楽天銀行カードローンは専業主婦もOK!審査落ちの要因&パート・内職等の扱いも

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    楽天銀行カードローンは専業主婦もOK!審査落ちの要因&パート・内職等の扱いも

    「事情あって自分の名義でお金を借りたい。
    <楽天銀行スーパーローン>なら専業主婦でも単独で契約を結べると聞いたけれど……?」

    はい、確かに「楽天銀行スーパーローン(カードローン)」では多くの専業主婦の方が契約・借入に成功されています。
    配偶者に安定収入があることは前提条件となりますが、これさえクリアできているのなら(信用情報問題、多額の他社借入などが無い限り)そこまで審査を不安に思う必要は無いでしょう。
    これはパート・内職などにより、若干の収入のある「ほぼ専業主婦」の方であっても同様です。

    今回は専業主婦(あるいは「ほぼ専業主婦」)のあなたのため、楽天銀行スーパーローンへの審査通過例や注意点、契約の流れ・必要なもの等を簡単にまとめました。
    読み終えていただければ、不明点を解消した上でこのローンへの申し込みを検討できるかと思います。

    ★楽天銀行スーパーローン
    金利原則14.5%
    (専業主婦の場合)
    限度額原則10万円
    ~50万円
    (専業主婦の場合)
    審査に掛かる日数最短1営業日借入までの日数数日~1週間程度
    申込条件(公式HPより)
    ※事前にご確認ください。
    以下の全ての条件を満たす方

    1. 満年齢20歳以上60歳以下の方(パートまたは専業主婦の場合)
    2. 日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    3. お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    4. 楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方
    備考
    • 楽天銀行の口座開設は不要(任意の金融機関口座で返済可)
    • 専業主婦が申し込みを行う場合、配偶者の同意を得る必要なし
    • 配偶者勤務先への在籍確認なし
    • 契約時の郵送物の回避不可

    楽天銀行カードローン(基本情報)
    実質年利1.9%~14.5%限度額10万円~800万円
    審査スピード公式HP参照口座開設不要
    融資スピード公式HP参照借入判断なし
    申込条件
    事前にご確認ください
    以下の全ての条件を満たす方

    (1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
    (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    (4)楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方(※2)
    ※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
    ※2 当行が認めた場合は不要です

    おすすめ
    ポイント
    楽天銀行スーパーローンは借り換えに最適◎

    借り換えは金利は低い方が断然お得!
    楽天銀行の借り換えなら、金利1.9%~14.5%
    ネット銀行ならではの金利が嬉しい!

    返済は月々2000円からと負担が軽い◎

    さらに楽天会員なら審査優遇(※)も!
    ※ 必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。


    十分生活していけるだけの世帯収入があるなら、専業主婦でも楽天銀行から借りられる

    十分生活していけるだけの世帯収入があるなら、専業主婦でも楽天銀行から借りられる

    冒頭でも触れた通り、十分な世帯収入があるなら……というよりあなたが専業主婦でいられる時点で、楽天銀行と契約を結べる可能性は低くないかと思います。
    まずはそのように推測できる理由、そして十分な世帯収入があってなお審査に落ちてしまう理由について解説していきましょう。

    ①「価格.com」最新100件のレビューのうち、専業主婦は7名と多い

    残念ながら当サイトが独自に実施するアンケート調査にて、「専業主婦」として「楽天銀行スーパーローン」へ申し込んだ方の回答は得ることができませんでした。
    ……とは言え「価格.com」の同ローンレビューを見たところ、最新100件の中に7名の「専業主婦」の存在を確認(2019年6月時点)。
    世帯年収までは分からなかったものの、100人という狭い範囲の中、かつ専業主婦の数が減っている今、7名の方が通過しているとなれば、そこまで高い条件は求められないだろうと思います。

    ……と言うのも、銀行側からすれば「専業主婦が専業主婦でいられる」(=本人が外で働かなくても生活していけるだけの世帯収入がある)時点で、それなりに返済能力に期待が持てるんですね。
    臨時・高額出費の発生時などを除き、原則として一馬力でそれなりに、問題なく生活できているようなら、返済能力を理由にした審査落ちについてそこまで気にしなくとも良いでしょう。

    ★ただし生活に支障を生ずる程度に世帯収入が低い場合は話が別です
    総務省の統計によると、「夫のみ有業の世帯」における平均月収は約50万円(うち働いて得たお金は45万円程度。差額5万円は不労所得等?)。
    もちろん年代やお住まいの地域によって目安値は大きく異なってくることだとは思いますが、この基準を大きく下回っている場合には、審査落ちの可能性も見ておきたいところです。
    ちなみに1社のカードローンの審査に落ちても、大したデメリットはありません。

    ②限度額は原則50万円までとなる模様

    特に規約などに明記されているわけではありませんが、専業主婦が申し込みを行える利用限度額(借入可能額)は原則50万円まで。
    というより職業に「専業主婦」を選択した時点で、「50万円」以外の希望限度額を選択できません

    「楽天銀行スーパーローン」申し込み画面
    ▲実際の「楽天銀行スーパーローン」申し込み画面より。

    ということで、楽天銀行側から何らかの案内などが無い限り専業主婦が50万円を超える契約を結ぶことは不可能と見て良いでしょう。

    ちなみに50万円はあくまで「希望」限度額であり、これより低い数字が適用されることは十分に考えられます。(楽天銀行の契約額は10万円~)

    ★50万円超の借入が必要な場合には、安定収入のある配偶者に申し込み・契約を行ってもらう必要があります。

    ③審査の妨げになるとすれば「信用情報」問題か

    あなたが専業主婦をやっていけるだけの十分な世帯収入があるのなら、返済能力はさほど問題にはなりません。
    そんな中で審査に落ちてしまう理由を挙げるとするなら、やはり「信用情報」問題が有力でしょうか。

    信用情報とは、簡単に言うと「後払いサービスの利用履歴」のことです。ここで言う後払いとは、各種ローンやクレジットカード、分割払い(携帯電話端末含む)といった審査が必要な契約のことですね。
    あなたがこういったサービスを利用すると、「申込」「契約」「毎月の利用状況」といった情報がことこまかに、「個人信用情報機関」という場所に保存されます。そして登録された「(個人)信用情報」は、契約の見直し、あるいは新しい「後払い」の審査を受ける際などに活用されるわけです。

    これについて、普通に「後払い」を利用できているのなら何の差し障りも無いのですが……。
    仮に「長期間のカード延滞」「携帯電話料金の未払いからの強制解約」といった過去があるのなら、つまりいわゆる「ブラック状態」またはそれに近い状況であるなら、楽天銀行での審査通過は難しくなるでしょう。

    主な「信用情報上の問題」は以下の通りです。

    ブラック扱い
    (楽天での審査通過はほぼ不可)
    • 目安として2ヶ月以上の「後払い」延滞&その解消から5年が経過していない
    • 「後払い」に関連した強制解約から5年が経過していない
    • 5年以内の債務整理
    ブラック未満
    (審査は不利)
    目安として1ヶ月前後~2ヶ月程度の「後払い」延滞&その解消から2年が経過していない

    このあたりについて詳しくは、「金融事故(ブラック状態)について」のページをご覧ください。

    また信用情報に関連し、「他社ですでにお金を借りている」場合には審査が不利に進みやすいでしょう(借り換え目的での申し込み時除く)。

    CHECK【楽天銀行カードローン】他社借入アリで新規審査に通るには?カギは「利用目的」

    ★「一度も自分の名義で後払いサービスを利用したことが無い」という場合にも、審査に差し障りが出る可能性が無いではありません。ブラック状態で新規契約ができず記録が残っていない人と、信用情報だけでは見分けがつかなくなってしまうからですね。(参考楽天銀行の審査傾向>信用情報について)
    ただし専業主婦の方に限っては、自分名義で契約を結ぶ機会のない方も多いでしょうから、そこまで気にしなくとも良さそうです。

    ★自身で収入を得ておらず大手消費者金融会社を利用できない専業主婦の場合、信用情報上の問題を抱えながら自分の名義でお金を借りることはほぼ不可能です。(ブラック未満のキズなら何とかなるかもしれませんが…)
    例外的に配偶者貸付という制度を使える中小消費者金融(フタバなど)を利用するという手が無いではないものの、書類の準備が面倒、配偶者の同意が要るなどの理由からおすすめはしかねます。

    夫がブラック状態でも審査に通れる?

    結論から言うと、仮に旦那さんがブラック状態であっても「楽天銀行スーパーローン」の審査に影響はないはずです。
    というのも同ローンの個人信用情報にかかわる同意事項を読む限り、「配偶者の信用情報を閲覧する」といった内容は一切見られないんですね。

    私は、私についての次の個人情報(その履歴を含みます)が銀行が加盟する個人信用情報機関に登録され…(中略)…自己の与信取引上の判断のために利用されることに同意します。…

    「楽天銀行スーパーローン個人情報の取扱に関する同意条項」より

    同意なく配偶者の信用情報を勝手に開示することは、個人情報保護法(通称)に接触すると思われます。
    旦那さんの収入をもとに審査を行うのに、旦那さんの信用情報が気にされないというのは変なかんじもしますが、規約に書いてある以上の事実は無いでしょう。要は配偶者(家族)がブラックでも、本人の審査に影響はないというわけです。

    ★以上の内容はあくまで「楽天銀行スーパーローン」の場合に限られます。配偶者の信用情報を閲覧されるカードローンも存在します。

    パート、不労所得、内職などによる「ほぼ」専業主婦状態の場合も同様

    パート、不労所得、内職などによる「ほぼ」専業主婦状態の場合も同様

    問題なく専業主婦として暮らしていける程度の世帯収入があるのなら、楽天銀行での審査はほぼ問題になりません。

    ですが以前ほど専業主婦が少なくなった今、パートや不労所得などにより扶養の範囲内で収入を得ている主婦の扱いが気になる方も多いハズ。
    こちらについては、当サイトが実施したアンケート調査にぴったりな回答が見られましたのでご紹介させて頂きましょう。

    口コミ【可決】

    • 審査に通過されたAさん
    • (申込:2018年秋)

    年代30代申告職業パート・アルバイト
    申告年収100万円勤続年数5年
    家族構成既婚、子供の扶養あり家賃、住宅ローンの負担額8万円
    適用金利14.5%適用限度額50万円
    審査結果が出るまでの日数3日申込~借入までの日数1週間くらい
    申込の理由大きな出費があるときの為の用心として申し込みをした。
    審査上の不安他社借入もありませんでしたし、特に不安は無かったです。

    楽天銀行の審査に問題なく通過できたというこのAさんはおそらく、扶養枠の範囲内で収入を得ているパートさんでしょう。
    そして今回のアンケートでは、Aさんと非常に似た属性の、独身の方の審査落ち報告が見られました。

    口コミ【可決】

    • 楽天銀行・審査経験者
    • Aさんの回答

    年代30代申告年収100万円
    勤務形態パート・アルバイト勤続年数5年
    他社借入なし家族構成既婚、子供の扶養あり
    備考金利14.5%
    借入限度額50万円

    口コミ【否決】

    • 楽天銀行・審査経験者
    • Bさんの回答

    年代30代申告年収100万円
    勤務形態パート・アルバイト勤続年数5年
    他社借入なし家族構成未婚・親と同居
    備考仮審査には通過

    そういうわけでAさんの審査通過は配偶者の存在ありき。つまり扶養の範囲内で収入を得ている主婦の方も、(世帯年収の記入欄は無いとは言え)配偶者の収入を加味した上で審査を受けられると見て差し支えありません。

    要は申込者本人の年収が高くなくとも、申込時の「家族構成」の選択肢で「既婚」を選べば、それだけで「安定収入のある配偶者がいるんだろうな」と推測してもらえるわけですね。
    よって完全な専業主婦とは言えない状況であっても、そこまで審査を不安に思う必要は無いかと思います(もちろん信用情報上の問題がある場合などは別ですが)。

    ★「楽天銀行スーパーローン」の場合、年金や失業手当といった「自身が現在進行形で、働いて得たお金」でない所得は、申込時に記入する「年収」にカウントされません
    あなたに安定所得のある配偶者がおり、あなた自身の所得が年金等に限られるのなら、「専業主婦」として申し込みを行ってください。

    例:障害年金を受け取っている場合、

    • アルバイト等で「働くことによる収入」を得ていない→「専業主婦」として申し込み
    • アルバイト等をしている→「パート・アルバイト」として申し込み。年収欄には働いて獲得したお金のみを記入

    ★確定申告をしていない事業所得(内職、自宅でのピアノレッスン等)も、原則として「年収」に含まれません。同様に「専業主婦」として申し込みを行ってください。
    また楽天銀行の場合、個人事業主として申し込みを行うと確定申告書の提出を求められる可能性が非常に高いです。

    参考【3/3人審査落ち】自営業者に楽天銀行スーパーローンは鬼門?詳細口コミと代替案
    ※こちらの記事は「自営業者が楽天銀行の審査に通過することは困難」という内容になっていますが、安定収入のある配偶者がいる場合にはその限りでないでしょう。

    専業主婦が楽天銀行とカードローン契約を結ぶまでの流れ

    専業主婦が楽天銀行とカードローン契約を結ぶまでの流れ

    あなたが楽天銀行の審査に通過できそうなら、実際の契約の流れをチェックしてみましょう。

    楽天銀行スーパーローン
    契約の流れ

    インターネットから申し込み
    メールで仮審査結果連絡
    金利や限度額の提示
    (ここまで最短当日)
    ※パートの場合、在籍確認(勤務先への電話)あり
    携帯電話または自宅電話に契約内容確認
    メールの案内に従い、本人確認書類の提出※
    (運転免許証など)
    メールで本審査結果連絡
    (ここまで最短翌営業日、実際は2日~が多い)
    インターネット上で契約を促すメールが届く
    任意の口座に振込
    (希望者のみ)
    各ATMで使えるローンカードの郵送
    (ここまで1週間~、郵送物の回避不可)
    口座振替依頼書に記入し返送
    (口座は楽天銀行のものでなくても良い)

    ※翌営業日に本審査結果を受け取るには、楽天銀行アプリでの画像提出が必須

    楽天銀行の「本人確認書類」規定

    以下のうちいずれか1点

    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート

    その他楽天銀行が指定する本人確認書類のいずれかの写し

    専業主婦の契約過程は、給与所得を得ている一般の申込者(パートさん含む)に比べて

    • 配偶者の勤務先宛て含め、在籍確認(勤務先への電話確認)は無い(そもそも配偶者の勤務先情報を尋ねられない)
    • 収入証明書類を提出する必要が(原則として)無い

    ことから、少し簡略化されていると言って良いでしょう。

    楽天銀行公式HPより 専業主婦の在籍確認
    ▲楽天銀行公式HPより

    また、契約を結ぶ上で配偶者の同意を得る必要もありませんが……。
    お金のトラブルは根が深いものとなりやすいため、可能であれば事情を説明し承諾を得ておきたいところ。
    やむを得ずこっそり借りるのなら、極力早期での完済を心がけましょう。

    CHECK楽天銀行スーパーローンの総まとめ:申し込みの流れから借入・返済方法まで

    契約時の郵送物を防ぐことはできません。自宅には「楽天銀行」の名前が書かれた封筒が届きます。あらかじめご承知おきください。

    ★あなたが給与所得を得ている場合、あなたの勤務先への在籍確認が実施されます。
    これについて詳しくは、「楽天銀行スーパーローンの在籍確認について」のページをご覧ください。

    まとめ

    まとめ

    • 「楽天銀行スーパーローン」における専業主婦の審査通過例は多い。
      そもそも申込者が専業主婦でいられる時点でそれなりの世帯収入に期待が持てることから、返済能力を理由にした審査落ちについてはほとんど心配は要らない
    • ただし申込者本人に信用情報問題や、多額の他社借入がある場合は話が別。ちなみに配偶者の信用情報はチェックされない模様(=配偶者の借入状況やブラック情報は問題にならない)
    • パートなどにより扶養枠の範囲内で収入を得ている場合であっても、「既婚」と申告しておけば配偶者の収入を加味した審査を行ってくれる
      ちなみに年金や失業手当といった「現在進行形で、働くことで得ていない所得」や「確定申告をしていない事業所得」は収入の上でノーカウント。こういった所得のみを得ている場合には「専業主婦」としての申し込みを
    • 「専業主婦」として申し込みを行った場合、在籍確認は実施されない

    「専業主婦が、自分の名義で、単独で組めるカードローン」が減ってきている現在、新しい口座を開設することなく全国から申し込める「楽天銀行スーパーローン」は貴重な存在です。
    十分な世帯収入があれば、審査の上で返済能力が取り沙汰されることも無いでしょう。しっかり返済計画を立てた上で、申し込みを検討してみてくださいね。

    CHECK楽天銀行スーパーローンの総まとめ:申し込みの流れから借入・返済方法、返済額他
    CHECKユーザーに聞いた!楽天銀行カードローン、審査・契約の流れ&必要日数、必要書類他
    CHECK【楽天銀行カードローン】他社借入アリで新規審査に通るには?カギは「利用目的」
    CHECK楽天銀行スーパーローン、審査通過者3名&審査落ち1名の詳細口コミ&借り入れ体験談
    CHECK楽天銀行カードローン、申込前に知っておくべき6つのデメリットと借入リスク

    ★楽天銀行スーパーローン
    金利原則14.5%
    (専業主婦の場合)
    限度額原則10万円
    ~50万円
    (専業主婦の場合)
    審査に掛かる日数最短1営業日借入までの日数数日~1週間程度
    申込条件以下の全ての条件を満たす方

    1. 満年齢20歳以上60歳以下の方(パートまたは専業主婦の場合)
    2. 日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    3. お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    4. 楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方(※2)
    必要書類本人確認書類1点
    (運転免許証、健康保険証、パスポート、その他当行が指定する本人確認書類のいずれかの写し)
    ※詳細については申込確認電話の際に通達とのこと
    備考
    • 楽天銀行の口座開設は不要(任意の金融機関口座で返済可)
    • 専業主婦が申し込みを行う場合、配偶者の同意を得る必要なし
    • 配偶者勤務先への在籍確認なし
    • 契約時の郵送物の回避不可
    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)
    飯田道子先生

    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー(CFP認定・1級)

    楽天銀行のスーパーローンは専業主婦であっても借り入れできる主婦の味方。しかしながら無条件に借り入れできる訳ではありません。自身のクレジットカードの支払いや各種分割払い、携帯料金等の滞納がある場合には信用情報に問題があるとみなされ、審査落ちになることも。ただし審査の際には配偶者の信用情報は閲覧しないため、たとえ夫がブラックでも審査に影響はありません。とはいえ世帯収入は限られます。夫が借り入れできない状態なら妻は返済できないハズ。借り入れ以外の方法で収入を得ることを考えて行かなければなりません。

    この記事でチェックしたカードローン情報

    楽天銀行カードローン(基本情報)
    実質年利1.9%~14.5%限度額10万円~800万円
    審査スピード公式HP参照口座開設不要
    融資スピード公式HP参照借入判断なし
    申込条件
    事前にご確認ください
    以下の全ての条件を満たす方

    (1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
    (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    (4)楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方(※2)
    ※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
    ※2 当行が認めた場合は不要です

    おすすめ
    ポイント
    楽天銀行スーパーローンは借り換えに最適◎

    借り換えは金利は低い方が断然お得!
    楽天銀行の借り換えなら、金利1.9%~14.5%
    ネット銀行ならではの金利が嬉しい!

    返済は月々2000円からと負担が軽い◎

    さらに楽天会員なら審査優遇(※)も!
    ※ 必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント