【プロミスへ取材!】21時までの来店&20時までのWeb完結で即日融資を受ける方法

【プロミスへ取材!】21時までの来店&20時までのWeb完結で即日融資を受ける方法

「定期券を買い忘れていた!
給料日まであと1週間、生活費も不安だしどう乗り切ろう……。」

初回借入から30日間無利息&即日借入が可能プロミスは、そんなあなたにとって強い味方となってくれるはず。
大手消費者金融の中でも特にサービスが充実しているこの会社では、あなたに合った即日融資の方法を5種類から選択できますよ。

今回はそんなプロミスについて、「即日融資を受けるための申し込みタイムリミット」を、実際にプロミスコールへ何度も問い合わせを行いながらまとめてみました。
読み終えていただければ、あなたに合った方法で即日借入を受けられます!

プロミス (基本情報)
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
備考
  • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
  • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
    深夜早朝でも振込みキャッシングOK

プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!

プロミスで即日融資を受ける方法は5種類!まずはあなたに合った方法を選ぼう

プロミスで即日融資(申し込み当日の借入)を受けるための方法は、全部で5種類。
まずは、あなたに合った方法を見つけてみましょう。

★プロミスで即日融資を受けるための5つの方法

申し込みリミット※ その他
インターネット等で事前申し込み
+自動契約機でカード受け取り
平日:20時
土日:17時~18時
来店必須
自動契約機で申込~契約 毎日21時 来店必須
アプリローン
(スマートフォン、セブン銀行ATM必須)
毎日20時 スマートフォンアプリとセブン銀行ATM(セブンイレブンなど)への来店必須
インターネットで申込~契約
(Web完結:指定口座あり)
毎日20時 三井住友銀行、またはジャパンネット銀行の口座必須
インターネットで申込~契約
(Web完結:指定口座なし)
平日午前中 土日祝日の即日融資不可
※プロミスへの問い合わせによる。混雑状況によって変動する可能性あり

★契約方法選択のフローチャート
★契約方法選択のフローチャート

自宅近くに自動契約機(無人店舗)があるかどうかわからない、という場合には以下のページで検索を行ってみてください。
また、三井住友銀行の支店があれば、そちらで契約も可能ですよ。

CHECKプロミス公式HP「店舗・ATM検索」

それぞれの契約方法は、どれも一長一短。
それでは、詳しく解説していきます!

CHECKインターネット申し込み+自動契約機でのカード受け取り方法
CHECK自動契約機を使い、申し込みから契約を済ませる方法
CHECKアプリローンとセブン銀行ATMを使い、即日融資を受ける方法
CHECK三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を使い、即日振込を受ける方法
CHECK指定口座なしで即日振込を受ける方法

【来店あり:土日は17時】インターネット申し込み&自動契約機での契約は他社より時間が掛かりやすい?

最もスタンダードなプロミスへの申し込み方法は、「インターネットなどでの事前申し込み+自動契約機でのカード受け取り」
ただしプロミスは他社に比べ、どうやらインターネット申し込み時の審査に時間が掛かりやすい模様。それでは、詳しく紹介していきます!

①タイムリミットの目安は「土日であれば17時~18時」

実際にプロミスへ問い合わせを行った結果をご覧ください。

【管理人】山本
月曜日にインターネットから申し込みを行い、自動契約機で契約する場合、申し込みは何時までに済ませれば良いですか?
プロミスの回答
できるだけ早く、としか申し上げられません。 審査は早ければ30~40分ほどで終了いたしますが、審査が混みあって参りますとそれ以上の時間が掛かりますので。
【管理人】山本
20時での申し込みだと、厳しいですかね?
プロミスの回答
そうですね、難しいかもしれません。

プロミスは、インターネット申し込みにおいて「○時までに申し込めばOK」という明言を避けている模様。

時間が遅くなりそうな場合には、はじめから自動契約機へ向かうか、同じインターネット申し込みなのになぜか安定した融資スピードを保つ「アプリローン」などを利用した方が良さそうです。(単に回答オペレーターの意見が違うだけかもしれませんが……。)
もしくは、電話で現在の審査時間を問い合わせてみるのも良いでしょう。

CHECK【来店あり:21時まで】最も即日融資を受けやすいのは「自動契約機での申し込み」

【管理人】山本
本日(土曜日)でしたら、何時までに申し込みを行えば良いですか?
プロミスの回答
インターネット申し込みですと、17時か18時までにはお手続きを完了していただければ、と思います。
【管理人】山本
現在(土曜日14時頃)だと、審査にどれくらいの時間が掛かりますか?
プロミスの回答
お電話ですと1~2時間、インターネットですと2~3時間のお時間を頂いております。

即日キャッシングのできる時間は何時まで?大手金融機関5社に即日融資のリミットを聞いた!より)

さらに、土曜日となると申し込みリミットは大きく繰り上がります。
17時か18時、ということでしたが、17時を過ぎて申し込みを行うならはじめから自動契約機へ行った方がよさそうですね。

このとき、同時に他の金融機関へも審査について問い合わせを行ったのですが……。
アコムなどの他社は土日であっても1時間以内の審査回答を実現させていたため、プロミスは他社に比べかなり混雑に弱い傾向にあるようです。

プロミスには、他社に比べ土日や夕方といった混雑する時間ほど対応が遅くなる傾向があります。 「確実に即日融資を受けたい!」という場合、夕方以降にインターネット申し込みを行うことはおすすめできません

②事前申し込みを行い、自動契約機で契約を結ぶ流れ

インターネットで事前申し込みを行い、自動契約機で契約を結ぶ流れは以下のようになります。

プロミス
自動契約機を使う場合の利用の流れ

プロミスの公式HPから申し込み
(土日は17時まで)

携帯電話へ申し込み確認
(「カンタン入力」選択時※)

仮審査
在籍確認あり

メールか電話で審査結果連絡

必要書類を持って
お近くの自動契約機へ

本審査

その場でカード受け取り
併設のATMで借り入れ
(ここまで最短1時間程度)

※「フル入力」選択時でも行われる場合あり

自宅に居ながら手続きができるため、利用しやすい「インターネット申し込み」ではありますが……。
基本的には午前中遅くとも16時台までといった、比較的申し込み数の少ない時間に利用することをおすすめします。

★契約手順の詳細については「自動契約機を使ってプロミスと契約を結ぶ方法」ページをご覧ください。

【来店あり:21時まで】最も即日融資を受けやすいのは「自動契約機での申し込み」

プロミスで確実に即日融資を受けたいのなら、「自動契約機で申し込み~契約をすべて完了させる」方法を選ぶのがベスト。
その理由を解説していきます!

①タイムリミットは「毎日21時」までの入店

プロミスにおける自動契約機の営業時間は、「毎日9:00~22:00」
ただし問い合わせを行ったところ、新規契約の場合には「21時までに入店し、手続きを始めてほしい」とのことでした。

こちらのタイムリミットは平日でも土日祝日でも変わりないとのこと。
インターネットに比べても安定してスピーディに審査を済ませられるため、夕方以降の申し込みであればこの方法が最もおすすめとなります。

★21時~22時に申し込みを行う場合はアイフルを利用しましょう。

②一番の敵は「忘れ物」!必要書類は多めに持って行こう

自動契約機で申し込みを行う場合、最も注意しなければならないのが「書類の不備」

プロミスに限らず、カードローンでは審査の結果、予期せぬ書類の提出を求められることがあります。
最も求められやすいのが「勤務先を確認できる書類」。社会保険証や給与明細などですね。
これは何らかの理由で、在籍確認(勤務先の確認)に失敗してしまったときに必要となります。

CHECKプロミスの在籍確認について

また、審査の結果によっては源泉徴収票などの収入証明書を求められることも珍しくありません。

必要書類が足りなければ、家に帰ったり、役所へ申請を出しに行く必要があります。当然そのせいで即日融資に失敗してしまうこともあるでしょう。

自動契約機で申し込みから契約まですべてを済ませようとする場合、基本的な必要書類(本人確認書類)に加え、「勤務先を確認できる書類」「収入を証明できる書類」を持ち込んでいくことをおすすめします。

個人事業主・自営業であれば、確定申告書や事業内容を証明できる書類(請求書など)を持っていけると良いですね。

プロミスにおける基本的な必要書類については、以下の項目をご覧ください。

CHECKプロミスの必要書類と在籍確認について

【セブン銀行ATM必須:20時まで】新サービス「アプリローン」なら手軽に即日借入が可能

2017年10月2日にはじまった、プロミスの新しいサービス「アプリローン」
その名の通り、スマートフォンアプリを使ったこの申し込み・契約方法ではありますが……。

その特徴は「ローンカードがなくても、セブン銀行ATMを使った借入・返済が可能」だということ。プロミスの説明によると、アプリを操作することで出現するQRコードを読み取ることで取引が可能になるそうです。

そこで、早速アプリローンを使う場合の即日融資のタイムリミットについてプロミスへ問い合わせを行ってみました。

【管理人】山本
自動契約機を使わない場合、何時までに申し込めば即日契約ができますか?
プロミスの回答
審査の担当部署は22時まで営業しておりますので、できるだけ早く……20時くらいまでにはお申し込み頂ければと思います。

日曜日、月曜日と曜日を変えて2度問い合わせを行ったのですが、回答は同じ「20時まで」というものでした。インターネット申し込み+自動契約機で契約を行う場合に比べると休日の審査にも余裕があるため、担当部署に違いがあるのかもしれません。
ただし、単にオペレーターさんの考えが違うだけ……という可能性も考えられるため、特に土日祝日には余裕を持って申し込みを行いたいところです。

そんな「アプリローン」の利用の流れは以下の通り。

プロミス「アプリローン」
契約の流れ

プロミスのアプリをインストール
(目安は20時まで)

「新規お申し込み」をタップ、
必要事項を記入し送信

アプリ内で必要書類の撮影・送信

審査
(最短30分)
在籍確認あり

メールで審査結果連絡

メールに掲載されたリンクから、契約手続き

プロミスからの振込
もしくはセブン銀行ATMでの借り入れ
(ここまで最短1時間程度)

※審査中、あなたの携帯電話へプロミスから申し込み内容確認連絡が入ることがあります。

アプリから申し込みを行う、というだけで、ローンの契約の流れ自体は通常の「Web完結」(インターネット契約)と変わりありません。

「アプリローン」の場合は、インターネット上で契約さえ済ませてしまえばいつでもセブン銀行ATMでの借り入れが可能です。(月曜0:00~7:00などのメンテナンス時を除く) ただしこの契約方法、原則ローンカードが発行されないためセブン銀行ATM以外のATMを使った借入ができない点にはお気を付けください。

★三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座があれば、ほぼ24時間365日の振込キャッシングも可能です。(後述)

★契約後、好きな時に自動契約機でローンカードの受取が可能です。

★ローンカードの発行を希望しない場合、毎月の返済は「口座振替」で行われます。

CHECKアプリローンの概要と、利用の流れについて

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座があれば、即日振込を受けやすい

一般的に、銀行振込が反映されるのは「平日9:00~15:00」の銀行営業時間だけ。
ただし、銀行「振替」、つまり同じ銀行内での資金移動はその限りではありません。

この「振替」の機能を使い、プロミスでは「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」にのみ、ほぼ24時間365日の融資を実現させています。
そのため、いずれかの口座があれば自動契約機への来店なしで、夜間まで振込(振替)キャッシングを利用できるわけですね。
融資の手続きは、インターネット会員サービスから簡単に済ませることができますよ。

来店せずに即日融資を受けるための、おおまかな利用の流れは以下のようになります。

プロミス「Web完結」
契約の流れ

プロミスの公式HPから申し込み
(目安は20時まで)

必要書類の撮影・送信
↓↓
携帯電話へ申し込み確認
(「カンタン入力」選択時※)

審査
(最短30分)
在籍確認あり

メールで審査結果連絡

メールに掲載されたリンクから、契約手続き

インターネット会員サービスを通し
プロミスへの融資申請(即時反映)
(ここまで最短1時間程度)

ローンカードの郵送
(希望者のみ)

※「フル入力」でも申し込み確認が行われる場合あり

必要書類の提出やメール・電話の確認に時間を取ると、即日融資を受けられなくなってしまうことも考えられます。
プロミスからの連絡は見逃さないよう、注意しておくと良いですね。

三井住友銀行の口座をご利用の場合、日曜日21時~翌7時まで融資を受けることができません
日曜日に借り入れを希望する場合には、できるだけ早い時間に申し込みを行ってください。

★今回の問い合わせでは「日曜日でも20時までの申し込みでOK」という回答を頂けましたが、混雑具合によってはより長い時間が掛かることも考えられます。
休日に申し込みを行う場合には、事前に電話で現在の必要時間を確認しておくことをおすすめします。

指定口座がない場合の即日振込の条件は厳しめ

「来店ができない」「スマートフォンアプリ+セブン銀行ATMの利用ができない」「三井住友銀行の口座も、ジャパンネット銀行の口座も持っていない」という場合、即日融資のタイムリミットはかなり厳しくなる模様。
実際に問い合わせを行ったところ、プロミスからの回答は以下のようになりました。

【管理人】山本
「Web完結」で即日融資を受けるためには、何時くらいまでに申し込みを行えばよいですか?
プロミスの回答
お客様は三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行の普通預金のお口座はお持ちでしょうか?
【管理人】山本
いいえ。
プロミスの回答
ですと、銀行営業時間の兼ね合いで平日の限られたお時間にしか入金の反映ができませんので、できるだけ早い時間にお申し込みをお願いする形になりますね。
【管理人】山本
早い時間、というと?
プロミスの回答
少なくとも平日の午前中でしょうか。

指定口座がない場合、あなたの手元にプロミスからの振り込みが届くのは銀行営業時間、つまり「平日9:00~15:00のみ」となります。
即日融資を受けるためには平日15時までに契約はもちろん、振込申し込みを済ませる必要があるため、条件がかなり厳しくなるわけですね。

融資の流れは、指定口座を利用し即日融資を受ける場合と変わりありません。以下の項目をご覧ください。

CHECK三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座があれば、即日振込を受けやすい

【共通】プロミスの必要書類と在籍確認について

最後に、申し込み・契約方法に関わらず必須となる「書類の提出」と「在籍確認」についてまとめてみました。

①プロミスの契約に必要な書類

プロミスの契約に必要な書類は、以下のようになります。

★プロミスの契約に必要な書類

全利用者提出 以下のいずれか一点

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票など(応相談)
外国籍の場合
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合 以下のいずれか一点

  • 税金の領収書
  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し
  • 住民票の記載事項証明書
プロミスから要請のあった場合※
  • 収入証明書類
    (源泉徴収票、確定申告書など)
電話での在籍確認を希望しない場合
または会社が休業日の場合
  • 社会保険証、給与明細など(要相談)
※希望限度額が50万円を超える場合、もしくは他社との借り入れ合計が100万円を超える場合には必須

必要な書類は最低一点。ただし、あなたの状況によってはより多くの書類提出が求められます。
収入証明書類の提出が必要になった場合には、プロミスから電話で連絡が行われるようですね。

②在籍確認は原則電話、ただし応相談

在籍確認とは、あなたが申し込み情報通りの会社に勤めていることを金融機関が確認すること。
プロミスの在籍確認方法は、他社と同じく「原則電話」となります。つまり、プロミスからあなたの勤務先へ電話が掛かってくるわけですね。
とは言え、プロミスの社名や用件が伝えられることはないため、この電話のせいで借入がバレることはめったにありません。

それでも電話を避けたい、という場合には、担当者へ電話で相談することでその他の方法での在籍確認を受けられる可能性があります。
電話を避けたい場合には、「カンタン申し込み」(インターネット申し込み時)を選び、折り返しかかってくる携帯電話への確認時にその旨を伝えると良いでしょう。

詳細プロミスの在籍確認、その基本仕様と電話の避け方

★在籍確認のタイミングについて、プロミスに問い合わせてみました。

【管理人】山本
インターネットで申し込みを行い、自動契約機で契約する場合、在籍確認はいつ行われますか?
プロミスの回答
お申し込みの後となります。
【管理人】山本
自動契約機へ向かう前、ということでしょうか?
プロミスの回答
そうですね。お申し込みから、早ければ30分以内にお電話をかけさせて頂きますが、ご本人様が不在であっても「外出中です」などの回答をいただければ問題ありません。

メールで届いた審査結果を「仮審査結果」、自動契約機で正式に出た結果を「本審査結果」と言うとすれば、プロミスの在籍確認は仮審査時に行われるようですね。
アコムなどの他社とはタイミングが前後しますので、お気を付けください。

まとめ

★プロミスで即日融資を受ける方法は5種類!最も確実なのは「自動契約機で申し込みから契約までを済ませる方法」ながら、忘れ物に注意
★インターネット申し込みに必要な時間は、審査状況はもちろんオペレーターさんの意見によっても異なる模様。原則「20時まで」の申し込みで即日契約が可能ということながら、休日は時間が掛かりやすい傾向も:即日融資を狙うなら、できるだけ早い時間に申し込みを!
★「来店不可」「スマートフォン+セブン銀行ATMの利用不可」「指定口座なし」という状況の場合、即日融資を受けるためには「平日午前中」までの申し込みが求められる

「アプリローン」の導入もあって、他社に比べても契約方法が多彩なプロミス。
ただしインターネット申し込み時の審査時間は他社に比べて不安定にも思えるため、タイムリミットに関わらずできるだけ早い時間に申し込みを行いましょう。

<プロミス特設ページ、こちらもチェック!>
CHECKプロミスの審査に通る条件と高精度通過率診断
CHECK自動契約機を使ったプロミスの契約方法まとめ
CHECKプロミス、利用の流れとメリット・デメリット
CHECKプロミスの在籍確認と、電話を避ける方法
CHECKプロミス契約後のキャッシング方法まとめ
CHECKプロミスの金利と利息、返済のコツ
CHECKプロミスの返済方法とその金額


この記事でチェックしたカードローン情報

プロミス (基本情報)
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
備考
  • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
  • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
    深夜早朝でも振込みキャッシングOK

プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。