結婚式のご祝儀の金額相場っていくら?書き方・包み方は?

    結婚式の御祝儀は、お友達なら3万円が相場ですが、正直、どれくらいの関係なのか、などによっても左右されます。

    今日は結婚式のゲストとなり、恥ずかしい思いをしないための、ご祝儀額の相場やマナーについてまとめてみました。

    ご祝儀の金額の相場は?

    ★あなたの立場から見た、ご祝儀の相場

    新郎新婦の友人3万円
    新郎新婦の兄弟・親族5万円
    新郎新婦の主賓5万円~10万円

    ①基本は3万円を包むのが無難

    友人として結婚式に出席するのなら、ご祝儀は3万円が基本。
    友人関係をこれからも続けて行きたいのであれば、3万円を包めばまず問題ありません。

    ②偶数の数字を包むのはNG

    偶数枚のお札を包むのは、「割り切れる=分かれる」という点から見てNG。
    もし2万円を包むことがあれば、「1万円と5000円札2枚」に分けましょう。

    だからといって、お札を3枚にすれば2万円でもOK!ということではありません。やっぱりお友達なら3万円を包むべきだと思います…

    ③「不吉」といわれる数字を包むのは避けること!、

    「4=死」「9=苦しみ」など、不吉を連想させる数字(4万円、9万など)を包むのはやめましょう。
    嫌がらせと思われてしまうかもしれません

    ④兄弟や親族の場合は5万円

    新郎新婦の兄弟や親族として出席するのなら、ご祝儀は5万円ほど包みましょう。
    ただし、新郎新婦の方が年齢が上であり、あなたが20歳前後の学生の場合3万円程度でもOKです。

    ⑤主賓の場合は5万円~10万円

    主賓の場合は5万円~10万円包むのが相場。
    ただ、10万円も包んでしまうと、逆にお返しなどで気をつかわせてしまうことも。よほど近しい関係でなければ5万円でOKです。

    ちなみに「10」は割り切れる数ですが、この場合失礼にはあたりません。

    空気を読むことも大切

    先輩の結婚式で、同期・同僚の金額をそろえることになった、
    高校時代の友人の結婚式で、友人一同で金額をそろえることになった……などという場合、

    みんなは2万円にしようと相談しているけれど、相場は3万円だし……。と板ばさみになることも。
    このような場合であれば、同僚に角が立つことと、マナーを守ることと、どちらを取るか、という話になると思うのですが、
    まずは同僚に相場を説得して、難しいようであれば空気を読むのもアリでしょう。

    また、自分がすでに結婚式をあげてご祝儀をいただいている場合は、同じ額を返すのがマナーです。
    この場合は、同僚にも、「自分は3万いただいたから」という旨を伝えて3万円払いましょう。

    これはやっちゃダメ!ご祝儀のときに気を付けること

    結婚式と言う人生の一大イベントで常識を疑われてしまうと、友人関係にヒビが入ることも……。
    失礼のないよう、必ずチェックしておきましょう!

    ①家族でないのに連名で包む

    家族・夫婦でない人と、連名でご祝儀を包むのは絶対にNG!(新郎友人一同、など)

    例外として、連名で招待状が届いた婚約中のカップルであれば、連名でご祝儀を包んでも失礼ではありませんが……。
    それでも、まだ籍を入れていないのであれば個別に包んだほうが無難です。

    夫婦・兄弟の間柄であればご祝儀は連名でOK。二人で5万~7万円程度を包みましょう。

    ②新品じゃないお札を使う

    ご祝儀には新札(いわゆるピン札)を使うのがマナー。
    事前に銀行か郵便局で、新札を準備して行きましょう。

    ※通夜・葬儀の際にお供えする香典は、新札を使うとマナー違反となりますので注意。

    ③品物を贈る

    あなたが恥をかかないためにも、ご祝儀には現金を包みましょう

    「ご祝儀は気持ち」というのは、受け取る側の言葉です。
    ご祝儀を品物などで代用してしまうと、残念ながら、今後の付き合いを拒否されてしまっても、文句は言えないかも……。

    ご祝儀袋の正しい書き方は?

    ①ご祝儀袋は、結び切りのものを

    ご祝儀袋は、結び切りのものを-1

    両端を引っ張ることで結びつきが強くなる水引(ひも)の結び方を結び切りあわじ結びと言います。ご祝儀に使うのはこのタイプ。
    水引の色は、縁起のよい金銀か紅白のものを選びましょう。

    似たような色合いで水引が蝶々結びのものもありますが、こちらには「何度も繰り返してほしいお祝い」(出産祝いなど)という意味で使われるのでNG!

    ご祝儀袋は、結び切りのものを-2

    ②金額によって、ご祝儀袋も変わる

    金額によって、ご祝儀袋も変わる

    3万円までのご祝儀なら、左のようなシンプルなご祝儀袋を、
    5万円を超えるご祝儀であれば、右のように華やかな飾りがついたご祝儀袋を選びましょう!

    ③ボールペンはNG!必ず筆ペンか毛筆で

    • ボールペン
    • 万年筆
    • 薄墨を使った毛筆

    はすべてマナー違反!

    ご祝儀袋に書く文字には、筆ペンか毛筆を使いましょう。
    濃く、はっきり、読みやすく書くのがポイントです!

    ④表書きには「御結婚御祝」と名前を

    表書きには「御結婚御祝」と名前を

    表書きには「御結婚御祝」「寿」「壽」「御結婚祝」などの文字を入れます。
    はじめから文字が印刷してあるご祝儀袋も多いので、毛筆が苦手な方にはおすすめです。

    「御結婚御祝」などの文字よりも、あなたの名前は一回り小さく記入しましょう。

    ⑤中袋には金額・名前・連絡先を!

    中袋には金額・名前・連絡先を!

    「円」に旧字体の「圓」を使うのも良いですね。
    ご祝儀の中袋をきちんと記入しておくことで、あとで新郎新婦がご祝儀を整理するときに大変助かります
    見やすい文字ではっきり記入しましょう。

    ⑥お札を入れる向きは?

    お札を入れる向きは?

    中袋の表から引き出すと、すぐに肖像画が見えるようにお札を入れましょう。

    ⑦ふくさに包む方法と向き

    ふくさに包む方法と向き

    ご祝儀に使うのは、赤や紫などのふくさ(袱紗)。
    持っていなければ小さなふろしきやハンカチでも良いですが、今後使うことも考えて一枚購入しておくのがおすすめですね。
    紫のふくさを持っていれば、ご祝儀にも、お悔やみにも使用できます

    ⑧渡すときは必ずひとこと添えること

    いよいよ結婚式当日となったら、ご祝儀は受付に手渡します。

    1:「本日はまことにおめでとうございます」などの声を掛け、一礼
    2:ふくさを取り出す
    3:名前を名乗る。このとき「お招き頂きありがとうございます」などの挨拶ができるとベター
    4:ふくさを開いてご祝儀袋を取り出し、簡単に畳む
    5:簡単に畳んだふくさの上に、ご祝儀袋を載せる。このとき受け付けの人に文字が読みやすい方向となるよう気をつける
    6:ご祝儀袋をふくさに載せたまま、受付に手渡し

    以上は一例で、「こうでなくてはだめ!」と決まったルールはありません。

    欠席する場合はどうする?

    ①1万円でもOK

    結婚式を欠席する場合、ご祝儀は1万円でもOKです。
    ただ、以前にあなたが結婚式を挙げたときに3万円のご祝儀を頂いた相手であれば、3万円包むのもアリでしょう。

    ②印刷型のご祝儀袋を使おう

    結婚式を欠席する場合は、かさばらない、印刷型のご祝儀袋を使いましょう。
    印刷型のご祝儀袋を使おう

    結婚式を欠席する場合、ご祝儀は招待状差出人の住所に郵送すればOK。(決して結婚式場に送らないように!)
    できるだけ早く、遅くても式当日までには届くように送りましょう。

    また、現金は普通郵便で送ってはいけません
    「現金書留」という専用の郵送手段があるので、ご祝儀袋の用意ができたら郵便局の窓口に持って行きましょう

    ③派手すぎるご祝儀袋はNGなので注意!

    3万円包む場合ならまだしも、包むのが1万円なら、上のイラストのような簡易的なご祝儀袋を使いましょう。
    派手なご祝儀袋は、5万円以上のお金を包むときに使います

    まとめ

    ★ご祝儀の相場
    • 新郎新婦の友人なら3万円
    • 新郎新婦の兄弟、親族なら5万円
    • 主賓として招かれているなら5万円~10万円
    • 式に欠席する場合は1万円

    スピーチをお願いされた場合であっても、とくに増やす必要はありません。

    ★ご祝儀のマナー
    • 連名でご祝儀を包めるのは夫婦・兄弟だけ
    • ご祝儀には新札を包もう!交換は銀行・郵便局で
    • ご祝儀には絶対に現金を包むべき
    ★ご祝儀袋について
    • ご祝儀袋に蝶々結びの水引(ひも)を使うのはNG
    • 5万円を超える金額を包むなら、華やかなご祝儀袋を使おう
    • 文字は筆ペンか毛筆で!毛筆でも薄墨はNG
    • 熨斗(のし)は必須
    • 中袋の表からお金を引き出すと、すぐに肖像画が出てくるようにお札を入れよう
    • ふくさは紫のものを一枚持っておくと良い
    ★欠席する場合
    • 印刷型のシンプルなご祝儀袋を使おう
    • ご祝儀は「現金書留」できるだけ早く、差出人住所に送ること

    約束事の多いご祝儀関係、めんどうなことも多いですが、いくつになっても活かせる知識でもあります。
    一度覚えておけばこれから何度も役に立ちますので、この機会にマスターしてしまいましょう!

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント