楽天銀行スーパーローンはおまとめローンとして優秀?10の体験談から見る審査難易度

    楽天銀行スーパーローンはおまとめローンとして優秀?10の体験談から見る審査難易度

    審査が不安な 佐藤さん
    複数のカードローンを抱えており、毎月の返済が厳しい。
    楽天銀行スーパーローンなら何となく審査も甘そうだし、借入を一本化してくれないかな?

    そうお考えのあなたが、

    • 安定収入を得ている正規雇用者
    • 配偶者の扶養に入っている

    といった立場にあるなら、楽天銀行への申込みを検討する価値は十分。

    ……その一方で、アルバイトはじめとする非正規雇用者や自営業者の方が「おまとめ」審査に通過することは、他社借入の金額にかかわらず厳しいと言わざるを得ないでしょう。

    今回はそう言える根拠となる10のアンケート結果をもとに、楽天銀行の審査基準、その他おまとめに関する基本情報や、よくある質問への回答をまとめました。

    【管理人】山本
    読み進めて頂ければ、今のあなたが「楽天銀行」での審査結果に期待を抱けるか否かが分かります。
    楽天銀行に「おまとめ専用ローン」は存在しません。
    ここではおまとめにも利用できる、「楽天銀行スーパーローン(カードローン)」への申し込みを前提に、解説を進めさせて頂きます。
    楽天銀行スーパーローン


    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.9%~14.5%10万〜800万円公式HP参照1週間~
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~62歳※1
    • 本人または配偶者に安定収入がある
    • 国内在住で、日本国籍または永住権を持っている
    • 不可
    ※1 ただしパート・アルバイト、専業主婦の場合は60歳まで

    ポイント

    • 口座開設不要
    • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可
    • 郵送物の回避不可

    ※ 申込にあたり、楽天銀行もしくは保証会社の審査結果によっては契約できない場合もございます。


    ↑8月25日まで限定↑
    新規入会で金利半額キャンペーン中!

    事前にチェック!楽天銀行で借り換えを成功させている人の共通項

    「まずは自分が審査に通過できそうか知りたい!」というあなたのため、これまで実施したアンケート調査の中から、楽天銀行での借り換えに成功した方の共通項をまとめました。

    楽天銀行での借り換えに成功された方の共通属性

    1. 正規雇用者(正社員)で、他社債務※が年収の半分以下
    2. 配偶者の扶養に入っており、他社債務※が50万円以下

    ※他社カードローン/フリーローン借入額+ショッピングリボ残高

    例外的に、非正規であっても安定収入(目安年350万円~)であれば審査に通過できることもあるようですが……。

    基本的に、上の2つの条件のいずれかに合致しないようであれば、楽天銀行への申込みはリスキーと言わざるを得ません。

    楽天銀行より「おまとめ」難易度の低いローンはいくつも存在しますので、特にあなたが非正規雇用者(アルバイト等)であるのなら、最初から他社を選ぶのが無難でしょう。

    CHECK29名にアンケート!おまとめローンの審査基準・通過条件と審査結果一覧
    CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン

    これまで確認された楽天銀行の審査結果
    属性審査結果、契約内容
    • 年収0万円
    • 専業主婦
    • 安定収入ある配偶者の扶養下
    • クレジットカードリボ残高あり(2社以上、金額不明)
    限度額50万円
    (金利14.5%)
    • 年収103万円
    • パート(6年)
    • クレカキャッシング30万円
    • 安定収入ある配偶者の扶養下(ほぼ専業主婦扱いか)
    限度額40万円
    (金利10.15%)
    • 年収240万円
    • アルバイト(3年)
    • 消費者金融で30万円借入中
    • 審査落ち
    • この後プロミスで審査通過(30万円)
    • 年収250万円
    • 会社員(2ヶ月)
    • 他行で40万円借入中
    限度額10万円
    (金利14.5%)
    • 年収270万円
    • 会社員(3年)
    • 2行で計80万円借入中
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 5年以内に債務整理(ブラック状態)
    • 審査落ち
    • ブラック状況下、楽天銀行の申込前に北日本銀行で審査通過(50万円)
    • 年収380万円
    • 派遣社員(4年)
    • 他行で150万円借入中
    • 限度額20万円
      (金利14.5%)
      ※希望額50万円
    • 年収400万円
    • 会社員(19年)
    • 他行で48万円、消費者金融で133万円の借入あり
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 審査落ち
    • 年収400万円
    • 自営業(7年)
    • 消費者金融2社で計100万円の借入あり
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 審査落ち
    • この後フクホーで審査通過(20万円)
    • 年収450万円
    • 会社員(15年)
    • 消費者金融2社で計130万円の借入あり
    • 限度額200万円
      (金利14.5%)
      ※希望額同額
    • 年収500万円
    • 会社員(9年)
    • 他行で50万円借入中
    • 既婚、子供あり
    • 限度額100万円
      (金利14.5%)
      ※希望額70万円
    ※「他社借入はあるが、おまとめ目的ではない申込み」を含みます。
    ※スペースの都合上掲載していませんが、いずれもアンケート回答の際に「申込みが事実であることを証明できる画像」を提出頂いています。

