楽天銀行スーパーローンは使うだけでポイントが貯まる!その条件と方法は?

楽天銀行スーパーローンは使うだけでポイントが貯まる!その条件と方法は?
楽天ポイントが貯まることでおなじみの「楽天カード」や「楽天市場」。同じグループである楽天銀行スーパーローンも、例外ではありません。

プロミスなど無利息サービスを行っている消費者金融は複数ある中、利用するだけで1000円相当以上分のポイントをもらえるのは楽天銀行だけ。
今回は楽天銀行スーパーローンのポイントサービスについて、他社との比較を交えながら詳しく解説していきます!

<その他の楽天銀行スーパーローン特集記事>

CHECK楽天銀行スーパーローンの申し込み:申し込み条件や必要書類は?
CHECK楽天銀行スーパーローンの審査基準と通過条件
CHECK楽天銀行スーパーローンはおまとめ利用OK!おまとめ借入体験談

楽天銀行カードローン (基本情報)
実質年利 1.9%~14.5% 限度額 800万円
審査スピード 公式HP参照 口座開設 不要
融資スピード 公式HP参照 借入判断 なし
備考

  • 上限年齢62歳
    (パート・アルバイト・専業主婦の方は上限60歳)
  • カードレス不可

楽天銀行の公式サイトで詳細をチェックする!

そもそも楽天ポイントって何に使えるの?

そもそも、楽天銀行スーパーローンを利用することで「楽天スーパーポイント」がもらえることに、どのようなメリットがあるのでしょうか?

①楽天市場を中心とするサービスに利用可能

楽天スーパーポイントの主な使い道は、やはり楽天市場を中心とする楽天の関連サービス。
楽天市場に出店しているネット・ショップは44,317軒と聞けば、その規模の大きさが分かりますね。

楽天スーパーポイントの利用先は市場の他に、楽天トラベル(旅行先のホテルの予約)や楽天ブックス、楽天チケットなど、多岐に渡ります。

参考:楽天グループ「サービス一覧」

②楽天市場を使う予定がないのならギフトカードや他のポイントに交換も

楽天の関連サービスの利用予定がない、という方であっても、おトクにポイントを利用できます。

★楽天スーパーポイントの交換レート(一部)

必要な楽天ポイントの数 交換レート
1P 楽天Edy 1P
2P ANA 1マイル

マイルを普段から貯めている方でなければ、主な交換先となるのは「楽天Edy」でしょうか。
amazonなどでのインターネットショッピングやコンビニなどで自由に利用できる楽天Edyは、楽天スーパーポイントよりも使い勝手が良いかもしれません。

参考:電子マネー「楽天Edyの使い方」

Edyの登録がめんどくさい!という方は、受け取った楽天スーパーポイントを使い、楽天市場で各種商品券を
購入すると良いでしょう。
JCBギフトカードなど、利用期限がないものを選ぶのがおすすめです。

楽天銀行スーパーローンで楽天ポイントをもらえるのはどんなとき?

楽天スーパーポイントのもらい方を解説していきます!

①申し込みだけで1000ポイントがもらえる!(2017年1月現在)

2017年現在、楽天銀行スーパーローンに申し込みを行うだけで、翌月末に1000ポイントを受け取ることができます。
(楽天銀行の公式HPを経由して申し込みを行った場合のみ)

1000ポイントは1000円相当として楽天関連サービスで利用可能。1000円をもらえるも同然というわけですね。
これだけでも、同じくらいの金利を定めている銀行(例:三井住友銀行)より1000円分おトクと言えます。

★ポイントをもらうためには、申し込み時にすでに楽天会員となっているか、カードローンの申し込みと同時に楽天会員登録を行う必要があります。

②20万円以上を借りていれば、1ヶ月ごとにポイント付与も

毎月20万円以上の借り入れがあれば、借り入れ残高に応じたポイントを受け取ることができます。

借り入れ残高 進呈内容
20万円以上30万円未満 500 ポイント
30万円以上50万円未満 1,000 ポイント
50万円以上80万円未満 2,000 ポイント
80万円以上100万円未満 3,000 ポイント
100万円以上200万円未満 10,000 ポイント
200万円以上300万円未満 12,000 ポイント
300万円以上400万円未満 15,000 ポイント
400万円以上800万円以下 30,000 ポイント

200万円以上を借り入れているときなら楽天銀行に支払う利息よりももらえるポイントの方が多くなることも珍しくなく、なんとお金を借りているはずなのにかえってトクをするという現象も起こってくるんです。
(ちなみに、400万円を借りているときの月々の最低返済額は45,000円)

反面、借り入れ残高が少ないと、受けられる恩恵も少なくなります。
楽天銀行スーパーローンは、借りれば借りるほどトクをしやすいカードローンなんですね。

返済シミュレーションとその比較

③注意!もらえるポイントは15日間で失効してしまう……。

このように、たくさん借りるほどに多くのポイントがもらえる楽天スーパーローンですが……。
最も注意しなければならないこととして、ポイントが15日で消滅してしまうというものがあります。

一度消えたポイントは、どうやっても戻ってきません
損をしないためには、ポイントが残っているうちに買い物をしたり、Edyやマイルに交換していく必要があります。

楽天市場を使う予定がないのならギフトカードや他のポイントに交換も

<今持っている楽天ポイントの確認方法>

現在所持している楽天ポイントの総数や有効期限は、「楽天ポイントクラブ公式HP:ポイント履歴」で確認できます。
今持っている楽天ポイントの確認方法
「期間限定」の文字があるポイントには、「備考」欄に利用期間の記述があるはず。
こまめにポイント履歴を確認しておくことで、失効を防ぐことができるんですね。

他社無利息サービスや低金利ローンとの比較

ポイントサービスに似たユーザーサービスを提供している金融機関と、楽天銀行を比較してみましょう!

