荘内銀行のカードローンは「WEB完結」対応!ただし来店可能ならより低金利での借り入れも

2018年1月以降、すべての銀行カードローンで即日融資不可となりました。
本記事中に「即日融資可能な銀行カードローン」の記載が残っている可能性がありますが、現在は銀行カードローンでは、どうやっても申し込み当日にお金を受け取ることができません。
もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2018」記事をご確認ください。

最近はインターネット広告などで目にすることも増えてきた、荘内銀行のカードローン。

積極的に広告展開を行い全国から利用のできる「カードローンWeb」に加え、合計4種類のカードローンを取り扱うこの銀行ではありますが……。
実はそれぞれの特徴をよく比べてみると、申し込み先のローンは「カードローンWeb」「カードローン1000」の二種類に絞られます。

今回はそんな荘内銀行のカードローンについて、申し込み先ローンの選び方やそれぞれのメリット・デメリット、借り入れ・返済方法に至るまで詳しく解説していきます!

荘内銀行が取り扱う4つのカードローンの特徴と選び方

まずは、荘内銀行が取り扱う4つのカードローンについて主な特色を見てみましょう。

★荘内銀行カードローン

上限金利※ 融資スピード 契約時の来店
カードローンWeb 14.6% 最短2営業日 不要
カードローン1000 13.5% 2週間程度 必須
ドリームコンシェルカードローン 14.6% 2週間程度 必須
べんリッチプラス 14.6% 2週間程度 不要
※最も適用されやすい、最大の金利のこと

4つのカードローンを比べてみると、「カードローンWeb」には「来店不要」「融資スピードが速い」、「カードローン1000」には「金利が低い」といったメリットがありますが……。

「ドリームコンシェル」「べんリッチプラス」は、他のローンに比べた利点がありません。そのため、この2つのローンは申し込み先の候補から外れることになるでしょう。

使い勝手を重視するのであれば「カードローンWeb」を、金利の低さを重視するのなら「カードローン1000」を選択しましょう。

ちなみに、審査難易度に関してはどのローンにおいても大きな違いはありません。

CHECK4.荘内銀行カードローンの審査難易度目安:審査難易度はさほど高くない

★限度額が30万円以上のとき、「カードローン1000」より「カードローンWeb」の方が低金利となります。
審査に自信がある場合には、「カードローンWeb」の選択をおすすめします。

CHECK限度額が30万円を超えると金利低下!会社員、公務員や審査に自信のある方におすすめ

「カードローンWeb」なら来店不要で契約可能&安定した収入があれば低金利で借りられる!

まずは、融資スピードや使い勝手に優れた荘内銀行「カードローンWeb」について詳しく解説していきます!

①「カードローンWeb」の基本情報:上限金利は14.6%と平均的

荘内銀行「カードローンWeb」の基本情報は、以下のようになります。

★荘内銀行「カードローンWeb」

金利 3.5%~14.6% 限度額 10万円~500万円
審査スピード 最短2営業日 融資スピード 最短2営業日
その他
  • 口座開設不要
  • 申し込み地域制限なし
  • 来店不要
  • 即日融資には対応していないものの、他の荘内銀行カードローンは借入までに2週間以上の時間が必要になる中、最短2営業日で借り入れが可能なのは嬉しいですね。

    CHECK6.荘内銀行カードローン、契約の流れ

    ②限度額が30万円を超えると金利低下!会社員、公務員や審査に自信のある方におすすめ

    一見して分かりづらい「カードローンWeb」の大きなメリットとして、「限度額が30万円以上になると、適用金利が大きく下がる」というものが挙げられます。

    ★荘内銀行「カードローンWeb」限度額のごとの金利一覧

    カードローンWeb 参考:カードローン1000
    限度額20万円以下 14.6% 13.5%
    限度額30万円~50万円 11.8%
    限度額70万円 9.8%
    限度額100万円~150万円 7.8% 11.8%
    限度額200万円~250万円 5.8% 9.8%
    限度額300万円~350万円 3.5%
    (最大限度額500万円)
    7.8%
    限度額400万円~600万円 5.8%
    限度額700万円以上 3.5%

    一般的な銀行カードローンは「カードローン1000」のように限度額「100万円」、あるいは「110万円」を区切りとして金利が下がることが多いのに対し、「カードローンWeb」の場合は限度額30万円から金利優遇がはじまります。

    銀行カードローンの標準的な上限金利は14.5%程度ですから、限度額30万円~50万円のときに適用される「11.8%」という金利すら、全国的に見てとても低いものとなるわけですね。

    そのため、「カードローンWeb」は融資スピードや使い勝手を重視したい方に加え、比較的大きな限度額をもらう自信のある方におすすめです。

    毎月安定した収入のある会社員や公務員の方であれば、30万円の限度額をもらうことはさほど難しくないでしょう。

    CHECK4.荘内銀行カードローンの審査難易度目安:審査難易度はさほど高くない

    ③荘内銀行のカードローンで唯一、口座開設・来店不要で契約ができる

    また、「カードローンWeb」は4つのカードローンの中で唯一、荘内銀行の口座を持っていなくとも利用可能です。
    毎月の返済はATMへの入金で行うため、普段使いの口座を動かす必要もありません。

    また、「カードローン1000」のように契約にあたって窓口へ来店する必要もないため、インターネット銀行に近い感覚で利用できるのもポイントです。

    CHECK6.荘内銀行カードローン、契約の流れ

    <注意!申し込み時には運転免許証かパスポートが必須>

    「カードローンWeb」は、申し込み時に「運転免許証」または「パスポート」のアップロードが必須となります。
    荘内銀行に問い合わせを行ってみましたが、同じく顔写真付きの「マイナンバーカード」「住民基本台帳カード」であっても、本人確認書類としては認められないとのこと。

     

    「運転免許証」または「パスポート」がなければ、「カードローンWeb」を利用することはできません
    もしどちらもお持ちでないのであれば、健康保険証などを使った借り入れが可能な他社ローンを選択しましょう。

     

    CHECK金利や審査難易度、融資スピードから見る銀行カードローン一覧

    上限金利の低い「カードローン1000」はパート・アルバイトの方におすすめ!

    次に紹介するのは、あまり使い勝手に優れているとは言えないながらも金利の低めな「カードローン1000」。
    それでは、詳しく見ていきましょう!

    ①「カードローン1000」の基本情報:魅力は上限13.5%の低金利

    荘内銀行「カードローン1000」の基本データは以下のようになります。

    ★荘内銀行「カードローン1000」

    金利 3.5%~13.5% 限度額 10万円~1000万円
    審査スピード 最短2営業日 融資スピード 2週間程度
    その他
  • 口座開設必須(=荘内銀行の営業エリア内に在住の方のみ利用可)
  • 来店必須
  • 魅力は13.5%という低めの上限金利。
    銀行カードローンの平均的な上限金利は14.5%程度ですから、1%程度おトクに利用できるというわけですね。
    ちなみに1%金利が下がると、10万円を30日借りるごとに約82円を節約できる計算になります。

    ②限度額が30万円以上なら「カードローンWeb」の方が金利は低くなるため、審査に自信のないときにおすすめ

    荘内銀行が取り扱うカードローンの中で、最も上限金利の低い「カードローン1000」ではありますが……。

    「カードローンWeb」の項目でも解説した通り、与えられる限度額が30万円以上になると「カードローンWeb」の方が、「カードローン1000」に比べずっとおトクになってしまいます。

    そのため、「カードローン1000」をおすすめしたいのは30万円以上の限度額をもらう自信のない方。具体的に言うと主に収入が不安定と見なされやすい、パート・アルバイトや入社後間もない会社員の方、すでに他社からの借り入れのある方となるでしょう。

    CHECK荘内銀行カードローンの審査に「ギリギリで」通る目安って?

    荘内銀行カードローンの審査難易度目安:審査難易度はさほど高くない

    限度額が30万円以上になると、金利が大きく下がる「カードローンWeb」。
    ここでは気になる「ギリギリでも審査に通過するための条件」「30万円の限度額をもらうための条件」を推測してみました。

    ①荘内銀行カードローンの審査に「ギリギリで」通る目安って?

    荘内銀行の公式HPには「カードローンWeb」「カードローン1000」ともに、「パート・アルバイトOK」が明記されています。
    このことから、審査通過のために高い社会的ステータスや安定性は必要ないと考えられますね。
    「カードローンWeb」公式HPより利用条件
    ▲「カードローンWeb」公式HP

    また、2つのカードローンの毎月の返済額はいずれも「最低5,000円」として設定されています。
    毎月の最低返済額が高いローンほど、その分大きな収入が求められ、審査通過が難しくなる、というのは銀行カードローン業界全体に当てはまる傾向ですが……。

    「5,000円」という返済額は、銀行カードローンの中でも平均的なもの。
    毎月の返済額が2,000円で済む「楽天銀行」などのカードローンに比べるとやや通過は難しいと考えられますが、特に「審査が厳しい」と言えるほどではないでしょう。

    ★荘内銀行カードローンの審査通過条件

  • 20歳~69歳
  • 本人に収入がある(200万円未満、アルバイト可)
  • 新生フィナンシャル(カードローンWeb)もしくはオリックス・クレジット(カードローン1000)に関連する場所で金融事故を起こしていない
  • 金融ブラック状態でない
  • 生活の基盤がしっかりしており、毎月5,000円の返済が可能であれば、問題なく荘内銀行のカードローンの審査に通過できることでしょう。

    ★「カードローンWeb」「カードローン1000」の申し込み条件・最低返済額は全く同じであることから、「ギリギリ審査に通る」(=最低限度額である10万円の枠をもらう)ための条件にほとんど違いはないでしょう。

    ②金利の下がる、「30万円以上」の限度額を狙えるのはどんな人?

    さて、ここで気になるのが「カードローンWeb」において、適用金利の下がる「30万円以上」の限度額をもらう条件。

    そこで「カードローンWeb」の詳細情報をよく見てみると、借入残高が20万円を超えたとき、毎月の最低返済額は10,000円に増えることがわかります。

    ★借入残高ごとの最低返済額の比較

    カードローンWeb カードローン1000
    借入残高10万円以下 5,000円 5,000円
    借入残高20万円以下
    借入残高30万円以下 10,000円
    借入残高50万円以下 10,000円

    20万円を超える借り入れが可能なのは、30万円以上の限度額をもらえた場合。
    つまり、「20万円までの限度額なら、毎月5,000円の返済でOK」であるのに対し、「限度額が30万円以上なら、毎月10,000円の返済能力」が必要になるわけですね。
    簡単に言うと、限度額が30万円以上になると求められる収入が高くなる、つまり審査が厳しくなるというわけです。

    銀行側の立場に立ってみても、どうせお金を貸すなら高金利で貸したいハズ。
    最低返済額が2倍になることを併せて考えると、「限度額20万円以下」と「限度額30万円以上」では大きく審査難易度が変わってくることでしょう。

    最低返済額が1万円と設定されているのは、「みずほ銀行カードローン」「りそな銀行カードローン」など、比較的厳しめの審査を行っている銀行カードローン。
    この2つの銀行の審査通過データを考えると、30万円以上の限度額をもらえる可能性があるのは「会社員、公務員」もしくは「年収200万円以上の方」と考えられます。加えて、1年以上の勤続年数があると安心ですね。
    こちらの条件に当てはまっているのであれば、「カードローン1000」ではなく「カードローンWeb」を選択することで、より低金利での借入が見込めます

    ……とは言え、荘内銀行のカードローンはいまだに利用者情報が出そろっておらず、上記の二社と同じ基準を設けていると断言することはできません。
    審査に不安がある場合には、上限金利の低い「カードローン1000」を選択した方が安心です。
    (融資に来店と2週間以上の時間が必要になる点にはお気を付けください。)

    CHECK最低限度額30万円、最低返済額1万円の「りそな銀行クイックカードローン」の審査について

    勤続年数1年以上の会社員・公務員、もしくは年収200万円以上の方(アルバイト可)は、「カードローンWeb」を選択し、30万円以上の限度額をもらうことでより低金利でお金を借りられる可能性があります。

    山形県から申し込みのできる主なカードローンと、荘内銀行カードローンの審査難易度比較

    「30万円の限度額をもらう自信はないけど、もっと低金利で借りたい……。」「限度額を気にせず、審査を受けたい!」といったあなたのために、山形県から申し込みのできる主なカードローンと荘内銀行カードローンを比較してみました。

    ★各社の審査難易度目安

    主な融資対象 ローンの例 金利
    ↑高 年収400万円以上
  • 三井住友カード「ゴールドローン」
  • 3.5%~9.8%
    年収200万円以上
  • 米沢信用金庫「ファーストローンα」
  • 5.8%~12.3%
    年収200万円~
    または正社員・公務員
    荘内銀行「カードローンWeb」(限度額30万円以上) 3.5%~11.8%
    (限度額30万円以上)
  • 鶴岡信用金庫「私の財布」
  • 5.5%~12.0%
  • みずほ銀行
  • 3.5%~14.0%
  • 三井住友銀行
  • 4.0%~14.5%
  • オリックス銀行
  • 1.7%~17.8%
  • 米沢信用金庫「きゃっする」
  • 2.8%~14.5%
    年収200万円前後
  • きらやか銀行「Webカードローン」
  • 9.0%~11.0%
  • 東北労働金庫「マイプラン」
    ※勤続年数制限あり
  • 9.8%
  • 米沢信用金庫「フリーローンi(カードローン型)」
  • 9.8%~14.5%
    荘内銀行「カードローンWeb」(限度額30万円未満) 14.6%
    (限度額30万円未満)
    年収200万円未満
    パート・アルバイト
    荘内銀行「カードローン1000」 3.5%~13.5%
  • 山形銀行カードローン
  • 4.5%~14.6%
  • きらやか銀行「Do it 500」
  • 4.8%~14.6%
  • 米沢信用金庫「信金カードローンⅡ」
  • 6.8%~9.8%
  • 鶴岡信用金庫「つるしんカードローン」
  • 10.5%
  • 楽天銀行
  • 1.9%~14.5%
  • イオン銀行
  • 3.8%~13.8%
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 1.8%~14.6%
  • アコム
  • 3.0%~18.0%
  • アイフル
  • 3.0%~18.0%
    ↓低 金融ブラック
  • 中小消費者金融
  • 上限金利18%~20%程度
    ※住宅ローン利用者のみ利用可能なローンを除く

    このように並べてみると、荘内銀行で高めの限度額を狙うよりも、「米沢信用金庫」「鶴岡信用金庫」「東北労働金庫」などを利用することで、より低リスクかつ低金利な借り入れが可能なようですね。
    信用金庫は申し込み地域が厳しく制限されているため利用できる人は限られますが、もしも営業区域内にお住まいであれば併せてチェックしてみるのも良いでしょう。

    とは言え、これらのローンはいずれも「カードローンWeb」のようにスピーディかつ来店不要で利用することはできません。
    「昼間の来店は難しいけれど、審査に自信はない、でも低金利で借りたいし……。」といった場合には「イオン銀行カードローン」(上限13.8%)などを狙ってみるのも良いでしょう。

    荘内銀行カードローン、契約の流れ

    荘内銀行カードローンへの申し込みを決めたら、借り入れまでの流れを確認してみましょう!

    ①それぞれのカードローンの利用の手順

    荘内銀行カードローンの利用の流れは、申し込み先のローンによって変わってきます。

    CHECK「カードローンWeb」契約の流れ
    CHECK「カードローン1000」契約の流れ

    (1)「カードローンWeb」なら来店不要のWEB完結に対応!

    インターネット上で契約を完了させられる「WEB完結」に対応している「カードローンWeb」なら、手続きはとても簡単です。

    カードローンWeb
    WEB完結契約の流れ

    インターネットから申し込み

    審査
    (2~3営業日程度)
    在籍確認あり

    電話で申し込み内容確認
    (携帯電話、自宅、勤務先から選択可能)

    メールで審査結果連絡

    必要書類を撮影し、アップロード

    メールで手続き完了連絡
    ※荘内銀行からあなたの口座に振り込みキャッシング
    (希望者のみ)

    ローンカードの郵送
    (1週間~)

    必要な手順はやや多いものの、自宅に居ながら申し込み~契約までを完結させられるのが嬉しいですね。

    (2)「カードローン1000」は銀行営業時間の来店契約が必須

    公式HPを見ても不明点の多い「カードローン1000」について、実際に荘内銀行のコールセンターへ問い合わせを行ってみました。

    【管理人】山本
    「カードローン1000」の方は申し込みから借入れまでどれくらいの時間が掛かりますか?

    荘内銀行の回答
    仮審査のお申し込みをこのまま頂いたとしても、審査結果が出るまでに2~3日
    その後ご利用いただけるということになりましたら窓口にお越しいただいて、そこから融資実行まで1週間から10日くらいでしょうか、必要になってまいります。

    【管理人】山本
    カードが届くまで待つことになる、ということでしょうか?

    荘内銀行の回答
    そうですね。どうしても、カードローンですので。

    【管理人】山本
    会社に電話が掛かって来ることはありますか?

    荘内銀行の回答
    ご利用いただけるということになりましたら、一度はご確認という形でご勤務先にお電話が必要になってまいります。
    その場合、荘内銀行と名乗るのではなく個人名でお電話掛けさせていただきます。

    審査結果が出るまでに2~3日、すぐに来店契約を行ったとしてもカードが届くまでに1週間~10日ほどの時間が掛かるため、借入までには最短でも2週間ほどの時間が掛かることになりますね。

    カードローン1000
    契約の流れ

    インターネットから申し込み

    審査
    (2~3営業日程度)
    在籍確認あり

    電話で審査結果連絡

    必要書類を持って、荘内銀行窓口へ
    店頭にて本契約

    ローンカードの郵送
    (1週間~)

    残念ながら、窓口での契約時にその場でお金を借りることはできません。

    ②荘内銀行カードローンの契約に必要な書類

    各ローンにおける必要書類は以下のようになります。

    ★荘内銀行カードローンの必要書類

    カードローンWeb
  • 運転免許証またはパスポート
    ※その他の書類は利用不可
  • カードローン1000
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど応相談)
  • 普通預金通帳
  • お届け印
  • こちらの書類に加え、荘内銀行側から要望があった場合には源泉徴収票などの収入証明書類が必要になることがあります。
    とくに100万円以上の大きな限度額を狙う場合には、事前に用意していおけると良いですね。

    ③在籍確認は個人名で、必ず行われる

    荘内銀行に問い合わせを行ったところ、あなたの勤務先への電話連絡(在籍確認)は必須になるとのこと。
    電話は荘内銀行の名前を名乗らず、個人名でかけられます。
    例:スズキと申しますが、佐藤一郎さんはいらっしゃいますか?

    アイフルなどの他社のように、指定書類の提出をもって電話の代わりとすることはできないとのこと。
    「絶対に電話を避けたい!」という場合には、在籍確認を行っていない、もしくは書類を使った在籍確認が可能な他社ローンを選択した方が良さそうです。

    CHECK誰にもバレずにお金を借りる方法

    ④ローンカードが届く前に一度だけ、振り込みでの融資も可能(カードローンWebのみ)

    「カードローンWeb」の選択時のみ、ローンカードの郵送前に希望額を振り込んでもらうことが可能です。
    郵送前の振り込みを希望する場合には、電話での申し込み確認時にその旨を伝えると良いでしょう。

    ただし、荘内銀行の場合は振込手数料(目安として216円ほど)を差し引いた金額が振り込まれるのでお気をつけください。

    ローン到着後の借入れ方法はATMのみ:利用可能ATMとその手数料

    ローンカード到着後、荘内銀行からお金を借りる方法は「ATM」のみとなります。
    借入に利用できるATMは以下の通り。

    ★荘内銀行カードローンのキャッシングに利用できるATM

  • 荘内銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-netATM
  • イオン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  •  

  • 北海道銀行など、東北~北海道の一部地銀ATM
  • 多くの金融機関と提携を結んでいるため、借り入れ先に困ることはまずないでしょう。
    キャッシング時の利用手数料は以下のようになります。

    ★荘内銀行ATMの利用手数料

    荘内銀行ATM利用手数料表

    ★コンビニATMの利用手数料

    コンビニATM利用手数料表

    その他のATMの利用手数料については以下のページをご覧ください。

    荘内銀行公式HP「店舗・ATMのご案内」

    荘内銀行カードローンの毎月の返済について

    最後に、荘内銀行から借りたお金を返済していく方法についてまとめてみました。
    荘内銀行の毎月の返済方法は選択するローンによって異なるため、検討中のローンに関する項目をご覧ください。

    CHECK「カードローンWeb」の返済方法
    CHECK「カードローン1000」の返済方法

    ①「カードローンWeb」の毎月の返済はATMへの入金で行われる

    荘内銀行の口座開設が必要ない「カードローンWeb」の場合、毎月の返済はATMへの入金でのみ行われます。

    ★「カードローンWeb」毎月の最低返済額

    前月末日の借り入れ残高 最低返済額
    20万円以下 5,000円
    20万円超過~50万円 10,000円
    50万円超過~70万円 15,000円
    70万円超過~150万円 20,000円
    150万円超過~250万円 30,000円
    250万円超過 40,000円

    審査に関する項目でもお伝えした通り、借入残高が20万円を超えると最低返済額が大きくなるため、30万円以上の限度額を狙う場合にはお気を付けください。

    返済期日は「毎月5日」
    前回の返済日の翌日から次の5日まで、1ヶ月の間に最低返済額以上のお金を入金できればOKです。
    (5日が銀行休業日だった場合、返済日は次の平日に持ち越しとなります。)
    当月の最低返済額については、各ATMで確認が可能ですよ。

    ②「カードローン1000」の場合、毎月の引き落としは「自動引落とし」

    契約に荘内銀行口座が必須となる「カードローン1000」の場合、毎月の返済は「荘内銀行口座からの自動引落とし」にて行われます。

    ★「カードローン1000」毎月の引き落とし額

    前月末日の借り入れ残高 引き落とし額
    30万円以下 5,000円
    30万円超過~50万円 10,000円
    50万円超過~100万円 20,000円
    100万円超過~200万円 30,000円
    200万円超過~300万円 40,000円
    300万円超過 50,000円

    引き落とし日は「毎月5日」固定となります。(ただし日が銀行休業日だった場合、返済日は次の平日に持ち越し)
    また、毎月の自動引落としに加え各ATMを使った随時返済(追加の返済)も可能ですよ。

    CHECK荘内銀行公式HP「店舗・ATMのご案内」

    まとめ

    ★4つのカードローンを取り扱う荘内銀行ながら、それぞれのメリットを踏まえると申し込み先は「カードローンWeb」「カードローン1000」の二択になる
    30万円以上の限度額を狙える方、もしくは融資スピードや使い勝手を重視したい場合には「カードローンWeb」がおすすめ!
    ★来店が可能で30万円以上の限度額をもらう自信がないのなら、上限金利の低い「カードローン1000」を選ぼう

    荘内銀行のローンの中でも、とくに特徴的なのが「口座開設不要・かつWEB完結対応」など、利便性に優れながら「30万円以上の限度額で金利が大きく下がる」という<カードローンWeb>
    審査に通ること自体はさほど難しくはありませんが、このローンを本当におすすめしたいのは「30万円以上の金利を狙える人」となっています。

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。