東京スター銀行スターカードローンの金利について徹底検証

東京スター銀行の【スターカードローン】と【バンクベスト】の金利は、4.5%~14.6%

消費者金融よりはずっと低金利ですが、銀行ローンにしては平均的、という数字です。

今日は、東京スター銀行の金利、利息を抑えて借りる方法を徹底検証してみました!



東京スター銀行の基本スペック

▼基本情報

実質年利 4.5%
~14.6%
限度額 500万円
保証料 なし 審査時間 最短即日
融資スピード 即日融資可
借入診断 なし
その他
  • パートやアルバイト、学生、
    専業主婦OK
  • ※即日融資は、スターワン口座をお持ちの方のみ
     口座がなければ、融資までに数日以上が必要

    ①他社との金利比較

    ★東京スター銀行と、他銀行・消費者金融カードローンの比較

    区分 金融機関名 金利
    銀行 東京スター銀行 4.5%~14.6%
    オリックス銀行 1.7%~17.8%
    三井住友銀行 4.0%~14.5%
    イオン銀行 3.8%~13.8%
    ソニー銀行 2.5%~13.8%
    消費者金融 アコム 3.0%~18.0%
    プロミス 4.5%~17.8%
    アイフル 3.0%~18.0%
    SMBCモビット 3.0%~18.0%

    見ての通り、東京スター銀行の金利は銀行の中では、平均的なものとなっています。
    また、消費者金融と比べると、上限金利がとても低いことが分かりますね。

    ②借入額ごとの金利はいくら?

    実際に、聞いてみました!
    ……とは言ったものの、東京スター銀行って借入額や限度ごとではなく、審査の結果のみで金利を決定しています。
    限度額が100万円を超えても、上限金利より金利が安くなるとは限りません

    逆に言えば、銀行との信頼が第一ということ。延滞をせず毎月こつこつ返済することで、銀行との信頼関係を作りましょう!
    利用限度額引き上げのチャンスとともに、金利引き下げのチャンスが巡ってくるかもしれません。
    詳しくはこちら

    利息総額、実際にはいくらになるの?利息額シミュレーション!

    実際に、計算してみました!

  • 金利はすべて、上限金利の14.6%で計算しています。
  • 実際の返済額とは誤差があります。参考程度にどうぞ!
  • ★10万円を、6ヶ月で返済した場合のシミュレーション

    返済額 借入額 返済額中の利息 借入残高
    1回目 18,000円 100,000円 1,216円 83,216円
    2回目 18,000円 83,216円 1,012円 66,228円
    6回目 14,183円 14,013円 170円 0円
    合計 104,183円 0円 4,183円 0円

    ★10万円を、12ヶ月で返済した場合のシミュレーション

    返済額 借入額 返済額中の利息 借入残高
    1回目 9,000円 100,000円 1,216円 92,216円
    2回目 9,000円 83,216円 1,121円 84,337円
    12回目 9,108円 8,999円 109円 0円
    合計 108,083円 0円 8,083円 0円
    参考:6回払い 104,183円 0円 4,183円 0円

    6回払いの場合と比べ、同じ額を借りたのに利息が高くなってしまいました

    完済までに時間が掛かる(=月々の負担が軽い)ほど、利息は大きくなります
    利息を抑えたいときには、毎月なるべくたくさん返済して、返済を出来るだけはやく終わらせましょう。

    月々の負担の軽さを取るか、全体で見た利息の軽さを取るかは、好みで決めることが出来ますが……。
    東京スター銀行の場合だと、毎月の返済額によってとんでもない利息の差が生まれてしまうことも。
    もっとわかりやすい例を見てみましょう。

    ★30万円を、月々の最低返済額5000円で返済し続けた場合のシミュレーション

    返済額 借入額 返済額中の利息 借入残高
    1回目 5,000円 300,000円 3,649円 298,649円
    2回目 5,000円 298,649円 3,633円 297,282円
    109回目
    (9年1ヶ月)
    1,238円 1,224円 14円 0円
    合計 541,238円 0円 241,238円 0円

    最低返済額だけで返済していくと、元金の二倍近くのお金を払うことになってしまいました。
    東京スター銀行は返済期限に制限がないので、こんな風に返済が延びやすいんです。
    それでは、月々の負担を上げ、支払い期間を短くしてみると、利息はどうなるのでしょうか?

    ★30万円を、繰り上げ返済を使い月々5万円で返済し続けた場合のシミュレーション

    返済額 借入額 返済額中の利息 借入残高
    1回目 50,000円 300,000円 3,649円 253,649円
    2回目 50,000円 253,649円 3,086円 206,735円
    7回目 13,460円 13,299円 161円 0円
    合計 313,460円 0円 13,460円 0円
    参考:109回払い 541,238円 0円 241,238円 0円

    ★30万円を借りた場合の利息比較

    109回(9年1ヶ月)で返済 241,238円
    7回(7ヶ月)で返済 13,460円
    差額 227,778円

    実に、約18倍の差です。同じ額を借りたのに、こんなに変わってくるんですね……。

    東京スター銀行は、最低返済額だけで返済を続けると、利息がとっても膨らみやすく危険です!
    利用するときは必ず毎月、最低返済額以上のお金を返すようにしましょう。
    月々の負担が軽いからと放置していると、借入額の二倍近いお金を取られてしまう可能性が、十分あります。

    いくら低金利でも、返済期間が延びてしまえば、まったく意味がありません
    低金利とはあくまで、「同じ借入日数・返済回数で比べたとき」に発生する利息が少ない、という意味なんです。
    東京スター銀行を利用するときは、出来る限り早く完済することを目標としてください。

    8ヶ月以上借りるなら、東京スター銀行で

    さて、ローンを借りるからには、出来るだけおトクに借りたいと考えますよね。
    銀行カードローンは一見低金利で、消費者金融を使うよりおトクと思われがちですが……。
    実は、短期間の借入であれば、無利息キャッシングサービスを使った消費者金融の方が、利息は安く済みます
    どのくらいの借入期間なら、東京スター銀行を利用するメリットがあるのでしょうか?
    実際に計算しました!

    10万円をそれぞれの借入期間で返済したときの、利息の比較

    1ヶ月で完済 3ヶ月で完済 6ヶ月で完済 12ヶ月で完済 24ヶ月で完済
    東京スター
    銀行
    1216円 2410円 4183円 8084円 15,912円
    プロミス
    (30日間
    無利息利用)
    0円 1484円 3955円 8166円 17,807円

    このように、6ヶ月以内に完済できるのであれば、消費者金融を使ったほうがおトクです。(正しくは7ヶ月以内。でも7ヶ月となるとほとんど差はありません。)
    8ヶ月目から東京スター銀行が逆転しておトクとなり、以降はどんどん差がついていく形となります。

    完済に8ヶ月以上掛かるローンを組むときは、消費者金融より、東京スター銀行を利用するのがおトクです。

    しかし消費者金融の方が、圧倒的にサービスやサポートが充実していますので、1年未満の利用であれば好みで選んでしまっても、まったく問題はありません。たとえば、プロミスやアコムなら、対象銀行は限られるものの、ほぼ24時間365日、振り込みでお金を借りることができます。便利ですよね!

    東京スター銀行で利息を抑えるには?

    ①増枠チャンスを逃さない

    利用限度額を引き上げる(=増枠する)ことで、金利が下がる可能性があります。
    増枠を狙うためには、東京スター銀行によって良い顧客であることが大事。延滞をせず、毎月きちんと返済することで、増枠のチャンスがやってきます。この機会を逃す手はありませんね!

    ②任意返済もちゃんとする

    さっきも言ったように……。
    東京スター銀行は、最低返済額だけを返済していると、利息が元金と同じくらいにまで膨れ上がる可能性があります。
    この銀行で、銀行が提示する「今月の返済額」だけを支払い続けるのは、とっても危険。上のシミュレーションだと、30万円を借りて約54万円を返すはめになりました。

    東京スター銀行は、基本的には低金利
    ちゃんと任意返済(繰り上げ返済・追加返済)を行い、返済が長引かなければ、利息が膨らみすぎることはありません
    借入額が大きいときほど、出来るだけ毎月多くの任意返済をしましょう。

    まとめ

    東京スター銀行は、銀行の中では平均的な金利。一方消費者金融と比べるとかなり低金利
    最低返済額だけで返済すると、利息が膨らみやすく危険。必ず任意返済を!
    ★無利息期間を使った消費者金融よりおトクになるのは、完済に8ヶ月以上掛かるとき。
     8ヶ月以上の借入を検討している方には、消費者金融よりも東京スター銀行がオススメ。
    増枠のチャンスをものにして、よりおトクにローンを使おう!

    何よりも気をつけてほしいのは、任意返済のこと。返済が長引くと、せっかくの低金利が無駄になってしまいます。
    東京スター銀行は、借入額によっては最低返済額が消費者金融よりも少ないことも多いんです。
    参考:30万円を借りているとき、東京スター銀行の最低返済額5000円に対し、プロミスの最低返済額は11000円

    東京スター銀行を利用するときは必ず毎月、最低返済額以上の返済をしましょう!


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。