楽天銀行&利用者に聞いた!カードローン審査の必要書類:所得証明書はほぼ必須

楽天銀行&利用者に聞いた!カードローン審査の必要書類:所得証明書はほぼ必須
楽天銀行のカードローンが気になる。
保険証だけで契約できるのなら申し込んでみたいけれど……」

結論から言うと、楽天銀行の審査では保険証などの「本人確認書類」に加え、給与明細書などの「収入証明書類」が必要になりやすいです。

というのも同銀行ローンには「借入限度額○○円から収入証明書類が必要」といった、他行によく見られるような明確な規定がありません
オペレーターさんいわく、「審査によっては本人確認書類だけで融資できることもある」とのことですが……。
実際の利用者アンケートを読む限り、限度額を問わずかなり高い確率で収入証明書類の提出を求められると見て良いでしょう。
とは言えこれについては、「最新の給与明細1枚」だけで対応可能です。

今回は楽天銀行への実際の問い合わせ結果と、同銀行カードローンユーザーへ実施したアンケート調査の結果から、「カードローン契約までに必要になる書類」を詳しくまとめました。
読み終えていただければ、楽天銀行へ申し込みを行う上で、必要な準備を済ませられるかと思います。

★楽天銀行スーパーローン
金利 1.9%~14.5% 限度額 10万円~800万円
審査に掛かる日数 最短1営業日 借入までの日数 数日~1週間程度
申込条件
※事前にご確認ください
以下の全ての条件を満たす方

  1. 満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
  2. 日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
  3. お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
  4. 楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方(※2)

※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
※2 当行が認めた場合は不要です

楽天銀行カードローン(基本情報)
実質年利 1.9%~14.5% 限度額 800万円
審査スピード 公式HP参照 口座開設 不要
融資スピード 公式HP参照 借入判断 なし
備考
  • 上限年齢62歳
    (パート・アルバイトの方は上限60歳)

楽天銀行スーパーローン、基本的な必要書類

楽天銀行スーパーローン、基本的な必要書類

まずは公式HPに掲載の、基本的な必要書類を見てみましょう。

★楽天銀行スーパーローン、基本的な必要書類(インターネット申込時)
本人確認書類 以下のうちいずれか1点

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

その他、楽天銀行が指定する本人確認書類のいずれかの写し
(おそらく個人番号カード、在留カード等)

収入証明書類
(いずれも最新のものに限る)
給与所得者 以下のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 給与明細書(1ヶ月分)
自営業者
  • 課税証明書
  • 確定申告書
※審査の状況によってはその他の書類の提出を求められることがあります。
※専業主婦が申し込みを行う場合、収入証明書類の提出は不要でしょう。

本人確認書類、収入証明書類ともに問題なく用意できそうなら、特にこの後の説明を読む必要はありません。
一足先に審査・契約の流れをご確認ください。

CHECK2.公式HPの記載とは異なり、本審査結果が出るのは「書類提出の後」

①「本人確認書類」は保険証でも良いので、これについては問題なさそう

楽天銀行に限らず、どのカードローンでも必須となる「本人確認書類」
どの書類が「本人確認書類」として認められるかは金融機関によりますが……。
楽天銀行の場合は健康保険証1枚であっても有効な本人確認書類として認めてもらえますので、これについて特に困ることは無いかと思います。

保険証の種別は問われません。
勤務先の発行する社会保険証(扶養下の方含む)でも、自治体の発行する国民健康保険証でも、正式なものであれば何でもOKです。

★健康保険証を本人確認書類として用いる場合、裏面に住所をご記入ください。

★学生証は顔写真付きのものであっても、本人確認書類として用いることはできません。

★「犯罪収益防止法(通称)」では「対面契約時、顔写真の無い書類を使って本人確認を行う場合には補助書類の提出などが必要」と定められています。よって現在、消費者金融会社の自動契約機や銀行窓口で何らかの契約を行う際には、健康保険証1枚での契約ができないはずですが……。
対面契約ではなく、インターネット上で契約を行う楽天銀行の場合は特に関係ありません

②「収入証明書類」は限度額を問わず要求されやすいため注意

「楽天銀行スーパーローン」における申し込み上のネックとなりやすいのが、「利用限度額を問わず収入証明書の提出を求められやすい」という点。

楽天銀行の公式HPでは、他社でよく見かける「限度額○○円を超える場合に収入証明書必須」といった明確な規定を確認することができません
そこで、直接楽天銀行に問い合わせを行ってみました。

【管理人】山本
収入証明書の提出は必須でしょうか?
楽天銀行の回答
審査結果によっては本人確認書類のみでご契約いただけることもございますよ。

というわけで、審査結果によっては収入証明書類の提出なく契約を結べることもあるようですが……。

今回、楽天銀行ユーザーへ実施したアンケート調査結果においては「限度額10万円にもかかわらず、収入証明書の提出を求められた」といった回答が散見されます。

「本人確認書類だけで契約できた」という報告が無いわけではありませんが、「収入証明書は必要なもの」とお考え頂くに越したことはないでしょう。

ちなみに「勤続期間が短く、給与明細をまだ受け取っていない」といった場合にはどうなるのか、実際に問い合わせてみた結果が以下の通り。

【管理人】山本
もし(収入証明書類が)必要になってしまったら、やはり契約はできませんよね?
楽天銀行の回答
そうですね……。ただ、給与明細が発行されるまで待つこともできますので、いったん審査を受けて頂いて後ほど書類を出して頂いても大丈夫です。
【管理人】山本
2週間後とかになっても問題ありませんか?
楽天銀行の回答
はい、大丈夫です。

というわけで、新しい勤務先(アルバイト含む)に移って1ヶ月未満であっても審査を受けること自体は可能なようですね。
ただ、審査状況によっては給与明細書をもらうまで、契約を完了できないかもしれません。あらかじめご承知おきください。

ちなみに2ヶ月分の給与明細書を求める消費者金融会社らとは異なり、楽天銀行の場合は「最新1ヶ月分の給与明細1枚」であっても収入証明書類として認めてもらうことができます。
(ただ、継続的な収入を証明できる源泉徴収票などを用意できるに越したことはない)

★営業1年未満で確定申告書などを提出できない自営業者にも上と同じことが言えますが、残念ながら楽天銀行は自営業者に対し、かなり厳しい審査を行っているように思えます。
(今回のアンケート中、自営業者3人中3人が審査落ち。うち2人に目立った問題点なし)
確定申告書等を提出できない状況で審査に通過するのは、副業などによる給与所得が無い限り正直かなり難しいんじゃないかと思います。

★その他楽天銀行の判断により、「本人確認書類」「収入証明書類」以外の書類提出が求められる可能性があります。(考えられるのは在籍確認の失敗による、「勤務先を証明できる書類」の提出など)
……とは言え今回のアンケート調査にて「本人確認書類」「収入証明書類」以外を求められた、という回答はありませんでしたので、これは稀な例でしょう。

ちなみに楽天銀行において、利用者の都合で在籍確認(勤務先への電話)を防ぐことはできません。

参考楽天銀行に直撃!在籍確認の詳細情報:電話の内容、回避、派遣社員、タイミング他

公式HPの記載とは異なり、本審査結果が出るのは「書類提出の後」

公式HPの記載とは異なり、本審査結果が出るのは「書類提出の後」

2019年5月現在、楽天銀行公式HPにて「契約の流れ」は以下のように紹介されています。

楽天銀行公式HP「契約の流れ」
▲楽天銀行公式HPより

……が、よく見ると「審査の後に在籍確認・必要書類の提出」という、ちょっと不思議な事態が起きていますね。これが本当なら、必要書類のねつ造が発覚したとしても審査に影響がないということになります。

というわけでこれを楽天銀行に問い合わせてみたところ、頂けた結果が以下の通り。

【管理人】山本
今(火曜日13時半頃)申し込んだら、審査結果はどれくらいで出ますか?
楽天銀行の回答
仮の審査結果ですと、早ければ本日中に出せるかと思います。
【管理人】山本
仮の審査結果というのは、在籍確認の前に出る審査結果ということで宜しいでしょうか?
楽天銀行の回答
はい。こちらでお枠ですとか、金利が確認いただけます。
【管理人】山本
それなら仮審査結果の後に在籍確認、契約内容確認の電話、書類提出を行って、それから本審査結果が出る、という…?
楽天銀行の回答
はい、左様でございます。

公式HPのイラスト中「3」の過程にあたるのはあくまで「仮審査」。本審査結果は書類提出の後に届くとのこと。これなら納得できます。

上の問い合わせ結果を踏まえ、契約の流れをまとめると以下のようになりました。

楽天銀行スーパーローン
契約の流れ

インターネットから申し込み
メールで仮審査結果連絡
金利や限度額の提示
(ここまで最短当日)
申込確認の電話が入る可能性あり
携帯電話に契約内容確認
メールの案内に従い、必要書類の提出
(運転免許証など)
メールで本審査結果連絡
(ここまで最短翌営業日、実際は2日~が多い)
インターネット上で契約を促すメールが届く
任意の口座に振込
(希望者のみ)
各ATMで使えるローンカードの郵送
(ここまで1週間~、郵送物の回避不可)
口座振替依頼書に記入し返送
(口座は楽天銀行のものでなくても良い)

仮審査に通過できたなら、楽天銀行から必要書類提出を促すメールが届くかと思います。上で紹介した各書類はこの過程で提出すればOK。

書類提出は「楽天銀行」のスマートフォンアプリから、カメラ機能を通し撮影・提出することができます。

楽天銀行公式動画「書類撮影のイメージ」
▲楽天銀行公式動画より、書類撮影のイメージ。

詳しいアプリの使用方法やコツは公式HPにて公開されていますが、このあたりは実際に仮審査に通過してからチェックしても遅くは無いでしょう。
(というより実際のところは画面の指示に従って写真を撮るだけです)

CHECK楽天銀行公式HP「アプリからの必要書類送付方法」


★スマートフォンアプリを利用できない、という場合には、携帯電話へ掛かってくる「契約確認の電話」の際にその旨をお伝えください。
この場合はおそらく、FAXまたは郵送での書類提出手続きを求められるかと思います。

在籍確認や書類提出の後に審査落ちメールが届いた、という方は少なくありません。あらかじめご承知おきください。

まとめ

まとめ

  • 楽天銀行スーパーローンの必要書類は、原則「本人確認書類(保険証可)」「収入証明書類」の2点。
    収入証明書類(所得証明書類)は不要なこともあるが、明確な規定がない以上、あらかじめ用意しておきたいところ。ちなみに一ヶ月分の給与明細書でOK(最新のものに限る)
  • 実際の審査は公式HP情報とは異なり、「仮審査結果連絡→在籍確認や書類提出→本審査結果連絡」の流れで行われる。書類提出はスマートフォンアプリから簡単に済ませられるのが嬉しい

各アンケート結果を見ても、このローンで「本人確認書類」「収入証明書類」以外の提出を求められることはほとんど無い模様。
この2点を用意できるのであれば、必要書類の面で不安を抱く必要は無いかと思います。

CHECK楽天銀行スーパーローンの総まとめ:申し込みの流れから借入・返済方法まで
CHECK楽天銀行スーパーローン、審査通過者3名&審査落ち1名の詳細口コミ!適用限度額も

★楽天銀行スーパーローン
金利 1.9%~14.5% 限度額 10万円~800万円
審査に掛かる日数 最短1営業日 借入までの日数 数日~1週間程度
申込条件 以下の全ての条件を満たす方

  1. 満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
  2. 日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
  3. お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
  4. 楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方(※2)

※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
※2 当行が認めた場合は不要です

必要書類
  1. 本人確認書類
    運転免許証、健康保険証、パスポート、その他当行が指定する本人確認書類のいずれかの写し
  2. 収入証明書類
    (1) お勤めの方
    源泉徴収票・課税証明書・給与明細書のいずれかの写し
    (2) ご自営の方
    課税証明書・確定申告書のいずれかの写し

※詳細については申込確認電話の際に通達とのこと

備考
  • 楽天銀行の口座開設不要
  • 入会特典としてもれなく楽天スーパーポイントプレゼント(1,000ポイント)
  • さらに入会翌月末時点で借入残高20万円以上なら追加ポイント進呈(500ポイント~)

※指定ウェブページからのオンライン申込時に限る。要事前確認
※進呈されるのは「期間限定ポイント」となります。

※指定ウェブページからのオンライン申込時に限る。要事前確認
※進呈されるのは「期間限定ポイント」となります。

この記事でチェックしたカードローン情報

楽天銀行カードローン(基本情報)
実質年利 1.9%~14.5% 限度額 800万円
審査スピード 公式HP参照 口座開設 不要
融資スピード 公式HP参照 借入判断 なし
備考
  • 上限年齢62歳
    (パート・アルバイトの方は上限60歳)



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。