【重度ブラック】自己破産5年以内でも審査に通るカードローンは?喪明け後の対応も

「自己破産から間もないけれど、お金を借りたい……」

結論から言うと自己破産から5年以内であっても、(おすすめできるかはさておき)申込先さえ選べば正規の金融機関からお金を借りられる可能性はあります
もちろん破産から5年が経ち、金融ブラック状態を脱出できているのなら、申込み先の選択肢はさらに広がることでしょう。

今回は「自己破産後のキャッシング」をテーマに、破産から5年以内でも審査通過報告のある金融機関や、「喪明け」後に取るべき行動について簡単にまとめました。
読み終えていただければ、今のあなたにとって現実的な金策が分かります。



自己破産から5年以内でも借りられるカードローンはある?

自己破産を理由にした金融ブラック状態が続くのは原則5年間(銀行からの借入を狙わない場合)。
この期間中であっても審査に通れるカードローンは存在するのでしょうか?実際の利用者の声をもとに解説していきます。

①「カードローン」に限定すると難しいところだが、フリーローンなら望みが無いわけではない

おそらくあなたもご存知の通り、いわゆる「中小消費者金融会社」(店舗型のものは街金とも)を使えば、金融ブラック状態であっても審査通過を狙えます。

ただし、自己破産は債務整理の中でも最も重い手段。免責を受けるためには価値ある財産をすべて手放さなければならないことも含め、正直に言うと金融機関からは任意整理の比じゃないくらいに嫌われます。つまり任意整理(その他3ヶ月以上の延滞、強制解約など)を理由にした金融ブラックよりも、自己破産を理由にしたブラックの方がよほど審査通過が難しいわけですね。
これは中小消費者金融業者においても例外でないため、単に「ブラック対応」とされる金融機関へ申し込みを行っても、自己破産経験を理由に貸し付けを断られてしまうことはしばしばあります。
(現に「ビアイジ」はブラックの方からの評判が良いですが、破産後5年間は申し込み自体を断られるとの報告有り)

というわけで、自己破産後のブラック期間中に新規での審査通過を狙うなら、「ブラック対応」中小業者の中でもさらに柔軟性の高い会社を選ばなければなりません

実際のところ、数は多くないです。申込先を繰り返し使える「カードローン」に限定するのなら、よほど収入などの属性が良くない限り、ほぼ借入不可能と言って良いでしょう。
(そもそもブラック対応の「カードローン」を取り扱っている会社自体が少ないのですが)

とは言え、再融資には審査が必要となる「フリーローン」にまで目を向ければ可能性が無いわけでもありません。特に破産から5年以内の審査通過報告が多いのは「AZ」「キャネット」あたりですね。
どうしてもお金が必要な理由があるのなら、こういった会社への申し込みを検討してみてください。いずれも正規・合法の金融機関となります。

AZ

金利 7.0%~20% 利用限度額 1万円~1000万円
審査スピード 最短30分 融資スピード 最短即日

キャネット(北海道)

金利 15%~20% 限度額 5万円~50万円
※初回契約時
審査スピード 最短15分(北海道) 融資スピード 最短即日(要来店)
来店なしだと1週間~
※「九州・東北」「近畿」にもキャネットグループの展開あり、該当地域の店舗に申し込みを行う形となるが、最も評判が良いのは北海道支店(関東等からも申し込み可)

CHECK【AZ】神金融と呼ばれるその実態は?審査通過例&郵送物ナシでの契約の流れ
CHECKブラック対応で有名な消費者金融「キャネット」、その概要と審査通過例・契約の流れ

★上記2社ほど多くはありませんが、セブン銀行で利用できる「カードローン」を取り扱う中規模業者「セントラル」では破産後5年以内での審査通過報告があります。
破産により経済状況が向上、比較的生活が安定しているのであれば、こちらも併せてご検討ください。

CHECKブラック対応の消費者金融会社・街金について

②とは言えこのあたりの街金で失敗すると後がなくなってしまうのは事実

先述の通り、自己破産から5年以内でも利用できる消費者金融会社は存在します。

……が、任意整理などを理由にした金融ブラックの方以上に、自己破産経験者による新規借入は危険性が高いと言わざるを得ません。
理由は簡単で、最低でも免責(個人再生のもの含む)が下りてから7年間は、どうやっても2度目の免責を受けられないからです。

第二百五十二条 裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

(中略)
四 浪費又は賭と博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。
(中略)
十 次のイからハまでに掲げる事由のいずれかがある場合において、それぞれイからハまでに定める日から七年以内に免責許可の申立てがあったこと。
イ 免責許可の決定が確定したこと 当該免責許可の決定の確定の日
ロ 民事再生法(平成十一年法律第二百二十五号)第二百三十九条第一項に規定する給与所得者等再生における再生計画(個人再生)が遂行されたこと 当該再生計画認可の決定の確定の日
ハ 民事再生法第二百三十五条第一項(同法第二百四十四条において準用する場合を含む。)に規定する免責の決定が確定したこと 当該免責の決定に係る再生計画認可の決定の確定の日

(破産法より)

つまり、自己破産を起こして7年以内に再び返済不能に陥ったときに取れる、マトモな対処法と言えば任意整理か特定調停くらい。この手続きを取る場合、原則として借金自体を減らすことは不可能です。

そういうわけで、自己破産後に再び借金に手を出すと、今度こそ逃げ場が無くなってしまいかねません。自己破産者への貸付を金融機関が嫌うのは、このあたりの「逃げ場の無さ」(=何をするか分からない)も関係しているのでしょう。

仮に破産後に審査に通過できたとしても借入は必要最低限に抑え、二度目の破産が必要にならないよう重々お気を付けください。

ちなみに破産法条文をご覧の通り、ギャンブルを理由に財産を減少させたり、借金を負った場合には、以前の免責から7年が経っても2度目の免責を受けられませんのでご承知おきください。

★その他、破産後に借金を繰り返したり、破産者でも借りられる会社に何らかの迷惑を掛けたことがある場合には、合法機関からの新規借入は困難となります。

\ 銀行カードに借り換えて支払いを楽にしよう!/
\ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

自己破産から5年が過ぎたら何をすべき?

ここからは自己破産から5年が経過した後の身の振り方について解説していきます。

★個人信用情報について最低限の知識があることを前提にお話ししています。
「JICC」「CIC」って何?という場合には「個人信用情報機関への開示請求とその見方」のページをお先にご覧ください。

①まずは個人信用情報を開示して「喪明け」を確かめよう

自己破産を理由にした金融ブラック状態は、破産申し立てから5年間で脱出できます(JICCの場合/CICは破産情報の直接記載なし)。ブラック期間が明けることを「喪明け」と呼ぶことも多いですね。

破産から5年が経ったら、まずは「JICC」「CIC」両方の個人信用情報を開示、悪い情報が残っていないことを確かめてみると良いでしょう。
個人信用情報は一定の保有期間が切れると手続きすることなく自動的に消滅するため、ブラック期間中にローンやクレジットカードの契約をしていない限り、おそらくは「登録されている情報はありません」といった結果が帰ってくると思われます。

CHECK個人信用情報の開示とその見方

★ブラック期間中に何らかの契約を行っていた場合でも、その中に悪い情報(長期間の延滞など)が無ければ問題はありません。

★銀行や信用金庫などの利用情報を保存する「全国銀行個人信用情報センター」(KSC)においては免責情報が10年間記録されます。
よってJICC・CICでのブラック期間が明けても、破産手続き開始から10年間は銀行等での借入は不可能とお考え下さい。

②迷惑を掛けていない消費者金融会社であればホワイト状態でも通過は見込める

破産から5年が経過、とりあえず「JICC」「CIC」の情報に問題が無ければ、KSCに加盟していない消費者金融会社などと契約が可能となります。
何の信用情報も残っていない、いわゆる「ホワイト」状態であっても(返済能力があれば)大手消費者金融会社と契約することはさほど難しくありません。中でも特に通過報告が多いのはSMBCモビットアコムACマスターカード含む)でしょうか。

CHECKSMBCモビットは「ワケアリ」ユーザー多め?その概要・ユーザー層と契約の流れ

ただしご存知のこととは思いますが、この際これまでに迷惑を掛けた(破産時に契約していた)金融機関の審査に通ることはほぼ絶望的ですのでお気を付けて。個人信用情報とは異なり、会社内の顧客情報は半永久的に残るからですね。

これに加えて、銀行ローンの契約中に自己破産を起こした場合には、当該ローンの保証会社を確認しておく必要があります。

例えば「横浜銀行カードローン」の保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス。これはプロミスの運営会社ですね。
横浜銀行カードローン契約中に自己破産を起こした場合、保証会社である「SMBCコンシューマーファイナンス」が損害を被ることになります。
当然SMBCコンシューマーファイナンスは、損害を与えた人の顧客データを保存します。こういった事情により、「横浜銀行カードローン」で事故を起こした人は「プロミス」はもちろん、「SMBCコンシューマーファイナンス」が保証するすべての銀行ローンにおいて今後の審査通過は困難となるわけですね。

当然、迷惑を掛けた会社が多いほど新しく契約できる会社は少なくなってきます。
こればかりは今から言っても仕方ありませんので、申し込める会社・申し込めない会社を今一度整理しておくと良いでしょう。

詳細銀行カードローンと保証会社の関係と、主な銀行ローンに付いている保証会社の一覧

というわけで自己破産から5年が経ったら

  • まずは個人信用情報機関(CIC、JICC)を開示し、ブラック明けを確かめる
  • 金融機関と契約を結ぶなら、迷惑を掛けていないところを選ぶ
  • (このとき申し込み先、あるいは過去に迷惑を掛けた保証会社を確認すること)
    のが基本となります。

    <喪明け後のクレジットカード取得は申し込み先に注意>

    いわゆる「ホワイト」状態であっても、消費者金融会社でカードローン契約を結ぶことはさほど難しくありません。
    その一方で困難となるのがクレジットカードの取得クレジットカードの発行元は大体どこも「ホワイト」状態を消費者金融会社以上に嫌うため、喪明け直後だと立て続けに審査に落ちてしまうことも珍しくないんですね。

    そこでよく利用されるのが、「信用情報を重視しない、ごく一部のクレジットカード」。代表的なものに、アコム発行の「ACマスターカード」が挙げられます。
    多くのワケアリユーザーはこういったカードを作り、1~2年ほど利用実績を積んだ上で希望するカードの申し込みを行います。この過程は「修行」とも呼ばれますね。
    もちろん最初から希望のカードの審査に通れればそれに越したことは無いものの、それが難しそうなら「修行」用カードの取得も併せてご検討ください。

    CHECK「修行向け」ACマスターカードのスペックと利用上の注意点

    アコムに迷惑を掛けたことがある場合、「ACマスターカード」の審査通過は困難です。
    この場合は独自審査で有名なアメリカン・エキスプレス・カード(ゴールド以上推奨、ただし年会費は高額)、あるいはライフカード等への申し込みが候補となるでしょう。

    デビットカードは無審査ですので信用情報にかかわらず取得できますが、個人信用情報とかかわりがないために「修行」に用いることはできません。
    どうしてもクレジットカードの審査に通らない場合の決済方法としてご利用ください。

    まとめ

    自己破産を理由にしたブラックは、その他のブラックに比べても金融機関に嫌われやすい。自己破産から5年以内でも借りられる会社は「AZ」「キャネット」等の一部フリーローンに限られる(高属性であればその限りでないが)
    以前の破産から7年以内に2度目の免責を受けることは絶対にできない。そのため破産後の借入には特に慎重になる必要がある。借りないに越したことは無いが、どうしても必要な借入ならできる限りすぐに清算を!
    ★破産(CICの場合は解約)から5年が経てばJICC、CICでのブラック情報は消滅する。この状態であれば「これまでに迷惑を掛けていない消費者金融会社」で新規契約を見込める(ただしクレジットカードの取得を希望する場合には申込先を選ぶこと)

    単に「ブラック」と言っても、実は深刻度にはいくらか幅があります。そして自己破産を理由にしたブラック入りは最も重度・深刻なものと言って良いでしょう。

    同じ失敗を防ぐためにも、キャッシングの利用を推奨することはできませんが……。
    どうしてもお金が必要な理由があるのなら、現状に合った申込先をチェックしてみてください。

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。