学生ローンと消費者金融会社(サラ金)の違いは何?特色と選び方を簡単解説

    学生ローンと消費者金融会社(サラ金)の違いは何?特色と選び方を簡単解説
    「通学途中に見かける学生ローン消費者金融会社の看板。
    いくらかお金を借りたいときにはどっちを選べばいいんだろう?
    …と言うより、そもそも学生ローンと消費者金融はどう違うの?」

    あなたが20歳以上、かつアルバイトで収入を得ているのなら「学生ローン」と大手消費者金融会社(いわゆるサラ金)の両方を利用可能。
    これらの業者は「個人に、無担保・無保証人でお金を貸す」という点では変わりありませんが……。
    利用者に対するサービスや審査の柔軟性、期待できる借入額には無視できない違いがあります。

    今回は20歳以上の学生さんに向けて「学生ローン」と「大手消費者金融会社」の違いや選び方を簡単にまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたに合った借入先が分かります。

    1分でチェック!このページの概要

    ★1分でチェック!このページの概要

    メリットデメリット
    学生ローン
    (カレッヂ等)
  • 学生でも10万円超の借入に期待できる
  • アルバイト先への連絡なし
    (大手消費者金融でも相談次第で回避可)
  • 自動引き落としでの返済に対応していないなど、借入・返済回りの利便性が悪い
  • 大手消費者金融会社/サラ金
    (プロミス等)
  • 大手銀行グループの安心感
  • 電話対応は安定して◎
  • 多くの借入・返済方法から好きなものを選べる
  • 無利息サービスで小口借入がおトクに
  • 学生だと10万円超の借入は難しいかも
  • つまり…
  • 10万円超を借りたいなら「学生ローン」
  • 安心して、10万円以下をおトクに(無難に)借りたいなら「大手消費者金融会社」を選ぶのが良い
  • ※いずれも最短即日融資(申し込み当日の借入)可

    ★未成年者は大手消費者金融会社へ申し込むことはできません。未成年対応・学生ローンの利用をご検討ください。
    このページではあなたが20歳以上、かつアルバイトで収入を得ていることを前提に解説していきます。

    「学生ローン」と大手消費者金融会社(サラ金)の違いは何?

    まずは「学生ローン」と、いわゆる大手消費者金融会社(サラ金)はそもそもどのように違うのか、簡単に解説していきます。

    ①そもそも「学生ローン」を取り扱っているのも消費者金融会社、法律の上では同じもの

    前提として、「学生ローン」を取り扱うのも消費者金融会社です。なので学生ローンの老舗「カレッヂ」も、大手消費者金融会社「プロミス」「アコム」も、法律の上での違いはありません。
    (正しく言うと法律の上で消費者金融会社という括りは無く、信販会社等と併せて「貸金業者」と呼ばれる)

    ですから

  • 年18%を超える高金利を課してはいけない
    (借入額10万円~100万円未満のとき/遅延損害金除く)
  • 年収の3分の1を超えるお金を貸してはいけない(総量規制)
  • 貸付の際には本人確認書類を確認しなければならない
  • といったこの業界に共通する制限は、学生ローンを利用する場合でも大手消費者金融会社を利用する場合でも変わりないわけですね。

    もちろん「お金を借りたら、利息を付けて返す」という基本システムにも違いはありませんから、極論お金を借りるだけならどっちを選んでも構わないわけですが……。

    各社が独自に提供するサービスや方針、あるいは会社としての信用にはそれなりの差が生じています。
    ここからはおおまかに「学生ローン」「大手消費者金融会社」の、一方と比べた特色についてもう少し詳しく触れていきましょう。

    ②電話対応や利用者サービス、会社としての安心感では圧倒的に大手消費者金融会社に分がある

    結論から言うと、あなたが必要としているお金が10万円以下なら、基本的に大手消費者金融会社を選んだ方が良いです。
    これについて理由を羅列すると、以下のようになりますね。

  • 一部上場の銀行グループとしての安心感
    (レイクALSAなら新生銀行、プロミスなら三井住友銀行の系列)
  • 電話対応の水準も学生ローンに比べ高い
  • 無利息サービスによりおトクに借りやすい(特にレイクの「180日間5万円以下無利息サービス」利用時)
  • 一度借りたら限度額の範囲内で何度でも借入可(ただしこれはカレッヂも共通)
  • 時間や曜日を問わず、お家に居ながら銀行振込で借りられる(主にレイクALSA、プロミス)
  • 借入・返済に利用できるATMが格段に多い(そもそも多くの学生ローンはATM利用不可)
  • 自動引き落としで返済できる
  • 店舗数が多い(ただし店舗に行かずともインターネット契約&即日振込可)
  • 他にもあると思いますが、パッと思いついたところだとこのくらいです。
    要は利用者サービスが、学生ローンとは比べ物にならないくらい充実しているわけですね。

    一店舗だけを構える学生ローンと、全国各地に店舗を設置する大手消費者金融会社では、そもそも会社としての規模が全く異なります。
    よって、こういった差が出てくるのは当然とも言えるのですが……。

    どうせお金を借りるのなら便利に、安心して借入・返済出来るに越したことは無いでしょう。
    そういうわけであなたが大手消費者金融会社を利用できるのなら、これを選ぶのが無難となります。

    …ただしこういった会社はサラ金=サラリーマン金融と呼ばれる通り、基本の顧客層を学生では無く社会人としています。
    アルバイトをしていれば学生でも利用できるのですが、どうしても学生の信用は社会人に比べ低いため、大きなお金(目安として10万円超)を借りることは難しいかもしれません。
    (このあたりはあなたの年収や収入形態によって変わってくるため何とも言えませんが)

    また、一部の学生ローンとは異なり「今現在アルバイトをしていない」のなら、どうやっても契約を結ぶことはできません
    このあたりは学生ローンに比べ、融通が利かないと言っても良いでしょう。

    ★その他、大手消費者金融会社は虚偽申告やなりすましを防ぐため、あなたの勤務先に電話を掛け、在籍の確認を行います。
    とは言えこのとき用件や社名が名乗られることはありませんし、アルバイト先の発行する給与明細を提出できれば電話自体の回避が可能です。
    (逆に言うと、給与明細を提出できないのなら勤務先への電話はほぼ必須)

    詳細在籍確認とは?大手消費者金融会社にその概要と会話例を聞いた
    詳細大手キャッシング会社5社に聞いた!在籍確認の電話の避け方

    ★ちなみに大手消費者金融会社を利用するにあたり、郵送物が送られてくることは原則ありません
    (郵送でのカードの発行を希望した場合等を除く)
    同居の家族に借り入れを隠すこと自体は難しくないでしょう。

    ③ただし10万円超の借入なら「学生ローン」の方が期待できるか

    あなたが以下のいずれかに当てはまるのなら、大手消費者金融会社より「学生ローン」を利用するべきと言えます。

  • 10万円超の借入を希望している
  • 現在一時的にアルバイトをしていないなど、審査の上で融通を利かせてほしい事情がある
  • アルバイト先への電話は絶対に避けたいが、最新分の給与明細を用意できない
  • 大手消費者金融会社に比べごく少ない人数を相手にする学生ローンは、利用者サービスこそ劣るものの審査面で融通を利かせてくれやすいです。
    10万円を超えるお金を借りたい、現在アルバイトをしていない等の事情があるのなら、大手よりも学生ローンを選んだ方が希望にかないやすいでしょう。

    ちなみに学生ローンの金利は大手消費者金融会社に比べて1%程度低いことが多いのですが……。
    こちらには無利息サービスがありませんので、一概にどちらがおトクとは言いづらいところです。
    (10万円以下を1度借りる場合に限れば、ほぼ確実にレイクALSAが一番優秀ですが)

    ★ただし「貸金業法」の制限により、学生ローンにおいてもあなたの年収の3分の1を超えるお金を借りることはできません
    (アルバイトを始めたばかりであれば、年収は月収×12で計算)
    この「年収」に、仕送りや奨学金は含まれません。

    <踏み倒しさえしなければ、怖い思いをすることは無い>

    学生ローンについても消費者金融会社についても、「お金が返せなくなったら怖い人が家に来るのでは」「親に電話が掛かってくるのでは」といった不安を抱かれている方は少なくないでしょう。

    これについて結論から言うと……。
    あなたがこのページで紹介するようなマトモな業者を選んだのなら、悪意を持って踏み倒しを決行しない限り、怖い思いをすることは無いはずです。事情があって返済が遅れるようであれば待ってくれますし、親権者を含む第三者に取り立てを行うこともありません
    確かに以前(10年以上前)は大手消費者金融の厳しい取り立てが問題になったりもしましたが、現在は業界の競争が激しいこともあって電話対応に不満が聞かれることは滅多にありませんね。
    (参考アコム利用者へのインタビュー>返済は遅れがちながら、怖い思いをしたことはない)

    まあお金を借りたまま金融機関からの連絡を一切無視したような場合には、金融ブラック入りに加え自宅に督促状が届いたり、債権回収会社に債権譲渡が行われたりといった可能性も無いではありませんが……。この場合、問題があるのは金融機関では無く踏み倒しを行った方でしょう。
    万が一支払いが困難になる事情があったとしても、「少しずつでも返す」意思を見せれば、(少なくとも大手なら)優しく対応してくれるはずです。

    よって申込者が心配すべきは「返済が遅れたら怖い思いをするのでは?」ではなく、「借りたお金をきちんと毎月返済していけるか?」でしょう。
    もしこれが難しそうなら金融機関からの借入自体、控えることを強く推奨します。

    ★毎月の返済額は借入先や借入額によって異なります。
    参考として、レイクALSAプロミスで10万円を借りた際の毎月の最低返済額は4,000円です。

    20歳以上の学生におすすめの借入先3選

    大手消費者金融会社と学生ローン、どちらを選ぶべきかの目途が立ったなら、具体的な申し込み先候補について見ていきましょう。

    ①【大手】5万円以下180日間無利息&利用者サービス充実の「レイクALSA」は一番無難な選択肢か

    10万円以下の借り入れを前提とするのなら、一番おすすめしたいのは大手消費者金融会社系の「レイクALSA」です。
    (正しくは新生銀行グループの「新生フィナンシャル」社が提供する、「レイクALSA」というキャッシング商品)

    レイクALSA (基本情報)
    金利4.5%~18.0%限度額1万円~500万円
    審査スピード申込後、最短15秒で審査結果表示融資スピード最短60分融資も可能(Webで)
    その他
  • 初めて契約の方には無利息サービスあり
  • お借入れ額全額30日間無利息
  • お借入れ額5万円まで180日間無利息(ご契約額200万円までの方)
  • のいずれかを選択可能。
    ※新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。
    ※無利息期間は初回契約翌日から適用されます。
    ※30日間無利息、180日間無利息の併用不可

  • ご自分のメールアドレスをお持ちの、年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
  • ・年収200万円未満のアルバイトOK
  • 総量規制の対象
  • ※ 最短即日振込を希望の場合は、21時(日曜日は18時)までに契約手続きの完了(審査・必要書類の確認含む)が必要。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

    ※新生銀行カードローン「レイク」は、2018年4月より新生フィナンシャル「レイクALSA」に生まれ変わりました。

    即日融資のための申し込みリミット
    来店なし:20時(第三日曜日は18時まで)
    ※日曜に振込を希望する場合は17時まで
    来店あり:21時(第三日曜日は18時まで)
    スマホATM(セブン銀行ATMでのカードレス取引):OK(手数料無料)
    郵送物なし&来店なしの両立:OK
    申込条件:満20歳~70歳までの安定した収入がある方
    【管理人】山本
    無利息サービスの内、10万円以下の借入なら原則「お借入れ額5万円まで180日間利息0円 または お借入れ額5万円まで180日間無利息(ご契約額200万円までの方)」がおトクですよ
    審査が不安な 佐藤さん
    申込前または直後の相談でアルバイト先への電話を回避できる点や、スマホATM含むATM手数料が完全無料なのもありがたいね!
    【管理人】山本
    ただし第三日曜日は申込方法問わず、審査対応は19時までですのでご注意ください(契約後の借入には支障なし)
    【管理人】山本
    また銀行振込での借入は、全金融機関に対する通常の平日9時~15時までの銀行振込とは別に、約500の金融機関口座に対して時間や曜日を問わない振込が可能です
    毎週日曜日18:50~翌8:10は振込反映なし

    「180日間5万円以下無利息サービス」を行っているのはこのレイクALSAだけ。
    レイクALSAの金利は学生ローンに比べて1%くらい高いのですが、この無利息サービスは1%の金利差を簡単にひっくり返します
    よってよほど長期間のローン利用を前提としない限り、基本的にはレイクを選んだ方がおトクでしょう。

    ★10万円を借り、月5,000円を返済する場合の支払い総額比較

    レイクALSA
    (金利18%/180日間5万円以下無利息)
    113,778円
    (23回/1年11ヶ月)
    カレッヂ
    (金利17%)
    118,447円
    (24回/2年)
    差額4,669円

    またレイクALSAの利用者サービスは

  • 時間外振込対応
  • ATM手数料完全無料
  • インターネット返済対応
  • など、その他の大手消費者金融会社に比べても優秀です。学生ローンとは比較にならないとまで言ってしまっても良いでしょう。

    というわけで、10万円以下の借入なら基本的に「レイクALSA」を選んでOKです。

    CHECK【レイクALSA】のメリット・デメリット、契約~返済の流れの総まとめ
    CHECK曜日・契約方法別!【レイクALSA】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程
    CHECK【レイクALSA】に聞いた!在籍確認の基本仕様と電話の避け方

    ②【大手】使っている口座によってはレイクより「プロミス」が便利かも

    10万円以下の借入であれば、基本的に優秀な無利息サービスを備える「レイクALSA」を選びたいところなのですが……。
    あなたの使っている口座によっては、レイクよりもプロミスの方が便利に借りられます。

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    即日融資のための申し込みリミット
    来店なし:19時~20時
    日曜に振込を希望する場合に関しては明言なし(~16時か17時くらい?)
    来店あり:21時
    スマホATM(セブン銀行ATMでのカードレス取引):OK(手数料108円または216円)
    郵送物なし&来店なしの両立:OK
    申込条件:年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方
    【管理人】山本
    銀行振込での借入は通常の平日9時~15時までの銀行振込とは別に、約500の金融機関口座に対して時間や曜日を問わない振込をしてもらえるんですよ
    審査が不安な 佐藤さん
    それはありがたい!
    【管理人】山本
    日曜18時50分以降は振込予約のみ受け付けとなりますが、例外として日曜でも三井住友銀行へは21時まで、ジャパンネット銀行へはメンテ時除き随時振込可能です
    【管理人】山本
    また、申込前または直後の相談でアルバイト先への電話を回避できます

    あなたが三井住友銀行、またはジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、レイクALSAでは対応できない日曜夜間の振込融資が可能。
    また、荘内銀行など一部の銀行は「レイクでは土日祝日に振込を受けられないが、プロミスなら問題ナシ」となっているようですね。

    とは言えこのあたりはATMで出金を行う場合には大して関係ありませんので、あなたがお持ちの口座、そして利用していきたい借入方法に応じて選択したいところです。

    CHECK【プロミス】のメリット・デメリット、契約~返済の流れの総まとめ
    CHECK曜日・契約方法別!【プロミス】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程
    CHECK【プロミス】に聞いた!在籍確認の基本仕様と電話の避け方

    ★その他の大手消費者金融会社には「アイフル」「アコム」「SMBCモビット」が挙げられますが……。
    時間外振込に対応していない等、「レイクALSA」「プロミス」に比べ利用者サービスで後れを取るため今回は掲載していません。
    5社すべてについて知った上で申し込みを検討したいという場合には、「消費者金融会社の徹底比較!」ページをご覧ください。

    ちなみに近所に消費者金融会社の無人店舗が設置されており、ATMでのみ借入・返済を行っていく予定なら、どの会社を選んでも大差ありません。
    (やはり180日間無利息、ATM手数料完全無料を踏まえるとレイクALSAを優先したいところではありますが)

    ③【学生専用】老舗学生ローン「カレッヂ」はセブン銀行ATMを使って入出金可

    学生ローンを取り扱う業者自体は多いのですが……。
    ここでは創業42年の老舗、かつ学生ローンには珍しい「ローンカードを使ったコンビニでの借入・返済」を可能としている「カレッヂ」を紹介させて頂きましょう。

    ★カレッヂ(株式会社カレッヂ)
    金利15%~17%貸付額1万円~50万円
    ※未成年者は上限10万円
    審査時間30分前後~申込~貸付までの目安時間1時間程度
    即日融資のための申し込みリミット
    (来店なし)
    平日13時頃即日融資のための申し込みリミット
    (来店あり)
    平日18時
    土曜14時
    (ただし第二・第四土曜日は休業)
    スマホATM不可郵送物なし&来店なしの両立不可
    無利息サービス無し
    銀行振込での借入通常の銀行振込(平日9時~15時)
    申込条件
  • 日本国籍の方で、高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方。
  • 安定した収入のある方
  • 利用できるATMは「カレッヂ」の店舗(高田馬場にあります)に併設のもの、またはセブン銀行ATMのみと大手消費者金融会社に比べると明らかに少ないのですが……。
    カレッヂカードというキャッシングカードを使って、キャッシング、返済、入金額の紹介ができるのは大きな利点。
    追加借り入れのたびに再審査が必要だったり、毎月の返済を銀行振込で行う他ない他社学生ローンに比べると、利便性は各段に上
    また公式HPに「一時的にアルバイトをしていなくても応相談」といった文面が見られるなど、審査上の融通についても申し分ありません。

    また学生ローン(というより中小消費者金融会社)にしては電話対応も良いこと、クーリングオフ制度の取り入れなど「安心して使ってもらう」ための工夫が施されていることも見逃せないところ。

    というわけで、安心して・便利に学生ローンを使っていくためには、まず「カレッヂ」をチェックするべきと言えるでしょう。

    CHECK学生ローン「カレッヂ」に電話で直撃!安全度&借入の流れ、親バレ他を徹底調査

    まとめ

    学生ローン大手消費者金融会社(サラ金)も、法律の上では同じもの(貸金業者)。よって申込先は各社それぞれの方針や提供サービスを見て決めることとなる
    ★基本的に借入額が10万円以下で済むのなら、大手消費者金融会社(主にレイクALSA)を選んだ方が良い。ネット契約、時間外振込、ATMを使った自由な借入・返済、無利息サービスなどの利用者サービスは学生ローンとは比べ物にならない
    ★一方、審査の柔軟性では学生ローンの方に分がある
    10万円超を借りたい、現在一時的にアルバイトをしていないなどの事情があるのなら、比較的利便性の良い「カレッヂ」はじめとする学生ローンを選択したいところ

    同じ貸金業者とは言え、学生ローンと消費者金融会社では利用できるサービスや審査の柔軟性に違いがあります。
    まずはあなたが今回の借入に求めるもの(おトクさ、借入や返済の使い勝手、審査の柔軟性など)が何なのか、今一度考えた上で申込先を決定できると良いですね。

    CHECK【レイクALSA】のメリット・デメリット、契約~返済の流れの総まとめ
    CHECK【プロミス】のメリット・デメリット、契約~返済の流れの総まとめ
    CHECK学生ローン「カレッヂ」に電話で直撃!安全度&借入の流れ、親バレ他を徹底調査


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント