楽天銀行カードローンの返済日・返済額・返済方法について

    楽天銀行カードローンの返済日・返済額・返済方法について

    楽天銀行の返済は、月々最低2000円から!
    返済日も選べて、自分のペースで返済できるのがメリットです。

    でも、それに甘えて、あんまりのんびり返済していると…、返済総額がとんでもないことになってしまうこともあるので注意が必要。

    ということで、今回は、楽天銀行の返済について徹底解説していきます!

    楽天銀行カードローン(基本情報)
    実質年利1.9%~14.5%限度額10万円~800万円
    審査スピード公式HP参照口座開設不要
    融資スピード公式HP参照借入判断なし
    申込条件
    事前にご確認ください
    以下の全ての条件を満たす方

    (1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
    (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    (4)楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方(※2)
    ※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
    ※2 当行が認めた場合は不要です

    おすすめ
    ポイント
    楽天銀行スーパーローンは借り換えに最適◎

    借り換えは金利は低い方が断然お得!
    楽天銀行の借り換えなら、金利1.9%~14.5%
    ネット銀行ならではの金利が嬉しい!

    返済は月々2000円からと負担が軽い◎

    さらに楽天会員なら審査優遇(※)も!
    ※ 必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。


    楽天銀行スーパーローンの返済額

    ①借入額ごとの返済額一覧表

    ★月々の返済金額一覧

    借入残高返済額
    10万円以内2000円
    10万円超過
     ~30万円
    5000円
    30万円超過
     ~50万円
    1万円
    50万円超過
     ~100万円
    1万5000円
    100万円超過
     ~150万円
    2万円
    借入残高返済額
    150万円超過
     ~200万円
    3万円
    200万円超過
     ~250万円
    3万5000円
    250万円超過
     ~350万円
    4万円
    350万円超過
     ~400万円
    4万5000円
    400万円超過
     ~500万円
    5万円

    上の表の通り、楽天銀行の最低返済額は2000円です。
    このぐらいなら、毎月無理なく返済ができそうですね。

    ②他の銀行消費者金融との比較

    ★月々の返済額(定例返済額)の比較

     借り入れ額10万円借り入れ額50万円借り入れ額300万円
    楽天銀行2000円1万円4万円
    三井住友銀行1万円1万円3万5000円
    ソニー銀行2000円8000円3万円
    SMBCモビット4000円1万3000円6万6000円

    他の銀行カードローンと比べると、

    • 最低返済額は低め(2000円~)
    • 月々の返済額全体は、平均的な金額

    と言ったところでしょうか。
    楽天銀行スーパーローンの月々の返済額に、大きな特徴はありません

    ③返済残高の確認方法は?

    返済残高の確認はインターネットを使うのが一番手軽で便利。
    楽天銀行スーパーローンの会員サービス「メンバーデスク」で確認できます。

    他には、各ATMを使っても残高の確認(残高照会)が可能です。

    <コラム:メンバーデスクって何?>

    「メンバーデスク」は、スーパーローンカードを持っていれば、加入できる楽天銀行カードローンの会員サービスのこと。

    「メンバーデスク」では残高確認の他に、振り込みキャッシングの申し込みインターネットを利用した返済ができるようになります。

    とても便利なので、楽天銀行スーパーローンを利用している方は、ぜひ登録しておきましょう。

    返済方法、口座引き落としは絶対!

    楽天銀行スーパーローンの毎月の返済は、「口座引き落とし」で行われます!

    ①毎月必ず口座引き落としされる

    • 新東京銀行
    • ゆうちょ銀行
    • 自分銀行

    以外の金融機関であれば、地方銀行や労働金庫を含めほぼすべての口座を返済に利用できます!

    例:三井住友銀行、福岡銀行、横浜中央信用組合など……。

    返済手数料も必要ありません
    口座引き落としについて、詳しくは3.返済日は選べる!で解説しますね!

    ②ATMからの返済は、「繰り上げ返済」扱いになる

    ATMから返済することもできますが、こちらは「繰り上げ返済」の扱いとなります。

    ★楽天銀行カードローンの借り入れ・返済ができるATM一覧

    • セブンイレブン
    • ローソン
    • E-net対応ATM(ファミリーマート、サークルKサンクスなどその他大手コンビニ、スーパーなど)
    • 三井住友銀行
    • みずほ銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • りそな銀行
    • イオン銀行
    • 北都銀行
    • 東京都民銀行
    • 東京スター銀行 など、その他地方銀行

    「繰り上げ返済」「任意返済」「追加返済」「随時返済」と呼ばれることもある返済方法。
    口座引き落としで行う「毎月の返済(約定返済)」に追加する形で、お金を振り込みます。

    毎月の返済以上のお金を振り込むことで、ローンを早く返済できるんですね。

    そして実は、利息は1日ごとに生まれるので、繰り上げ返済をすればするほど利息総額は小さくなります
    実際に数字で見てみましょう。

    ★楽天銀行で30万円を借りたときの利息総額比較(金利14.5%)

    口座引き落としだけで返済250,139円(127回払い/10年7ヶ月)
    月々5万円を返済13,364円(7回払い/7ヶ月)
    差額236,775円

    余裕があるときに繰り上げ返済を利用することで、利息を大きくカットできるんです!

    ③インターネットバンキングからの返済はどうなる?

    「メンバーズデスク」を使った返済も、ATMと同じく繰り上げ返済扱いとなります。

    ★注意!繰り上げ返済と返済額
    rakuten-bank-repayment
    楽天銀行カードローン公式サイトより
    請求確定日~返済日の間(左の図で言う「期間A」)に繰り上げ返済を行っても、
    請求される金額は請求確定日(図中5/17)の借入残高によって決まります
    たとえば、請求確定日(図の5/17)の時点で借入残高が50万円だったとしますよね。

    そうすると、次の返済日(図の6/1)には1万円返す必要があります(参考:①借入額ごとの返済額一覧表)

    でも、ここで、請求確定日(5/17)の翌日(5/18)に、インターネットから30万円を一括返済とすると、どうなるでしょうか?

    実は、これは、楽天銀行を引き落とし口座にしているか、他行口座を引き落とし口座にしているかで、変わってくるんです。

    ★楽天銀行と他銀行の取り扱いの違い

    楽天銀行
  • 上の図「期間A」での返済額が、請求確定日時点での月々の返済額未満なら、差額だけが引き落とし
  • 月々の返済額以上なら、引き落としなし
  • 他銀行口座
  • 請求確定日で決まったお金を返済
  • ちなみに定期引き落としに使われなかった分は、まるまる元金返済に充てられるので、その分はやくローンが完済できることになります。
    余計に支払ったお金がムダになることはありませんよ!
     
    楽天銀行以外の口座から振込みを行う場合、反映されるのは平日9:00~15:00のみとなるので注意!

    <コラム>どうしても口座引き落としされたくない人は?

    口座残高を0円にした状態で、毎月必ず、返済日前にATMで返済額以上のお金を払えば延滞にはなりません
    どうしても口座引き落としは困る、という方は検討してみましょう。

    ですが楽天銀行には、アコムプロミスのように「返済日前にメールでお知らせするサービス」がありません
    なので、返済を忘れてしまいがちなんですね。
    口座引き落とし以外の方法で返済を行うことは、どうしてもという理由がない限り、おすすめできないんです。

    返済日は選べる!

    ①口座引き落とし日には4つの選択肢がある。

    楽天銀行スーパーローンの口座引き落とし日(約定返済日)は、

    • 1日
    • 12日
    • 20日
    • 27日 ※楽天銀行口座を持っている方のみ

    の好きな日から選ぶことができます! 
    銀行カードローンは返済日が固定されていることが多いので、これは楽天銀行の嬉しいポイントのひとつですね。 

    ただし! 一部の銀行では選べない返済日があります

    ★返済日を選べない銀行に注意!

    ソニー銀行1日・20日は利用不可
    シティバンク銀行12日は利用不可
    商工組合中央金庫12日は利用不可

    また、27日を返済日に選びたい方は、楽天銀行口座の開設を検討しましょう。

    ②当日が休日だった場合は、翌営業日に

    お給料の振込みなどと同じく、返済日当日が土日祝日だった場合は、翌営業日が返済日となります。

    なので5月1日を返済日と設定していた場合、5月1日が土曜日だと、
    5月2日は日曜日、
    5月3日は憲法記念日、
    5月4日はみどりの日、
    5月5日はこどもの日となり、

    返済日は5月6日となるんですね。

    返済に手数料はかかる?損しない返済方法!

    ①口座引き落としは返済手数料ゼロ円

    どこの口座を利用しても、返済手数料は一切掛かりません!

    ②ATMでも返済の場合は手数料ゼロ!

    借り入れであれば一部ATMの場合、手数料が掛かることもありますが……。

    提携ATMでの返済ならどこのATMを使っても、何度でも手数料無料です!

    主要コンビニにも提携ATMが多く、提携ATMならばどこのATMを使っても手数料無料、というのはすべての金融機関で見ても少数派。(他にはじぶん銀行など)
    楽天銀行のメリットのひとつですね。

    ③インターネットバンキングの場合、金融機関による

    「メンバーズデスク」での返済は、各インターネットバンキングを仲介して行います。

    例えば三井住友銀行の口座から楽天銀行スーパーローンの返済をするのなら、三井住友銀行のインターネットバンキングから返済をすることになります。

    このとき手数料は、

    • 3万円未満の返済なら216円
    • 3万円以上の返済なら432円

    となります。
    ご利用のインターネットバンキングの返済手数料を確認した上で、メンバーズデスクでの返済を行いましょう。

    ちなみに楽天銀行の口座なら、手数料ゼロ円で返済可能です。

    他には

    • じぶん銀行(月5回まで)
    • 新生銀行(月1回まで)
    • 大和ネクスト銀行(同じ名義宛の振込みなら何度でも)
    • 野村信託銀行(月2回まで)

    な口座をお持ちなら、条件付ですが手数料無料で返済可能です。

    振込み手数料が無料になる口座を持っていないのなら、メンバーズデスクでの返済はおすすめできません

    スーパーローンの返済体験談

    30歳会社員で年収300万円です。
    今度引っ越しをするにあたって、家具を買ったり、生活必需品を揃えたり、敷金礼金の足しにしたりするためにカードローンを利用しました。限度額は30万円でしたが、利用したのは15万円です。
    以前消費者金融を利用していたことがありますが、そちらと比べると、
    低金利なのはもちろん、提携ATMの利用手数料がゼロ、というのはとてもありがたかったですね。
    以前は毎回、手数料を取られていたので……。
    早く完済したいので、口座引き落としに加えて毎月5000円ずつ返済しています。
    生活に支障がない範囲で利用ができるのは嬉しいです。
    26歳フリーター女性。年収200万円くらい。
    借金をするのははじめてでしたが、思ったよりとても簡単に借りることができました。
    キャッシングも返済も、近くのローソンやセブンイレブンを使っています。
    毎月の支払いがとても楽です。収入が多くない人にも優しいローンだと思いました。
    28歳会社員、年収350万円限度額30万円他社借入1件
    地方信用金庫の口座しか持っていなかったのですが、楽天銀行は問題なく利用できました。
    海外旅行のために10万円ほど借り入れて、毎月3~4万円を返済、3ヶ月で終了
    不満点と言えば、インターネットで返済しようとすると手数料が掛かるところ。その他は満足です。

    まとめ

    楽天銀行スーパーローンの、月々の最低返済額は比較的安め(2000円~)
    ★月々の返済は口座引き落としで。それにプラスする形で、「繰り上げ返済」を利用しよう
    口座引き落とし・ATMなら返済手数料無料!
     「メンバーズデスク」は楽天銀行と一部銀行口座をお持ちの場合のみ手数料無料。
    ★楽天銀行カードローンを利用する場合は、楽天銀行口座を開設しておくと借り入れ・返済ともに便利に

    楽天銀行スーパーローンは、返済額や返済手段、手数料の面から見ても利用しやすいカードローン。
    より便利に利用するためには、「楽天銀行」の口座を開設し、いつでもどこでも借り入れ・返済ができるようにしておくのがおすすめです!


    この記事でチェックしたカードローン情報

    楽天銀行カードローン(基本情報)
    実質年利1.9%~14.5%限度額10万円~800万円
    審査スピード公式HP参照口座開設不要
    融資スピード公式HP参照借入判断なし
    申込条件
    事前にご確認ください
    以下の全ての条件を満たす方

    (1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
    (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    (4)楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方(※2)
    ※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
    ※2 当行が認めた場合は不要です

    おすすめ
    ポイント
    楽天銀行スーパーローンは借り換えに最適◎

    借り換えは金利は低い方が断然お得!
    楽天銀行の借り換えなら、金利1.9%~14.5%
    ネット銀行ならではの金利が嬉しい!

    返済は月々2000円からと負担が軽い◎

    さらに楽天会員なら審査優遇(※)も!
    ※ 必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント