【横浜銀行カードローン】2つの契約方法の選び方&在籍確認を同銀行に聞いた!

横浜銀行のカードローンを使いたいけれど、ローンの契約と言うとなんだか難しそう……」

いいえ、横浜銀行の場合、住宅ローンや自動車ローンなど「いわゆる銀行ローン」とカードローンの契約方法は大きく異なります。

と言うのもカードローンの契約は「現時点で横浜銀行口座を持っていれば」かなり簡単手続きはインターネット上で済ませられるから、銀行窓口に出向く必要すらないんですね。
(というより銀行窓口ではカードローンを取り扱っていない)

今回はそんな「横浜銀行カードローン」の契約方法について、実際の問い合わせ内容をもとにまとめました。
読み終えていただければ、不安なく横浜銀行への申し込みを進められることでしょう。

このページは、すでに「横浜銀行カードローン」への申し込みを決定された方を対象としています。
横浜銀行カードローンに申し込むべきか分からない、どういったローンなのか知りたい、という場合には先に「横浜銀行カードローンのメリット・デメリットと使い方」のページをご覧ください。

★横浜銀行カードローン

金利 1.9%~14.6% 利用限度額 10万円~1000万円
審査スピード 最短1営業日 融資スピード 最短1営業日
申込条件
(公式HPより)
以下条件をすべて満たす方。

  1. ご契約時満20歳以上69歳以下の方
  2. 安定した収入のある方、およびその配偶者
    (パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
  3. 次の地域に居住またはお勤めの方
    神奈川県内全地域
    東京都内全地域
    群馬県内の以下の市
    前橋市、高崎市、桐生市
  4. 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  5. 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

★上記の申込み条件をすべて満たしていることを前提に解説していきます。

横浜銀行カードローン (基本情報)
実質年利 1.9%~14.6% 限度額 10万円〜1000万円
保証料 なし 審査時間 最短翌日
(公式HP参照)
融資スピード 最短翌日
(公式HP参照)
自社口座 必要(口座が無くても申込可)
備考
  • 次の地域に居住・もしくは勤めている人のみ利用可能
  • 神奈川県、東京都、群馬県前橋市・高崎市・桐生市

横浜銀行の公式サイトで詳細をチェックする!

事前にチェック!横浜銀行カードローンの申込み方法は大きく分けて2種類

まずは、横浜銀行カードローンへ申し込むにあたっての基礎知識を紹介していきます。

①口座があるなら契約方法はほぼ「WEB完結」一択

横浜銀行カードローンの申込み・契約方法は、大きく分けて「WEB完結」「それ以外」の2つ。
(それ以外……インターネット等で申し込み+FAXや郵送で契約する方法)

「WEB完結」とは、名前通り契約手続きをすべてインターネット上で済ませられる方法のことですね。(契約の過程で電話での確認は入りますが)
こちらは契約に必要な書類(後述)を「スマートフォンなどで写真を撮って提出」できたり、インターネット上で契約内容を確認できるおかげで、FAXや郵送に比べるとずっと手軽かつスピーディに契約可能。手続きはメール等の指示に従って簡単にこなせますので、スマートフォンなどの操作に不安があってもさほど問題は無いでしょう。

すでに横浜銀行に口座をお持ちで、かつ銀行におとどけの住所や電話番号などに変更が無いのなら、この「WEB完結」を利用できます。
条件にあてはまるのなら、申込み方法はこれ一択と言って良いでしょう。

一方、「審査結果が出てから口座を開設したい」「インターネットでの契約に抵抗がある」といった場合には、FAXや郵送での契約を利用することになりますね。

★お届けの住所等と現住所に違いがある場合の手続きについては以下のページをご覧ください。

CHECK横浜銀行公式HP「住所・電話番号を変更したい」

インターネットでも住所変更手続きは可能ですが、反映までには1週間ほど時間が掛かるとのこと。
銀行窓口だとある程度早く反映してもらえますが、「銀行窓口で住所変更+WEB完結」を利用するよりは、素直に「インターネットで住所変更申し込み」+その間に「FAXや郵送での契約」を選んだ方が、来店の必要が無い分手軽かと思います。

②必要書類はどの申込み方法でも共通

一般的なカードローンの例に漏れず、横浜銀行カードローンも契約には「必要書類」の提出が必要となります。
(以前は「WEB完結」に限り書類なしで契約できましたが現在は不可)

とは言え、そんなに大層な書類を用意する必要はありません。

★横浜銀行カードローンの必要書類

本人確認書類
(全利用者提出)
以下のうちいずれか一点

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 収入証明書類
    (希望借入額が50万円を超える場合)
    以下のうちいずれか一点

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 提出を求められる書類はごく一般的なもの。
    健康保険証が本人確認書類として認められますので、書類を用意できなくて困ることは無いでしょう。

    書類の提出方法は契約方法(WEB完結かそうでないか)を問わず、

  • 書類をスマートフォンで撮影し、所定の場所へアップロード
  • FAXで送信
  • コピーを取って郵送
  • の3種類から選択できます。

    最も簡単なのは「スマートフォンで撮影+アップロード」ですが、手続き方法がよく分からないという場合にはFAXなどを使っても良いでしょう。
    ちなみに横浜銀行の窓口ではカードローン業務を取り扱っていませんのでお気を付けください。
    (申込書は置いてありますが、窓口では取り扱っていないので郵送する必要がある)

    【申込み時点で口座必須】一番簡単&スピーディな「WEB完結」の流れ(2018年版)

    ここからは最も選択される方が多いと思われる「WEB完結」の流れを紹介していきます。

    ★FAXや郵送を使った契約については、後の項目をご覧ください。

    ①おおまかな契約の流れ

    「WEB完結」は申し込みから契約・ローンカード送付まで、すべての過程を含めた呼び名。そのため、途中で「FAX・郵送契約」に枝分かれすることはありません。
    そんな「WEB完結」の流れは以下の通り。

    横浜銀行カードローン
    契約の流れ
    (WEB完結)

    WEB完結専用フォームから申し込み

    横浜銀行から携帯電話等へ申し込み内容確認の電話

    審査開始
    在籍確認の可能性あり

    審査の過程で必要書類の提出を求められるので
    SMS(電話番号を使ったショートメッセージサービス)
    の指示に従い提出

    電話やメールで審査結果連絡
    (ここまで最短1営業日~長いと1週間程度)

    メールに記載のアドレスから
    契約内容の確認・同意

    横浜銀行があなたの横浜銀行口座に希望額を振込

    後日自宅にローンカードの送付

    一見難しいようではありますが、実際のところは電話やメール、SMS(ショートメッセージサービス)に書いてある指示に従えば済むため、不安に思う必要はありません。

    「WEB完結」申し込みの際には横浜銀行の「キャッシュカード」(横浜バンクカードもOK)が必要となります。
    こちらをお手元にご用意の上、手続きに進んでください。

    ★契約後の借入・返済方法については以下のページをご覧ください。

    CHECK横浜銀行カードローンの総まとめ(2017年版):申し込み~借入・返済まで

    ★以前は存在した「契約限度額が50万円を超える場合、WEB完結は利用できない」という制限は撤廃されています。
    WEB完結であっても、収入証明書さえ提出できれば大きな金額の契約が可能ですのでご安心ください。

    ★横浜銀行の場合、「希望限度額を上限に」審査を行うとのこと。大きな借入限度額を希望する場合(金利を下げたい場合含む)は、希望限度額を高めに入力しておきましょう。
    参考横浜銀行カードローンのユーザー層&おすすめ層について

    ②ただし審査には長いと1週間ほどの時間が掛かるとのこと

    「最短1営業日」で審査結果の出る横浜銀行カードローン。
    2018年から銀行の即日審査は撤廃されたので、本当に1日で審査が完了すれば銀行カードローンの中では三井住友銀行などと並び最速となるわけですが……。
    実際に銀行に問い合わせてみたところ、実際の審査にはもう少し時間が掛かりそうですね。

    【管理人】山本
    今日の午後あたりに申し込んだら、いつくらいまでに振込が終わりそうですか。
    (振込みは15時以降も対応しているのか)

    オペレーターの回答
    審査までに2~3日、長いと1週間ほど掛かってしまう場合があるのですが……。
    お客様は横浜銀行のお口座をお持ちでしょうか。

    【管理人】山本
    はい、あります。

    オペレーターの回答
    いつもありがとうございます。
    銀行にお届けの住所と現住所に変わりはありませんか?

    【管理人】山本
    はい、大丈夫です。

    オペレーターの回答
    でしたらホームページから入っていただきまして、「WEB完結」というところから申し込んでいただくのが一番早いですね。
    それでも何日まで、とお約束することはできかねてしまいますが……。

    【管理人】山本
    もし審査が土日にかぶってしまうと、初回の振込みも遅くなってしまいますか?

    オペレーターの回答
    そうですね、そのような形となってしまいます。

    横浜銀行カードローンの電話窓口自体は土日も動いていますが、審査結果が出るのは銀行営業日、つまり平日に限られますのでお気を付けください。

    また、最速のはずの「WEB完結」でも1週間ほどの時間が掛かり得ることから、「確実に今週中に借りたい!」という場合には他社を選んだ方が都合が良さそうです。

    CHECK即日融資対応の消費者金融会社比較
    CHECK三井住友銀行カードローンについて ※2018年現在、おそらく最短&口座なしで借りられる銀行カードローン

    FAXや郵送を使った契約にも対応

    「WEB完結」を利用できるのは「申し込み時点で横浜銀行に口座があり、銀行に届けている住所などに変更が無い場合」に限られます。
    これに該当しないのなら(審査結果が出てから口座を作りたい場合を含む)、あるいは単にインターネットでの契約に抵抗があるのなら、「FAXや郵送」を使った契約を行うことになるでしょう。

    横浜銀行カードローン
    契約の流れ
    (FAXまたは郵送)

    「通常申し込み」フォーム、
    もしくはFAX・郵送を通して申し込み

    横浜銀行から携帯電話等へ申し込み内容確認の電話

    審査開始
    在籍確認の可能性あり

    審査の過程で必要書類の提出を求められるので
    任意の方法で提出
    (アップロード、FAX、郵送のいずれか)

    電話やメールで審査結果連絡
    (ここまで最短1営業日)

    口座をお持ちでない場合、ここで開設手続き

    契約書類をインターネット上でダウンロード
    もしくは横浜銀行から郵送で受け取り

    契約書類に記入して返送
    (FAXまたは郵送)

    横浜銀行があなたの横浜銀行口座に希望額を振込

    後日自宅にローンカードの送付

    「FAX」を使えば審査結果が出た当日に書類を送付できるはずですが、問い合わせの結果「最も早いのはWEB完結」とのことですので、こちらの方法だと手続きを後回しにされやすいのかもしれません。
    借入には少なくとも数日程度が掛かると見ておいた方が良さそうです。(FAX契約の場合)

    申込書(最初に出すもの)は横浜銀行の窓口(おそらくATMコーナー近く)に置いてありますが、インターネット申し込みが可能であればその方が楽でしょう。

    ★こちらの方法についても次にやるべきことはメールや電話で指示が入りますので、上の過程をすべて覚える必要はありません。

    在籍確認は「必要と判断されたとき、個人名または銀行名」で実施される

    上に挙げた契約の流れのうち、「在籍確認」という文字に疑問を持たれた方は少なからずいらっしゃるかと思います。

    在籍確認とは、あなたが申し込み内容通りの勤務先に努めていることを横浜銀行が確認すること。この手段は主に「電話」となります。つまりあなたの勤務先に、横浜銀行から電話が入るわけですね。

    この過程自体はほとんどのカードローンで行われますが、「どういった名乗り方をするか」といった詳細は申込先によりバラバラ。
    そういうわけで、実際に横浜銀行の窓口に問い合わせを行ってみました。

    【管理人】山本
    カードローンを利用する際に、在籍確認というものはありますか。

    オペレーターの回答
    はい、審査の際に必要になりました場合には、お電話をお掛けすることがございます。

    【管理人】山本
    電話はどのように掛かってきますか。

    オペレーターの回答
    そうですね、担当者の個人名で特に横浜銀行という銀行名ですとか用件は名乗らず、お知り合いのような形でお電話させていただきます。

    【管理人】山本
    横浜銀行の名前を名乗っていただくことはできますか?

    オペレーターの回答
    はい、そちらご希望でしたらそのような形でお電話させていただきます

    【管理人】山本
    今から電話をかけます、といった事前の連絡はありますか。

    オペレーターの回答
    それはお約束できかねてしまいますね。申し訳ございません。

    横浜銀行の在籍確認は基本的に担当者名、「○○と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか」といった形で掛かってくる模様。
    この方法は消費者金融会社(アコムなど)が用いるのと全く同じですので、これが気になるのであれば事前に問い合わせの上、「横浜銀行」名を名乗ってもらうようお願いしたほうが良いかもしれません。
    ……が、実際のところ在籍確認だけを理由に借入が知られてしまうことはほとんど無いため、さほど気にしなくても良いでしょう。

    CHECK在籍確認の概要とその会話例

    専業主婦や年金生活者が申し込みを行う場合、在籍確認は実施されません。

    ★何らかの理由で在籍確認に失敗してしまった場合、固定電話をお持ちでない個人事業主が申し込みを行う場合など、電話で勤務の実態を確認できないときには「勤務先や営業の実態を証明できる書類」の提出を別途求められる可能性があります。
    (給与明細書、社会保険証、確定申告書など)

    まとめ

    横浜銀行カードローンの契約過程は大きく分けて「WEB完結」「それ以外」の2つ。
    申込時点で横浜銀行口座を持っており、銀行への届け出内容と現住所や電話番号に違いが無いのなら、最も簡単&スピーディな「WEB完結」を選んで問題ナシ
    ★審査は最短1営業日……と公式HPには書いてあるものの、問い合わせによると実際のところは厳しいのかも。最長で1週間程度の時間が掛かると考えた上で、余裕をもって申し込もう
    在籍確認は原則個人名で行われるが、事前相談により銀行名を名乗ってもらうことも可能

    最大手地方銀行とだけあって、インターネットを使った便利な契約にもバッチリ対応している「横浜銀行カードローン」
    まずは現在のあなたが「WEB完結」の条件を満たしているか確かめた上で、必要書類などの準備をはじめましょう。

    CHECK【横浜銀行カードローン】口座開設はいつ・どうやってすべき?問い合わせ結果も
    CHECK横浜銀行カードローンの総まとめ(2017年版):申し込み~借入・返済まで
    ※借入・返済方法は変更なし(2018年現在)


    この記事でチェックしたカードローン情報

    横浜銀行カードローン (基本情報)
    実質年利 1.9%~14.6% 限度額 10万円〜1000万円
    保証料 なし 審査時間 最短翌日
    (公式HP参照)
    融資スピード 最短翌日
    (公式HP参照)
    自社口座 必要(口座が無くても申込可)
    備考
    • 次の地域に居住・もしくは勤めている人のみ利用可能
    • 神奈川県、東京都、群馬県前橋市・高崎市・桐生市

    横浜銀行の公式サイトで詳細をチェックする!

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。