代位弁済とは?ローン保証会社・信用保証協会を徹底解説!

「代位弁済」とは、借り手がお金を返せなくなったときに、保証人や保証会社が代わりに返済をすること。

だからと言って、もちろん借金がチャラになるわけではありません。

返済先が、金融機関から保証会社に変わるだけのこと。

今日はこの「代位弁済」について詳しく解説するので、ぜひ読んでいってくださいね!

カードローン保証会社の代位弁済とは

「代位弁済」とは、何らかの理由で借りたお金を返せなくなったとき、保証会社が、残りの借金を返済することを言います。

①長期滞納すると、代位弁済される

支払いを1ヶ月ほど延滞すると、金融機関から、督促状が届き始めます。
簡単に言えば、「ローンを延滞しています、早く返してください」というのが、督促状。
代位弁済は、督促状を無視し続けた場合に行われます。

代位返済までの流れ

返済の延滞(1ヶ月~)

督促状が届き始める

代位弁済予告通知

代位弁済(延滞から3~6ヶ月)

「代位弁済通知」が来たら、アウトです。代位弁済が行われちゃってます。
督促状が、ローンの返済を促すものであるとすれば、代位弁済通知は「もう保証会社が支払いましたよ」と、知らせるものなのです。

  • 督促状:ローンの返済を促す
  • 代位弁済通知:「もう保証会社が代わりに支払いましたよ」という通知

つまり、通知が来た時点で、金融機関のブラックリスト入りは確定となります。5~10年の間、融資を受けることは難しくなってしまいます。

②一括返済請求

保証会社が代位弁済を行った後には、保証会社があなたに、借入額の一括返済を請求します。
一括返済請求とは言いますが、それが出来れば、代位返済に至ることもないわけで…。もちろん、保証会社もそのことはよく分かっています。
ここまで来てしまったら、保証会社にすぐ相談しましょう。分割での返済に、切り替えてもらえることが多いです。

例:50万円の代位弁済が行われたが、すぐに分割できないか相談したところ、月6万円の12回払いという形になった。
しかし、遅延損害金は一日ごとに発生するため、分割しすぎるのも危険です。

③給与差し押さえ

保証会社からの請求にも対応しなかった場合、いよいよ給与や預貯金が、差し押さえられることとなります。
もちろん勤務先にも、ローンを組んでいること、延滞して差し押さえざるを得ない状況であることがバレてしまいます。

このように、保証会社が肩代わりをしてくれるからといって、借金がなくなるわけではありません。

<踏み倒しについて>

カードローンの踏み倒し、実は時効が5年と定められています。(最終返済日からカウント)
そのくらいであれば逃げ切れるのでは?とお思いの方も多いかもしれませんが…。
金融機関が、督促状を送ることや、裁判を起こすことによって、時効は延びていきます。普通に返済するよりも、踏み倒しのほうが、難しいことなんです。
万が一、踏み倒しに成功したとしても、自動車ローンや住宅ローン、クレジットカードを含め、今後一切ローンを組むことは、不可能だと考えて下さい。
リスクに対しメリットが少ないので、全くもって、踏み倒しはオススメできません。

住宅ローンの任意売却と競売とは?

①住宅ローンは3ヶ月延滞すると、代位弁済される

住宅ローンの延滞は、3ヶ月まで、が目安になっています。
つまり、3ヶ月以上滞納したら、代位弁済されてしまうってことです。

代位返済までの流れ

返済の延滞(1ヶ月~)

督促状が届き始める

代位弁済予告通知

代位弁済(延滞から3~6ヶ月)

②代位弁済のあと、一括返済請求がくる

カードローンの場合と同じく、代位弁済の後は、保証会社から一括返済請求がなされます。
しかし、カードローンならまだしも、住宅ローンの残額なんて一括返済できるわけがありません。
この場合、担保となった住宅は、競売にかけられるか任意売却する形となります。
しかし、いずれかの方法をとった場合でも、「一括返済請求額-住宅についた値段」分の債務が残ります

③競売とは?任意売却とは?

★競売

保険会社の申し立てで、裁判所が行います。名前の通り、競売、つまり物件がオークションに掛けられるわけですね。

★任意売却

代位弁済通知が来た後、債務者(保証会社)に相談、合意を得ることで、任意売却が可能となります。

以下が、それぞれのメリット・デメリットとなります。
メリット デメリット
競売
  • わずらわしい手続きが少ない
  • 任意売却よりも、売却価格が低くなりやすい(=残り返済額が大きくなる)
  • 時間がかかりやすい
  • 落札後、すぐに家を立ち退かなければならない
  • 別途手続き費用が掛かる
  • 近所にバレる
任意売却
  • 売却価格が高くなりやすい
  • 競売に比べ、立ち退き時期に融通がきく
  • 住宅ローンの滞納がバレず、周りの目が気になりづらい
  • 金融会社への、相談や交渉が必要
  • 不確定要素が多く、実際売却してみないとわからないことが多い
  • 新たな連帯保証人が必要となることがある

やはり、任意売却を選択する方がほとんどです。
また、代位弁済通知後に、何もしないでいると、自動的に競売に掛けられることとなります。
任意売却を利用するためには、代位弁済通知後、すぐに保証会社に連絡をして下さい。

信用保証協会の代位弁済とは?

①信用保証協会とは?

「信用保証協会」とは、中小企業のための保証会社のこと。銀行などの金融機関と、金融機関から融資を受けにくい中小企業を、結ぶ役目を果たします。
銀行から融資を受けることが出来なかった中小企業も、信用保証協会を利用することによって、お金を借りられるようになる、ということですね。

②代位弁済までの流れ

信用保証協会は、中小企業のための保証会社であるため、個人相手の場合と同様、返済が滞ると、代位弁済を行います。

代位返済までの流れ

返済の延滞(1ヶ月~)

督促状が届き始める

代位弁済予告通知

代位弁済(延滞から3~6ヶ月)

代位弁済までの流れに、個人のローンの場合と、大きな違いはありません。

③返済は5年で時効

信用保証協会が、請求を行う権利のことを、「求償権」といいます。これは、5年で時効となります。
しかし、時効直前に訴えを起こされることも多く、判決の結果、
時効が延長
することも多いです。
また、時効が成立するためには、最終返済日から5年の経過が必要となります。

家賃保証会社の代位弁済とは?

①1ヶ月ごとに代位弁済される

カードローンの場合と異なり、家賃保証会社の場合は、1ヶ月程度の延滞で、代位弁済されてしまう場合が多いです。
家賃払えないかも…というときは、まず大家さんに連絡してくださいね!

②請求額は月々増額する

代位弁済額は、一括で請求されます。
そのため、家賃を滞納するほど、請求額は増えていきます
遅延損害金や手数料など、滞納するほどに家賃以外の請求も増えていきますので、お気を付け下さい。

③最悪の場合、契約解除で立ち退きを迫られることも

返済が行われない場合、大家さんが法的手続きを取ることがあります。つまり裁判です。
裁判によって、明け渡しが決まった場合は、強制退去となります。

家賃が払えない、となったら、代位弁済が行われる前に、大家さんに相談しましょう。
法的手続きを取るのも大変です。家賃の分割払いなど、策を講じてもらえる場合も多いです。
また、延滞についての処置は、契約書に記載されています。「即時契約解除」などの文面がないか、よく確認してください

どうにもならなくなってしまったら…

ローンにしても家賃にしても、分割払いと言ったって、返済のアテがない…。
本当にどうにもならなくなってしまったら、債務整理自己破産の検討をしましょう。

  • 5~10年の間、融資が受けられなくなる
  • 高額な持ち物を手放す必要がある(自己破綻の場合)
  • 一定期間、一部の職業に就けなくなる(自己破綻の場合)

などのデメリットがありますが、それを考えても、債務整理によるメリットの方が大きい場合もあります。
行政のサービスである、法テラスを利用すれば、無料で法律相談をすることが可能です。(しかし、予約制のため日数が必要)
借金が膨らんで、もうどうにもならなくなってしまったときの、最後の手段です。夜逃げなどを考える前に、まずは相談に行きましょう!

まとめ

★代位弁済されても、ローンや家賃が減るわけでは無い!
★どのローンでも、延滞することにメリットなし!今月危ないかも、と思ったら早めに相談を!
★どうにもなりそうになかったら、債務整理や自己破綻の検討をしよう

保証会社が肩代わりしてくれる、と言っても所詮は一時、立て替えてくれるだけ。借金が減るわけではありません。(むしろ増えます)
延滞が長引く前に、正しく対処しましょう。



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。