【重度ブラック】自己破産5年以内でも審査に通るカードローンは?喪明け後の対応も

    【重度ブラック】自己破産5年以内でも審査に通るカードローンは?喪明け後の対応も
    「自己破産から間もないけれど、お金を借りたい……」

    結論から言うと自己破産から5年以内であっても、(おすすめできるかはさておき)申込先さえ選べば正規の金融機関からお金を借りられる可能性はあります
    もちろん破産から5年が経ち、金融ブラック状態を脱出できているのなら、申込み先の選択肢はさらに広がることでしょう。

    今回は「自己破産後のキャッシング」をテーマに、破産から5年以内でも審査通過報告のある金融機関や、「喪明け」後に取るべき行動について簡単にまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたにとって現実的な金策が分かります。

    自己破産から5年以内でも借りられるカードローンはある?

    自己破産を理由にした金融ブラック状態が続くのは原則5年間(銀行からの借入を狙わない場合)。
    この期間中であっても審査に通れるカードローンは存在するのでしょうか?実際の利用者の声をもとに解説していきます。

    ①「カードローン」に限定すると難しいところだが、フリーローンなら望みが無いわけではない

    おそらくあなたもご存知の通り、いわゆる「中小消費者金融会社」(店舗型のものは街金とも)を使えば、金融ブラック状態であっても審査通過を狙えます。

    ただし、自己破産は債務整理の中でも最も重い手段。免責を受けるためには価値ある財産をすべて手放さなければならないことも含め、正直に言うと金融機関からは任意整理の比じゃないくらいに嫌われます。つまり任意整理(その他3ヶ月以上の延滞、強制解約など)を理由にした金融ブラックよりも、自己破産を理由にしたブラックの方がよほど審査通過が難しいわけですね。
    これは中小消費者金融業者においても例外でないため、単に「ブラック対応」とされる金融機関へ申し込みを行っても、自己破産経験を理由に貸し付けを断られてしまうことはしばしばあります。
    (現に「ビアイジ」はブラックの方からの評判が良いですが、破産後5年間は申し込み自体を断られるとの報告有り)

    というわけで、自己破産後のブラック期間中に新規での審査通過を狙うなら、「ブラック対応」中小業者の中でもさらに柔軟性の高い会社を選ばなければなりません

    実際のところ、数は多くないです。申込先を繰り返し使える「カードローン」に限定するのなら、よほど収入などの属性が良くない限り、ほぼ借入不可能と言って良いでしょう。
    (そもそもブラック対応の「カードローン」を取り扱っている会社自体が少ないのですが)

    とは言え、再融資には審査が必要となる「フリーローン」にまで目を向ければ可能性が無いわけでもありません。特に破産から5年以内の審査通過報告が多いのは「AZ」「キャネット」あたりですね。
    どうしてもお金が必要な理由があるのなら、こういった会社への申し込みを検討してみてください。いずれも正規・合法の金融機関となります。

    AZ

    金利7.0%~20%利用限度額1万円~1000万円
    審査スピード最短30分融資スピード最短即日

    キャネット(北海道)

    金利15%~20%限度額5万円~50万円
    ※初回契約時
    審査スピード最短15分(北海道)融資スピード最短即日(要来店)
    来店なしだと1週間~
    ※「九州・東北」「近畿」にもキャネットグループの展開あり、該当地域の店舗に申し込みを行う形となるが、最も評判が良いのは北海道支店(関東等からも申し込み可)

    CHECK【AZ】神金融と呼ばれるその実態は?審査通過例&郵送物ナシでの契約の流れ
    CHECKブラック対応で有名な消費者金融「キャネット」、その概要と審査通過例・契約の流れ

    ★上記2社ほど多くはありませんが、セブン銀行で利用できる「カードローン」を取り扱う中規模業者「セントラル」では破産後5年以内での審査通過報告があります。
    破産により経済状況が向上、比較的生活が安定しているのであれば、こちらも併せてご検討ください。

    CHECKブラック対応の消費者金融会社・街金について

    ②とは言えこのあたりの街金で失敗すると後がなくなってしまうのは事実

    先述の通り、自己破産から5年以内でも利用できる消費者金融会社は存在します。

    ……が、任意整理などを理由にした金融ブラックの方以上に、自己破産経験者による新規借入は危険性が高いと言わざるを得ません。
    理由は簡単で、最低でも免責(個人再生のもの含む)が下りてから7年間は、どうやっても2度目の免責を受けられないからです。

    第二百五十二条 裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

    (中略)
    四 浪費又は賭と博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。
    (中略)
    十 次のイからハまでに掲げる事由のいずれかがある場合において、それぞれイからハまでに定める日から七年以内に免責許可の申立てがあったこと。
    イ 免責許可の決定が確定したこと 当該免責許可の決定の確定の日
    ロ 民事再生法(平成十一年法律第二百二十五号)第二百三十九条第一項に規定する給与所得者等再生における再生計画(個人再生)が遂行されたこと 当該再生計画認可の決定の確定の日
    ハ 民事再生法第二百三十五条第一項(同法第二百四十四条において準用する場合を含む。)に規定する免責の決定が確定したこと 当該免責の決定に係る再生計画認可の決定の確定の日

    (破産法より)

    つまり、自己破産を起こして7年以内に再び返済不能に陥ったときに取れる、マトモな対処法と言えば任意整理か特定調停くらい。この手続きを取る場合、原則として借金自体を減らすことは不可能です。

    そういうわけで、自己破産後に再び借金に手を出すと、今度こそ逃げ場が無くなってしまいかねません。自己破産者への貸付を金融機関が嫌うのは、このあたりの「逃げ場の無さ」(=何をするか分からない)も関係しているのでしょう。

    仮に破産後に審査に通過できたとしても借入は必要最低限に抑え、二度目の破産が必要にならないよう重々お気を付けください。

    ちなみに破産法条文をご覧の通り、ギャンブルを理由に財産を減少させたり、借金を負った場合には、以前の免責から7年が経っても2度目の免責を受けられませんのでご承知おきください。

    ★その他、破産後に借金を繰り返したり、破産者でも借りられる会社に何らかの迷惑を掛けたことがある場合には、合法機関からの新規借入は困難となります。

    ③中小消費者金融の候補は具体的にどこ?

    ここからは、自己破産者の置かれた現状を把握した上でそれでもお金が必要というあなたのため、自己破産5年以内での通過例が複数確認されている中小消費者金融を紹介させて頂きます。

    ★AZ
    上限金利18.0%
    融資額1万円~300万円
    融資スピード最短即日
    店舗京都府京都市下京区
    (詳細:公式HP参照
    ※来店なしでの契約も可
    その他
    • 来店なし+郵送物なしでの契約対応
    • 破産5年以内での審査通過を確認

    まず名前を挙げさせて頂くのは、京都府に店舗を構える「AZ」
    特徴は中小消費者金融に珍しい「WEB完結」への対応であり、遠方からでも来店なしかつ郵送物なしで契約可能となっています。
    …が、審査はかなりの属性重視なようで、正規雇用者あるいは社会保険・組合保険加入者以外への対応は厳しめな模様。
    信用情報に難のある、正規雇用者向けの金融機関と言ってよいでしょう。

    CHECK【AZ】神金融と呼ばれるその実態は?審査通過例&郵送物ナシでの契約の流れ

    ★キャネット(北海道)
    上限15%~20%
    限度額初回の場合、上限50万円
    融資スピード来店あり:最短即日融資
    来店なし:1週間~
    店舗北海道に8店舗
    ※来店なしの契約も可
    申込条件
    • 返済能力のある成人
      ┗配偶者貸付対応
    その他
    • 在籍確認なしで借りられたという声を複数確認
    • 近畿、九州にも系列の同名会社あり
      ┗そちらもブラック対応

    続いて紹介するのは「キャネット」という消費者金融会社。
    同名の系列会社は3つ存在しますが、中でも審査が柔軟とされるのは北海道を中心に展開するキャネット(通称北海道キャネット/北キャネ)です。
    主な営業エリアは北海道ですが、関東はじめとする近畿以西以外からの地域であれば申込みも可能なようですね(ただし中国地方からであれば利用できたという口コミもあり)。
    申込可能エリアが限られるのは難点ですが、破産5年以内での通過報告に加え、

    • AZに比べ非正規雇用者(アルバイト含む)の通過例が多い
    • 在籍確認なしで借りられることも少なくない(ただしキャネットの判断による)

    といった点で、人気の高い申込先となっています。

    CHECK消費者金融「キャネット」は審査甘い?!ブラックでも通過可能性あり!おすすめは北海道支店

    ★アムザ
    上限金利20.0%
    ※借入額10万円以上なら18%
    融資額5万円~100万円
    融資スピード最短即日
    店舗福岡県福岡市中央区
    (詳細:公式HP参照
    ※来店なしでの契約も可
    その他
    • 来店なし+郵送物なしでの契約対応
    • 在籍確認なし
    • 必要書類が多い
    • 破産5年以内での審査通過を確認
    • パート・アルバイトや自営OKの明記

    続いては、新鋭の消費者金融「アムザ」。こちらも破産5年以内の通過例が複数報告されている会社ですね。
    特徴は何といっても「郵送物なし」「在籍確認なし」の両立。また中小業者には珍しく、パート・アルバイトOKの明記も見られます。
    代償として必要書類はかなり多いのですが、この点さえ気にならなければかなり有力な申込み先候補となってくれることでしょう。

    CHECKアムザ公式HP

    ★その他の重度ブラック対応中小消費者金融
    エイワ
    • 契約に来店必須
    • ただし全国各地に店舗あり
    • 融資は小口だが、審査の柔軟度はかなり高い。他社延滞中でも借りられたという報告も
    スペース
    • 大阪府の店舗への来店なしだと融資に時間が掛かりやすい
    • 比較的高限度額。特に重度ブラックでのおまとめに定評あり
    フクホー
    • 大阪府
    • 必要書類多め。その他は審査の柔軟さに定評のある、スタンダードな中小消費者金融
    ライオンズリース
    • 愛知県
    • 審査の柔軟さに定評のある、スタンダードな中小消費者金融
    アルコシステム
    • 原則振込対応
    • 審査の柔軟さに定評のある、スタンダードな中小消費者金融
    ※特記が無ければ来店なしで契約可

    店舗が近くにある、または「おまとめ」を希望したい(スペース)といった場合には、こういった申込み先を選ぶのも良いでしょう。
    もちろんすべて正規の金融機関、かつ「紹介屋」などの悪評のない会社となっています。

    ブラック状態でも作れる可能性のあるクレジットカード「ライフカードdp」とは

    さて、ブラック状態、特に自己破産者といった重度ブラック状態の方は、知っての通りクレジットカードを作れないとされています。

    …が、物事には例外がつきもの。もしもあなたが現在クレジットカードを必要とされているのなら、「ライフカードdp」という「信用の代わりに預入金を支払う」カードへの申込みを検討するのも良いでしょう。

    前払いチャージ式のプリペイドカードとの違いが分かりにくい所ではありますが、この「ライフカードdp」はれっきとした「クレジットカード」。
    カード受取の際に利用可能枠相当の預入金(デポジット)を支払う必要がありますが、この初期負担さえ何とかなれば、あとは普通のクレジットカードとほとんど同様に利用できます。

    仮に支払いが滞った場合には預入金が没収されてしまいますが、このシステム上、カード発行元のライフカード社には何のリスクもありません。

    そのためこちらは正真正銘の「最も審査が甘いクレジットカード」であり、重度ブラック状態でも審査通過を狙えると推測されます。

    ★ライフカードdp(デポジット型)
    年会費5,000円
    (一般カード)
    10,000円
    (ゴールド、限度額90万円以下)
    20,000円
    (ゴールド、限度額100万円以上)
    還元率0.5%
    国際ブランドmastercard
    デポジット
    (預入金)
    • カード受取時、代金引換で「利用可能枠+年会費」を支払い
    • 利用可能枠は以下から選択
      • 5万円(一般)
      • 10万円(一般)
      • 20万円~190万円(ゴールド)
    備考
    • ETCカードを付けられるのは利用可能枠10万円~
    • デポジットはカード解約時に返却

    またこの「ライフカードdp」、一応れっきとしたクレジットカードであることから個人信用情報も残りますので、ブラック明けを見越した「クレヒス」積み(後述)にこのカードを使うのも良いですね。

    自己破産から5年が過ぎたら何をすべき?

    ここからは自己破産から5年が経過した後の身の振り方について解説していきます。

    ★個人信用情報について最低限の知識があることを前提にお話ししています。
    「JICC」「CIC」って何?という場合には「個人信用情報機関への開示請求とその見方」のページをお先にご覧ください。

    ①まずは個人信用情報を開示して「喪明け」を確かめよう

    自己破産を理由にした金融ブラック状態は、破産申し立てから5年間で脱出できます(JICCの場合/CICは破産情報の直接記載なし)。ブラック期間が明けることを「喪明け」と呼ぶことも多いですね。

    破産から5年が経ったら、まずは「JICC」「CIC」両方の個人信用情報を開示、悪い情報が残っていないことを確かめてみると良いでしょう。
    個人信用情報は一定の保有期間が切れると手続きすることなく自動的に消滅するため、ブラック期間中にローンやクレジットカードの契約をしていない限り、おそらくは「登録されている情報はありません」といった結果が帰ってくると思われます。

    CHECK個人信用情報の開示とその見方

    ★ブラック期間中に何らかの契約を行っていた場合でも、その中に悪い情報(長期間の延滞など)が無ければ問題はありません。

    ★銀行や信用金庫などの利用情報を保存する「全国銀行個人信用情報センター」(KSC)においては免責情報が10年間記録されます。
    よってJICC・CICでのブラック期間が明けても、破産手続き開始から10年間は銀行等での借入は不可能とお考え下さい。

    ②迷惑を掛けていない消費者金融会社であればホワイト状態でも通過は見込める、ただし…。

    破産から5年が経過し、「JICC」「CIC」のマイナス情報が消えたなら、KSCに加盟していない消費者金融会社、クレジットカード会社などと契約が可能となります。が…

    そういった会社は審査の際、JICCやCICのからの情報の他、官報に記載の情報を収集していることが一般的。官報に記載の免責情報は時間が経っても消えませんので、「1度破産したばかりに、何年たっても借りられない」ことは十分に考えられます。実際、これまでには5年以上前の自己破産が理由としか思えない「プロミス」での審査落ち報告も確認されていますね。

    もちろん官報を取得するすべての会社が、「5年以上前の自己破産」を即刻審査落ち理由にするとは限らないものの…。

    あなたに破産経験があるのなら、各HPの個人情報に関する規約を確認し、「官報」取得を明記していない会社を選ぶのが無難です。

    具体例を挙げるなら、

    あたりですね。

    レイクALSA(新生銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~18.0%1万〜500万円お申込み後、最短15秒Webで最短60分融資も可能※
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳~70歳までの安定した収入がある方(無職や専業主婦は申し込み不可)
    • 国内に居住する方
    • ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    • 日本の永住権を取得されている方

    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    その他の貸付条件

    • 遅延損害金(年率):20.0%
    • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
    • ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
    • 必要書類:運転免許証等
        ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
    • 担保・保証人:不要
    • ※商号:新生フィナンシャル株式会社
    • ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
      日本貸金業協会会員第000003号

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • Webで申込むと60日間特典または180日間5万円以下特典
      ※初めてなら初回契約翌日から特典。
      ※特典期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間特典、60日特典、180日間特典は併用不可。
      ※60日特典はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
      ※ご契約額が200万円超の方は30日間特典のみになります。

    • 2020年4月16日より順次、提携ATMでのお借入れ・ご返済時の手数料を有料化
    • 日曜日の無人契約機受付時間(2020年4月1日より)・第三日曜日の営業時間(審査対応時間含む)は19時まで

    ★その他、官報情報とは関係なく「これまでに迷惑を掛けた会社」には、あなたの悪い顧客情報が半永久的に記録されるのが一般的。
    例外も無いわけではありませんが、自己破産した際にお金を借りていた会社とその保証会社は、二度と利用できないものと考えておくのが無難でしょう。

    【喪明け後用】信用情報問題をあまり重視しないクレジットカードについて

    何の信用情報も残っていない、いわゆる「ホワイト」状態であっても、消費者金融会社でカードローン契約を結ぶことはさほど難しくありません。
    その一方で困難となるのがクレジットカードの取得。クレジットカードの発行元は大体どこも「ホワイト」状態を消費者金融会社以上に嫌うため、喪明け直後だと立て続けに審査に落ちてしまうことも珍しくないんですね。

    そこでよく利用されるのが、「信用情報を重視しない、ごく一部のクレジットカード」。代表的なものに、アコム発行の「ACマスターカード」が挙げられます。
    多くのワケアリユーザーはこういったカードを作り、1~2年ほど利用実績を積んだ上で希望するカードの申し込みを行います。この過程は「修行」とも呼ばれますね。
    もちろん最初から希望のカードの審査に通れればそれに越したことは無いものの、それが難しそうなら「修行」用カードの取得も併せてご検討ください。

    参考情報として、ブラック状態での審査通過報告が寄せられているクレジットカード情報をまとめました。

    ★ブラック状態での通過報告があるクレジットカード
    ACマスターカード
    • 年会費無料
    • 還元率0.25%
    • リボ専用、使い勝手は良くない
    • ETCカード発行不可
    • 個人情報のない「ホワイト」状態等に寛容
    • 官報情報の参照あり、ただし当サイトアンケートにて8年前に個人再生を起こした方の審査通過を確認
    アメリカン・エキスプレス・カード
    • 年会費13,200円(グリーンカード)
    • 還元率0.3%~
    • ETCカードの発行対応
    • 要求年収は高め(目安300万円~、ただしこれ以下での審査通過報告も多い)
    • 官報情報の参照あり
    楽天カード
    • 年会費無料
    • 還元率1.0%
    • ETCカードの発行対応
    • 個人情報のない「ホワイト」状態には厳しいという声も
    • 官報情報の参照あり
    ※特殊な性質の「ライフカードdp」は除外

    一応ブラックでの通過例が報告されてはいるものの…。
    ブラックの中でも特に重く見られる、破産5年以内での通過は難しいと言わざるを得ません。また官報情報の参照のため、破産から5年が経過していても利用できるとは限りませんが…。

    一応「喪明け」後、かつ「ライフカードdp」の初期費用負担を苦く思うのであれば、半ばダメ元で、上のような会社へ申し込んでみるのも一考でしょう。
    特に有力候補となるのは、個人再生経験者の審査通過報告が確認されている「ACマスターカード」でしょうか。

    ★ちなみに官報情報を閲覧しないクレジットカード会社は、比較的審査が甘いとされる「ニッセン・クレジット」「ライフカード」等を含め未確認です。

    ★アコムやアコムが保証会社の金融機関に迷惑を掛けたことがある場合、「ACマスターカード」の審査通過は困難です。
    この場合はアメリカン・エキスプレス・カード(ゴールド以上推奨、ただし年会費は高額)、あるいは楽天カード、ライフカードdp等への申し込みが候補となるでしょう。

    ★デビットカードは無審査ですので信用情報にかかわらず取得できますが、個人信用情報とかかわりがないために「修行」に用いることはできません
    どうしてもクレジットカードの審査に通らない場合の決済方法としてご利用ください。

    まとめ

    • 自己破産を理由にしたブラックは、その他のブラックに比べても金融機関に嫌われやすい。自己破産から5年以内でも借りられる会社は「AZ」「キャネット」等の一部フリーローンに限られる(高属性であればその限りでないが)
    • 以前の破産から7年以内に2度目の免責を受けることは絶対にできない。そのため破産後の借入には特に慎重になる必要がある。借りないに越したことは無いが、どうしても必要な借入ならできる限りすぐに清算を!
    • 破産(CICの場合は解約)から5年が経てばJICC、CICでのブラック情報は消滅する。
      が、大手消費者金融(レイクALSA除く)やクレジットカード会社は審査の際に官報情報を閲覧するため、5年以上前の破産が理由で審査落ちとなる可能性も…。
    • クレジットカードが欲しい場合の最有力候補は「ライフカードdp」。次点は「ACマスターカード」あたりだが、こちらの申込みは半ばダメ元となるか

    単に「ブラック」と言っても、実は深刻度にはいくらか幅があります。そして自己破産を理由にしたブラック入りは最も重度・深刻なものと言って良いでしょう。

    同じ失敗を防ぐためにも、キャッシングの利用を推奨することはできませんが……。
    どうしてもお金が必要な理由があるのなら、現状に合った申込先をチェックしてみてください。

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。
    • ローン利用時に発生したトラブルや疑問は、各カードローン会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    SNSでもご購読できます。