横浜銀行カードローンの審査はアルバイトでも通過OK!その根拠と在籍確認&口コミ評判も

    横浜銀行カードローンの審査はアルバイトでも通過OK!その根拠と在籍確認&口コミ評判も
    「どこかの金融機関からお金を借りるなら、一番身近な横浜銀行がいい。
    けれど銀行カードローンは審査が厳しいと聞くし…」

    確かに銀行カードローンの審査は、消費者金融に比べて厳しいとされますが…。
    それが問題となってくるのは、いわゆる「ブラック状態」や多重債務など明らかな不安点を抱えている方の場合。
    実際、横浜銀行に関して言えば決して年収が高くない、アルバイトの方でも審査通過を狙えます。

    今回はそんな「横浜銀行カードローン」について、その特性や決して審査難易度が高くないと言える理由等についてまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたがこのローンを選ぶべきか否かが分かります。

    横浜銀行カードローン
    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.5%~14.6%10万円〜1000万円最短翌日
    (公式HP参照)
    最短翌日
    (公式HP参照)
    申込条件郵送物回避条件
    • 次の地域に居住・もしくは勤めている人のみ利用可能
    • 神奈川県、東京都、群馬県前橋市・高崎市・桐生市

    ポイント

    • 横浜銀行口座がなくても24時間WEBで申込可能
      ※契約までにご作成ください。
    • 月々の返済は2,000円〜

    1分でチェック!横浜銀行カードローンの審査難易度目安と特徴

    1分でチェック!横浜銀行カードローンの審査難易度目安と特徴
    それでは早速、横浜銀行カードローンの特性について見てみましょう。

    1分でチェック!横浜銀行カードローンの特性
    • 審査難易度は決して高くなく、年収200万円未満のアルバイトでも審査通過を狙える
    • ある程度の年収があれば初回から高額契約を狙いやすい傾向も
    • 金利自体は「銀行の中では普通」なので、少しでも低い金利で借りたいなら目的に合った申込み先を選びたい
    • インターネットを使った随時振込サービスなど、横浜銀行ユーザーにとっての利便性は高い

    要はこの「横浜銀行カードローン」、銀行の中で比べると特別低金利…というわけではないものの、

  • 比較的審査に通りやすい
  • 高限度額を獲得しやすい
  • 横浜銀行ユーザーなら便利に利用しやすい
  • というメリットを持つわけですね。

    あなたが横浜銀行ユーザーであるなら、かなり有力な申し込み先候補となってくれることは間違いないでしょう。

    ★横浜銀行カードローン
    金利1.5%
    ~14.6%
    限度額10万円
    ~1000万円
    融資までの日数最短2~3営業日
    郵送物回避不可
    在籍確認
    (勤務先確認)
    原則担当者の個人名で勤務先に電話連絡
    ただし事前相談で回避可
    詳細当該項目
    借入方法
    • ATM出金
      ┗横浜銀行ATM、各コンビニATMなど
    • インターネットバンキング
    返済方法
    • 自動引き落とし
    • ATM出金
    • インターネットバンキング
    • ※返済額は月2,000円~

    申込み条件(公式HPより)
    • ご契約時満20歳以上69歳以下の方
    • 安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
    • 次の地域に居住またはお勤めの方
      • 神奈川県内全地域
      • 東京都内全地域
      • 群馬県内の以下の市
        前橋市、高崎市、桐生市
    その他
    • 横浜銀行の口座必須

    審査難易度は決して高くない:アルバイトでも審査通過を狙えると言える根拠は?

    審査難易度は決して高くない:アルバイトでも審査通過を狙えると言える根拠は?
    冒頭でもお伝えした通り、横浜銀行カードローンの審査は決して厳しいものではありません
    まずはそう言い切れる根拠について見ていきましょう。

    ①公式HPに「パート・アルバイトOK」の明記アリ

    前提として、金融機関が「どうせ審査に落ちてしまう人」を申し込ませるメリットはありません。
    私たちは無料で審査を受けられるのに対し、銀行側は「審査落ち」という判断を下すためにもコストが掛かるためですね。

    そのため審査難易度が高いカードローンは、厳しい申込み条件を課すなどして「どうせ審査に落ちてしまう人」を申し込ませないよう、対策を取っているのですが…。
    (例:年収700万円未満の方は申込不可となる千葉銀行「プレミアクラス」)

    これに対して横浜銀行カードローンでは、公式HPに堂々と「パート・アルバイトの方も可」という文字を見ることができます。

    決して社会的信用の高くないパート・アルバイトの方でも申し込める…ということは、パート・アルバイトの方が申込みを行っても横浜銀行が損をしない、つまり審査通過の可能性が十分に存在すると見込んで差し支えないでしょう。

    ②3秒診断では年収100万円未満でも「お借入れ可能」の文字を確認可能

    上の推測を裏付けるように、横浜銀行公式HPに設置してある「3秒診断」では、「年収100万円」あるいはそれ以下の数字を入力しても、「お借入れ可能と思われます」の結果を見ることができます。

    3秒診断の結果-1

    ▲▼横浜銀行公式HPより

    3秒診断の結果-2

    この診断の精度自体はあまり高くないようなので、「お借入れ可能と思われます」の表示が出たところで100%審査に通れるとは限りませんが…。

    もしある程度高めの審査難易度を設定しているのなら、年収100万円未満だという方を申込みに誘導するはずがありません。

    ということで…

    「パート・アルバイトOKを明記」かつ「年収100万円以下の方も歓迎」という方針を取っている横浜銀行カードローンの審査難易度は、決して高くないと見て良いでしょう。

    一定以上の年収があるなら最初から100万円以上の限度額を獲得できるかも

    一定以上の年収があるなら最初から100万円以上の限度額を獲得できるかも
    審査に不安があっても申し込みやすい横浜銀行のカードローン。
    一方で審査にある程度自信がある方にとっては「比較的大きな限度額(利用可能額)を狙いやすい」というメリットがあります。
    実際、今回実施したアンケート調査では、初回から100万円の限度額を獲得できたという方もいらっしゃいました。

    限度額は横浜銀行が審査により決定するため、必ずしも希望通りの金額を借りられるとは限りませんが…。
    数々の「高額契約に成功した」という報告を見る限り、高限度額狙いでこのカードローンへ申し込むことも十分視野に入りそうです。

    この特性を活かし、既存ローンのおまとめや借り換えに「横浜銀行カードローン」を用いるのも良いでしょう。

    参考横浜銀行における限度額ごとの適用金利
    限度額適用金利
    100万円以下14.6%
    100万円超
    ~200万円
    11.8%
    200万円超
    ~300万円
    8.8%
    300万円超
    ~400万円
    6.8%
    400万円超
    ~500万円
    4.8%
    ※500万円超の場合については公式HP参照

    ★ちなみに銀行カードローンにおける、一般的な限度額は「最高でも年収の2分の1程度」までとなります。
    また横浜銀行は貸金業者でないため、総量規制は適用されません

    横浜銀行ユーザーなら借入&返済は非常に便利

    横浜銀行ユーザーなら借入&返済は非常に便利
    横浜銀行カードローンを利用する上では「横浜銀行」の口座開設が必須
    そのためこちらは基本的に、「普段から横浜銀行口座を使っている方向け」のカードローンとなっているのですが…。

    申込対象者が限られる分、横浜銀行カードローンでは同行ユーザーが便利に使えるよう、借入・返済サービスが整備されています。
    簡単にまとめると、以下のようになりますね。

    ★横浜銀行カードローンの借入・返済仕様
    借入について
    ATM出金
    • 横浜銀行+各コンビニ、イオン銀行等のATMで自由に出金可能
    • ATM手数料は常時無料
    インターネットバンキング
    • インターネットバンキング(はまぎんマイダイレクト)を通して、ほぼ時間や曜日を問わず入金可能
    • 振替手数料は常時無料
    返済について
    • 横浜銀行口座から毎月自動引き落とし
      (最低返済額2,000円~)
    • ATM、インターネットバンキングを使った追加返済も随時OK

    普段から横浜銀行口座を使っているのであれば、借入・返済ともにほぼ困ることはないでしょう。

    ★返済についての詳細や注意点については、以下のページをご覧ください。

    CHECK横浜銀行カードローンのメリット・デメリットと契約の流れ>返済について

    一方で金利が特別低いわけではない:他社カードローンとの比較

  • 審査に不安があっても申し込みやすい
  • 審査に自信があるなら高限度額を狙いやすい
  • 横浜銀行ユーザーは借入や返済が便利
  • という利点を持つ「横浜銀行カードローン」ですが…。

    強いて懸念を挙げるとすれば、「他にもっと低金利なカードローンが存在する」ことでしょうか。

    横浜銀行カードローンの金利(上限14.6%)自体は銀行カードローンの中では「ごく普通」で、決して高いものではありません。
    が、少しでも低い金利で借りたいとお考えなら、他社カードローンを選択肢に加えてみても良いだろうとは思います。

    ちなみに金利14.6%でお金を借りる場合、1ヶ月あたりの利息(サービス料)は、「借入額の1.2%前後」となりますね。

    参考横浜銀行より低金利なカードローン
    横浜銀行カードローン
    • 上限金利14.6%
      (月1.2%程度)
    • 横浜銀行口座必須
    • 横浜銀行ユーザーの利便性◎
    JCB「FAITH」
    • 上限金利12.5%
      (月1%前後)
    • 横浜銀行より高難易度
      ┗アルバイト、自営不可
    アイフルファーストプレミアムカードローン
    • 上限金利9.5%
      (月0.8%前後)
    • 高難易度
      最低年収300万円~
    • 即日融資
    • 30日間無利息
    • 郵送物の回避OK
    • 在籍確認なし
    住信SBIネット銀行「プレミアムコース」
    • 上限金利7.99%
      (月0.66%前後)
    • 高難易度
      目安年収400万円~
    • 住信SBIネット銀行の口座必須
    参考レイクALSA
    • 上限金利18.0%
      (月1.5%前後)
    • 即日融資
    • 郵送物の回避OK
    • 60日間または180日間5万円無利息
    ※一般銀行カードローンの金利は横浜銀行と同程度なので除外(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行など)

    横浜銀行に聞いた!カードローン契約の流れ・必要日数と必要書類

    横浜銀行に聞いた!カードローン契約の流れ・必要日数と必要書類
    ここからはメリット・デメリットを確認した上で「横浜銀行」へ申し込みたいというあなたのため、実際の契約手順についてお話しさせて頂きます。

    まずは現在の、「申込から借入までに必要な時間」について、横浜銀行に問い合わせてみた結果をご覧ください。

    【管理人】山本
    申し込みから借入までにはどれくらいの時間が掛かりますか?
    横浜銀行の回答
    審査の状況にもよりますが、ご本人さま確認書類等の受付の最短翌日、通常2~3営業日で審査の結果をご連絡しております。

    ご契約後、ローン専用カード到着前に融資をご希望の場合には、お客さまの口座に直接振込での融資も可能です。

    ということで、ローンカードの郵送前に振込でお金を借りる場合、申込から借入までの所要時間は2~3営業日
    公式HPに記載してある「最短翌日」での融資には期待しづらいものの、借入までに2週間以上掛かることも珍しくない地銀カードローンの中ではかなり優秀だと言えます。

    ★ただし各消費者金融会社と異なり、即日融資や土日祝日の審査・融資には対応していません。

    ①横浜銀行カードローン、契約の流れ

    現在の「横浜銀行カードローン」契約の流れは以下の通りです。

    横浜銀行カードローン
    契約の流れ

    インターネットから申込み
    必要書類のアップロード
    審査
    在籍確認あり
    ※携帯電話に確認が入る可能性あり
    電話で審査結果連絡
    (ここまで2~3営業日)
    インターネット上で契約手続き
    横浜銀行があなたの口座に振込
    (希望者のみ)
    ローンカードの送付
    (契約後1週間~)
    ATMを使った借入が可能に

    契約の流れ自体はごくスタンダード。
    ご覧の通り、銀行窓口に出向くことなく手続きを完了させられます。

    ②横浜銀行カードローンにおける必要書類

    横浜銀行とのカードローン契約に必要な書類は以下の通りです。

    ★横浜銀行カードローンの必要書類
    本人確認書類
    (全利用者必須)
      以下のいずれか

    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
    • パスポート
      ┗住所記載がないものの場合は+住民票または公共料金の領収書
    • 在留カード
    • 健康保険証+住民票または公共料金の領収書
    収入証明書類
    (希望限度額50万円超の場合)
      以下のいずれか

    • 源泉徴収票
    • 納税証明書
    • 確定申告書
    • 住民税決定通知書
    ※審査状況によってその他の追加書類が生じる場合あり

    各書類は申込後に送られてくるSMS(ショートメッセージサービス)での連絡に応じ、「スマートフォンなどで撮影+アップロード」という方法で提出可能。
    書類さえ用意できていれば、さほどの手間は掛からないかと思います。

    ★その他郵送、FAXでの書類送付も可能です。

    横浜銀行に聞いた!在籍確認(勤務先確認)は「原則個人名で実施&電話の回避OK」

    カードローンの審査を受ける上で気になりやすいのが「在籍確認(勤務先確認)」
    これは「申込者が、その勤務先に勤めていること」を確認する審査過程の1つですが、その方法は金融機関によって少しずつ異なります。

    ということで、実際に横浜銀行へ問い合わせてみました。

    【管理人】山本
    在籍確認はどのように行われますか?
    横浜銀行の回答
    在籍確認時は基本的に担当者の個人名でお勤め先にご連絡しますが、聞かれた場合には横浜銀行である旨をお伝えしています。
    【管理人】山本
    在籍確認の電話は必須ですか?
    横浜銀行の回答
    ご事情がある場合にはお勤め先を確認できる書類の確認などで対応させて頂ける場合もございます。

    横浜銀行カードローンにおける在籍確認の方法は原則「担当者個人名を用いた電話連絡」。
    ということで、申込後には「○○と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?」といった連絡が入ることでしょう。
    ただし決して社名を明かさない消費者金融と異なり、身元を尋ねられた際には「横浜銀行」と告げるようですね。

    基本的に、在籍確認の連絡のせいで借入が他人に知られることはありませんが…。
    「名指しで電話を掛けてくるのはやめてほしい」という場合には「書類による在籍確認」も可能とのこと。

    こちらを希望する場合には、インターネット申込みの直後、自動送信の形で届くSMSに記載してある電話番号へ相談を行うのが良いでしょう。

    ちなみに「勤務先を確認できる書類」としては、

  • 勤務先から発行された保険証
  • 最新の給与明細書
  • 最新の源泉徴収票
  • 等が挙げられます。

    ★在籍確認の電話を、申込者本人が取る必要はありません
    あくまで目的は「あなたがその勤務先に勤めていると確認すること」ですので、電話を取った誰かが「××はただ今席を外しています」等の対応を取ってくれたなら、それで在籍確認は完了となります。

    証拠付き!横浜銀行カードローン利用者2名の口コミ評判・体験談

    証拠付き!横浜銀行カードローン利用者2名の口コミ評判・体験談
    ここからは申込の参考情報として、実際の横浜銀行ユーザーの口コミ体験談を紹介させて頂きます。

    ①最初から100万円を借りられた派遣社員の方の口コミ評判・体験談

    まず紹介するのは、派遣社員ながら「最初から100万円」を借りられた方の体験談。

    最初から100万円を借りられた派遣社員の方の契約の事実を確認できる画像

    ▲▼契約の事実を確認できる画像とアンケート回答
    属性
    • 年収340万円
    • 派遣社員(1年)
    • 他社借入2件計37万円
      (アコム、楽天銀行)
    契約内容
    • 金利14.6%
    • 限度額100万円
      (希望額100万円)
    借入の理由
    自宅や車のローンですが、この時は転職したばかりで給与が以前より下がりボーナスもなくなったので手持ちでは足りなくなりました。
    必要金額は両方合わせて50万円くらいだったと思います。
    審査上の不安点
    特にカードローンの滞納は無かったので審査は通ると思っていましたが、希望通りの限度額が借りられるか不安でした。
    また申し込んだときは職場の在籍期間も短かったです。
    自由な口コミ・感想など
    消費者金融と違って即日で借りるのは難しいですが、金利がそこまで高くなく新規でも限度額が多いのがメリットだと思います。
    返済はATMでいつでも可能で残高もスマートフォンですぐに確認できるので利便性は高いですね。

    37万円の既存借入を上回る100万円の限度額を獲得できたということで、横浜銀行に債務を一本化(おまとめ)してもまだゆとりがありますね。

    契約内容、利便性どちらにも満足しているということで、上手に横浜銀行を活用できた例だと言えるでしょう。

    ②審査不安を抱えていた方の口コミ評判・体験談

    こちらは上に挙げた方と似た属性ながら、「審査不安があった」という方のアンケート回答。

    審査不安を抱えていた方の契約の事実を確認できる画像

    ▲▼契約の事実を確認できる画像とアンケート回答
    属性
    • 年収350万円
    • 会社員(1年)
    • 他社債務1件5万円
      (ショッピングリボ)
    • 2年以内にクレジットカードを1ヶ月程度延滞
      (ブラック未満のキズ)
    契約内容
    • 金利14.6%
    • 限度額20万円
      (希望額20万円)
    借入の理由
    両親に返さなければならないお金があり、20万程必要だったが新卒1年目だった為貯金がなく、借入に至りました。
    審査上の不安点
    学生の頃1度だけクレカの支払いが1ヶ月遅れてしまったことがあったので、そこが不安な点だった。
    自由な口コミ・感想など
    審査が早くてスムーズだったと記憶している。すぐに返済したが、大変助かった。現在はあまり使っていない。

    不安点は「学生の頃の、1ヶ月程度のクレジットカード延滞」。
    確かに1ヶ月ほどの延滞については、個人信用情報機関(個人の「後払い」利用状況が記録されている場所)に「ブラック未満のキズ」として残っている可能性も高いのですが…。

    この方が希望通りの限度額を借りられたことを見ても分かる通り、「過去の、それも1回くらいの延滞」は審査結果にさほど影響しません

    延滞が現在進行形、あるいは2ヶ月以上に及んでいる場合はその限りでないものの、この方くらいの状況なら、そこまで気にしなくても良いでしょう。
    実際、似たような状況の方の審査通過例は、横浜銀行以外の銀行カードローンでも多く見られます。

    CHECK【初心者向け】ブラックリストとは?ブラック条件&期間と確認方法を簡単解説

    FAQ:一緒に住んでいる家族に知られず(郵送物なしで)借りられますか?

    FAQ:一緒に住んでいる家族に知られず(郵送物なしで)借りられますか?
    残念ながら、横浜銀行カードローンにおいて自宅への郵送物は避けることができません
    契約後は必ず、ATMでお金を借りるためのローンカードが送られてくるからですね。

    100%郵送物を避けたいのであれば、

  • プロミス
  • 三井住友銀行カードローン(※郵送物回避に来店必須)
  • などをお選びください。

    

    FAQ:横浜銀行の審査に落ちてしまったら、次はどこを受ければ良いですか?

    審査落ちの理由によっても変わってきますが…。
    もしもあなたが、

  • 信用情報(これまでのローンやカードの利用履歴)
  • 年収の低さ
  • といった部分に問題を抱えているのなら、「アイフル」等の消費者金融系カードローンを選ぶのが無難でしょう。

     CHECKあなたに向いてる金融機関はどれ?選択肢を選んで簡単チェック!

    ただし、「現在進行形で他社ローンの支払いを延滞中」という場合には、消費者金融会社含むどの業者でも審査通過は厳しくなります。
    この場合は債務整理などを検討することとなるでしょう。

    CHECK消費者金融の借金:債務整理したら事故情報が残る?時効はいつ?

    FAQ:横浜銀行フリーローンとの違いは何ですか?審査難易度は異なりますか?

    横浜銀行フリーローンは、同行カードローンと全く同じ金利・限度額設定ながら「一度借りたら分割払いで、返済のみを行う」タイプのローン商品です。

    ★カードローンとフリーローンの違い
    カードローン
    • 審査によって決定した「限度額」に達するまで、何度でもお金を借りられる
    • 返済はリボ払い(定額分割払い)
    フリーローン
    • 契約時にまとまったお金を借りたら、回数分割払いで返済のみを行う

    必要な場面に応じてお金を借りたいなら「カードローン」を、
    決まった目的のためにまとまったお金を借りたいなら「フリーローン」を選ぶと良いでしょう。

    ちなみに実際に横浜銀行に訊いてみたところ、2つの審査の内容は共通とのことでした。

    ★カードローンの「リボ払い」仕様については、以下のページをご覧ください。

    CHECK横浜銀行カードローンのメリット・デメリットと契約の流れ>返済について

    横浜銀行カードローンの審査と特性についてのまとめ

    横浜銀行カードローンの審査と特性についてのまとめ

    横浜銀行カードローンの特性(再掲)
    • 審査難易度は決して高くなく、年収200万円未満のアルバイトでも審査通過を狙える
    • ある程度の年収があれば初回から高額契約を狙いやすい傾向も
    • 金利自体は「銀行の中では普通」なので、少しでも低い金利で借りたいなら目的に合った申込み先を選びたい
    • とは言えインターネットを使った随時振込サービスなど、横浜銀行ユーザーにとっての利便性は高い

    審査に不安がある方、そうでない方のどちらにもメリットがあり、利便性も高い「横浜銀行カードローン」。
    あなたが普段からこの銀行の口座を使っているのであれば、第一の申込み先候補となってくれることは間違いないでしょう。

    ★横浜銀行カードローン
    金利1.5%
    ~14.6%
    限度額10万円
    ~1000万円
    融資までの日数最短2~3営業日
    郵送物回避不可
    在籍確認
    (勤務先確認)
    原則担当者の個人名で勤務先に電話連絡
    ただし事前相談で回避可
    詳細当該項目
    借入方法
    • ATM出金
      ┗横浜銀行ATM、各コンビニATMなど
    • インターネットバンキング
    返済方法
    • 自動引き落とし
    • ATM出金
    • インターネットバンキング
    • ※返済額は月2,000円~

    申込み条件(公式HPより)
    • ご契約時満20歳以上69歳以下の方
    • 安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
    • 次の地域に居住またはお勤めの方
      • 神奈川県内全地域
      • 東京都内全地域
      • 群馬県内の以下の市
        前橋市、高崎市、桐生市
    その他
    • 横浜銀行の口座必須

    この記事でチェックしたカードローン情報

    横浜銀行カードローン
    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.5%~14.6%10万円〜1000万円最短翌日
    (公式HP参照)
    最短翌日
    (公式HP参照)
    申込条件郵送物回避条件
    • 次の地域に居住・もしくは勤めている人のみ利用可能
    • 神奈川県、東京都、群馬県前橋市・高崎市・桐生市

    ポイント

    • 横浜銀行口座がなくても24時間WEBで申込可能
      ※契約までにご作成ください。
    • 月々の返済は2,000円〜

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。