学生がお金を借りる方法:学生OKなカードローン・キャッシング一覧

学生だって、お金が必要
学生だって、お金が必要になる時はありますよね? 将来に向けたWスクールや資格取得、今しか出来ないことだって大切にしたいもの。

管理人は学生だからって、お金を借りちゃダメとは言いません。昔と違って金利も下がってるし、学生OKの金融機関も増えてきています。

だけど、どこで借りるかはやっぱり大事。

今回は、学生が融資を受けられる金融機関の情報をまとめました。知らないと損しちゃう事実もコッソリお伝えしますので、最後までお見逃しなく!



学生がキャッシングする方法は3つ

学生がキャッシングする方法は3つ
学生の方がキャッシング(無担保での借り入れ)をする方法は、大きく分けて3つあります。
それは、「学生ローン」、「銀行カードローン」、「消費者金融」の3種類。
実は学生ローンは消費者金融の一部なのですが、独特の特徴を持っているため今回は分けて説明します。

それでは実際に、3つのローンの特徴を比較してみましょう。

★学生がキャッシングできるローンの比較
金利(平均) 限度額平均 無利息期間 利便性
学生ローン 17% 50万円 なし
銀行カードローン 14% 800万円※ なし
消費者金融 18% 500万円※ あり
※会社の定める最大限度額。実際は学生の方の場合、審査に通っても10万円程度に設定される

学生ローンは、学生の方でも10万円を超えるお金を借りやすいこと。
銀行カードローンは、金利が低いこと。
消費者金融は、無利息サービス利便性の高さがウリなんです。

それではひとつひとつ、解説して行きますね。

① 未成年なら学生ローン

未成年なら学生ローン
未成年の方が借りられる可能性があるのは、学生ローンだけ
ですがすべての学生ローンが未成年OKというわけではありません

未成年でも利用できるのは、「アイシーローン」「カレッヂ」「フレンド田」の3社のみ。
このうち「フレンド田」は親権者の同意と保証が必要となります。

内緒でお金を借りたい未成年の方は、「アイシーローン」「カレッヂ」を利用しましょう。
ただ、未成年の方の最大限度額は10万円と成年の方に比べ制限されてしまうので注意。

② 銀行カードローンは親の同意が必要なことも

② 銀行カードローンは親の同意が必要なことも
「三菱UFJ銀行バンクイック」では、学生の方は成人であっても、借り入れに親権者の同意が必要です。

三井住友銀行など、他の多くの銀行での契約に親権者の同意は必要ないものの、学生ローンや消費者金融に比べると少し審査に通りにくい傾向アリ。
同じ人が審査を受けても、「プロミスは通ったのに三井住友銀行は落ちてしまった……」ということはよくあるんです。

また、毎月の最低返済額が1万円から、という銀行も多々あるので返済に自信がある方のみ申し込みを行いましょう。
ちなみに学生ローンの最低返済額は、2500円程度のことが多いです。

一方、銀行カードローンの金利は学生ローンや消費者金融よりずっと低いので、一度審査に通ればとても心強い味方となります。

③ 使いやすいのは消費者金融

プロミスアコムなど、CMや電車内の広告でおなじみの会社は消費者金融と呼ばれます。

最初に適用される上限金利は18%程度と高いものの、無利息サービスを使えば学生ローンはもちろん、銀行カードローンよりおトクになることも。

30日間無利息サービスを使ったプロミスと、三井住友銀行・カレッヂ(学生ローン)のおトク度比較
借入期間7ヵ月以下 カレッヂ<三井住友銀行<プロミス
借入期間8ヵ月~2年以下 カレッヂ<プロミス<三井住友銀行
借入期間2年以上 プロミス<カレッヂ<三井住友銀行

その他、消費者金融はインターネットを使った借り入れ・返済など、利用上のサービスがとても充実しているのも特徴です。
その他、消費者金融はインターネット
また、学生ローンは都内の店舗に来店し契約しない限りお家に郵送物が届いてしまうという欠点がありますが、大手消費者金融の自動契約機(無人契約機)でカードを受け取れば、郵送物の心配もありません
詳しい借り入れの手順は、それぞれの会社の申し込み方法を確認してみてくださいね。

★消費者金融の申し込み解説ページはこちら
金利 無利息サービス その他
プロミス 4.5%~17.8% 30日間無利息 他社より低金利
アコム 3.0%~18.0% 30日間無利息 審査通過率トップ
アイフル 3.0%~18.0% 30日間無利息 審査通過率No.2
SMBCモビット 3.0%~18.0% なし 最も他人にバレにくい

④ 借りなくて済む方法もあるかも……?

あなたがお金を必要としている理由によっては、お金を借りずに、もしくは最低限の支払いで済むかもしれません。
以下に当てはまる方は、それぞれの特設ページを読んでみてください。

学生ローンで借りる

学生ローンで借りる

① 学生向けのローン会社

学生ローンとは、主に学生を対象としたローンのこと。中小消費者金融の一種です。

★学生ローンの特徴

  • 消費者金融や銀行カードローンより、大きなお金を借りやすい
  • 借り入れまでは長くても1時間程度(平日の日中に申し込んだ場合)
  • 借り入れや返済は比較的不便
  • 友人・知人を紹介すると、会社によってはサービスを受けられる
  • 東京の店舗に行けない方は、郵送物により親バレの可能性アリ
  • 各社の詳しい比較については、『学生ローンの比較』『おすすめの学生ローンまとめ』をチェックしてみてください!

    ② 未成年が借りれるのは一部の学生ローンのみ

    未成年の方がお金を借りられるのは、学生ローンの中でも「アイシーローン」
    「カレッヂ」「フレンド田」だけ。
    ただ、フレンド田だけは親権者の保証と同意が、
    アイシーローン東京都かその近辺に住んでいる必要があるので注意してください。

    東京から遠い場所にお住いの未成年の方が利用できるのは、「カレッヂ」だけということですね。

    ③ 親の同意は原則不要

    ③ 親の同意は原則不要
    未成年者の方が「フレンド田」を利用する場合を除き、学生ローンの利用に親権者の同意は必要ありません
    どの会社も、秘密で借りることが出来ますよ。

    ただ、来店せずに契約する場合は郵送物が送られてくることになるので注意。
    郵送物を避けたい方は来店で契約するか、銀行カードローン、または消費者金融を利用しましょう。

    ④ 金利は消費者金融と同じか少し低め

    学生ローンの平均適用金利は、およそ17%。消費者金融の場合は18%程度なので、1%ほど低金利となります。
    ただ、トーエイアイシーローンなど、大手消費者金融と同じくらいの金利の会社もあるので、事前に必ず確認しておきましょう。

    ⑤ 使い勝手は正直よくないかも

    ⑤ 使い勝手は正直よくないかも

    学生ローンは、どこも中小企業。
    そのため大手の消費者金融と比べると、どうしてもサービス内容や便利さは負けてしまいます

    例えば、学生ローンでお金を借りる方法はほとんどの場合「来店での現金受け取り」「銀行振り込み」の2種類。
    来店のめんどくささは言うまでもないとしても、銀行振り込みが反映されるのは平日の9:00~15:00だけ

    おまけにどの学生ローンも日曜日・休日は営業していないので、銀行カードローンや消費者金融と違い、夜中や日曜日にお金を借りる手段がないんです。

    急にお金が必要になりやすい方には、あまり向いていないと言えるでしょう。

    銀行カードローンで借りる

    銀行カードローンで借りる

    審査に厳しいイメージのある銀行カードローンですが、意外と最近はそうでもありません。
    もちろん学生ローンや消費者金融に比べると厳しめではありますが、返済能力さえあれば学生さんでも利用OK

    審査が厳しめな分金利はずっと低いので、長期借り入れを希望する方におすすめです!

    ① 金利はいちばん低い

    ① 金利はいちばん低い

    ほとんどの場合、適用されるのは各社の上限金利
    例えば三井住友銀行の金利は4.0%~14.5%なので、はじめに適用される金利は14.5%となります。
    これは、学生ローンでも消費者金融でも共通のこと。

    学生ローンの上限金利は17%程度、大手消費者金融の上限金利は18%程度なのに対し、銀行カードローンの上限金利は14%程度。
    実際に、どれくらいの支払い総額の差が生まれるか、計算してみました。

    ★10万円を借りて2年間で返済した時の、支払総額比較
    三井住友銀行(14.5%) 115,789
    カレッヂ(17%) 118,646円
    アコム(18%)※30日間無利息 118,308円

    借り入れ額や返済期間が延びるほど、この差は広がって行きます。

    ② 学生は限度額が低く設定される場合がある

    基本的に、学生さんが銀行カードローンで10万円を超えるお金を借りられることは少ないです。

    やっぱりまだ社会的信用が低いので、社会人の方と同じようにキャッシングすることはできません。たとえば、「三菱UFJ銀行バンクイック」では、学生の方の最高限度額は10万円と規定されています。

    バンクイック以外の銀行カードローンでも、
    在学中に起業し、業績を上げているような大学生を除いて借り入れできるのは10万円以下と考えてOK。

    10万円を超えるお金を借りたい方は、学生ローンを利用しましょう。

    ③ 親の同意が必要となることもある

    「三菱UFJ銀行バンクイック」は、学生さんが利用するために親権者の同意が必要
    また、イオン銀行学生の申し込み不可となっています。

    このように銀行によっても利用条件はバラバラですので、申し込み前に確認は必須です。

    ④ 学生が借りれる銀行カードローン一覧

    学生の方が借りられる銀行カードローンを、4項目で比較してみました!

    ★学生の方が借りられる銀行カードローン一覧
    金利 最低返済額 最大限度額 その他
    三井住友銀行 4.0%~14.5% 2,000円 800万円
    三菱UFJ銀行
    「バンクイック」
    1.6%~14.6% 2000円 500万円
    ※ 学生は10万円まで
    親権者の同意が必要
    ソニー銀行 2.5%~13.8% 2000円 800万円
    ※ 学生は10万円まで
    最短翌日融資


    銀行カードローンについて詳しくは、『銀行カードローンの比較』ページを読んでみてください。

    消費者金融で借りる

    消費者金融で借りる

    ① 20歳以上でアルバイトをしていれば借りれる

    大手の消費者金融はどこも、20歳以上でアルバイトをしていれば、学生であっても問題なく利用可能です。
    アルバイトをしていない、という方はアイシーローンをチェックしてみてください。

    ② 親の同意は不要、親やまわりにバレないよう配慮も!

    消費者金融はどこも、周囲の人にローンがバレないよう十分な配慮をしてくれます。

    他人にバレないために、最もおすすめしたいのはSMBCモビット「WEB完結」
    郵送物なし・ローンカードなし・電話連絡なしとバレる要素がないくらいですが、SMBCモビット全体のデメリットとして無利息サービスがありません

    SMBCモビット以外の会社であっても、自動契約機にカードを取りに行けば郵送物はゼロ
    自動契約機にカードを取りに行けば

    在籍確認(バイト先への電話)についても相談に乗ってくれる会社が多いので、まずは金融機関に電話して相談してみるのがおすすめです。
    例:在籍確認を電話の代わりに給与明細などの書類で行ってくれる、オペレーターの性別を指定できる、など

    各社の詳しい申し込みや審査の流れは、個別ページを読んでみてくださいね。

    また、「フレンド田」「カレッヂ」などの一部学生ローンは、在籍確認を行っていません。
    在籍確認を避けたい方は、こちらも検討してみましょう。

    ③ 学生だからって限度額や審査で特別扱いはナシ

    学生の方は、基本的にフリーターの方とおなじ扱いで審査を受けることになります。

    学生だから、という理由で審査が厳しくなることはありませんが、やはり収入が大きいほど審査には通りやすくなります

    バイトをはじめて日が浅い(1年未満)の方は、学生ローンの方が通過しやすいかも。
    これは消費者金融の収入欄に記入するのは「年収」なのに対し、学生ローンの場合は「月収」を書けば良いからです。

    ④ 限度額は審査次第(1万円〜)

    フリーターの方と同じ扱いになるとは言え、やはり学業がある以上、学生の方がフリーター以上の収入を得るのは難しいもの。
    そのため学生の方の限度額は、最大でも10万円程度となることがほとんど。
    これ以上のお金を借りたい方は、学生ローンを利用しましょう。

    ただ、消費者金融の限度額は最低1万円程度
    低額を借りたり返したりすることを繰り返すことも可能です。

    ⑤ 学生にオススメの消費者金融一覧

    ★ポイント別おすすめ消費者金融
    SMBCモビット(安定した収入がある方)
  • 無利息サービスがないので、おトクとは言えない
  • 他人にバレないということを重視したいなら「WEB完結」を選ぼう
  • プロミス
  • 在籍確認は基本的にあるものの、「WEB完結」サービスあり
  • 電話での在籍確認回避については、応相談
  • 30日間無利息サービスあり

  • 家族やバイト先にバレないことを重視したい方はSMBCモビットが、
    その間を取りたい方にはプロミスがおすすめとなっています。

    その他、『消費者金融会社について』『誰にもバレずにお金を借りる方法』のページも併せて読んでみてくださいね。

    お金を借りると今後、何か不利になることはある?

    お金を借りると今後、何か不利になることはある?

    ちゃんと毎月返済ができるなら、不利になることはありません
    むしろローンを完済した、という情報はクレジットカードを作るときに有利に働くこともあります。

    ただ、
    毎月の返済ができなくなってしまうと信用情報にキズが付き
    、クレジットカードはもちろん携帯電話の分割払いもできなくなってしまうかも。

    利用する会社の種類に限らず、毎月欠かさず返済をすることは必須なんです。

    詳しくは、『プロミスの返済に遅れてしまったら……』のページへどうぞ!

    まとめ

    まとめ 学生がお金を借りる方法

    学生ローンは、できるだけ大きなお金を借りたい方バイトをはじめて日が浅い方におすすめ
    銀行カードローンは、長い期間お金を借りたい方におすすめ
    大手消費者金融は、
    短い期間お金を借りたい方
    借金を隠したい方におすすめ

    学生の方でも借りられるローンを、大きく3つに分けて解説してみましたが……。
    実際は、会社ごとの特徴の違いや例外など、このページに書ききれなかったこともいくつかあります。

    おおまかに金融機関の種類を決めたら、次は各社の特徴をよく把握して、あなたにピッタリのローンを選びましょう!

    


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。