東京ベイ信用金庫に聞いた!公式HPに無いカードローンの金利・契約の流れを明快解説

「自宅から近い、いつもの東京ベイ信用金庫で少しばかりのお金を借りたい……」

そんな需要に応えてくれるのが東京ベイ信用金庫のカードローン。
必要なときに必要なだけ借りられるカードローン商品は、日々の生活の足しとして利用するのにピッタリです。
……とは言え公式HPに記載のない詳細情報について同信用金庫へ確認を取ったところ、この信用金庫よりおトクに借りられる金融機関は少なくない模様。

そのため申し込み先の候補には自然と他社ローンも入ってきますが、もちろん「どうしても東京ベイ信用金庫で借りたい!」という場合はその限りでありません。

今回は東京ベイ信用金庫ユーザーのあなたに向けて、そのカードローン商品の特徴や契約の流れ、他社ローンとの比較結果を実際の問い合わせ内容をもとに詳しくまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合ったカードローン商品を見つけることができますよ。

<そもそもカードローンって?>

カードローンとは、「審査の結果、与えられた<限度額>の範囲内で何度でも借り入れのできるローン」を言います。
(限度額は借入限度額、厳密にはちょっと意味が違いますが極度額、契約額と呼ばれることも)
そのため、このローンは「一度にまとまったお金を借りる」ためではなく、「臨時出費のせいで必要になったお金をちょっとだけ借りる」といった使い方がおすすめ。基本的には「生活の足しに」使うための、ちょっとしたサポートサービスだと考えていただけると良いでしょう。
また、最も小型のローン商品とだけあって、担保や保証人、年会費や入会金は必要ありません

東京ベイ信用金庫が取り扱う2つのカードローンの違いと選び方

まずは東京ベイ信用金庫がどういったカードローン商品を取り扱っているのか、簡単に見ていきましょう。

①2つのカードローンの基本情報比較

東京ベイ信用金庫が取り扱うカードローン商品は、「きゃっする500」と特に名前の付いていない「カードローン」の2種類。後者は紛らわしいので、ここでは仮に「東京ベイ信用金庫カードローン」と呼ぶことにしましょう。

この「東京ベイ信用金庫カードローン」ですが、公式HPに現在の適用金利情報の記載がありません。
そこで、実際に同信用金庫へ問い合わせを行ってみました。

【管理人】山本
現在の、「きゃっする」でない方のカードローンの金利を教えてください。

オペレーターの回答
今ですと、最高で14.6%ですね。これで覚えていただくと良いと思います。

この答えから察するに金利が14.6%から引き下げられる可能性はゼロでは無いものの、実現は困難と見てよさそうですね。
というわけで、2つのカードローンを簡単に比較すると以下のようになりました。

★2つのカードローンの簡易比較

通常金利 限度額
きゃっする 4.8%~14.6% 10万円~500万円
東京ベイ信用金庫カードローン ~14.6% 10万円~300万円

2つのカードローンの申し込み条件、融資スピード、借り入れ方法などに大きな違いはありません。
こう見ると、金利引き下げ条件のハッキリしている(後述)「きゃっする」の方が低金利で借りられるチャンスが多く、一般的にはおすすめできると言えるでしょう。

★ただし「東京ベイ信用金庫カードローン」に何らかの金利引き下げプラン・条件が設けられている可能性はあります。
あなたが普段からこの信用金庫を利用されていて、特に住宅ローンを契約中などの「お得意様」であるのなら、個別に取引店へ現在の金利を問い合わせてみることをおすすめします。

②どうしても東京ベイ信用金庫で借りたいのなら「きゃっする」の選択が無難か

東京ベイ信用金庫の2つのカードローンの中なら、「きゃっする」を選択するのが無難なところだと言えるでしょう。

★東京ベイ信用金庫「きゃっする」

金利 4.8%~14.6% 限度額 10万円~500万円
審査スピード 2~3営業日 申込みから借入可能になるまでの日数目安 2週間程度
申し込み条件(公式HPより)
  • 年齢満20歳以上満65歳以下で安定した収入がある方。
  • (パート・アルバイト・専業主婦の方もOK)
    ※専業主婦の場合のお申込金額は、上限50万円、配偶者の年齢が満69歳以下で安定した収入がある方。(配偶者が年金受給のみ、またはパート・アルバイトのみの場合はお申込できません)

  • 信金ギャランティ(株)の保証が受けられる方
  • 当金庫の営業地区内に住所・居所がある方、または営業地区内の事業所に勤務されている方。
  • ★東京ベイ信用金庫「きゃっする」適用金利

    極度額(契約額)※ 適用金利
    100万円以下 14.6%
    110万円~200万円 12.6%
    210万円~300万円 9.8%
    310万円~490万円 7.8%
    500万円 4.8%
    ※審査時に決定。限度額はこの契約極度額の範囲で定められる

    ただこの「きゃっする」、「東京ベイ信用金庫カードローン」に比べると極度額に応じた適用金利が公開されている分、金利引き下げのチャンスが大きいとは言ったものの……。

    あらゆる信用金庫が取り扱う同名カードローンに比べ、東京ベイ信用金庫「きゃっする」の金利引き下げ幅はかなり「渋い」もの。極度額が100万円でも、金利が14.6%から下がらないのは痛いです。

    一般的に、信用金庫のローン商品は取り扱い区域が狭いからか、メガバンク等のカードローンに比べると条件が良いことが多いのですが……。
    (と言うより多くの金庫では「きゃっする」より低金利なカードローン商品の取り扱いがある)
    正直に言って東京ベイ信用金庫「きゃっする」はみずほ銀行カードローンあたりに比べても高金利となってしまいます。

    ★東京ベイ信用金庫「きゃっする」とみずほ銀行カードローンの比較

    きゃっする みずほ銀行
    極度額50万円 14.6% 14.0%
    極度額100万円 14.6% 12.0%
    極度額200万円 12.6% 9.0%
    極度額300万円 9.8% 7.0%
    極度額500万円 4.6% 5.0%

    極度額が500万円に達したときはその限りでないものの、この金額の契約を結ぶためには相当の高収入と信用が必要となり、あまり現実的ではありません。

    そう言うわけで、「どうしても東京ベイ信用金庫で借りたい」という場合には「きゃっする」を選ぶのが無難なものの、そうで無い場合にはのちに紹介する他社ローン、あるいはフリーローンなどを併せて検討されることをおすすめします。

    ★ちなみに「みずほ銀行」における借入限度額(極度額)の目安は年収の3分の1。
    これを「きゃっする」に準用した場合、金利引き下げを受けるためには最低330万円の年収が必要になります。
    が、「きゃっする」で金利引き下げを狙える能力があるのなら「みずほ銀行」をはじめ、より条件の良いローンを選んだ方が良いでしょう。

    ★ただし借入額がごく少ない場合には、金利が高くても支払い額に大きな影響は出ません。
    「生活の範囲内で、数万円~10万円程度を短期間借りる」といった使い方を検討している場合(あるいは後に紹介する低金利ローンの審査に落ちてしまった場合)には、東京ベイ信用金庫のカードローン商品を使っても問題無いでしょう。

    ちなみに「10万円を30日間」借りる場合、

    • 金利14.6%なら利息(手数料)は1,200円
    • 金利12.0%なら利息(手数料)は986円

    となります。差が大きいと見るか、小さいと見るかはあなた次第です。

    ③「きゃっする」以外の申し込み先候補もチェック

    申込地域の限られるローン商品でありながら、メガバンク系に比べても条件の良くない東京ベイ信用金庫のカードローン。
    そこで、ここでは東京ベイ信用金庫の営業エリアにお住いのあなたのために、その他の申し込み先候補をまとめてみました。

    CHECK千葉県から申し込める低金利他社カードローン
    CHECK大口借入目的なら東京ベイ信用金庫のフリーローン商品もチェック

    (1)千葉県から申し込める低金利他社カードローン

    千葉県市川市から申し込めるカードローンのうち、上限金利13%以下(=審査に通れば確実に13%以下の金利で借りられる)もののみを掲載しています。

    ★千葉県市川市から申し込める低金利カードローン

    金利 限度額 その他
    りそな銀行クイックカードローン 9.0%~12.475% 10万円~200万円 在籍確認なし
    三井住友カードゴールドローン 3.5%~9.8% 最大700万円 東京ベイ信用金庫の口座を使った引き落とし可
    審査は厳しめ
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」 4.5%~9.5% 100万円~500万円 東京ベイ信用金庫の口座を使った引き落とし可
    審査は厳しめ
    千葉銀行「プレミアクラス」 4.0%~5.5% 300万円~500万円 年収500万円以上必須、その他条件あり
    小松川信用金庫「こましんカードローン」 12.8% 30万円~100万円 市川市内に一店舗のみ
    千葉銀行「クイックパワー<アドバンス>」、東京東信用金庫などは「東京ベイ信用金庫」の内容と大差ないため除外

    「千葉銀行「プレミアクラス」の利用条件を満たせてはいないものの、ある程度の返済能力がある」という場合なら、東京ベイ信用金庫の口座を使って返済のできる「三井住友カードゴールドローン」「アイフルファーストプレミアムカードローン」(通常のアイフルのカードローンとは別商品)が便利です。
    審査に強い自信が無いのなら「りそな銀行」、お近くに店舗があるのなら「小松川信用金庫」も申し込み先の候補となりそうですね。(ただしいずれも同金融機関の口座から毎月の引き落としを実施)

    継続的にカードローンを使っていきたいと言う場合には、どうしても金利の差は見過ごせません。
    先にも触れた通り「生活の足しにちょっと使う」「まだ借りるかどうか分からない」といった場合には東京ベイ信用金庫を選んで問題ないものの、そうでないのなら各低金利カードローンの選択をお勧めしたいところです。

    

    CHECK千葉県から申し込めるカードローンの金利・審査難易度比較

    ★その他、JA労働金庫も低金利カードローンを取り扱っています。
    口座をお持ちの場合、あるいは少し手間を掛けてでも低金利で借りたい場合には、こちらも併せてチェックをしてみてください。

    (2)大口借入目的なら東京ベイ信用金庫のフリーローン商品もチェック

    もしもあなたが旅行や趣味の物品購入といった、何か一つの決まった目的のためにお金を借りたいと考えているのなら、カードローンではなく「フリーローン」(多目的ローン)商品を選ぶことをおすすめします。
    こちらはカードローンとは異なり、「一度借りたら分割払いで返済のみを続けていく」ローン商品のこと。自動車ローンや住宅ローンの、使い道を問われないバージョンと考えていただければよいでしょう。
    金融機関の立場から見ると何度もお金を貸すリスクが無い分、カードローンに比べると大きなお金を借りやすいのがポイントです。

    ★東京ベイ信用金庫が取り扱うフリーローン・多目的ローン

    金利 融資額
    個人ローン 6.5%~11.5% 1万円~500万円
    シニアライフローン
    【60歳以上】
    要問合せ 1万円~100万円
    フリーローン 7.0%~12.5% 1万円~500万円
    虹空 9.8%、12.8% 30万円~500万円
    ライフプラン「ジャスト1」 要問合せ 30万円~500万円
    ふれあい 要問合せ 10万円~300万円
    ※ローンによっては、借入時に使い道を証明する書類(資金使途証明書類、見積書やパンフレットなど)の提出が求められます。

    金利が判明しているローンは、どれもカードローン商品に比べ低金利ですね。
    「まとまったお金を1度きり借りたい」という場合には、「希望額を確実に借りる」という面でも「低金利で借りる」という面でも、フリーローン(多目的ローン)を選ぶべきだと言えます。

    ★ただし資金使途証明書類を用意できるのなら、各メガバンクで6%未満の金利で借入が可能です。
    こちらも併せてご検討ください。

    CHECK金利・審査難易度別のフリーローン(多目的ローン)一覧

    東京ベイ信用金庫に聞いた!現在のカードローン契約の流れ

    ここからは「それでも東京ベイ信用金庫のカードローンを使いたい!」というあなたのために、その詳細を解説していきます。
    まずは公式HPに記載のない契約の流れや必要日数について、実際に問い合わせを行った結果をご覧ください。

    【管理人】山本
    今申込んだとしたら、使えるようになるまでにはどれくらいの時間が掛かりますか?

    オペレーターの回答
    インターネットかフリーダイヤルといった申し込み方法ですと、直接(情報が)保証会社の方へ行きますので……結果が出るまでで2~3日、そうすると週明け※にお越しいただいて契約することになるかと思います。
    それで利用できるまで、となりますとそこからまたカードの郵送が必要になります。そこから1週間~10日くらいですかね。

    【管理人】山本
    申し込みからのトータル時間だと、2週間くらいでしょうか。

    オペレーターの回答
    そうですね、それくらいです。あくまで目安ですが……。

    【管理人】山本
    それは「きゃっする」についても同様でしょうか?

    オペレーターの回答
    はい、同じくらいです。

    ※問い合わせを行ったのは火曜日午後

    申込みから借り入れが可能になるまでには2週間くらいと、信用金庫の中でも遅めです。
    ここで契約の流れを簡単にまとめると以下の通り。

    東京ベイ信用金庫カードローン
    利用の流れ

    インターネット、店頭などから審査申込み

    審査
    (2~3営業日)
    在籍確認の可能性あり

    電話で審査結果連絡、契約日時の取り付けなど

    お近くの東京ベイ信用金庫窓口で契約手続き

    ローンカード等の郵送
    (ここまで2週間程度)

    契約の手順としては非常に一般的なものですね。
    ちなみに来店契約時には、本人確認書類(身分証明書)などの提示が求められます。(詳細は審査結果連絡時に通達あり)

    ★郵送物の送付は避けられないので、家族に借り入れを隠したい場合には向きません。
    参考誰にもバレずにお金を借りる方法

    契約後の借入は各「ATM」からの出金で

    東京ベイ信用金庫での借入方法は、どちらのカードローンについても「ATMからの出金」となります。
    使えるATMは通常のキャッシュカードと変わりありません。

    ★東京ベイ信用金庫のキャッシュカード・ローンカードを使えるATM

  • 東京ベイ信用金庫ATM
  • 全国の信用金庫ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-netATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • その他全国の銀行ATM、労働金庫ATM、農協ATMなど
  • 信用金庫として考えると、提携ATMの数はトップクラスと言って良いでしょう。街中で借入先に困ることはまず無さそうですね。

    ただし信用金庫(東京ベイ以外のものを含む)以外のATMを利用する場合には手数料が発生しやすいのでお気をつけて。
    また、信用金庫ATMを利用する場合であっても出来る限り日曜日・祝日は避けたいところです。

    ★東京ベイ信用金庫ATMの利用手数料

    平日 8:00~19:00 無料
    19:00~21:00 108円
    土曜日 8:45~17:00 無料
    日曜日、祝日 8:45~17:00 108円

    CHECK東京ベイ信用金庫公式HP「店舗・ATMのご案内」

    東京ベイ信用金庫カードローンの返済方法とその金額

    東京ベイ信用金庫から借りたお金は「毎月10日、東京ベイ信用金庫の普通預金口座からの自動引き落とし」で返済していくことになります。(10日が土日祝日の場合は翌営業日に持ち越し)

    毎月の引き落とし額は、以下のように「引き落とし日前日の借入残高」に応じ決定します。(残高スライドリボルビング方式)

    ★東京ベイ信用金庫カードローンの引き落とし額(約定返済額)

    きゃっする カードローン
    借入残高※10万円以下 5,000円 3,000円
    借入残高30万円以下 5,000円
    借入残高50万円以下 10,000円 10,000円
    借入残高70万円以下 15,000円 20,000円
    借入残高100万円以下 20,000円
    借入残高150万円以下 25,000円 30,000円
    借入残高200万円以下 30,000円
    借入残高250万円以下 35,000円 40,000円
    借入残高300万円以下 40,000円
    借入残高500万円以下 50,000円
    ※引き落とし日(原則10日)の前日を参照

    毎月の自動引き落としに加え、各ATMを使った追加返済(随時返済、繰上返済)にも対応。
    毎月の引き落としだけではなかなか借入は減らないため、余裕があるときには積極的にATMでの返済を行っていきましょう。

    毎月の引き落とし時、自動的に利息(手数料)が徴収されます
    例えば「きゃっする」で50万円を31日間借りたとき、発生する利息は6,200円。(金利14.6%のとき)
    このとき自動引き落とし額は1万円ですが、6,200円は信用金庫に持っていかれてしまうために実際の借入額は3,800円分しか減りません
    効率的に返済を行っていくためには、ATMを使った返済が非常に重要となることがお分かりいただけるかと思います。

    CHECKカードローンの金利・利息と返済の仕組み、追加返済の重要性

    ★利息は「借入残高×金利(%)÷365×借入日数」で計算できます。(うるう年でないとき)
    金利14.6%なら「月あたり約1.22%の利息」と考えていただいても良いでしょう。

    まとめ

    ★東京ベイ信用金庫カードローンのまとめ

    きゃっする カードローン
    金利 4.8%~14.6% ~14.6%
    (要個別相談)
    限度額 10万円~500万円 10万円~300万円
    ローンタイプ 専用ローンカードの発行
    審査スピード 2~3営業日程度
    申込みから借入までの日数目安 2週間程度
    契約の流れ ネット申し込み→審査→連絡→窓口で契約→カード送付
    借入方法 東京ベイ信用金庫ATM・提携ATM
    返済方法 毎月10日、東京ベイ信用金庫口座からの自動引き落とし
    ローン概要 「カードローン」よりは低金利で借りられる可能性が高いものの、他社ローンの存在は気になる 原則非推奨、ただし金庫の「お得意様」であるなら融資業務担当者へ問い合わせ価値あり

    利用エリアの限られるローンとしては、あまり条件が良くない東京ベイ信用金庫のカードローン。
    基本的には金利の影響が出にくい、日常のちょっとした支出程度に利用したい商品となっています。

    CHECK千葉県から申し込めるカードローンの金利・審査難易度比較
    CHECKあなたの街で最も低金利に借りられるカードローンの探し方

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。