旨い話に裏がある?バンドルカード「ポチッとチャージ」実際に使ってみた

「バンドルカードの<ポチッとチャージ>というものを使えば、手元にお金が無くても支払いができるらしい。
それが本当なら使ってみたいけれど……」

結論から言うと、バンドルカードにおいて「支払い前にお金が使える」のは事実です。しかもクレジットカードとは違い審査もないので、中高生でも問題なく利用可能
ただし当然うまい話には裏があるもので、「ポチッとチャージ」を「前借り」と考えたとき、その手数料はそこいらのカードローンの2倍を超えることも……。

今回はバンドルカード「ポチッとチャージ」について、その仕組みや手数料、そして延滞に対するリスクをまとめました。
読み終えていただければ、あなたが今この支払い方法を利用すべきか分かります。

<そもそも「バンドルカード」って?>

「バンドルカード」とはプリペイドカード、つまりチャージ式カードの一種。
そして一般的なプリペイドカードとは違い、バンドルカードは「スマートフォンアプリ上にのみ存在する、バーチャル・プリペイドカード」となります。

実体が存在しないので、決済が機能するのは原則「クレジットカード決済に対応したネットショッピング」のみ
このデメリットに対し、「アプリ上ですぐに手に入れられる」そしてここで解説する後払い方法「<ポチッとチャージ>に対応している」という利点が特色となっています。

バンドルカードについてより詳しくは、「バンドルカードの概要と使い方」ページをご覧ください。

★アプリからの申請により、実店舗で使えるリアルカードの発行も可能です。

バンドルカード「ポチッとチャージ」、基本の仕組みと注意点

まずはバンドルカード「ポチッとチャージ」とはどういった支払方法なのか、簡単に見ていきましょう。

①「手元にお金が無くても支払える」のは事実

公式HPを見ると、良いことばかり並べてあって逆にうさんくさいように思えてしまう「バンドルカード<ポチッとチャージ>」

▲バンドルカード公式HPより
▲バンドルカード公式HPより

アプリ内のボタンを押すだけで好きなものが買えると言うと魔法のようですが、当然そういうわけにもいきません。

結局のところ、「ポチッとチャージ」は単なる「後払い」方法のひとつ。
アプリでポチっと好きな金額をチャージしたら、あとは所定の支払日(翌月末)までにコンビニ等で支払いを行うことになります。

つまり、バンドルカード「ポチッとチャージ」を使えば「手元にお金が無くても欲しいものが買える」のは事実。ただし、結局は支払いを遅らせるに過ぎないというわけですね。
仕組みが分かれば、この支払方法にも納得がいくかと思います。

★チャージ後に支払いを行い、その後買い物を行うことも可能です。
(ただし後述の手数料を考えると、そのチャージ代で現金払いを行った方が良い)

②ただし「前借り」として考えるととんでもない手数料が発生

バンドルカード「ポチッとチャージ」は、支払いを先延ばしにするためのサービス。
それだけで済めば良いのですが……。実は「ポチッとチャージ」、チャージ額に応じて以下の手数料が発生します。

★バンドルカード「ポチッとチャージ」の手数料

1回のチャージ額 手数料
3,000円~10,000円 500円
10,001円~20,000円 800円
※1回あたりのチャージ額は最高2万円、支払いを済ませるまで新たなチャージは不可

先述の通り、バンドルカード「ポチッとチャージ」は後払い決済方法の一つ。これは「近々入るお金を前借する」と言い換えることもできますね。
そう考えると、「ポチッとチャージ」と借金の間に違いはほとんど無いとまで言えるわけですが……。

実のところ、手数料の面で言うと借金の方がよっぽど良心的
例えばアコムあたりで1万円を翌月末まで、ここでは「45日間」として借りると、その際の利息(=手数料)は221円。つまりバンドルカードの半分以下となるわけですね。
(金利18%の場合。実際のところは月に1度の返済が必要)

そもそもバンドルカードの主な利用者はクレジットカードを作れない層で、カードローンとも縁遠いと思われるため、この比較は無意味かもしれませんが……。
「ポチッとチャージ」を利用する場合、業界の中でも高金利とされる「アコム」を優に超える手数料が発生しやすい、ということは理解しておくべきです。

バンドルカード「ポチッとチャージ」は、借金以上の手数料を掛けて「後払い」を行うためのサービスとなります。

ちなみに「2万円を<ポチッとチャージ>し、45日後に支払う」場合、実質年率(金利)は約32.4%相当に。
(基本の式は「借入残高×金利÷年間日数×借入日数=利息」。
 金利をXとすると、この場合「20,000×X÷365×45=800」、
 約2,465X=800、X=約0.324、これを%に換算すると約32.4%。
 同様に、チャージ額が1万円なら実質年率は約40.5%となる)

同じ条件で「借金」(ローン)を取り扱おうとしたら、金利が高すぎる(出資法違反)という理由で処罰されます。

★言うまでもなく、クレジットカードを使える状況でわざわざ手数料の発生する「バンドルカード」を使う意味はありません。

★20歳以上で収入(アルバイト可)があるのなら、カードローンの利用もご検討ください。
正規の機関のカードローンを利用する限り、同じお金を同じ期間だけ借りて「バンドルカード」以上の手数料が発生することはありません

③使うのは「どうしても、今すぐ支払いが必要なとき」だけにしよう

結局、この方法を利用すべきは「クレジットカードもカードローンも利用できない」状況かつ「どうしても今すぐ支払いが必要」な場合に限られます。対象となるのは主に未成年者(保護者の同意が必要)、あるいは金融ブラック状態の方でしょう。

手数料の高さを考えると、どうやっても手放しに「ポチッとチャージ」をおすすめすることはできません。
本当に借金以上の手数料を払ってでも支払いを遅らせる意味があるか、本当に「ポチッとチャージ」以外の方法が無いか、よく考えて納得した上でアプリを利用しましょう。

実際に「ポチッとチャージ」を試してみた

ここからは、実際に「ポチッとチャージ」を試してみた記録をご覧ください。

①まずはアプリのインストール

何はともあれ、まずは「バンドルカード」のアプリをインストールしなければ始まりません。
アプリはiOS、アンドロイドのどちらでも手に入れることができます。

▲apple storeでのインストール画面。
▲apple storeでのインストール画面。

インストール後、早速アプリを開くとロード画面に「ポチッとチャージ」の紹介を見ることができました。
「ポチッとチャージ」の紹介

②アカウント登録は1~2分程度で完了

はじめて「バンドルカード」を使う際には、簡単なアカウント登録を行うことになります。
簡単なアカウント登録

お金に直結するアプリですので、本人確認のためSNSへ確認メッセージが送られます。
そのため、「ID」「パスワード」の入力後に求められる電話番号については正確なものを記入しましょう。
正確なものを記入しましょう。

SNS認証が必要とは言え、ここまでの手続きは1~2分程度で完了します。

③アカウントを手に入れたら、早速「ポチッとチャージ」へ

SNSでの認証を完了、利用規約を確認し同意したら、あなたの「バンドルカード」(バーチャルカード)が発行されます。
ここに記載されているカード番号やセキュリティコード等を通すことで、ネットショッピングが可能となるわけですね。
詳細バンドルカードの概要とその使い方
カード番号やセキュリティコード等を通すことで、ネットショッピングが可能

ただ、バンドルカードはチャージ式のカードですので、決済の前には「チャージ」を行わなければなりません。
そこで、画面下の「ポチッとチャージ」ボタンを押してみます。
「ポチッとチャージ」ボタンを押してみます。

簡単な説明の後、現れたのが以下の画面となります。
以下の画面

④「ポチッとチャージ」実行!

それでは「ポチッとの申込みへ」ボタンをタップしてみましょう。
すると、会員登録時に見たような画面が再び現れます。ここで、名前とメールアドレスが必要になります。
名前とメールアドレスが必要になります。

必要事項を確認すると、メールを通した承認が行われます。
メールを通した承認

登録時のSNS認証と同じく、メール内に記載されたコードをアプリ内の所定箇所に入力。

コードをアプリ内の所定箇所に入力

そして、再び電話番号を使ったSNS認証が必要になります。後払い式のシステムのためか、結構慎重ですね。

▲一つ目のSNSは登録時のもの1
▲一つ目のSNSは登録時のもの2

▲一つ目のSNSは登録時のもの

登録時と同じようにSNS承認を済ませたら、やっと希望額のチャージが可能となります。

先述の通り、「ポチッとチャージ」ができるのは2万円まで
「ポチッとチャージ」を複数回繰り返しても、2万円を超えるお金をチャージすることはできません。
(2度目以降のチャージを行うためには前回のチャージ分の支払いが必要)
2度目以降のチャージを行うためには前回のチャージ分の支払いが必

入力が済んだら最終確認へ。この際、例の高額な手数料と支払い期限も表示されます。
高額な手数料と支払い期限

内容を確認、「この内容で申し込む」をタップしたら即チャージ完了!
「この内容で申し込む」をタップしたら即チャージ完了!

トップページに戻ってみると、「残高20,000円」の文字と、妙にポップな「20,800円支払いましょう」の文字が見られます。
「20,800円支払いましょう」の文字が見られます。

これで「ポチッとチャージ」は完了。
あとはカード番号などを使ってネットショッピング等を済ませるだけです。早ければインストールからここまで、10分も掛かりません

CHECKバンドルカードの概要とその使い方
CHECKAmazonギフト券(ギフトカード)を使った「ポチッとチャージ」の残高現金化

<「ポチッとチャージ」の具体的な支払い方法について>

「ポチッとチャージ」の使い方はとても簡単。アプリ取得後、簡単な登録と手続きが済めばすぐに完了します。
詳細バンドルカード公式HP

問題となるのはその後の支払いですが……。
先にも述べた通り、支払いのリミットは「チャージした月の、翌月末」。例えば3月中にチャージを行った場合、4月30日までに支払いを行うことになります。
(支払いリミットはアプリから確認できます)

▲バンドルカード公式HPより2
▲バンドルカード公式HPより

支払方法は「コンビニ」「銀行ATM(ペイジー)」の2種類。

▲バンドルカード公式HPより3
▲バンドルカード公式HPより

インターネットバンキングを利用できるのならペイジー払いが便利ですが、よく分からないという場合にはコンビニ払いを選ぶのが無難です。
参考銀行振込の方法について

対応コンビニは「ローソン」「ファミリーマート」「サークルK」「サンクス」「ミニストップ」「セイコーマート」。セブンイレブンには対応していませんのでお気を付けください。

支払方法はコンビニによって異なりますが、基本的には「Loppi」などの機械を使いレシートを発券、それをレジに持っていき支払いを行うことになります。
(ファミリーマートのみ、アプリ上のバーコードを提示するだけで支払い可)

詳しくは以下の公式HPをご覧ください。

CHECKバンドルカード公式HP「バンドルカードのチャージ方法 コンビニ編」

「ポチッとチャージ」の支払いを延滞するとどうなるの?

「ポチッとチャージ」をはじ
めとする後払いサービスで気になるのが、「長期間延滞したり、踏み倒したりするとどうなるのか」という点。
クレジットカードや各種ローンでこういった問題を起こすと、いわゆる「金融ブラック状態」に陥ることになりますが……。(参考金融ブラック/ブラックリストについて

「ポチッとチャージ」の支払いを延滞したとしても、金融ブラック状態となることは100%ありません
理由は簡単で、バンドルカードの運営会社(株式会社カンム)はブラック情報を記録するデータベース(個人信用情報機関)と関わりが無いからです。
よって、「ポチッとチャージ」の支払いをいくら延滞しても、クレジットカードやローンの審査に影響が出ることはあり得ないわけですね。

が、その一方で延滞にデメリットが無いともまた言えません。
「バンドルカード」の利用規約には、以下のような記載を見ることができました。

利用者が前項に定める期日までに超過利用分を支払わない場合には、遅延額に対して年率14.6%を乗じた遅延損害金を支払うものとします。

利用者は、当社が、本規約に基づく当社の権利及び義務の一部又は全部を第三者(法人を含む。)に対し、譲渡することができることに同意するものとします。この場合、当社は、当該第三者に対し、本規約に定められた利用者に対する義務を継続して負担させるものとします。

(いずれもバンドルカード公式Hpより)

つまりどういう意味かと言うと、「支払いが遅れるとそれだけ遅延損害金(延滞ペナルティ)が掛かる」、そして「場合によっては債権(取り立ての権利)を他人に譲る可能性がある」ということ。
この譲り先とはいわゆる債権回収会社、つまり借金などの取り立てを専門にした会社でしょう。(法に基づき請求を行う、合法の会社です)

チャージの上限額が低い(10万円)ことからも、債権譲渡まで行われることは滅多にないかと思われますが、電話や手紙での督促程度は簡単に実施されることでしょう。

いくらブラック状態にならないと言え、延滞・踏み倒しは「契約を破る」ことに変わりありません。 翌月末までに支払いきれないお金をチャージするのは、絶対にやめましょう

★支払いを延滞した状態で「ポチッとチャージ」を利用することはできません。

まとめ

バンドルカード「ポチっとチャージ」は、手元にお金が無くても簡単にチャージ&支払いができるサービス。これ自体はまぎれもない事実。
★一方でその利用手数料はアコムの利息を優に超え、ローン基準だと違法レベル
「ポチッとチャージ」を利用すべきは「クレジットカード、各種ローンの両方とも使えない状況」かつ「どうしても今支払わなければならない理由がある」場合に限られる
★信用情報機関に加盟していないため金融ブラック入りのリスクこそ無いものの、延滞には遅延損害金の発生や債権譲渡、その他催促状の送付などのリスクがある。支払いきれないようなお金のチャージは絶対にやめよう

その性質上、手放しにはおすすめしかねるバンドルカード「ポチッとチャージ」。
それでもどうしても支払いが必要な理由があるのなら、決済方法と手数料をよく確認した上で、必要最低限のみ利用することになるでしょう。

<バンドルカード特集、こちらもチェック!>
CHECKバンドルカードの総まとめ:カードの概要と使えるお店、即日現金化
CHECKバンドルカード、各チャージ利用の手順とその選択方法:現在携帯キャリア決済は不可

カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。