1分で分かる!横浜銀行カードローンの特性と審査通過目安

    1分で分かる!横浜銀行カードローンの特性と審査通過目安

    「よく広告を見かける横浜銀行のカードローンが気になる。
    いつも使っている銀行で借りられたなら、それに越したことはないけれど…」

    横浜銀行が取り扱うのは、一言でいうと「特別に条件が良いわけではないが、使い勝手や申込みやすさに優れた」カードローン。
    超低金利で借りたい!…という場合にはより良い選択肢がありますが、普段から横浜銀行を使っている方にとって、大事な申込み先候補になることは間違いないでしょう。

    今回はそんな横浜銀行のカードローンについて、実際に同窓口へ問い合わせを行いながら、そのメリット・デメリットや審査通過目安をまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたがこのカードローンへ申し込むべきか、もしそうならどのように手続きを進めていくべきかが分かります。

    横浜銀行カードローン
    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.5%~14.6%10万円〜1000万円最短翌日
    (公式HP参照)
    最短翌日
    (公式HP参照)
    申込条件郵送物回避条件
    • 次の地域に居住・もしくは勤めている人のみ利用可能
    • 神奈川県、東京都、群馬県前橋市・高崎市・桐生市

    ポイント

    • 横浜銀行口座がなくても24時間WEBで申込可能
      ※契約までにご作成ください。
    • 月々の返済は2,000円〜

    1分で分かる!横浜銀行カードローンの特性と審査通過目安

    1分で分かる!横浜銀行カードローンの特性と審査通過目安

    横浜銀行カードローンの特性や審査通過目安について、はじめにまとめてしまうと以下のようになります。

    1分で分かる!横浜銀行カードローン
    ▶金利は普通(月1.2%程度)だが横浜銀行ユーザーにとっての使い勝手(借入・返済の便利さ)は◎
    審査難易度は低めと見られ、独身のアルバイトでも年収200万円(あるいはそれ以下)で審査通過を狙える
    ┗配偶者の扶養に入っているなら無所得(専業主婦)でもOK
    つまり…
    少しでも良い金利で借りたい…というよりは「普段の生活の中で、便利にカードローンを使いたい」という横浜銀行ユーザー向け

    あなたが普段から横浜銀行の口座を使っているのなら、借入・返済の使い勝手に優れるこちらのカードローンが生活の助けとなってくれるでしょう。

    一方、

    • 使い勝手よりも金利の低さを重視したい
    • そもそも横浜銀行ユーザーではない

    という場合には、他社/他行カードローンの選択をおすすめします。

     CHECK【上限10%未満】おすすめ低金利カードローンランキングの決定版!【口座不要】
    CHECK全110の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう

    横浜銀行カードローンを選ぶべきはどんな人?申込前に知っておきたいメリット・デメリット

    横浜銀行カードローンを選ぶべきはどんな人?申込前に知っておきたいメリット・デメリット

    ここからは、横浜銀行カードローンの特性についてもう少し詳しく解説させて頂きます。

    ①カードローンのスペック自体はごく普通、基本的には横浜銀行ユーザー向け

    横浜銀行カードローンの、基本スペックは以下の通りです。

    横浜銀行カードローン
    金利1.5~14.6%
    (~月1.216%程度)
    限度額
    (借入可能額)
    10万円~1000万円
    自宅への郵送物あり
    勤務先への電話
    在籍確認
    あり(担当者個人名または銀行名/事前選択可)
    申込者都合での回避相談OK
    申込み~融資の所要時間2~3営業日
    (すでに口座がある場合)
    返済仕様毎月10日、横浜銀行口座からの自動引き落とし
    毎月2,000円~
    (借入額10万円以下の場合)
    利用条件(公式HPより)次の条件をすべて満たす方

    • ご契約時満20歳以上69歳以下の方
    • 安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
    • 次の地域に居住またはお勤めの方
      • 神奈川県内全地域
      • 東京都内全地域
      • 群馬県内の以下の市
      • 前橋市、高崎市、桐生市
    • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
    • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
    その他
    • 横浜銀行の口座開設必須

    年14.6%という上限金利は、銀行カードローンの中ではごく一般的なもの。1ヶ月当たりに直すと、借入額に対し1.216%くらいの利息(手数料)が発生する計算になりますね。

    例:金利年14.6%で10万円を1ヶ月間借りた場合、1,216円前後の利息発生

    特別低い数字ではありませんが、この利息を許容できるのであれば、金利面での問題はないだろうと思います。

    参考適用限度額別の適用金利
    限度額金利(年利)
    100万円以下14.6%
    100万円超
    ~200万円
    11.8%
    200万円超
    ~300万円
    8.8%
    300万円超
    ~400万円
    6.8%
    ※限度額400万円超の場合については公式HP参照
    ※安定収入のある正規雇用者の場合、適用限度額は「最大で年収の3分の1~2分の1」程度が目安

    ②大口融資に積極的で、おまとめ・借り換え目的でも選択しやすい

    さて、横浜銀行カードローンは最大手とは言え「地方銀行」らしく、大口融資に比較的積極的という特性を持っています。
    この方針は公式HPの、「おまとめ・借り換え」目的での利用を推奨している点からも見て取れますね。

    残念ながら今回問い合わせを行ったところでは、限度額目安について明確な回答を得ることはできませんでしたが…。
    以前、同行に電話を掛けた際には「限度額は年収の100%を超えない範囲となる」という回答を頂けたこともありました。

    さすがに年収の100%にあたる契約が結べる方はごく稀だと思われますが…。

    その他の地方銀行や大手銀行の融資傾向を見るに、安定収入ある正規雇用者であれば「年収の3分の1~2分の1」にあたる契約を結ぶことも難しくはないでしょう。

    横浜銀行カードローンの審査難易度は「銀行基準では低め」か

    横浜銀行カードローンの審査難易度は「銀行基準では低め」か

    横浜銀行カードローンの審査基準は、銀行カードローンの中では「低い方」と推測されます。

    理由は簡単で、公式HP上にパート・アルバイトの方の申込みや、毎月の返済負担額の安さ(=返済能力の高くない人へのアピール)に関する記載が見られるからですね。

    私たちは、カードローンの審査を無料で受けることができますが…。
    審査の実施自体にはそれなりのコストが掛かるはず。
    つまり銀行側に、「どうせ審査に落ちてしまう人」を申し込ませるメリットは無いわけですね。

    にもかかわらず、返済能力や属性の高くない人へのアピールが見られるという点からは、単純に返済能力が高くなくても審査に通過できる可能性があるのだと見て良いでしょう。

    これまでに実施したアンケート調査に基づく、一般的な銀行カードローンの審査通過目安は以下の通りですが…。

    一般的な銀行カードローンの審査通過目安

    • 年収を問わず、正規雇用者である
    • 非正規(アルバイト等)でも200万円前後の年収を得ている
    • 配偶者の扶養に入っている

    ※いずれも他社借入、ブラック状態等のマイナス点がない場合に限る

    横浜銀行の場合はもう少し低い水準(年収100万円台のアルバイト等)でも審査通過を狙えそう。

    実際、公式HPの「お借入れ3秒診断」では、「年収100万円・他社借入1件」という属性でも「お借り入れ可能と思われます」の表示を確認できます。
    (とは言えこの診断結果はあまりアテにできるものではありませんが…)

    参考【年収100万円~】銀行カードローン申込者50名に聞いた!審査の甘い銀行と体験談

    横浜銀行に聞いた!借入までの必要日数と契約の流れ・必要書類

    横浜銀行に聞いた!借入までの必要日数と契約の流れ・必要書類

    ここからは、横浜銀行と実際にカードローン契約を結ぶ流れについて見ていきましょう。

    まずは公式HPに載っていなかった、「借入までの必要日数」について同行へ問い合わせを行った結果をご覧ください。

    【管理人】山本
    借入までにはどれくらいの時間が掛かりますか?
    オペレーターの回答
    お客様は横浜銀行のお口座をお持ちでしょうか?
    【管理人】山本
    はい、あります。
    オペレーターの回答
    でしたら、お申し込み後のショートメールから書類を送信していただきまして、ご住所ですとかお届けの内容にお変わりがありませんでしたら、そこから2~3営業日ほどでお振込みまでいけるかと思います。

    2~3営業日で借入可能、というのは銀行カードローンにしてはかなり早いですね。

    土日祝日は審査を行っていないので、週末に申し込むといくらか時間が掛かりやすくなるかもしれませんが…。
    即日融資を希望しているような状況でなければ、十分なスピードだと言って良いでしょう。

    ①横浜銀行カードローン、契約の流れ

    「横浜銀行カードローン」における、基本の契約の流れは以下の通りです。

    横浜銀行カードローン 契約の流れ

    インターネットから申込み
    審査開始
    携帯電話へ申込確認
    前後してSMSの案内に従い必要書類の提出
    電話で審査結果連絡
    (最短で申込みの翌営業日)
    SMSの案内に従いネット上で契約手続き
    横浜銀行があなたの口座に振込
    (希望者のみ/ここまで2~3営業日)
    ローンカードの送付
    (簡易書留)

    何かやるべきことがあればSMS(ショートメッセージサービス)や電話で案内が入りますので、手続き面での不安は不要でしょう。

    ちなみに自宅へのローンカード送付を避けることはできません。

    ②横浜銀行カードローンの必要書類

    現行の「横浜銀行カードローン」必要書類は以下の通りです。

    横浜銀行カードローンの必要書類
    本人確認書類(全利用者必須)
    以下のうちいずれか1パターン

    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
    • 在留カード
    • パスポート(住所記入欄あり)
    • パスポート(住所記入欄なし)
       +住民票または公共料金等の領収書の写し
    • 健康保険証
       +住民票または公共料金等の領収書の写し
    収入証明書類(希望限度額が50万円超の場合のみ必須)
    • 源泉徴収票
    • 納税証明書
    • 確定申告書
    • 住民税決定通知書

    各書類は「スマートフォン等で撮影しアップロード」という形で簡単に提出可能。
    書類の準備さえ済んでいれば、とくに手間取ることもないでしょう。

    CHECK【職業別】すぐ分かる!収入証明書類の入手方法とよくある質問

    ③契約後の借入は原則ATMまたはインターネットサービスで

    横浜銀行との契約終了後、もしくは自宅にローンカードが届いた後に使えるようになる借入方法は以下の通りです。

    審査の結果決まる「限度額(借入可能額)」の範囲内で自由に借りられる、というのはどちらの方法を用いる場合でも変わりません。

    横浜銀行カードローンの借入方法
    ATM出金
    • 以下のATMは手数料無料
      • 横浜銀行ATM
      • セブン銀行ATM
      • ローソン銀行ATM
      • E-netATM
         (ファミリーマート等)
      • イオン銀行ATM
    • その他の提携ATMも利用可(手数料が生じる可能性あり)
    インターネット
    • インターネットバンキング(はまぎんマイダイレクト)または「はまぎんアプリ」を通し、あなたのカードローン残高から横浜銀行預金残高に振替
    • 1円単位で取引可
    • メンテナンス時間を除き、24時間365日即時反映

    大手銀行らしく、インターネットを使った借入サービスが充実しているのは嬉しいポイントですね。

    提携他行のATMを使う場合などを除き、借入に手数料は発生しません
    そのため現金が必要なときにはATM、口座にお金が欲しいときにはインターネットサービス、というように、2つの手段を使い分けられると便利です。

    銀行カードローンには珍しく、在籍確認(勤務先確認)の融通も利くとのこと

    銀行カードローンには珍しく、在籍確認(勤務先確認)の融通も利くとのこと

    カードローンの審査を受ける上で、気になりやすいのが「在籍確認(勤務先確認)」の過程。

    これは金融機関が「申込者が、本当に申込内容通りの勤務先に勤めていること」を確認する審査工程のことで、主に電話を使って行われます。
    要はあなたの勤務先に、銀行から電話が掛かってくるわけですが…。

    これについて実際に、横浜銀行へ問い合わせを行ったところ、以下のような回答を頂くことができました。

    【管理人】山本
    在籍確認の電話はどのようにかかってきますか?
    オペレーターの回答
    横浜銀行の誰々と申しますが…といった形、もしくは銀行名を名乗らず担当者の個人名でお掛けしております。
    【管理人】山本
    勤務先への電話は必須でしょうか?
    オペレーターの回答
    原則としてお電話をお掛け致しておりますが、もし控えてほしいということでしたら代わりの方法でご案内できることもございます。
    【管理人】山本
    事前に選択できるのでしょうか?
    オペレーターの回答
    はい、お勤め先にお電話差し上げる前に必ず携帯電話の方にお電話お掛け致しますのでご安心ください。

    ということで横浜銀行の場合は、

    • 電話の際に「銀行名」「個人名」のどちらを名乗ってもらうか、事前に聞いてもらえる
    • 電話自体を回避することも可能

    ということで、かなり在籍確認に融通が利く模様。これは銀行カードローンの中では珍しい特徴ですね。

    職場への電話が気になる、という場合には、

    • お客さん等から名指しで電話が掛かってくる機会が多いなら「担当者個人名」で
    • 個人名での電話が不安なら「横浜銀行名」で
    • そもそも電話を避けたいなら、その旨の相談を事前に行う

    といった対応を取ることをおすすめします。

    CHECK3行に聞いた!銀行カードローンの在籍確認方法とよくある質問

    ★ちなみに「電話の代わりの方法」というのは、十中八九「勤務先を確認できる書類の提出」でしょう。
    勤務先への電話を避けたいのであれば、給与明細や源泉徴収票、勤務先から発行された保険証といった任意の書類1点を、あらかじめご用意ください。

    横浜銀行カードローンの返済方法と、それに伴う注意点について

    横浜銀行カードローンの返済方法と、それに伴う注意点について

    横浜銀行カードローンにおける、基本の返済方法は「毎月10日、横浜銀行口座からの自動引き落とし」となります。

    そして気になる、毎月の引き落とし額の決まり方は以下の通り。

    横浜銀行カードローンの返済額
    前月の引き落とし後の借入残高当月の引き落とし額
    10万円以下2,000円
    10万円超
    ~20万円
    4,000円
    20万円超
    ~30万円
    6,000円
    30万円超
    ~40万円
    8,000円
    40万円超
    ~50万円
    10,000円
    50万円超
    ~100万円
    15,000円
    100万円超
    ~150万円
    20,000円
    150万円超
    ~200万円
    25,000円
    ※200万円超の借入については公式HP参照

    借入残高に対する引き落とし額はかなり軽いですね。
    これは一見すると、家計への負担を抑えられるというメリットのようですが…。
    毎月の返済額が軽いというのは、それだけ「借入がなかなか減らない」ということでもあります。

    また横浜銀行の場合、引き落としに前後して当月の利息(金利年14.6%の場合、月1.216%程度)が借入残高として組み込まれます
    「借入額に対し、ごく少額の引き落とし」と「利息の組み入れ」が同時に行われるせいで、「実際の引き落とし額の半分も、借入残高が減らない」ということは多々起こるでしょう。

    例:借入額50万円の場合、引き落とし額は1万円。
    ただし50万円1ヶ月借りた場合、月の利息は6,080円前後。
    「1万円を返済し、約6千円が借入額として組み入れられる」結果、「1万円支払ったのに約4千円しか借入残高が減らない」結果となる

    ということで横浜銀行の場合、毎月の返済を「自動引き落とし」だけに任せておくのはかなり危険です。

    とは言えこちらのカードローンでは、各ATMやインターネットサービスを使った「追加返済」(繰上返済/任意返済)がいつでも可能。
    余裕があるときには積極的に追加返済を行うことで、無駄な利息の発生を避けられることでしょう。

    要は「損をしないためには、できる限り早く返済しよう」ということですね。

    横浜銀行から100万円を借りる場合の比較(金利年14.6%)
    毎月自動引き落としのみで支払い
    (月1.5万円
    →月1万円
    →月8千円
    →月6千円
    →月4千円
    →月2千円)
    2,407,193円
    (302回/25年2ヶ月
    毎月5万円を支払い1,153,100円
    差額1,254,093円

    CHECK3ステップで簡単!カードローンの金利・利息と返済の仕組み:損をしない借入のコツとは

    Q1:一緒に住んでいる家族に知られず借りられますか?

    Q1:一緒に住んでいる家族に知られず借りられますか?

    横浜銀行の場合はキャッシュカードとは異なる「ローン専用カード」が発行されますので、契約時の郵送物送付を避けることはできません

    その郵送物を外から見た限りでは、「横浜銀行から届いた、何か重要そうな書類」であること以上は分かりませんが…。
    もしも自宅への郵送物を避けたいとお考えなら、その希望に合った申込み先(三井住友銀行カードローン大手消費者金融会社など)を選んだ方が良いでしょう。

     CHECK誰にもバレずにお金を借りる方法:家族や勤務先に内緒でカードローンを使うコツとは

    参考横浜銀行への問い合わせ結果

    【管理人】山本
    自宅への郵送物はありますか?
    オペレーターの回答
    契約の後にはローンカードをお送りしておりますので、必ず一通は銀行名でお届けする形となります。
    その後の明細などはインターネットでもお受け取り可能です。もし返済が滞ったりということがなければ…。

    Q2:横浜銀行カードローンの審査に落ちたらどうすればいいですか?

    審査落ちの理由にもよりますが…。
    横浜銀行カードローンの審査難易度は、先述通り銀行カードローンの中でも低い方。

    ここの審査に通れなかったようなら、より柔軟な審査を行う消費者金融系カードローンを選ぶのが無難でしょう。

    CHECK1分で分かる!消費者金融の比較とあなたに合ったカードローン:審査が甘い、在籍確認なし他

    参考大手消費者金融の簡易比較
    プロミス
    • 上限金利17.8%
    • 30日間無利息
    • 24時間振込、ネット返済OK
    • 借入が初めてなら審査に通りやすい、ただし複数件の他社借入には厳しめ
    レイクALSA
    • 上限金利18.0%
    • 60日間無利息または180日間5万円以下無利息
    • 24時間振込、ネット返済OK
    • 他社より若干成約率が低い
      (=審査厳しめ)
    アイフル
    • 上限金利18.0%
    • 初めての方最大30日間無利息
    • 24時間振込OK
      ※受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります。
      ┗ネット返済は不可
    • 原則として在籍確認なし
    • 他社借入、ブラック状態ともに寛容
      ┗特に他社借入に関しては随一
    アコム
    • 上限金利18.0%
    • 30日間無利息
    • ネット返済OK
      ┗時間外振込は限定的
    • みずほ銀行ユーザー等は郵送物なし+来店なしの両立不可
    • 他社借入、ブラック状態ともに寛容
    SMBCモビット
    • 上限金利18.0%
    • 24時間振込OK
      ┗ネット返済は不可
    • 郵送物回避に諸条件あり
    • WEB完結なら勤務先への電話連絡なしだが申込みに諸条件あり
    • 他社借入には寛容だがブラックに厳しい
      ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

    Q3:横浜銀行フリーローンとの違いは何ですか?

    「フリーローン」は、限度額の範囲内で何度でも借りられるカードローンと異なり「一度借りたら、分割払いで返済のみを行う」タイプのローンを指します。

    例:50万円を借りて36回払いで返す

    その性質上、カードローンよりも計画的に返済しやすいため、「まとまったお金を一度だけ借りたい」(おまとめ・借り換え目的含む)という場合には、フリーローンの方が利息が膨らみにくく、安全と言って良いでしょう。

    ちなみに横浜銀行の場合、カードローンとフリーローンの審査基準に違いは無いとのことでした(同行への問い合わせによる)。

    CHECK横浜銀行公式HP「横浜銀行フリーローン」

    横浜銀行カードローンについてのまとめ

    まとめ

    ポイント
    • 横浜銀行カードローンは特別低金利でこそないが、横浜銀行ユーザーにとって借入・返済しやすい便利なカードローン
    • 審査難易度は低めと推測され、年収200万円未満のアルバイターでも十二分に審査通過を狙える
    • 注意点は毎月の引き落とし額がやたら安いこと。
      返済を引き落としに任せていると長い期間を掛けて多額の利息を取られかねないので、余裕があるときには積極的にATMやインターネットサービスを使った追加返済を行いたい

    融資スピードやインターネットを使った借入・返済サービスに優れる「横浜銀行カードローン」。

    横浜銀行ユーザーにとって非常に便利なローンであることは確かですが…。
    実際にお金を借りる際には、知らないうちに多額の利息を支払う羽目になってしまわないよう、「できる限り早く返す」ことを徹底したいところです。

    CHECK3ステップで簡単!カードローンの金利・利息と返済の仕組み:損をしない借入のコツとは

    横浜銀行カードローン
    金利1.5~14.6%
    (~月1.216%程度)
    限度額
    (借入可能額)
    10万円~1000万円
    自宅への郵送物あり
    勤務先への電話
    在籍確認
    あり(担当者個人名または銀行名/事前選択可)
    申込者都合での回避相談OK
    申込み~融資の所要時間2~3営業日
    (すでに口座がある場合)
    返済仕様毎月10日、横浜銀行口座からの自動引き落とし
    毎月2,000円~
    (借入額10万円以下の場合)
    利用条件(公式HPより)次の条件をすべて満たす方

    • ご契約時満20歳以上69歳以下の方
    • 安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
    • 次の地域に居住またはお勤めの方
      • 神奈川県内全地域
      • 東京都内全地域
      • 群馬県内の以下の市
      • 前橋市、高崎市、桐生市
    • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
    • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
    その他
    • 横浜銀行の口座開設必須

    この記事でチェックしたカードローン情報

    横浜銀行カードローン
    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.5%~14.6%10万円〜1000万円最短翌日
    (公式HP参照)
    最短翌日
    (公式HP参照)
    申込条件郵送物回避条件
    • 次の地域に居住・もしくは勤めている人のみ利用可能
    • 神奈川県、東京都、群馬県前橋市・高崎市・桐生市

    ポイント

    • 横浜銀行口座がなくても24時間WEBで申込可能
      ※契約までにご作成ください。
    • 月々の返済は2,000円〜

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。