【都留信用組合】カードローン・当座貸越他、借入方法の選び方&契約過程の問合せ結果

銀行カードローンでは即日融資不可となりました。
もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2018」記事をご確認ください。

【都留信用組合】カードローン・当座貸越他、借入方法の選び方&契約過程の問合せ結果 通帳とカード

「いつも使っている都留信用組合で必要なお金を借りたい。
申込先は<カードローン>でいいのかな?」

銀行と同じく、いくつかの少し似通った貸付方法を用意している「都留信用組合」
これに関して結論から言うと、どの方法を使うべきかは「人による」としか言えません
例えばあなたが定期預金を利用しているなら、それを用いた「当座貸越」が最も低金利ですし、まとまったお金を借りたいのであれば「フリーローン」「多目的ローン」を選んだ方が良い……といった具合ですね。

今回は「都留信用組合」の預金口座をお持ちのあなたのために、用途自由な各借入方法の選び方と、中でも勝手の良い「カードローン」の契約・利用の詳細について、実際の問い合わせ結果を根拠にまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合った方法で必要なお金を融通することができるでしょう。



都留信用組合が取り扱う「使い道自由な借り入れ方法」には何がある?

まずは都留信用組合が取り扱う、「使い道自由な借り入れ方法」の概要について見ていきましょう。

①主な借り入れ方法の簡易比較

都留信用組合が取り扱う個人向け、かつ用途自由の借入方法は全部で8種類。
各商品の具体的な内容を見ていく前に、ここでは前提となる3つの借入方法の違いをチェックしておきましょう。

★都留信用組合で利用できる、3つの用途自由な借入方法

概要 こんなときにおすすめ
当座貸越 現在利用している定期預金を解約せず、預けているお金の90%までをごく低金利で借りられる方法 あなたが定期預金または定期積立を利用中、
かつその預金額または積立額の90%≧借入希望額である
カードローン 限度額の範囲内で好きなときに・何度でも借りられるローン 当座貸越を利用できない状況で、必要なお金を必要に応じてその都度借りたい
フリーローン まとまったお金を1度借り、返済のみを分割で行うローン
カードローンに比べると、幾分か大きなお金を借りやすい傾向あり
当座貸越を利用できない状況で、まとまったお金を1度きり借りたい

現在あなたがどのタイプの借入方法を選ぶべきか、およそ見当が付いたかと思います。
それでは全8商品の、少し詳しい情報を見てみましょう。

★都留信用組合取り扱いのローン商品・その他借入方法

金利
(保証料込)
融資額
(限度額/貸越極度額)
特徴
当座貸越
(普通預金、総合口座)
定期預金の約定利率+0.5%
または定期積立の約定利回り+1.1%
定期預金額の90%まで 定期預金、または定期積立の利用者専用
カードローン ニューぽけっとカードローン 6.5%
~14.0%
30万円
~300万円
ローン専用カードの発行あり
グッドライフカードローン 8.0% 200万円
300万円
審査により与えられる限度額に達するまで何度でも引き出せる
都留信用組合住宅ローン契約者のみ利用可
フリーローン フリーローンプレミアム 5.5%
~14.8%
10万円
~300万円
特になし
セレクトワン 10.5%
~14.8%
10万円
~300万円
特になし
じゃがくんサポートローン(PDF) 6.5%
~14.8%
10万円
~500万円
特になし
即銭力フリーローン 6.0%
~14.8%
10万円
~300万円
来店せず契約できる
最短1時間で審査完了
グッドライフローン 6.5%
7.5%
10万円
~300万円
その他のフリーローンに比べるとやや難易度高めかも
その分低金利

この時点で、申込先を決定する必要はありません。
ここからは各借入方法について、もう少し詳しく解説していきます。

②定期預金を利用されているのなら「当座貸越」が一番手軽&おトク

8種類の借入方法の中で、圧倒的に金利が低いのが「当座貸越」
これを簡単に言うと(積立)定期預金を利用しながら、それを担保にお金を借りる方法ですね。あなたが預けたお金が担保になるため、金利が低い(定期預金の金利0.01%なら、貸付金利0.51%)のも当たり前と言えば当たり前です。

あなたが総合口座をお持ちであるのなら、おそらくその開設時に説明がなされたこととは思いますが……。
総合口座の持ち主は、「定期預金額の90%」を上限として、口座にマイナスの残高を作ることができます。例えば現在の定期預金額が100万円であるなら、預金額が0円を下回ってもマイナス90万円に至るまで、出金や引き落とし、振り込みなどが可能というわけですね。

単に金利が低いだけでなく、預金と同様に扱えることから「当座貸越」は後に紹介する各種ローン商品に比べても使い勝手が良いです。
定期預金(積立定期預金)を利用されており、かつその預金額の90%が希望借入額に達しているのなら「当座貸越」を選んでまず間違いないでしょう。

★あなたがすでに総合口座をお持ちなら、特に手続きなどは必要ありません。現時点で各種ATM、あるいは信用組合の窓口などを使って「定期預金額の90%」に至るまでの出金が可能です。
ただ、お持ちの口座が「普通預金口座」であるのなら、お近くの組合窓口での切り替え手続きが必要と思われます。

★借入が長期にわたりそうであれば、定期預金の解約も視野に入ります。
このあたりはご家族、あるいは組合の職員さんらと相談の上、決定されることをおすすめします。

③当座貸越を利用できず、必要なときに繰り返し借りたいなら「カードローン」が有力

「当座貸越」を利用できない状況、かつ「必要な時に必要な金額を借りたい」のであれば、「カードローン」商品をお選びください。
こちらは所定の「限度額」の範囲内で、専用ローンカードと各ATMを使い何度でも必要なお金を引き出せるタイプのローンを指します。すぐに借りる予定は無いけれど来たるべきピンチに備えておきたい、という場合にも有用ですね。

都留信用組合が取り扱うカードローン商品は、以下の2つです。

★都留信用組合の取り扱いカードローン

ニューぽけっとカードローン グッドライフカードローン
金利 6.5%、10%、14%
(審査結果に応じ決定)
8.0%
限度額 30万円~300万円 200万円、300万円
審査期間 1~2営業日程度
カード到着までの目安 2週間程度
申込条件
  1. 都留信用組合の営業区域内に居住または勤務されている個人の方
  2. 安定・継続した収入がある方
    世帯収入のある専業主(夫)の方(パート、アルバイトの方もご利用いただけます。)
  3. 保証会社の保証が受けられる方
  1. 都留信用組合の住宅ローンを利用されている方(連帯債務者の場合は、どちらか1名とする。)
  2. 申込時満20歳以上、満58歳以下の方
  3. 都留信用組合の営業区域内に居住または勤務されている個人(個人事業主を含む)の方
  4. 安定継続した収入のある方
  5. (株)ティーシー保証の保証が受けられる方

申込先の選び方は「都留信用組合の住宅ローンを利用しているのなら<グッドライフカードローン>」「そうでないなら<ニューぽけっとカードローン>」という、単純なもので良いでしょう。
(「ニューぽけっとカードローン」の下限金利は「グッドライフカードローン」より低いですが、住宅ローンユーザー=お得意様より低い「6.5%」の金利が適用される条件はかなり厳しいと思われます)

また、申込条件における「安定継続した収入」の基準が気になるところではありますが……。
「ニューぽけっとカードローン」の方であればパート・アルバイトOKということで、そこまで高い返済能力は求められないでしょう。
これまで金融事故(クレジットカードの長期延滞、自己破産など)を起こしたことが無く、月々の最低引き落とし額「1万円」を滞りなく・確実に返済していけるだけの能力があるのなら、審査についてはさほど心配要らないかと思います。

CHECK都留信用組合に聞いた!「つるしんニューぽけっとカードローン」契約の流れと必要日数

④まとまったお金を一度借りたいなら「フリーローン」をチェック

まとまったお金を一度きり借りたい、という場合には、カードローンよりも「フリーローン」と呼ばれる商品の方が希望にかないます。
というのも一度借りたら分割で返済のみを行っていくこれらのローンはカードローンに比べ貸し手側のリスクが低いため、幾分か大きなお金を借りやすい傾向にあるんですね。

★都留信用組合のフリーローン・多目的ローン

金利 融資額 特徴
グッドライフローン 6.5%
7.5%
10万円
~300万円
  • 都留信用組合との取引状況に応じ金利引き下げあり(最大0.5%)
  • 即銭力フリーローン 6.0%
    ~14.8%
    10万円
    ~300万円
  • 審査結果が最短1時間で出る
  • Web完結契約(来店なし)なら上限14.3%
  • フリーローンプレミアム 5.5%
    ~14.8%
    10万円
    ~300万円
    普通のフリーローン
    金利は審査結果に応じ決定
    セレクトワン 10.5%
    ~14.8%
    10万円
    ~300万円
    じゃがくんサポートローン 6.5%
    ~14.8%
    10万円
    ~500万円
    ※いずれも資金使途確認書類(使い道を証明する書類)の提出は原則不要

    ご覧の通り、明らかに金利が低いのは「グッドライフローン」。こちらは名前の似た「グッドライフカードローン」とは異なり、住宅ローン契約者でなくとも利用できます

    気になるのは金利が低い理由ですが……。
    こちらは申込条件を見る限り、他のフリーローンに見られる「パート・アルバイトの方もお申込みいただけます」といった案内が存在しません。よって、他のローンに比べ少し審査難易度が高いのでしょう。
    とは言え明確な年収制限などは設けられていないことから、定職に就いており、借りたお金を返せる程度の経済力があるのなら、さほど心配は要らないかと思います。
    というわけで、審査と返済能力に最低限の自信があり、来店契約に支障が無いのであれば申し込み先は「グッドライフローン」に決めて構いません

    一方、「借入を急ぎたい」「信用組合の営業時間(平日9時~15時)内の来店は難しい」「グッドライフローンの審査に通る自信が無い」といった場合には、「即銭力フリーローン」も申し込み先の候補となり得ます。
    この商品では保証会社、つまり審査の一部(と言いつつおそらく大部分)の請け負いをクレジットカード会社「クレディセゾン」が務めているためか、信用組合のローンとしては非常に珍しい「最短1時間審査」を受けられるのが特徴ですね。
    (希望融資額100万円以下の場合のみ/現在銀行カードローンは警察庁との提携により即日審査が不可能となっていますが、信用組合であれば問題ナシ)

    多くの審査を短期間で捌くノウハウを持つクレジットカード会社の中でも、特にクレディセゾンは短時間(最短30分)でのカード発行で有名です。おそらくそのノウハウやシステムを、カードローンの審査にも生かしているのでしょう。
    加えてこの「即銭力フリーローン」インターネット契約対応(=契約の際、組合に出向く必要が無い)ということもあって、最も手軽に契約できるフリーローン商品と言えます。

    さて、その他3つのフリーローン(フリーローンプレミアム、セレクトワン、じゃがくんサポートローン)はどれも似たり寄ったりで明確なメリットが無いため、候補から除外して構いません。
    主な違いは保証会社(あなたの保証人の代わりとなってくれる会社、審査の一部~大部分を代行する存在でもある)ですが、いわゆる「ブラック」入りしたことのないほとんどの利用者にとって、保証会社なんて正直どこでもいいんですね。
    おトクさなら「グッドライフローン」、利便性なら「即銭力フリーローン」という強敵がいる以上、あえてこれら3つのローンを選ぶ意味は見出せません。

    というわけで、フリーローンの申込先は

  • 審査と返済能力に最低限の自信があり、来店契約が可能なら「グッドライフローン」
  • 審査に自信が無い、あるいは借入を急ぎたい・来店を避けたいなら「即銭力フリーローン」
  • と、簡単に選ぶことができます。

    「即銭力フリーローン」のインターネット契約には運転免許証またはパスポートが必要となります
    (これをお持ちでない場合には店頭契約が必須)

    \ 【パート・アルバイトOK】スピード融資&返済月々1000円〜/

    都留信用組合に聞いた!「ニューぽけっとカードローン」契約の流れと必要日数

    ここからは、新規契約が必要なローン商品のうちとくに需要があると思われる、「つるしんニューぽけっとカードローン」についての詳細を紹介していきます。

    ★おそらく店頭契約型のフリーローン商品についても、契約の流れに大きな差異は無いと思われます。(ローンカードの発行の代わりに振り込みが実施されるくらい)
    その他のローンへの申し込みを検討されている場合にも、参考程度にご覧ください。

    まずは公式HPに期待の無かった「借入までの必要日数」について、実際に某支店へ問い合わせてみた結果が以下の通り。

    【管理人】山本
    「つるしんニューぽけっとカードローン」は申し込みから使えるようになるまで、どれくらいの時間が掛かりますか?
    オペレーターの回答
    審査結果は1営業日か遅くとも2営業日以内には出ると思うんですけれども、カードを発行するのに10日から2週間くらい掛かってしまうので、これはご了承いただくことになります。

    「つるしんニューぽけっとカードローン」では、ローン専用カードを受け取ってはじめて自由な借り入れが可能となります。
    その都合上、フリーローン商品などと比べてやや時間が掛かりやすい点についてはご承知おきください。

    ①おおまかな契約の流れ

    問合せの結果や公式HPの情報をもとに、「つるしんニューぽけっとカードローン」の契約の流れをまとめました。

    「つるしんニューぽけっとカードローン」
    契約の流れ

    インターネット等から申し込み

    審査
    (1~2営業日)
    ※申込確認の電話が入る可能性あり

    電話で審査結果連絡

    必要書類を持って
    お近くの都留信用組合窓口へ
    その場で契約手続き

    ローンカードの郵送
    (ここまで2週間程度)

    カードローン契約の流れとしてはごく一般的で、特に言うべきこともありません。
    ただ、多くの中規模以下の金融機関と同じく営業時間(平日9時~15時)中の来店が必須となる点についてはご承知おきください。これが難しいのなら、来店不要の他社ローンを選ぶ他ないでしょう。

    CHECK来店せずに契約できるインターネット・ローンについて

    ②必要書類は原則「本人確認書類」のみ

    「つるしんニューぽけっとカードローン」の契約に必要な書類は、原則以下の「本人確認書類」(本人確認資料)いずれか一点のみとなります。

    ★公式HP記載の必要書類(いずれか一点)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 印鑑証明書
  • ……と公式HPには書いてあるものの、実際のところは「お届け印」「健康保険証を本人確認書類として用いる場合の追加書類」あたりが必要になってきそうなところ。また、借入額が大きい場合には収入証明書類を要求されるかもしれませんね。

    詳しい必要書類は審査通過連絡時に伝えるとのことでしたので、その指示に従う形となるでしょう。

    金融庁の公式HPより「犯罪収益移転防止法改正」

    ▲金融庁の公式HPより。「犯罪収益移転防止法」の改正により、現在は健康保険証を本人確認書類として用いる場合、住所を確認できる別の書類の提出を求められることが多いです。

    ③在籍確認は一切行われない模様

    カードローンへ申し込みを行うにあたって、気になりやすいのが「在籍確認」。これを簡単に言うと金融機関や保証会社が申込者の勤務先に電話を掛け、虚偽申告が無いことを確認する過程のことですが……。
    実際に某支店に問い合わせを行ったところ、以下の回答を頂くことができました。

    【管理人】山本
    審査の際、勤務先に電話が掛かってくることはありますか?
    オペレーターの回答
    それは大丈夫です。やっていないです。

    というわけで、カードローンへ申し込みを行うにあたり職場に電話が掛かってくる心配は不要なようですね。
    これは大手金融機関ではなく「都留信用組合」のローンを選ぶ上での、確かなメリットと言って良いでしょう。

    カード受け取り後の借入は各「ATM」で

    カードローンはフリーローンと異なり、必要な時に必要な金額だけを引き出す形で借入を行います。このとき用いるのは、契約の際に発行された「ローン専用カード」、そして各ATMですね。

    借入に使えるATMはキャッシュカードのそれと一切変わりないとのことでした(都留信用組合への問合せによる)。

    ★都留信用組合のキャッシュカード・ローンカードを使えるATM

  • 都留信用組合ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM(返済不可)
  • E-netATM(返済不可)
  • イオン銀行ATM
  • その他全国の銀行・信用組合・信用金庫などのATM
  • 利用可能ATMはかなり多いですね。山梨県を離れても、借入場所に困ることは無いでしょう。
    主なATMの利用手数料は以下の通りです。

    ★都留信用組合ATM利用手数料(引き出し)

    平日 8:30~18:00 無料
    18:00~20:00 108円
    土曜日 8:30~14:00 無料
    14:00~19:00 108円
    日曜日、祝日 9:00~19:00 108円
    ※返済含む預け入れは常時無料

    ★ローソン銀行、E-netATMの利用手数料(引き出しのみ対応)
    ローソン銀行、E-netATMの利用手数料

    ★セブン銀行ATMの利用手数料は常時108円(預入含む)です。

    ★その他のATMの利用手数料については、都留信用組合公式HPまたはATM設置金融機関の公式HP等をご覧ください。

    CHECK都留信用組合公式HP「ATMご利用手数料」(PDF)

    \ 【パート・アルバイトOK】スピード融資&返済月々1000円〜/

    「つるしんニューぽけっとカードローン」の返済方法とその金額

    ローン専用カードと各ATMを使って借りたお金は、「毎月10日、都留信用組合口座からの自動引き落とし」で返済していくことになります(10日が土日祝日の場合は翌平日に持ち越し)。
    気になる引き落とし額は以下の通り。

    ★「つるしんニューぽけっとカードローン」約定返済額

    前月10日の借入残高 引き落とし額
    50万円以下 10,000円
    50万円超過~100万円 20,000円
    100万円超過~150万円 30,000円
    150万円超過~200万円 40,000円
    200万円超過~250万円 50,000円
    250万円超過~300万円 60,000円

    引き落とし額の設定はかなりザックリしたものですね。

    ここで注意が必要なのは、「つるしんニューぽけっとカードローン」含む多くのカードローンに採用されている「元利」方式。
    簡単に言うと「毎月の返済額の中から、勝手に利息を徴収する」この方式では、「思ったよりも借入がなかなか減らない」といった悩みが生まれがちです。

    例えば適用金利が14%の場合、月当たりの利息(手数料)は借入残高の約1.67%となるのですが……。
    このとき50万円を1ヶ月借りたとすれば、発生利息は約5,833円引き落とし額の半分以上を利息として徴収されるわけですから、1万円を支払ったのに借入は四千円強しか減らない計算となってしまいます。
    この傾向は「引き落とし額が上がる寸前」であればあるほど、つまり借入額が「50万」の倍数に届く寸前であるほど強くなりますね。

    そんな場面のために、各カードローンユーザーは各ATMを使った「追加返済」(繰上返済、臨時返済等とも)が可能。
    早く借入を片付けたい、という場合には、こちらも併せてご活用ください。借入を早く片づけられれば、それだけ支払い総額も節約できます。

    CHECKカードローンの金利・利息と返済の仕組みから分かる、追加返済の重要性

    ★借入に使える一部ATM(ローソン銀行ATMなど)は、返済・預入に対応していませんのでお気を付けください。

    まとめ

    都留信用組合が取り扱う、「用途自由」な借入方法は全8種。とは言えそれぞれの方法に特色や利用条件があるので、申込先の決定自体は難しくない。

  • 定期預金額の90%≧借入希望額なら「当座貸越」
  • 当座貸越を利用できず、必要に応じてその都度お金を借りたいなら「カードローン」
  • 当座貸越を利用できず、まとまったお金を1度借りたいなら「フリーローン」(「グッドライフローン」または「即銭力フリーローン」)
  • を選べばOK
    ★住宅ローンの契約が無くとも利用できる「ニューぽけっとカードローン」はごく標準的なカードローン商品。
    注意点と言えばカードが届くまで借り入れができないこと、契約に来店が必要なこと、ほとんどのカードローンに共通する「元利方式」くらい

    どの借入方法も特徴がはっきりしていることから、都留信用組合において申し込み先に迷う心配はほぼ無いでしょう。
    貸付条件や使い勝手、申し込み条件を確認の上、あなたに合った借入方法を選んでみてくださいね。

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。