プロミスに聞いた!総量規制は「特別な事情」があれば適用されません

    プロミスに聞いた!総量規制は「特別な事情」があれば適用されません

    「すでに借入額が年収の3分の1に達しているけれど、どうしてもお金が必要。
    何とかして今日中に、プロミスで即日融資を受けられないかな?」

    結論から言うと、あなたが

    • どうしても借入が必要という事情(詳細後述)がある
    • 個人事業主または自営業者である

    という条件のどちらかを満たしているのなら、総量規制の制限を超えてプロミスと契約を結べる…かもしれません。

    今回は主にプロミスで、「年収の3分の1を超えるお金を借りる方法」についてピックアップ。実際の問い合わせ結果をもとにまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたが取るべき行動が分かります。

    事前にチェック!そもそも「総量規制」って?(クリック/タップで開閉)
    総量規制とは、「年収の3分の1を超える貸付」を原則として禁止する、貸金業法上の制限のこと。
    目的は「借りすぎ」から消費者を守ることにあります。

    この制約のポイントは、「貸金業者からの借入の合計額」に掛かるという点ですね。
    例えば年収300万円の方は、すべての貸金業者から合計して100万円超のお金を借りることができません。

    例:年収300万円の場合、アコム・アイフルからそれぞれ50万円を借りている場合、プロミスとの新規契約は原則不可

    が、

    • 借入目的などによっては総量規制の「例外」扱いとなる(詳細後述)
    • 貸金業者ではない「銀行」「信用金庫」などはこのルールと関係ない

    …など、意外と抜け道は多かったりします。

    ★ちなみに申込者の借入状況は「個人信用情報機関」という場所で共有されているため、申込先の金融機関に他社借入を隠すことはできません。

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    プロミスに聞いた!「特別な事情」があれば総量規制超えの借入は可能です

    プロミスに聞いた!「特別な事情」があれば総量規制超えの借入は可能です

    基本的に総量規制、つまり「他の貸金業者と合計して年収の3分の1を貸してはいけない」というルールが課されている「プロミス」ですが…。
    (※貸金業者…主に消費者金融もしくはクレジットカード会社)

    実際の貸金業法の内容を見てみると、この総量規制にはいくつかの例外があります。
    そこでプロミスでも「総量規制の例外」が適用されることはあるのか、実際に問い合わせてみました。

    【管理人】山本
    緊急の医療費は総量規制の例外と伺ったのですが、それはプロミスでも同様でしょうか?
    オペレーターの回答
    はい、緊急の医療費でしたら例外の扱いとなります。
    【管理人】山本
    その場合、入院の証明書などは必要でしょうか?
    オペレーターの回答
    あまり例がないので今の時点ではお答えしかねるのですが…。担当者の判断によるとは思いますが、おそらくは必要ないだろうと思います。
    ということで特別な事情(後述)があれば、プロミスでも「年収の3分の1超を借りる」ことは可能なようですね。

    通常のプロミスのカードローンで適用される、総量規制の「例外」条件って?

    通常のプロミスのカードローンで適用される、総量規制の「例外」条件って?
    それでは気になる、総量規制の「例外」扱いの条件について見ていきましょう。

    ①対象は主に「緊急医療費」または「社会通念上必要な借入」

    貸金業法が定める、総量規制の「例外」は以下の通りです。

     

    総量規制の例外となる要件一覧

    1. 顧客に一方的に有利となる借換え
      ┗この場合は「おまとめローン(別商品)」を使うことになる
    2. 借入残高を段階的に減少させるための借換え
      ┗同上
    3. 顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
    4. 社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
    5. 配偶者と合わせた年収3分の1以下の貸付け
      ただしプロミスは対応していない
    6. 個人事業者に対する貸付け
      ┗この場合は「自営者カードローン(別商品)」を使うことになる
    7. 新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け
      ┗同上
    8. 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
      ┗同上

    自営業者でない一般個人が、通常のプロミスのカードローンを使う上で認められやすい「例外」の用件は、「3」「4」にほぼ限定されることでしょう。

    気になるのは「社会通念上、緊急に必要と認められる費用」の基準ですが…。
    おそらくここで対象となるのは、葬儀や災害への対応等だろうと思います。

    自分の状況がこれに該当するか知りたい場合には、直接プロミスへ問い合わせてみると良いでしょう。

    プロミスコールセンター:0120-24-0365

    ★総量規制の「例外」に該当しない状況で年収の3分の1超を借りたいのなら、総量規制と関係のない銀行カードローン等をお選びください。

    プロミスは「三井住友銀行の子会社」ではありますが、三井住友銀行そのものが提供するサービスではありませんので、総量規制の制限が適用されます。

    CHECK3.プロミスでの契約が難しそうなら、総量規制と関係のない「銀行カードローン」の選択が無難

    ②ただしプロミスの申込み条件(仕事をしている成人)を満たしていることは大前提なので注意

    ということで、

    • 緊急医療費の借入
    • 社会通念上、緊急に必要とされる借入

    であれば総量規制の枠を超えて借りられる可能性のある「プロミス」。

    …ではありますが、だからと言って申込み条件がゆるめられるわけではありません。
    プロミスへ申し込めるのは、借入目的にかかわらず「仕事をしている成人」に限られます。

    この「仕事」については、アルバイトや自営業であっても問題ありませんが…。
    専業主婦や無職の方は、総量規制以前に「プロミスの申込み条件を満たしていない」という理由で審査に通過できません。あらかじめご承知おきください。

    ★専業主婦の方は、原則として専業主婦対応の銀行カードローンをお選びください。

    CHECK全110の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう

    また一部の中小消費者金融会社(フタバなど)は配偶者貸付(配偶者の収入と合計し、総量規制の対象とする貸付)に対応していますが…。
    金利の高さやユーザーサービス面から、特別な事情がない限りおすすめできません。

    ③総量規制の「例外」適用を希望するなら、事前相談は必須

    あなたが、

    • プロミスの申込み条件(仕事をしている成人)を満たしている
    • 緊急医療費またはその他の緊急資金を借りたい
    • ただし普通に申し込んだら、総量規制を理由に審査に落ちてしまう(または必要額を借りられない)

    という条件すべてに該当するのであれば、必ずプロミスへ、事前に電話で相談した上で申込みを行ってください。
    普通にインターネットで申し込んでしまうと、プロミスはあなたが「総量規制の例外」に該当すると確認できないからですね。

    プロミスコールセンター:0120-24-0365

    最初に掲載した問い合わせ結果の通り、あなたの借入目的に妥当性があり、かつ十分な返済能力があると認められたなら、総量規制の制約を超えたキャッシングも可能でしょう。

    ★プロミスで総量規制の例外が適用される条件

    1. 借入目的が「緊急医療費」もしくは「社会通念上必要な出費」のいずれかである
      ┗ただし借入条件のために、申込み条件(仕事をしている成人)が緩和されることはない
    2. 事前にプロミスへ、電話で相談を行う
    ただしプロミスは複数の他社借入に厳しい傾向あり

    プロミスはあくまで民間の金融機関。契約のためには審査が必要であり、どんな事情があってもこれに通過できないと、お金を借りることはできません。
    そしてプロミスは他の大手消費者金融会社に比べると、「2社以上からの既存借入」に厳しい傾向にあります。

    複数の他社借入を抱えた状況で「総量規制の例外」の適用を希望する場合、申込みは半ばダメ元となるかもしれません。あらかじめご承知おきください。

    CHECKプロミスの審査に落ちた理由はほぼ「他社借入」:審査傾向&次の申込み先候補も

    ★ちなみに他社借入に比較的寛容なのは「アイフル」ですが…。
    のっぴきならない事情(失業など)があり、民間の金融機関の審査に通過することが難しい状況なら、行政の福祉窓口などに相談する方が現実的でしょう。
    こちらは貸金業者の取り扱いではありませんので、総量規制は適用されません

    CHECK【体験談から見る】生活福祉資金貸付制度とは:審査で断られた場合の対策もチェック

    プロミスでの契約が難しそうなら、総量規制と関係のない「銀行カードローン」の選択が無難

    プロミスでの契約が難しそうなら、総量規制と関係のない「銀行カードローン」の選択が無難

    プロミスの通常のカードローンで「総量規制の例外」が認められるのは、原則として「緊急医療費」もしくは「それと同等に緊急性が認められる目的」での借入のみ。

    これに該当しないのであれば、貸金業者でなく、総量規制とも関係のない銀行カードローン等を選ぶのが妥当でしょう。

    銀行カードローンで年収の3分の1超の契約を結べた例

    口コミ

    • 年収240万円
    • 派遣社員
    申込先三菱UFJ銀行「バンクイック」
    金利14.6%限度額100万円

    口コミ

    • 年収300万円
    • 会社員
    • 他社借入2社計35万円
    申込先三菱UFJ銀行「バンクイック」
    金利13.6%限度額120万円

    口コミ

    • 年収450万円
    • 会社員
    • 他社借入2社計130万円
    • おまとめ目的
    申込先楽天銀行
    金利14.5%限度額200万円

    口コミ

    • 年収450万円
    • 会社員
    申込先三菱UFJ銀行「バンクイック」
    金利10.6%限度額200万円

    口コミ

    • 年収500万円
    • 会社員
    • 他社借入1社計50万円
    申込先三井住友銀行カードローン
    金利8.?%限度額230万円

    口コミ

    • 年収510万円
    • 会社員
    • 他社借入2社計240万円
    • おまとめ目的
    申込先住信SBIネット銀行
    金利5.99%限度額240万円

    口コミ

    • 年収650万円
    • 会社員
    申込先住信SBIネット銀行
    金利5.99%限度額300万円

    上はこれまで実施したアンケート調査からの抜粋ですが、意外と高限度額を獲得できた例は多いと分かりますね。

    ただし「高限度額を借りやすい」ことは、「借り過ぎ」に直結しやすいという意味でもあります。あらかじめご承知おきください。

     CHECK全110の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう
    CHECK【カードローンの借入限度額とは】22の体験談から割り出す申込み先別・限度額目安も

    ★限度額を決定するのはあくまで金融機関側です。
    高限度額の獲得には、相応の返済能力が必要となります。

    CHECKパート・アルバイトが50万円借りるには?高限度額カードローン情報とFAQ

    プロミスのおまとめローンも総量規制の「例外」扱いとなるが…。

    プロミスのおまとめローンも総量規制の「例外」扱いとなるが…。

    さて、ここまでは通常のカードローンで即日融資の「例外」が認められる条件についてお話しさせて頂きましたが…。

    貸金業法によると、

    • 顧客に一方的に有利となる借換え
    • 借入残高を段階的に減少させるための借換え

    もまた総量規制の例外扱い。
    そしてプロミスはこの借り換えを目的とする方のために、「おまとめローン」を提供しています。

    …が、プロミスの「おまとめローン」は総量規制対象外でありながら、「貸金業者からの借入」にしか対応していません
    つまり、

    • 貸金業者でない銀行からの借入
    • 法律上「借入」扱いとならないショッピングリボの債務

    といったものは「おまとめ」できないわけです。
    元々貸金業者から「合計3分の1超」を借りることはできませんので、これでは「総量規制対象外」の意味がほとんどありませんね。
    (それなら何故こんな制度になっているかと言うと、総量規制の制限が敷かれる2010年より前に「借り過ぎ」に陥ってしまった方への対応の名残でしょう)

    さらにカードローンと別商品扱いとなる「おまとめローン」は、一度借りたら返済のみを行うタイプのローンで追加借入にも対応していません
    加えて契約額が「現在の債務合計額」を上回ることはありませんので、「自由に使えるお金を借りたい」という場合、このローンはほぼ選択肢に入らないと言って良いでしょう。

    ただしあなたの主な債務が「貸金業者からの借入」、かつ「毎月の返済負担を抑えたい」とお考えなら、プロミスのおまとめローンへの申込みを検討してみるのも一考だろうと思います。

    プロミスのおまとめローンについての基本情報を見る(クリック/タップで開きます)
    プロミス「おまとめローン」
    金利(年)6.3%~17.8%
    融資額最高300万円
    融資までの所要時間最短1時間程度
    (来店契約時)
    自宅への郵送物なし(来店契約時)
    在籍確認新規会員は原則あり
    必要書類
    • 写真付きの本人確認書類1点、または保険証+公共料金の領収書など
    • 収入証明書類
    ローンの性質
    おまとめ専用
    追加借入不可、回数分割払い(最長10年)
    申込み条件(公式HPより)
    年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方
    ※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。
    備考
    • 総量規制の例外扱いだが、貸金業者からの借入しかおまとめできない
      ┗主に消費者金融からの借入、もしくはクレジットカードのキャッシング利用分が対象
    • 契約方法は来店または郵送のみ

    CHECK【銀行NG】プロミスに聞く!おまとめローンの詳細&即日契約の流れ【在籍確認他】

    ★銀行カードローンやショッピングリボ債務を含む「おまとめ」については以下のページをご覧ください。

    CHECK48名にアンケート!審査が甘いおまとめローンと属性別・おすすめ申込み先候補

    自営業者や個人事業主は「自営者カードローン」の利用で所得の3分の1超を借りられる

    自営業者や個人事業主は「自営者カードローン」の利用で所得の3分の1超を借りられる

    あなたが自営業者や個人事業主といった事業所得者であるのなら、プロミスの「自営者カードローン」を使うことで、借入目的を問わず「総量規制の例外」が適用されます。
    事業所得者は節税のために所得を抑えて申告することも多いでしょうから、これは嬉しい仕様ですね。

    ただし通常のプロミスのカードローンと異なり、インターネット契約に対応していない点についてはあらかじめご承知おきください。

    ちなみに用途は事業資金に限定されません。プライベート資金にも利用可能です。

    プロミスの自営者カードローンについての基本情報を見る(クリック/タップで開きます)
    プロミス「自営者カードローン」
    金利6.3%~17.8%
    (月あたり~1.483%)
    限度額上限300万円
    担保不要
    連帯保証人不要
    必要日数最短即日
    必要書類
    • 本人確認書類
    • 確定申告書
    • 青色申告決算書または収支内訳書
    • 事業実態を確認できる書類(納品書、請求書など)

    ※詳細:公式HP参照

    借入タイプカードローン
    (限度額の範囲内で何度でも借入可)
    借入方法
    • ほぼ24時間振込
      ┗詳細:公式HP
    • ATM出金
      スマホATM対応(セブンイレブン、ローソン)
    返済方法
    • 自動引き落とし
    • インターネット返済
    • ATM入金
      ┗スマホATM対応
    • 銀行振込

    ※返済額は公式HP参照

    申込み条件(公式HPより)
    年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
    法人の申込み不可
    備考
    • 総量規制の例外扱い
      (=所得の3分の1を超える契約可)
    • 契約には来店が必要(無人店舗可)
    • 土日祝日も審査、契約可能
    • プロミス会員であれば、通常の個人向けカードローンからの切り替え可

    CHECK徹底比較!10のビジネスローン一覧:即日融資、低金利、審査が甘い他

    プロミスで総量規制超えのお金を借りる条件のまとめ

    プロミスで総量規制超えのお金を借りる条件のまとめ

    プロミスで総量規制超えのお金を借りる条件
    (通常のカードローンの場合)
    (1)借入目的が「緊急医療費」もしくは「社会通念上必要な出費」のいずれかである
    ┗ただし借入条件のために、申込み条件(仕事をしている成人)が緩和されることはない
    (2)事前にプロミスへ、電話で相談を行う
    その他の総量規制超えの借入方法
    (1)総量規制・貸金業法と関係のない「銀行」などの借入先を選ぶ
    (2)自営業者向けのカードローンを選ぶ(事業所得者限定)
    (3)おまとめローンを使う
    ┗ただしプロミスの場合、おまとめ対象は貸金業者からの借入のみ

    申込み先を「プロミスの、通常のカードローン」に限定すると、総量規制の制約を超えて契約を結べる方はかなり限られますが…。
    即日融資にこだわらないのであれば「銀行カードローン」などを選択することで、総量規制に縛られない借入にも十分期待できます。

    が、高額契約は「借り過ぎ」のための後悔に繋がりがち。
    「必要最小限を、最短期間だけ借りる」という原則を忘れないように、あなたに合った申込み先を選択できると良いですね。

    CHECK全110の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう
    CHECKパート・アルバイトが50万円借りるには?高限度額カードローン情報とFAQ

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    プロミス
    金利4.5%
    ~17.8%
    (月1.483%程度)
    限度額1万円~500万円
    ※上限は年収の3分の1
    ※初回は50万円までが一般的
    初回特典初回借入日の翌日から30日間無利息(金利0%)
    自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
    (1)来店契約時
    (2)ネット契約+口座登録
    (3)ネット契約+アプリで本人確認
     ┗運転免許証または在留カードが必要
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    原則あり(担当者個人名)
    事前相談で回避可
    申込み~融資の所要時間最短1時間程度
    即日融資リミット目安来店なし:
    19時頃までに申込み
    来店あり:
    20時頃までに申込み
    ┗詳細:当該ページ
    借入方法
    • ほぼ24時間振込
      ┗詳細:公式HP
    • ATM出金
      スマホATM対応(セブンイレブン、ローソン)
    返済方法
    • 自動引き落とし
    • インターネット返済
    • ATM入金
      ┗スマホATM対応
    • 銀行振込
    • 借入額10万円のとき、月の返済額4,000円~
      ┗詳細:公式HP
    申込み条件
    ▶20歳~69歳
    ▶働いて収入を得ている
    (アルバイト、自営業可/専業主婦、無職不可)
    審査傾向
    他社借入さえ無ければ寛容、年収100万円未満でも通過可
    ┗ここで言う他社借入とはカードローン等の用途自由な借入のみを指す
    2社以上の他社借入/他社債務については厳しめ
    その他・備考
    • 三井住友銀行グループ
    • 総量規制の対象だが、特定条件下での例外も認められる(ただしこれは他社も同様ではある)


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。
    • ローン利用時に発生したトラブルや疑問は、各カードローン会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    SNSでもご購読できます。