【トマト銀行】6つのカードローンの特色・審査難易度と選び方&銀行に聞いた契約の流れ

    銀行カードローンでは即日融資不可となりました。
    もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2019」記事をご確認ください。

    「どこかで必要費用を少し借りたい。
    申込先はうちの近くにある<トマト銀行>に決めてしまって良いかな?」

    個性的な名前で目を引くトマト銀行。さらにこの銀行が取り扱うカードローンの商品名は「Q-Li」(キューリ)はじめ、非常に親しみやすい印象を与えるものが多いです。
    ただしよく見るとトマト銀行の取り扱いカードローンは、積極的にPRしている「キューリ」含めて全6種類とかなり多いもの。
    審査難易度や申込条件、適用金利や契約の流れもローン商品間でバラバラですので、できる限りおトクに・便利に利用するためにはローンの名前だけでなく、性質をよく確認したいところです。

    今回はそんなトマト銀行の6つのカードローンについて、それぞれの特色に基づく申し込み先の選び方や不明点の問い合わせ結果をまとめました。
    読み終えていただければ、あなたに合った方法で必要なお金を調達する方法が分かります。

    トマト銀行、6つのカードローンの違いと選び方

    まずは、トマト銀行が取り扱う6つのカードローンのおおまかな特徴をチェックしていきましょう。

    ①6つのカードローンの基本情報

    トマト銀行が取り扱うカードローンは、以下の6種類。

    ★トマト銀行の取り扱いカードローン

    金利限度額特徴
    Q-Li(キューリ)3.0%
    14.5%
    10万円
    ~1000万円
    郵送契約可能
    (インターネット契約は不可)
    トマトWEB完結ローン「スマト」4.8%
    13.8%
    10万円
    ~300万円
    インターネット契約対応、来店不要
    口座があれば全国から申し込み可
    キャッシュカード一体型
    トマト・カードローンMAX5.5%
    12.5%
    50万円
    ~500万円
    年収200万円以上必須
    パート・アルバイト、派遣社員等は申し込み不可
    勤続・居住年数制限あり
    トマト・カードローン「スピード王」12%
    14.5%
    10万円
    ~300万円
    特に無し
    トマト・はなまるポケットカードローン9%
    14.5%
    10万円
    ~300万円
    特に無し
    トマト・サンクスカードローン6.8%
    (ネット申込)
    7.8%
    (店頭申込)
    30万円~300万円トマト銀行で毎月の給与を受け取られている方、またはトマト銀行住宅ローン契約者専用
    いずれも専業主婦名義での申し込み不可
    ※いずれもトマト銀行の口座開設必須
    ※特に記載のない限り、トマト銀行窓口での契約手続き必須(原則中国地方の支店のみ取り扱い)

    金利も申込条件も、ローン商品ごとにバラバラであることがお分かりいただけるかと思います。
    ここからはそれぞれのカードローンについて、より詳しく見ていきましょう。

    CHECK給与振込または住宅ローン利用中なら「サンクスカードローン」がおトク
    CHECK次いで金利が低い「カードローンMAX」は申込条件と来店必須に気を付けて
    CHECKキャッシュカードをお持ちなら手軽なWEB完結ローン「スマト」も◎
    CHECK「キューリ」「カードローンMAX」「スピード王」の違いは些細なもの

    ②給与振込または住宅ローン利用中なら「サンクスカードローン」がおトク

    あなたがトマト銀行で毎月の給与を受け取っているのなら、あるいはトマト銀行の住宅ローンを利用されているのなら、申込先にはぜひ金利の低い「サンクスカードローン」を選びたいところ。

    ★トマト銀行「サンクスカードローン」

    金利6.8%
    (ネット申込、または住宅ローン契約者+給与受取者)
    7.8%
    (店頭申込)
    限度額30万円~300万円
    ※パート・アルバイトは50万円以下
    審査スピード最短1営業日~3営業日程度申込みから借入可能になるまでの日数目安10日程度~
    ※来店必須
    申し込み条件(公式HPより)
    1. 当社にて給与振込や住宅ローンのお取引がある方または必要な取引基準スコアを満たす方(※該当可能性がある場合は要個別相談)
    2. お住まいまたは勤務先が当社本支店の営業区域内の方
      ※東京支店、大阪支店、ももたろう支店(インターネット上の支店)の営業区域の他、一部地域ではお取扱いできない場合もございます。あらかじめご了承ください。
    3. 申込時年齢が満20歳以上、満64歳以下の方
    4. 更新時年齢が満64歳以下の方
    5. 継続して安定年収が得られる方
      (年金受給者、専業主婦の方を除きます。)
    6. 保証会社(オリックス・クレジット株式会社)の保証が得られる方
    7. 当社所定の融資条件を満たされる方

    適用金利はインターネット申し込み時「6.8%」(店頭申込なら原則7.8%)に固定されます。
    そのため下限金利の低い「キューリ」(3.0%~14.5%)や「スマト」(4.8%~13.8%)の存在が気になるかもしれませんが……。

    原則として、カードローンの金利は上限金利、つまり適用されうる最高の金利を見て比べるもの。理由は簡単で、金利に幅のあるローンの場合、上限金利やそれに近い数字が適用される可能性がかなり高いからです。
    そのためトマト銀行6つのカードローンにおいて、最も低金利なのは「サンクスカードローン」だと言えるわけですね。

    よって、あなたが「サンクスカードローン」の利用条件を満たしているのなら、申込み先はほぼこのローンに決定してしまって良いかと思います。
    銀行カードローンの標準上限金利が14.5%程度であることを考えると、「6.8%」という金利は十分に即決ラインに達しているでしょう。

    それでもあえて欠点を挙げるとすれば、契約の際に来店が必要な点でしょうか。
    どうやっても銀行営業時間に来店するのが難しいのなら、「スマト」あたりも併せて検討することになります。

    ★これから給与振込をトマト銀行口座に変更し「サンクスカードローン」を利用したいという場合には、1度以上の振込実績を作った上で申し込みを行ってください。

    ★給与振込の際の通帳表記が「給与(キュウヨ)」でない場合(会社名など)は、申込前にお取引店へ直接相談されることをおすすめします。

    ③次いで金利が低い「カードローンMAX」は申込条件と来店必須に気を付けて

    「サンクスカードローン」に次いで上限金利が低いのは「カードローンMAX」。ただし申し込み条件はご覧の通り厳しめです。

    ★トマト銀行「カードローンMAX」

    金利5.5%
    ~12.5%
    (審査により決定)
    限度額50万円~500万円
    審査スピード最短1営業日~3営業日程度申込みから借入可能になるまでの日数目安10日程度~
    ※来店必須
    申し込み条件(公式HPより)
    1. お申込み時年齢が満20歳以上満60歳以下の方で、更新時の年齢が満65歳以下の方
    2. 前年度年収が200万円以上で安定収入がある方。
      (ただし、派遣社員、パート、アルバイト、年金受給者、専業主婦の方はお申込みできません)
    3. 勤続(営業)年数が3年以上の方、居住年数が2年以上の方
      (ただし、当社で住宅ローンを利用されている方は、居住年数を問いません。)
    4. 勤務先またはお住まいが当社本支店の営業区域内にある方
      ※東京支店、大阪支店、ももたろう支店の営業区域の他、一部地域ではお取扱いできない場合もございます。あらかじめご了承ください。
    5. 保証会社(中国総合信用株式会社または株式会社オリエントコーポレーション)の保証が受けられる方
    6. 当社所定の融資条件を満たされる方
    7. お申込み時点で、当社のお借入れにおいて、延滞のない方

    トマト銀行のカードローンにおいて、職業や勤続・居住年数について明確な定めが設けられているのはこの商品だけですね。
    とは言えその甲斐あって上限金利は低めですので、「サンクスカードローン」は利用できない(=トマト銀行で給与受取をしていない、住宅ローンを組んでいない)ながらもこちらの申込条件を満たしているのなら、有力な申込み先候補になるかと思います。

    ちなみに公式HPを見る限り、このローンは年収の半分程度までの限度額が適用されうる模様。みずほ銀行が「年収の3分の1を上限とした融資」を明言していることを考えると、大口融資に強いローンと言って良いでしょう。
    トマト銀行公式HPより利用限度額

    ▲トマト銀行公式HPより
    とは言えおまとめ目的含め、本当に大きなお金の借入を希望しているのなら、各種「フリーローン」商品を使った方が無難だとは思います。
    (フリーローン……使い道自由ながら、1度借りたら返済のみを行うローンのこと。銀行の貸付リスクが低い分、カードローンより大きなお金を借りやすい傾向にある)

    CHECKトマト銀行公式HP「フリーローン」

    ★適用金利は限度額ではなく審査結果で決まります。
    (=極論を言えば、限度額500万円でも上限金利が適用される可能性もゼロではない)

    ④キャッシュカードをお持ちなら手軽なWEB完結ローン「スマト」も◎

    金利よりも契約の手軽さやカードの使い勝手を重視するのなら、最もおすすめしたいローン商品となるのが「WEB完結ローン<スマト>」

    ★トマト銀行「WEB完結ローン<スマト>」

    金利4.8%
    ~13.8%
    (審査により決定)
    限度額10万円~300万円
    ※パートは30万円以内
    審査スピード最短1営業日~3営業日程度申込みから借入可能になるまでの日数目安1週間程度~
    申し込み条件(公式HPより)
    1. 満20歳以上、満68歳以下の方
    2. 安定収入のある方
      (パート・アルバイトの方も可。ただし、専業主婦の方は除きます)
    3. 当社の普通預金口座およびキャッシュカード(MOTTOカードを含みます)をお持ちの方
    4. 当社所定の融資条件を満たされる方
    5. 保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の保証が受けられる方
      ※当社で既にATMカードローンをご契約の方はご利用いただけません。

    このローンの特徴は「トマト銀行カードローン中、唯一インターネット契約に対応」していること、そして「キャッシュカードにローン機能を付けられる」ことにあります。
    (その他のローン商品は原則来店必須、かつ新しいローン専用カードが発行される)
    来店不要であることは言うに及ばず、お財布の中にカードを増やさずに済むのは、地味ですが確かなメリットの一つと言えるでしょう。

    ちなみに新しいローンカードこそ送られてこないものの……。
    年4回の「残高のお知らせ」送付は避けられませんので、同居の家族に借入を隠したい場合にはあまり向きません。

    CHECKカードローン契約の過程と必要日数:WEB完結(スマト)
    CHECK誰にも知られずにお金を借りる方法

    ⑤「キューリ」「はなまるポケットカードローン」「スピード王」の違いは些細なもの

    残るカードローンは「Q-Li(キューリ)」「はなまるポケットカードローン」「スピード王」の3種類です。

    ★トマト銀行3つのカードローン

    Q-Li(キューリ)はなまるポケットカードローンスピード王
    金利3%~14.5%
    (審査に応じ決定)
    9%~14.5%
    (審査に応じ決定)
    12%~14.5%
    (審査に応じ決定)
    限度額10万円~1000万円10万円~300万円10万円~300万円
    審査スピード1営業日~3営業日程度1営業日~3営業日程度1営業日~3営業日程度
    申込みから借入可能になるまでの日数目安2営業日程度~
    (来店時)
    1週間程度~
    (郵送時)
    10日程度~
    ※来店必須
    10日程度~
    ※来店必須
    毎月の返済額2,000円~10,000円2,000円~
    申込条件年齢制限20歳~68歳20歳~73歳20歳~68歳
    収入要件安定収入があること(パート・アルバイト可)
    ※年金受給のみは不可
    安定収入があること(パート・アルバイト、年金受給者、派遣社員可)
    保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社新生フィナンシャル株式会社
    その他居住地域制限が掛かる場合ありトマト銀行の営業区域内に在住または在勤
    差別化点など時間は掛かるが郵送契約対応
    (=来店不要)
    融資スピードが速い
    毎月の返済額が大きめなので、追加返済を忘れがちでも利息が比較的かさみにくい特に無し

    いずれのローンもパート・アルバイトOKで申し込みやすいのは確かですが……。

    利用条件を満たしているのなら低金利な「サンクスカードローン」(または「カードローンMAX」)を、
    すでに「トマト銀行」の口座を持っているのなら契約が手軽で使い勝手の良い「スマト」を選ぶべき。
    こうなってくると、上3つのカードローンを選ぶべき状況というのは非常に限られそうです。
    強いて言うとすれば

  • 「スマト」よりスピーディに借りたい(Q-Liのみ/ただしこの場合は消費者金融会社などを選んだ方が確実)
  • 過去に金融事故を起こしたことがあり、「スマト」等へ申し込みができない
  • 毎月の追加返済を行う自信がなく、できるだけ返済を引き落としに任せたいが、「カードローンMAX」は利用条件を満たせず申し込めない(はなまるポケットカードローンに限る)
  • といった場面くらいでしょうか。

    金利・使い勝手ともに優れる「スマト」の存在がある限り、上3つのカードローンは申込先の候補となりづらいと言わざるを得ません。

    トマト銀行に聞いた!カードローン契約の過程と必要日数

    6種類ものカードローンを取り扱うトマト銀行ですから、申込み先に迷う方が多いのは当然でしょう。
    そういうわけでトマト銀行の窓口に、不明点を直接問い合わせてみました。

    ★トマト銀行某支店への問い合わせ結果

    【管理人】山本
    今から申し込んだとしたら、借入まで一番時間の掛からないカードローンはどれでしょうか?
    オペレーターの回答
    うちで取り扱っているの※1 でしたら、大体そんなに変わらないです。
    審査結果までが2~3日くらい、それでご来店いただいて契約、カードをお届けするところまで含めると大体10日くらいですかね。※2
    ※1 「スマト」を除く各種ローン
    ※2 ただし公式HPによると「Q-Li」のみは契約時の融資が可能とのこと

    ★お客さまサポートセンター(キューリ、スマト窓口)への問い合わせ結果

    【管理人】山本
    「キューリ」の郵送契約だと、どれくらいの時間が掛かりますか?
    オペレーターの回答
    早くて1週間くらいを見込んでいただければと思います。

    審査スピードは大体どのカードローンも共通して2~3日(公式HPには「最短翌営業日」と書かれていますが、実際のところ難しいのでしょう)とのこと。
    審査結果が出た後の流れは商品によって異なりますので、ここから詳しく見ていきましょう。

    ①大まかな契約の流れ

    問い合わせ結果や公式HPの内容を元に、各カードローンのおおまかな契約の流れをまとめました。

    CHECK来店契約の流れ
    CHECKWEB完結契約の流れ(「スマト」のみ)
    CHECK郵送契約の流れ(「キューリ」のみ)

    (1)来店契約の場合

    トマト銀行における、基本の契約方法(スマト除く)は以下のようになります。

    トマト銀行
    カードローン契約の流れ
    (来店契約)

    インターネット等から申し込み
    ※「Q-Li」の場合、ここで本人確認書類の提出

    審査
    (1~3営業日程度)
    ※申込確認の電話が入る可能性あり
    在籍確認の可能性あり

    電話で審査結果連絡

    必要書類を持って
    お近くのトマト銀行窓口で契約手続き
    希望があればこの時点で振込融資可(Q-Liのみ)

    ローンカードの送付
    (ここまで1週間程度)
    ※Q-Li以外のローンはカードの到着後に借入可能

    ※契約後には年4回、借入残高の通知が郵送されます。

    流れとしてはごく標準的ですね。いずれのカードローンもWEB申し込みに対応しているので、少なくとも申し込みの段階で躓くことはないでしょう。

    CHECKトマト銀行カードローンの必要書類

    借入をお急ぎであれば、契約時に融資を受けられる「Q-Li」の選択も視野に入りそうです。

    ★一部ローン商品は、インターネット申し込みのできる方が岡山県に在住または在勤の方に限定されていますのでご注意ください。
    この制限に弾かれてしまった場合は、店頭またはFAXで申し込みを行うことになります。

    (2)WEB完結の場合(「スマト」のみ)

    こちらは「スマト」のみ利用できるWEB完結、つまりインターネット契約の流れ。

    トマト銀行
    カードローン契約の流れ
    (スマトWEB完結)

    インターネットから申し込み

    メールの指示に従って
    必要書類の提出

    仮審査
    (1~3営業日程度)
    在籍確認の可能性あり

    メールで仮審査結果連絡

    電話で申込内容確認

    メールの指示に従いインターネット上で契約手続き

    2営業日以降
    お持ちのトマト銀行キャッシュカードに借入機能が付く
    (ここまで1週間前後)

    ※契約後には年4回、借入残高の通知が郵送されます。

    「WEB完結」の名前にふさわしく、必要書類の提出や契約を含めすべての手続きがインターネット上で完結します。最低限パソコンやスマートフォン等を扱えるのなら、最も手軽な方法と言えるでしょう。
    新しくローンカードが発行されず、現在のキャッシュカードを使ってお金を借りられるようになるのも嬉しいところです。

    CHECKトマト銀行カードローンの必要書類

    (3)郵送契約の場合(「キューリ」のみ)

    こちらは「Q-Li(キューリ)」のみ利用できる「郵送契約」の過程。
    あまり申し込み先の候補にならないローンではありますが、念のため紹介させていただきます。

    ★「Q-Li」は来店契約にも対応しています。

    トマト銀行
    カードローン契約の流れ
    (キューリ:郵送契約)

    インターネット等から申し込み
    ※このタイミングで本人確認書類の提出

    審査
    (1~3営業日程度)
    ※申込確認の電話が入る可能性あり
    在籍確認の可能性あり

    電話で審査結果連絡

    トマト銀行があなたの自宅に必要書類を郵送
    到着次第、必要事項を記入して返信

    希望があればこの時点で振込融資可
    (ここまで1週間~)

    ローンカードの送付
    (契約後2週間~)

    ※契約後には年4回、借入残高の通知が郵送されます。

    ローンカードが到着する前に振込融資を受けられるため、一般の郵送契約型・地銀ローンに比べると融資スピードは速いですね。

    とは言えスピードで言えば「来店契約」の方が、手軽さで言えば「WEB完結」の方が優れていることは確かですので、あえて郵送契約を選ぶべき場面はほぼ無さそうです。

    ②各カードローン契約に必要な書類

    トマト銀行カードローンの契約に必要な書類は、共通して以下の通り。

    ★トマト銀行カードローン・基本の必要書類など

    本人確認書類(全利用者必須)運転免許証、パスポート、個人番号カードなど原則顔写真付きのもの※お持ちでない場合は取引店に事前相談推奨
    年収確認書類※銀行から要望のあった場合のみ源泉徴収票、確定申告書、市区町村の発行する所得証明書類
    その他※店頭契約の場合のみトマト銀行の通帳、お届け印

    WEB完結型の「スマト」であれば、本人確認書類のみで契約を結べることも多いでしょう。

    ちなみに各書類は

  • 原本を銀行窓口に持ち込み(店頭契約)
  • 原本をスマートフォン等で撮影し、所定の場所にアップロード(スマト、Q-Li)
  • といった方法で提出することになります。

    ★審査の過程により、その他の書類の提出を求められることがあります。

    ③在籍確認は「必要と判断された場合、個人名で」の実施か

    カードローンへ申し込みを行う際に気になる「在籍確認」について、トマト銀行某支店へ問い合わせてみました。
    (在籍確認……申込者が申し込み内容どおりの勤務先に勤めていることを、金融機関や保証会社が確認する過程のこと。主に勤務先へ直接電話を掛ける形で行われる)

    【管理人】山本
    審査の際、勤務先に電話が掛かってくることはありますか?
    オペレーターの回答
    ローンによってはあるかもしれないですが、こちらではなんとも……。掛けるとしたら個人名だと思います。

    どうやら在籍確認についでは銀行側も把握できていないようですね。この過程は保証会社(審査を代行する会社)に任せているのでしょう。

    保証会社が電話を掛けるのであれば、「トマト銀行」の名前が名乗られることはありません。電話が必要になった場合には、担当者の個人名を使ってあなたの勤務先に確認の電話が入ります。
    が、第三者に用件が伝えられることはありませんので、在籍確認のせいで借入が発覚するという心配はほぼ不要です。

    在籍確認についての詳しい仕様や会話例については、以下のページをご覧ください。

    CHECK在籍確認の概要と会話例、よくある質問

    契約後の借入方法はトマト銀行&提携ATMで

    トマト銀行カードローンはいずれも各ATMを使って借入を行います。
    使えるATMはキャッシュカードと共通なので、現在トマト銀行口座を不便なく使えているのなら、ATMが見つからずに困ることは無いでしょう。

    ★トマト銀行のローンカード・キャッシュカードを使えるATM

  • トマト銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • E-netATM(ファミリーマートなど)
  • イオン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 広島銀行ATM
  • 岡山県内の地銀・信用金庫・信用組合が設置するATM
  • ★トマト銀行ATM、岡山県内金融機関ATMの利用手数料

    平日8:45~18:00無料
    その他の時間帯108円
    ※「トマト・MOTTOカード」に「スマト」機能を付与する場合は終日無料

    ★各コンビニATMの利用手数料
    各コンビニATMの利用手数料
    ※「ももたろう支店」(インターネット支店)利用ならー108円

    コンビニATMは利用手数料がかさむので、基本的にはトマト銀行ATM(または岡山県内の金融機関ATM等)を使って借入ができると良いですね。

    その他の金融機関ATMの利用手数料については、各公式HPなどをご覧ください。

    毎月の返済金額・方法と、返済上の注意点

    トマト銀行で借りたお金は、「毎月10日、トマト銀行口座からの自動引き落とし」により返済していく形となります。(毎月10日が土日祝日の場合は次の平日に持ち越し)

    毎月の引き落とし額は以下のように「前回引き落とし後の借入残高」にて決まりますが……。
    契約先のローンの種類により、この金額が異なる点についてはご承知おきください。

    「サンクスカードローン」「WEB完結ローンスマト」「Q-Li」の引き落とし額

    前回引き落とし後の借入残高当月の引き落とし額
    10万円以下2,000円
    10万円超過~20万円4,000円
    20万円超過~30万円6,000円
    30万円超過~40万円8,000円
    40万円超過~50万円10,000円
    借入残高+10万円ごとに
    引き落とし額+2,000円
    (借入残高90万円まで)
    90万円超過~100万円20,000円
    100万円超過~200万円30,000円
    以後借入残高+100万円ごとに
    引き落とし額+10,000円

    「カードローンMAX」「トマト・はなまるポケットカードローン」の引き落とし額

    前回引き落とし後の借入残高当月の引き落とし額
    50万円以下10,000円
    50万円超過~100万円20,000円
    100万円超過~200万円30,000円
    200万円超過~300万円40,000円
    300万円超過~400万円50,000円
    400万円超過~500万円60,000円

    ご覧の通り、「サンクスカードローン」「スマト」「Q-Li」の引き落とし額は「カードローンMAX」「はなまるポケットカードローン」に比べ軽い傾向にありますね。
    これは一見すると家計への負担が軽く、嬉しいポイントのようにも思えますが……。

    カードローンの利息(手数料)は「借入残高が大きいほど・借入期間が長いほど」増えていきます
    毎月の返済負担が軽いということは、それだけ返済が長引きやすいということ。つまり月当たりの返済額の軽い「サンクスカードローン」「スマト」「Q-Li」において、返済を自動引き落としに任せていると、知らないうちに多額の利息が発生しかねないんですね。

    こんな状況を防ぐために、トマト銀行カードローンはいずれも各ATM(提携ATM含む)または銀行窓口を使い「追加返済」(=繰上返済/随時返済)が可能となっています。
    特に「サンクスカードローン」「スマト」「Q-Li」を選ばれた場合には、毎月できる限り積極的に追加返済を行っていけるよう、気を配りたいところです。

    ★スマト(金利13.8%)で30万円を借りた場合の支払い総額比較

    自動引き落としのみで返済
    (月6千円→4千円→2千円)
    522,307円(151回/12年7ヶ月)
    月2万円を返済321,307円(12回)
    差額201,000円

    ★「スピード王」(申込非推奨)の返済額の決まり方については、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKトマト銀行公式HP「トマト・カードローン<スピード王>」

    まとめ

    トマト銀行カードローンは全部で6種類。それぞれの選び方を簡単にまとめると、
    住宅ローンまたは給与振込利用者なら低金利な「サンクスカードローン」
    ・サンクスカードローンの条件は満たさないが、収入要件などをクリアできるなら「カードローンMAX」
    契約の手軽さやカードの使い勝手を意識したいなら「WEB完結ローン<スマト>」
    ・借入を急ぎたいのなら「Q-Li(キューリ)」
    ・「カードローンMAX」の条件は満たさないが、毎月の引き落とし額を高めに取りたいなら「はなまるポケットカードローン」
    と言ったところか。(ちなみに「スピード王」は特にメリットがなく候補にならない)
    ★契約や借入・返済の過程について特に珍しい点はない。ただし「サンクスカードローン」「スマト」「Q-Li」は毎月の引き落とし額がかなり軽いので、追加返済の重要性が高くなる点に注意

    独自のメリットを持つローンが多いことから、意外と「トマト銀行」の申し込み先選びは難しくありません。
    まずは来店契約が可能か、いつまでにお金を借りたいか、申し込み条件は満たしているかといったポイントから、あなたに合ったカードローンに目星を付けたいところです。

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント