「奨学金」って何?各種奨学金制度をまとめた決定版

「奨学金」とは、本来成績優秀な学生に学費を無条件に与えることを言いますが……。
実際には、「上級の学校へ進学するため、必要な資金を学生自身が借り入れるローン」として使われることが多いです。どちらも同じ「奨学金」と呼ばれるのでまぎらわしいんですね。

ローンタイプの奨学金の場合、「在学中にアルバイトをしながら返済しなきゃいけないの?」と不安に思う方も多いのですが、返済が開始されるのは学校を卒業した後から。
そのため、ローンを背負いながらも在学中に十分学問に打ち込むことが可能です。

実はこの奨学金制度、借り入れ元から借り入れ条件まで、様々な種類が存在します。
今回は全国の各種奨学金制度についてまとめてみました!



奨学金ってどんな制度?

まずは奨学金のシステムについて把握していきましょう!

①最も一般的なのは「学校卒業後に返済を行うローンタイプ」

最も利用者の多い奨学金は、日本学生支援機構の提供する貸与型、つまりローンタイプのもの。
成績優秀者であれば無金利、そうでなくともごく低い金利で借り入れができるため、約2.6人に一人がこの制度を利用していると同組織は発表しています。

奨学金と言えば「日本学生支援機構」

学校を卒業するまで返済義務がないため在学中は楽ですが、借入額が膨らんでしまいがちなので返済が長引きやすい傾向にあります。
例:8万円を4年間借り続けた場合、返済に掛かるのは約19年

②成績優秀者の学費をカットする、学校独自の奨学金もあり

本来の意味の「奨学金」として、優秀な学生に対し金銭的な援助を行う制度も存在します。
こちらを行うのは主に進学先の学校。入学試験の成績や、高校生時代のスポーツの実績などが査定対象となります。

★青山学院大学の奨学金制度(ごく一部)

種別 金額

青山学院大学
経済支援給付奨学金

給付
(返済義務なし)

年間学費相当額
青山学院大学
経済援助給付奨学金
500,000円
青山学院大学
学業成績優秀者表彰
50,000円
~200,000円
大学課外活動等奨励賞 150,000円
青山学院大学万代奨学金 無利子での貸与 月61,000円
~100,000円
※在籍過程による

返済義務の有無や給付額、採用人数などは各大学や制度によって大きな違いがあります。
まずは在籍中、あるいは進学予定の学校の奨学金制度について調べてみると良いですね。

3.学校独自の奨学金は、ほぼすべての大学で実施されている!

奨学金には、返済義務のある「貸与型」と返済義務のない「給付型」の2種類があります。

③その他、「新聞奨学生」という制度も

新聞社の業務を行う代わりに学費の一部あるいは全額を支払ってもらう「新聞奨学生」という制度も存在しますが……。
これを4年間続けるのはかなり大変。拘束時間も長く、肝心の学問に支障をきたすという声も多いです。

手放しにおすすめすることはできませんが、学費を支払うために有力な手段の一つであることは確か。
よく調べ、納得した上で申し込みを行いましょう。

ローンタイプの奨学金、どんな種類があるの?

ここからは一般的な、ローンタイプの奨学金について解説していきます!

①奨学金と言えば「日本学生支援機構」

奨学金を借りている、といえばほとんどが「日本学生支援機構」の奨学金を利用していると言っても過言ではありません。
というのも日本学生支援機構は独立行政法人。国の奨学金なので、低い金利で安心して利用できるんですね。

(1)日本学生支援機構の2つの奨学金

日本学生支援機構が取り扱う奨学金は大きく分けて二種類。それぞれ「第一種奨学金」「第二種奨学金」と呼ばれます。

★第一種奨学金と第二種奨学金の違い

金利 借入金額 借り入れ条件
第一種奨学金 無金利 月30,000円
~122,000円(博士課程)
※審査による
(1) 高等学校又は専修学校高等課程の1年から申込時までの成績の平均値が3.5以上
(2)高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人、又は科目合格者で機構の定める基準に該当する人
(3)日本学生支援機構が定める、家計基準を満たす
第二種奨学金 3%を限度とする「卒業した時点での設定金利」

※過去数年間では1%前後
2016年では最大でも0.36%

月30,000円
~月220,000円(法科大学院)
(1) 以下の条件のいずれかを満たす
  • 高等学校又は専修学校(高等課程)における学業成績が平均水準以上と認められる者
  • 特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる者
  • 大学における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
  • (2)高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)に合格した人、又は科目合格者で機構の定める基準に該当する人
    (3)日本学生支援機構が定める、家計基準を満たす※第一種より制限はゆるめ

    借り入れ条件の厳しい第一種奨学金の審査は、第二種に比べかなり厳しくなっています

    (2)利息が発生するのは卒業後!

    日本学生支援機構の奨学金は、学校を卒業するまで返済義務がありません
    学校にいる間に金利が一切発生しない、というのは民間の金融機関には決してできない芸当。学問に打ち込みたい方には最適です。

    日本学生支援機構の奨学金では、在籍している学校を通して申し込みを行います。奨学金の利用を希望する方は、担任の先生や学生課に相談をしてみましょう。資料を受け取ることができるはずです。
    ※浪人生の方は卒業した高校に連絡を取る必要があります。

    その他、申し込みの流れや返済システムについては『日本学生支援機構:奨学金の申し込み方法』ページを読んでみてください。

    ②地方自治体が取り扱う奨学金も要チェック!

    地方自治体も奨学金を取り扱っていることがありますが、対象が高校生となっていることも多く、大学生が利用できるものは限られます
    給付型も存在しますが、多くが無金利での貸与型となっています。

    名称 種別 月額(円)
    朝日町奨学生 給付 15,000
    石川県奨学生 貸与 44,000
    茨城県奨学生 貸与 40,000
    射水市奨学資金 貸与 自宅:25,000
    自宅外:40,000
    大田区奨学金 貸与 44,000
    大田区(末吉育英基金) 給付 一括:300,000
    沖縄県国際交流・人材育成財団 貸与 学部:55,000
    川崎市大学奨学生 貸与 38,000
    岐阜県選奨生奨学金 貸与 32,000
    佐久市奨学生 貸与 40,000
    上越学生寮奨学生 貸与 学部:70,000
    大学院:100,000
    富山県奨学生 貸与 51,000
    新潟県大学奨学生 貸与 51,000
    新潟市奨学金 貸与 年額:400,000
    浜松市奨学金 貸与 45,000以内
    福井県大学院奨学生 貸与 修士・博士前期課程:84,000
    博士後期課程:117,000
    福井県ものづくり人材育成修学資金 貸与 60,000
    福島県奨学生 貸与 40,000
    宮崎県奨学会 貸与 25,000
    山口県ひとづくり財団奨学金 貸与 52,000

    対象は主に、相当する自治体に在住の学生となります。
    ただし、申し込み時期や借り入れのできる期間はバラバラですので、必ず公式HPなどをよく確認してみてください。

    ③「教育ローン」でも似た使い方ができる

    日本学生支援機構の奨学金は、言うなれば「国の奨学金」。ですが、似たものに「国の教育ローン」が存在します。こちらは日本政策金融公庫という財務省所属の特殊な会社が取り扱っているもの。
    簡単に特徴をまとめてみました。

    国の教育ローン 奨学金(日本学生支援機構)
    金利 1.81%
    (2016年12月現在)
    1%前後
    ※成績優秀者の場合0%
    取り扱う組織 日本政策金融公庫 日本学生支援機構
    学生一人あたりの限度額 350万円 月3万円~21万円(法科大学院)
    ×在学年数
    返済義務を負う債務者 20歳以上の原則保護者 学生本人
    申し込み期間 随時 現在通学している学校が指定する期間
    例外的に臨時採用もあり
    貸付タイプ 一括貸付 月々分割貸付
    返済開始時期 借り入れの翌月または翌々月
    ただし在学期間中は利息のみの返済可
    卒業後、場合によって猶予も可
    返済期間 15年以内
    (交通遺児、母子・父子家庭、世帯年収200万円以下の場合18年)
    借り入れ金額により変動
    詳細日本学生支援機構公式HP「返還期間」
    主な利用先 対象は1年分の教育資金 月々の生活費や学費など、継続的に必要な資金

    「国の教育ローン」は奨学金と違い一度に大きなお金を借りられるため、入学時に必要な諸費用に利用するのがおすすめです。
    ただし、国の教育ローンでは奨学金のように卒業まで支払いを待ってもらうことはできません。在学中でも容赦なく利息が発生します。

    詳しくは『国の教育ローンとは』『国の教育ローン:返済について』を読んでみてください。

    \ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

    学校独自の奨学金は、ほぼすべての大学で実施されている!

    どの大学も、ほぼ確実に奨学金制度を備えていると言っても過言ではありません!

    ①国公立大学の場合、いくつかの条件を満たせば授業料削減~免除に

    国公立大学の場合、奨学金とは呼ばれずに「入学料・授業料免除制度」という名前が使われることが多いです。

    ★千葉大学の入学料・授業料免除制度一覧

    入学料免除 (1)入学前1年以内に、学資負担者が死亡、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、入学料の納入が困難であると認められる場合
    (2)経済的理由により入学料の納入が困難で、かつ、学業優秀であると認められる場合※大学院または専攻科に入学の場合のみ
    入学料納入猶予
    授業料免除
    授業料納入猶予
    授業料月割分納
    (1) 経済的理由によって納付期限までに入学料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
    (2)入学前1年以内に、学資負担者が死亡、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、
    納入期限までに入学料の納入が困難であると認められる場合
    (3)その他、やむを得ない事情があると認められる場合
    ★授業料の免除には「全額免除」「半額免除」の2種があり、その適用は千葉大学の判断によります。
    千葉大学公式HP:入学料・授業料免除選考基準(PDF)

    国公立大学の学費免除制度に、各大学ごとの違いはさほどありません。
    これまでの成績や家庭状況により、「全額免除」「半額免除」「納入猶予」を受けられる可能性があるわけですね。

    ②私立大学の奨学金制度は貸与から全額免除までさまざま

    私立大学の奨学金制度は学校ごとに大きな差があります。明治大学の例を見てみましょう。

    このように、一つの大学でも多くの奨学金制度を提供しています。
    返済義務のない「給付」と返済義務のある「貸与」の違いにはくれぐれも注意してくださいね。

    必ず奨学金については大学の公式HPに記載があるはず。ぜひ探してみてください。
    成績優秀者が対象となる奨学金であれば、世帯収入に制限なく給付を受けられることも多いです。

    \ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

    まとめ

    奨学金は大きく分けて「返済の必要のない給付型」「返済が必須な貸与型」に分けられる
    ★最も一般的なのは、日本学生支援機構が行う貸与型奨学金。無金利・有金利の2種類があり、審査基準が異なる
    ★地方自治体や学校独自の奨学金もよくチェックしておこう!

    一口に奨学金と言っても、お金をもらえるのと借りるのではずいぶん違います。
    どの奨学金を利用するにせよ、それぞれの制度をよく確認して申し込みを行ってください!

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。