楽天銀行スーパーローンの審査基準と体験談:審査が甘いって本当?

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    楽天銀行スーパーローンの審査基準と体験談:審査が甘いって本当?

    楽天会員の方はダイレクトメールなどで案内を受けることも多い楽天銀行スーパーローン

    • 楽天銀行の口座開設不要
    • 審査難易度の低い「楽天カード」の存在
    • 公式HPにおける、アルバイトOKの明言

    により、申し込みやすい印象があります。

    実際、楽天銀行スーパーローンは銀行カードローンには珍しく「普段使っている、別の銀行等の口座を使って借入・返済できる」という利点のため、初心者にもおすすめの申込み先の一つとなっています。

    となると気になるのがその審査難易度。
    あなたが「正規雇用者」であるのなら、いつもの金融機関の口座を使って返済をこなせる、「申し込みやすい銀行カードローン」であること間違いなしなのですが……。

    クレジットカード業界の中でもかなり審査が甘いと有名の「楽天カード」に比べると、「楽天銀行スーパーローン」の取得難易度は少し高いかも。

    …とは言え十分な返済能力さえ認められれば、パート・アルバイトや専業主婦といった方であっても問題なく利用可能です。

    今回はそんな「楽天銀行スーパーローン」について、実際の可決例、そして否決例からその審査難易度を分析しました。

    【管理人】山本
    実際の体験談と照らし合わせながら、楽天銀行スーパーローンの審査基準を探っていきます!
    楽天銀行スーパーローン


    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.9%~14.5%10万〜800万円公式HP参照最短翌日
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~62歳
    • 本人または配偶者に安定収入がある
    • 国内在住で、日本国籍または永住権を持っている
    • 不可
    ※1 ただしパート・アルバイト、専業主婦の場合は60歳まで

    ポイント

    • 口座開設不要、お持ちの銀行口座にスマホで入金まで完結
      初心者、40~50代の方におすすめ
    • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可
    • 借り換えにも対応
    • 郵送物の回避不可

    ※ 申込にあたり、楽天銀行もしくは保証会社の審査結果によっては契約できない場合もございます。



    楽天銀行スーパーローンの審査難易度が低めと推測される理由4つ!

    「ブラックでも通るのでは?」と噂されるほど、審査に甘いイメージを持たれている楽天銀行のカードローン。

    【管理人】山本
    実際に、審査難易度は決して高くはないと推測できます。その理由を挙げてみますね!

    ①月々の返済額は2000円からと超低額!

    楽天銀行スーパーローンの返済額は月2000円~(借り入れ額10万円以内の場合)。14%程度の金利を設けているカードローンの中では、イオン銀行などと並び最も低額となっています。

    最低返済額が小さいと言うことは、返済能力が低めの方にまで積極的に融資を行っているということ。つまり、低年収の方でも利用しやすいわけですね。

    ②利用者の年収は大手消費者金融の中で最も審査通過率の高い「アコム」と同じくらい

    楽天銀行スーパーローンの審査基準を推測していくにあたり、「価格.com」の最新レビュー50件を元に、ユーザーデータの目安を計算してみたのですが……。

    楽天銀行スーパーローンとアコムの価格.comレビュー比較結果
    利用者の平均年収(目安)※ パート・アルバイトの割合
    楽天銀行スーパーローン 約348万円 20%
    アコム 約343万円 34%

    見て分かるとおり、楽天銀行スーパーローンとアコムにおいて、利用者の平均年収はほとんど同じくらい。

    アコムは大手消費者金融の中でも最も審査通過率の高い金融機関です。

    もちろんこういった非公式情報はあくまで参考にしかなりませんが、「アコム」と比べて利用者層に大きな差が無いというのは、審査を不安に思う方にとって嬉しいポイントと言えるでしょう。

    ★詳しい比較データについては『他の銀行系カードローン、消費者金融などとの審査難易度比較』を読んでみてください。

    楽天銀行スーパーローン:審査に通ってるのはどんな人?

    【管理人】山本
    それでは、実際の審査通過データから楽天銀行スーパーローンの審査基準を探っていきましょう!

    ①楽天銀行スーパーローンの審査に通る、最低条件

    楽天銀行の申し込み条件・審査通過の最低条件は下記の通り。収入があれば学生の申し込みも可能です。
    以上条件を満たしているのは前提として、「他社借り入れ」「低年収」「歩合給」といったようなマイナスを加味した上で審査結果が決定されます。

    楽天銀行スーパーローンの申し込み条件
    • 20歳~62歳(パート・アルバイトの場合60歳まで)
    • 本人、もしくは配偶者に安定した収入がある
    • 外国籍の場合、永住許可を受けている
    その他の審査通過条件=いわゆる「ブラック状態」でないこと

    これまで「楽天銀行スーパーローン」利用者19名に実施したアンケート調査(詳細後掲)の回答を見てみると……。

    • 楽天銀行の審査に落ちて、みずほ銀行に通った
    • 楽天銀行の審査に落ちて、プロミスに通った

    といった方を確認できます。少なくともこの2社に対し、「楽天銀行」の審査は厳しい傾向にあると見て良いでしょう。

    また、ブラック状態の方はいずれも審査落ちとなっています。

    あなたが何らかの事情で「ブラック状態」に陥ってしまっているのなら、これに対応した申込み先をお選びください。

    CHECK【証拠付】アンケート調査に基づく「ブラックでも借りれた」消費者金融10選

    ②審査では信用情報に加え「属性に基づく返済能力」を見られる!

    「楽天銀行スーパーローン」では、上に挙げた申込み条件を満たしていることを前提に、「ブラック状態でなく、最低限の返済能力があると認められれば審査通過」となります。

    となると気になるのは「最低限の返済能力」がどれくらいか、という話ですが…。

    後述の審査通過・審査落ちデータを見る限り、大体の目安は以下のようになるでしょう。

    楽天銀行スーパーローンの審査通過に必要な「属性」目安

    • 非正規(パート・アルバイト含む)でもいいので、年200万円程度の年収がある
      ┗非正規の場合、他社借入※はゼロ件が望ましい
    • 正規雇用者で、他社借入※が年収の半分を超えていない
    • 安定収入のある配偶者の扶養に入っている

    ※他社借入…ここではカードローン、キャッシング残高のみを指し、自動車ローンや住宅ローン等は含まない

    楽天銀行の審査はわりと「属性」重視。属性というのは年収や雇用形態といった「申込時に入力するステータス」のことですね。

    上に挙げた3つの条件のいずれかを満たしているのなら、「楽天銀行スーパーローン」への申込みを進めても良いだろうと思います。

    楽天銀行スーパーローンの審査通過が難しそうなら…

    もしも上の条件をどれも満たすことが出来ず、楽天銀行での審査通過が難しそうな状況であれば、より低い属性でも審査に通過しやすい消費者金融系カードローンを選ぶのが無難でしょう。こういった業者は年収100万円未満の独身・非正規の方の通過例も複数報告されています。

    CHECK徹底比較!消費者金融の審査基準&サービスの違いと申込み先カードローンの選び方

    また、「非正規+他社借入あり」といった属性の方の審査通過例は、意外に思えるかもしれませんが「楽天銀行」よりも「三菱UFJ銀行バンクイック」「みずほ銀行カードローン」といったメガバンク系に多いですね。

    CHECK体験談から見る!都市銀行/地方銀行カードローンの審査通過条件と申込み~返済の流れ

    CHECK【年収100万円~】銀行カードローン申込者50名に聞いた!審査の甘い銀行と体験談

    ③実際の利用者の審査通過/審査落ちデータをチェック!

    それでは、実際にどのような方が「楽天銀行」の審査に通過し、どのような方が審査に落ちてしまっているのか見てみましょう。

    年収順に記載しているため、あなたに近い属性の方も見つけやすいだろうと思います。

    これまで確認された楽天銀行の審査結果
    属性審査結果、契約内容
    • 年収0万円
    • 専業主婦
    • 安定収入ある配偶者の扶養下
    • クレジットカードリボ残高あり
    限度額50万円
    (金利14.5%)
    • 年収100万円
    • パート(5年)
    • 安定収入ある配偶者の扶養下(ほぼ専業主婦扱いか)
    限度額50万円
    (金利14.5%)
    • 年収103万円
    • パート(6年)
    • クレカキャッシング30万円
    • 安定収入ある配偶者の扶養下(ほぼ専業主婦扱いか)
    限度額40万円
    (金利10.15%)
    • 年収100万円
    • アルバイト(5年)
    • 審査落ち
    • 年収150万円
    • 派遣社員(2年)
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 審査落ち
    • この後みずほ銀行で審査通過(10万円)
    • 年収200万円
    • アルバイト(1年)
    限度額10万円
    (金利14.5%)
    • 年収240万円
    • アルバイト(3年)
    • 消費者金融で30万円借入中
    • 審査落ち
    • この後プロミスで審査通過(30万円)
    • 年収250万円
    • 会社員(2ヶ月)
    • 他行で40万円借入中
    限度額10万円
    (金利14.5%)
    • 年収250万円
    • 会社員(1年)
    • 審査落ち
    • 審査落ちの理由不明
    • 年収270万円
    • 会社員(3年)
    • 2行で計80万円借入中
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 5年以内に債務整理(ブラック状態)
    • 審査落ち
    • ブラック状況下、楽天銀行の申込前に北日本銀行で審査通過(50万円)
    • 年収350万円
    • 会社員(5年)
    • 限度額100万円
      (金利14.5%)
    • 年収350万円
    • 派遣社員(1年)
    • 限度額50万円
      (金利14.5%)
    • 年収380万円
    • 派遣社員(4年)
    • 他行で150万円借入中
    • 限度額20万円
      (金利14.5%)
      ※希望額50万円
    • 年収400万円
    • 会社員(19年)
    • 他行で48万円、消費者金融で133万円の借入あり
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 審査落ち
    • 年収400万円
    • 自営業(7年)
    • 消費者金融2社で計100万円の借入あり
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 審査落ち
    • この後フクホーで審査通過(20万円)
    • 年収450万円
    • 会社員(15年)
    • 消費者金融2社で計130万円の借入あり
    • 限度額200万円
      (金利14.5%)
      ※希望額同額
      借り換え目的での申し込みか
    • 年収500万円
    • 会社員(9年)
    • 他行で50万円借入中
    • 既婚、子供あり
    • 限度額100万円
    • (金利14.5%)
      ※希望額70万円

    • 年収500万円
    • 会社員(16年)
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 限度額100万円
      (金利11.8%)
      ※希望額同額
    • 年収650万円
    • 会社員(14年)
    • 安定収入ある配偶者あり
    • クレカキャッシング5万円程度
    • 限度額300万円
      (金利9.9%)
      ※希望額100万円
    赤文字:審査落ちの直接的な原因と思われる箇所

    スペースの都合上掲載していませんが、いずれもアンケート回答時に「申込みが事実と確認できる画像」(審査結果を伝えるメールのスクリーンショット等)を頂戴しています。
    情報の信憑性は高いと見て良いでしょう。
    ※特記が無い限り、「信用情報問題/他社借入なし」「未婚」の方の回答となります。

    文章でまとめなおすと、

    • 扶養に入っていない非正規雇用者の方は、「年収200万円未満or他社借入あり」で審査落ちの可能性が高くなる
    • 安定収入(目安年350万円~)があれば、他社借入があっても契約可(借り換え目的なら高限度額もOK)
    • ┗とは言え他社借入が年収の半分に達するような状況だと流石に厳しい

    • 配偶者の扶養に入っているのなら、他社借入があっても契約可
    というところでしょうか。

    確かにパート・アルバイト含む非正規の方の通過報告も確認されている「楽天銀行スーパーローン」ですが…。

    「楽天銀行の審査に落ちて、みずほ銀行や北日本銀行のカードローンで通過」という情報を見ても分かる通り、この銀行が他行に比べ甘い審査を行っているわけではありません。特にあなたが「非正規で年収が低い」といった方面で不安を抱えているのなら、楽天銀行への申し込みはややリスキーかもしれませんね。

    一方で楽天銀行、安定収入(目安として年350万円~)を抱えている方に対しての審査は比較的柔軟で、「借り換え」等にも対応しています。

    楽天銀行スーパーローンの審査はイメージに反し「属性重視」。
    非正規でも利用できるとは言え、他行と比べても「収入が高く、安定した生活基盤のある方を優遇」する傾向があると見て良いでしょう。

    CHECK【楽天銀行カードローン】他社借入アリで新規審査に通るには?カギは「利用目的」

    ★ちなみに「属性重視」の傾向の例に漏れず、これまで楽天銀行において「配偶者の扶養に入っていない非正規」の方が「借り換え」に成功した報告はありません。

    CHECK楽天銀行「借り換え」審査経験者へアンケート!非正規には厳しい現実も

    審査落ちの原因は? 申し込む前に保証会社もチェック!

    「楽天銀行スーパーローン」における審査落ちの理由は主に、

    • 「配偶者の扶養に入っていない非正規」+年収不足or他社借入
    • 他社借入が多すぎる
    • ブラック状態

    のいずれか。

    ですが稀に、「楽天銀行の<保証会社>でブラック扱いになっている」という方もいらっしゃいます。

    (保証会社…ここでは銀行ローンの審査の一部代行をする会社と考えてOK)

    楽天銀行スーパーローンの保証会社は

    • 楽天カード株式会社
    • SMBCファイナンスサービス株式会社(旧セディナ+SMBCファイナンス)

    のいずれか。

    どちらかの審査に通過できるようなら、特に問題はありませんが…。

    これまで「楽天カード」「SMBCファイナンス(セディナ)」の両方で長期延滞などの問題を起こしたことがある場合、「楽天銀行スーパーローン」の審査通過も難しくなりますのでご承知おきください。

    ★これまで長期延滞などの問題を起こしたことが無いなら、保証会社について気にする必要はありません。

    ④審査は明らかに「属性重視」、ステータスが高い人ほど金利・限度額での優遇を受けられる

    さて、アルバイトはじめとする非正規雇用者の方が審査に通過するためには、「<非正規である>こと以外にマイナス点が無いこと」が要求される「楽天銀行スーパーローン」。

    これに対し、安定収入のある正規雇用者からは「他社借入があったが審査に通過できた」という報告が複数上がっています。
    その中には、「契約当初から100万円以上の限度額が適用された」という方も珍しくありません。

    安定収入のある方の審査結果(抜粋)
    属性審査結果、契約内容
    • 年収450万円
    • 会社員(15年)
    • 消費者金融2社で計130万円の借入あり
    • 限度額200万円
      (金利14.5%)
      ※希望額同額
      借り換え目的での申し込みか
    • 年収500万円
    • 会社員(9年)
    • 他行で50万円借入中
    • 既婚、子供あり
    • 限度額100万円
      (金利14.5%)
      ※希望額70万円
    • 年収650万円
    • 会社員(14年)
    • 安定収入ある配偶者あり
    • クレカキャッシング5万円程度
    • 限度額300万円
      (金利9.9%)
      ※希望額100万円

    非正規雇用者に対する扱いとは全く異なることがよく分かりますね。

    あなたが「安定収入を得ている正規雇用者」であるなら、

    • 初回から100万円以上の限度額の適用
    • 金利優遇(ただし他社借入があると厳しい模様)

    といった好条件での契約を狙えます。条件さえクリアしているのなら、借換を目的としてこの銀行へ申し込んでも良いでしょう。

    以上の内容から「楽天銀行スーパーローン」の審査は「属性重視」であり、「安定収入を得ている正規雇用者か、そうでないか」が非常に重要と言えます。

    ★ただしさすがに年収の2分の1に近い他社借入を抱えている状況での審査通過は厳しい模様。あらかじめご承知おきください。

    参考楽天銀行「借り換え」審査経験者へアンケート!非正規には厳しい現実も

    ⑤他の銀行系カードローン、消費者金融などとの審査難易度比較

    先ほどは価格.comの利用者データから「楽天銀行スーパーローン」利用者の目安年収層をチェックしてみましたが…。
    ここでは当サイトが実際に行ってきたアンケート調査より、似たような属性の方をピックアップ。
    他社カードローンと「楽天銀行スーパーローン」の審査難易度を見比べてみようと思います。

    (1)年収100万円前後+非正規の方の審査通過状況

    まず紹介するのは、「年収100万円+非正規(アルバイト等)」という方の審査データ。
    配偶者の扶養に入っている方は大体どのカードローンでも(他社借入などの問題が無い限り)審査に通過できますので、ここでは「配偶者の扶養に入っていない方」のみをピックアップさせて頂きました。

    年収100万円前後+非正規+配偶者の扶養に入っていない方の審査結果
    属性審査結果/契約内容
    プロミス
    • 年収90万円
    • アルバイト(0年)
    • ブラック状態
    • 金利17.8%
    • 限度額10万円
    楽天銀行
    • 年収100万円
    • アルバイト(5年)
    • 審査落ち
    レイクALSA
    • 年収100万円
    • 学生アルバイト
    • 金利18.0%
    • 限度額10万円
    みずほ銀行
    • 年収100万円
    • アルバイト(0年)
    • 金利14.0%
    • 限度額10万円
    • 年収150万円
    • 派遣社員(2年)
    • 金利14.0%
    • 限度額10万円
    楽天銀行
    • 年収150万円
    • 派遣社員(2年)
    審査落ち
    (上の方と同一人物)

    消費者金融のカードローン
    銀行カードローン

    やはり「配偶者の扶養に入っていない、年収100万円台」の方は「楽天銀行」での審査落ちが目立ちますね。

    価格.com等では「年収200万円未満、アルバイト」という方の「楽天銀行スーパーローン」通過報告も散見されるところではありますが…。

    より高い確率での審査通過を狙うなら、「みずほ銀行」「プロミス」等を選んだ方が良いかもしれません。

    ★大手銀行のイメージに反し、年収低めな方の通過報告が多い「みずほ銀行」
    ですがこちらは、契約・返済のために「みずほ銀行口座」が必須となりますのでご承知おきください。

    (2)年収200万円前後+非正規の方の審査通過状況

    楽天銀行において、「非正規かつ配偶者の扶養に入っていなくても審査通過を狙える」ボーダーラインと考えられるのが「200万円前後の年収を得ているかどうか」

    正規雇用者であれば「楽天銀行」含むほとんどの銀行カードローンで審査通過を狙えますので、ここでは「年収200万円前後+非正規」という属性の方に絞ってピックアップさせて頂きましょう。

    年収200万円前後+非正規の方の審査結果
    属性審査結果/契約内容
    楽天銀行
    • 年収200万円
    • アルバイト(1年)
    • 金利14.5%
    • 限度額10万円
    アコム
    • 年収200万円
    • アルバイト(2年)
    • ブラック状態
    • 金利18.0%
    • 限度額10万円
    プロミス
    • 年収200万円
    • アルバイト(2年)
    • 他社借入1社50万円
    • 金利17.8%
    • 限度額10万円
    三菱UFJ銀行「バンクイック」
    • 年収220万円
    • アルバイト(10年)
    • 他社借入2社計60万円
    • 金利14.6%
    • 限度額10万円
    楽天銀行
    • 年収240万円
    • アルバイト(3年)
    • 他社借入30万円
    • 審査落ち
    三井住友銀行
    • 年収260万円
    • 自営業(2年)
    • 他社借入30万円
    • 金利14.5%
    • 限度額50万円

    消費者金融のカードローン
    銀行カードローン

    年収200万円程度を得ていれば、非正規であっても「楽天銀行スーパーローン」を利用可能。
    …が、「非正規かつ他社借入あり」という状況になると、審査落ちの可能性は高くなります

    あなたが「非正規雇用者かつ、すでに他社でカードローンを利用している」という状況なら、似た属性での審査通過が確認されている他社(三菱UFJ銀行「バンクイック」など)を選ぶのが無難かもしれませんね。

    (3)年収400万円前後+他社借入ありの方の審査通過状況

    おそらく「楽天銀行スーパーローン」利用者のボリューム層であろう、「年収400万円前後」の方の審査結果は以下の通り。
    言うまでも無く「年収400万円、特に問題点なし」の方は大体どのカードローンの審査にも通れるでしょうから、ここでは「すでに他社でお金を借りている」方だけを取り上げさせて頂きました。

    年収400万円前後+他社借入ありの方の審査結果
    属性審査結果/契約内容
    三菱UFJ銀行「バンクイック」
    • 年収350万円
    • 契約社員(8年)
    • 他社借入2社計70万円
    • 金利14.6%
    • 限度額10万円
    楽天銀行
    • 年収380万円
    • 派遣社員(4年)
    • 他社借入1社150万円
      (地銀フリーローン)
    • 金利14.5%
    • 限度額20万円
    三菱UFJ銀行「バンクイック」
    • 年収400万円
    • 会社員(5年)
    • 他社借入+リボ3社計180万円
    • 金利12.0%
    • 限度額10万円
    楽天銀行
    • 年収450万円
    • 会社員(15年)
    • 他社借入2社計130万円
    • 金利14.5%
    • 限度額200万円
      (借り換え目的)
    住信SBIネット銀行
    • 年収500万円
    • 会社員(18年)
    • 他社借入2件計100万円
    • 金利6.99%
    • 限度額150万円
    三井住友銀行
    • 年収500万円
    • 会社員(11年)
    • 他社借入50万円
    • 金利8%台とのこと
    • 限度額230万円

    消費者金融のカードローン
    銀行カードローン

    この辺りまで来れば、年収の半分に達するような借入(または信用情報問題)がない限り、審査通過を見込めます。
    そして楽天銀行は一定以上の属性があれば、年収の半分に達するような限度額の獲得も可能ですが…。

    「借り換え目的の申し込みで限度額200万円を獲得、ただし金利優遇は受けられず14.5%だった」という例を見ても分かる通り、高額契約に成功できたとしても低い金利が適用されるとは限りませんのでご注意ください。

    基本的に、一定以上の属性の方が「楽天銀行」へ申し込む狙いは、

    • 単純に高い限度額が欲しい(借り換え目的含む)
    • 普段使っている銀行の口座を使って返済したい

    のいずれかになるだろうと思います。

    CHECK【100万円借りたい】高限度額に定評あるカードローン&その他借入方法と必要条件
    CHECK48名にアンケート!審査が甘いおまとめローンと属性別・おすすめ申込み先候補

    ★とは言え「普段使っている銀行の口座を使って返済したい」という場合にはまず、「普段使っている銀行」のカードローンをチェックしてみることをおすすめします。
    特に地方銀行や信用金庫であれば、楽天銀行より貸付条件が優れているものも珍しくありません。

    CHECK全112の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう

    楽天市場や楽天カード、楽天銀行の住宅ローンなどを利用していると審査優遇の可能性も

    楽天市場や楽天カード、楽天銀行の住宅ローンなどを利用していると審査優遇の可能性も
    ここでは主に、途上与信審査ではなく初期与信審査、つまり「最初の審査」について解説していきます!

    ①楽天会員ランクに応じて審査の優遇を受けられる(楽天市場、楽天カードなど)

    楽天会員ランクに応じて審査優遇!

    上は楽天銀行スーパーローンの公式HPより。見ての通り、あなたが普段から「楽天市場」「楽天カード」などの楽天系サービスを利用しているのなら、審査優遇を受けられる可能性があるとのこと。「会員ランクに応じて」とのことですので、この会員ランクが高ければ高いほど審査通過(または金利優遇など)に期待しやすくなると見て良いでしょう。

    ★楽天会員ランクアップの仕組み

    ★楽天会員ランクアップの仕組み

    ▲楽天Point ClubHPより
    すでに楽天会員となっている方は、楽天Point Clubにログインして自身の会員ランクを確認してみましょう。

    ★とは言え楽天銀行の審査はやはり「属性重視」。属性が低いと、楽天系のサービスを普段から利用している方であっても普通に審査に落ちてしまいますし、同様の報告も複数確認済みです。
    仮にあなたがダイヤモンド会員であっても、審査優遇には期待しすぎない方が良いでしょう。

    審査難易度は「楽天カード」の方が低い

    楽天銀行スーパーローンへ申し込む方は、やはり普段から楽天系のサービスに馴染みを持っている方が多いです。中でも特に多く見られるのが「楽天カード」ユーザーですが…。

    残念ながら「楽天カード」ユーザーの、「楽天銀行スーパーローン」審査落ち報告は少なくありません

    これは単純に、「楽天カード」と「楽天銀行スーパーローン」に審査難易度の差があるからと見て良いでしょう。審査難易度は「楽天カード」の方がかなり低いと推測されます。

    ②反対に、楽天関連で問題を起こすと審査通過は難しくなるかも……。

    楽天関連サービスをよく使っている方ほど、審査に通りやすいと推測される楽天銀行スーパーローン。
    ですが反対に、楽天関連で問題を起こすと審査に落とされてしまうかもしれません。

    主な原因となるのは楽天カード。この後に解説しますが、楽天カードは楽天銀行スーパーローンの審査に加わっています
    他にも審査を行う会社はあるため、楽天カードで小さな問題(数日程度の延滞など)を起こしていても、100%審査落ちとなるわけではないのですが……。

    確実な審査通過を狙うなら、イオン銀行やアコムなど、関係のない他社を選んだ方が良いかもしれません。(ブラック状態でない方に限る)

    参考『銀行カードローンと保証会社について』

    楽天銀行スーパーローンに通りやすくなるコツって?審査通過率を上げるためにできること

    ここからは、

    • 一応安定収入は得ているが、非正規なので審査が不安
    • ダメ元でも楽天銀行へ申し込みたい

    など、それでも審査が不安!という方のため、考えられる限りの「審査通過率を上げるコツ」についてお話しさせて頂きます。

    ①他の借入(件数、融資残高)を減らしておくか、「借り換え」目的で申し込む

    審査において、最も重視されるマイナスポイントは「他社借り入れ」。残高にもよりますが、他社借り入れがあるだけで審査難易度は跳ね上がってしまいがちです。

    すでに他社借り入れのある方は、できる限り借り入れ件数や借り入れ残高を減らしておきましょう。

    …とは言え現実問題として他社借入を減らすことが難しいという方も多いでしょう。
    この場合は申込時の利用目的に、「借換」を選択することをおすすめします。

    CHECK【楽天銀行カードローン】他社借入アリで新規審査に通るには?カギは「利用目的」

    ★ただし上でも触れた通り、

    • 非正規かつ他社借入がある(目安年収300万円~の方除く)
    • 年収にかかわらず、その半分に達するような額の他社借入がある

    といった方の審査通過は困難。これは楽天銀行以外のカードローンにおいても同様です。あらかじめご承知おきください。

    ②信用情報機関で自分の個人信用情報の開示をする

    これまでに他の金融機関の審査に落ちたことのある方、もしくは金融事故を起こしたことのある方は、個人信用情報を確認しておきましょう。

    「個人信用情報」とは簡単に言うと、あなたの「後払いサービス」の利用履歴のこと。

    あなたがこれまでに金融機関を利用した履歴は、すべて個人信用情報機関というところに保存されています。ここに悪い情報が残っていると「ブラック状態」とみなされてしまうわけですね。
    ブラック状態の方は100%審査落ちとなってしまいます。

    仮にこの情報を閲覧し、何らかの問題があったなら……。
    その記録が消えるのを待って申込みを行うことで、審査通過率を上げられるかと思います。

    気を付けないといけないのは、ごく稀に「誤った情報が記載されている」こともあること! (以前、ソフトバンクにて信用情報に誤登録された事件がありましたよね。)

    金融事故の心当たりがないのに、これまで審査落ちしてきたなら、一度、信用情報の開示をしておいたほうがよいでしょう。

    参考:「信用情報にキズが残る」要因と期間
    「ブラック未満のキズ」が残る要因
  • 何らかの後払いサービス(各種ローン、クレジットカード、携帯電話端末の分割払いなど)を1ヶ月程度延滞
  • ※ただしこの情報を信用情報機関に報告するか否かは金融機関の判断による。
    そのため実際に信用情報を閲覧するまで、この記録が残っているかどうかは分からない

    ブラック入りの主な要因
  • 何らかの後払いサービスを2ヶ月以上延滞し、その「完済・清算」から5年以内である
  • 何らかの後払いサービスで、5年以内に強制解約処分を受けた
  • 5年以内に債務整理をした
  • ※自己破産、個人再生については官報情報が残ることから、5年が経過しても審査落ち要因となる

    ※代表的な内容のみ記載
     
    詳しい開示方法については『自分の借金を調べる方法』を参考にしてください。

    ★あなたが現在いわゆる「ブラック状態」にあるのなら、楽天銀行での審査通過はほぼ不可能と見て良いでしょう。ブラックでも利用できる、消費者金融会社への申込みをご検討ください。

    一方、「ブラック未満の延滞」(2年以内に1ヶ月程度の延滞)が残っている程度であれば、半ばダメ元の形でも審査を受ける価値はあるかと思います。

    ★公共料金や税金の延滞が個人信用情報に影響を及ぼすことはありません。
    (各料金をクレジットカードで支払っており、そのカードの支払いが滞った場合を除く)

    ③小さな限度額で申し込むと、審査に通りやすくなる ← 関係なし!

    楽天銀行ではあなたの返済能力に合わせて限度額が設定されるため、低い限度額で申し込むことで審査が有利になることはありません

    rakuten-judgment2_03

    ▲最大限度額での申し込みが推奨されている楽天銀行の申し込みフォーム
    「大きすぎる限度額をもらってしまうと、必要以上に使ってしまいそう……。」という方のみ、希望利用限度額を調整して申し込みを行ってください。

    楽天銀行の銀行預金を入れておくと審査に通りやすくなる?

    楽天銀行が公式に発表しているわけではないため、あくまでも憶測ですが……。

    楽天銀行をはじめ、楽天カードや楽天市場を頻繁に問題なく利用されている方は、審査で優遇される可能性があります。

    系列企業の関わりが強い楽天グループ。先述の通り、楽天会員ランクに応じて審査の優遇もございます。

    ※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。

    とは言え、もともとさほど厳しい審査を行っているわけではないため、楽天グループを利用するのが初めてでもあまり気にする必要はありません。

    ④ただし属性自体はどうにもならないので、不安があるなら最初から他社を選ぶのが無難

    「審査通過率を上げるコツ」として挙げられるのは、

    • 他社借入を減らす(現実的でないかも)
    • もし個人信用情報に問題があれば、それが消えるまで待つ

    くらいのもの。

    結局のところ楽天銀行の審査はすぐには変えがたい「属性」重視であり、小手先の工夫で審査結果を変えることは困難と言わざるを得ません。

    そのため実際に現実的な手段となると、

    • 最初から、より審査に通りやすいとされる申込み先を選ぶ
    • ダメ元で楽天銀行に申し込んで、その後のことは審査結果を見て決める

    の二択と言わざるを得ないでしょう。

    ちなみに1社のカードローンの審査に落ちてしまうことに、さほどのデメリットはありません。
    どうしても借入先に楽天銀行を選びたいのであれば、半ば「ダメ元」での申込みも視野に入るかと思います。

    JUMPよくある質問>楽天銀行より審査の甘いカードローンについて教えてください。

    ★ただし短期間にあまり多くのカードローンへ申し込みを行うと、一時的に審査が不利に進みやすくなります(いわゆる申し込みブラック)。あらかじめご承知おきください。

    楽天銀行スーパーローン、審査の流れと必要書類

    「審査に通過できそう!」と思ったら、申し込み後の流れを確認してみましょう。

    ①契約までの流れ

    「楽天銀行スーパーローン」契約の流れ

    インターネットから申し込み
    メールで仮審査結果連絡
    (ここまで最短当日)
    勤務先への在籍確認
    (回避不可)
    携帯電話に契約内容確認
    ※在籍確認と前後する場合あり
    メールの案内に従い、必要書類の提出
    (運転免許証など)
    メールで本審査結果連絡
    (ここまで最短翌営業日、実際は2日~が多い)
    メールに従い契約手続き
    任意の口座に振込
    (希望者のみ)
    各ATMで使えるローンカードの郵送
    (ここまで1週間~、郵送物の回避不可)
    口座振替依頼書に記入し返送
    (口座は楽天銀行のものでなくても良い)

    地方銀行などと比較すれば、比較的早く融資を受けられる楽天銀行ですが、融資スピードに特化した金融機関ではありません。借入までに必要な日数の目安は1週間ほどとなります。

    「絶対に即日融資を受けたい!」という方は、即日融資に力を入れているカードローンを選びましょう。
    即日融資に強いカードローンランキング

    ★楽天銀行含む全銀行カードローンにおいて、本審査結果が出るのは平日のみとなります。
    これは2018年以降、銀行カードローンの審査に警察庁データへの照会(平日以外不可)が義務付けられたことによります。

    ▲楽天銀行公式ページより引用

    ②楽天銀行スーパーローンの必要書類

    楽天銀行スーパーローンの必要書類
    本人確認書類(本人書類)以下(1)(2)のいずれか

      (1)以下のうち1点

    • 住民票の写し(原本)
    • 印鑑登録証明書(原本)
      (2)以下のうち2点

    • 運転免許証(裏面に変更情報がある場合、表面及び裏面)の写し
    • 健康保険証(お名前、生年月日、ご住所欄)の写し
    • パスポート(日本国内で発行のもの。顔写真および所持人記入欄)の写し
    • その他当行が指定する本人確認書類

    収入証明書類
    一点
    • 源泉徴収票
    • 課税証明書
    • 確定申告書
    • 給与明細

    住民票の写しや印鑑登録証明書は市区町村役所などで発行できますが、お手元にない場合には本人確認書類2点を使うのが一般的でしょう。

    各書類は「スマートフォン等で撮影+所定の場所でアップロード」という形で提出できます。書類さえ用意できれば、そこまでの手間は掛かりません。

    ③注意!在籍確認方法は会社への電話のみ

    rakuten-judgment2_05

    ▲楽天銀行公式ページより引用
    あなたが、申し込んだ通りの会社に勤めていることを金融機関が確認する「在籍確認」。楽天銀行も他社と同じく、電話での在籍確認を行っています。
    在籍確認の会話例

    楽天銀行では、アイフル三井住友銀行のように、電話の代わりに在籍を証明する書類(保険証、給与明細など)で在籍確認を行ってもらうことはできません。

    ちなみに、会社が休業日だった場合には在籍確認が取れるまで審査持ち越しとなります。

    「在籍確認の電話は困る! でも、早く審査を終わらせてキャッシングしたい!」という場合は、『誰にもバレずにお金を借りる方法』を参考にして、最適なカードローンを検討してみてくださいね!

    ★会社の個人情報管理が厳しく、在籍確認に失敗してしまった場合は楽天銀行に判断を任せることになります。
    多くの場合は収入を証明する書類などを提出することとなるでしょう。 

    ④楽天銀行の銀行口座は開設不要!

    楽天銀行スーパーローンを利用する上で、楽天銀行の口座を開設する必要はありませんみずほ銀行など、自社口座の開設が必要となる銀行カードローンに比べると、気軽に利用しやすいと言えるでしょう。

    ただ、楽天銀行口座を持っているとメンテナンス時間を除く24時間365日、いつでも振り込みキャッシングを受けられます。
    カードローンの審査に通ったら、楽天銀行口座を開設しておくのも良いですね。

    ちなみに「楽天銀行スーパーローン」は銀行カードローンには珍しく、毎月の引き落とし日を

    • 1日
    • 12日
    • 20日
    • 27日(楽天銀行ユーザーのみ)

    の中からお選びいただけます(一部金融機関に例外あり)。

    ★楽天銀行スーパーローンの返済仕様について詳しくは、以下の公式HPをご覧ください。
    CHECK楽天銀行公式HP「カードローンの返済方法」

    ⑤楽天銀行でスピード融資を受ける方法:初回利用ならカード不要の銀行振込で!

