楽天銀行カードローンは即日融資不可、目安は3日~:極力早く借りるには

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    楽天銀行カードローンは即日融資不可、目安は3日~:極力早く借りるには

    「今月分の家賃の支払いがまだだった!
    サラ金の利用には抵抗があるし、メルマガで見かけた<楽天銀行スーパーローン>で、今日中に借りられないかな?」

    結論から言うと、楽天銀行で即日融資を受けることは100%不可能
    カード受け取り前に振込での融資をお願いするとしても、申し込み~融資実行までには3営業日~1週間程度掛かるのが一般的です。
    一応公式HPでは「最短翌日融資」ということになっていますが、実際の利用者を対象にしたアンケート結果を見る限り、これはあまりアテにしない方が良いでしょう。
    というわけで、「絶対に今日中、あるいは今週中に借りたい」という場合には、もうちょっとスピード融資が得意な他社を選んだほうが良さそうです。

    今回は楽天銀行あるいは他社ローンを通した、「できる限り早く借りたい」という目的達成のヒントをまとめました。
    読み終えていただければ、あなたがこの急場をしのぐため、どういった行動を取るべきかが分かります。

    楽天銀行カードローン(基本情報)
    実質年利1.9%~14.5%限度額10万円~800万円
    審査スピード公式HP参照口座開設不要
    融資スピード公式HP参照借入判断なし
    申込条件
    事前にご確認ください
    以下の全ての条件を満たす方

    (1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
    (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    (4)楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方(※2)
    ※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
    ※2 当行が認めた場合は不要です

    おすすめ
    ポイント
    楽天銀行スーパーローンは借り換えに最適◎

    借り換えは金利は低い方が断然お得!
    楽天銀行の借り換えなら、金利1.9%~14.5%
    ネット銀行ならではの金利が嬉しい!

    返済は月々2000円からと負担が軽い◎

    さらに楽天会員なら審査優遇(※)も!
    ※ 必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。


    楽天銀行は即日融資不可、借入には「3営業日~1週間」前後を見込んでおきたい

    楽天銀行は即日融資不可、借入には「3営業日~1週間」前後を見込んでおきたい

    残念ながら楽天銀行で即日融資、つまり「申込当日の借入」を達成することはできません
    このように断言できる理由と、それでもこの銀行を通し極力早く借りるための方法を紹介していきます。

    ★楽天銀行での借入には、最低でも3営業日程度を見込んでおく必要があります。
    そんなに待てない!という場合には、この項目は飛ばして他社ローンの利用をご検討ください。

    CHECK「最短1営業日」で借りられる、三井住友銀行カードローン
    CHECK土日・祝日含め毎日即日融資を受けられる、消費者金融系カードローン

    ①現在は全銀行カードローンで「即日審査」「土日祝日の本審査」が不可能

    前提として、今は楽天銀行に限らずすべての銀行で、即日融資を受けることができません
    これは2018年から、すべての銀行の無担保ローンの審査に「警察庁データへの照会」が義務付けられたことによります。目的は「申込者が反社会勢力にかかわりがないことを確認するため」ですね。

    これについて、詳しいことは外部から確認できないのですが……。
    同制度が始まってからと言うもの、それまで曜日を問わない最短30分審査を行っていた各銀行(三井住友銀行など)の審査時間が一斉に「最短1営業日」(つまり早くても、審査結果が出るのは次の平日)となってしまったのは確か。
    そのためこの「警察庁データへの照会」が平日にのみ実施されており、それなりに長い時間を要するというのはまず間違いないでしょう。
    というわけで、この手続きを要する楽天銀行ではどうやっても即日審査(と土日の本審査)を受けることはできません

    ……とは言うものの実は楽天銀行、同制度の取り入れられる2017年以前であっても、特に即日融資が得意な銀行ではありませんでした。当時は一応「即日融資」をうたってはいたものの、多くの場合で審査には2~3日以上を要していたと記憶しています。

    この「スピード融資が得意なわけではない」という特性は今も同じで、公式HPには「最短翌営業日に振込」という記載が見られながらも、実際の審査・融資にはそれ以上の時間が掛かることがほとんどな模様。
    よって借入を急ぎたいのなら、もともとそれに向いた他社ローンを選んだ方が良いでしょう。

    以上の内容を証明するのが、実際の楽天銀行ユーザーを対象にしたアンケート結果です。

    ★参考:2018年以降に「楽天銀行スーパーローン」へ申し込まれた方のアンケート回答
    年代申告年収審査時間申込~借入までの日数
    30代
    正社員(非上場)
    300万1日くらい。3日ぐらい。
    40代
    正社員(非上場)
    400万3日くらい1週間くらい
    30代
    正社員(上場)
    420万円3日くらい1週間くらい
    30代
    正社員(上場)
    500万円2日3日
    40代
    正社員(上場)
    500万円4日10日
    40代
    正社員(非上場)
    800万円3日ほど覚えていない

    審査はまだしも、申し込みから借入までとなれば「早くても3営業日」と考えておいた方が良さそうですね。

    ★ちなみに審査と借入までの日数が開いている方は、「カード到着前の振込」を希望しなかったものと考えられます。
    契約が滞りなく済めば、本審査結果が出た当日、もしくは翌営業日には振込を受けられるかと思います。

    ②楽天銀行で出来る限り早く借りるにはどうすればいい?

    店舗を持たない楽天銀行の場合、ほとんどの手続きは「インターネット」または「電話」で実施されます。
    おおまかな流れを記載すると大体以下の通りですね。

    楽天銀行スーパーローン契約の流れ

    インターネットから申し込み
    メールで仮審査結果連絡
    金利や限度額の提示
    (ここまで最短当日)
    申込確認の電話が入る可能性あり
    携帯電話に契約内容確認
    メールの案内に従い、必要書類の提出
    (運転免許証など)
    メールで本審査結果連絡
    (ここまで最短翌営業日)
    インターネット上で契約を促すメールが届く
    任意の口座に振込
    (希望者のみ、ここまで大体3日~)
    各ATMで使えるローンカードの郵送
    (ここまで1週間~、郵送物の回避不可)
    口座振替依頼書に記入し返送
    (口座は楽天銀行のものでなくても良い)

    さて、極力スピーディに借りる上で重要となるのが、表中で示した箇所。これは申込者側のアクションが必要になり得る場面です。

    例えば楽天銀行から申込内容確認の電話が入ったのなら、これを取らない限り審査は進みません。必要書類の提出についても同様ですね。
    またせっかく審査結果が出ても、契約手続きが済んでいなければ振込を受けることはできないでしょう。

    楽天銀行からの案内はすべて「電話」または「メール」で届きます。
    あなたに何かやるべきことがあれば必ず銀行側から連絡が入りますので、スピーディな借入を狙うのなら、楽天銀行からの案内を見逃さず、極力これにすぐ対応できるよう心がけてみてください。

    在籍確認(勤務先への電話確認)の電話を、申込者が受ける必要はありません。
    ただし勤務先がお休みの場合には、その分だけ審査が長引く可能性があります。

    CHECK楽天銀行スーパーローンの在籍確認仕様について

    ★より詳しい契約の流れについては以下のページをご覧ください。

    CHECKユーザーに聞いた!楽天銀行カードローン、審査・契約の流れ&必要日数、必要書類他

    もっとスピーディに借りられる銀行カードローンはないの?

    もっとスピーディに借りられる銀行カードローンはないの?

    ここからは「楽天銀行の審査スピードには不安があるけれど、できれば銀行から借りたい…」という場合の申込先候補をご紹介していきます。

    ①銀行系最速は「三井住友銀行カードローン」

    おそらく今のところ、最もスピーディに借りられる銀行カードローンは「三井住友銀行」のものかと思います。

    ここは2017年以前には「最短30分審査・最短1時間融資」という消費者金融顔負けの対応を誇っていました。
    先述の警察庁データ照会の都合により即日審査・土日祝日の本審査こそ不可能となったものの、即日融資のノウハウを持っていることから銀行の中では安定してスピーディに借りやすいかと思います。

    ★三井住友銀行カードローン
    金利4.0%~14.5%限度額10万円~800万円
    審査スピード最短1営業日融資スピード最短1営業日
    申込条件
    (公式HPより)

    ●満20歳以上、満69歳以下の方
    ●原則安定した収入の方(※専業主婦の申し込み不可)
    ●当行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
    ●お使いみちが事業性資金以外の方
    ※お申込はご本人に限ります。

    その他
    • 三井住友銀行の口座は不要だが、口座があれば借入・返済はかなり便利になる

    三井住友銀行の口座を普段から使っているに越したことはありませんが……。
    これをお持ちでなくとも問題なく利用可能ということで、広い層から申し込みやすい銀行カードローンと言えるでしょう。

    CHECK「三井住友銀行カードローン」のメリット・デメリットと契約の流れ

    ★最短1営業日融資のためには、三井住友銀行店舗に設置してある「ローン契約機」の利用、もしくは三井住友銀行口座の所持が必要となります。
    「ローン契約機」の設置場所については、以下の公式HPからご確認ください。
    (窓口のある三井住友銀行の店舗なら、ほとんど例外なく置いてあると思います)

    CHECK三井住友銀行公式HP「店舗検索」

    すでに三井住友銀行の口座をお持ちなら、来店の必要はありません。

    ②運転免許証あり&店舗が近くにあるなら「三菱UFJ銀行バンクイック」も候補に

    三井住友銀行に次いで、三菱UFJ銀行「バンクイック」も最短1営業日での貸付に対応しています。
    こちらも2017年までは、最短30分審査を行っていた銀行カードローンですね。

    ★三菱UFJ銀行「バンクイック」
    金利1.8%~14.6%限度額10万円~500万円
    審査スピード最短1営業日融資スピード最短1営業日
    申込条件
    (公式HPより)
    ●年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受け られるお客さま。
    ●原則安定した収入があるお客さま。
    ※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
    その他
    • 最短1営業日の借入には「テレビ窓口」の利用が必須、
    • 「テレビ窓口」の利用には運転免許証が必須
    • 三菱UFJ銀行の口座は不要だが、口座があれば自動引き落としでの返済が可能になる

    ただし「最短1営業日」融資の条件は三井住友銀行より厳しく、三菱UFJ銀行の店舗に設置の「テレビ窓口」への来店と、これを利用するための「運転免許証」の所持が必須となります。
    これはすでに三菱UFJ銀行の口座をお持ちの場合であっても同様です。

    CHECK三菱UFJ銀行公式HP「テレビ窓口設置店舗」

    このローンの特性について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK三菱UFJ銀行「バンクイック」のメリット・デメリットと契約の流れ

    ★「運転免許証」をお持ちでない場合、バンクイックの専用カードは郵送にて届きます。
    この場合、申し込み~借入までには1週間超の日数が求められることでしょう。

    ★三菱UFJ銀行は「バンクイック」の他にも「マイカードプラス」というカードローン商品を取り扱っていますが、こちらは借入可能になるまで2週間ほどを要します。申し込み先を間違えないようお気を付けください。

    必ず「今日中」または「土日祝日」に借りたいなら、消費者金融を選ぶ他なさそう

    必ず「今日中」または「土日祝日」に借りたいなら、消費者金融を選ぶ他なさそう

    あなたが必ず「今日中」「明日中」または「土日祝日」に契約を成立させたいのなら、すべての銀行は選択肢から除外されます
    この場合、現実的なのは各「消費者金融会社」の選択のみとなるでしょう。警察庁データへの照会が必要ありませんので、曜日を問わず最短即日の借入が可能です。

    さて、あなたが特に楽天銀行の審査に不安を感じていないのであれば、一番おすすめなのは「レイクALSA」(旧新生銀行レイク)でしょうか。

    ★レイクALSA(新生フィナンシャル株式会社)
    金利4.5%~18%限度額1万円~500万円
    審査スピード最短30分(本審査)融資スピード最短1時間程度
    即日融資のための申し込みリミット
    (来店なし)
    20時
    (第三日曜日は18時まで)
    ※日曜に振込を希望する場合は17時まで
    即日融資のための申し込みリミット
    (来店あり)
    21時
    (第三日曜日は18時まで)
    スマホATM
    (セブン銀行ATMを使ったカードレス取引)
    OK
    (手数料無料)
    郵送物なし&来店なしの両立OK
    申込条件満20歳~70歳までの安定した収入がある方
    無利息サービス
  • 「180日間5万円以下無利息サービス」「30日間無利息サービス」を選択可。前者は10万円以下の小口借入がおトクに
  • その他
  • 時間や曜日を問わない振込(詳細公式HP)
  • 毎週日曜日18:50~翌8:10は振込反映なし

  • ATM手数料完全無料(スマホATM含む)
  • 第三日曜日は申込方法問わず、審査対応19時まで(契約後の借入には支障なし)
  • 消費者金融会社は他に「アコム」「プロミス」等が挙げられますが、レイクは

  • 全ATM(コンビニATM含む)の手数料が無料
  • 「180日間5万円以下無利息サービス」という独自の無利息サービスを使える
  • 時間や曜日を問わない借入が可能で、来店なしでの即日融資に強い(これはプロミスも)
  • 土日であっても審査スピードが安定している
  • と、利用者サービスに優れています。

    欠点は「他社に比べ成約率が低い(=若干審査難易度が高い)」「第三日曜日の営業短縮」の2つですが、審査難易度が高いとは言っても消費者金融基準ですから、銀行カードローンの利用を検討していたのならさして問題にはならないハズ。営業短縮についても、第三日曜日の夕方以降に申し込みを行う状況でなければ気になりませんね。

    というわけで、さして審査上の問題(すでに他社でお金を借りている、信用情報にキズがある)などが無い限り、申込先には「レイクALSA」を選んで差し支えないかと思います。

    CHECK【レイクALSA】のメリット・デメリット、契約~返済の流れの総まとめ
    CHECK曜日・契約方法別!【レイクALSA】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程

    ★もちろん近くに「プロミス」「アコム」などの他社店舗があるのなら、そちらを選んでも差し支えありません。
    その他の消費者金融会社について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK消費者金融会社の徹底比較!

    まれに「レイクでは土日祝日に振込を受けられないが、プロミスなら問題ナシ」といった金融機関が存在します(荘内銀行など)。
    振込での融資を希望されるのなら、事前に以下の公式情報を確認しておくと良いでしょう。

    CHECKレイクALSA公式HP「お振込み時間拡大金融機関一覧」(PDF)
    CHECKプロミス公式HP「金融機関別振込実施時間検索」

    クレジットカードのキャッシング枠があれば、それを使うのも◎

    もしもあなたがクレジットカードをお持ちであれば、これに「キャッシング枠」が付いていないか確認してみるのも良いでしょう。これはお買い物に使う「ショッピング枠」とは使い方が異なり、現金でお金を引き出すための機能となります。(=カードローンとほぼ同じ)
    キャッシングの有無については、各クレジットカード会社の公式HP、または利用明細書などからご確認頂けるかと思います。

    CHECKクレジットカードの「キャッシング枠」って何?その確認方法、使い方

    キャッシング枠が付いていなかった場合、増額審査を受けることでこれを追加してもらえる可能性がありますが……。
    こちらの審査は一般的に1日以上を要するため、急ぎの用には向きません。あくまでも「ついていたらラッキー」くらいの気持ちで確認することをおすすめします。

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • 楽天銀行スーパーローンの申し込み~借入までには早くとも3営業日程度を要するのが普通。
      もともとスピード融資が得意できないこともあり、急ぎの借入には向かない
    • それでも極力スピーディに借りるためには、「楽天銀行からの案内を見逃さない」ことが重要。
      電話やメールでの連絡は見逃さないよう、気を付けておこう
    • 銀行系で楽天銀行よりも早く借りられるのは第一に「三井住友銀行カードローン」。来店可能かつ運転免許証があるなら「三菱UFJ銀行バンクイック」を選んでも良い
    • 消費者金融系ならユーザーサービスに優れる「レイクALSA」が筆頭候補か。こちらは土日祝日であっても最短1時間借入が可能

    取り立てて時間が掛かるわけでは無いものの、スピーディな融資が得意とは言い難い「楽天銀行スーパーローン」。
    申込先は、あなたが「いつ」お金を必要としているかに合わせて選ぶ必要がありそうです。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)
    飯田道子先生

    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー(CFP認定・1級)

    現在、楽天銀行に限らず全ての金融機関において即日融資は行っていません。楽天のカードローンを希望するなら、1週間は余裕を持っておく必要がありそうです。できるだけ早く借りたいというのなら提出すべき書類の準備とスムーズな提出。電話やメールのリアクションもスピーディに対応しなければなりません。そんなに待てないという人ならば、三井住友銀行や三菱UFJ銀行を検討してみて下さいね。とはいえ銀行系は土日祝日の借り入れ不可。その場合は消費者金融会社を検討しましょう。

    CHECK楽天銀行スーパーローンの総まとめ:申し込みの流れから借入・返済方法まで
    CHECKユーザーに聞いた!楽天銀行カードローン、審査・契約の流れ&必要日数、必要書類他

    CHECK消費者金融会社の徹底比較!
    CHECK【レイクALSA】のメリット・デメリット、契約~返済の流れの総まとめ
    CHECK曜日・契約方法別!【レイクALSA】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程


    この記事でチェックしたカードローン情報

    楽天銀行カードローン(基本情報)
    実質年利1.9%~14.5%限度額10万円~800万円
    審査スピード公式HP参照口座開設不要
    融資スピード公式HP参照借入判断なし
    申込条件
    事前にご確認ください
    以下の全ての条件を満たす方

    (1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
    (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    (4)楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方(※2)
    ※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
    ※2 当行が認めた場合は不要です

    おすすめ
    ポイント
    楽天銀行スーパーローンは借り換えに最適◎

    借り換えは金利は低い方が断然お得!
    楽天銀行の借り換えなら、金利1.9%~14.5%
    ネット銀行ならではの金利が嬉しい!

    返済は月々2000円からと負担が軽い◎

    さらに楽天会員なら審査優遇(※)も!
    ※ 必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント