分割審査が不安なら10万円以下のスマホを選べ!ブラック対応の根拠も

「そろそろスマートフォンの機種変更をしたいけれど、分割払いの審査に通るか不安……」

そんなあなたは、意識して10万円以下の機種を選択すると良いでしょう。
と言うのも携帯電話など10万円以下の、店頭販売を行う商品の分割払い契約には、個人信用情報機関へ照合を行う義務が課せられていないんですね。
つまり金融ブラック状態であっても、10万円以下の商品であれば携帯電話の分割払いができる可能性があるわけです。

今回は携帯電話・スマートフォンの割賦販売契約(分割払い契約)審査に不安のあるあなたに向けて、法律や政府の発表に基づく「審査に通りやすくなるコツ」をまとめました。
読み終えていただければ、現在できる限り高い確率で携帯電話を手に入れる方法が分かりますよ。



携帯電話の割賦審査には「10万円」の壁がある?審査が不安なら10万円以下の機種を選ぼう!

まずは、携帯電話の割賦契約審査(分割払い審査)に不安がある場合の具体的な対策方法と、その根拠について解説していきます。

<事前にチェック!審査の基礎知識>

前提として、新しく携帯電話を購入(新規、機種変更問わず)する際には「キャリアと契約を結べるか」「端末を分割で支払えるか」という独立した2段階の審査が実施されます。
このうち前者は、よほど滞納・強制解約処分などの問題を起こしていない限り契約の妨げとなることはないでしょう。

問題となるのは後者、つまり端末の分割払い(割賦契約)の方ですが、そもそも端末の一括払いが可能であればこちらの審査を受ける必要はありません。
また、割賦契約の審査に落ちてしまっても一括払いを行うことで、携帯電話を手に入れることは可能です。

とは言え、最近はiphoneをはじめとする高額・高機能スマートフォンが普及しており、一括払いで支払いを済ませるのは難しいですよね。
そんな声に応えて、このページではこの端末の分割払い審査(割賦契約審査)について解説していきます。

①10万円以下の機種変更ならブラックでも通過例は多い

分割払いで購入したい携帯電話の料金が「10万円以下」であれば、あなたが金融ブラック状態であっても「機種変更」の審査に通過できる……かもしれません。
その根拠としては、割賦販売法(クレジット分割払いのルールを定めた法律)が改正されたときの、経済産業省発表が分かりやすいでしょう。

・クレジット業者は「支払可能見込額」を算定する。
支払可能見込額の調査を行うに当たって、指定信用情報機関が保有するクレジット債務を調査することが義務づけられている。氏名・住所・生年月日等 の本人の属性情報と、クレジット債務額、支払の遅延の有無等を指定信用情報機関に登録する。
少額店頭販売品
店頭販売等であって、比較的少額(10万円以下)の生活に必要な 耐久消費財(例:家電、携帯電話
……延滞等がなければ支払可能見込額を超える個別クレジットが利用できる。
経済産業省公式HP「割賦販売法について」より抜粋/PDF)

つまり現在の割賦販売法では……

  • 分割払い、後払いを利用するときには個人信用情報を使った「支払可能見込額」を決める審査を行う必要がある
  • ただし携帯電話など、少額店頭販売品であればその限りでない
    =個人信用情報機関への照会も必須ではない
    ブラックでも審査に通過できる可能性がある
  • というわけですね。

実際に、「任意整理から2年で機種変更できた」といったブラック状態での通過報告は少なくありません。
以上の根拠から、信用情報に不安があるのなら、照会を行われない可能性の高い「10万円以下」で割賦契約を結ぶと良いでしょう。

★ただし10万円以下の契約については、あくまで信用情報を開示する<義務が無い>ということに過ぎません。
延滞や不審点がある場合、あるいは新規契約や乗り換え時(後述)には、10万円以下の契約であっても信用情報を閲覧される可能性が十分にあります。(実際、契約時に確認する同意書にも個人信用情報の閲覧に関する記載があります)

★docomo・softbankが加盟しているのは「JICC」「CIC」の2機関となります。
一方、auは現在「CIC」にのみ加盟しているようですね。(各社の公式HPより)
「JICCブラックだけれど、CICの情報は問題ない」という場合にはauでの購入を検討しても良さそうです。(ただし三機関は一部の情報を共有しているため、過信は禁物)

CHECK個人信用情報の開示とその見方

★端末価格については各社の公式HPをご覧ください。
重要なのは「実質支払代金」ではなく、「割賦契約を結ぶ金額」です。下取りやさまざまな値引きサービスが割賦代金に作用するか否か、といった点は申し込み段階まで分かりませんので、不安があるのならお近くのショップへ相談に出向くことをおすすめします。
ちなみにdocomoの公式HPを見る限り、「iphone8(64GB)」の端末代は約8.8万円であるのに対し、同256GB端末や「iphone8plus」「iphoneX」は10万円を超えることになります。(機種変更の場合)

②新規契約や請求書払いを行っている場合には、審査落ちのリスクが上がってしまう

個人信用情報が参照されない(ことが多い)ことを理由に、10万円以下の契約であれば審査に通りやすいとされている携帯電話端末の分割払い。
ただし、10万円以下の契約であればだれでも審査に通れる……というわけではありません。

個人信用情報がチェックされないということは、すべての審査を自社(と、審査で提携している子会社など/申し込み時に確認可能)で行うということ。
この場合、重要視されるのは「現在、ウチの携帯電話を問題なく利用できているか」という点に尽きます。

ですから、言うまでもなく得体の知れない新規客への審査は、以前から問題なく支払いを続けている人に比べると厳しいものとなるでしょう。10万円以下の契約であっても、信用情報をチェックされる可能性は十分に存在しますし、ここで問題が見つかれば審査落ちの可能性は高くなります。

このため、割賦審査に不安があるのなら新規契約や乗り換えは狙わず、現在利用中の会社で「機種変更」を行うことをおすすめします。

その他、毎月の支払方法も審査結果にかかわってくる模様。信用の面から言うとクレジットカード払いが最も有利で、請求書払いが最も不利となるでしょう。
キャリアを長い間利用しており、個人信用情報に問題もないのならさほど気にしなくて良いものの……。
キャリアとの関係も浅く支払い方法が請求書払い、かつ信用情報に問題アリとなれば、機種変更であっても成功させることは難しくなりそうです。

★信用情報に問題がなく、毎月一定の収入を得ているのなら、新規契約であっても審査を不安に思う必要はありません。

★あなたがNTTドコモのユーザーであれば、公式HPから審査通過可能性をある程度チェックできます。
電話機購入時確認サイト中「個別信用購入あっせん契約申し込み」項目において、「お手続きできません」といった文面が出ている場合、審査通過は不可能となりますので参考になさってください。
(ただしこの文面が出ていなくても、審査に通過できない場合はあります)

CHECK電話機購入時確認サイト

<携帯キャリアの独自ネットワーク、「TCA」にも要注意>

実は個人信用情報機関とはまた別に、携帯キャリアは独自のネットワークを築いています。

このネットワークは電気通信事業者協会、通称TCAと呼ばれるもので、未払い金のある人を弾く制度が整っています。こちらは割賦契約だけでなく、毎月の通信費も記録・共有の対象となりますのでご注意ください。

TCAブラック入りの条件は「契約解除してなお、未払いの支払いがある人」(主に強制解約処分に遭った人)と限定的ではありますが……。
TCAに問題が残っていれば、端末の分割払いどころかキャリアと契約を結ぶことすらできません
残念ながら携帯キャリアの間で悪い情報が共有されてしまっている場合、どうしても携帯電話が必要であればプリペイド携帯(前払い式のもの)を検討するのが現実的でしょう。

CHECK電気通信事業者協会(TCA)公式HP「不払者情報の交換」

携帯電話の割賦審査に関するよくある質問と回答

ここからは、携帯電話の割賦契約審査に関するよくある質問にお答えしていきます。

①10万円を超える機種の審査へ申し込んで、ダメだったらランクを下げ審査を受け直すことはできますか?

可能です。
ただしTCA、あるいはキャリア自体にあなたの悪い情報が残っていた場合、割賦金額にかかわらず審査通過は難しいことでしょう。

★ただし審査に通るかは別問題です。
申し込み情報は6ヶ月間記録されるため、できれば6ヶ月が経った後に10万円以下の機種を狙うことをおすすめします。

★端末の在庫を確認した上で審査が実施されます。在庫が見つからないと、審査を受けられない可能性もありますのでご了承ください。

★審査は短ければ数分程度で完了するものの、場合によっては数時間以上を要することもあります。

②もし店頭で審査に落ちてしまうと、恥ずかしいのですが……。

その点では、各キャリアのオンラインショップで申し込みを行うのがベストでしょう。
携帯電話の場合、消費者金融会社などとは異なりショップ店員さんが審査を行うことはありませんので、申し込み方法で審査結果は特に変わらないかと思います。

★ただし下取りを依頼する場合や何か不明点がある場合、実物を見て契約したいという場合にはショップへ出向かれることをおすすめします。

③キャリアごとの審査難易度に違いはありますか?

審査を行う会社が違うため、当然審査基準に差はあります。
とは言えあの会社は甘い、厳しいといった明確な違いはほとんどないようですね。

どの会社においても、申込者の得体のしれない「新規契約」に比べ「機種変更」の方が審査に通りやすいことは共通します。(ただし毎月きちんと支払いをこなせている場合に限る
審査に不安があるのなら、「あの会社の審査は甘いらしい」といった噂よりも、自分の信用を信じて現在使っているキャリアで「機種変更」を行うことをおすすめします。

★三大キャリアの中ではauのみJICCに加盟していないので、「CICの情報に問題がなく、JICCブラック状態」という状態であれば若干審査へ通りやすくなるかもしれません。とは言え過信はNGです。

CHECK個人信用情報の開示とその見方

④割賦契約は総量規制の対象ですか?

総量規制の制限は、貸金業法に基づくものです。
各携帯キャリアは貸金業者ではありませんので、総量規制の対象となりません
支払い履歴さえあれば、無職でも審査に通過できることはあります。

⑤審査で個人信用情報を閲覧しなかった場合であっても、割賦分割はクレヒス積みに利用できますか?

各社の利用規約を見る限り購入額にかかわらず、個人信用情報機関へ情報が送られます。クレヒス積みにも問題なく利用できることでしょう。

「個別信用購入あっせん契約(ドコモの分割払い)」のお申込みをされた場合、割賦販売法の規定により、お客様の個人信用情報を経済産業省の指定する「指定信用情報機関」に登録いたします。登録する情報は、お客様のお名前や住所などの属性情報、当社と締結された「個別信用購入あっせん契約」の内容、ならびにお客様のお支払状況などです。
またお客様がお支払を遅延した場合は、その事実も登録いたします。ご契約者が未成年で支払名義人の親権者がお支払いを遅延された場合も、未成年のご契約者の支払遅延情報となりますのでご注意ください。

NTTドコモ公式HPより引用)

CHECK個人信用情報の開示とその見方について

⑥SIMフリーの端末を分割で購入するのはどうですか?

apple公式HPなどでSIMフリーの端末を購入することも可能ですが……。
こちらは信販会社、つまり貸金業者が「ローン」扱いで審査を行うため、契約額にかかわらず100%信用情報が確認されます。

おそらくは信販会社のローン審査の方が、携帯キャリアの審査に比べ難易度が高いと思われます。
特に個人信用情報に問題がある場合の申し込みは、おすすめできません。

⑦審査に落ちた場合、カードローンでお金を借りて一括払いを利用するのはどうですか?

カードローンにおける「金利が高い」という欠点を挙げる前に、携帯電話の割賦契約審査に落ちてカードローンの審査に通るという状況を作ること自体が難しいと思われます。
(割賦契約の審査落ち理由がTCAのみにある場合を除く)

とは言えカードローン(とくに消費者金融系)の審査は割賦契約に比べると柔軟ですので、あなたの生活状況や支払いの意志によっては通過できる可能性もゼロではありません。
結局のところ、金利手数料が発生することから申し込みをおすすめすることはできませんが、どうしても携帯電話の購入が必要なら検討しても良いでしょう。
(同様の理由でクレジットカードの分割払い・リボ払いについても、どうしてもという場合を除き非推奨)

CHECKカードローンの金利・利息と返済の仕組み
CHECK消費者金融会社のカードローンは店頭申し込みがベスト?審査で重要な「聞き取り」について
CHECKクレジットカード、分割払い・リボ払いの違いは何?

⑧料金滞納が理由で審査に落ちてしまいました。あと何ヶ月利用すれば、審査に通りますか?

状況によります。誰にでも考えられるくらいのごく短期間の滞納であれば、3~6ヶ月の利用で審査通過を見込めるかと思いますが……。
回線を止められた経験がある、といった場合にはさらに長期間(数年単位)での利用実績を求められる可能性が高いでしょう。

★信用情報を閲覧された場合、他社ローンの延滞なども審査落ち要因となります。

まとめ

問題なく携帯料金を支払い続けており、10万円以下の契約であれば、信用情報に問題があっても機種変更の審査に通る可能性十分!
★「新規契約または乗り換え」「キャリアとの関係が浅い」「契約額が10万円を超える」といった状況に加え、信用情報に問題があると審査落ちの可能性は高くなる
★信用情報に関係なく、TCAに悪い情報が残っているとキャリアと契約を結ぶこと自体が不可となるため注意

ローンやクレジットカードに比べると、審査に通りやすいとされる携帯電話の本体分割払い。
とは言っても、信用情報を閲覧されずに契約を結ぶためには携帯電話会社からの信頼が必要となりますので、不安があるのなら審査に落ちてしまった後の対策(一括払い、プリペイド携帯など)を考えて申し込みに臨めると良いですね。

CHECK個人信用情報の開示とその見方
CHECK金融ブラック(ブラックリスト)について



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。