セゾンのカードローン「マネーカード」は事業資金の借り入れOK!融資の速さや利用の流れは?

セゾンのカードローン「マネーカード」は事業資金の借り入れOK!融資の速さや利用の流れは?
信販会社のカードローンでありながら一律15%の低金利を実現させた、クレディセゾンのカードローン「マネーカード」
このローンの最も大きなメリットは、「低金利ながら、事業資金に利用できる」「在籍確認を書類で行える」という二点ですが……。
とくに事業資金・生活資金の両方に利用できる低金利カードローンはとても貴重で、あなたが個人事業主・自営業者であれば、とても心強いカードとなるに違いありません。

一方で、「融資に2週間以上の時間が掛かる」「限度額が小さい」といったデメリットもあり、向き不向きが大きく分かれる「マネーカード」。
今回はクレディセゾンの展開するこのカードローンについて、実際にセゾンに問い合わせた内容をもとに詳しく解説していきます!

クレディセゾン「マネーカード」の基本データと利用上のメリット

クレディセゾン「マネーカード」の基本データと利用上のメリット
まずは、クレディセゾンが展開するカードローン、「マネーカード」の基本情報を見ていきましょう!

①「マネーカード」の基本情報:金利は一律15%とやや低め

2017年6月現在の「マネーカード」の基本情報は、以下のようになります。

★セゾン「マネーカード」の基本データ
金利 15% 限度額 1万円~100万円
審査時間 1週間~10日程度 融資速度 2週間~
その他
  • ・専業主婦の利用は原則不可
    (配偶者がマネーカードユーザーの場合のみ、「パートナーカード」を利用可)
  • ・事業資金、おまとめに利用可
  • ・年会費無料

  • 特徴は15%という、大手消費者金融よりも低めの金利。
    アコム18%、プロミス17.8%)
    この金利はセブン銀行カードローンと全く同じもので、消費者金融系カードローンよりは銀行系カードローンに近い商品だと言ってよいでしょう。

    ちなみに公式HPだけを見ると、借入限度額(利用可能枠・キャッシング枠)は一律100万円と設定されているようにも見えますが……。
    実際にセゾンに問い合わせを行い確認したところ、限度額(限度枠)は100万円を上限として、個別に設定されるとのことでした。

    <HP下部の「貸付条件」は古い情報なので注意>

    <HP下部の「貸付条件」は古い情報なので注意>
    「マネーカード」の公式HPを見てみると、ページ下部に上の画像のような<貸付条件>を見ることができますが……。
    ページ上部に記載されている限度額・金利とは大きな違いが見受けられます。

    セゾンに問い合わせたところ、これは改定前の情報が更新されず、そのままになっているだけとのこと。
    現在の「マネーカード」とは関係ないので、気にかける必要はありません。

    ②事業資金にも利用できるから、個人事業主・自営業者にとくにおすすめ

    セゾン「マネーカード」の最も大きな特徴は、銀行に近い金利を設定しながら借りたお金を事業資金にも利用できること。
    というのも、ほぼすべての銀行カードローンは、借りたお金を事業目的で利用することを禁止しているんです。

    ②事業資金にも利用できるから、個人事業主・自営業者にとくにおすすめ-1
    三井住友銀行公式HPより
    ②事業資金にも利用できるから、個人事業主・自営業者にとくにおすすめ-2

    ▲比較的、条件のゆるい楽天銀行スーパーローンにもこのような注意書きが見られます。

    に近い「15%」という金利で、生活費・事業性資金の両方に利用できる「マネーカード」はとても貴重な存在ということですね。

    アコムなど、「借入用途自由」を掲げる多くの消費者金融は、事業性資金としての利用を特に禁止していませんが……。
    「マネーカード」の方が3%も低金利なため、さほど意識する必要はないでしょう。

    ★ただし、限度額が100万円以上となった場合、利息制限法・出資法によりアコムの金利も15%に引き下げられます。

    <個人事業主・自営業専用カード「マネーカードEX」と「マネーカード」の違いは何?>

    マネーカードの派生商品である「マネーカードEX」
    こちらは個人事業主・自営業者専用のカードですが、「金利15%」「限度額100万円」という基本データは「マネーカード」と全く変わりません。

    クレディセゾン公式HP「個人事業主様専用・マネーカードEX」

    「マネーカード」と「マネーカードEX」の最も大きな違いは、「マネーカードEXのみ、総量規制の対象外である」こと。
    総量規制とは、貸金業者(消費者金融・信販会社)に「個人へ年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する」法律上の制限のことを言います。
    そのため総量規制の対象外である「マネーカードEX」を利用すれば、年収の3分の1を超える借り入れが可能になるわけですね。

    その代わり、「マネーカードEX」を利用するためには決算内容を証明する書類が必要です。

    参考「マネーカードEX」と通常のマネーカードに、審査難易度の違いはありますか?
    参考ビジネスローン比較

    ③在籍確認の電話は給与明細書での代用可能!

    クレディセゾンに問い合わせを行った結果、「マネーカード」では給与明細など、収入を証明する書類を提出することで勤務先への電話をカットできるとわかりました。(2017年6月現在)
    大手消費者金融であればこのような対応を行っていることも多々ありますが、信販会社や銀行のカードローンの中で見るととても貴重です。

    ただし、書類で在籍確認を行うためには事前相談が必要となる上、書類のやり取りを郵送で行うために融資までには1ヶ月以上掛かることとなります。

    CHECK在籍確認は給与明細での代用可能:ただし申込前に電話相談を!

    ④借り入れ・返済に手数料が一切かからないのもうれしいポイント

    また、「マネーカード」はお金を借りる際・返済する際に、手数料が一切発生しません
    実は同様なサービスを行っている銀行カードローンはいくつか見受けられるものの、信販会社・消費者金融会社においてはとても珍しいサービスなんです。

    例えば、アコムなどの大手消費者金融ではATMを利用するたびに、108円または216円の手数料が発生します。
    月に2回ATMを利用するとすれば、1年間で発生する手数料は1,296円~2,592円。これを節約できるのは、大きな利点と言って良いでしょう。

    詳細セゾン「マネーカード」で利用できるATM

    <年収600万円以上なら、「ゴールドカード」を選択可能>

    年収600万円以上であれば、「6.47%」または「8.47%」という超低金利が魅力の「マネーカードゴールド」(MONEY CARD GOLD)への申し込みが可能です。
    限度額はマネーカードよりも大きく、「最大300万円」。「マネーカード」と同じく、限度額は1万円単位で設定されることになります。
    総量規制の制限により、300万円の限度額をもらうためには少なくとも900万円の年収が必要です。

    こちらも通常の「マネーカード」と同じく、事業資金にも使えますよ。

    クレディセゾン公式HP「マネーカードゴールド」

    「マネーカード」申込前にチェックしておくべき注意点

    「マネーカード」申込前にチェックしておくべき注意点
    独自のメリットの多いクレディセゾン「マネーカード」。でも、お金に関する契約を結ぶ上では欠点を知っておくことも必要です。
    ここでは、「マネーカード」のデメリットについて解説していきます。

    ①限度額が100万円までと小さく、大口の借入には向かない

    最も目につきやすい「マネーカード」の欠点として、限度額が100万円と小さいということが挙げられます。
    一般的なカードローンの最大限度額は500万円~800万円程度ですから、他社に比べてだいぶ大きなお金を借りにくいことがわかりますね。

    公式HPには「おまとめにも利用可」との文面も見受けられるものの、限度額を考えるとあまり現実的ではなさそうです。

    CHECK!最初から100万円以上を借り入れやすいカードローンのまとめ
    CHECK!おまとめ・借り換え利用におすすめなカードローン

    ②融資までには2週間以上の時間が必要

    現在、「マネーカード」を利用する上では最低でも2週間以上の日数が必要です。(セゾンへの問い合わせによる)
    申し込み当日の融資も可能な消費者金融・銀行カードローンが多いことを考えると、この借入スピードは遅すぎるとも言えるでしょう。

    さらに、審査の段階で書類が必要になった場合には契約前に郵送物を1往復させる必要があるそうで……。
    この場合、申し込みからローンカードが届くまでには1ヶ月ほど掛かることになります。

    「融資スピードが遅い」というのは信販会社系のカードローン共通の特徴ではありますが……。
    お急ぎの場合には、他社ローンを選択したほうが良さそうです。

    CHECK!即日融資におすすめなカードローンランキング
    CHECK!即日融資に対応した銀行カードローンのまとめ
    CHECK!金利・審査難易度・融資スピードなどから見る、銀行カードローンの総まとめ
    CHECK!収入証明書なしで利用しやすいカードローンのまとめ

    ③審査結果が郵送で送られてくることもあるため、家族に借り入れを隠しにくい

    また、セゾンへの問い合わせによると「マネーカード」では審査結果が郵送で送られてくる可能性があるとのこと。
    加えて審査の段階で必要な書類が発生したときにもセゾンから郵送物が届くため、家族に黙ってお金を借りたいという場合には向いていません

    毎月の利用明細はインターネット会員サービス「カードローンNetアンサー」からの手続きで、発送を差し止めてもらうことが可能ですが……。
    「絶対に家族に借り入れを隠したい!」という場合には、素直に他社を選択した方がベターでしょう。

    CHECK!誰にもバレずにお金を借りる方法

    ④銀行カードローンに比べると、金利・融資速度の両方で劣りがち

    金利や限度額、融資スピードという基本スペックで比較すると、どうしても「マネーカード」は大手銀行カードローンに負けてしまいがち。
    「在籍確認を書類で行える」「事業性資金に使える」という独自のメリットにさほど魅力を感じないのなら、銀行カードローンを選択した方がベターでしょう。

    ★セゾン「マネーカード」と大手銀行カードローンの比較

      上限金利 限度額 審査難易度 融資スピード
    セゾン「マネーカード」 15% 100万円 低め~中 2週間~
    三菱UFJ銀行「バンクイック」 14.6% 500万円 低め 最短即日
    (土日含む)
    ※運転免許証がある場合
    三井住友銀行カードローン 14.5% 800万円 高め 公式HP参照
    みずほ銀行カードローン 14.0% 800万円 高め
    楽天銀行スーパーローン 14.5% 800万円 低め 最短即日~数日
    イオン銀行カードローン 13.8% 800万円 低め 5日~
    ※三井住友銀行カードローンのみ、相談の結果書類などにより確認を行う場合がある

    ちなみに、金利が0.5%変わると「10万円を30日間借りるごとに、約41円」分、支払い金額が変わってきます。

    また、以下は在籍確認を一切行っていない2つの銀行カードローンとの比較。

    ★セゾン「マネーカード」と大手銀行カードローンの比較

      上限金利 限度額 審査難易度 融資スピード
    セゾン「マネーカード」 15% 100万円 低め~中 2週間~
    セブン銀行 15% 50万円 低め 最短即日
    (口座あり)
    1週間~
    (口座なし)
    りそな銀行「クイックカードローン」 9.0%~12.475% 200万円 中~高め 1週間~

    気になるのは、在籍確認を一切行っていないのに金利も低く、「マネーカード」よりは限度額も高いりそな銀行の存在でしょうか。
    マネーカードに比べると審査難易度はやや高めですが、特に大きな差があるわけでもありません。
    金利の低さ(あるいは在籍確認のカット)を重視したい場合には、こちらのローンを選択するのも良いでしょう。

    CHECK!金利・審査難易度・融資を総一覧!銀行カードローンまとめ
    CHECK!比較的審査に通りやすいカードローンランキング

    公式HPと違いあり!「セゾンマネーカード」実際の融資の流れ

    公式HPと違いあり!「セゾンマネーカード」実際の融資の流れ
    公式HP内に、利用の流れに関する案内が見当たらない「マネーカード」。
    ローンカードを受け取るまでには、どのような手続きが必要となるのでしょうか?

    ①クレディセゾンに聞いた!審査と契約の手順

    まずは確かな情報を得るため、クレディセゾンのコールセンターに問い合わせを行ってみました。

    【管理人】山本
    (コール音)

    クレディセゾンの回答
    お電話ありがとうございます。
    クレディセゾン・クレジットセンター○○でございます。

    【管理人】山本
    申し込み方法には店頭、インターネット、電話の3種類があるようですが、申し込み方法によって契約スピードに違いはありますか?

    クレディセゾンの回答
    お手元にお申込書はございますか?

    【管理人】山本
    いいえ。

    クレディセゾンの回答
    でしたら、電話かインターネットでの申し込みが一番速いかと思います。

    【管理人】山本
    セゾンのカウンターへ行くよりも、インターネットで申し込んだほうが良いでしょうか?

    クレディセゾンの回答
    そうですね。特に店頭での記入時間とインターネットでの申し込み時間、とくに違いはないかと。

    【管理人】山本
    ありがとうございます。
    融資の流れを教えて頂いてもよろしいですか?

    クレディセゾンの回答
    はい。
    まずですね、お申し込み頂いた後に審査がございます。その段階でご提示頂きたい書類があった場合には、そちらご返送頂く形とはなりますが、そのようなものがない場合は、通常1週間~10日ほどで電話か書面、いずれかの方法で結果のご案内となります。

    【管理人】山本
    返送、というのはそちらから書類が届くのを待って、それと書類を一緒に送る、という形でしょうか?

    クレディセゾンの回答
    左様でございますね。

    その後、当社の方からカード発送となりますので、結果のご案内から1週間~10日ほどでカードお届け、という流れでございます。


    【管理人】山本
    免許証や収入証明書などの書類が必要にならないこともあるんですか?

    クレディセゾンの回答
    必要にならない場合もございます

    【管理人】山本
    審査結果を知らせる方法は、電話と書面で選べるのでしょうか?

    クレディセゾンの回答
    お客様でご指定頂くことはできかねてしまいます。

    【管理人】山本
    審査のときに、勤務先に電話は入りますか?

    クレディセゾンの回答
    はい、させて頂く場合もございます。

    【管理人】山本
    給与明細などで代用することはできませんか?

    クレディセゾンの回答
    そちら可能でございますが、インターネットからのお申し込みの場合、そういった旨をご記入いただく部分がございませんので、私の方から審査担当の方に、お伝えさせて頂ければと存じます。

    クレディセゾンの回答
    また、もしお急ぎであればその旨を私たちに電話でお伝えいただけましたら、至急と言うことで担当者に伝言いたします。

    【管理人】山本
    その場合、審査にはどのくらいの時間が掛かりますか?

    クレディセゾンの回答
    あくまでも「できるだけ早く」、ということになり、何日中と言うことはできません。

    【管理人】山本
    わかりました。ありがとうございます。

    クレディセゾンの回答
    宜しくお願い致します。

    この問い合わせでは、公式HPと異なる情報や公式HPに載っていない情報を多く聞き出すことができました。
    貸し付け条件の項目が未だ更新されていないこともあり、「マネーカード」の公式情報はあまり信用できないようですね……。

    問い合わせの内容を元に、現時点での正しい情報をまとめてみました。

    クレディセゾン「マネーカード」利用の流れ

    インターネット・店頭・電話から申し込み
    ※急ぎの場合、もしくは書類での在籍確認を希望する場合には
    電話申し込み

    審査
    (1週間~10日程度)
    ※書類が必要になった場合、セゾンから郵送物あり
    在籍確認の可能性あり

    審査結果連絡
    (電話または書類、選択不可)

    ローンカードの発送
    (1週間~10日)

     ①クレディセゾンに聞いた!審査と契約の手順
    こちらはセゾン公式HPのスクリーンショットですが、審査結果の連絡方法から必要書類の送付タイミングまで、実際の流れとは多くの違いがある模様。

    とは言えセゾン社内での方向がまだ確定していないだけ、という可能性もありますので、実際に申し込む場合にはセゾン側の指示に従うようにしてくださいね。

    ②必要なものは「本人確認書類+収入証明書類」:審査結果によっては提出を求められないことも

    ②必要なものは「本人確認書類+収入証明書類」:審査結果によっては提出を求められないことも
    セゾン公式HP「商品詳細」ページには、「本人確認書類」「収入証明書類」の両方が必要とありますが……。
    実際に問い合わせを行ったところ、審査の結果によっては書類の送付は不要とのことでした。
    カードは「本人限定受取郵便」で発送されるため、配達員に「運転免許証」「健康保険証」などの身分証明書を提示することで、申し込み者の確認を行うわけですね。

    参考日本郵便公式HP「本人確認書類としてご利用可能なもの」

    審査の段階で書類が必要になった場合には、セゾンからその旨を知らせる通知が届きます。
    返信用の封筒に必要書類のコピーを入れて送り返せば良いのですが、この場合、申し込みから融資までには1ヶ月近く掛かることになるでしょう。

    今では携帯電話で撮影した写真をアップロードするだけで提出完了となる金融機関も増えてきた中、このシステムはかなり不便ですね……。

    ちなみに、収入証明書として認められるのは「直近2ヶ月分の給与明細」「源泉徴収票」(主に会社員)「確定申告書」(個人事業主など)などとなります。

    詳細クレディセゾン「所得証明書類について」

    ★貸金業法の制限上、「マネーカードでの限度額が50万円を超える場合」もしくは「マネーカードでの限度額と、他の消費者金融・信販会社からの借り入れ合計が100万円を超える場合」には、必ず収入証明書が必要です。

    ③在籍確認は給与明細での代用可能:ただし申込の前に電話で相談を!

    今回の問い合わせで、セゾン「マネーカード」は信販会社には珍しく書類を使った在籍確認が可能だと分かりました。

    在籍確認とは、あなたが申し込んだとおりの勤務先に勤めていることを、金融機関が確認すること。
    主に電話を使って行われますが、セゾンの場合は審査の後に収入証明書類を送付することで、その代用ができるわけですね。

    とは言え、単にクレジットカードを作成する場合であっても在籍確認が行われることは珍しくありません。
    それでも絶対に職場に確認を入れられるのは困る!という場合には、申し込みの前に電話で相談を行ってください。

    マネーカードコンタクトセンター:0120-936-333

    ④お急ぎの場合にも電話申し込みが有効!ただしスピード融資に期待はできない

    急いで審査結果を知りたい場合には、こちらも事前に電話で相談を入れておくことで、優先審査を受けることができます。

    ただし、マネーカードの審査は平常1週間以上の時間が掛かります。この時間が相談者の都合で劇的に短縮される、というのはちょっと考えにくいもの。
    さらに、必要書類が発生した場合には融資まで合計3週間以上掛かることも考えられます。

    急いでお金を借りたい、という場合には、最短30分の審査・最短即日融資を行っている他社ローンを選択したほうが良さそうです。

    CHECK!即日融資におすすめなカードローンランキング
    CHECK!即日融資に対応した銀行カードローンのまとめ

    <マネーカードの利用体験談>

    以前からセゾンのカードを使ってキャッシングなど行っていたのですが、何かの拍子で「マネーカード」を知っていつものキャッシングより金利が低いことに気付き、そのまま申し込み。
    使い勝手はふつうのクレカのキャッシングと変わりありませんが、引き落とし額が少ないので早く返済したいときにはATMで追加入金しないといけません。
    それがちょっと面倒だとは思いますが、金利も前より低くなったし(別に実感はありませんが笑)他に特に不満はありません。
    サラ金系だと申し込み後に即日借入もできるみたいですが、マネーカードの場合はかなり発行までに時間がかかったと思います。そこがデメリットと言えばデメリットなのかな?僕は急いでなかったので特に困りませんでしたが……。
    大手がやってることで不信感もないですし、特に変なところのない、キャッシング用カードだとおもいます。

    「マネーカード」を使った借入れ方法

    「マネーカード」を使った借入れ方法
    次に、「マネーカード」を使ったキャッシングの利用方法を見て行きましょう!

    ①信販系には珍しく、ATM・CD機の利用手数料は一切掛からない!

    マネーカードのメリットの項目でも挙げた通り、このカードローンではATM・CD機の利用手数料が一切かかりません
    また、利用できるATMの数についても申し分なく、大手コンビニATMをはじめ都市銀行はもちろん、多くの地方銀行・信用金庫のATMまで選択可能です。

    ★「マネーカード」でのキャッシングが可能なATM・CD機(一部)

    • セブン銀行ATM
    • ローソンATM
    • E-netATM(ファミリーマートなど)
    • みずほ銀行ATM
    • 三菱UFJ銀行ATM
    • 三井住友銀行ATM
    • イオン銀行ATM
    • ゆうちょ銀行ATM
    • 横浜銀行、東京信用金庫など、多数の地方銀行、信用金庫
    • その他、クレディセゾンのステッカーの貼ってあるATM、CD機

    利用できるATMの数が多いのは、信販会社系のカードローンを利用する上で大きなメリットと言えるでしょう。

    セゾンカード・ステッカー(公式HPより)

    ▲セゾンカード・ステッカー(公式HPより)

    ②最短数十秒で反映される、「即振込サービス」にも注目

    また、「マネーカード」では現金でなく口座にお金が欲しい場合に備え、「即振込サービス」を利用することができます。
    名前の通り、セゾンからあなたの口座に希望額を振り込んでもらえるこのサービスは、振り込み申し込みから最短数十秒で反映可能。
    信販会社系のカードローンの振り込みキャッシングサービスは比較的不便なものが多いのですが、「マネーカード」の場合は安心して利用できそうです。

    ただし、銀行振込を利用する都合上、振込みが反映されるのは「平日9時~15時」の間だけ。
    時間外にキャッシングを希望する場合には、各種ATMを使いましょう。

    ★「即振込サービス」を利用するためには、セゾンのインターネット会員サービス「カードローンNetアンサー」への登録が必要です。(登録料無料)

    「マネーカード」で借りたお金の返済方法

    「マネーカード」で借りたお金の返済方法
    「マネーカード」でキャッシングしたお金は、いつ、どうやって返済していけば良いのでしょうか。
    最後に、「マネーカード」の返済方法について詳しく紹介します。

    ①毎月の返済額は4,000円からと比較的低め

    「マネーカード」における、借入残高ごとの最低返済額は以下のようになります。

    ★「マネーカード」毎月の最低返済額

    借り入れ残高(現在の借入状況) 最低返済額
    10万円以下 4,000円
    10万円超過~30万円 12,000円
    30万円超過~50万円 14,000円
    50万円超過~100万円 29,000円

    オリコジャックスといった別の信販会社系カードローンの最低返済額「1万円」に比べると、「マネーカード」はより少ない負担で利用できることがわかりますね。

    ★毎月の返済額をより軽くしたい場合には、毎月2,000円から返済が可能な「楽天銀行スーパーローン」三菱UFJ銀行「バンクイック」を検討しましょう。

    ②返済方法は「自動引き落とし」または「ATM」から選択可能

    セゾン「マネーカード」は、毎月の返済方法を「自動引落とし」(口座引落)または「ATM入金」から選択可能。これも、信販会社にしては珍しい特徴ですね。

    毎月の返済方法を「自動引落とし」に設定した場合、返済日は毎月4日
    「ATM入金」に設定した場合には、返済日は「5日・10日・25日・末日」から選択可能となります。

    特に理由がなければ、延滞を防ぐためにも返済方法には「自動引き落とし」を選択しておくことをおすすめします。
    また、自動引落としで返済を行いながら、ATMを使い追加返済(繰上返済)を行うことも可能ですよ。
    返済に利用できるATMについては、クレディセゾン公式HP「提携金融機関一覧」をご覧ください。

    ★横浜銀行などの一部を除く、多くの地方銀行・信用金庫ATMは返済に利用できません。お気を付けください。

    まとめ

    まとめ

    ★セゾンカードローン「マネーカード」は、銀行カードローンに近い低金利事業性資金に利用できることが最大の特徴
    申し込み前に電話で相談すれば、書類での在籍確認や審査時間のカットが可能!ただし融資に時間が掛かりやすく、急ぎの借入には向かない
    ★公式HPと実際の契約の流れに違いが大きいため、オペレーターの話をよく聞いて指示に従おう

    独自のメリット・デメリットの両方を持つ「マネーカード」は、向き・不向きが大きく分かれる商品。
    利用する際には、時間に十分余裕を持った上で申込みを行ってくださいね。

    セゾン「マネーカード」の審査難易度は?必要な年収の目安を分析


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。