    楽天銀行とのカードローン契約後、各ATMで使えるカードが届くまでに利用できる借入方法は「銀行振込」のみとなります。プロミスレイクALSAと異なり、楽天銀行の振込対応時間は原則として「平日9時~15時」のみですのでご注意ください。

    また振込には最長15分ほどを要するようで、当日中の振込には原則「平日14:45」までの振込手続きが必要となります。

    ★振込手続き自体はインターネット会員サイトから、簡単に済ませられます。

    ★楽天銀行口座を持っていれば、メンテナンス時間を除き24時間365日振り込み融資を受けられます。

    ★カード到着後は各ATMを使った振込も可能となります。

    利用できるATMやその手数料については、以下の公式HPをご確認ください。

    CHECK楽天銀行公式HP「カードローン提携CD・ATMについて」

    楽天銀行スーパーローンに関するよくある質問と回答

    楽天銀行スーパーローンに関するよくある質問と回答

    最後に、「楽天銀行スーパーローン」に関するよくある質問にお答えしてきます。

    ①そもそも「楽天銀行スーパーローン」は他のローンに比べて優秀なのでしょうか?

    答えから言うと、

    • 「好きな金融機関の口座を使い、引き落とし返済ができる」「インターネット上で契約が完了する」という点では優秀
    • 金利面は普通、ただし限度額が高いほど他社より高金利となりやすい

    というのが実際のところ。使い勝手は良いですが、100%優秀なローンとまでは言えません。

    よって楽天銀行へ申し込むべきは、原則

    • 普段使っている銀行のカードローンは、契約が面倒そう
    • 普段使っている銀行のカードローンの条件が、楽天銀行より悪い
    • 普段使っている銀行のカードローンを既に利用している

    といった方になるかと思います。

    もしも普段使っている銀行の取り扱いカードローンをまだチェックしていないのであれば、まずはそちらへの申込みを検討してみると良いでしょう。

    楽天銀行スーパーローン


    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.9%~14.5%10万〜800万円公式HP参照最短翌日
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~62歳
    • 本人または配偶者に安定収入がある
    • 国内在住で、日本国籍または永住権を持っている
    • 不可
    ※1 ただしパート・アルバイト、専業主婦の場合は60歳まで

    ポイント

    • 口座開設不要、お持ちの銀行口座にスマホで入金まで完結
      初心者、40~50代の方におすすめ
    • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可
    • 借り換えにも対応
    • 郵送物の回避不可

    ※ 申込にあたり、楽天銀行もしくは保証会社の審査結果によっては契約できない場合もございます。



    その他のポイント

    • 借換利用可

      ┗ただし安定収入のある正規雇用者でないと、他社借入を抱えた上での審査通過は厳しい

    • 振込融資は楽天銀行口座宛てのみ24時間対応、その他は平日日中のみ

    参考:ライバルとなる銀行カードローンとの比較(クリック/タップで開閉)
    楽天銀行
    • 上限金利14.5%
    • 口座開設不要、任意の口座で返済可
    住信SBIネット銀行(プレミアムコース)
    • 上限金利7.99%
    • 住信SBIネット銀行の口座開設&引落し必須
    • 目安年収400万円~
    • すでに口座があれば郵送物なし
    アイフルファーストプレミアムカードローン
    • 上限金利9.5%
    • 口座開設不要、任意の口座で返済可
    • 郵送物の回避可
    • 即日融資可
    • 年収300万円~必須
    • 限度額は年収の3分の1まで
    三井住友銀行
    • 上限金利14.5%
    • 口座開設不要(ただし引落返済には口座必須)
    • 三井住友銀行口座宛てに限り24時間振込
    • 来店契約時、郵送物なし
    • 在籍確認に融通が利く
    三菱UFJ銀行「バンクイック」
    • 上限金利14.6%
    • 口座開設不要(ただし引落返済には口座必須)
    • 楽天銀行より明らかに審査難易度が低い
    • 来店契約時、郵送物なし(諸条件あり)
    新生銀行
    • 上限金利14.8%
    • 口座開設不要、任意の口座で返済可
    • 各金融機関宛てに24時間振込融資
    • すでに口座があれば郵送物のカット可
    • 在籍確認に融通が利く

    ★ちなみに楽天銀行の強みである、

    • 任意の金融機関の口座を使って返済可能
    • インターネット上で契約が完了

    という強みは「アイフルファーストプレミアムカードローン」(上限金利9.5%)と完全に共通します。

    「アイフルファーストプレミアムカードローン」は年収の3分の1を超える借入に対応しておらず、審査難易度も楽天銀行より高め(必須年収300万円~)ですが……。
    限度額と審査難易度にさえ問題が無いのなら、優先されるのは金利が低い「アイフルファーストプレミアムカードローン」の方でしょう。

    CHECKアイフル・ファーストプレミアムカードローンのメリット・デメリット&即日融資の流れ

    ②金融ブラック、あるいはそれに近い状態でも審査通過は可能でしょうか?

    ブラック要因の中でも比較的軽視されやすい「債務整理」経験者でさえ審査に通過できなかったことから、ブラック状態での通過はほぼ不可能と見て良いでしょう。これ自体は多くの銀行カードローンに共通する内容です。

    これまで確認された楽天銀行の審査結果
    属性審査結果、契約内容
    • 年収270万円
    • 会社員(3年)
    • 2行で計80万円借入中
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 5年以内に債務整理(ブラック状態)
    • 審査落ち
    • ブラック状況下、楽天銀行の申込前に北日本銀行で審査通過(50万円)

    一方、「2年以内に1ヶ月程度の延滞」といった「ブラック未満の信用情報問題」がある方については未知数と言わざるを得ません。

    ……とは言えこれに該当する方については、他行カードローンにおいていくつか審査通過例が確認されています。
    よって「ブラックではないが、クレジットカード等を延滞したことがある」程度の問題であれば、半ばダメ元の気持ちで申込みを行ってみても良いかと思います。

    ③楽天カードや楽天銀行の口座等を利用していることで、審査通過率は上げられますか?

    これに関して外部から確認することはできませんが……。
    少なくとも「楽天カード」「楽天銀行口座」ユーザーの審査落ち例はまったく珍しくありません。実際、上に挙げた方の中にも「普段から楽天カードや口座を使っていたのに…」という方は複数見受けられました。

    よって仮に楽天グループの利用履歴がプラスに働くとしても、その程度は微々たるものであり、審査結果を動かすようなものではないでしょう。
    要は楽天のヘビーユーザーであっても、審査に落ちてしまうことは十分あり得るということですね。

    ④楽天カードと比べて審査が甘いのはどちらですか?

    「楽天カードを持っているのに、スーパーローンの審査に落ちた」という報告は非常に多いです。よって審査難易度が低いのは明らかに「楽天カード」の方と言って差し支えないでしょう。

    また「楽天銀行スーパーローン」の保証会社は楽天カード社ですが……。
    2つの審査基準や内容に大きな関わりは無いと考えておいた方が無難かと思います。

    ★ちなみに過去に楽天カードで何らかの問題(強制解約処分など)を起こしている場合、楽天銀行スーパーローンでの審査通過は難しくなります。

    ⑤適用される限度額の目安について教えてください。

    各アンケート結果から簡単にまとめると、以下のようになります。

    属性ごとの限度額目安
    非正規雇用者
    (アルバイト等)
    10万円~50万円
    専業主婦
    または被扶養者
    50万円
    ※他社借入などがない場合
    安定収入のある正規雇用者最高で年収の2分の1

    他社借入の有無、勤続年数などによって変動することはあるかと思いますが……。
    少なくとも今のところ、「年収400万円未満の非正規雇用者」が50万円超の限度額を獲得できた例は確認されていません。

    一方、あなたが安定収入のある正規雇用者なら、最高で年収の2分の1程度までの契約を狙えることでしょう。

    ⑥楽天銀行より審査に通りやすいローンについて教えてください。

    分類別にまとめると以下のようになります。

    アルバイト等での通過例が多い申込み先候補
    消費者金融
    プロミス
    • 24時間振込対応、サービス優秀
    • 年収100万円未満やブラック状態での通過も複数確認
    レイクALSA
    • 24時間振込対応、60日無利息などサービスはプロミスより優秀
    • プロミスより審査難易度はやや高いが、楽天銀行よりは低い
    アイフル
    • 2020年4月現在確認できる最新の「成約率」はプロミスを上回る
    • ただしサービスは一段下
    アコム
    SMBCモビット
    • 低い属性でも審査通過を狙いやすいが、サービス面から優先順位は低め
    銀行カードローン
    三菱UFJ銀行「バンクイック」
    • 年収200万円の非正規雇用者の通過を複数確認
    • アルバイト+他社借入ありでの通過報告が他行よりかなり多い
    • 口座開設不要
    みずほ銀行カードローン
    • 個人の収入より世帯収入を重視する模様。年収100万円の実家暮らしの方の通過例を複数確認
    • みずほ銀行の口座開設が必要
    その他地銀カードローンなど
    • 普段から口座を使っている銀行ならある程度、審査上の優遇を受けられるかも

    三菱UFJ銀行、みずほ銀行といった大手のカードローンの審査難易度が「楽天銀行」より低いとされるのは、やや意外に映るかもしれませんね。

    年収100万円未満、あるいは信用情報に明らかな問題があるのなら、各消費者金融会社を選ぶべきですが……。
    「楽天銀行の審査に通過できるか微妙なところ」といった場合には、三菱UFJ銀行「バンクイック」あたりへの申込みも併せて検討したいところです。

    CHECK【年収100万円~】銀行カードローン申込者50名に聞いた!審査の甘い銀行と体験談
    CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン

    まとめ

    楽天銀行スーパーローンの審査通過条件目安
    (1)以下の条件をすべて満たすこと
    • 20歳~62歳(パート・アルバイトの場合60歳まで)
    • 本人、もしくは配偶者に安定した収入がある
    • 外国籍の場合、永住許可を受けている
    • いわゆる「ブラック状態」でない
    • すでに他社から、年収の半分に達するようなお金を借りていない※
    (2)以下のいずれかの条件を満たすこと
    • 非正規(パート・アルバイト含む)でもいいので、年200万円程度の年収がある
      ┗非正規の場合、他社借入※はゼロ件が望ましい
    • 正規雇用者である
    • 安定収入のある配偶者の扶養に入っている
    ※ここではカードローン、キャッシング残高のみを指し、自動車ローンや住宅ローン等は含まない

    何となく審査が甘そうなイメージと異なり、「属性重視」の審査を行う「楽天銀行スーパーローン」。その性質上、特に「他社借入を抱えるアルバイター」の方などにおすすめすることはできませんが…。

    • 好きな金融機関の口座を使って返済ができる
    • ネット上で契約手続きを済ませられる
    • 一定以上の属性があれば、高限度額契約も可能

    といった利点は確か。

    審査通過可能性がありそう、かつ「楽天銀行」のメリットに魅力を感じたなら、申込みを決めてしまって良いだろうと思います。

    CHECK楽天銀行カードローン、申込み前に知っておくべき6つのデメリットを徹底解説!
    CHECK楽天銀行スーパーローンは借り換えローンとして優秀?10の体験談から見る審査難易度

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    楽天のカードローンには審査はありますし、借りたお金は返さなければなりません。返済額は毎月2000円からとなっていますが、収入が安定していないからこそ、借り入れは慎重に検討を!

    この記事でチェックしたカードローン情報

    楽天銀行スーパーローン


    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.9%~14.5%10万〜800万円公式HP参照最短翌日
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~62歳
    • 本人または配偶者に安定収入がある
    • 国内在住で、日本国籍または永住権を持っている
    • 不可
    ※1 ただしパート・アルバイト、専業主婦の場合は60歳まで

    ポイント

    • 口座開設不要、お持ちの銀行口座にスマホで入金まで完結
      初心者、40~50代の方におすすめ
    • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可
    • 借り換えにも対応
    • 郵送物の回避不可

    ※ 申込にあたり、楽天銀行もしくは保証会社の審査結果によっては契約できない場合もございます。



    

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。
    • ローン利用時に発生したトラブルや疑問は、各カードローン会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい