【横浜銀行カードローン】口座開設はいつ・どうやってすべき?問い合わせ結果も

「横浜銀行のカードローンを使いたいけれど、契約までには口座開設が必要だとか。
この口座はいつ、どうやって開いておけばいいんだろう?」 横浜銀行カードローンを利用する上で「口座をいつ開設すべきか」は、「仮に審査に落ちてしまっても口座を使う予定があるか」あるいは「借入を急いでいるか」という2つのポイントによって変わってきます。つまり、人によって「いつ口座を開くべきか」は異なるわけですね。

今回は、横浜銀行の預金口座開設の基本仕様や同銀行への問い合わせ結果をもとに、「横浜銀行カードローンの新規契約と口座開設」にテーマを絞って詳しくまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合った方法でカードローンの申し込みを進められますよ。

★このページは、現在横浜銀行の口座をお持ちでない方を対象としています。
すでに同銀行の口座を開設済みならば、「横浜銀行カードローンの契約について」等のページをご覧ください。

★横浜銀行カードローン
金利 1.9%~14.6% 利用限度額 10万円~1000万円
審査スピード 最短1営業日 融資スピード 口座の開設方法による
(最短1営業日)
申込条件
(公式HPより)
以下条件をすべて満たす方。

  1. ご契約時満20歳以上69歳以下の方
  2. 安定した収入のある方、およびその配偶者
    (パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
  3. 次の地域に居住またはお勤めの方
  4. 神奈川県内全地域
    東京都内全地域
    群馬県内の以下の市
    前橋市、高崎市、桐生市

  5. 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  6. 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

横浜銀行カードローン (基本情報)
実質年利 1.9%~14.6% 限度額 10万円〜1000万円
保証料 なし 審査時間 最短翌日
(公式HP参照)
融資スピード 最短翌日
(公式HP参照)
自社口座 必要(口座が無くても申込可)
備考
  • 次の地域に居住・もしくは勤めている人のみ利用可能
  • 神奈川県、東京都、群馬県前橋市・高崎市・桐生市

横浜銀行の公式サイトで詳細をチェックする!

事前にチェック!横浜銀行カードローンは口座開設&同銀行からの引き落としが必須です

前提として、横浜銀行カードローンは「契約までに」同銀行の預金口座の開設が必要です。つまり申し込み~審査を受ける段階であれば、口座が無くても手続きを進められるわけですね。
新しく開く口座は公式HPなどでは「総合口座」の名前が使われていますが、特に定期預金の利用などが前提になっているわけではないので、単に「普通預金口座」と同じ意味に捉えて問題ないでしょう。つまり普通の横浜銀行口座です。

これ自体は特に問題ないのですが……。
今から横浜銀行の口座を作りお金を借りたい、とお考えであるのなら、あなたは他の銀行や金融機関に預金口座を持っていることだろうと思います。

この場合、注意しなければならないのは「横浜銀行カードローンにおける毎月の返済は、横浜銀行口座からの自動引き落とし」で行われるということ。
つまり他の金融機関をメインバンクとしているのなら、毎月の引落し(毎月10日)の前に、横浜銀行口座への入金が必要になるわけです。(もちろんあらかじめ多めに入金しておいても構いませんが)

言うまでもなく、普段使っている口座から直接引き落としで返済ができるのなら、そちらの方がずっと便利でしょう。
そういうわけで、以下で解説する「横浜銀行カードローンならではのメリット」にさほどの魅力を感じないのなら、他の口座開設不要のカードローン(または普段ご利用の金融機関が取り扱うカードローン)を使った方が勝手が良いことは否めません。

<別にメインバンクを持っていても、横浜銀行カードローンに申し込むメリットはある?>

別にメインバンクを持っている状況であっても、横浜銀行カードローンへ申し込むべき場面は主に以下の通り。

  1. 今後、メインバンクを横浜銀行に移そうと考えている
  2. 年収の3分の1を超える大きなお金の借入(おまとめ目的含む)を希望している

(1)に関して特に説明は要らないでしょう。
特筆すべきは(2)のメリット。横浜銀行カードローンは一般的な銀行の中でも特にまとまったお金を借りやすいため、これを目的とするなら、他にメインバンクがある状況での申し込みも十分に選択肢となるわけです。(特に複数件の借入をまとめたい場合に有効)

詳細横浜銀行カードローンの利用者層:高年収層にもおすすめできる理由とは

一方、単に「審査難易度が低いと聞いたから」「消費者金融会社より金利が低いから」といった理由で申し込みを検討しているのなら、わざわざ口座を作ってまでこの銀行に申し込む必要はありません

この場合に申し込み先候補となるのは口座開設不要の「楽天銀行スーパーローン」「イオン銀行カードローン」あたりでしょう。
この2社であれば、あなたが普段使っている口座から毎月の返済が可能です。金利・審査難易度も横浜銀行と大きく変わりありません。(むしろ上限金利で見ればイオン銀行の方が大分低金利)

CHECK口座開設不要で利用できるカードローンのまとめ

キャッシュカードは原則「クレジット機能なし」のものを選ぼう

カードローンの申し込みを前提とした、具体的な口座開設の手順について説明する前にもう一つ。

横浜銀行では口座開設の際、キャッシュカードを大きく分けて2種類の中から選択できるのですが……。
この銀行の場合、「どちらのタイプのキャッシュカードを選ぶか」という点が、カードローンの審査にかかわってくる可能性があるほど重要なんです。

①「バンクカード」を選ぶと、これから申し込むカードローンの審査に差し障る可能性も

横浜銀行のキャッシュカードは、大きく分けて「ICキャッシュカード」「横浜バンクカード」の2種類。

★横浜銀行キャッシュカード

ICキャッシュカード 横浜バンクカード(ノーマル)
年会費 無料 無料
概要 普通のキャッシュカード。預金を引き出したり預けたりするのに使う クレジット機能なし クレジットカード機能(VISAまたはMaster)に加えカードローン機能(「横浜銀行カードローン」とは別商品)が付いている
入手のタイミング その場
(即時発行対応店舗での申し込み時)
申し込みから2~3週間後
(店舗での申し込み時)
※「横浜バンクカード」は他にもSuica機能付きカード、ゴールドカード等の種類があります。

いわゆる普通のキャッシュカードである「ICキャッシュカード」に対し、「横浜バンクカード」キャッシュカード機能にクレジット機能、そしてカードローン機能が付いたものとなります。
(一応デビット機能も付いてますが、使えるお店が少ないJ-Debitなので利用機会は多くないでしょう)

普通のクレジットカードであっても借入枠、いわゆる「キャッシング枠」が付いていること自体はまったく珍しくないのですが……。
「横浜バンクカード」のカードローン機能を使う場合、その借入相手がクレジットカード会社ではなく「横浜銀行」自身である点に注意が必要。
(ちなみにクレジットカード会社からお金を借りられる「キャッシング枠」も審査結果に応じて「カードローン機能」とは別に付きます) 「横浜バンクカード」を持っていても「横浜銀行カードローン」(2つは別商品)へ重ねて申し込むことはできますが……。
カードローン(無担保ローン)は「個人に対する信用」を元に限度額が決まるので、同じ金融機関が一人にお金を貸す場合、同じ性質のローン商品を契約すればするほど貸付額を増やすとは思えません。
つまり、本来横浜銀行から300万円借りられる人であっても、すでに「横浜バンクカード」で50万円の枠を得ていたのなら、「カードローン」最高契約額は250万円前後になると推測できるわけです。

と言いつつ「横浜バンクカード」と「横浜銀行カードローン」の審査の一部を代行する会社(保証会社)は異なるため、確実に「横浜銀行カードローン」の審査に差し障る、とまで言うことはできませんが……。

いずれにせよ「いつでも他のローンを使ってお金を借りられる人」が審査の上で不利になりやすいのは事実。とにかく本命の審査の前には、余計な借入枠は手に入れないに限ります。

「横浜銀行カードローン」を目当てに口座を開設するのなら、キャッシュカードには特別な機能の無い「ICキャッシュカード」を選びましょう

★「横浜バンクカード」と契約がある状態で「横浜銀行カードローン」に申し込むことはできますが、その逆、つまり「横浜銀行カードローン」ユーザーが後から「横浜バンクカード」を作ることはできません

②借入希望額が50円以下なら「カードローン」ではなく「横浜バンクカード」選択もアリ

「横浜銀行カードローン」の申し込みを前提にするなら、「横浜バンクカード」を選ばないのが無難。
一方、単に「横浜銀行からお金を借りたい」という目的をかなえたいだけであれば、当然「横浜バンクカード」を選択しても良いわけです。

★横浜銀行の取り扱いカードローン比較

横浜銀行カードローン 横浜バンクカード
(カードローン機能)
金利 1.9%~14.6%
(限度額による)
13.6%
(住宅ローン利用者以外)
利用限度額 10万円~1000万円
(審査による)
10万円、30万円、50万円(審査による)
※横浜銀行住宅ローンの契約者であれば最大300万円
借入可能になるまでの日数 口座開設後、最短1営業日 2~3週間
(店舗申し込み時)

★利用限度額別の適用金利一覧

横浜銀行カードローン 横浜バンクカード
(住宅ローン利用者以外)
限度額50万円以下 14.6% 13.6%
限度額100万円以下
限度額200万円以下 11.8%
限度額300万円以下 8.8%
限度額400万円以下 6.8%
限度額500万円以下 4.8%
限度額600万円以下 4.5%
限度額700万円以下 4.0%
限度額800万円以下 3.5%
限度額900万円以下 3.0%
限度額1000万円未満 2.5%
限度額1000万円 1.9%

住宅ローンの利用者でない限り、利用限度額は限られますが……。
そもそも希望限度額が50万円以下であれば、「横浜銀行カードローン」より「横浜バンクカード」の方が低金利ですね。ついでにキャッシュカード機能付き、クレジット機能付きとなればその分使い勝手も良いでしょう。

ただ「横浜銀行カードローン」の「大きな限度額をもらえやすい」という点は気になるところで、
仮に希望借入額が50万円であっても、300万円の限度額をもらえていれば適用金利は8.8%と「横浜バンクカード」より大幅におトクとなります。(借入限度額の全額を借りる必要はありません)

あなたにある程度安定した経済力があり、キャッシュカードとローンカードを一体化させたい、という希望が無いのなら……。
やはり低金利で借りられる可能性のある、「横浜銀行カードローン」の方をおすすめしたいところではありますね。

一方、これに当てはまらないのなら(または100万円を超える限度額をもらう自信がないのなら)、「横浜バンクカード」への申込も十分選択肢となるでしょう。

ちなみに申込条件を見る限り、「横浜銀行カードローン」より「横浜バンクカード」の方が審査難易度はやや高そうです。
ダメ元で「横浜バンクカード」へ申し込み、この審査に通らなかった場合に「横浜銀行カードローン」を検討するのもアリかと思います。

CHECK横浜銀行カードローン審査基準を徹底分析!申込はネットから ★横浜銀行住宅ローン契約者であれば、専用「横浜バンクカード」で金利優遇を受けられます。該当する場合は「横浜銀行カードローン」より、低金利で借りられることが多くなるでしょう。
詳しくは以下の公式HPをご覧ください。

CHECK横浜銀行公式HP「カードローン金利一覧」

もともと預金口座の開設予定があるなら「口座開設後、カードローン申込み」がおすすめ

さて、ここからはようやく「横浜銀行口座を新しく開設してでも、カードローンを利用したい!」というあなたに向けてその口座開設方法・タイミングを紹介していきます。

まず、あなたが「カードローンの審査に通るか通らないかにかかわらず、横浜銀行の預金口座を作るつもり」あるいは「少しでも早く借りたい」と考えているのなら、「口座開設が済んでからカードローンに申し込む」のがおすすめ。
というのも「横浜銀行カードローン」の申込方法のうちもっとも便利かつスピーディな「WEB完結」を利用するためには、申し込み時点で横浜銀行口座が必要なんですね。
(審査結果が出てから口座を開設する場合、FAXまたは郵送での契約が求められる)

この場合の口座開設方法は、やはり「横浜銀行窓口での手続き」がベストでしょう。

★横浜銀行の総合口座(普通預金口座)開設方法

通帳受取に必要な時間 その他
銀行窓口 最短30分程度
  • その場で「ICキャッシュカード」を受け取れる
  • (一部対象外店舗あり。この場合は1~2週間後に送付)

  • 田町支店・品川支店・五反田駅前支店・恵比寿支店は口座開設不可
  • 都内でも口座を開設できる店舗はあります

スマートフォンアプリ 1~2週間
  • 運転免許証必須
  • 「横浜バンクカード」への申込は不可
  • キャッシュカードが届くまでにはさらに+1週間ほど必要
郵送申し込み 3週間程度
  • インターネットで申し込み→書類が届く→これに記入し返送→通帳などが送られてくる、という流れ

ご覧の通り、通帳受け取り(=口座開設完了)に掛かる時間は、口座開設の方法によって大きく異なります。 多くの横浜銀行店舗は「ICキャッシュカード」の即時発行にまで対応していますので、窓口での手続きが可能であればこれを利用するのがベストと言えます。(横浜バンクカードの即時発行は不可)

任意の窓口で口座を取得すれば、家に帰ってそのまま「横浜銀行カードローン」へインターネット申し込みが可能。(横浜銀行カードローンは店頭申込に対応していません)
あとは既存の横浜銀行ユーザーと同じく、「WEB完結」を使い最短1営業日で融資を受けられます。

CHECK横浜銀行カードローン・契約の流れ(WEB完結)

「審査結果にかかわらず口座は必要」あるいは「借入を急ぎたい」という場合には、「銀行窓口で口座開設+WEB完結」を行うのがベストです。

横浜銀行窓口の営業時間は原則「平日9時~15時」に限られますが、一部店舗は土日の来店・口座開設に対応しています。
詳しくは以下の公式HPをご覧ください。

CHECK横浜銀行公式HP「休日営業店舗のご案内」 ★店頭での口座開設には「お届け印」「本人確認書類」「マイナンバーを確認できる書類」(本人確認書類との兼用可)、「1円以上の入金額」が必要です。

CHECK横浜銀行公式HP「店頭で口座をひらく」

★一部横浜銀行支店はキャッシュカードの即時発行に対応していないとのこと。
この場合であっても通帳の即時受け取り&カードローンの契約は可能ですが、これが気になるのなら事前にお近くの店舗に問い合わせを行うことをおすすめします。

★口座の不正取引が横行していることから、横浜銀行に限らず現在多くの金融機関では「自宅もしくは勤務先・通学先などの最寄り店舗」以外で口座を開設することが困難となっています。ご承知おきください。

★最寄りの窓口は、以下のページからお探しいただけます。

CHECK横浜銀行公式HP「店舗・ATMのご案内」

カードローンのためだけに口座を開きたいなら、審査結果が出てからの開設が基本

冒頭で触れた通り、「横浜銀行カードローン」で同銀行の口座が必要になるのは「契約時」、つまり審査結果が出た後です。
そのため審査に不安があったり、「希望した結果が出なければ口座は必要ない」という場合には、審査の答えが出た後で口座を開設したほうが良いでしょう。
横浜銀行に問い合わせを行ったところ、銀行側はこちらの方法を推奨しているようですね。

【管理人】山本
現在口座を持っていないのですが、店舗に出向いて口座を作った上で申し込むのと、インターネットで先にカードローンへ申し込むのとではどちらが良いですか。

オペレーターの回答
カードローンの契約前には審査をさせていただきます。 この審査に必ずお通り頂けると約束することはできませんので、カードローンの審査結果が出てからの申し込みをおすすめしております。

ただ、最もスピーディかつ簡単な「WEB完結」契約を利用するためには「最初の申込時点」で横浜銀行口座が必要
審査結果の確認後に口座を作るとFAXまたは郵送での書類提出が必要となる点に関しては、あらかじめご承知おきください。FAX送信環境を用意できずに郵送で契約を行う場合、借入には最低でも1週間~長ければ2週間ほどの時間が掛かると思われます。
(ローンカードの到着前に1度振込で融資を受けられるので、一般的な郵送契約に比べればスピーディです)

詳しい契約の流れや審査スピードなどについては「横浜銀行カードローンの契約について(2018年版)」のページをご覧ください。

★審査結果が出てから口座を開設する場合であっても、その方法は自由に選択できます。
(銀行窓口、スマートフォンアプリ、郵送のいずれか)
基本的には「WEB完結」利用時と同じく、最もスピーディな銀行窓口開設がおすすめですね。

CHECK横浜銀行の総合口座(普通預金口座)開設方法

横浜銀行への問い合わせ<<横浜銀行 契約 当該箇所>>によると、審査は最短1営業日でありながらも「長ければ1週間ほどの時間が掛かる」とのこと。あらかじめご承知おきください。

まとめ

★前提として、「横浜銀行カードローン」は契約を結ぶまでに「横浜銀行口座」を作る必要がある。加えて毎月の返済は同口座からの引き落としで行われるため、他にメインバンクがある状況でこのローンを使うのはややリスキーかも
★新規口座開設の際にはキャッシュカードを「ICキャッシュカード」「横浜バンクカード」の2種類から選べる。「横浜バンクカード」は便利ではあるが、「横浜銀行カードローン」の審査を重視するなら「ICキャッシュカード」を選択しておきたいところ
ただし「横浜銀行カードローン」で金利優遇を受ける自信が無いのなら、申込み先を「横浜バンクカード」に変更するのもアリ
★便利な「WEB完結」を利用するためには申し込みの段階で横浜銀行口座が必要
いずれにせよ口座を開設する予定があるのなら、あるいは借入を急ぐなら「店頭で口座開設を行った後、WEB完結申し込み」を行うのがベストか
★審査結果を確認した上で口座を開設するのも良いが、この場合はFAXか郵送での契約が必須となる。特に郵送を利用する場合、契約には1~2週間掛かると見ておこう

どのタイミングでどのように口座開設を行うべきかは人それぞれ。
いつまでにお金を借りたいか、銀行窓口に出向く時間はあるかといったポイントを考慮の上、あなたに合った契約方法を選びましょう。

CHECK横浜銀行カードローン・契約の流れと在籍確認の電話について
CHECK横浜銀行カードローンの総まとめ:申し込み~借り入れ・返済額や返済方法まで※2017年版
CHECK横浜銀行カードローンの契約に必要な書類(本人確認書類、収入証明書類他)


この記事でチェックしたカードローン情報

横浜銀行カードローン (基本情報)
実質年利 1.9%~14.6% 限度額 10万円〜1000万円
保証料 なし 審査時間 最短翌日
(公式HP参照)
融資スピード 最短翌日
(公式HP参照)
自社口座 必要(口座が無くても申込可)
備考
  • 次の地域に居住・もしくは勤めている人のみ利用可能
  • 神奈川県、東京都、群馬県前橋市・高崎市・桐生市

横浜銀行の公式サイトで詳細をチェックする!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。