勘違い多数!あなたがスーパーホワイトかチェック&ホワイト脱出のススメ

勘違い多数!あなたがスーパーホワイトかチェック&ホワイト脱出のススメ

「はじめてクレジットカードを作ろうと思ったら、立て続けに審査に落ちてしまった……。」
「ブラック期間は明けたはずなのに審査に通らない!」

そんなあなたはクレジットカードや各種ローン等の利用履歴が何一つ残っていない、いわゆる「(スーパー)ホワイト」状態かもしれません。
「後払い」の実績がない人を相手に、お金を立て替えたり貸したりするのは金融機関にとっても怖いもの。
ですから(スーパー)ホワイトに該当する場合、まずは何とかして「<後払い>の利用実績」を作る必要があります。

今回はそんな(スーパー)ホワイト疑惑のあるあなたに向けて、あなたが置かれている状況からの脱出方法やそもそも本当にホワイト状態なのかを確かめる方法を詳しくまとめました。
読み終えていただければ、あなたが今後クレジットカードや各種ローンの審査に問題なく通過するためのヒントを得られますよ!

審査が不利になる「(スーパー)ホワイト」の概要とデメリット

審査が不利になる「(スーパー)ホワイト」の概要とデメリット

そもそも、審査が不利になりやすいという「(スーパー)ホワイト」とはどんな状態で、どのようにして発生するのでしょうか?詳しく説明していきます。

①ホワイトとは、「クレジットカードやローンなどの利用履歴が何も残っていない人」を指す

あなたがクレジットカードや各種ローン、何らかの分割払いなど「先に商品やお金を手に入れて、後から返済を行う」サービスを利用した場合、その情報は「個人信用情報機関」という場所に保存されます。

個人信用情報機関に記録されるのは、「各金融機関で、毎月遅れずに支払いをしているか」「延滞や強制解約処分などの問題を起こしていないか」といったデータで、これらは(個人)信用情報と呼ばれます。「クレヒス」(クレジットヒストリー)と通称されることも多いですね。
一般に、自立した生活を営めている方の信用情報には、常に数社分の記録が残っているものですが……。

それに反し、個人信用情報機関に何のデータも無い人のことを「ホワイト」と言います。
該当するのはこれまで一度も「後払い」サービスを利用したことの無い現金主義の方、そして金融ブラック入りなど何らかの事情があって個人信用情報が消えてしまった(保存期間が終了した)方
前者のことを特に「スーパーホワイト」と呼ぶことが多いようですが、「信用情報が一切残っていない」という点ではどちらも変わりません。

クレジットカードなどの「後払い」サービスを利用する際、あなたの信用情報は必ず審査時にチェックされます。
ここで信用情報が何も残っていないと、「後払いをきちんと行ってきた実績が無い」「もしかすると自己破産などを行ったワケアリ者かもしれない」と思われてしまうわけですね。

もしもあなたが一時的に誰かにお金を立て替えるとしたら、得体の知れない人よりも、これまで何度も貸したお金を返してくれた実績のある人を選ぶはず。
そういうわけでホワイト状態、つまり信用情報が残っていない人はクレジットカードなどの審査に通りにくくなります

②「ホワイト」は年齢を重ねているほど不利になりやすい

仮に同じ年収・同じ勤務先、そして同じホワイト状態の方が二人いたとします。
このうち片方を40代、もう片方を20代として同じクレジットカードの審査へ申し込んだ場合、20代の方だけが審査に通過する可能性は低くありません。

もちろん申し込み先の審査基準にもよりますが……。
20代、とくに前半であれば「これまで1度もクレジットカードを作ったことがない」という方も少なくないはず。
また、自己破産などの金融事故を起こすと5年間その記録(金融事故情報/ブラック情報)が残ることから、「20代でブラック入りし、5年経ってブラック脱出」という例は考えにくいものとなっています。

一方で40代のホワイトとなると話は別で、何らかの金融事故を起こしたことのあるワケアリ物件だという疑いはかなり強まります。

このように、「ホワイト」は年齢を重ねるほど深刻になるもの。
あなたが20代であればさほど気にする必要は無いかもしれませんが……。
30代以上でホワイトとなると、一般クレジットカードや中型以上のローンを利用することはどんどん難しくなってしまいます

あなたがホワイト状態か知るための確実な方法

あなたがホワイト状態か知るための確実な方法

ホワイト状態のデメリットを知ったところで、気になるのが今のあなたの信用情報の有無ではないでしょうか?
実は、「自分はホワイトだ!」と思っていても本当はしっかり信用情報が残っていることは全く珍しくありません。
ここでは、あなたがホワイトかそうでないか確かめる方法について紹介していきます。

①信用情報には「勘違い」も多い……。あなたの審査落ち原因は本当に「ホワイト」?

「自分はクレジットカードを利用したことがないから」「金融事故明けのブラック状態から脱出したばかりだから」と言っても、100%ホワイト状態とは限りません。

最も見逃しがちなのが、「携帯電話本体の分割払い」
あなたが5年以内に携帯電話の本体代を、あなたの名義で分割で支払ったことがあるのなら、あなたはホワイト状態ではないでしょう。

同様に各「後払い」サービスを利用した場合、その記録は「解約後5年間」残ります。
「ブラック期間中、カードローンを解約せずに放置していた」「5年以内に何らかのローン返済を行った」という場合、あなたがブラック状態であったかにかかわらず、その記録は今も保存されていることでしょう。

このように、「自分はホワイトだと思ってたのに、本当はそうでなかった」という人はとても多いです。

②結局一番確実なのは「個人信用情報の開示」

そうは言っても、「以前のローンを解約したのは何年前の何月か」「最後に携帯電話の本体代を払ったのはいつか」といった些末ごとを思い出すことは難しいですよね。
また、単に金融機関の手違いで「すでに消えているはずの過去の情報が残っていた」ということもしばしばある模様。

というわけで、本当にあなたが「ホワイト」か、そうでないかを調べるためには個人信用情報を開示するほかありません。
個人情報機関は3つあり、そのすべてで各金融機関が審査時に見ているものとほぼ同じものを、あなたが直接確認することができます。

仮にここに記録が残っていなければあなたは「ホワイト」状態であると分かりますし、記録が残っていたとしてもその問題の有無を知ることができます。
信用情報に不安があるのなら、とにかく個人信用情報を開示してみるのが状況改善への大きな一歩となることは間違いありません。

★詳しい開示方法や開示書の見方については、「個人信用情報の開示について」のページをご覧ください。

ホワイトから脱出するための「修行」と、その方法

ホワイトから脱出するための「修行」と、その方法

それではあなたが本当に「ホワイト」状態だった場合、今後取るべき行動とは何なのでしょうか?
詳しく説明していきます。

①ホワイト状態から脱出するためには、信用が積むのが大事

前に説明したとおりホワイト状態、つまり信用情報が無い状態だと「得体の知れない存在」と見なされ、審査通過は不利となります。
特に名前の通り信用第一となるクレジットカードの場合、即審査落ちとなってしまうことも多々あるようですね。

その対策について、結論から言うと……。
信用情報が無くて困っているのなら、信用情報を作ってしまうのが唯一にして最も効果的な方法となるでしょう。

確かにホワイト状態だと審査通過は難しくなりますが、クレジットカードも千差万別。
業界競争の激しい今、「審査難易度を下げる」という方向で他社と差別化しているカードもしばしば見られます。つまりホワイトでも審査に通れるカードを使って信用情報を作る、というわけですね。

審査にさえ通ってしまえば、あとは毎月そのカードを使って遅れず、確実に支払いを済ませていけばOK。この期間のことは俗に「修行」と呼ばれるようですね。
1年くらい経って十分な信用情報が記録された頃には、収入に応じた上位クレジットカードや比較的大きなローンへの審査通過も狙えることでしょう。

②「ACマスターカード」「楽天カード」など、難易度低めのクレジットカードを使うのが得策

それでは、年齢にかかわらずホワイト状態でも通過でき、信用情報を積める「後払い」商品にはどういったものがあるのでしょうか?
主なものを挙げると、「低難易度カードローン」「低難易度クレジットカード」「携帯電話の本体代の分割払い」となりますが……。

カードローンは継続的に利用すると少なくない利息が発生しますし、携帯電話をすぐに買い換えるのも難しいもの。
となると、現実的な手段は「低難易度クレジットカード」の利用に絞られそうですね。
ホワイトでの通過実績が多数報告されているクレジットカードとなると、やはり消費者金融系の「ACマスターカード」、次いで「楽天カード」などが有力です。

アコムのACマスターカード(基本情報)
入会費、年会費 無料 還元率 0.25%
審査 最短30分 発行スピード 最短1時間程度
キャッシング
実質年率
10.0%〜14.6% 利用限度額 300万円
その他
  • リボ払い専用カード、ETCカードなし
  • ボーナス払いNG(増額支払いは可能)
  • 海外でのショッピングOK

  • ACマスターカードの公式サイトで詳細をチェックする!

    おすすめポイント

    • 消費者金融「アコム」が取り扱うクレジットカード。
    • 最も審査難易度が低いと言われる反面、通常のカードに無い「聞き取り」(カード発行の理由など)が必須となる
    • リボ払い前提かつポイントなし、実質「修行」専用カード

    ▼楽天カード

    年会費 無料 還元率 1%
    (100円につき1ポイント)
    発行日数 1週間程度 キャッシング金利 ~18.0%
    その他
  • 入会難易度は低いが、途上与信(契約後の審査)がやや厳しく返済が滞らなくても利用停止処分が下ることがある
  • アコムに比べるとホワイトの通過実績は少ない
  • カード自体のスペックで言えば楽天カードの方がずっと上ですが、ギリギリでクレジットカード審査に通過した場合は途上与信に引っかかり、肝心の信用情報の積み上げができなくなる可能性も……。

    十分な支払い能力があるのなら問題ありませんが、少しでも自信がないのなら「修行」特化に近いところもある「ACマスターカード」の方が確実ではあるでしょう。ホワイトの通過実績もこちらの方が大分多いです。
    とは言え、こちらも「リボ払い必須」などのデメリットが多いため、申し込み前にその特性をよくご確認ください。

    CHECK途上与信について
    CHECKACマスターカードの特徴と利用の流れ、クレヒス積み(修行)について
    CHECKACマスターカードを利用する5つのデメリットと、それでも申込むべき人

    ★その他、消費者金融系カードローンなどでも一応クレヒスを積むことはできますが、継続的な利用をしづらい等の点からおすすめはできません。

    ★短期間に多くのカードへ申し込みを行うと、一定期間審査が不利になりやすいためお気を付けください。(申し込みブラック

    まとめ

    まとめ

    ★ホワイト、つまり個人信用情報機関になにも記録が残っていない状態だと、クレジットカード会社や銀行などの金融機関から「後払い」を認めてもらえにくい=審査に通りにくくなってしまう
    ★自分ではホワイトだと思っていても、その実そうでないことは多い。少しでも不安があるのなら、個人信用情報を開示してみよう!
    ★ホワイト状態から脱出するためには、ACマスターカードなどホワイト対応のクレジットカードを1~2年間利用し続けるのが最も確実

    「後払い」のサービスを利用する上で、何より大切になるのがあなたへの「信用」。
    もしもあなたがその信用を失っている、もしくはそれを積み重ねていない状態であれば、時間を掛けてあなたの「実績」を作っていく必要があります。

    CHECK個人信用情報の開示とその見方、金融ブラック(ブラックリスト)について

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。