徳島銀行に電話で直撃!カードローンの選び方:審査&契約の流れ・返済方式の違いも

銀行カードローンでは即日融資不可となりました。
もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2018」記事をご確認ください。

徳島銀行に電話で直撃!カードローンの選び方:審査&契約の流れ・返済方式の違いも

「今後の生活のためにいつもの徳島銀行でカードローン契約を結んでおきたいけれど、どの商品を選べばいいか分からない……」

公式HP準拠だと、6種類のカードローン商品を取り扱う徳島銀行。
今のところ同行が力を入れているのは、来店不要で契約できる「SaSaっとカードローン」のようですが……。
あなたが普段から徳島銀行口座を利用されているのなら、一番使い勝手が良いのは<預金口座にマイナス残高を作れるようになる>「カードローン・パートナー」の方でしょう。

今回は徳島銀行6つ(実質5つ)のカードローンについて、それぞれのメリット・デメリットを実際に同行へ問い合わせを行いながらまとめました。
読み終えていただければいつもの銀行で、あなたに合った借入を行う方法が分かります。

徳島銀行は全カードローンの申込者に対し、「顔写真付きの本人確認書類」の提出を要求します。
(申込条件の極端に厳しい「VIPカードローン」を除く)
これをお持ちでない場合には、健康保険証のみで契約できる他社ローンをお選びください。

CHECK全国から申し込める、健康保険証1枚で借り入れられるカードローンについて



徳島銀行6つ(5つ)のカードローンはどう違う?それぞれの特色と審査について


それでは早速、徳島銀行がどういったカードローン商品を取り扱っているのか見てみましょう。

★徳島銀行カードローンの簡易比較
金利 備考
SaSaっとカードローン 7.5%
~11.5%
  • 来店不要で借りられる
  • パート・アルバイトOK
  • SaSaっとカードローンα 5.5%
    ~8.5%
  • 徳島銀行で給与受取または住宅ローンを利用している場合にのみ利用できる
  • 他は「SaSaっとカードローン」と同じ

    カードローンパートナー 随時返済型 12.0%
    (限度額50万以下)
    11.7%
    (限度額100万円)
    11.5%
    (限度額200万円)
  • 使い勝手が良い。性質上、金利が高くとも他のローンよりおトクとなりやすい。
  • 月賦返済型 11.0%
    (限度額30万円)
    10.0%
    (限度額50万円)
    9.5%
    (限度額100万円)
    9.3%
    (限度額200万円)
  • 「随時返済型」の方が優秀なので原則非推奨
  • カードローン・サポート 4.8%
    11.8%
    14.5%
  • 銀行ローンには珍しく、事業資金としても使える。
  • それ以外の用途には非推奨

    VIPカードローン 5.425%
  • 利用条件が非常に厳しい(要年収700万円以上、勤続10年以上他)が、クリアしているのなら最優先
  • 専用ローンカードが発行される商品
    預金口座にマイナス残高を作れるようになる商品(おすすめ)

    公式HPのローン一覧ページでは「カードローン・パートナー」が限度額(借入上限額)ごとに別商品のように紹介されていますが……。
    特に限度額間で特筆するような差は見られませんので、殊更分けて考えなくとも良いでしょう。
    というわけで、徳島銀行のカードローンは実質5種類と見て良いかと思います。
    (カードローン・パートナーは返済方式によって細分化されますが、これに関しては後述)

    金利の面では申込条件が極端に厳しい「VIPカードローン」を除くと、お得意様向けの「SaSaっとカードローンα」が優秀。
    ただし、あなたが「SaSaっとカードローンα」の利用条件を満たしているとしても、個人的にお勧めしたいのは「カードローン・パートナー<随時返済型>」の方。

    ここからは「カードローン・パートナー<随時返済型>」はじめ、各徳島銀行カードローンの特徴について詳しく見ていきましょう。

    ①徳島銀行ユーザーなら「カードローン・パートナー<随時返済型>」がおすすめ

    あなたが普段から給与受取、各支払い等に徳島銀行口座を利用されているのなら、一番おすすめしたいのが「カードローン・パートナー(随時返済型)」です。

    ★徳島銀行「カードローン・パートナー」
    金利
    (随時返済型)
    12.0%
    (限度額50万以下)
    11.7%
    (限度額100万円)
    11.5%
    (限度額200万円)
    限度額 30万円
    50万円
    100万円
    200万円
    審査日数 最短1営業日 申込~借入までの日数 1週間程度
    (随時返済型)
    申込条件
    (全限度額共通)
    • お申込時満20才以上65才以下の方
      ※「30万円コース」は、お申込時において当行に年金が振込まれている方に限り、満72才まで申込できます。
    • 当行の営業区域内に居住または勤務されている方
    • 継続して安定した年収のある方
    • 保証会社(四国総合信用)の保証が受けられる方
    限度額100万円以上の契約を結ぶための追加条件
    • 自営業者の方は営業年数、会社役員の方は勤務年数が3年以上の方
      給与所得者の方は、勤務年数に制限はありません。
    • それぞれのコースにおいて次に表示する金額以上の年収がある方
      (同居家族の収入合算はできません。)
      「100万円コース」= 年収200万円以上
      「200万円コース」= 年収300万円以上
    備考
    • 審査通過後、契約時の来店は必須(申込はインターネットでOK)
    • 「随時返済型」「月賦返済型」を選択できる
    • インターネット申込には「運転免許証」または「パスポート」が必要
      ※来店申込ならその他の顔写真入り確認書類もOK

    まずはこのローンの選べる返済方式について、徳島銀行窓口に問い合わせを行った結果をご覧ください。

    【管理人】山本
    「カードローン・パートナー」の、随時返済型と月賦返済型の違いは何でしょうか?
    オペレーターの回答
    随時返済方式の方だとお客様の口座で貸越…残高が0円を下回っても、限度額の範囲内でご出金頂けます。
    【管理人】山本
    口座にマイナスの残高を作れる、ということで宜しいでしょうか?
    オペレーターの回答
    そうです、そうです。
    それに対してリボルビング方式(月賦返済型)の方は専用のローンカードをお作りしてその範囲内でATMでご出金頂き、毎月引き落としで返済して頂くかんじですね。
    【管理人】山本
    じゃあ、普段から口座を使っているなら「随時返済」の方が便利ですよね。
    オペレーターの回答
    そうですね。返済の方でも入金がありましたらそれで充当されますから……。

    こちらの内容を説明しなおすと……。

    「随時返済型」を選んだ場合、新しいカードが発行されない代わり、あなたの口座に限度額の範囲内で「マイナスの残高」を作れるようになります。
    例えば限度額30万円の契約を結んだなら、残高が0円を下回ってもマイナス30万円に至るまで、自由にお金を扱えるわけですね。使い方はATM出金でも振込でも、引き落としでも構いません。

    CHECK「カードローン・パートナー(随時返済型)の借入方法について

    これに対し「月賦返済型」は、預金とはまったく別のところに借入枠が用意されます。
    そのため借入の際には必ず専用ローンカードとATMを利用する必要がありますし、自動引き落としの失敗などに対応してもらうことはできません。

    CHECK「専用カード発行型カードローンの借入方法について

    また、見逃せないのが「おトクさ」の違い。
    実は「カードローン・パートナー」は「月賦返済型」の方が1%~2.2%低金利に設定されているにもかかわらず、総支払額が安く済みやすいのは「随時返済型」の方です。

    まず前提として利息(手数料)は借入額・借入期間に比例する、ということは確認しておきましょう。
    借入額(マイナス幅)は小さいほど、借入期間は短いほどおトクと言えるわけですね。

    そして例えば、あなたが何らかの理由で、徳島銀行から30万円を借りたとします。
    しかしあなたが徳島銀行口座を普段から利用されているのなら、給与振込はじめ何らかのタイミングで口座にまとまったお金が入ってくるでしょう。

    口座一体型の「随時返済型」を選んだ場合、このタイミングで預金のマイナス幅は勝手に軽減、あるいは清算されるはずです(=その後発生する利息も減る)。

    一方、これが「月賦返済型」だとそうはいきません。月1度、原則1万円の引き落とし以上のお金を返済したいのなら、自分の意志でATMに出向き入金することとなるのですが……。
    ここであんまり大きなお金を入れてしまうと、その後の生活に支障が出てきてしまいます。
    そうなると自然と「借りっぱなし」が基本の状態となり、結果的に「随時返済型」よりも多額の利息が発生してしまうんですね。

    若干難しい内容になってしまいましたが、要は「普段から徳島銀行口座を使っているなら、無条件で<随時返済型>を選んでOK」ということです。

    ★このローンは最低限度額(契約額)が30万円と高めであること(一般銀行の最低限度額は10万円)、パート・アルバイト等に対する言及がないことから、いわゆる「低難易度・銀行カードローン」に比べれば、やや求められる返済能力は高くなると推測されます。
    収入制限などが設けられていないことから「審査が厳しい」と言うほどではないと思われますが、不安があるなら他行を選んだ方が良いでしょう。

    CHECK低負担・低難易度の銀行カードローンについて

    とは言えこれだけ徳島銀行ユーザーにとってこれ以上勝手の良いローンはありませんから、申込条件さえ満たしているのなら、ダメ元で申し込みを行うのも十分にアリです。

    ②来店せずに契約したいなら「SaSaっとカードローン(α)」をチェック

    徳島銀行カードローンの中で、申込から借入まで一度の来店も無く手続きを済ませられるのが「SaSaっとカードローン(α)」

    ★徳島銀行「SaSaっとカードローン(α)」
    金利 7.5%
    ~11.5%
    (一般)
    5.5%
    ~8.5%
    (α)
    限度額 10万円~300万円
    (一般)
    1万円~500万円
    (α)
    ※いずれも非正規従業員は50万円まで
    審査日数 最短1営業日 申込~借り入れまでの日数 10日前後
    申込条件
    (公式HPより)
    以下のすべての条件を満たすことができる個人のお客さま

    • 当行の普通預金口座をお持ちの方
    • お申込時満20才以上満65才以下の方
    • 当行の営業区域内に居住または勤務される方
    • 継続して安定した収入のある方
      パート、臨時社員等の方もお申し込みいただけます。
      収入が年金のみの方、専業主婦(夫)の方はお申し込みいただけません。
    • 保証会社(四国総合信用)の保証が受けられる方
    「α」利用のための追加条件
    • 当行に月例給与のお振込がある方、または当行で住宅ローン契約があり6ヶ月以内の約定返済に延滞がない方
      対象となる住宅ローン商品は、とくぎん総合住宅ローン(とくぎんロングラン35含む)、住宅ローン「家持太郎」、住宅ローン「住まいる いちばんネクストⅤ」となります。
    備考
    • 運転免許証またはパスポート必須

    インターネット上で手軽に手続きを進めて行けることから、窓口に出向く時間を取れないのなら最も申し込みやすいローン商品となることでしょう。契約手続きが整備されているわりに、金利もかなり低いです。(銀行カードローンの上限金利は14.5%くらいが標準)

    「SaSaっとカードローン」「SaSaっとカードローンα」の違いは申込条件と金利、上限限度額のみ。
    給与振込や住宅ローン利用者といったお得意様は、そうでない方に比べ良い条件で借りられる、程度に考えていただければ良いでしょう。

    CHECK「SaSaっとカードローン(α)」WEB完結契約の流れ

    ③厳しい申込条件を満たすなら「VIPカードローン」は最優先で

    もしもあなたが以下の、厳しい利用条件をすべてクリアできるのならば、ぜひともおすすめしたいのが「VIPカードローン」

    ★徳島銀行「VIPカードローン」
    金利 5.425% 限度額 500万円
    審査日数 最短1営業日 申込~借入までの日数 1週間程度
    申込条件
    (公式HPより)

    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

    • お申込時満30才以上65才以下の方
    • お申込いただく店舗の営業区域内に居住または勤務されている方
    • 現住所に5年以上居住している方
    • お申込いただく店舗で1年以上お取引のある方
    • 勤務年数または営業年数が10年以上の方
      ※会社役員の方は、年商3億円以上、過去3期間経常利益をあげている法人の会社役員の方が対象となります。
    • 継続して安定した年収が700万円以上ある方
    • 年収に対する年間返済額が、当行および他の金融機関でご利用のロ-ン全ての返済額を含め30%以内である方
      ※年間返済額については、窓口でお問い合わせください。
    • 自己所有(ご本人または配偶者名義)の土地、建物がある方
    • 四国総合信用(株)が保証しているフリーローン、および無担保カードローンとの重複貸出はできません。
    • 保証会社(四国総合信用)の保証が受けられる方
      (注) 保証会社が定める保証対象外職種に該当する場合は、お申し込みいただけません。くわしくは窓口までお問い合わせください。

    申し込める方はかなり限られると思われますが……。
    実はこちらのローンも、「カードローン・パートナー(随時返済型)」と同じく「預金にマイナスの残高を作れるようになる」使い勝手の良いローン商品(というより口座のオプション機能)です。

    CHECK「カードローン・パートナー」の概要と随時返済型の特性

    貸付条件・使い勝手共に非常に優れた商品ですので、利用条件を満たし、申込・契約で2度の来店が可能ならば、ぜひ申し込みを検討してみてください。

    限度額が一律500万円と非常に大きいことから、既存ローンの借り換えに使うのも良いかと思います。

    ④事業とプライベート両方のために借りたいなら「カードローン・サポート」も候補か

    徳島銀行のカードローン商品の中で、唯一事業性資金の借入を禁じられていないのが「カードローン・サポート」。これは多くの銀行カードローンの中でも珍しい特徴ですね。

    ★徳島銀行「カードローン・サポート」
    金利 4.8%
    (限度額500万円)
    11.8%
    (限度額210万円
    ~490万円)
    14.5%
    (限度額200万円以下)
    限度額 10万円~500万円
    審査日数 最短1営業日 申込~借入までの日数 10日程度
    申込条件
    (公式HPより)
    • お申込時満20才以上満65才以下の方
    • 当行の営業区域内に居住または勤務される方
    • 継続して安定した収入のある方
    • 保証会社(四国信用保証またはアイフル)の保証が受けられる方
    その他
    • 資金使途に制限なし
    • 来店は契約時の1度のみ
    備考
    • インターネット申込には「運転免許証」または「パスポート」が必要
      ※来店申込ならその他の顔写真入り確認書類もOK

    とは言え「事業性資金としての利用が禁じられていない」以外に、「SaSaっとカードローン」等に勝る点はありません
    よってこのローンへの申し込みを検討すべきは、「プライベートと事業、両方のために使えるカードローンが欲しい」という事業者に限られることでしょう。

    徳島銀行に聞いた!カードローン契約の流れ

    徳島銀行に聞いた!カードローン契約の流れ

    申込先のカードローンに目途は付きましたか?ここからは、各カードローン商品の契約の流れについて見ていきましょう。
    まずは公式HPに案内のなかった「借入までの必要日数」について、実際に銀行へ問い合わせを行った結果をご覧ください。

    【管理人】山本
    一般的なカードローンの申し込みから借り入れられるようになるまでには、どれくらいの時間が掛かりますか?
    オペレーターの回答
    そうですね、審査結果は早ければ週明け(※1)にも出るかと思うんですけれど、借入までとなりますと…ご来店いただける日数にもよるんですけれど、カード発行まで含めれば月末(※2)にくらいになるかと思います
    ※1 電話を掛けたのは金曜日なので、審査結果は最短1営業日で出る模様
    ※2 電話を掛けたのは2月の中旬。月末となると10日~12日後が目安か

    というわけで、専用カードが発行されるタイプのローン(SaSaっとカードローン等)なら、申し込みから借入までの必要日数は「早い場合で10日」くらい。
    「SaSaっとカードローン」の公式HPには、ローンカードの送付に「契約後1~2週間」が掛かるとの記載がありますので、状況によってはもう少し時間が掛かるかもしれません。ご承知おきください。

    一方、新しいローンカードが発行されない「カードローン・パートナー(随時返済型)」「VIPカードローン」であれば、銀行側の手続きが済み次第(一般的には契約後2~3営業日)利用開始できるかと思います。申込からの日数で言えば1週間くらいでしょうか。

    ★より短い期間での借入を必要としている場合には、以下のページをご覧ください。

    CHECK全国から申し込める銀行カードローンの金利・審査難易度・必要日数他
    CHECK即日融資対応の消費者金融系カードローンについて

    ①おおまかな契約の流れ

    契約の流れは一般的な来店契約型カードローンと、インターネット契約対応の「SaSaっとカードローン」の間で異なります。
    検討中ローン商品の情報をご確認ください。

    CHECK一般的な来店契約の流れ(カードローン・パートナー他)
    CHECK「SaSaっとカードローン」WEB完結契約の流れ

    (1)一般的な来店契約の流れ

    徳島銀行における、一般的なカードローン契約の流れは以下の通り。

    徳島銀行カードローン
    来店契約の流れ

    インターネットまたは店頭で仮申し込み

    仮審査
    ※申込確認の電話が入る可能性あり

    電話で審査結果連絡
    来店日時の取り決めなど

    必要書類を持ってお近くの徳島銀行窓口へ
    契約手続き

    あなたの徳島銀行口座に
    マイナス残高を作れるようになる
    (ここまで1週間程度)
    ローンカードの送付
    (ここまで10日~2週間程度)

    申込先ローンのタイプによってゴールは変わってきますが、おおまかな流れは共通です。
    基本的に、銀行側からの指示に従っておけば困ることもないでしょう。

    とは言え、あなたがフルタイムで仕事をされているのであれば、銀行営業時間(平日9時~15時)に時間を作るのは大変かも。
    これについて徳島銀行に尋ねてみたところ、以下の回答を頂くことができました。

    【管理人】山本
    契約は(土日営業の)ゆめタウンの店舗でもできますか?
    オペレーターの回答
    う~ん、基本的にはお取引のある支店窓口で契約して頂く形になるんですけれども……。
    どうしても難しかったら審査の後、お取引店とご相談いただくことになるかと思います。店舗によって対応が変わってくるかもしれません。

    今の時点では何とも言えませんね……。
    とは言えどうしても銀行営業時間(平日9時~15時)中の来店が難しいのなら、何らかの対応は取ってくれるのではないかと思います。

    徳島銀行の土日営業店舗、「れいんぼ~プラザ」の設置場所については、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECK徳島銀行公式HP「れいんぼ~プラザ」

    ★ローンカード、明細などの郵送を防ぐことはできません。
    同居の家族に100%借り入れを隠したいのであれば、それに対応した他社ローンをお選びください。

    (2)「SaSaっとカードローン(α)」WEB完結の流れ

    インターネット契約(WEB完結)対応である「SaSaっとカードローン(α)」契約の流れは以下の通り。

    「SaSaっとカードローン(α)」
    インターネット契約の流れ

    インターネットから申し込み
    ※このとき必要書類をアップロード提出

    審査
    ※申込確認の電話が入る可能性あり

    メールで審査結果連絡

    メールの案内に従い、インターネット上で契約手続き

    ローンカードの送付
    (ここまで10日~2週間程度)

    お家に居ながらすべての契約を済ませられるのは嬉しいですね。
    基本的にはメールの案内に従って行動すれば、何の問題も無く手続きを進められるかと思います。

    ②徳島銀行との契約に必要な書類

    徳島銀行とカードローン契約を結ぶための必要書類は以下の通り。
    特に記載のない限り、全商品共通です。

    ★徳島銀行カードローンの必要書類
    本人確認書類
    (全利用者必須)
    顔写真付きの公的証明書類1点
    インターネット申込のためには運転免許証またはパスポート必須
    ※「VIPカードローン」に限り、健康保険証でも良い
    収入証明書類
    (限度額50万円超の場合)
    給与所得者は原則「源泉徴収票」
    その他、公的な収入証明書類などいずれか1点
    その他 お届け印(来店契約の場合)
    その他、審査の上で必要となった書類など
    「VIPカードローン」申込時にのみ必要な書類
    • 土地、建物の登記簿謄本
    • 期間分の決算書(会社役員のみ)

    運転免許証・パスポート以外の写真付き公的証明書類、具体的には「マイナンバーカード」「住民基本台帳カード」等のみをお持ちの場合には、店頭に出向いて申し込み手続きを取る必要があります(「VIPカードローン」を除く)。ご了承ください。

    CHECK金融機関との契約に使える収入証明書類の種類と入手・再入手方法
    CHECK健康保険証のみで契約できるカードローンについて

    ③在籍確認は原則行っていないとのこと

    カードローンの契約手続きを進める上で、懸念点となりやすいのが「在籍確認」。これは一般に、金融機関や保証会社が申込者の勤務先に電話を掛けてくる審査上の過程を言いますが……。
    実際に徳島銀行へ問い合わせを行ったところ、以下のような回答を頂くことができました。

    【管理人】山本
    審査の際、勤務先に電話が掛かってくることはありますか?
    オペレーターの回答
    保証会社によっては無いとは言えませんが、今のところはあまり聞いたことは無いです

    というわけで、在籍確認が行われることはほぼ無いと見て良さそうですね。

    ちなみに今まで調べてきたところ、「四国総合信用」が主に保証しているカードローンはどこも在籍確認を行っていないように思えます(高知銀行など)。
    在籍確認を行わない、というのは、審査の一部を取り仕切る「四国総合信用」の方針なのかもしれませんね。

    ★連絡先の希望に「勤務先電話番号」を選択した場合には、当然こちらに連絡が入ります。
    勤務先への電話を避けたいのなら、携帯電話または自宅電話宛てに連絡を入れてもらいましょう。これは申込時に選択できます。

    ★事業者向けの「カードローン・サポート」に限っては、保証会社に「アイフル」が適用される可能性があります。
    この場合、アイフルが必要と判断すれば在籍確認が行われる…かもしれません。ご了承ください。
    (とは言え事業者が申し込む場合であれば、どちらにせよ事業内容等に関する聞き取りが必要となりそうです)

    徳島銀行カードローン、契約後の借入方法

    徳島銀行カードローン、契約後の借入方法

    ここからは、徳島銀行と契約を結んだ後の借入方法についてお話ししていきます。
    借入の方法は契約先のカードローン・返済方式によって異なります。検討中ローンについての情報をお選びください。

    CHECK「カードローン・パートナー(随時返済型)」「VIPカードローン」の借入方法(当座貸越)
    CHECK「SaSaっとカードローン」「カードローン・パートナー(月賦返済型)」「カードローン・サポート」借入方法(ATM出金)

    ①「カードローン・パートナー(随時返済型)」「VIPカードローン」は預金と同じように利用できる

    先にも少し触れましたが、「カードローン・パートナー(随時返済型)」または「VIPカードローン」の契約を結ぶと、限度額の範囲内で徳島銀行口座にマイナスの残高を作れるようになります。
    例えば「カードローン・パートナー(随時返済型)」で30万円の契約を結んだなら……。
    預金額が0円を下回っても、これがマイナス30万円に至るまで、自由にお金を使えるわけですね。

    マイナスの残高は毎日利息が発生するということ以外、ふつうの預金とまったく同じようにご利用いただけます。任意のATM出金はもちろん、振込、自動引き落とし等、使い方は問いません。

    というわけで、これらのカードローンに特別な「借入方法」は存在しません。
    今と同じように徳島銀行の口座を使っていれば、必要なときに口座側が対応してくれることでしょう。

    ②その他のカードローンの借入はATMで

    ローン専用カードが発行されるタイプの契約を結んだ場合、そのカードと各ATMを使って借入を行うことになります。
    使えるATMは、徳島銀行キャッシュカードのそれと変わりありません。

    ★徳島銀行のローンカード・キャッシュカードを使えるATM

  • 徳島銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • E-netATM(ファミリーマート等)
  • イオン銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 香川銀行ATM
  • 大正銀行ATM
  • 愛媛銀行ATM
  • 高知銀行ATM
  • 主なATMの利用手数料は以下の通りです。
     

    ★徳島銀行ATMの出金手数料
    平日 8:00~18:00 無料
    18:00~21:00 108円
    土日、祝日 8:00~21:00 108円

    ★セブン銀行ATMの利用手数料(画像は公式HPより)

    セブン銀行ATMの利用手数料(画像は公式HPより)

    ★ローソン銀行ATM、E-netATMの利用手数料(画像は公式HPより)

    「ローソン銀行」「E-net」のATMは手数料が高めに設定されているため、極力避けたいところですね。

    その他のATMの利用手数料については、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECK徳島銀行公式HP「店舗・ATMのご案内」

    徳島銀行カードローンの返済について

    ここからは、徳島銀行から借りたお金を返済していく方法について解説していきます。

    CHECK「カードローン・パートナー(随時返済型)」「VIPカードローン」の返済について(随時返済)
    CHECK「SaSaっとカードローン」「カードローン・パートナー(月賦返済型)」「カードローン・サポート」返済方法(定例返済)

    ①「カードローン・パートナー(随時返済型)」の返済方法

    「カードローン・パートナー(随時返済型)」「VIPカードローン」には「随時返済方式」というシステムが採用されています。
    随時返済という名前通り、これらのローンには決まった「返済日」がありません

    とは言え金利が付いている以上、もちろん利息(手数料)は発生します。
    そしてこれらのローンの場合、利息は「毎年2月・8月の第二金曜日に、半年分の利息を一気に引き落とし」という方法で清算される模様。

    気になるのはその利息の金額ですが、これについては「1日あたり、マイナス残高の約0.032876%の利息が発生し、積み重なっていく」とお考えいただくのが良いでしょう。
    (カードローン・パートナーの場合。VIPカードローンの場合は日あたり0.01486%前後)

    特に具体的な数字を思い浮かべる必要はありません。とりあえず大事なのは「マイナスの幅が大きいほど」「マイナスの存続期間が長いほど」利息が増えてしまうということです。
    要はおトクに使うためには、「極力残高を0円以上にキープしておくのが良い」わけですね。

    …とは言え実際のところ、普段から徳島銀行口座を利用されているのであれば、給与の入金などで自動的にマイナス残高が清算されることも多いかと思います。
    これにより「借りっぱなし」が基本となる専用カード発行型カードローンに比べると借入期間が短く済み、その分おトクとなりやすいのは嬉しいところですね。

    ★カードローン・パートナー(随時返済型)における利息発生例
    借入例 発生する利息
    残高マイナス5万円を5日間キープ 82円
    残高マイナス10万円を10日間キープ 328円
    残高マイナス20万円を10日間キープ 657円
    残高マイナス30万円を30日間キープ 2,958円
    →以上が半年の間に行われたとき、次回の引き落とし額は合計4,025円

    ②その他のカードローンの返済方法は月に1度の自動引き落とし

    専用カードが発行されるタイプのカードローンの場合、基本の返済方法は「毎月18日(「サポート)のみ5日)、徳島銀行口座からの自動引き落とし」となります(18日または5日が土日祝日の場合は翌平日に持ち越し)。

    引き落とし額の設定は、以下のようにローン商品間で異なります。

     

    ★「SaSaっとカードローン(α)」引き落とし額
    引き落とし日前日の借入残高 引き落とし額
    30万円以下 5,000円
    30万円超~50万円 10,000円
    50万円超~100万円 15,000円
    100万円超~200万円 20,000円
    200万円超~300万円 30,000円
    ★「カードローン・サポート」引き落とし額
    引き落とし日前日の借入残高 引き落とし額
    50万円以下 10,000円
    50万円超~100万円 15,000円
    100万円超~150万円 25,000円
    150万円超~200万円 30,000円
    200万円超~300万円 40,000円
    300万円超~400万円 50,000円
    400万円超~500万円 60,000円

    ★「カードローン・パートナー(月賦返済型)の引き落とし額は原則1万円(極度額200万円の場合に限り2万円)です。

    「SaSaっとカードローン(α)」の引き落とし額は特に借入額が30万円・100万円くらいのとき、他行に比べてもかなり低額となっています。
    (参考全国銀行カードローン、借入額ごとの最低返済額比較)

    以上の定例返済に加え、いずれのカードローンも引き落としと同日に1ヶ月分の利息が借入残高として組み込まれることとなります。
    1ヶ月あたりの利息額は大体以下の通り。

    ★徳島銀行、カード発行型カードローンの利息額目安
    1ヶ月あたりの利息目安 10万円/1ヶ月借入時の利息目安
    金利14.5%
    (カードローン・サポート)
    借入残高の1.208%前後 1,208円前後
    金利11.5%
    (SaSaっとカードローン)
    借入残高の0.958%前後 958円前後
    金利11.0%
    (パートナー/月賦返済型)
    借入残高の0.916%前後 916円前後
    金利8.5%
    (SaSaっとカードローンα)
    借入残高の0.708%前後 708円前後

    例えば「SaSaっとカードローン」で30万円を1ヶ月借りたなら、次の引き落とし日には2,874円前後の利息が組み込まれる形に。
    この際の引き落とし額は5,000円ですから、これを差し引きすると借入残高は2,126円前後しか減らないわけですね。
    ということで、返済を自動引き落としだけに任せていると、借入残高は減りにくいです。

    こんな場面のために、徳島銀行は各ATMを使った追加返済を可能にしています。
    専用カード発行型カードローンを選択されたのなら、こちらも積極的に活用していってみてください。

    まとめ

    まとめ

    ★徳島銀行、とくに選択肢に入りやすい2カードローンの簡易まとめ

    カードローン・パートナー
    (随時返済型)

    SaSaっとカードローン(α)
    金利 12.0%
    (限度額50万以下)
    11.7%
    (限度額100万円)
    11.5%
    (限度額200万円)
    7.5%~11.5%
    (一般)
    5.5%~8.5%
    (α)
    限度額 30万円、50万円
    100万円、200万円
    10万円~300万円
    (一般)
    10万円~500万円
    (α)
    ローンタイプ あなたの徳島銀行口座にマイナスの残高を作れるようになる 専用ローンカードの発行
    審査スピード 最短1営業日
    申込みから借入までの日数目安 1週間程度 10日程度~
    契約の流れ ネット等で申込
    →店頭契約
    ネットで申込
    →ネット上で契約
    →ローンカードの送付
    借入方法 預金に準ずる 徳島銀行ATM、提携ATMからの出金
    返済方法 年2回、2月と8月に利息引き落とし 毎月18日、徳島銀行口座からの自動引き落とし
    ローン概要 預金一体型で使い勝手が良い
    普段から徳島銀行口座を使っているならおすすめ
    「来店不要」を重視するならこちら
    ※他、利用条件の厳しい「VIPカードローン」、事業者向け「カードローン・サポート」の取り扱いあり

    それぞれ独自のメリットを持つ、徳島銀行のカードローン。
    あなたが重視したいポイント(使い勝手、契約の手軽さなど)は何かを考えた上で、希望に近いローン商品を選んでみてくださいね。

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。