CHECKプロミス申込者55名に聞く!審査に落ちた理由はほぼ他社借入(+α)?次の申込先候補も

    ★貸金業者(消費者金融会社またはクレジットカード会社)からの借入が年収の3分の1に達している場合、プロミスのみならず全ての貸金業者と新規契約を結ぶことはできません。(総量規制/おまとめローン、緊急医療費の借入などの例外を除く)

    ②プロミスとの契約に必要な書類

    プロミスの審査に通過できても、必要な書類が揃っていないと契約を結ぶことはできません。
    実際に必要になる書類は以下の通りです。
    (多くはプロミス側の規定では無く、「犯罪収益防止法」「貸金業法」に則った必要書類となります)

    ★「プロミス」必要書類の詳細

    提出が必要な方該当する書類
    本人確認書類全利用者運転免許証
    無ければパスポートまたは健康保険証※マイナンバーカード等の書類もOKとのこと
    ※学生証や社員証は写真付きのものであっても不可
    住所確認書類
    • 本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合
    • 来店契約時、写真付きの本人確認書類を用意できない場合
    以下のいずれか1点(発行日から6ヶ月以内のものに限る)

    • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
    • 社会保険料の領収書
    • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
    • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

    ※現住所を確認できる、二点目の本人確認書類を提出してもOK

    収入証明書類限度額50万円超の場合
    またはプロミスとの契約額+他の貸金業者※1からの借入額が100万円を超える場合
    以下のいずれか1点

    • 源泉徴収票(最新のもの)
    • 確定申告書(最新のもの)
    • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
    • 税額通知書(住民税決定通知書/最新のもの)
    • 所得(課税)証明書(最新のもの)
    勤務先確認書類(在籍確認書類)勤務先への電話を避けてほしい場合
    勤務先の休業中に審査を受けたい場合
      • 最新の給与明細書
      • 社会保険証、組合保険証など勤務先の確認できる保険証

    その他、応相談

    その他外国籍の場合在留カードまたは特別永住者証明書
    勤務先固定電話番号を入力できない個人事業主の場合事業実態を確認できる書類(確定申告書など)
    ※主に消費者金融会社、またはクレジットカードのキャッシング枠

    一見面倒そうではありますが、

    • 本人確認書類と現住所に違いが無い
    • 希望限度額が50万円以下、かつ他社借入もない
    • 電話による在籍確認(勤務先確認)が取れる
    • 日本国籍
    • 個人事業主でない(※事業主は固定電話の有無にかかわらず収入証明書などを要求されやすい)

    といった条件さえ満たせば、本人確認書類1枚で契約を結ぶことができますね。

    ……とは言え任意で「収入証明書」「勤務先確認書類」等を提出することで、審査が少し有利に進んだり、勤務先への電話を回避できることもありますから、多くの書類を用意できるに越したことは無いでしょう。

    ちなみに各書類は

    • スマートフォンなどで撮影した書類をメールの案内に従いアップロード(ネット申込時)
    • スマートフォンアプリを使って撮影&送信(ネット申込時)
    • 自動契約機のスキャナーで読取&送信(来店申込時)

    といった形で提出可能です。

    CHECK契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類
    CHECK【プロミス】限度額50万円以下でも収入証明書類が必要に?審査体験談と書類の入手法

    来店契約の場合、健康保険証1枚を本人確認書類として用いることはできません。
    写真付きの本人確認書類をお持ちでない場合には、別途住所確認書類が必要になりますのでお気を付けください。
    (犯罪収益防止法による/インターネット契約の場合は健康保険証1枚でもOK)

    ③プロミスがあなたの勤務先に電話を掛ける「在籍確認」について

    キャッシングの審査を受ける上で、気にされる方が多いのが「在籍確認(勤務先確認)」。これは各金融機関がなりすましや虚偽申告を防ぐため、「申込者が申込内容通りの勤務先に勤めているか、確認する」審査上の一過程を言います。

    そして他の多くのカードローンと同じく、プロミスにおける基本の在籍確認方法は「電話」。要はあなたの勤務先に、プロミスから電話が掛かってくるわけですが……。

    このとき、電話を取った第三者に「プロミス」の社名や用件が伝えられることはありません
    (電話は「○○と言いますが、××△△さんはいらっしゃいますか?」といったように、担当者の個人名を使って掛けられます)

    またあなた自身がその場にいる必要もなく、第三者の「××は席を外しています」「本日お休みです」といった回答により、「あなたがその場所に勤めている」ことさえ分かれば在籍確認はそれで完了
    そういうわけで、この過程についてそこまで心配する必要はありません。実際、プロミスユーザーを対象としたアンケート調査においても多くの方が「在籍確認は知らないうちに終わっていた」と回答されていました。

    ……とは言え「どうやっても名指しで電話が掛かってくるのは不自然」あるいは「今日は勤務先が休業日で、電話を使った確認を取れない」といった方は珍しくないかと思います。

    こういった場合のため、プロミスは「書類を使った在籍確認」に対応。「勤務先名の書かれた保険証」「最新の給与明細書または源泉徴収票」といった書類があれば、勤務先への電話なしで審査に通ることも可能ですから、何か不都合がある場合にはこういった対応も検討してみてください。

    CHECKプロミスに聞いた!土日の在籍確認:勤務先の休業日に即日融資を受けるには
    CHECKプロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を

    ★勤務先の休業日、かつ勤務先確認書類も提出できない、といった場合には、電話確認が取れるまで審査が持ち越しとなります。ご承知おきください。

    ★「この書類は勤務先確認に使えない?」といった個別の質問については、直接プロミスへお問い合わせください。

    現在主流の「来店なし・インターネット契約」で即日融資を受ける流れと注意点

     

    さて、プロミスで即日融資を受ける条件や必要なものについてチェックしたら、もう少し具体的な契約の流れを見ていきましょう。
    まず紹介するのは、今一番ポピュラーな「インターネット契約」の流れです。

    ①おおまかな契約の流れ

    プロミスでインターネット契約を結ぶ、おおまかな流れは以下の通り。

    プロミス「インターネット契約(Web完結)」の流れ

    インターネットから申し込み
    即日融資を狙うなら21時までに申し込み完了
    ここから携帯電話へ連絡が入る可能性あり
    (毎日9時~22時)
    一次審査結果メール
    メールの案内に従い、
    インターネット上、もしくはスマートフォンアプリで
    必要書類の写真を提出
    前後する形で勤務先への電話連絡(在籍確認)
    本審査通過メール
    (ここまで申し込みから最短30分)
    メールに添付のURLからネット上で契約手続き
    カード発行希望の選択など
    ここまで携帯電話へ連絡が入る可能性あり
    (毎日9時~22時)
    契約完了
    振込融資(夜間OK)または「スマホATM※」での
    借入が可能に
    (ここまで最短1時間程度)
    ローンカードの郵送(希望者のみ)

    スマホATM…カードの代わりにスマートフォンアプリ上のQRコードを使い「セブン銀行ATM」と取引を行うサービス。契約直後から利用可能

    申込から契約までの必要時間は最短1時間程度。とは言え混雑などによって審査時間が延びることは、さほど珍しくありません
    また、プロミスからのメールや電話に気付けないとそれだけタイムロスが生じてしまいますから、スピード融資を希望するなら着信に気を配っておけると良いですね。
    契約手続き自体はプロミスから送られてくるメール、あるいは携帯電話への連絡(必要ない場合もあります)の指示に従っておけば、さほど問題なく完了するかと思います。

    CHECKプロミス申込者15名に聞く審査所要時間:結果が遅い・来ないとき&土日の対応も
    CHECKプロミスに聞いた!現在の審査時間は「9時~22時」:即日融資対応は何時まで?
    CHECK【プロミス】携帯&勤務先に電話が入るタイミングとその回避:体験談による会話内容も
    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!

    ちなみにインターネット契約の場合、ローンカード(プロミスカード)の発行は任意です。自宅への郵送物を避けたいのならカードレス契約(Web完結)をお選びください。
    手元にカードが無いと「セブン銀行」以外のATMを利用できませんが、現在のプロミスでは「時間を問わない振込」「スマホATM(セブン銀行ATMのみ)」を利用できますから、ローンカードが無くてもそこまでの不便はないかと思います。
    (その他、任意のタイミングで無人店舗に向かい、カードを受け取ることも可能です)

    ★郵送物・カード発行なしのインターネット契約(Web完結)のためには「口座振替」(自動引き落としによる返済)の登録が必要です。
    あなたが持っている銀行口座がこれに対応しているか、事前に確認しておくことをお勧めします。

    CHECKプロミス公式HP「会員サービスでご登録可能な金融機関」

    ②注意!「ほぼ」24時間振込キャッシングは例外もやや多い

    22時までに契約手続きが済んだら、「銀行振込」または「スマホATM」による借入が可能となります。

    これまで何度か触れている通り、現在のプロミスは「ほぼ」24時間365日の即時振込(最短10秒で反映!)に対応しているのですが……。
    「ほぼ」の言葉が表す通り、この振込にはサービス対象外の時間が設けられているため注意が必要。特に日曜夜間のサービス停止は痛いところです。

    ★プロミス側の事情で即時振込のできない時間帯

    時間帯振込反映
    毎週土曜日23:30~24:00翌日8:45~9:30頃
    毎週日曜日00:00~04:00当日8:45~9:30頃
    18:50~24:00翌日8:45~9:30頃
    毎週月曜日00:00~07:00振込依頼不可
    07:00~08:00当日8:45~9:30頃
    その他
    • 年末年始、ゴールデンウィークは取り扱い時間が不規則になるため注意
    • その他臨時メンテナンスのときは利用できない可能性あり

    また上の時間帯の他にも、
    ・お金を受け取る側の金融機関がメンテナンスを行っている
    ・お金を受け取る側の金融機関が、そもそも時間外振込に対応していない
    (JA、労金口座など。また一部銀行等も「土日の振込不可」としている場合あり)
    といった場合、即時振込を利用することはできません

    振込での借入を希望する場合には、「プロミス」そして「お金を受け取る側の金融機関」の対応状況をあらかじめ確認しておきましょう。
    後者については、プロミスの公式HPから確認することができます。

    CHECKプロミス公式HP「金融機関別振込実施時間検索」
    ★銀行振込を利用できない時間帯であっても、プロミスのスマートフォンアプリと「セブン銀行ATM」があれば、「スマホATM」を使った即時キャッシングが可能です。
    詳しい操作方法については以下のページをご覧ください。

    CHECKプロミス公式HP「スマホATMの使い方
    ★振込先が「三井住友銀行」または「ジャパンネット銀行」口座であれば、振込時間の制限が緩和されます。

    ★振込キャッシングの対象は「契約者名義の口座」のみとなります。

    振込反映時間
    三井住友銀行口座で受け取り日曜21:00~翌7:00を除く各時間帯
    ジャパンネット銀行口座で受け取り月曜00:00~07:00を除く各時間帯

    安心の「来店契約(自動契約機契約)で即日融資を受ける流れ

     

    インターネット契約やカードレスキャッシングに強い「プロミス」ですが、もちろん従来通りの「無人店舗(自動契約機)」を使った手続きも可能です。

    こちらの方法であれば「プロミスからの電話やメールに気付けず、審査時間が延びる」ことがありませんので、「確実に今日中に契約したい」「インターネットでの手続きに自信がない」という場合にはうってつけですね。

    プロミス「来店(自動契約機)契約」の流れ

    必要書類を持ってお近くの「プロミス」店舗へ
    即日融資を狙うなら21時までに申し込み完了
    タッチパネルや備え付けの用紙を用いて申し込み手続き
    案内に従い、必要書類をスキャンし提出
    審査
    その場で申込内容確認、聞き取り等
    在籍確認あり(相談次第で回避可)
    契約内容や同意事項を確認した上で
    契約手続き
    契約書の控え、ローンカードをその場で発行
    (郵送物なし)
    ※ここまで最短1時間程度

    手続き自体は自動契約機から流れる音声案内や直通オペレーターの指示に従っておけば完了します。

    注意点を挙げるなら

    • 書類が不足していると契約を結べない
    • 先客がいる場合、その人が退出するまで店舗内に入れない

    の2点でしょうか。

    後者についてはできる限り早い来店で何とかなるとして、前者のような事態を防ぐためには「本人確認書類に加え、勤務先や収入を証明できる書類」を持っていきたいところ。
    源泉徴収票や給与明細(収入証明書類として使う場合には、最新2ヶ月分が必要)であれば2つの役割を兼ねられるためおすすめです。

    CHECK契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類
    CHECKプロミスに聞いた!自動契約機で即日融資を受けるなら21時までに入店を:他注意点も

    ★「プロミス」店舗の設置場所については以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKプロミス公式HP「店舗・ATM一覧」
    ★契約後はその場でローンカード(プロミスカード)を受け取ることができます。
    多くの場合、プロミスの無人店舗には自動契約機の設置してある個室の他、「プロミスATM」が置いてあります。契約後はこれを使ってキャッシングを行うと良いでしょう。

    プロミスカードを利用できるATM

      • プロミスATM(自動契約機に併設してあることが多い)★手数料無料
      • 三井住友銀行ATM ★手数料無料

     

      • セブン銀行ATM(スマホATM含む)
      • ローソン銀行ATM
      • E-netATM(ファミリーマート等)

     

      • ゆうちょ銀行ATM
      • 三菱UFJ銀行ATM
      • イオン銀行ATM
      • 横浜銀行ATM
      • 広島銀行ATM
      • 福岡銀行ATM

    他、一部の地銀ATMなど

    ※プロミス、三井住友銀行以外のATMを使う場合には利用手数料が掛かります。
    (取引額1万円以下のとき108円/回、取引額1万円超のとき216円/回)

    もちろんインターネットから契約された方と同様に、「スマホATM」「銀行振込」を用いた借り入れも可能です。

    まとめ

    ポイント
    • 現在の「プロミス」審査・契約対応時間は「毎日9時~22時」。そして即日契約&借入のためには遅くとも「21時」までに申し込みを済ませる必要がある
    • 本人確認書類1枚で契約できる人も少なくはないが、「勤務先休業中」「住所変更あり」といった場合には追加書類が発生する
    • カードレス取引の充実したプロミスは、他社に比べてもインターネット契約に強い。ただし銀行振込は日曜夜間をはじめとするサービス対象時間が設けられているため注意(スマホATMを使えば借入自体に問題はない)
    • もちろん従来通り、自動契約機を使って契約を結んでも良い。この場合にはできる限り多くの書類を持ちこんでいけると◎

    (他社借入が無ければ)審査通過のハードルが比較的低いこと、時間外振込を含むユーザーサービスの充実などから、初心者であっても申し込みやすい「プロミス」
    審査・契約対応時間も22時までと申込者に優しい仕様ではありますが……。
    「確実に今日中に借りる」ためにはこのタイムリミットにこだわらず、極力早い時間帯に申し込みを済ませられると良いですね。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    プロミスで即日融資を受けるなら来店、インターネット等の申し込み方法に関わらず、21時までに申し込むことが必要です。とはいえ追加で書類が必要になったり、内容に不備があった等のリスクを考えて、できるだけ早く申し込むと安心ですね。プロミスではローンカードを発行する契約、カードレスでの契約、所定の銀行に24時間振込等も行っています。商品概要をしっかり読んで、自分にとって都合の良い契約方法を選びましょう。

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!
    CHECKプロミス申込者15名に聞く審査所要時間:結果が遅い・来ないとき&土日の対応も
    CHECK契約方法別!プロミス審査通過の必要書類&ユーザー15名に聞いた提出書類
    CHECKプロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を
    CHECK【プロミス】夜中に申込んだときの審査~借入の流れ:電話が掛かってくるのはいつ?
    CHECK【プロミス】携帯&勤務先に電話が入るタイミングとその回避:体験談による会話内容も
    CHECKプロミスは時間や曜日を「ほぼ」問わない即日振込に対応!例外時間&その対策も
    CHECKプロミスに聞いた!土日の在籍確認:勤務先の休業日に即日融資を受けるには
    CHECK【プロミス】限度額50万円以下でも収入証明書類が必要に?審査体験談と書類の入手法
    CHECKプロミスに聞いた!自動契約機で即日融資を受けるなら21時までに入店を:他注意点も


    CHECKプロミス申込者55名に聞く!審査に落ちた理由はほぼ他社借入(+α)?次の申込先候補も
    CHECK【証拠付】プロミス審査経験者7名の詳細口コミ:初めての借入~ブラックまで
    CHECKプロミスの審査は甘い?アンケート調査から見る審査傾向:年収70万の通過例も
    CHECKプロミスの審査が不安なあなたへ:低収入&ブラックでの可決例から見る通過条件CHECK【プロミス】ブラックリスト入りでも借りれた3例&審査落ち4例から探る審査基準
    CHECKアルバイトのプロミス申込者4名に聞いた!審査時の年収、限度額、在籍確認他
    CHECK【プロミス】審査時の嘘はNG!…と言うのは何故?虚偽申告を見抜く三段構えとは
    CHECK派遣社員のためのプロミス:他社借入ありでの審査通過例、問合せに基づく在籍確認他
    CHECK自営業者のためのプロミス:審査通過4名&否決2名の共通点と問合せに基づく注意点
    CHECK【証拠有】学生プロミス申込者4名の審査体験談:バイト先への在籍確認情報も
    CHECK他社借入ありの「プロミス」審査経験者18名に聞く!通過者の共通点と審査基準分析


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント