【押し貸しとは】闇金被害を断つ方法:電話番号や口座を変更できなくても大丈夫

【押し貸しとは】闇金被害を断つ方法:電話番号や口座を変更できなくても大丈夫

「銀行口座に身に覚えのない入金がある。
もしかすると、昔使ったヤミ金からの<押し貸し>かも……」

そんなあなたは嫌がらせや悪質な取り立てといった被害に遭わないため、できるだけ早く対策を取らなければなりません。
対策と言うと「銀行口座を解約する」「電話番号を変える」といったものが真っ先に挙げられますが……。
住宅ローンの支払いやお仕事の関係でそれは難しい、ということも多いですよね。
でも大丈夫。こういった違法行為を防ぐために、法律があるのです。

今回は「押し貸し」被害に遭ってしまった、もしくは遭ってしまいそうなあなたのために、その対策方法をまとめました。
読み終えていただければ、あなたの状況に合った方法で闇金融との関わりを断つヒントを得られますよ。

押し貸しって何?被害に遭いやすい人と誤振込との見分け方

押し貸しって何?被害に遭いやすい人と誤振込との見分け方

そもそも「押し貸し」とはどういった行為なのでしょうか?
単なる誤振込との見分け方も含めて解説していきます。

①被害に遭うのはやはり「闇金に情報が洩れている」人

押し貸しとは名前の通り「無理やりお金を貸される」こと、具体的に言うと「突然口座に入金があったのち、金を貸したから返せと請求される」一連の行為を言います。
当然、こんなことを行うのは正規の業者ではありません。押し貸しを行うのは違法業者、いわゆる闇金です。

闇金業者だって、適当に口座番号を入力して振り込んでいるわけではありません。
狙われるのは「過去に闇金と取引がある」「裏業界で個人情報が流通している」といった方。その他、「闇金に申し込んだ直後」というパターンもありますね。
悪い言い方をするとカモと見なされることで、はじめて「押し貸し」が発生します。

典型的な手口としては、突然の入金(数千円~2万円程度の少額であることが多い)のあと、電話で「○○円貸したんだから××日までに△△円返せ」といった脅しが入るというもの。入金前に番号の確認を兼ねて、電話が入ることも多いようですね。

CHECK押し貸しの被害に遭ってしまったらどうすればいい?

★その他、ヤフーオークションなどを使い情報を取得、押し貸しを行う手口もあるようですが……。
何の咎もない人から利息を徴収できるとも思えませんので、やはり被害に遭うのは少なからず後ろ暗い点のある方が多そうです。
仮にこの手口の被害に遭った場合には、後述の対策とは異なり迷わず警察へ向かって良いでしょう。

②単なる誤振込と区別がつかなかったら、まずは金融機関に相談を

ただし振込名義が個人名やまっとうな会社名だったり、そもそも闇金との関わりが無い場合には「単なる誤振込」の可能性も十分。
不審な着信もなく、「押し貸し」と断言できない場合には利用されている金融機関(主に銀行)に相談することをおすすめします。

万が一、単なる誤振込だった場合には「振り戻し」(組み戻し)という手続きが必要になります。
とりあえずはキャッシュカード裏に記載の番号へ電話を掛け、故意の振込であるか確認してもらうと良いでしょう。

押し貸しの被害に遭ってしまったらどうすればいい?

押し貸しの被害に遭ってしまったらどうすればいい?

残念ながら誤振込ではなく、闇金による故意の振込「押し貸し」の被害に遭ってしまった場合、あなたはどうすれば良いのでしょうか?
その対処法を解説していきます。

①銀行口座の解約&電話番号の変更ができればベスト

闇金と関わりを断つためには、「銀行口座の解約」「電話番号の変更」の2つを一気に行うのがベスト。
特に「これから振り込みを行う」といった電話が事前に掛かってきた場合、口座を解約・閉鎖してもらえば被害にも遭いません。

……と言うのは簡単ですが、実際のところ住宅ローンの支払いや仕事上の関係でそんなことはできない、ということも多いでしょう。
この場合、押し貸しに気付いた時点で元金を全額返済し、電話が掛かってきても「契約を結んだ覚えも証拠もなく、弁護士に利息は支払わなくても良いと言われた。訴訟も検討している」と対応することで諦めてもらえることもあります

ただし相手はまっとうな組織ではありません。
当然諦めてもらえない・嫌がらせなどが激しくなる可能性もあるため、この場合は脅しを無視した上で、専門家の力を借りる必要があります。

CHECK結局は専門家の力を借りるのが一番安心

②すでに振り込まれてしまった後なら、「供託」制度の利用も検討

すでにお金を振り込まれてしまった後なら、即刻元金を返済するのがベスト。
とは言え、闇金側が支払いに応じてくれるとは限りません。この場合は「供託」制度の利用を検討して良いでしょう。

供託とは、何らかの理由で受け取ってもらえないお金を法務省管轄の供託所に預けることで支払い義務から脱出できる制度のこと。

ただし国の制度とあって手続きは大変&時間が掛かります。
供託の申し込みを行う前に、闇金に強い弁護士や司法書士へ「無料電話相談」などを使い指示を仰ぐと良いでしょう。

CHECK法務省公式HP「供託手続き」

請求額をそのまま支払っては「カモ」から脱出できません。不当な利息は支払わないでください。

<契約していないお金なのに返金しないといけないの?>

「何の契約も結んでいないお金なのに、闇金に返さないといけないの?」という疑問を抱くのはもっともです。
確かに闇金の請求には元金(借りたお金)すら返さなくてよい、という判決は出ているものの……。
参考平成20年6月10日最高裁判決
 
「押し貸し」の問題点は「誤振込と区別がつきにくい」こと。
仮にあなたが闇金から振り込まれたお金を、それと分かって使い込んでしまった場合……。
取り立ての証拠などがない限り、闇金側が「誤振込です」と主張すればあなたが詐欺罪に問われかねません
参考平成15年3月12日最高裁判決
 
押し貸しの場合、元手が少ない上に闇金側も後ろ暗いことだらけですので、実際に裁判に至ることはないかと思いますが……。
交渉を行う上で、大事なのは「あなた側に弱みを作らない」その一点です。元金さえ返さないと闇金からの執着が強くなる可能性が高いという問題もありますね。
 
余計なリスクを減らすためにも、不当な入金はすぐに返すようにしてください。

③結局は専門家の力を借りるのが一番安心

勤務先や家族の情報が闇金に伝わっていないのなら、普段使いの口座を変えずとも着信拒否や毅然とした対応で関わりを断てる可能性もありますが……。
あなた以外に嫌がらせや取り立てなどの被害が及ぶようであれば、専門家の力を借りる必要があるでしょう。

結局のところ、闇金側だって余計なリスクは踏みたくありません。
あなた一人や家庭一つなら脅しでどうにでもなるかもしれませんが、法律に反する行為を行っている以上、闇金側は裁判を起こされると必ず負けます

あなたにとって一番強い味方となってくれるのは法律です。
「一人で対応できない」と思ったら、できるだけ早い段階で闇金被害に強い弁護士や司法書士の無料電話相談などを活用してみると良いでしょう。

CHECK無料電話相談可・街角法律相談所について

ちなみに行政サービスである「法テラス」も無料で相談が可能ですが、予約を取るまでに数週間の時間が掛かるため、早期解決を望む場合はおすすめできません。

★警察への相談についてですが……。
残念ながら押し貸し程度では、本格的に動いてくれないことがほとんどなようです。(これまで闇金と関わりが一切ない場合を除く)
身の危険を感じるに至った場合を除き、まずは法律の専門家に相談を行ってみてください。

まとめ

まとめ

押し貸しとは「少額のお金を有無を言わせず振り込み、多額の利息を付けて返済を要求する」闇金の手法のこと。誤振込と区別が付きづらいのも困ったところ
★万が一被害に遭ってしまったら、「銀行口座の解約」「電話番号の変更」を行うのがベスト。すでに振り込みを受けてしまったら、元金だけは返済しておくのが無難
弁護士への相談や訴訟をにおわせても良いが、被害が続くようであればできるだけ早い段階で専門家に相談しよう

闇金と対峙する上で、重要なのは「弱みを見せない」こと。
闇金に知られてしまった電話番号や口座情報は変更するに越したことはないものの、それが不可能であっても毅然とした対応を取り、専門家の指示を仰げばきっと現状を脱出することができるでしょう。

CHECK「即日・無審査キャッシング」をうたう違法業者に注意
CHECKクレジットカード・ショッピング枠の現金化は法律上のグレーゾーン

【完全無料&匿名】
借金減額シミュレーターを試す!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。