【16時まで】新生銀行に聞いた!スマートカードローンプラスで来店なし&即日融資

2018年1月以降、すべての銀行カードローンで即日融資不可となりました。
本記事中に「即日融資可能な銀行カードローン」の記載が残っている可能性がありますが、現在は銀行カードローンでは、どうやっても申し込み当日にお金を受け取ることができません。
もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2018」記事をご確認ください。
※新生銀行カードローン「レイク」は、2018年4月より新規申し込みの受付を停止しました。
新生銀行グループの新カードローン「レイクALSA」の詳細は新生ファイナンシャルの公式サイトをご確認ください。

【16時まで】新生銀行に聞いた!スマートカードローンプラスで来店なし&即日融資

「引出し手数料が無料だから、という理由で使ってる新生銀行
カードローン商品も気になるけれど、同じ新生銀行の<レイク>とはどう違うの?」

「レイク」「スマートカードローンプラス」という2つのカードローン商品を取り扱う新生銀行。
とは言え元々独立した消費者金融会社を吸収した「レイク」と、いかにも銀行系らしい「スマートカードローンプラス」の間では知名度はもちろん、契約のできる店舗数などに大きな隔たりがあります。
基本的には「少額借り入れ」を狙うならレイク、おトクに借りたいなら「スマートカードローンプラス」を選択するのがおすすめなのですが……。
実は2つのカードローンには申し込み条件の違いがなく、審査難易度もほとんど変わらないと考えられるんですね。

その理由は、審査優遇の可能性・銀行営業時間外の振込融資など、新生銀行口座を持っていることで受けられる恩恵があるから。
今回はそんな新生銀行「スマートカードローンプラス」について、レイクとの比較を交えながらそのメリット・デメリットや利用の流れを、実際に新生銀行に問い合わせた情報をもとにまとめてみました。
読み終えていただければ、安心して新生銀行「スマートカードローンプラス」を利用できますよ



新生銀行「スマートカードローンプラス」のメリット・デメリットとレイクとの比較

新生銀行「スマートカードローンプラス」のメリット・デメリットとレイクとの比較

有名なメガバンクに比べると、少し知名度の低い新生銀行「スマートカードローンプラス」。
まずはこのローン商品の概要とメリット・デメリットを紹介していきます!

①金利はレイクよりかなり低いものの、銀行系の中ではほんの少し高金利

新生銀行「スマートカードローンプラス」の基本情報は、以下のようになります。

★新生銀行「スマートカードローンプラス」

金利 4.5%~14.8% 限度額 1万円~500万円
審査スピード 公式HP参照 融資スピード 公式HP参照
その他
  • 新生銀行の口座開設不要
  • 来店不要
  • 審査・融資スピードに優れている、という点以外で、とくに大きな特徴はありません。

    ★限度額(審査結果に応じ決定)ごとの金利

    利用限度額 適用金利
    100万円未満 14.8%
    100万円~200万円未満 12.0%
    200万円~300万円未満 9.0%
    300万円~400万円未満 7.0%
    400万円~500万円 4.5%

    限度額100万円未満のときに適用される最高の金利(上限金利)は14.8%ですが……。
    標準的な銀行カードローンの上限金利は14.5%程度となっているため、ほんの少し高金利となっています。
    とは言え以下の例を見ても分かる通り、致命的なデメリットと言えるほどの差ではありません。

    ★金利ごとの支払い総額比較(30万円を借り、月2万円を返済する場合)

    新生銀行スマートカードローンプラス
    (金利14.8%)
    333,788円
    (17ヶ月/1年5ヶ月)
    楽天銀行スーパーローン
    (金利14.5%)
    333,012円
    (17ヶ月/1年5ヶ月)
    みずほ銀行カードローン
    (金利14.0%)
    331,719円
    (17ヶ月/1年5ヶ月)
    三井住友カードゴールドローン
    (金利9.8%、審査厳しめ)
    321,330円
    (17ヶ月/1年5ヶ月)
    新生銀行レイク
    (金利18.0%)
    (30日間無利息サービス適用時)
    336,662円
    (17ヶ月/1年5ヶ月)
    ※支払い総額から元の借入額「30万円」を引いた数が、利息総額(サービス料総額)となります。

    新生銀行「スマートカードローンプラス」は融資スピードや使い勝手に特化した銀行カードローンです。
    取り立てて高金利、というわけではありませんが、「少し時間や手間が掛かってもいいからできるだけ低金利で借りたい!」という場合には向いていません

     

    CHECKあなたの街で最もおトクなカードローンを探そう!全金融機関から低金利ローンを見つける方法

    ★もしもあなたが新生銀行の普通預金口座を利用中であれば、これを担保にした低金利借り入れが可能です。
    該当する場合には、以下のページをご覧ください。

    CHECK新生銀行公式HP「定期を担保にお金を借りることができますか?」

    スマートカードローンプラスと新生銀行レイクの比較

    同じ新生銀行が提供する、「スマートカードローンプラス」と「新生銀行レイク」を比較してみました。

    ★新生銀行2つのカードローンの比較

    スマートカードローンプラス レイク
    上限金利 14.8% 18.0%
    限度額 1万円~500万円
    審査難易度 低め(パート・アルバイト可)
    審査スピード 公式HP参照 公式HP参照
    融資スピード 公式HP参照 公式HP参照
    審査時間
    (インターネット申し込み時)
    平日9:00~18:00
    (仮審査は土日も可)
    毎日8:10~21:50
    (第三日曜日を除く)
    郵送物なしでの利用 不可
    (来店契約またはカードレス契約)
    無利息サービス なし 180日間5万円以下無利息
    もしくは30日間無利息を選択可
    毎月の返済額 3,000円~
    銀行営業時間外の振込融資 新生銀行口座があれば可 不可

    簡単に言うと、レイクは独自の無利息サービスにより、短期間・低額の借り入れがおトクになりやすいのが特徴です。

    一方で「スマートカードローン」の強みはレイクより低い金利と、「新生銀行口座を活用しやすい」こと
    というのも、レイクは新生銀行が取り扱うローンでありながら新生銀行口座を持っていても何も旨みがないんですね。

    そのため、「新生銀行ユーザー」ならスマートカードローンプラスを選択すると良いでしょう。

    ★新生銀行口座は持っていない、という場合にこのローンを選ぶメリットはほぼありません。
    より低金利な他社ローンを選択することをおすすめします。

    CHECK即日キャッシングのできる時間は何時まで?大手金融機関4社に即日融資のリミットを聞いた!
    CHECKあなたの街で最もおトクなカードローンを探そう!全金融機関から低金利ローンを見つける方法

    審査はまったくレイクと同じ?申し込み条件や月の返済額に違いはなし

    審査はまったくレイクと同じ?申し込み条件や月の返済額に違いはなし

    一般的に、金融業会では「金利の低いローンほど審査は厳しい」と言われています。
    実際に複数のカードローン商品を取り扱う地方銀行などを見ても、その傾向は強いのですが……。
    実はスマートカードローンプラスとレイクに、申し込み条件の違いは実質ありません

    スマートカードローンプラス公式HP:ご利用対象
    ▲スマートカードローンプラス公式HP

    新生銀行レイク公式HP:ご利用対象
    ▲新生銀行レイク公式HP
    文面こそやや異なるものの、書いてあることはほとんど一緒です。

    さらに、銀行カードローンで審査難易度を割り出すヒントとなる「毎月の最低返済額」(最低3,000円~)についても、スマートカードローンプラスとレイクの間に違いはありません。
    このことから、必要な返済能力=審査通過に求められる収入についてもほとんど同じだと見て良いでしょう。
    (実際、スマートカードローンプラスの「ご利用対象」にはパート・アルバイトOKが明言してあることからも、審査通過に決して高い収入が必要ないことが分かります。)

    レイクは年収200万円未満・アルバイトであっても多数の審査通過例がありますから、スマートカードローンプラスについても審査難易度は高くないと言えるでしょう。

    ……というよりも、実はスマートカードローンプラス、レイクの審査システムをまるごと流用しているのではないかと思われます。
    スマートカードローンプラスの審査回答時間や「すぐに仮審査結果を送信」といったサービスは、すべてレイクのものと一致するんですね。
    もしこの推測が正しいのなら、スマートカードローンプラスとレイクの審査は全く同じ基準で行われていることとなります。

    新生銀行のお申し込みページ

    ▲▼色違いのような申し込みページ。審査結果のお知らせ時間も、貸付条件も全く同じです。

    新生銀行レイクのお申し込みページ

    というわけで、詳しい審査の要素については「新生銀行レイクの審査通過者データと高精度通過率診断」ページをご覧ください。

    ★レイクとスマートカードローンプラスの両方を同時に利用することはできません。(それぞれの規約による)

    \ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

    新生銀行に聞いた!スマートカードローンプラス・利用の流れ

    新生銀行に聞いた!スマートカードローンプラス・利用の流れ

    ここからは、スマートカードローンプラスの申し込みを決めたあなたのために詳しい利用の流れを紹介していきます!

    ①新生銀行に聞いた、契約上の疑問点

    公式HPを見ても分からなかった点について、実際にスマートカードローンプラスへ3度に分けて問い合わせを行ってみました。

    【管理人】山本
    土曜日に契約を結ぶことはできますか?

    新生銀行の回答
    申し訳ありません、こちら営業時間が平日のみとなっております。
    【管理人】山本
    勤務先の休業日に融資を受けることはできませんか?
    新生銀行の回答
    そうですね、在籍確認のお電話必須となっておりますので、申し訳ありません。

    出来るだけ早く融資を受けたい場合、新生銀行口座がないのなら平日午前中、口座があるのなら平日16時頃までに申し込みを行うと良いでしょう。

    ★土日祝日や16時以降に即日融資を受けたい場合には、アコムアイフルなどをご利用ください。

    CHECK即日キャッシングのできる時間は何時まで?大手金融機関4社に即日融資のリミットを聞いた!

    ②仮審査結果は即時~1時間程度でメールにて到着

    審査基準が全く同じと断言することはできないものの、スマートカードローンプラスがレイクの仮審査のシステムを流用しているのはほぼ間違いないでしょう。
    レイクの場合は審査結果が「インターネット申し込み後、その場の画面上」に表示されるのに対し、スマートカードローンプラスでは仮審査結果を伝えるメールが届くようですね。

    ちなみに、仮審査の結果メールが届くのは以下の時間のみとなります。

    ★新生銀行グループの仮審査回答時間

    第三日曜日を除く毎日 8:10~21:50
    第三日曜日 8:10~19:00
    ※年末年始を除く

    数分も経たずにメールが届くこともありますが、混雑時やあなたの状況によっては1時間程度の時間が掛かることもあるようですね。
    ちなみに、審査回答時間外に申し込みを行った場合には翌日以降、結果が届く形となります。

    ★土日祝日でも仮審査結果は届きますが、(おそらくレイクと同一部署が回答しているため)スマートカードローンプラスの本審査結果が出るのは平日のみとなります。
    よって、土日祝日やスマートカードローンプラスの営業が終了する18時以降に契約を結ぶことはできませんのでお気をつけください。

    ③おおまかな契約の流れをチェック!

    スマートカードローンプラスの場合、契約は申し込みから借り入れ手続きまで、すべてインターネット上で完結するものの……。
    その流れは、あなたが新生銀行口座を持っているかによって若干異なります。

    CHECK新生銀行口座を持っている場合の契約の流れ
    CHECK新生銀行口座を持っていない場合の契約の流れ

    (1)新生銀行口座がある場合

    新生銀行口座をお持ちの場合、インターネットバンキング「新生パワーダイレクト」から申し込みを行うことにより、本人確認書類の提出が不要となります。(暗証番号で本人確認ができるため)

    新生銀行スマートカードローンプラス

    契約の流れ

    (新生銀行口座あり)

    「新生パワーダイレクト」
    (インターネットバンキング)から申し込み

    メールで仮審査結果連絡

    携帯電話へ申し込み確認電話

    在籍確認あり

    本審査結果連絡
    契約手続き(限度額設定など)

    新生銀行からあなたの口座に希望額を振り込み
    (銀行営業時間外も可)

    ローンカードの郵送
    (1週間程度)

    申し込みを行う場合には、ログイン後「カードローン」メニューより手続きを進めましょう。

    ★申し込み額が50万円を超える場合には、収入証明書類の提出が必要となります。

    CHECK新生パワーダイレクトログインページ

    CHECK4.新生銀行スマートカードローンプラスの借り入れ方法

    (2)新生銀行口座がない場合

    新生銀行口座を持っていなくとも、任意の口座に即日振込が可能です。

    新生銀行スマートカードローンプラス

    契約の流れ

    (新生銀行口座なし)

    インターネットから申し込み

    メールで仮審査結果連絡

    携帯電話へ申し込み確認電話

    在籍確認あり

    本審査結果連絡
    契約手続き(限度額設定など)
    必要書類の提出

    新生銀行からあなたの口座に希望額を振り込み

    ローンカードの郵送
    (1週間程度)

    ただし振込先が新生銀行口座以外となる場合、銀行営業時間の関係上、融資を受けられるのは平日9:00~15:00のみとなるためお気をつけください。

    CHECK4.新生銀行スマートカードローンプラスの借り入れ方法

    ④スマートカードローンプラスの契約に必要な書類

    契約に必要な書類は、以下のようになります。

    ★新生銀行スマートカードローンプラスの必要書類

    本人確認書類
    (新生銀行口座がない場合
    いずれか一点提出)
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 健康保険証 他
  • 収入証明書類
    (限度額が50万円を超える場合
    いずれか一点)
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 所得証明書(課税証明書) 他
  • 新生銀行口座を持っており、借入限度額が50万円以下という場合、書類の提出は不要です。
    ちなみに、これらの書類は携帯電話などで撮影し、メールにて送信する形となります。(郵送での送付も可)

    ⑤在籍確認は必須&事前に携帯電話へ連絡あり

    在籍確認について、新生銀行に問い合わせてみました。

    【管理人】山本
    在籍確認の電話はどのようにかけられますか?
    新生銀行の回答
    新生銀行名、または個人名でお掛けします。
    【管理人】山本
    選択できるのでしょうか?
    新生銀行の回答
    もちろんです。
    【管理人】山本
    ということは申し込みの後、在籍確認の前に電話か何かが掛かってくるのでしょうか?
    新生銀行の回答
    はい、そういった形となります。

    というわけで、スマートカードローンプラスでは在籍確認の名乗り方を2種類から選択できるとのこと。
    新生銀行名を選んだ場合には「新生銀行の○○と申しますが、営業部の△△様はご在籍でしょうか?」といった形で、
    個人名を選んだ場合には「○○と申しますが、△△××さんはいますか?」といった形で電話が掛かってきます。

    特にどちらを選んでも構いませんが、「新生銀行」名を名乗ってもらった方が「新生銀行のクレジットカードを作った」「口座を開設したけど記入情報に不備があって電話が掛かってきた」などの言い訳も通用しやすいでしょう。

    CHECK在籍確認について

    在籍確認の電話は必須となります
    会社の休業日に即日融資を受けたい場合や、電話を避けたい場合には新生銀行レイクなどをご利用ください。

    CHECK勤務先への電話なしで借りられる金融機関のまとめ

    新生銀行スマートカードローンプラスの借り入れ方法

    新生銀行スマートカードローンプラスの借り入れ方法

    ここからは、契約完了後のスマートカードローンプラス・借入方法を紹介していきます!

    ①現金での取引ならATMを使おう!手数料は常時無料

    新生銀行での契約が完了すると、数日~1週間程度でローンカードが届きます。

    現金を借り入れたいときに利用するのがATM。
    スマートカードローンプラスでは、以下のATMを手数料無料で利用可能です。

    ★スマートカードローンプラスで利用できる提携ATM(レイクと共通)

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-netATM(ファミリーマートなど)
  • イオン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • ★提携ATMの利用可能時間

    月曜日 5:00~23:50
    火曜日、水曜日 0:10~23:50
    木曜日 1:30~23:50
    金曜日、土曜日、日曜日 0:10~23:50
    第三日曜日 0:10~20:00

    夜間~早朝の利用可能時間は不規則なため、キャッシングはできるだけ日中に利用しましょう。

    ②会員サービスからの振込キャッシングも可:口座があればさらに便利に

    スマートカードローンプラスでは、インターネットバンキング「新生パワーダイレクト」とは別にカードローン専用の会員ページが設けられています。
    この会員ページからは、以下の手順で振り込みキャッシングの手続きが可能。

    新生銀行公式HPより:操作手順
    ▲新生銀行公式HPより

    新生銀行の口座がなくても振り込みキャッシングは利用できますが、入金反映時間は平日9:00~15:00に限られます
    一方、新生銀行口座があれば曜日や時間を問わず、ほぼいつでも即時入金が可能なので、基本的には新生銀行ユーザー向けのサービスとなるでしょう。

    CHECK新生銀行公式HP「カードローン会員ログイン」

    ★振り込み手数料は発生しません。

    \ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

    毎月の返済方法とその金額

    毎月の返済方法とその金額

    ここからは、気になる毎月の返済方法とその金額について紹介していきます!

    ①毎月の返済額は3,000円からと低額

    新生銀行スマートカードローンプラスの返済額は、返済日(後述)当日の借入残高に応じて決まります。(残高スライドリボルビング方式)

    ★新生銀行スマートカードローンプラスの返済金額一覧

    返済日当日の借入残高 最低返済額
    10万円以下 3,000円
    10万円超過~20万円 5,000円
    20万円超過~30万円 7,000円
    30万円超過~40万円 9,000円
    40万円超過~50万円 11,000円
    50万円超過~60万円 13,000円
    60万円超過~70万円 15,000円
    70万円超過~80万円 17,000円
    80万円超過~90万円 19,000円
    90万円超過~100万円 21,000円
    ※金利が12%を超える場合。金利12%以下の場合や借入額が100万円を超える場合については公式HPをご覧ください。

    月々の負担額は一般的な銀行カードローンに比べても軽め
    無理なく返済しやすい一方で、最低返済額だけで支払いを続けているとなかなかローンを清算できないというデメリットもあります。
    最低返済額以上であればいつ・どれだけ返済しても構わないため、無理のない範囲で積極的な返済ができると良いですね。

    CHECK返済方法は原則ATM、口座があれば引き落としやネット返済も可

    また、毎月の返済額の中から利息(サービス料)が徴収されるため、3,000円を返済しても借入額が3,000円減るわけではない点にはお気を付けください。

    例:金利14.5%で10万円を30日間借りた場合、利息は1,191円。
    ここで最低返済額の3,000円を支払った場合、うち1,191円が新生銀行に徴収され、残った1,809円のみが借入清算に充てられる

    詳細カードローンの金利と利息の仕組み:利息節約のコツは「返済額を増やす」こと

    ②返済日は自分で決められるものの、14日の「返済期間」に注意

    新生銀行スマートカードローンプラスは、契約時に好きな返済日を設定することができます。
    基本的には、「給料日」もしくは「家賃の支払日」など、覚えやすいきりの良い日に定めておくと良いでしょう。

    ただし、「毎月の返済は、返済日からさかのぼって14日の間に行わなければならない」というルールには要注意。
    例えば以下のように「27日」を返済日と設定した場合、「当月14日~27日」の間に最低返済額を支払う必要があるわけですね。

    新生銀行公式HPより:返済期日
    ▲新生銀行公式HPより

    それだけなら良いのですが、返済日が土日祝日と重なった場合、返済期間もズレ込むのが困ったところ。
    例えば上の例で、もし27日が土曜日だったら返済期日は29日月曜日となります。
    となると、返済期間は「当月16日~29日」の間となるわけですね。

    そのため、基本的に毎月の返済は「返済期日の数日前~当日」に行うと良いでしょう。

    ★返済期間外に支払いを行った場合、利息が徴収されることなく全額が借入の清算に充てられます。

    インターネット会員サービス(口座不要)より、返済日を事前にお知らせするメールの登録が可能です。

    ③返済方法は原則ATM、口座があれば引き落としやネット返済も可

    スマートカードローンプラスにおける基本の返済方法は「ATM」。
    利用できるATMは借り入れ時と変わりありません。

    CHECK現金での取引ならATMを使おう!手数料は常時無料

    また、あなたが新生銀行の口座を持っているのなら、「インターネット返済」「自動引落とし」を使った返済も可能。
    とは言え、前述の通りスマートカードローンプラスの毎月の最低返済額は小額なため、自動引き落としのみを使った返済はおすすめできません
    以下の例を見ても分かるとおり、毎月の返済額は長い目で見た支払い総額に直結するからですね。

    ★スマートカードローンプラス(金利14.5%)で30万円を借りた場合の支払い総額比較

    毎月、最低返済額のみを返済
    (自動引き落としのみで返済)
    464,518円(99回/8年3ヶ月)
    毎月2万円を返済 333,012円(17回/1年5ヶ月)
    差額 131,506円

    無理のない範囲で、「毎月できるだけ大きな金額を支払う」ことを意識しながらお好きな方法で返済を行っていくことをおすすめします。

    CHECK新生銀行公式HPご返済シミュレーション

    新生銀行スマートカードローンプラスに関する、よくある質問と回答

    新生銀行スマートカードローンプラスに関する、よくある質問と回答

    最後に、スマートカードローンプラスに関するよくある質問にお答えしていきます!

    おまとめには利用できますか?

    必要な限度額がもらえれば不可能ではありませんが、公式HPにはどこにも大口融資やおまとめに関するアピールがありません。
    当ローンはすばやい審査スピードを最大のメリットとしていることもあり、基本的には50万円以下の小額融資向けカードローンと言えるでしょう。というわけで、おまとめには向いていません。

    ただし新生銀行にはおまとめに利用しやすいフリーローン商品が存在しないこともあり、大口の借入を狙う場合には他社ローンを選んだ方が良さそうです。

    CHECK【年収の100%まで借入OK】横浜銀行カードローンについて(申し込み地域制限あり)
    CHECK【大口融資向け】オリックス銀行カードローンについて
    CHECKおまとめ・借り換えにおすすめな金融機関

    契約後に利用限度額の増額はできますか?

    インターネット会員ページから、利用限度額の増額申請が可能です。
    ただし、限度額を増やすためには増額審査に通過する必要があるためお気をつけください。

    新生銀行公式HPより:操作手順
    ▲新生銀行公式HPより

    一般的には、契約の半年後くらいから増額審査に通過できる可能性があると言われていますね。
    もちろん、これまでに延滞など新生銀行に迷惑をかけたことがあるのなら、利用限度額の増額は難しくなります。

    CHECK新生銀行公式HP「カードローン会員ログイン」

    まとめ

    まとめ

    ★新生銀行カードローンは、銀行カードローンならではの金利と融資スピードを両立させたローン!
    基本的には新生銀行ユーザーにおすすめ
    難易度は決して高くなく、パート・アルバイトでも利用可
    ★土日祝日にもらえるのは「仮」審査の結果のみ。在籍確認を含む本審査は平日9:00~18:00のみの対応となるため注意

    銀行カードローンながら、使い勝手に優れたスマートカードローンプラス。
    「新生銀行レイク」との同時契約はできませんので、それぞれの特徴を見定めて、あなたに合ったローンへ申し込みを行いましょう!


    CHECK即日キャッシングのできる時間は何時まで?大手金融機関4社に即日融資のリミットを聞いた!

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。