全20社のリボ払い一括返済方法を総一覧!リボ残高を溜めないコツも

「知らないうちにリボ払い残高が膨らんでいた。
次のボーナスで一括返済したいけれど、どうすればいいんだろう?」

答えから言うと、これは「あなたが使っている会社によります」
一口にクレジットカード会社と言っても、インターネットから手続きする会社・ATMで直接入金できる会社と、その支払い方法はさまざまなんですね。

ですがご安心ください。今回はクレジットカード会社20社のリボ残高一括清算方法を、分かりやすく一覧形式でまとめました。
読み終えていただければ、あなたが使っているカード会社に合った方法で、リボ残高を片付ける方法が分かりますよ。

★手数料/利息の計算については「リボ払いの金利手数料について」のページをご覧ください。

★このページでは、クレジットカードのショッピングリボ・キャッシングリボの一括支払いについて解説しています。
カードローンの一括返済については、「カードローンの解約と借入残高の清算」ページをご覧ください。

リボ払いの一括支払いはどうやるの?

まずは、あなたの利用しているクレジットカード会社ごとの一括/全額支払い方法を見ていきましょう。

①20社のリボ残高清算方法一覧

各クレジットカード会社の、リボ残高の清算方法を一覧にしました。

★全20社のリボ残高清算方法(五十音順)

ショッピングリボ・キャッシングリボ
アコム(ACマスターカード)
アプラス
アメリカン・エキスプレス
イオンクレジット
(イオンカード)
エポスカード
エムアイカード 電話問い合わせ
もしくは各店カードカウンターにて対応
オリコカード
クレディセゾン
九州カード
JCBカード
ジャックス
セディナ
ダイナースクラブ
dカード
ビューカード
三井住友カード
三菱UFJニコス
UCカード
ライフカード
  • 電話問い合わせ
楽天カード
※一部繰上払い方法ではなく、一括支払い方法のみを記載

少なくともここに挙げたクレジットカード会社なら、一括支払い時に特定店舗への来店などの手間が必須となることはありません。
細かな方法は会社によって異なりますが、インターネットを使い自宅で一括支払い手続きを済ませられることも多いですね。

★引き落とし額の確定後(口座引き落とし実行日が近い場合)にはすぐに一括払いの対応が取れないことともあります。予めご了承ください。

★一般的に、ショッピング枠の利用であれば「支払い」、キャッシング=借入枠の利用であれば「返済」という言葉を使いますが、利用者にとってはほぼ同義です。あまり気にしなくて良いでしょう。

②パターン1:電話で振込先&現在の残高を尋ねて一括払い手続き

最も分かりやすいリボ残高の清算方法が、「電話で振込先と現在のリボ残高を尋ね、一括支払いを行う」というもの。
おそらくこれ以上の解説は必要ないでしょう。お持ちのカード裏の電話番号へ電話を掛け、「リボ払いの残高を清算したいのですが」と伝えることで、振込先と支払うべき金額はすぐに教えてもらえます。

★会社によっては次に紹介する、「翌月の引き落とし時に一括請求」という方法を取る場合もあります。

銀行振込の手段については、「銀行振り込みの方法とインターネットバンキングの使い方」ページをご覧ください。

★リボ払いの手数料(利息)は毎日発生するため、電話は一括振込のできる当日に掛けることをおすすめします。

★同じ方法で、リボ残高の一部支払い手続きも可能です。

③パターン2:インターネットや電話で翌月一気に引き落とし

電話での振込先確認と並んで一般的な方法が、「インターネットや電話を通した手続きで、翌月の引き落とし額を引き上げてもらう」という方法。
例えば20万円のリボ残高がある状況でこの手続きを行えば、翌月の引き落とし額は「当月の利用分+リボ残高20万円+リボ残高に対する手数料」となるわけです。

この方法を利用する場合は、直接口座やATMで入金を行う方法とは異なり、「支払い申し込みから支払いまでに日数が開きやすい」点にお気を付けください。
一括支払いを忘れてうっかりクレジットカードを使いすぎてしまうと、残高不足で引き落とし失敗を起こしてしまう可能性があります。

★インターネット会員サービスを見ても引き落とし額の上げ方が分からない、という場合にはカード裏の電話番号に問い合わせを行ってください。多くの場合、電話での手続きも可能です。
(会社によっては翌月一括引き落としに対応しておらず、直接銀行口座への振込を要求されることもあります)

④パターン3:ATMで現金支払い

一部のカード会社は、各ATMを使った追加支払いにも対応しています。
提携しているコンビニや金融機関のATMにクレジットカードを挿入、「入金」などのボタンを選択することで、直接現金で追加支払いを行うわけですね。
ここでは一例として、三井住友カード社のATM入金方法について見てみましょう。

★三井住友カードのリボ清算に対応しているATM

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM ※ショッピングリボの場合は「Loppi」利用のこと
  • E-netATM(ファミリーマートなど)
  • サークルKサンクスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • みずほ銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • りそな銀行ATM
  • エポスカードCD機
  • クレディセゾンCD機
  • その他多数のATM・CD機

ATM入金のできるクレジットカードであれば、特に事前の連絡は必要ありません
1円単位の支払いには対応していないATMは多いですが、残った端数額については次の引き落としを待つことで問題なく清算できます。

★多くのATM払い対応クレジットカードは、大手コンビニをはじめ様々なATMと提携を結んでいます。
ただしJR東日本系の「ビューカード」に限っては、JR東日本各駅に設置のATM(VIEW ALTTE)しか利用できませんのでお気を付けください。

ATM利用時には多くの場合で手数料が掛かります。ご留意ください。
(三井住友カードの場合、入金額が1万円以下なら108円、1万円を超えるなら216円)

今後リボ残高を溜めこまないための対策について

ここからは、今後リボ残高を溜めこまないために考えられる対策を紹介していきます。

①リボ払い専用カード、自動リボ払いコースの利用はNG

前提として、リボ払い専用カードまたは自動リボ払いコースの利用は避けましょう

カード会社は魅力的なキャンペーンの実施などにより、何かとリボ払いを勧めてくるもの。
ですが中途半端な知識でこれに手を出すと、恩恵どころか大きな赤字を出しかねないことは目に見えています。
参考楽天カードのキャンペーンは本当におトクなの?実際に計算しました

そもそも毎月のカード利用額より、毎月の支払い額の方が少なくて済むはずがありません
遠くないうちに利用可能額が上限に達し、その間にも手数料(利息)が発生し続けることは想像に難くないでしょう。
リボ残高を溜めこまないためには「リボ払い専用カード」「自動リボ払いコース」の利用をまず断ち切るべきです。

CHECKリボ払いの利用デメリットと手数料について

★自動リボ払いコースの名称はカード会社によって異なります。
ただし「マイ・ペイすリボ」「ミニマム・ペイメント」といった「毎月の負担の減額」をうたう支払方法は、どれも同じ内容(自動リボ)を指すと見て間違いないでしょう。

②そもそも分割払いを使った方が後腐れしづらい(ショッピングリボ)

結局のところ、リボ残高を増やさないためにはリボ払いを利用しないのが一番。
こう言っては元も子もありませんが、どうしても必要なものがあるのならリボ払いより分割払いを選んだ方が良いでしょう。

リボ払いにおける最大のデメリットは、「リボ払いをいつまで続ければ良いのか分かりづらい」ということ。元利定額方式(引き落とし額の中から利息/手数料が自動的に徴収される方式)であればなおさらです。
詳細リボ払いの「元利定額方式」と「元金定額方式」について

支払いがいつまで続くか分からないと、どうしても自分の置かれた状況を把握しづらいもの。そうなると、どうしても「支払い待ちのお金を背負っている」実感も湧きづらく、軽い気持ちでお金を使ってしまうことにも繋がります。

この点、分割払いであれば「あと1年支払わないといけない」「あと3ヶ月で支払いが終わる」といった手ごたえを感じやすいはず。
もちろん一度に多くの物に対し分割払いを使うとあまり意味がありませんが……。
どうしても欲しい商品があるのなら出来る限り短い回数での分割払いを選択することで、後腐れなく支払いを完了させやすいことでしょう。

★キャッシングの場合、分割払いは選択できません。

③どうしてもリボ払いが必要なら、毎月の引き落とし額は多めに設定しておくと◎

どうしてもリボ払い(ショッピング・キャッシング問わず)が必要……という場合には、必ず各カード会社のインターネットサービス等から「毎月の支払い額の引き上げ」を行ってください。

多くのカード会社では、1ヶ月あたりのリボ支払金額は「5,000円+手数料」「1万円」といったように定められていますが……。
5,000円を支払うよりは1万円、1万円を支払うよりは5万円を支払った方が、リボ残高が減りやすいのは明らかです。

リボ利用残高が長引くと、それだけ手数料(利息)も増えていきます
どうしてもリボ払いが必要な状況なら、毎月の引き落とし額は「生活に支障のないギリギリの範囲」まで引き上げたいところです。

★支払い額の引き上げ手続き方法が分からない場合には、電話からの手続きも可能です。カード裏の電話番号へ問い合わせを行ってください。
ただしACマスターカードは請求金額の増額に対応していないため、この場合は各ATMを使った追加支払いが必要になります。

<支払いきれないほどのリボ残高を抱えてしまったら>

もしもあなたが、到底支払いきれないほどのリボ残高を抱えてしまったら……。この場合は債務整理の実施も選択肢となります。

債務整理の方法としては自分の財産を手放す代わりに債務が帳消しとなる「自己破産」が有名ですが……。
ショッピングリボを抱えすぎてしまった方は、これより軽い「任意整理」という方法を取ることが多いようですね。任意整理を行えば、特に財産を手放す必要なく今後の利息/手数料を抑えながら、少しずつ債務を清算できるようになります。

債務整理の方法は全部で4つあり、基本的にはどれを選ぶにしろ弁護士・司法書士といった専門家への相談が必要です。
詳しくは「債務整理について」のページをご覧ください。

まとめ

★リボ払いの一括支払い方法は利用しているクレジットカード会社ごとに異なる。
多くの場合はインターネットまたは電話から、翌月の引き落とし額を増額してもらうことで対応可
★会社によってはATMでの直接入金に対応していることも。利用手数料は発生しやすいものの、一括引き落としに比べると融通が利きやすい
★結局のところ、後腐れしやすいリボ払いを「使わないに越したことは無い」
どうしても欲しいものがあるなら出来る限り分割払いを使い、それでもダメなら毎月の引き落とし額を極力引き上げるべき。また、金利やポイントサービスについて十分な知識がある場合を除き、キャンペーン中であっても自動リボ払いコースの利用はNG

毎日手数料の発生するリボ払いの利用期間は、短いほどベター。
一括支払いが可能なら出来る限り早く片づけて、今後はできる限りリボ払いを使わずに済むよう努めたいところです。

CHECK簡単なリボ払いの計算方法
CHECKリボ払いの利用デメリットとリスクについて
CHECKリボ払いと分割払いの違いと選び方



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。