①他社が行っている「無利息サービス」って?

「プロミス」「アコム」「アイフル」などの金融機関が取り扱っている「無利息キャッシングサービス」
名前の通り、はじめて利用する方に限り一定期間だけ、利息が発生しなくなるサービスのことを言います。

②返済シミュレーションとその比較

それでは、無利息サービスと楽天のポイントサービスはどちらがおトクなのでしょうか?実際に計算してみました。

(1)10万円を借りて月5000円を返済(24ヶ月)する場合の比較

  金利 独自サービス 総返済額
アコム
(30日間無利息)
18% 30日間無利息 117,656円
楽天銀行 14.5% +1000ポイント
(申し込み時)
115,145円
+1000ポイント
(実質114,145円)

(2)10万円を借りて月51000円を返済(2ヶ月)する場合の比較

  金利 独自サービス 総返済額
アコム
(30日間無利息)
18% 30日間無利息 10,735円
楽天銀行 14.5% +1000ポイント
(申し込み時)
101,814円
+1000ポイント
(実質100,814円)

見ての通り、2ヶ月以内の利用であればアコムのほうが優れているものの、返済が長引くほど金利の低い楽天銀行の方がおトクとなります。

(3)50万円を借りて月15,000円を返済(45ヶ月前後)する場合の比較

  金利 独自サービス 総返済額
アコム
(30日間無利息)
18% 30日間無利息 683,549円
楽天銀行 14.5% +1000ポイント
(申し込み時)
+23,500ポイント
(月々利用分)
643,730円
+24,500ポイント
(実質619,236円)
イオン銀行 13.8% なし 634,170円

今度は、楽天銀行よりも金利の低いイオン銀行カードローンを加えて比較してみました。
100万円未満の借り入れであれば、楽天銀行とさほど金利差はないため、ポイントサービスのある楽天銀行の方がおトクとなりやすくなっています。

(4)100万円を借りて月3万円を返済(45ヶ月前後)する場合の比較

  金利 独自サービス 総返済額
アコム
(30日間無利息)
15%
(法定上限金利による)
30日間無利息 1,280,468円
楽天銀行 14.5% +1000ポイント
(申し込み時)
+67,500ポイント
(月々利用分)
1,287,480円
+68,500ポイント
(実質1,218,980円)
イオン銀行 8.8% なし 1,150,894円

ただし、金利差が大きくなってしまう100万円程度の限度額だと、ポイントサービスを考慮しても、イオン銀行の方が優れている結果となってしまいました。

「おトクに利用したい」と考えるのであれば、各社の金利差や毎月もらえる予定のポイント額を考えた上で、金融機関を選びましょう。

(5)300万円を借りて月5万円を返済する場合の比較(おまとめローン)


  金利 独自サービス 総返済額
アコム
(おまとめ専用)
15%
(法定上限金利による)
なし 5,579,712円
楽天銀行 7.8% +1000ポイント
(申し込み時)
+632,000ポイント
(月々利用分)
3,814,612円
+633,000ポイント
(実質3,181,612円)

反対に、金利差がなくなる300万円台の借り入れであれば、楽天銀行の方がずっとおトクになります。

300万円を借りて月5万円を返済するとき、楽天銀行の金利は実質2.2%相当となります。
このように楽天銀行スーパーローンは、おまとめを含む200万円以上の借り入れに向いたカードローンとなっています。

参考:楽天銀行スーパーローンっておまとめにも使える?

まとめ

楽天銀行スーパーローンでの借り入れ額が大きいほど、楽天スーパーポイントがたくさん貯まる!
 場合によっては利息よりももらえるポイントが大きくなることも
★融資額に関わらず、申し込むだけでも1000ポイントもらえる
★ただし有効期限は15日間のみととても短いので気を付けよう

借り入れ額に応じて、多額のポイントを受け取ることができる楽天銀行スーパーローン
借り入れ期間や金額によっておトクな金融機関は変わってくるので、事前に計画を立てておきましょう。


この記事でチェックしたカードローン情報

楽天銀行カードローン (基本情報)
実質年利 1.9%~14.5% 限度額 800万円
審査スピード 公式HP参照 口座開設 不要
融資スピード 公式HP参照 借入判断 なし
備考

  • 上限年齢62歳
    (パート・アルバイト・専業主婦の方は上限60歳)
  • カードレス不可

楽天銀行の公式サイトで詳細をチェックする!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。