宇和島信用金庫に聞く!カードローン契約の流れ:使い勝手◎ながら気になる金利の高さ

宇和島信用金庫に聞く!カードローン契約の流れ:使い勝手◎ながら気になる金利の高さ
「いつも使っている宇和島信用金庫で、今後の出費に備えたい。
パンフレットで見かけた<カードローン>が気になるけれど、これに申し込んでしまっていいのかな?」

限度額の範囲内で何度でも借りられるカードローンは、「必要になるか分からない、今後の備え」を作るためにピッタリ。
……とは言え宇和島信用金庫の場合はその金利の高さが気になるところ。
特に「うわしんカードローン」は返済の自由こそ利きやすいものの、正直に言うと信用金庫では滅多に見かけないくらいの高金利です。

今回はそんな宇和島信用金庫のカードローンについて、そのメリット・デメリットや2つのカードローンの選び方、そして実際の問い合わせに基づく利用の流れをまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合ったローン商品で今後の生活に安心をプラスする方法が分かります。

<そもそもカードローンって?>

カードローンとは、「審査の結果、与えられた<限度額>の範囲内で何度でも借り入れのできるローン」を言います。
(限度額は借入限度額、厳密にはちょっと意味が違いますが極度額、契約額と呼ばれることも)
そのため、このローンは「一度にまとまったお金を借りる」ためではなく、「臨時出費のせいで必要になったお金をちょっとだけ借りる」といった使い方がおすすめ。基本的には「生活の足しに」使うための、ちょっとしたサポートサービスだと考えていただけると良いでしょう。
また、最も小型のローン商品とだけあって、担保や保証人、年会費や入会金は必要ありません

宇和島信用金庫が取り扱う2つのカードローンの基本情報

宇和島信用金庫が取り扱う2つのカードローンの基本情報
まずは、宇和島信用金庫がどういったカードローンを取り扱っているのか簡単に見ていきましょう。

①「うわしんカードローン」は返済の自由が利く一方、金利の高さが気になる

宇和島信用金庫が取り扱うカードローンは、「うわしんカードローン」「しんきんきゃっするカードローン」(以後「きゃっする」)の2種類です。

★宇和島信用金庫カードローンの簡易比較

金利 限度額 概要など
うわしんカードローン 14.5%
16.5%
50万円
100万円
随時返済型
(好きな時に返済)
しんきんきゃっするカードローン 9.8%
~14.6%
10万円~300万円 定額返済型
(月1度の引き落とし)

随時返済型(好きな時に返済ができるローン)には珍しく、「うわしんカードローン」はキャッシュカードとは別にローンカードが発行されるとのこと。(問い合わせによる)
ローン専用カードが発行される、つまりお金が必要になったら各ATMに出向かなければならないのは「きゃっする」も同じですので、月に1度、定額の返済が必要か否かという点を除いては使い勝手に違いはありません。
つまり月に1度の返済にとらわれず、自分のペースで支払っていきたい場合には「うわしんカードローン」を選ぶべきというわけですね。

CHECK宇和島信用金庫カードローンの返済方法とその金額

ただし気になるのはその高金利。
「うわしんカードローン」では「限度額が50万円なら金利16.5%」「限度額100万円なら金利14.5%」と定められているのですが……。
正直に言うと、16.5%という金利は信用金庫で滅多に見かけないほどの高金利です。

一般的に、信用金庫は銀行よりもやや低金利で融資を行っていることが多いのですが……。
「うわしんカードローン」は一般的な銀行カードローン(上限金利14.5%前後)より、2%程高金利。
消費者金融並み……とまでは言えませんが、銀行より低いどころか「銀行と消費者金融の間」という立ち位置となってしまっていることは否めません。
消費者金融系カードローンの上限金利は18%くらい)

金利が高いと、同じ金額を同じ期間借りた際に発生する利息が高額となります。
(金利16.5%の場合、1ヶ月あたり借入残高の1.375%前後の利息が発生、このとき借入額が30万円なら月当たりの利息は4,200円程度。
ちなみに借入先が金利14%のみずほ銀行なら、月あたりの利息は3,500円程度となる)

そのため「どうしても宇和島信用金庫で借りたい」という場合を除き、積極的にはおすすめしづらいと言わざるを得ません。

★宇和島信用金庫「うわしんカードローン」

金利 16.5%
(限度額50万円)
14.5%
(限度額100万円)
限度額
(ご融資極度額)
50万円
100万円
審査スピード 最短即日 申込みから借入可能になるまでの日数目安 2週間程度
申し込み条件(公式HPより) 次の条件をすべて満たされる方

  • 満20歳以上65歳未満の方
  • 安定継続した収入のある方(限度額100万円の場合のみ
  • 当金庫の営業地区内に居住あるいは勤務されている方
       ※当金庫の営業地域:愛媛県全域
  • (一社)しんきん保証基金の保証が得られる方
  • 当金庫が貸付を実行して差し支えないと認めた方
  • 日本国籍を有する方、または永住者および特別永住者の方
  • 次のいずれにも該当しない方
    • 仮差押・差押もしくは競売の申請または破産・民事再生手続開始等の申立があった方
    • 租税を滞納して督促を受けた方、または保全差押を受けた方
    • 延滞債務のある方
    • 手形交換所の取引停止処分があった方
    • 信用を失墜した方
    • 制限行為能力者である方
    • 反社会的勢力
  • ※当金庫の本支店いずれか1店舗で、お一人1口座のお取扱いとします。


    CHECK「うわしんカードローン」の借入方法
    CHECK「うわしんカードローン」の返済方法

    ②ある程度返済能力があるのなら「きゃっする」の選択が無難か

    あなたにある程度の返済能力があるのなら、「きゃっする」を選択することで幾分か低い金利での借入を見込めます。

    ★宇和島信用金庫「しんきんきゃっするカードローン」

    金利 9.8%
    ~14.6%
    限度額
    (ご融資極度額)
    10万円~300万円
    審査スピード 最短即日 申込みから借入可能になるまでの日数目安 2週間程度
    申し込み条件(公式HPより)
  • 契約時年齢20歳以上65歳以下
  • 安定した収入のある方
    (専業主婦、パート・アルバイトの方も契約可)
    ※年金受給のみの方はお受けできません
    ※専業主婦の場合は配偶者が満69歳以下で安定した収入のある方
    (配偶者が年金受給のみ、またはパート・アルバイトの場合は不可)
  • 当金庫の営業地区内に居住あるいは勤務されている方
    ※当金庫の営業地域:愛媛県全域
  • 信金ギャランティ(株)の保証が得られる方
  • 当金庫が貸付を実行して差し支えないと認めた方
  • ★「しんきんきゃっするカードローン」適用金利

    契約極度額※ 適用金利
    100万円以下 14.6%
    110万円~200万円 12.0%
    210万円~300万円 9.85%
    ※ローン契約額のこと。この数字の範囲内で実際の借入限度額が決まる。

    全国の他信用金庫カードローンでは、「100万円の極度額を得るためには300万円の年収が必須」といった規約が散見されます。
    「きゃっする」についても似た基準が設けられているとするのなら、300万円を超える年収(できれば400万円以上)があれば110万円以上の極度額を得て、金利優遇を受けられると予測できますね。
    とは言えこれだけの収入があれば、三井住友カードゴールドローンなどで確実に10%を切る金利で借りられることを考えると、やはり「きゃっする」についても積極的におすすめしづらいと言わざるを得ません。

    CHECK金利の低い他の金融機関のカードローンもチェック

    ちなみに単純な「審査通過難易度」(審査に落ちない条件)については、「パート・アルバイトOKの<きゃっする>」「利用限度額50万円なら安定収入不要の<うわしんカードローン>」の間で大きな違いは無いと考えられます。

    どうしても借入先を宇和島信用金庫に決めたい、という場合、

  • 月に1度の返済日に縛られたくないのなら「うわしんカードローン」
  • 少しでも低金利で借りたいのなら「きゃっする」を選ぶのが基本となります。
  • 「うわしんカードローン」はお金を借りっぱなしだとその分大きな利息が発生しやすいので、金利の面から見ても「きゃっする」を選ぶのが無難となるでしょう。
    (ただし共に限度額100万円のときは「うわしんカードローン」の方が0.1%だけ低金利)

    明確な審査基準は非公開です。十分な年収があっても、「きゃっする」で110万円以上の極度額を得られるとは限りません。(とくに他社借入がある、収入が不安定などのマイナス条件がある場合)
    あらかじめご了承ください。

    ★とりあえず審査を受けてみて、極度額に納得がいかなければ契約をキャンセルすることも可能です。

    <カードローンとフリーローンの違いは何?>

    宇和島信用金庫の「きゃっする」にはカードローンタイプとフリーローンタイプが存在します。
    宇和島信用金庫「きゃっする」ローン広告▲宇和島信用金庫公式HPより

    限度額の範囲で何度でも使えるカードローンに対し……。
    フリーローンとは、カードローンと同じく使い道自由ながら、「一回借りたら返済だけを分割で行っていくローン」のこと。自動車ローンや住宅ローンの用途自由バージョンと思っていただけると分かりやすいでしょう。

    フリーローンはカードローンに比べ、大きなお金を借りやすい傾向にあります。
    そのため、何か決まった目的のためにお金を借りたいのなら「フリーローンタイプの<きゃっする>」がおすすめ、と言いたいところではありますが……。

    フリーローン版「きゃっする」の上限金利は13%。特に高いわけでは無いですが、もしもあなたが資金使途証明書類(借りたお金の使い道を証明する書類)を用意できるのなら、大手都市銀行などの低金利(6%未満)多目的ローンが気になるところではあります。
    申し込み先を決めるのは、他の金融機関のフリーローン・多目的ローンを見比べてからでも遅くは無いでしょう。

    CHECK審査難易度・金利別のフリーローン・多目的ローン一覧

    ③金利の低い他の金融機関のカードローンもチェック

    どうしても金利の高さが引っかかる、宇和島信用金庫のカードローン。
    そこで出来る限りおトクに借りたい、というあなたのため、愛媛県から申し込める各種カードローンをまとめてみました。

    ★愛媛県から申し込める主なカードローン

      金利 その他
    愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」 4.4%~14.6% 30日間無利息
    愛媛銀行「円姫」 7.5%~13.5% 借入先金融機関の口座開設&毎月の引き落とし必須
    伊予銀行「いよぎんクイックカードローン」 2.0%~14.5%
    四国労働金庫「マイプラン」 7.525%~9.525%
    JAえひめ南 6.175%+保証料
    (要問い合わせ)
    楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 宇和島信用金庫口座を使った毎月の引き落とし可
    三井住友カードゴールドローン 3.0%~9.8% 宇和島信用金庫口座を使った毎月の引き落とし可
    ただし審査厳しめ
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」 4.5%~9.5%
    全国から利用できるカードローン
    申し込み地域の限られるカードローン

    愛媛県内の銀行・信用金庫のカードローンについて、特別に低金利なものは見受けられません。
    おトクさを重視する場合には農協や労働金庫、もしくは審査難易度のやや高いカードローンを選択することになるでしょう。

    カードローン選びについて、以下のページも併せて参考にしてみてください。

    CHECK新しく口座を作らずに利用できるカードローン
    CHECK年収400万円以上の方向け!低金利&高難易度なハイクラス・カードローンのまとめ
    CHECK愛媛県から申し込めるカードローンの金利・審査難易度比較

    宇和島信用金庫に聞いた!カードローン契約の流れ

    宇和島信用金庫に聞いた!カードローン契約の流れ
    それでもどうしても宇和島信用金庫で借りたい!というあなたのために、実際に宇和島信用金庫へ契約の流れを問い合わせてみました。

    【管理人】山本
    「うわしんカードローン」は申し込みから借入ができるようになるまで、どれくらいの時間が掛かりますか?

    宇和島信用金庫の回答
    審査結果は1日あれば出ます。
    それで可決となりましたら都合の付くときに実行(契約)させていただきますが、その後お手元にカードが届くまで2週間くらい掛かります。

    【管理人】山本
    「うわしんカードローン」でも新しくカードが発行されるのですか?

    宇和島信用金庫の回答
    はい、そうです。

    【管理人】山本
    2週間程度掛かる、というのは「きゃっする」でも同じでしょうか?

    宇和島信用金庫の回答
    そうですね、同じくらいです。

    預金一体型のカードローンの場合、専用カードが送られてくるのは珍しいです。(多くはキャッシュカード一体型)
    もしかすると係員さんのミスかも……と思って別支店にも問い合わせてみましたが、回答は全く同じものでした。

    宇和島信用金庫
    カードローン契約の流れ

    インターネット等から申し込み

    審査
    (最短即日)
    在籍確認の可能性あり

    電話で審査結果連絡、契約日時の取り付け

    お近くの宇和島信用金庫で契約手続き

    ローンカードの郵送
    (ここまで2週間程度)

    契約の流れ自体は一般的なものですね。
    審査・契約自体はかなりスピーディに進められますが、お手元にカードが届くまで借り入れを利用できない点にはお気をつけ下さい。

    ★契約の際には印紙代と本人確認書類などの提出が必要となります。(詳しくは審査結果時に連絡あり)

    ★ローンカードはじめ、郵送物の送付は避けられません。
    家族に借り入れを隠したい場合には、大手他社をご利用下さい。

    CHECK誰にもバレずにお金を借りる方法

    宇和島信用金庫カードローン、契約後の借入方法

    宇和島信用金庫カードローン、契約後の借入方法
    ここからは、宇和島信用金庫と契約を結んだ後の借入方法について紹介していきます。

    宇和島信用金庫のカードローンは「うわしんカードローン」「きゃっする」ともに、ローン専用カードを使ってATMで出金を行うことになります。
    利用できるATMについて宇和島信用金庫に確認を取ったところ、「ローンカードで使えるATMと、通常のキャッシュカードを使えるATMは共通」とのことでした。つまり預金を引き出せるATMなら、「うわしんカードローン」「きゃっする」の借入にも対応していると言うことですね。

    ★宇和島信用金庫のキャッシュカード・ローンカードを使えるATM

  • 宇和島信用金庫ATM
  • 全国の信用金庫ATM
  • セブン銀行ATM
  • 公式HPには提携ATMについての明記が無いため確認できる範囲内のみで掲載しましたが、上に挙げた以外のATMを使える可能性もありそうです。(地銀など)

    ちなみに宇和島信用金庫、そしてその他の四国地方に店舗を構える信用金庫のATMは、いつでも出金手数料無料
    (JR宇和島駅キャッシュコーナーを除く。詳しくは公式HP:PDFにて)

    セブン銀行ATMを利用する場合には、時間や曜日にかかわらず一律108円の手数料が発生します。

    宇和島信用金庫カードローンの返済方法とその金額

    宇和島信用金庫カードローンの返済方法とその金額
    最後に、宇和島信用金庫で借りたお金を返済していく方法について簡単に解説していきます。

    CHECK「うわしんカードローン」の返済方法
    CHECK「きゃっする」の返済方法

    ①「うわしんカードローン」の随時返済方式について

    「うわしんカードローン」の特徴である「随時返済方式」
    これは名前の通り「いつでも返済できる」返済方式を指すのですが、そうは言っても金融機関からお金を借りる以上は「利息」(=手数料)が発生します。

    そして「うわしんカードローン」の場合、発生した利息は「毎年2月・8月の第3土曜日」に一気に引き落とされるとのことでした。

    利息は「借入残高」に対し、毎日約0.0452%ずつ発生します。(金利16.5%のとき)
    特にこの数字を覚える必要はありません。「マイナスの値が大きいほど」「マイナスの期間が長いほど」利息が増えてしまうことだけを、何となく実感していただければOKです。
    ここで、1つの例を挙げてみましょう。

    ★「うわしんカードローン」(金利16.5%)の利息引き落とし例(うるう年でないとき)

      借入例 発生した利息
    3月 10万円を10日間借入
    (=10万円のマイナス残高が10万円続いた)
    452円
    4月 20万円を5日間借入 452円
    5月 5万円を10日間借入 226円
    6月 30万円を15日間借入 2,034円
    7月 10万円を20日間借入 904円
    8月の総引き落とし額 4,068円

    給与振り込みなどで預金残高を定期的に0円以上に引き戻すことができるのなら、多額の利息が発生することは少ないです。

    随時返済型の「うわしんカードローン」は、借入残高が大きいほど・借入期間が長いほどに利息がかさんでいきます。
    金利が高いこともあり、このカードローンを利用する場合には借入状況に細心の注意を払い、できるかぎり残高を0円に保つよう気を配りましょう。

    ちなみに返済自体は各ATMを使い、好きなタイミングで行うことになります。
    返済額ももちろん自由に決められますが、借り入れが増えると利息も増えていく分、「自己責任」の側面が強いカードローンと言えそうですね……。

    ★正確な利息は「借入残高×金利(0.165または0.145)÷365×借入日数」で計算できます。(うるう年でないとき)

    ②「きゃっする」の返済は月に1度の自動引き落とし

    「きゃっする」の返済は「毎月10日、宇和島信用金庫口座からの自動引き落とし」で行います。(10日が土日祝日の場合、翌営業日に持ち越し)
    毎月の引き落とし額は以下のように、引き落とし日前日の借入残高に応じて決まります。

    ★「きゃっする」の引き落とし額

    引き落とし日前日の借入残高 引き落とし額
    30万円以下 5,000円
    30万円超過~50万円 10,000円
    50万円超過~70万円 15,000円
    70万円超過~100万円 20,000円
    100万円超過~200万円 30,000円
    200万円超過~300万円 40,000円

    「きゃっする」の場合、引き落とし額の中から自動的に利息(=手数料)が徴収されます。
    そのため、1万円を引き落とされても借入残高が1万円減るわけではないためお気を付けください。

    例えば50万円を金利14.6%で30日間借りたとき、徴収される利息は6,000円。
    引き落とし額のうち半分以上が利息として持っていかれる計算になります。
    このため、「きゃっする」の返済を自動引き落としだけにまかせるとなかなか借入が減りません。

    こんな場面のために、宇和島信用金庫では各ATMを使った追加返済が可能です。
    余裕があるときには積極的にATM返済を行うことで、翌月以降の利息を減らして行けると良いですね。

    詳しくは「カードローンの金利・利息と返済の仕組み、追加返済の重要性」のページをご覧ください。

    まとめ

    まとめ

    ★宇和島信用金庫カードローンのまとめ

      うわしんカードローン きゃっする
    金利 14.5%、16.5% 9.85%~14.6%
    限度額 50万円、100万円 10万円~300万円
    ローンタイプ 専用ローンカードの発行
    審査スピード 最短即日
    申込みから借入までの日数目安 2週間程度
    契約の流れ ネット等で申し込み→審査→連絡→窓口で契約→カード送付
    借入方法 信用金庫ATM・提携ATM
    返済方法 毎年2月・8月に半年分の利息を引き落とし 毎月10日、宇和島信用金庫口座からの自動引き落とし
    ローン概要 金利が高くなってでも自分のペースで返済を行いたいときにおすすめ できるかぎり金利の低さを重視したいときに。ただし他社ローンの存在は気になる

    どうしても金利の高さが気になってしまう、宇和島信用金庫のカードローン。
    基本的には短期間・低額の借入にのみ活用していけると良いですね。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。