奨学金が返せない:滞納すると差し押さえの可能性も!!

奨学金って「借金」(キャッシング)扱いになるんです。
だから、延滞・滞納を繰り返していたら、法的手段に訴えられますし、最悪の場合は「差し押さえ」まで発展します。

「奨学金」なんて名前ですが、貸した学費・進学費用は返してもらえなければ、奨学金制度そのものが成立しません。

今日は奨学金の滞納の怖さと、返せない場合の対処法をご紹介します。

奨学金を滞納するデメリット

①遅延損害金がかかり、返済額が増える

奨学金にも、遅延損害金があります。
遅延損害金とは、返済が遅れたときのペナルティのこと。

日本学生支援機構の奨学金の利率は、0%(第一種奨学金)~最大3%(第二種奨学金)。
ですが、遅延損害金の利率は2.5%~10%と元々の金利と比べるととても高くなっています。

300万円を借りているとき、遅延損害金の利率が5%だと一ヶ月で12328円のペナルティ。
そう考えると、かなり手痛い出費ですよね。

借り入れの時期によっても利率は変わってくるので、詳しくは日本学生支援機構の公式HPを見てみましょう。

②一括返済を要求される

奨学金の支払いを9ヶ月滞納すると、借り入れている分+今までの遅延損害金の一括返済を要求されています。
この宣告を無視していると、あなたの給料や財産は差し押さえられてしまうことに……。

とは言え、返済ができないならできないで、ちゃんと手続きを取れば一括返済を求められることにはなりません。安心してください!

③クレジットカードが作れなくなる

2010年に、日本学生機構が個人信用情報機関(個人信用機関)に加盟しました。
個人信用情報機関とは、ひとりひとりのクレジットカードやローンについての、利用情報を記録している場所のこと。良いことも悪いことも、です。

これにより、奨学金を3ヶ月以上滞納することで、クレジットカードやローンの審査落ちがほぼ確実なものとなりました。
個人信用情報機関を経由することで、延滞情報が他の金融機関にも共有されてしまうからなんですね。

金融機関のブラックリストに載る、という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが……。
これはつまり、「個人信用情報機関に悪い情報が載る」ということと同じ意味。ブラックリストという、名簿自体は存在しません。

そしてこの延滞情報を消すためには、まず奨学金を完済した上で5年間待つ必要があります。

④住宅ローン・自動車ローンが組めなくなる

理由はクレジットカードと同じです。
奨学金を3ヶ月以上延滞すると、奨学金完済から5年が経つまで、あらゆるローンやカードの審査通過はかなり厳しくなってしまいます

奨学金滞納から差し押さえまでの流れ

差押さえまでの流れ

奨学金の延滞

携帯電話に電話
(延滞から1週間~)

督促状(とくそくじょう)が送られたり、
自宅や勤務先に電話

個人情報信用機関に
延滞情報記載処理
(延滞から3ヶ月)

一括返済の請求
(延滞から9ヶ月)

差押さえ

①督促の電話・督促状の送付

まずはあなたの携帯電話に連絡が入ります。
これを無視し続けていると、自宅の固定電話やあなたの勤務先に電話が行くことになります。

同じ頃、あなたの自宅に送られてくるのが督促状(とくそくじょう)。
「早くお金を返してください」という内容の手紙のことですね。

この連絡を無視し続けても、結局は

  • 遅延損害金が膨らんだ借金を、延滞しなかった場合と同じように分割して払うことになる
  • 給料や財産を差し押さえられる
  • デメリットを受け入れて債務整理を行う

という三択にしかなりません。

電話や督促状を無視しても、良いことはなにひとつありません
催促の電話が来るようになったらこれ以上損をする前に、日本学生支援機構に電話で相談を!

②保証人への連絡

督促状には、「○○日までに返済してください」と書いてあるものです。
期日が過ぎても返済をしないでいると、保証人に連絡が行きます。

まずは「連帯保証人」であるあなたのお父さんやお母さんに、
それでもお金を回収できないとなると、「保証人」である叔父さんや叔母さんなどに電話が掛けられるので、ここまで来ると親戚関係にもヒビが入る可能性があります。

③一括請求がくる

債務者本人はもちろん、連帯保証人からも、保証人からもお金を回収できない……

となったとき、あなたに向けて「一括返済の請求」が行われます。これは主に、延滞から9ヶ月ほど経ったとき。

  • 金利1%
  • 毎月8万円を、4年間借りていた
  • 返済は10月から開始される予定だったが、一度も返済せず9ヶ月が経った

という場合、請求額はおよそ388万円となります。

一括請求まで来ると、債務整理を検討するのもありでしょう。

④裁判所に申し立てをされる

一括返済の請求をも無視し続けてしまうと、今度は裁判所に申し立てをされてしまいます。

実は申し立ての書類を受け取ったこのときが、分割払いを行える最後のチャンス
自宅に送られてくる「催促異議申立書」の提出や日本学生支援機構との相談・支払いの約束を行うことで、差押さえを回避することができます。

⑤差し押さえ

裁判所からの通告を無視してしまうと、あなたの敗訴が決まります。

  • 給料の4分の1が強制的に没収される
  • 銀行預金を全額没収
  • 持っていれば、車や美術品、楽器など、資産の没収

以上が差押さえの内容です。

ここまで来てしまうと……。
たとえば、

  • 給料差し押さえによって、会社や同僚に奨学金を延滞していたことがバレる
  • 預金がゼロになったことでクレジットカードもほとんどに使えなくなる
  • 移動に車を使えなくなる
  • 趣味が制限される

など、今までどおりの生活を続けることは難しくなってしまいます

奨学金が払えないときの対処法

奨学金の返済を滞納しても、良いことはなにひとつありません
「支払うのは無理だな」と思ったら、滞納する前に相談を!

①まずは電話で、延納をお願いする

「返還期限猶予」制度を利用することで、返済ができるようになるまで待ってもらうことができます。
最長の適用期間は10年。10年もあればなんとか収入の体制が整えられそうですね。
利用したいときは日本学生支援機構に電話(0560-666-301 平日8:30~20:00)を掛けて、お願いしてみましょう。

とは言え、返済しないといけないお金が減るわけではありません。むしろ利息の分、返済額は増えます。

猶予制度は、あくまで返済を待ってもらえるだけ
問題を先送りしたに過ぎなかったことも多いので、病気や怪我などを理由に「あと1、2ヶ月で返済が出来るようになる」という場合でなければ、下の「減額返金制度」を選択した方が良いでしょう。

②減額返金制度を利用する

「減額返金制度」とは、本来の返済額の半分だけを、毎月支払っていく方法のこと。こちらも最長適用期間は10年間です。

少しずつでも借り入れ額は減るので、「減額返金制度」よりはこちらの方がおすすめです。

③返済が免除になる場合は?

  • 借り入れ本人が死亡したとき
  • 精神や身体に重い障害が発生し、働くことができなくなったとき

例:統合失調症を発祥し、精神障害者手帳2級を交付された場合など

返還免除となるのは、以上の場合のみです。

生活保護を受けることになった場合でも、返済は先延ばしにされるだけで、免除になることはありません
ちなみにこのとき、遅延損害金は発生しません。

とにかく真摯に相談することが大切、放置はNG

今、奨学金を利用しているのは日本の大学生の約50%。(日本学生支援機構発表)
約140万人の人が奨学金を利用しているので、もちろんトラブルにも慣れっこです。

返済できないかも、と思ったらすぐに日本学生支援機構に電話(0560-666-301 平日8:30~20:00)をすれば、最善策を提案してくれます

いろいろ調べてみても、減額と猶予のどっちがいいかわからない……という場合や、単に今月は支払えそうに無い!と言ったときでも、気軽に電話で相談してみましょう。

相手はまっとうな機関の、お金のプロです。
約束を破る、つまり支払いを延滞するよりも、事前に相談しておくほうがベターなんです。

本当にどうしようもなくなったら、債務整理

債務整理とは、借金を返せなくなった人が、合法的に借金を減額・免額してもらう制度のこと。
ですがもちろん良いことばかりではなく、借金が減る代わりに信用情報にキズがついてしまいます。

奨学金を滞納して一括返済を求められている、差押さえの通知書が届いた、などという状態に至ったら検討するのもアリでしょう。

①債務整理のデメリット

一番のデメリットは、あなたの信用情報にキズが付くこと。
簡単に言えば、債務整理後5年~10年間、クレジットカードやローン、分割払いがほとんどできなくなってしまいます。
カードローンや住宅ローンの利用はもちろん、携帯電話本体の分割払いもNG。
この状態を「ブラック」と呼ぶことも多いです。

ですが、奨学金を3ヶ月滞納している時点で、すでに信用情報にキズは付いています。
そう考えると、債務整理のデメリットはほとんどないかもしれません。
※自己破産の場合を除く

②債務整理にも4種類ある!

★債務整理ごとの簡単な特徴

任意整理 これから掛かる利息をカットして、今ある借金をゆっくり返していく方法。弁護士や司法書士への依頼がほぼ必須。
任意整理 内容は任意整理と同じ。専門家に依頼する代わりに裁判所を利用する方法。
個人再生 住宅ローンを除いた借金が500万円以下なら、借金を「100万円」に。
500万円以上なら借金を「5分の1」にして3年間で完済する方法。
自己破産 20万円以上の財産をすべて放棄して、借金を帳消しにする方法。

債務整理の程度の重さは、「任意整理=特定調停<個人再生<自己破産」となります。

詳しい方法やそれぞれの特徴は『債務整理』のページを、
実際に弁護士や司法書士に相談したい方は『街角法律相談所』のページを読んでみてくださいね。

まとめ

★奨学金を滞納しても、時間はなにも解決してくれない
 むしろ事態が悪化するだけなので、払えないと思ったらとにかく日本学生支援機構に相談を!
★延滞を続けていると、家族や保証人に迷惑が掛かるだけでなく、最終的に給料や資産の差押さえをされてしまう
★奨学金の返済が厳しいときには、減額や猶予の措置を取ってもらえる
★返済の目処が立たなかったら債務整理の検討もアリ

就職に失敗してしまった方や、バイトが上手く行かないフリーターの方、
返済が免除にならない程度の精神疾患を患ってしまい、会社を辞めざるを得なくなった方など、毎年多くの若者が、奨学金の返済に悩んでいます

もちろん日本学生支援機構もこのことを把握していますので、奨学金返済で何か困ったことがあったら、すぐに電話で相談を!
最大限力になってくれるはずですよ。



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。