    銀行系カードローンの中でも楽天銀行は大口融資に積極的、ただし…。

    ここからは「楽天銀行」への審査結果に期待を持てそう、というあなたのため、借り換え利用を想定した場合の「楽天銀行スーパーローン」の特性についてお話しさせて頂きます。

    ①楽天銀行スーパーローンの基本情報

    現行の「楽天銀行スーパーローン」基本情報は以下の通りです。

    楽天銀行スーパーローン


    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.9%~14.5%10万〜800万円公式HP参照1週間~
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~62歳※1
    • 本人または配偶者に安定収入がある
    • 国内在住で、日本国籍または永住権を持っている
    • 不可
    ※1 ただしパート・アルバイト、専業主婦の場合は60歳まで

    ポイント

    • 口座開設不要
    • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可
    • 郵送物の回避不可

    ※ 申込にあたり、楽天銀行もしくは保証会社の審査結果によっては契約できない場合もございます。


    ↑8月25日まで限定↑
    新規入会で金利半額キャンペーン中!

    その他のポイント
    振込融資は楽天銀行口座宛てのみ24時間対応、その他は平日日中のみ
    限度額ごとの適用金利
    限度額適用金利
    100万円未満14.5%
    100万円
    ~200万円未満
    9.6%
    ~14.5%
    200万円
    ~300万円未満
    6.9%
    ~14.5%
    300万円
    ~350万円未満
    4.9%
    ~12.5%
    350万円
    ~500万円未満
    4.9%
    ~8.9%
    ※限度額500万円以上の際の適用金利については、公式HPをご覧ください。
    ※他社借入がある場合、多くはその限度額帯に対する最高金利が適用されます(詳細後述)。

    貸付条件自体はごく一般的。上限14.5%という金利は特別高いものでも低いものでもありません。

    とは言え公式HP上で「借り換え」目的での利用を推奨していることから、
    すでに他社でお金を借りている方にとって申し込みやすい
    他社借入があっても十二分に審査通過を狙える
    ローンであることは確かでしょう。

    ▲楽天銀行公式HPより
    ……ただ、「おまとめ」に定評のある他社ローンにおいては、楽天銀行よりはるかに低い金利を設定しているものも多いです。
    代表格は「住信SBIネット銀行」(プレミアムコース適用時、上限7.99%)ですね。
    「低金利」を最重視するのであれば、楽天銀行のカードローンは選択肢に入りづらいと言ってしまって構いません。

    基本的にこのローンのメリットは、

    • 好きな金融機関の口座を使って返済ができる
    • インターネット上で契約が完結する
    • 安定収入があれば高限度額を得やすい(後述)

    といった点にあります。

    CHECK低金利おまとめローンなら住信SBIネット銀行がベスト!ただし…。金額別金利比較も

    総量規制は対象外、最大で年収の2分の1程度まで契約可能

    カードローンについて調べていると、必ず行き着くのが「総量規制」というキーワード。
    これは簡単に言うと、「年収の3分の1を超えるお金を借りられない」という業界のルールですが……。

    このルールに縛られるのは「貸金業法」が適用される貸金業者、つまり消費者金融会社やクレジットカード会社だけ。よって「銀行」である楽天銀行には何の関係もありません
    そのため、楽天銀行さえ認めてくれたなら、年収の3分の1を超える借入も可能です。

    実際、安定収入(目安年350万円~)を得ている方において、年収の3分の1超の契約に成功された例は珍しくありません。
    各例を見たところ、あなたに審査上のマイナス点が無ければ、最高で年収の2分の1程度まで借入が可能なようですね。

    楽天銀行での大口契約成功例(他社借入が無い方の情報を含む)
    属性審査結果、契約内容
    • 年収380万円
    • 会社員(6年)
    • 限度額200万円
      (金利10.9%)
    • 年収450万円
    • 会社員(15年)
    • 消費者金融2社で計130万円の借入あり
    • 限度額200万円
      (金利14.5%)
    • 年収520万円
    • 会社員(6年)
    • 限度額200万円
      (金利12.3%)
    • 年収650万円
    • 会社員(14年)
    • クレカキャッシング5万円程度
    • 限度額300万円
      (金利9.9%)

    ……ただしこの「大きな限度額の契約を結びやすい」という特長は「住信SBIネット銀行」他、多くの

    に共通する内容でもあります。

    また楽天銀行の場合、「年収300万円以下の非正規雇用者」が、50万円を超える限度額を獲得できた例は確認されていません。

    ②最低支払額は150万円のおまとめ利用で月2万円と低額

    おそらくあなたが「おまとめ」を利用したいとお考えの理由は、月々の返済負担の重さにあることでしょう。

    もしもあなたが「楽天銀行」での借り換えに成功できたなら、毎月の返済額の大幅削減に期待できます。
    現在お抱えの債務の合計額に見当を付けた上で、「楽天銀行」の最低返済額(引き落とし額)をご覧ください。

    楽天銀行、借入残高に対する毎月の返済額
    借入残高最低返済額
    (引き落とし額)
    10万円以下2,000円
    10万円超~30万円5,000円
    30万円超~50万円10,000円
    50万円超~100万円15,000円
    100万円超~150万円20,000円
    150万円超~200万円30,000円
    200万円超~250万円35,000円
    250万円超~350万円40,000円
    ※借入額350万円超の場合の返済額については公式HP等をご覧ください。

    例えば、

    • プロミスで50万円(返済額月1.3万円)
    • アコムで50万円(返済額月1.5万円)
    • 三井住友銀行で50万円(返済額月1万円)

    を借りている方が「楽天銀行」での借り換えに成功できたなら……。

    月の最低返済額は、計38,000円から20,000円となり、毎月の負担額を半分近く削減できるわけですね。

    「借金に追われて生活が厳しい」といった場合にこそ、「おまとめ」の効果は高いと言えます。

    ただし「毎月の返済額が軽くなる」ことは良いことばかりではない…

    楽天銀行での「借り換え」に成功できたなら、多くの場合で毎月の返済額負担の軽減が可能。
    ただし「毎月の返済額負担が減る」ということは「返済が長引く」「返済が長引いた分、利息が発生しやすくなる」ということでもあります。

    特に毎月の返済額が業界間で見ても軽く、さらに「返済が進むと自動的に引き落とし額が減る」楽天銀行の場合、このデメリットには十分注意しておく必要があるでしょう。

    100万円を借りる場合の支払い総額比較(金利14.5%)
    毎月自動引き落としのみで返済
    (1.5万円
    →1万円
    →5千円
    →2千円)
    2,357,620円
    (291回/24年3ヶ月)
    一貫して毎月3万円を返済1,287,578円
    (43回/3年7ヶ月)
    差額1,070,043円

    ★長期間の返済が厳しい、あるいは多額の利息負担が馬鹿らしく思えるようなら、5年間のブラック入りを覚悟した上で「任意整理」の利用もご検討ください。
    借入件数によっては司法書士などへの依頼費用も10万円以下で済むことでしょう。

    ★「ブラック入りは避けたいが、もっと短い期間で返済したい」という場合には、証書貸付型(貸し切り型)の「おまとめ専用ローン」「フリーローン」をご利用ください。

    CHECK29名にアンケート!おまとめローンの審査基準・通過条件と審査結果一覧

    ★ちなみに楽天銀行の最低返済額自体は、他行に比べて極端に低いというわけではありません。

    CHECK5.楽天銀行スーパーローンと他社ローンの比較

    ③余った限度額は自由に使える

    「楽天銀行スーパーローン」は限度額の範囲内で何度でも使える「カードローン」商品。そのため借り換え後、限度額に余剰が出たなら、その分は自由にご利用いただけます。これは各「おまとめ専用ローン」や地銀などのフリーローンに対する大きな差別化点の一つですね。

    ……ただし言うまでもなく、「借金断ちをしたい」とお考えなら、この点はデメリットともなり得ることでしょう。
    「もうお金を借りたくない」とお考えなら、あえて「追加借入のできないローン」を選ぶことも検討したいところです。

    CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン

    ★ただし審査の結果、「返済専用ローン」として「楽天銀行スーパーローン」が提供されることもある模様。
    この場合、追加借入は不可能となります。

    ④ただし審査はかなりの「属性重視」、扶養下でない非正規従業員のおまとめ成功は厳しい

    • 上限金利は普通だが、高限度額を獲得しやすい
    • 好きな金融機関の口座で返済できる
    • おまとめに成功できれば、月々の返済負担を減らせる(※デメリットにもなり得る)
    • 限度額に余剰が出れば、その分は自由に使える(※デメリットにもなり得る)

    といった利点を持つ「楽天銀行スーパーローン」。
    そんな中、このローンの最大の難点と言えるのがその「審査基準」でしょう。

    これまで30名超の「楽天銀行スーパーローン」利用者にアンケート調査を行ってきましたが……。

    • 年収350万円~の正規雇用者が高限度額を獲得できた

    という報告が複数確認されている一方、

    • 年収300万円以下の非正規雇用者が、他社借入を抱えながら審査に通過できた

    という報告は一切見当たりません。一方、これに該当する条件の方の審査落ちは複数確認済みです。

    こういった結果から察するに、楽天銀行スーパーローンの審査はかなりの「属性重視」。
    より端的に言えば、「安定収入のある正規雇用者(とその被扶養者)に優しく、非正規雇用者や自営業者に厳しい」内容と言って良いでしょう。

    楽天銀行で借り入れを成功させる目安要件

    楽天銀行での借り入れを成功させられるのは、目安として

    • 安定収入のある正規雇用者と、その被扶養者(年収103万円以下の方)
    • 非正規でも、年収350万円以上の方

    といった属性の方となります。あらかじめご確認ください。

    ★ただしこれまで楽天銀行では、「年収400万円の自営業者」の審査落ちが確認されています。自営業者に対する扱いは、派遣社員などに比べても厳しいと見て良いでしょう。

    CHECK【審査落ち続出?!】自営業者に楽天銀行スーパーローンは鬼門?詳細口コミと代替案

    ★各審査結果を見る限り、本人の収入が高くない既婚者に関しては「安定収入のある配偶者がいるかどうか」ではなく「配偶者の扶養に入っているかどうか」が重要となる模様。
    これは楽天銀行独特の傾向と言えます。

    参考:楽天銀行利用者アンケートより
    属性審査結果、契約内容
    • 年収103万円
    • パート(6年)
    • クレカキャッシング30万円
    • 安定収入ある配偶者の扶養下
    限度額40万円
    (金利10.15%)
    • 年収150万円
    • 派遣社員(2年)
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 審査落ち
    • この後みずほ銀行で審査通過(10万円)

    ⑤おまとめ利用時は金利が高めに設定されやすい

    14.5%という上限金利自体はごく標準的な「楽天銀行スーパーローン」。

    ですがこの上限金利は限度額290万円に達するまで変動しません
    そして各アンケート結果を見る限り、「おまとめ」利用時の適用限度額は、各限度額帯の最高金利が適用されやすい模様。

    このことから、楽天銀行では特に他行で金利引き下げが開始されやすい「限度額100万円」以上を獲得するとき、つまり楽天銀行で100万円以上を借り換えるとき、他行に比べて高金利となる可能性が非常に高いです。

    参考:高限度額が適用された方の契約内容
    属性審査結果、契約内容
    • 年収380万円
    • 会社員(6年)
    • 他社借入なし
    • 限度額200万円
      (金利10.9%)
    • 年収450万円
    • 会社員(15年)
    • 消費者金融2社で計130万円の借入あり
    • 限度額200万円
      (金利14.5%)
    • 年収500万円
    • 会社員(9年)
    • 他行で50万円借入中
    • 既婚、子供あり
    • 限度額100万円
      (金利14.5%)
    • 年収520万円
    • 会社員(6年)
    • 他社借入なし
    • 限度額200万円
      (金利12.3%)

    「楽天銀行より低金利なおまとめ先は他に存在する」というのは先述の通りですが……。
    おまとめ希望額が大きい場合ほど、このデメリットは深刻なものとなることでしょう。

    ちなみに金利14.5%の場合、1ヶ月あたりの利息は「借入額の1.2%前後」
    100万円を1ヶ月借りたら、それだけで12,000円前後(誤差あり)の利息が発生する計算となりますね。

    CHECK低金利おまとめローンなら住信SBIネット銀行がベスト!ただし…。金額別金利比較も

    楽天銀行スーパーローンのまとめ

    ここまで解説した、楽天銀行スーパーローン(借り換え利用時)の特性をまとめると以下のようになります。

    安定収入のある正規雇用者であれば、高限度額を取得しやすい
    好きな金融機関の口座を使って返済できる
    毎月の返済負担を軽減できる
    カードローンなので、余った分の限度額は自由に使える

    審査はかなりの属性重視。非正規雇用者や自営業者が借り換えを成功させるのは困難
    返済負担が軽い一方で、返済が長引きやすく、知らないうちに多額の利息が発生しうる
    「余った限度額を自由に使える」ことで借金断ちが難しくなるかも
    限度額100万円~のとき、他社に比べ高金利となりやすい

    以上のデメリットよりもメリットの方が大きいと感じられたなら、楽天銀行への申込みを前向きにご検討ください。

    楽天銀行スーパーローンの審査体験談

    ここからは先に挙げた利用者アンケートの中から、属性や契約内容が特徴的なものをかいつまんで紹介させて頂きます。

    ①【可決】年収103万円(扶養下)のパート主婦の例

    まずは楽天銀行の審査傾向をわかりやすく示す、Aさんの例をご覧頂きましょう。

    【可決】年収103万円(扶養下)のパート主婦の例

    ▲▼申込みが事実と確認できる画像と体験談

    口コミ【審査通過】

    • 年代:40代
    • 職業:パート(6年)
    • 年収:103万円

    申込時期年齢
    2020年3月40代
    申告年収職業(勤続年数)
    103万円
    (扶養下)
    パート(6年)
    適用金利適用限度額
    10.15%40万円
    他社債務
    ホクセンカード30万円
    感想など
    パートで、カード利用額が多いし、携帯名義も多いので(※家族の分の携帯電話の名義人となっている、の意か)支払い能力がないと判断されるかもと思いました。
    ネットで申し込みできて助かりました。

    こちらは「安定収入を得ている方の、被扶養者」の審査が有利に進みやすいとわかる好例ですね。
    年収103万円、他社借入ありという属性に対し、「限度額40万円」「金利10.15%」という結果は、楽天銀行の場合、独身の方ではまず考えられません

    楽天銀行における専業主婦の方の利用限度額上限は50万円(公式HPより)。おそらくこの基準はAさんのような、「被扶養者の範囲内で働く方」においても同じ扱いになるだろうと思われますが……。

    他社債務が50万円以下であるのなら、楽天銀行へ申し込んでみる価値は大いにあると言って良いでしょう。

    ②【可決】130万円の他社借入を抱えながら、200万円の限度額を獲得できた例

    続いて紹介するのは、楽天銀行のメインユーザー層であろう「安定収入のある正規雇用者」のおまとめ成功例。

    130万円の他社借入を抱えながら、200万円の限度額を獲得できた例

    ▲▼申込みが事実と確認できる画像と体験談

    口コミ【審査通過】

    • 年代:40代
    • 職業:会社員
    • 年収:450万円

    申込時期年齢
    2016年3月40代
    申告年収職業(勤続年数)
    450万円会社員(15年)
    適用金利適用限度額
    200万円14.0%
    他社債務
    モビット30万円
    プロミス100万円
    感想など
    他に借り入れがあったので
    審査が通るか不安はありました。

    借り入れはコンビニATMでかんたんに引き出せるので楽に使えますね。
    返済は月々 銀行口座引き落としなので返済自体も楽に行えます。

    合計130万円のおまとめに成功した上で、70万円のゆとりが出た形ですね。
    このように、安定収入(目安350万円~)を得ている正規雇用者であれば、年収の3分の1を超える契約も十二分に狙えます。

    ただし、

    • 限度額が200万円にもかかわらず、金利引き下げがかなり渋い
    • 限度額にゆとりが出ると、つい借り過ぎてしまいやすい(実際にこの方も、提供画像を見る限り結局200万円まで借りてしまった状況)

    といった点には注意が必要です。

    ③【否決】他社借入1件でも審査に通過できなかったアルバイターの例

    次に紹介させて頂くのは、楽天銀行における典型的な「否決」例。

    他社借入1件でも審査に通過できなかったアルバイターの例

    ▲▼申込みが事実と確認できる画像と体験談

    口コミ【審査通過】

    • 年代:30代
    • 職業:アルバイト
    • 年収:240万円

    申込時期年齢
    2016年6月30代
    申告年収職業(勤続年数)
    240万円アルバイト(3年)
    適用金利適用限度額
    審査落ち審査落ち
    他社債務
    アコム30万円
    感想など
    個人信用情報は滞納していなかったので、特に問題はありませんでした。ただアルバイトとして当時は仕事をしており、収入がそこまで多くありませんでした。楽天銀行側からするとリスクの高い人物として判断された可能性が高いです。

    正直楽天銀行の審査は、そこまで緩くないと知っていましたがこのような結果になって残念です。

    備考
    楽天銀行での審査落ち後、プロミスで通過(30万円)

    この方のように、「アルバイト+他社借入あり」といった属性の場合、

    • アルバイトの中では比較的高収入
    • 他社借入が1件のみ

    といった状況であっても、楽天銀行での審査通過は困難

    何度か触れている内容ではありますが、非正規雇用者の方が楽天銀行で「おまとめ」を成功させることは、配偶者の扶養に入っていない限り困難と言って良いでしょう。

    CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン

    楽天銀行スーパーローンの申込(借り換え)方法をチェック!

    ここからは「楽天銀行スーパーローン」を使いおまとめ/借り換えを行う流れについて解説させて頂きます。

    ①申込み~契約の流れ

    「楽天銀行スーパーローン」契約の流れは以下の通り。

    「楽天銀行スーパーローン」契約の流れ

    インターネットから申し込み
    メールで仮審査結果連絡(ここまで最短当日)
    携帯電話に契約内容確認
    ※在籍確認と前後する場合あり
    メールの案内に従い、必要書類の提出
    (運転免許証など)
    メールで本審査結果連絡
    (ここまで最短翌営業日、実際は2日~が多い)
    メールに従い契約手続き
    任意の口座に振込
    (希望者のみ)
    各ATMで使えるローンカードの郵送
    (ここまで1週間~、郵送物の回避不可)

    口座振替依頼書に記入し返送
    (口座は楽天銀行のものでなくても良い)

    インターネット銀行らしく契約までの手続きはネット上で完結可能。
    これまで何度かカードローンを利用したことがあるのなら、特に躓く箇所もないかと思います。

    参考:楽天銀行の必要書類(ネット申込)
    本人確認書類
    A~Cより選択
    A:以下のいずれか1点

  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • B:以下のいずれか2点

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート 他
  • C:任意の本人確認書類+住所証明書類(公共料金の領収書など)

    収入証明書給与所得者:以下の1点

  • 源泉徴収票
  • 課税(所得)証明書
  • 自営業者:

  • 確定申告書
  • ※審査状況により、その他の書類提出を求められる場合があります(他社借入状況を確認できる書類など)。

    ★申込み時に借入目的を選択可能です。
    ここでは「借り換え」を選んでおきましょう。

    実際のフォーム

    ▲実際の申し込みフォームより

    ②既存借入先への返済は申込み者自身が、主に振込で行う

    「楽天銀行スーパーローン」は言うまでもなく、おまとめ専用ローンではありません。
    そのため借りたお金を「おまとめ」に充てるためには、契約者自らが必要額を元の借入先に振り込む必要があります。

    例:プロミス、アコム、三井住友銀行からそれぞれ50万円を借りている場合、

    1. 楽天銀行で150万円以上の契約に成功
    2. 150万円を振込で受け取り、3社それぞれに50万円を送金
    3. あとは毎月楽天銀行にのみ返済を行う

    入金先の口座については、既存借入先のインターネット会員サービス、あるいは電話問い合わせなどにより確認できるかと思います。

    ★審査結果によっては融資後、「既存借入の清算の証明」を求められる場合があります。

    ★ATMでも返済可能ですが、

  • ATM自体に利用限度額が設定されている
  • (例:コンビニATMの場合、多くは20万円または50万円/日)

  • 単純に多額の現金を持ち歩くことをおすすめしがたい
  • といった理由から、基本的には振込による手続きが推奨されます。

    「おまとめ目的」で申し込んだのにおまとめをしなかったらどうなるの?

    申込み時の利用目的に「借り換え」を選択、かつ申込み確認の連絡の際に「おまとめ/借り換え」目的であることを伝えた上でこれを反故にしたのなら、途上与信(契約後の定期審査)の際に利用限度額を0円とされる可能性は低くないでしょう。

    そうでなくても、楽天銀行のカードローンでは「返済遅れが無いのに新規借り入れができなくなった」という報告は多いです。
    あらかじめご承知おきください。

    CHECK【実例から読む】途上与信の概要と頻度:利用停止後の対策は他社カードの利用のみ?

    ③在籍確認の電話は「どんな理由があっても必須」

    楽天銀行は、多くのカードローンの中でも特に在籍確認について融通が利きにくいです。
    具体的に言うといかなる理由があろうとも、電話確認が済まない限り契約ができません。あらかじめご承知おきください。

    ★楽天銀行の回答

    【管理人】山本
    新型コロナウイルスの影響により、勤務先が全員テレワーク中で在籍確認が取れなくても、契約は可能でしょうか?
    オペレーターの回答

    誰一人ご出勤されていない状況ですか?

    【管理人】山本

    はい。

    オペレーターの回答

    となりますと、今お申込みいただきましても自粛などが解除され、お電話での確認が取れ次第のお手続きとなってしまいますね。申し訳ございません。

    【管理人】山本

    給与明細を使った確認などもされていませんか?

    オペレーターの回答

    はい、当行ではお電話での確認が必須となっております。

    (2020年4月問い合わせ分)

    ちなみに電話連絡の方針は、

    • 原則として担当者個人名で連絡(ただし身元を尋ねられれば答える/公式HPに明記あり)
    • おおまかな時間指定程度であれば可能(平日の午前中など/問い合わせによる)

    といったところ。

    「絶対に電話が必要」という点以外については、一般的な消費者金融や銀行に比べ変わった部分もないかと思います。

    楽天銀行スーパーローンと他社ローンの比較

    ここからは参考資料として、「楽天銀行スーパーローン」とその他のおまとめ・借り換え実績の多いローンを比較していきます。

    楽天銀行への申し込みを決めているので、この項目を飛ばす

    ①基本データの比較

    各おまとめ先候補を簡単にまとめると、以下のようになりますね。

    おまとめ・借り換え向けローンの簡易比較
    金利備考
    楽天銀行1.9%
    ~14.5%
    非正規に厳しい
    任意の口座で返済可
    高限度額
    住信SBIネット銀行
    (プレミアム)
    0.99%
    ~7.99%
    低金利
    高限度額
    プレミアム適用目安は年収400万円~
    オリックス銀行1.7%
    ~17.8%
    高限度額
    団体生命保険
    任意の口座で返済可
    三井住友銀行4.0%
    ~14.5%
    口座開設不要
    郵送物なしで契約可
    三菱UFJ銀行バンクイック1.8%
    ~14.6%
    口座開設不要
    郵送物なしで契約可
    非正規の通過例が多い
    みずほ銀行カードローン2.0%
    ~14.0%
    世帯収入重視
    実家暮らしアルバイトの通過例多い

    アイフル
    おまとめMAX
    かりかえMAX

    3.0%
    ~17.5%
    即日契約可
    郵送物なしで契約可
    任意の口座で返済可
    回数分割払い
    プロミスおまとめローン6.3%
    ~17.8%
    独身アルバイトのおまとめ成功確認
    貸金業者以外のおまとめ不可
    郵送物なしで契約可
    任意の口座で返済可
    即日契約可
    回数分割払い
    各地銀や信金のフリーローン、おまとめ専用ローン上限14.5%程度が一般的意外と通過例は多い
    回数分割払い
    カードローン(限度額の範囲内で利用可)
    おまとめ専用ローン、フリーローン(一度借りたら分割払いで返済のみを行う)

    単純な審査難易度で言えば、メガバンク系のカードローンより楽天銀行の方が上。これは少し意外に思える点かもしれません。

    基本的に楽天銀行で「おまとめ」を行う理由は、

    • 年収の3分の1以上の高限度額狙い
    • 好きな金融機関の口座を使って返済がしたい

    の2つとなることでしょう。
    「審査難易度の低さへの期待」は、楽天銀行へ申し込む理由となりません

    CHECK29名にアンケート!おまとめローンの審査基準・通過条件と審査結果一覧
    CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン

    ②おまとめ額ごとの金利と最低返済額比較

    ここからは上に挙げた主な「おまとめ・借り換え向けローン」と楽天銀行の、契約条件を比較していきます。
    あなたの希望する契約内容に近いものをお選びください。

    CHECK借入限度額100万円
    CHECK借入限度額200万円
    CHECK借入限度額300万円

    (1)借入限度額が100万円の場合

    限度額/借入額100万円の場合の、各社の契約内容は以下の通りです。

    各ローンの比較(100万円)
    適用金利
    (上限)
    満額借入時の返済額
    楽天銀行14.5%15,000円
    住信SBIネット銀行
    (プレミアム)
    7.99%15,000円
    オリックス銀行14.8%15,000円
    三井住友銀行14.5%15,000円
    三菱UFJ銀行バンクイック14.6%10,000円
    みずほ銀行カードローン12.0%20,000円

    アイフル
    おまとめMAX
    かりかえMAX

    15.0% 返済期間によって変動

    参考:シミュレーター(三井住友銀行より)

    プロミスおまとめローン15.0%
    各地銀や信金のフリーローン、おまとめ専用ローン公式HP等参照

    やはり金利面で圧倒的に強いのは「住信SBIネット銀行」ですね。

    同行口座とそれを用いた返済が必須、というデメリットはありますが、契約条件を重視するのであれば楽天銀行よりこちらが優先されそうです。

    CHECK低金利おまとめローンなら住信SBIネット銀行がベスト!ただし…。金額別金利比較も

    (2)借入限度額が200万円の場合

    限度額/借入額200万円の場合の、各社の契約内容は以下の通りです。

    各ローンの比較(200万円)
    適用金利
    (上限)
    満額借入時の返済額
    楽天銀行14.5%35,000円
    住信SBIネット銀行
    (プレミアム)
    6.99%25,000円
    オリックス銀行12.8%25,000円
    三井住友銀行12.0%25,000円
    三菱UFJ銀行バンクイック13.6%40,000円
    みずほ銀行カードローン9.0%20,000円

    アイフル
    おまとめMAX
    かりかえMAX

    15.0%返済期間によって変動

    参考:シミュレーター(三井住友銀行より)

    各地銀や信金のフリーローン、おまとめ専用ローン公式HP等参照

    こちらも最も好条件なのは「住信SBIネット銀行」。
    またこの限度額帯になると、「金利優遇を受けられない可能性がある」という楽天銀行のデメリットが目立ちます。

    おまとめ希望額が200万円前後であるなら、まずはもう少し金利の低い申し込み先にトライしたいところですね。

    (3)借入限度額が300万円の場合

    限度額/借入額300万円の場合の、各社の契約内容は以下の通りです。

    各ローンの比較(300万円)
    適用金利
    (上限)
    満額借入時の返済額
    楽天銀行12.5%45,000円
    住信SBIネット銀行
    (プレミアム)
    5.99%25,000円
    オリックス銀行12.8%35,000円
    三井住友銀行10.0%35,000円
    三菱UFJ銀行バンクイック10.6%30,000円
    みずほ銀行カードローン7.0%30,000円

    アイフル
    おまとめMAX
    かりかえMAX

    15.0% 返済期間によって変動

    参考:シミュレーター(三井住友銀行より)

    各地銀や信金のフリーローン、おまとめ専用ローン公式HP等参照

    こちらも最も低金利なのは「住信SBIネット銀行」。ここでは毎月の返済負担の軽さでもトップです。(先述の通り、これにはデメリットもありますが)

    一方楽天銀行はこの限度額帯から金利引き下げが確実になるものの、その下げ幅は都市銀行などに比べても渋め
    都市銀行に比べれば大きな金額を借りやすいという意味で、まったくメリットが無いというわけではありませんが、この当たりの状況はあらかじめ押さえておきたいところです。

    「楽天銀行」申込みに関するFAQ

    最後に、おまとめ目的での「楽天銀行」申し込みにかかわるよくある質問にお答えしていきます。

    ①以前楽天銀行の審査に落ちていても、審査に通過できる可能性はありますか?

    前回申込が6ヶ月以上前であるのなら、可能性はあります。

    ただし先述の通り、楽天銀行の審査はかなりの「属性重視」。
    当時と比べて属性が大きく向上していないのであれば、申し込みはリスキーかもしれません。

    過去6ヶ月以内にお申込をされたお客さまのお申込はご遠慮いただいております。

    (楽天銀行公式HPより)

    ②他社借入は何件くらいまでなら許容範囲でしょうか?

    これまで確認されている中での最高例は3社ですが……。
    楽天銀行の場合は借入件数よりも「借入総額」の方が重視されるように思えます。

    どちらかと言うと重要なのは「借入総額が高すぎない(目安として年収の半分以下である)」ことでしょう。

    ③アルバイトでも使えるおまとめ先にはどこが挙げられますか?

    これまでのアンケート調査で通過例が報告されているところだと、

    の3社。
    その他「三菱UFJ銀行バンクイック」は「アルバイト+他社借入あり」という方の通過例が複数確認されているため、こちらも候補に入るでしょう。

    詳しくは以下のページをご覧ください。

    CHECK29名にアンケート!おまとめローンの審査基準・通過条件と審査結果一覧

    ④楽天カードや楽天銀行口座を使っていれば、審査は有利になりますか?

    全くならないとは言えませんが……。
    審査落ち報告をされた方の中には楽天カード/楽天銀行ユーザーもかなり多いです。

    仮に審査がやや有利に進みやすいとしても、特筆するほどの優遇は受けられないと見てよいでしょう。

    ⑤ブラックやそれに近い状況での審査通過例はありますか?

    残念ながら今のところ確認されていません。
    あなたがいわゆる「ブラック状態」にあるのなら、アイフルやプロミス、その他中小業者などのおまとめローンを選んだ方がよいでしょう。

    これまで確認された楽天銀行の審査結果
    属性審査結果、契約内容
    • 年収270万円
    • 会社員(3年)
    • 2行で計80万円借入中
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 5年以内に債務整理(ブラック状態)
    • 審査落ち
    • ブラック状況下、楽天銀行の申込前に北日本銀行で審査通過(50万円)

    CHECK【証拠付】アンケート調査に基づく「ブラックでも借りれた」消費者金融10選

    ただし「2年以内に1ヶ月程度のクレジットカード延滞」といった「ブラック未満のキズ」程度であれば、ダメもとで申し込みを行ってみるのもありかと思います。

    「信用情報にキズが残る」要因と期間(クリック/タップで開閉)
    「ブラック未満のキズ」が残る要因
    • 何らかの後払いサービス(各種ローン、クレジットカード、携帯電話端末の分割払いなど)を1ヶ月程度延滞

    ※ただしこの情報を信用情報機関に報告するか否かは金融機関の判断による。
    そのため実際に信用情報を閲覧するまで、この記録が残っているかどうかは分からない

    ブラック入りの主な要因
    • 何らかの後払いサービスを2ヶ月以上延滞し、その「完済・清算」から5年以内である
    • 何らかの後払いサービスで、5年以内に強制解約処分を受けた
    • 5年以内に債務整理をした

    ※自己破産、個人再生については官報情報が残ることから、5年が経過しても審査落ち要因となる

    ※代表的な内容のみ記載

    ⑥審査通過率を上げるコツはありませんか?

    楽天銀行の審査は先述の通り「属性重視」。
    属性をすぐに上げることはできませんので、小手先の工夫で審査通過率を上げることも困難と言わざるを得ないでしょう。

    強いて言うなら、

    • 楽天銀行の前に、他の多くのカードローンへ申込みを行わない
    • 可能であれば給料日を待ち、借入残高や件数を極力減らした上で申し込む

    くらいでしょうか…。

    ⑦楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまったらどうすればいいですか?

    審査落ちの理由にもよりますが、基本的には「アイフル」「各地銀・信金のフリーローン」等、もう少し審査難易度が低いとされる申し込み先で審査を受けると良いでしょう。

    CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン

    ただしあなたの返済能力に限界を感じている状況であれば、5年間のブラック状態を覚悟した上で「任意整理」を検討したいところ。
    任意整理自体は10万円以下の費用で済むことも多々あるため、長期間100万円単位のお金を返済し続けるよりは、支払総額も安く済むはずです。

    CHECK【任意整理とは】メリット・デメリットと整理後の信用情報、よくある質問
    CHECK【2社を任意整理した体験談】掛かった費用と手続きの流れ、その後の信用情報

    まとめ

    ポイント
    • 楽天銀行スーパーローンの審査はかなりの「属性重視」。
      借り入れを成功させられるのは、原則として

      • 安定収入のある正規雇用者
      • 被扶養者(50万円まで)

      に限られる

    • 適用限度額は最大で年収の2分の1程度と高額だが、限度額が高いほど他社に比べ高金利となる傾向あり。
      楽天銀行を選ぶ理由は主に

      • 高限度額
      • 好きな口座を使って返済ができる

      の2つとなりそう

    特におまとめ目的の場合、

    • 他行に比べ高くつきやすい金利
    • 審査ハードルの高さ

    といった理由から、イメージに反しあまり大衆向けとは言えない「楽天銀行スーパーローン」。

    とは言えあなたが安定収入のある正規雇用者、またはその被扶養者であるのなら、毎月の返済負担を減らすためにも審査を受けてみる価値はあるでしょう。

    CHECKおまとめローン、申込前に知っておくべき2つのデメリット&それでもおまとめすべき人
    CHECK29名にアンケート!おまとめローンの審査基準・通過条件と審査結果一覧
    CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン
    CHECKネット銀行カードローンに共通するメリット・デメリット&全18社の徹底比較!
    CHECK楽天銀行カードローン、申込み前に知っておくべき6つのデメリットを徹底解説!

    

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい