プロミスの審査難易度は?最短25分融資の流れと審査落ちの共通点

    1分で分かる!プロミス審査難易度:傾向は「低収入OKだが他社借入に厳しい」

    プロミスでは収入が多くないなどで審査に自信がなくても、最短25分融資を受けられる可能性があります。
    ただし「2件以上の他社借入がある」「信用情報の問題がある」という場合は審査落ちの可能性が高くなります。

    今回は実際のアンケート結果をもとに分析したプロミスの審査基準や、即日融資を受ける流れを中心に詳しくまとめました。

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短25分
    申込条件郵送物回避条件
    • 満18~74歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。
    (※3)収入が年金のみの方はお申込いただけません。

    • お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
    • 高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

    プロミスの審査基準とは

    1分でチェック!プロミスのカードローンってどんなサービス?

    まずは、プロミスにおける基本の審査基準について解説します。

    ①仕事(アルバイトを含む)をしていれば年収が低くても審査に通過できる

    プロミスの申込条件、つまり審査を受けるための条件は以下の通りです。

    年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方

    公式サイトより

    「安定した収入」と書かれてはいるものの、実際のところは年収が100万円以下でも審査に通過できた例は多いです。

    パート・アルバイトや収入面で自信がない方であっても、利用しやすいカードローンだと言えるでしょう。

    また学生の方は、アルバイトなどにより「働いて仕事を得ている」のであれば、申込み・審査通過が可能です。

    ②仕事をしていない人は収入があっても申し込めない

    申込み条件を満たせない無職や専業主婦の方は、プロミスを利用できません。

    また、収入源が年金や失業保険といった不労所得のみの方も、プロミスへ申し込めませんのでご注意ください。

    このカードローンの実質的な申込条件は、「安定した収入がある」というより「働いて収入を得ている」ことと考えておきましょう。

    CHECKプロミスは無職でも借りれる?申し込める人・そうでない人と退職後の対応
     

    プロミスの審査に落ちる6つの理由

    一方、「複数の他社借入」に対しては他社カードローンより明らかに厳しい…。

    ここからは、申込条件を満たしているにもかかわらず審査に落ちてしまう場合について解説します。

    ①2件以上の他社借入があると審査落ちの可能性が高くなる

    プロミスの審査に落ちてしまった方の多くは、複数の他社借入・他社債務を抱えていました。

    すでに2社以上でお金を借りている場合、このカードローンの審査はかなり不利に進むと考えてよいでしょう。

    実際の審査結果より
    属性契約内容
    • 年収96万円
    • アルバイト(1年)
    • 他社借入3社計40万円
    審査落ち
    • 年収350万円
    • 契約社員(6ヶ月)
    • 他社借入2社計100万円
    • 年収400万円
    • 会社員(0年)
    • 他社債務2件計80万円
      ┗銀行カードローン20万円、ショッピングリボ60万円
    • 年収600万円
    • 会社員(0年)
    • 他社借入2社およそ300万円
      ┗銀行カードローン2件

    消費者金融会社からの借入と、銀行カードローンやショッピングリボの債務を区別するカードローンは多いです。

    そういった会社の場合は、銀行などからの債務よりも消費者金融からの借入の方が重視される傾向にあります。

    ただしこの審査結果を見る限り、プロミスの場合は銀行カードローンやショッピングリボの債務も審査落ちの理由になりやすいと言えます。

    複数の他社借入を抱えて審査に通過できた例もないではないものの、申込みのリスクは高いと言えるでしょう。

    ②他社借入と信用情報の問題が重なると、ほぼ審査落ち

    他社借入と信用情報の問題が重なっている方は、ほぼ確実に審査落ちとなります。

    この条件に該当する場合、このカードローンの利用は非常に難しいと考えてよいでしょう。

    実際のアンケート結果より
    属性審査結果
    • 年収300万円
    • 派遣社員
    • 他社借入1件30万円
    • クレジットカードを2ヶ月以上延滞中
    審査落ち
    • 年収350万円
    • 自営業
    • 他社借入1件30万円
    • 2ヶ月以上のカード延滞、強制解約
    • 年収600万円
    • 自営業
    • 他社借入2件計66万円
    • 5年以内に長期延滞かつ任意整理
    • 年収1585万円
    • 会社員
    • 他社借入4件計290万円
    • 5年以内に2ヶ月以上のカード延滞
    参考:信用情報に重大な問題があると見なされる主な場合

    1. クレジットカードや各種ローン、分割払いなどの支払いを2ヶ月以上延滞し、その解消と解約から5年が経過していない
    2. クレジットカードや各種ローン、分割払いなどで強制解約処分を受けて5年が経過していない
    3. 債務整理を行い、5年が経過していない
      ※任意整理の場合は一般に「残債を清算」してから5年が経過していない

    ③「SMBCコンシューマーファイナンス」で問題を起こしたことがあると審査は厳しい

    プロミスを運営しているのは、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」です。

    この会社は多くの銀行カードローンなどで保証業務を行っています。

    SMBCコンシューマーファイナンスがかかわるローンで長期延滞などの問題を起こしたことがある場合、プロミスでの審査通過も難しくなると考えてよいでしょう。

    これはSMBCコンシューマーファイナンスの社内情報に、申込者の事故記録が残っている可能性があるためです。

    ④他社カードローンの延滞中は無条件で審査落ちとなりやすい

    他社の「カードローン」や「キャッシング」の返済を現在進行形で延滞している場合、その期間にかかわらず審査通過は困難です。

    これはプロミスにかかわらず、どのカードローンにおいても同様です。

    ただしカードローン、キャッシング以外の後払いサービスの延滞であれば、審査に通過できることもあるようです。

    ⑤個人再生・自己破産は5年以上が経過していても審査落ちの理由になる

    プロミスは審査の際に、官報の情報を閲覧します。

    延滞などの情報が記録される信用情報と異なり、官報の情報は5年経っても消えません

    そのため個人再生・自己破産を行ったことがある方は、免責が下りて5年以上が経過していても審査に通過できない可能性があります。

    実際のアンケート結果より
    属性審査結果
    • 年収300万円
    • 派遣社員(5年)
    • 5年以上前に自己破産
    • その他の不安要素なし
    審査落ち

    ⑥その他、複数の要因が重なることで審査落ちとなることも

    審査は総合的な観点から行われます。

    そのためこれまでに触れた審査落ちの理由に該当していない方であっても、審査に落ちてしまうことは考えられます。

    具体的に言うと、「年収が低い、または不安定」「勤続年数が短い」「他社借入がある」「高齢」などの条件が重なると、審査は不利に進みやすくなるでしょう。

    プロミスの審査に不安があった方の口コミ・体験談

    ここでは実際のアンケート調査の中から、審査についての不安を抱えつつ申し込みを行った方の体験談を紹介します。

    ①年収70万円、学生アルバイトの方の場合

    まず紹介するのは、年収70万円で審査に通過できた学生の方の回答です。

    ▲▼契約の事実を確認できる画像と体験談
    属性
    • 年収70万円
    • 学生、アルバイト(1年)
    契約内容
    • 金利17.8%
    • 利用限度額10万円
    借入目的
    どうしても友達の結婚式に必要だった
    自由な口コミ、感想など
    審査にちゃんと学生でも通るか
    周りにバレないか心配だった

    審査は通った。
    ちゃんと毎月返済しているので
    とりたてとかはない、
    メールで知らせてくれる程度

    この結果だけを見ても、このカードローンの審査に通過するために高い年収や信用が必要ないことが分かります。

    ②年収180万円、アルバイトの方の場合

    続いて紹介するのは、アルバイト(フリーター)の方の体験談です。

    ▲▼契約が事実と分かる画像と口コミ体験談

    属性
    • 年収180万円
    • アルバイト(2年)
    契約内容
    • 金利17.8%
    • 限度額15万円
    借入目的
    長期旅行へ行くため
    自由な感想など
    Youtubeの広告を見て(申し込み)。メールで前日にいくら引き落としされるか通知してくれるのは便利

    こちらの方も問題なく審査に通過されています。

    事前に返済日や返済額を教えてくれるメールのサービスは、他の回答者からも高評価を得ていました。

    ③年収350万円、他社借入がある方の場合

    こちらは安定収入がありながら、他社借入を抱えている方の体験談です。

    ▲▼契約が事実と分かる画像と口コミ体験談

    属性
    • 年収350万円
    • 会社員(11年)
    • 他社借入1社100万円
      (銀行カードローン)
    • 2年以内にクレジットカード等を1ヶ月程度延滞
    契約内容
    • 金利17.8%
    • 限度額50万円
    借入目的
    当時結婚式が重なり懐事情が厳しかったので借入させて頂くに至りました。必要金額は10万円です。
    自由な感想など
    オペレーターのかたの対応がとても親切でした。一度支払いで遅延してしまいましたがその際の対応もとても丁寧でした。

    他社借入はありますが、件数が1件ということもあってか問題なく審査に通過されています。

    このカードローンでは他社借入を2件以上抱えた方の審査落ちは多いものの、他社借入が1件の方の審査通過例は少なくありません。

    「プロミス」へ申し込んだ40名の属性と審査結果一覧

    今回実施した、アンケート調査の結果は以下の通りです。

    アンケートの回答の際には「申込や契約の事実を確認できる画像」を頂戴しているため、情報の信ぴょう性は高いでしょう。

    「プロミス」実際の利用者アンケートより
    属性契約内容
    • 年収60万円
    • 学生アルバイト(2ヶ月)
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収70万円
    • アルバイト(1年)
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収72万円
    • パート(9年)
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収90万円
    • アルバイト(6ヶ月)
    • 5年以内に強制解約処分
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収96万円
    • 学生アルバイト(6ヶ月)
    • 他社借入1社20万円
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収96万円
    • アルバイト(1年)
    • 他社借入3社計40万円
    審査落ち
    • 年収100万円
    • 学生アルバイト(1年)
    • 限度額10万円
    • 金利不明
    • 年収125万円
    • 自営業(4年)
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収171万円
    • 派遣社員(1年)
    • 5年以内に任意整理
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収180万円
    • アルバイト(2年)
    • 限度額15万円
    • 金利17.8%
    • 年収190万円
    • アルバイト(3年)
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収200万円
    • 学生アルバイト(1年)
    • 2年以内に1ヶ月程度のカード延滞
    • 限度額24万円
    • 金利17.8%
    • 年収200万円
    • アルバイト(1年)
    • 他社借入1社50万円
    • 2ヶ月以内にクレカ1ヶ月程度延滞
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収230万円
    • 会社員(1年)
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収240万円
    • アルバイト(1年)
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収250万円
    • 派遣社員(6ヶ月)
    • 限度額30万円
    • 金利17.8%
    • 年収270万円
    • アルバイト(14年)
    • 他社借入2社計66万円
    • 限度額24万円
    • 金利17.8%
    • 年収300万円
    • 派遣社員(3ヶ月)
    • 他社借入1社30万円
    • 5年以内に2ヶ月以上延滞(ブラック)
    審査落ち
    • 年収300万円
    • 正社員(2ヶ月)
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収300万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入1社50万円
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収300万円
    • 契約社員(年数不明)
    • 他社借入1社100万円(銀行)
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収300万円
    • 派遣社員(5年)
    • 5年以上前に自己破産
    審査落ち
    • 年収300万円
    • 会社員(4年)
    • 10年以上クレジットカードを延滞中
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収300万円
    • 自営業(1年)
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収320万円
    • 派遣社員(2ヶ月)
    • 限度額10万円
    • 金利不明
    • 年収350万円
    • 契約社員(6ヶ月)
    • 他社借入2社計100万円
    審査落ち
    直後に他社で通過
    • 年収350万円
    • 会社員(11年)
    • 他社借入1社100万円
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収350万円
    • 自営業(5年)
    • 他社借入1社30万円
    • 5年以内にカード長期延滞、強制解約
    審査落ち
    • 年収350万円
    • 会社員(1年)
    • 限度額20万円
    • 金利17.8%
    • 年収360万円
    • 会社員(2年)
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収400万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入1社30万円
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収400万円
    • 会社員(2年)
    • 限度額30万円
    • 金利不明
    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    • 他社借入1社20万円+リボ60万円
    • 2ヶ月以内にクレカ1ヶ月程度延滞
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    • 他社借入3件計80万円+ショッピングリボ60万円
      ┗うち20万円銀行
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収400万円
    • 会社員(0年)
    • 他社債務2件計80万円
      ┗銀行カードローン20万円、ショッピングリボ60万円
    審査落ち
    直後に他社で審査通過
    • 年収414万円
    • 会社員(8年)
    • 他社借入1社30万円
    • 限度額10万円
    • 金利17.8%
    • 年収480万円
    • 会社員(2年)
    • 限度額70万円
    • 金利17.8%
    • 年収500万円
    • 会社員(6ヶ月)
    • 2ヶ月以内にクレカ1ヶ月程度延滞
    • 限度額50万円
    • 金利17.8%
    • 年収600万円
    • 自営業
    • 他社借入2件計66万円
    • 5年以内に長期延滞かつ任意整理
    審査落ち
    • 年収1585万円
    • 会社員
    • 他社借入4件計290万円
    • 5年以内に長期延滞

    目立つのはやはり、多重債務者や「信用情報の問題と他社借入がある」方の審査落ちです。

    その一方、「他社借入が無ければその他の瑕疵があっても審査に通過できる可能性がある」というのは、このカードローンの大きな特徴だと言えるでしょう。

    プロミスで最短25分融資を受ける流れと必要書類

    ここからは、プロミスで即日融資を受ける流れについて解説します。

    ①プロミスで即日融資を受ける流れ

    現在のプロミスにおける、契約の流れは以下の通りです。

    プロミス「Web完結」
    契約の流れ

    Webサイトまたはスマートフォンアプリから申込み
    審査開始
    ※申込確認の連絡が入ることが多い
    必要書類のアップロード
    メールで審査結果連絡
    契約内容(利用限度額など)の確認
    カード発行希望の選択など
    契約完了
    銀行振込または「スマホATM」で借入
    (ここまで最短25分)
    ※カード発行を希望しない限り、郵送物なし

    審査の過程で携帯電話へ確認の連絡が入ることは多いです。

    契約が完了するまでは、着信に気を配っておくと良いでしょう。

    ②本人確認書類とその他の必要書類について

    プロミスと契約を結ぶために必要な書類は以下の通りです。

    プロミスの本人確認方法(Web完結の場合)
    金融機関でかんたん本人確認
    (返済用口座の登録を行う場合)
    以下のいずれか1点

    • 運転免許証(経歴証明書も可)
    • パスポート
      ※住所の記載があるものに限る
    • 健康保険証
    • マイナンバーカード
    • 在留カード/特別永住者証明書
    アプリでかんたん本人確認
    (アプリを使って本人確認を行う場合の必要書類)
    以下のいずれか1点

    • 運転免許証(経歴証明書も可)
    • マイナンバーカード
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    ※利用限度額が50万円を超える場合などには、収入証明書類が必要となります。

    口座振替(自動引落)を使った返済を希望する場合には、この段階で口座の登録を済ませておくことをおすすめします。

    必要書類はWebまたはアプリを通して提出できます。

    ③審査が遅い場合にはどうすればいい?

    プロミスにおける、申込から融資までの最短時間は25分です。

    ただし混雑の状況などによっては、審査により長い時間がかかる場合もあります。

    なかなか審査結果が来ないという場合には、直接プロミスへ問い合わせを行うのが良いでしょう。
    急ぎの旨を伝えることで、優先審査を受けられる可能性もあります。

    ★プロミスは営業時間を公開していません。
    ただし問い合わせを行ったところ、現在のインターネット申し込みに対する審査対応時間は22時頃までと推測されます。

    22時になっても契約が完了していない場合、審査結果が出るのは翌朝以降と考えてよいでしょう。

    ④自動契約機を使った方がいいのはどんなとき?

    プロミスではWeb完結(インターネット契約)の他、全国に設置された自動契約機による契約が可能です。

    自動契約機を利用した方が良いのは、主に「契約の当日にATMで使えるカードを受け取りたい」方です。

    ただし現在のプロミスは、カードレスのWeb完結であっても「セブン銀行ATM」「ローソン銀行ATM」を使ったスマホATM取引が可能です。

    あえて自動契約機を使うべきは、主に「契約当日に、セブン銀行・ローソン銀行以外のATMを使いたい」方と言えるでしょう。

    また「運転免許証を持っていないが、家族に借り入れを隠すために郵送物も口座登録も避けたい」という方についても、自動契約機の利用をご検討ください。

    プロミスの特徴

    申し込み先は「プロミス」で良い?ライバル社と比べたプロミスのメリット

    ここからはプロミスの基本情報やサービス内容について解説します。

    ①金利は最大で年17.8%(月あたり1.483%程度)

    プロミスの金利は「年4.5%~17.8%」です。
    ただし契約時に適用されるのは、ほぼ「17.8%」と考えてよいでしょう。

    この数字を月当たりに直すと、「借入残高に対し、1ヶ月当たり約1.483%の利息が発生する」計算となります。

    例:10万円を1ヶ月借りた場合、約1,483%の利息が発生(実際は誤差あり)

    ②初回の利用限度額は10万円~50万円が目安

    アンケート調査の結果を見てもわかる通り、プロミスにおける初回の利用限度額はほぼ10万円~50万円の間で設定されます。

    初回から50万円を超える契約を結べた方がいないわけではないものの、前例は多くないと見てよいでしょう。

    ③「郵送物なし&在籍確認の電話なし」で誰にも知られず利用しやすい

    プロミスは、カードレスの「Web完結」または自動契約機の手続きを選択した場合、郵送物なしでの契約が可能です。

    また現在は、原則として勤務先への電話確認も行っていません

    「郵送物なしで借りられる」「勤務先への電話なし」という点から、周囲に知られず借りやすいカードローンだと言ってよいでしょう。

    ④土日も最短25分融資に対応

    プロミスは土日祝日を含め、最短25分融資に対応しています。
    借入を急ぎたい場合には、心強い存在となってくれるでしょう。

    「プロミス」での利用限度額の増額とその審査について

    プロミスにおける契約当初の利用限度額は、原則として「10万円~50万円」です。

    ただし契約から目安として6ヶ月以上が経過し、所定の審査に通過することができれば利用限度額の増額が可能です。

    増額審査はインターネットから申し込みを行った場合、最短60秒で完了します。

    ただし前回の審査時に比べ、「他社借入が増えた」「信用情報が悪化した」といったマイナスの要素が増えた場合には、限度額を増額できない可能性が高くなります。

    増額審査アンケートより
    属性審査結果
    契約期間4ヶ月
    年収300万円
    会社員
    増額審査落ち
    契約期間6ヶ月
    年収360万円
    他社借入30万円
       →50万円
    会社員
    契約期間7ヶ月
    年収400万円
    会社員
    限度額50万円
      →130万円
    契約期間11ヶ月
    年収350万円
    会社員
    限度額20万円
      →60万円
    金利 17.8%
      →17.5%
    契約期間1年2ヶ月
    年収300万円
    派遣社員
    限度額10万円
      →50万円
    契約期間1年4ヶ月
    年収140万円
    契約社員
    限度額10万円
      →15万円
    契約期間1年数ヶ月
    年収400万円
    限度額30万円
      →100万円

    まとめ

    ポイント
    • プロミスは仕事をして収入を得ているのなら、年収が高くないパート・アルバイトや学生でも審査に通過できる可能性がある
    • 審査落ちの理由となりやすいのは「複数の他社借入」
      銀行カードローンやショッピングリボの債務も重視される傾向にあるため注意
    • 申込~審査・契約までは最短25分で完了する

    プロミスは複数の他社借入さえなければ、審査に不安があっても選択しやすいカードローンです。

    「最短25分融資」「周囲に知られず借りやすい」といったサービス面も充実しているため、初心者でも申し込みやすいと言えるでしょう。


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短25分
    申込条件郵送物回避条件
    • 満18~74歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。
    (※3)収入が年金のみの方はお申込いただけません。

    • お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
    • 高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。