アイフルのメリットと気になる点

アイフルのメリットと気になる点
「口座振込なら24時間借入可能
※受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります
「誰にも知られず借りやすい」
「原則在籍確認なし」
といったユーザーサービスも十分なアイフル。

「とにかく早く・誰にも知られず借りたい」場合には、この会社を選んで差し支えないでしょう。

アイフル

アイフル

実質年利限度額
3.0%~18.0%1,000円〜800万円※1
審査スピード融資スピード
最短25分※2最短25分※2※3

ポイント

  • 土日祝日対応
  • 郵送物の回避が容易
  • 初めての方最大30日間無利息(金利0%)
  • 口座振込なら原則365日24時間借入可能※3

※1 一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
※2 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。WEB申込なら最短25分融資も可能です。
※3 受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります。
※ ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は、源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

1分でチェック!アイフルのカードローンってどんなサービス?

2021年版!借入先に「アイフル」を選ぶ4つのメリット

「アイフル」が提供するサービスの概要をまとめると、以下のようになります。

1分でチェック!アイフルのカードローン
基本サービス
審査の結果もらえる限度額(利用可能枠)の範囲内で、何度でも自由にお金を引き出せる
(方法は「ほぼ24時間振込」、ATM出金など)
類似サービスと比べた特徴
(1)最短1時間以内で借入OK
(2)自宅への郵送物なしで借りられる
(3)来店不要
(4)大手消費者金融で唯一無条件で「在籍確認(勤務先確認)」なし
 =職場に知られず借りやすい
(5)他社と比べても柔軟な審査
(6)ほぼ24時間即時振込対応
(7)金利は高め(月1.5%前後)
 ┗ただし審査に自信があれば「ファーストプレミアムカードローン」というアイフルの低金利商品を選択可

目を引くのはやはり「来店なし&郵送物なしで即日融資OK」というメリットですが、こちらはプロミス等のライバル他社にも共通する内容。

そのため「他社でなくアイフルを選ぶ理由」としては、

といった点が挙がるかと思います。
以上のいずれかに魅力を感じるなら、申込先は「アイフル」に決めてしまっても良いでしょう。

事前にチェック!申込み条件

アイフルを利用できるのは「仕事をして収入を得ている20歳~69歳」の方に限られます。
仕事はアルバイトでも構いませんし、高収入を得ている必要はありませんが…。
無職や専業主婦、未成年者の方がアイフルを利用することはできませんのでご留意ください。

…とは言えこれだけの情報じゃまだ不安、というあなたのため、ここからは「アイフル」のサービスについてより詳しく解説させて頂きます。

最大の特徴は「無条件で在籍確認(勤務先確認)なし」

最大の特徴は「無条件で在籍確認(勤務先確認)なし」
ライバルの多いカードローン業界。
その中でアイフルの最大の特徴と言えるのは、やはり無条件で在籍確認(勤務先確認)が無いことです。

そもそも在籍確認とは一般に、多くのカードローンで行われる「電話を使った申込者の勤務先確認」を指します。
(=金融機関があなたの勤務先に電話を掛けてくる)

プロミスなどの大手消費者金融会社の場合、電話を掛けてくるとは言っても申込者のプライバシーには十分配慮してくれますし、事前相談による電話の回避も一応可能ではあるのですが…。

在籍確認とは
  • 多くのカードローンで行われる「申込者の勤務先確認」
  • 一般に、金融機関があなたの勤務先に電話を掛けてくる
プロミスなどの大手消費者金融会社の場合

  • 申込者のプライバシーには十分配慮して連絡
     (社名を名乗らない、要件を言わない等)
  • 事前相談による電話の回避も一応可能

申込の時に、自宅や勤務先へ確認の電話がかかってくるのですか?

▲「アイフル」公式HPより
「そもそも電話をかけてこない」「電話を避けるための相談も要らない」というアイフルの特徴は、勤務先への連絡に抵抗のある方にとって非常に嬉しいポイントでしょう。
要はこのアイフル、手間を掛けずとも勤務先に知られず借りやすいということですね。

CHECK大手消費者金融に聞いた!在籍確認の基本仕様と「こんなときどうなるの?」

★とは言えアイフルの場合も、在籍確認が不要となるのはあくまで「原則」ですから、例外が生じることもある模様。
が、この場合も書類提出などにより電話連絡の回避が可能です。

【管理人】山本
もし在籍確認が必要になった場合には、事前に連絡がありますか?
オペレーターの回答
はい、その場合でしたらお客様の携帯電話の方にご連絡を入れさせて頂きますが、(勤務先への電話の代わりに)メールで(勤務先確認)書類をご提出いただく対応も可能です。

(アイフルへの問い合わせ結果より)

★同じく勤務先への電話をかけてこない大手消費者金融のサービスには「SMBCモビットWEB完結」が存在しますが、

  • モビットWEB完結は利用条件自体が厳しい(指定銀行の口座必須など)
  • モビットWEB完結は「勤務先確認書類」「収入証明書類」の提出が必須(アイフルはどちらも原則不要)
  • 無利息特典が付いているなど、基本サービスはアイフルの方が上

といった理由から、アイフルの方が優先度が高いと言えます。

大手らしい「最短1時間以内で融資」「来店&郵送物なし」「24時間振込」も嬉しい

大手らしい「最短1時間以内で融資」「来店&郵送物なし」「24時間振込」も嬉しい
アイフルはいわゆる大手消費者金融(カードローン会社)の一角。

ということで、大手らしい

  • 即日融資(最短1時間以内)
  • 自宅への郵送物なし
  • 来店なし
  • ほぼ24時間即時振込

といったサービスはすべて簡単に並立できます
勤務先だけではなく、家族に借入を隠したいという場合にも好都合な申し込み先と言えるでしょう。

ただし以上のメリットは「プロミス」「レイクALSA」にも共通するため、アイフル独自の特徴とまでは言えません。

ただし「高金利(月1.5%前後)」「ネット返済不可」というデメリットの存在は確か

大手他社と比べた「アイフル」のデメリット

「在籍確認なし」「即日融資&来店なし&郵送物なしの並立OK」といったメリットを持つ「アイフル」ですが、もちろんデメリットが無いわけではありません。

中でも気になるのは、その金利の高さでしょう。
アイフルの金利は「3.0%~18.0%」ですが、契約時に提示されるのは上限金利である18%が一般的。
これは1ヶ月あたり、借入額の1.5%前後の利息(サービス料)が発生することを意味します。

例:アイフルで10万円を1ヶ月借りた場合、利息は1,500円前後

この金額自体を高いと見るか安いと見るかはその人次第ですが…。
借入先に銀行カードローンを選べば年14.5%(月1.2%前後)またはそれ未満の金利で借りられますので、低金利重視なら他社を選んだ方がよいかと思います。

CHECK部門別・おすすめカードローンランキングの決定版!低金利、在籍確認なし、審査甘い他

また基本的にユーザーサービス面で優秀な「アイフル」ではありますが…。
ライバル業者「プロミス」「レイクALSA」に比べると、インターネットバンキングを通した返済に対応していないというデメリットがあります。
そのためユーザーサービス面では、この2社に少しだけ劣ると言わざるを得ないでしょう。

アイフルと他社カードローンの比較
アイフル
  • 上限金利18.0%
    (月1.500%前後)
  • 即日融資◎
  • 郵送物の回避◎
  • 在籍確認なし
  • 30日間無利息
  • 特に多重債務者の通過例が多い
  • 引き落とし以外の返済方法は「ATM入金」「振込」
    (インターネット返済不可)

アイフル
「ファーストプレミアムカードローン」

  • 上限金利9.5%
    (月0.791%前後)
  • 高難易度
    ┗最低年収300万円~
  • その他のサービスは通常のアイフルと共通
三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 上限金利14.6%
    (月1.216%前後)
  • 融資まで最短2営業日
  • 郵送物回避は来店時のみ可(要運転免許証)
  • 口座開設は不要
    (ただし引き落とし対応は同行口座のみ)
楽天銀行スーパーローン
  • 上限金利14.5%
    (月1.208%前後)
  • 融資まで1週間程度
  • 郵送物回避×
  • 口座開設は不要
    ┗任意の口座で引き落とし可
プロミス
  • 上限金利17.8%
    (月1.483%前後)
  • 即日融資◎
  • 郵送物の回避◎
  • インターネット返済OK
  • 30日間無利息
レイクALSA
  • 上限金利18.0%
    (月1.500%前後)
  • 即日融資◎
  • 郵送物の回避◎
  • 60日間無利息または180日間5万円無利息
  • インターネット返済OK
アコム
  • 上限金利18.0%
    (月1.500%前後)
  • ネット契約が苦手
  • インターネット返済OKだが振込が弱い
  • 30日間無利息
  • ブラックの通過例が多い
SMBCモビットWEB完結
  • 上限金利18.0%
    (月1.500%前後)
  • 即日融資◎
  • 郵送物の回避◎
  • 引き落とし以外の返済方法は「ATM入金」「振込」
    (インターネット返済不可)
  • 無利息特典なし
  • 利用条件が厳しい
  • 必要書類が多い

審査は他社と比べても柔軟、特に「他社借入」に寛容な傾向アリ

審査は他社と比べても柔軟、特に「他社借入」に寛容な傾向アリ
カードローンの審査基準はどこも非公開。そのためここで紹介するのは非公式の、あくまで「アンケート調査で分かった内容」となりますが…。

それでもアイフルは他社と比べて

  • 年収が低い
  • いわゆるブラック状態
  • 多重債務者

という方の審査通過報告が多いです。

アイフル審査通過例

口コミ

  • 年収50万円
  • 学生アルバイト
金利18.0%限度額10万円

口コミ

  • 年収60万円
  • アルバイト
金利18.0%限度額9万8000円

口コミ

  • 年収180万円
  • アルバイト(1年)
  • 他社債務計78万円(43%)/アコム63万円・ショッピングリボ15万円
金利18%限度額6.4万円

口コミ

  • 年収250万円
  • 派遣社員
  • 5年以内に債務整理
金利18%限度額10万円

口コミ

  • 年収264万円
  • 会社員(8年)
  • 他社借入3社計250万円/常陽銀行50万円・プロミス50万円・筑波銀行150万円
金利18%限度額22万円

口コミ

  • 年収286万円
  • 会社員(4年)
  • 他社債務3社計250万円/信金130万円・アコム50万円・ショッピングリボ70万円
金利18%限度額7万円

口コミ

  • 年収405万円
  • 公務員(3年)
  • 他社債務4件計320万円/レイクALSA130万円・ショッピングリボ75万円・キャッシングリボ25万円・銀行フリーローン90万円

口コミ

  • 年収500万円
  • 会社員
  • クレジットカード2ヶ月以上延滞「中」
  • 他社債務2件計40万円(リボ)
金利18%限度額50万円

特に他社借入に関しては、年収の80%を超える債務額があっても審査に通過できた報告が複数存在するなど他社の追随を許しません。

さすがに借入件数が4件以上になると厳しいようですが、大手の中でも柔軟な審査を行っているのは確かでしょう。

何らかの理由で審査に不安があるのなら、「アイフル」は打ってつけの申し込み先だと言えそうです。

★ただしアイフルは貸金業者の一角ですので、「他の貸金業者から、年収の3分の1に達するお金を既に借りている」場合には審査に通ることができません(総量規制)。

が、銀行ローンやショッピングリボには、貸金業法が適用されません。
債務総額が年収の3分の1 以上でも「貸金業者からの借入額」が総量規制に達していないなら、審査に通過できる可能性があります。
上に挙げた多重債務者の方は、すべてこちらに該当するわけですね。

CHECK【多重債務者の即日融資】総量規制対象外/例外となる4つの条件とその他の手段

アイフルで即日融資を受ける流れと必要書類

現在主流となるインターネット契約(Web完結)を使い、アイフルで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

アイフル インターネット契約の流れ

インターネットから申し込み
※急ぎの場合はアイフルへ電話
(0120-337-137)
携帯電話へ申込み確認が
入ることが多い
仮審査通過
メールの案内に従い
必要書類の提出または口座登録
※即日融資のためには
これを19時59分までに済ませること
本審査通過
メールの案内に従い
ネット上で契約手続き
ATMで使えるカードの郵送
(希望者のみ)
※希望しない場合、郵送物なし

※在籍確認なし

アイフルの必要書類(インターネット契約)
本人確認(全利用者必須)
以下のうちいずれか

  • 返済用口座の登録
  • 本人確認書類2点の提出
    ┗運転免許証+保険証、保険証+公共料金の領収書など
※その他、収入証明書類などが必要になる場合あり

アイフルで即日融資を受けるためには「19時59分までに仮審査通過&本人確認の完了」が必要とのこと。
逆算すると、遅くとも19時(できれば18時)頃までにははじめの申し込みを完了させたいところです。

参考アイフルへの問い合わせ結果より

【管理人】山本
何時頃までに申し込めば、今日中の契約が可能ですか?
オペレーターの回答
インターネットからの申込みですと、お申込みいただきましてご本人確認書類の提出、それから本審査という形になるのですが…。
19時59分までに書類を提出頂いた分に関しましては本日中にご案内させて頂いております。

ただ、その後収入証明書類ですとか、そういった追加書類が必要になった場合には翌日のご回答となってしまいますので、できる限り余裕を持ってのお申し込みをお願いしております。

契約手続き自体はアイフルからの電話やメールによる指示に従っていくことで、問題なく済ませられることでしょう。

またアイフルは大手で唯一「口座を使った本人確認」に対応していますので、これが可能なら必要書類なしで契約できることも珍しくありません。

★インターネットの他、無人店舗(契約ルーム)を使った契約も可能です。

CHECKアイフルに聞く!即日融資を受けられるのは何時まで?答えは「19時or21時までに申込み」

アイフル、契約後の借入方法

契約後の借入方法と使えるATM

「アイフル」と契約を結んだあとに利用できる借入方法は以下の2つ。
借入額が限度額に達するまでであれば、好きな方法を自由に利用できます。

アイフルの借入方法
銀行振込
  • ほぼ24時間振込対応
    ┗対応金融機関や時間帯については公式PDF参照
  • インターネット会員ページから申込後、最短10秒で振込
  • 手数料無料
  • 日曜19時~等の振込停止時間あり(後掲)
スマホATM
  • カードの代わりにスマートフォンアプリを使い「セブン銀行ATM」「ローソン銀行ATM」で入出金を行う
  • 実際の使い方についてはアプリ内情報参照
  • アイフルやATMのメンテナンス時を除き、ほぼいつでも利用可
  • 以下の手数料発生
     ▶取引額1万円以下…110円
  •  ▶取引額1万円超…220円

※郵送(または来店)でカードを受け取った場合、各コンビニATM出金等も利用可

日曜19時~をはじめとする、「ほぼ24時間振込」の例外時間帯にはご注意ください。
とは言えその間は「スマホATM」(カードがあれば一般ATMも)を使った借入が可能です。

アイフル「ほぼ24時間振込」対象外時間

  • 日曜19時~翌8時
  • 火曜 2時~ 4時
  • 毎日23時50分~24時
  • 連休(最終日除く)0時~6時
  • 年始、ゴールデンウィーク
  • 振込先金融機関のメンテナンス時間

★ちなみに「日曜夜間に即日振込を受けられない」というのは、プロミスやレイクALSAにも共通する内容です。

アイフル、毎月の返済金額とその方法

アイフルの返済方法について

アイフルにおいて「インターネット返済+口座で本人確認」を済ませた場合、毎月の返済方法は「月1度の自動引き落とし(約定日制)」となります。
引き落とし日はあなたが利用する金融機関によって異なりますので、これについては公式HP情報をご覧頂くのが良いでしょう。

CHECKアイフル公式HP「金融機関口座振替日一覧」

そして気になる毎月の返済額は以下の通り。

アイフルの最低返済額(約定日制の場合)
最終借入時の借入残高最低返済額
(引き落とし額)
10万円以下4,000円
10万円超
~20万円
8,000円
20万円超
~40万円
11,000円
40万円超
~50万円
13,000円
50万円超
~60万円
16,000円
60万円超
~70万円
18,000円
70万円超
~80万円
21,000円
80万円超
~90万円
23,000円
90万円超
~100万円
26,000円
※100万円超の借入については公式HP等参照
毎月1.5%前後の利息は、上の引き落とし額の中から自動的に徴収される形となります。

例:引き落とし額4,000円、利息1,500円のとき、利息はサービス料として自動的に徴収される
=返済に充てられるのは差額の2,500円

この仕組みのため、返済した分だけ借入が減る…というわけにはいきませんのでご注意ください。
ちなみにこれはほとんどのカードローンで共通する性質です。

毎月の返済を自動引き落としに任せていると、思ったより借入が減っていきません。

そんなときのため、アイフルは

  • 銀行振込
  • ATM入金(スマホATM含む)

を使った追加返済(随時返済)に対応しています。

先述の通り、「プロミス」「レイクALSA」で使える「インターネット返済」には対応していませんが…。

使えないものは仕方がないため、余裕があるときには適宜、振込またはATM入金で借入残高を減らしていきたいところ。
早く返せばそれだけ、月1.5%前後の利息を支払わず見済みますからね。

証拠付き!「アイフル」実際の利用者3名の口コミ評判・体験談

証拠付き!「アイフル」実際の利用者3名の口コミ評判・体験談
ここからは申込みの参考情報として、実際のアンケート調査より「アイフル」利用者の口コミ体験談を紹介させて頂きます。

①年収60万円で審査に通過されたアルバイトの方の口コミ評判・体験談

まず紹介するのは、「年収60万円」という状況で審査に通過された方のアンケート回答。

会員画面スクリーンショット

▲▼契約が事実と確認できる画像と体験談

口コミ

  • 年収60万円
  • アルバイト(3年)
  • 未婚(親の扶養下)
金利18.0%限度額9万8000円
借入理由ネットショッピングの後払いが重なり、支払いが厳しかった。
また、この時期に体調を崩してしまい、病院に定期的に通っていたため、10万程必要になった。
感想など審査が早かったのと、申し込みから借り入れまで、全てメールで行えたのがよかった。
返済日の猶予も、申し込みが簡単なため、安心して利用できるローン会社だと思った。

こちらは、決して信用が高いとは言えない状況でも「アイフル」の審査に通過できると分かる好例ですね。
他社借入などのマイナス点がなければ、年収100万円未満でも問題なく審査に通過できそうです。
またこの方は、アイフルのサービス面についても高評価を付けていらっしゃいますね。

②年収240万円、アルバイト+他社借入ありという方の口コミ評判・体験談

続いてこちらは「アルバイト+他社借入あり」という状況での審査通過例。

いくつかのネット銀行あたりなら即審査落ちとなりかねない属性ですが、この方は問題なく「アイフル」を利用できたとのことでした。

会員画面スクリーンショット

▲▼契約が事実と確認できる画像と体験談

口コミ

  • 年収240万円
  • アルバイト(5年)
  • 他社借入1社30万円/アコムから
金利18.0%限度額50万円
借入理由新しく車を購入して
支払いがきびしくなりその補填に借入れ出来るか調べて申し込みしました
感想など想像よりも早く審査がとおれました
申し込み内容もかんたんでスムーズにいけて
とてもありがたく思っています

先述の通り、アイフルはわりと他社借入に寛容なのですが…。
それにしても「他社借入30万円を抱えたアルバイターに50万円を融資」というのは、他社ではあまり見かけない契約内容のように思えますね。

③リボ債務180万円を抱えて審査に通過された方の口コミ評判・体験談

続いて紹介するのはアイフルらしい、180万円もの債務を抱えて審査に通過された方の体験談です。

貸付記録

▲▼契約が事実と確認できる画像と体験談

口コミ

  • 年収400万円
  • 会社員(4年)
  • ショッピングリボ債務計180万円(件数不明)
金利18.0%限度額3万円
借入理由緊急的な入院により、貯金がなくなってしまったから
感想などもう少し限度額が多く設定できればよかったと思います。

この方も仰っている通り、限度額は3万円とごく少額でした。が、この債務状況で審査に通過できる会社自体、そう多くはないでしょう。
「他社債務に寛容」というアイフルの審査方針がよく分かりますね。

★ショッピングリボに貸金業法(総量規制)は適用されません。

TIPS:審査に自信があるならアイフル「ファーストプレミアムカードローン」を選ぼう

あまり知名度は高くないのですが…。
実はアイフル、「ファーストプレミアムカードローン」という高難易度そして超低金利なカードローン商品を、通常商品と並行して取り扱っています。

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
金利3.0%
9.5%
(月0.791%程度)
限度額100万円~800万円
※上限は年収の3分の1
初回特典初回契約日の翌日から30日間無利息(金利0%)
審査傾向
最低年収300万円
(最低限度額が100万円であること、貸金業者は個人に対し年収の3分の1を超える融資が原則としてできないことから)
その他・備考
  • 金利、限度額以外のサービス内容は通常のアイフルと共通

審査を受ける「最低条件」として300万円の年収が求められることから、審査難易度は通常ローンに比べかなり高いのですが…。

銀行カードローン(通常上限14.5%程度)を遥かに下回る低金利と大手消費者金融ならではのユーザーサービスを両立できるこの商品は、本当に唯一無二の存在。
審査に自信があるのなら、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

CHECKアイフル・ファーストプレミアムカードローンのメリット・デメリット&即日融資の流れ

アイフルファーストプレミアムカードローン
アイフル
実質年利限度額審査
スピード
融資
スピード
3.0%~9.5%100万円〜800万円
※上限は年収の3分の1
※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
最短1時間程度最短1時間程度
申込条件郵送物回避条件
  • 満23歳~59歳の方で一定の年収があり当社を初めてご利用される方
  • 定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
以下の場合なし/回避可
(1)来店契約時
(2)ネット契約+口座登録
一部ネット銀行等は対象外

ポイント

  • 勤務先への電話原則なし(無条件)
  • 最低年収300万円
    (最低限度額が100万円であること、貸金業者は個人に対し年収の3分の1を超える融資が原則としてできないことから)
  • 即日融資リミット明言なし
    通常のアイフルよりはやや時間が掛かりやすいとのこと(問い合わせによる)
  • 初回契約日の翌日から30日間無利息(金利0%)


★総量規制と最低限度額(100万円)の観点上、すでに貸金業者からお金を借りている場合、要求年収はさらに高くなります。

例:すでにプロミスから50万円を借りている場合、「ファーストプレミアムカードローン」の最低限度額100万円を加味すると、2社の借入額の3倍にあたる450万円の年収が必要

FAQ:アイフルでの返済が遅れてしまったら、どうなりますか?

アイフルについてのよくある質問と回答

返済が間に合わない場合は、インターネット会員サービス(または電話)により返済日の延長が可能です。

…が、特に手続きを行わない場合には、アイフルから携帯電話に連絡が入ります。
ここで返済の約束を取り付け、実際に支払いを済ませた場合、それ以上のことは起こらないでしょう。

ただし連絡を無視し続けた場合等には、「自宅への督促状の送付」「ブラック状態入り」といった対応が取られる可能性があります。

参考三井住友銀行に聞いた!カードローン返済遅れ時に取るべき対応&程度別の延滞ペナルティ

アイフルのカードローンについてのまとめ

 

「アイフル」カードローンのまとめ

  1. 最短1時間以内で借入OK
  2. 自宅への郵送物なしで借りられる
  3. 来店不要
  4. 大手消費者金融で唯一無条件で「在籍確認(勤務先確認)」なし  =職場に知られず借りやすい
  5. 他社と比べても柔軟な審査
  6. ほぼ24時間即時振込対応
  7. 金利は高め(月1.5%前後)
     ┗ただし審査に自信があれば「ファーストプレミアムカードローン」というアイフルの低金利商品を選択可
  8. インターネット返済には未対応

高水準なユーザーサービスと「周囲へのバレにくさ」「審査の柔軟さ」を特徴とする「アイフル」
金利の低さ、返済の使い勝手の良さという意味では他に優れたローンが存在するものの、「アイフルならではのメリット」に魅力を感じたなら、ピッタリの申込先となってくれることでしょう。

アイフル
金利3.0%
~18.0%
(月1.5%程度)
限度額1万円~800万円
※上限は年収の3分の1
初回特典初回契約日の翌日から30日間無利息(金利0%)
自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
(1)来店契約時
(2)ネット契約+口座登録
一部ネット銀行等は対象外
勤務先への電話
(在籍確認)
原則なし(無条件)
申込み~融資の所要時間最短1時間程度
即日融資リミット目安来店なし:
19時頃までに申込み
来店あり:
21時頃までに申込み

※詳細:当該ページ

借入方法
  • ほぼ24時間振込
    ┗詳細:公式PDF
  • ATM出金
    ┗スマホATM対応(セブンイレブン、ローソン)
返済方法
  • 自動引き落とし
  • ATM入金
    ┗スマホATM対応
  • 銀行振込
  • 返済額は月4,000円~
申込み条件
▶20歳~69歳
▶働いて収入を得ている
(アルバイト、自営業可/専業主婦、無職不可)
審査傾向
▶低年収(100万円未満)、ブラック状態、多重債務者いずれにも比較的寛容
その他・備考
  • インターネット返済は未対応
     (レイクやプロミスでは利用可)
  • 口座登録が可能なら必要書類なしで契約できる場合あり