スルガ銀行「サブカルローン」利息や返済システムを分かりやすく解説!

その名称とポップな公式ホームページから、SNS上で大きな話題となっているスルガ銀行「サブカルローン」

サブカルローン

審査によって与えられる限度額の範囲内で、サブカルチャーに関するあらゆる出費をまかなうことができるこのローン、実は普通のスルガ銀行カードローンとまったく同じ商品となっています。
ですが、「普通のカードローン」と言っても具体的なイメージは沸きづらいですよね。

今回はそんな「サブカルローンが気になる!」というあなたのために、その基本システムや返済方法、利用上の注意点などを詳しくまとめました。
読み終えていただければ、あなたが今サブカルローンを上手に利用していく方法が分かりますよ。

「サブカルローン」の基本情報とそのシステム

まずはスルガ銀行「サブカルローン」はいったいどんな商品なのか、解説していきます!

★スルガ銀行「リザーブドプラン」

金利 3.9%~14.9%※1 限度額 10万円~800万円
審査スピード 最短1営業日※2 融資スピード 1営業日〜
その他
  • 専業主婦不可
  • 年収200万円未満、アルバイトでも審査通過可
  • ※1審査結果によって変わるものの、14.9%が適用されることが多い
    ※2スルガ銀行への問い合わせによると、最短1営業日ながら状況によっては1週間以上掛かることもあるとのこと

    ①中身はスルガ銀行「リザーブドプラン」とまったく同じ、サブカル以外にも利用OK

    スルガ銀行「サブカルローン」……とは言うものの、公式HPをよく見てみるとサブカル専用ローンでも何でもなく、ただのスルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」に過ぎません。というより、「サブカルローン」の申し込みボタンをクリックすると「リザーブドプラン」の申し込みページにジャンプします。

    つまり「サブカルローン」(のウェブサイト)は、リザーブドプラン(普通のスルガ銀行カードローン)における申し込み窓口の一つに過ぎないわけですね。

    サブカルローンのページから申し込もうが、「リザーブドプラン」ページから申し込もうが、申し込み先のローンは同じです。
    ▲サブカルローンのページから申し込もうが、「リザーブドプラン」ページから申し込もうが、申し込み先のローンは同じです。

    そのため、「サブカルローン」とは言うものの使い道は限定されず、事業資金を除くあらゆる資金として利用可能
    スルガ銀行が言うようにグッズ購入費用や遠征費用に加え、家賃の支払いやクレジットカードの引き落とし対策としても活用できます。

    また、契約までに手間や時間のかかりやすい銀行カードローンでありながら、例外的に「申し込みから借り入れまで数日程度」「来店不要」「スルガ銀行口座開設不要」で利用できるのも嬉しいところです。

    CHECKカードローンとは
    CHECKスルガ銀行「リザーブドプラン」のメリット・デメリットと利用の流れ

    ②返済システムは「リボ払い」……ってどういうこと?

    さまざまな使い道に利用できるサブカルローンこと「リザーブドプラン」。ですが、あなたにとって一番心配なのはその返済についてではないでしょうか。

    リザーブドプランに限らず、ほとんどのカードローンの返済方法には「リボ払い」が採用されています。
    何となく「怖い」というイメージが強いこの支払い方法、具体的には「借入残高に応じた定額を毎月返済する」ことを指します。
    実際に、リザーブドプランにおける「リボ払い」の返済額を見てみましょう。

    ★スルガ銀行「リザーブドプラン」毎月の支払額

    月々の最低返済額 最大利息※
    借入残高10万円以下 3,000円 1,265円
    10万円超過~20万円 6,000円 2,530円
    20万円超過~30万円 9,000円 3,796円
    30万円超過~40万円 12,000円 5,061円
    40万円超~50万円 15,000円 6,327円
    50万円超過~100万円 20,000円 12,654円
    100万円超過~150万円 30,000円 18,982円
    150万円超過~200万円 40,000円 25,309円
    ※段中の最大金額を31日間、金利14.9%で借り続けた場合の利息

    「リザーブドプラン」における毎月の最低返済額はかなり低め。例えば30万円を借りたとしても月々の返済は9,000円で済むのですが……。

    カードローンは慈善事業ではないため、当然サービス料である「利息」が発生します。この利息はあなたが支払った金額の中から自動的にスルガ銀行へ徴収されます。
    となると、ただでさえ少ない支払い金額のうち、借入の清算に充てられる金額はさらに小さくなってしまうわけですね。

    例えば30万円を31日間借りて9,000円を支払ったとき、3,796円はスルガ銀行に利息として徴収されます。
    そのため9,000円を支払ったはずなのに借入残高は5,204円しか減りません。これが「リボ払いが怖い」「払っても払っても残高が減らない」と言われる理由です。
    (借入残高は少しずつ減るため、追加借り入れをしない利息は少しずつ減っていきます。)

    ……とは言っても、この金額はあくまで「最低返済額」にすぎません。
    そして同じ月の利息と支払い額に関係はないため、毎月の返済額を増やせば増やすほど借入残高を効率よく減らすことができます。
    実例を見ていただくのが最も分かりやすいでしょう。

    ★スルガ銀行「リザーブドプラン」(金利14.9%)で30万円を借りた場合の比較

    毎月最低返済額
    (9千円→6千円→3千円)
    のみを支払い
    429,083円
    (85回/7年1ヶ月)
    毎月1万円を支払い 377,694円
    (39回/4年3ヶ月)
    毎月2万円を支払い 334,112円
    (17回/1年5ヶ月)
    借入の30日後に一括払い 303,673円

    毎月の返済額を大きくすることで、利息が大きくカットされていることがよくわかります。
    怖い怖いと言われるリボ払いではありますが、毎月の返済額を増やし借入期間を減らすことで支払い総額はできる限り節約することができますよ。

    <そもそもお金を借りる必要はある?>

    毎月十分な金額の返済が可能であれば、カードローンの利息を抑えることができますが……。
    そもそもお金を借りなければ、利息を支払う必要もありません。結局利用者の立場に立つと、お金なんて借りないに越したことはないわけですね。

     

    特に趣味目的の借り入れとなると、毎月の返済額の軽さに油断してキャッシングを重ねてしまいがち。気が付くと手元に残ったのは膨らんだ借金と収入不相応の金銭感覚だけ……なんてことにもなりかねません。

     

    「どうしてもお金が必要!」という場合であっても、借り入れは短期間で返せると確信を持って言える金額のみに抑え借入が残っている間は追加キャッシングを行わないことを強くおすすめします。

    ③スルガ銀行より金利の低い借入方法は少なくない

    利息を節約する方法としては、上で紹介した「短期間で返済する」というものの他、単純に「金利の低いローンを使う」というものが挙げられます。

    実はスルガ銀行、銀行カードローンの中では比較的高金利。
    消費者金融会社(サラ金)に比べると低い金利でこそあるものの、「おトクに借りる」「利息を抑える」ことを目的とするなら、より良い選択肢は多いです。
    実際に「30万円を借り、月2万円を返済」する場合の支払い総額を計算し、比較してみました。

    ★30万円を借り、月2万円を返済する場合の支払い総額比較

    審査通過目安 支払い総額
    スルガ銀行「リザーブドプラン」
    (金利14.9%)
    年収200万円未満可
    (最低月3,000円返済)
    334,112円
    イオン銀行カードローン
    (金利13.8%)
    年収200万円未満可
    (最低月3,000円返済)
    331,264円
    りそな銀行「クイックカードローン」
    (金利12.475%)
    年収200万円程度
    (最低月1万円返済)
    327,906円
    住信SBIネット銀行「プレミアムコース」
    (金利7.99%)
    年収400万円程度
    (コース振分は銀行が行う)
    313,143円
    みずほ銀行多目的ローン
    (金利5.875%)
    年収200万円以上
    ※分割払い
    312,377円

    借入額が増えたり、返済期間が長引くことで金利が与える影響はより大きくなります。

    教育カードローンなどの一部例外を除き、ほぼすべてのカードローンはサブカルチャー含む趣味目的の借り入れに利用可能
    特に一定以上の収入があるのなら、慎重に借り入れ先を選ぶことをおすすめします。

    CHECKあなたの街で最も低金利に借りる方法
    CHECK金利、限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総一覧

    <1度きりの借り入れなら「フリーローン(多目的ローン)」を選ぼう>

    もしもあなたが1度きり、まとまったお金を借りたいと考えているのなら、「リザーブドプラン」(サブカルローン)のようなカードローンより、フリーローン(多目的ローン)を選択したほうが良いでしょう。

     

    こちらはカードローンと同じく原則使い道自由ですが、1度お金を借りたら分割払いで返済のみを行います。
    メリットは返済計画を立てやすい上、簡単に追加借り入れができないこと。そのためカードローンに比べると格段に「借りグセ」が付きづらいんですね。

     

    金利は金融機関によりバラバラですが、使い道を証明できる書類を提出できるのなら6%を切る低金利で借り入れも可能となります。
    「どうしても地方の公演に行きたい」「高額商品を購入したい」という場合には、フリーローン(多目的ローン)の利用を検討したほうが良いでしょう。

     

    CHECKフリーローンとは
    CHECK審査難易度・金利ごとに見る全国のフリーローン(多目的ローン)

    「サブカルローン」(リザーブドプラン)利用の流れと借入までの必要日数

    「それでもサブカルローンを使ってみたい!」というあなたのために、契約の流れをかんたんにまとめました。

    スルガ銀行「リザーブドプラン」
    契約の流れ

    インターネットから申し込み

    仮審査
    (最短1営業日~長引く可能性あり)
    在籍確認の可能性あり

    メールで仮審査結果連絡

    本人確認書類をインターネット上で提出

    電話で申し込み確認

    本審査

    契約手続き

    あなたの口座にスルガ銀行が希望額を振込
    (申し込みから3営業日~)

    ローンカードの郵送
    (契約後1週間~)

    ローンカードが届いたら、ATMを使って自由な借り入れが可能になります。
    借り入れ・返済方法や在籍確認、必要書類などについては以下のページをご覧ください。

    CHECKスルガ銀行「リザーブドプラン」の使い方総まとめ

    ※スルガ銀行へ問い合わせを行ったところ、最短で申し込みの翌営業日(次の平日)には審査結果が出るとのことでしたが……。
    場合によっては審査だけで1週間以上の時間がかかる可能性もあるとのこと。時間に余裕を持って申し込みを行いましょう。

    まとめ

    スルガ銀行「サブカルローン」はスルガ銀行の一般カードローン「リザーブドプラン」の窓口の一つに過ぎない。趣味目的の借り入れはもちろん、事業資金以外になら自由に利用可&銀行カードローンながら使い勝手も優秀
    ★スルガ銀行に限ったことではないものの、カードローンは限度額の範囲内で何度でも利用できる上、毎月の負担が軽いため「借りグセ」が付き、金銭感覚が狂ってしまうリスクがあるのが怖いところ。どうしてもローンが必要なら、短期間で返済が可能な範囲にとどめよう

    スルガ銀行「リザーブドプラン」はやや高金利ながら、来店不要・口座開設不要・比較的早い融資スピードといったメリットが多い一般カードローンです。
    他の金融機関でも趣味目的での借り入れは可能なため、他社とよく比較した上で、そして「そもそも借り入れは必要なのか」よく考えた上で申し込みを行いましょう。

    CHECKスルガ銀行「リザーブドプラン」のメリット・デメリットと利用の流れ総まとめ
    CHECKスルガ銀行「リザーブドプラン」の審査難易度を分析!

    CHECKカードローンって何?その概要とあなたに合った会社の選び方
    CHECKあなたの街で最も低金利に借りる方法
    CHECK即日融資(申し込み当日の借り入れ)対応の消費者金融会社について
    CHECKフリーローン(多目的ローン)の概要とその使い方
    CHECK審査難易度・金利ごとのフリーローン(多目的ローン)の選び方

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。