横浜銀行カードローンで増額:限度額100万円超で金利もダウン

横浜銀行カードローンで増額:限度額100万円超で金利もダウン

横浜銀行カードローン借り入れ中だけど、限度額(利用限度額枠)が足りなくなってきた……。
そんな悩みを持つ方は多いことだと思います。

今回はすでに横浜銀行カードローンと契約済みの方を対象に、その増額方法について説明して行きます!

①増額には審査が必要

横浜銀行に限らず、カードローンの増額には審査が必要。この審査のことを「増額審査」「増枠審査」と呼びます。

yokohama-credit-limit_02

自分で増額申請した方はもちろん、銀行側から増額案内を受けた場合であっても、増額審査は必要なので注意!

増額審査は、初回の審査と全く同じように行われます。
横浜銀行に直接確認したところ、「転職していない場合でも在籍確認は必須」との回答だったので、納得した上で増額審査に申し込みをしましょう。

在籍確認』のページも併せて参考にしてみてくださいね

②一般的な増額審査通過の条件

  • 6ヶ月以上、横浜銀行カードローンを継続的に利用している(増額審査が初回の方)
  • 前回の増額審査後、6ヶ月以上が経っている(2度目以降の増額審査の方)
  • すでに限度額ギリギリまで借り入れている
  • 今までに一度も延滞していない
  • カードローン増額の一般的な条件は、以上の通り。
    上の3つをクリアしているのなら、あとは横浜銀行に判断を任せるしかありません。

    増額審査の基準は金融機関によって違いますし、どこも企業秘密となっています。
    「こうすれば必ず増額できる!」と言うことはできないのが実際のところですが、
    上の条件をすべて満たしている方であれば、申請額にもよるものの1度目の増額は比較的通りやすいようです。

    ③できれば押さえておきたい、増額審査に通るコツ

  • 積極的に、毎月の最低返済額以上のお金を返済する
  • 転職を考えている方は、転職前に増額審査を受ける
  • 電話を掛けるときには丁寧に
  • 上の3つは必須条件ではないものの、クリアしておくと少し増額審査に通りやすくなります。
    できるだけ時間をかけて、コツを押さえておくと良いですね!

    yokohama-credit-limit_03

    一人の人に大金を貸すのは、銀行にとってもちょっとリスキー。できるだけ信用できる人にお金を貸したいですよね。
    そのため毎月の返済を積極的に行っている方は、好印象となり少し審査に有利になるんです。

    また、勤続年数は長いほどベター。
    転職を考えている方は、転職前に増額審査の申し込みをしましょう。

    横浜銀行カードローンの増額方法

    ①ハガキや電話で増額案内が来たら

    ハガキや電話で横浜銀行から増額案内が来たら、大チャンス!高い確率で増額審査に通過できます。

    yokohama-credit-limit_04

    ハガキの場合はハガキの指示に従い、署名して返送。
    電話の場合はそのまま増額希望の旨を伝えればそれでOK。

    いくらまで増額可能かも予め教えてもらえるので、申請額に迷う必要もありません!

    ただし、契約時に比べて収入が大きく減った方は申し込みはやめておいた方が良いかもしれません……。

    ②自分で増額申請をするなら横浜銀行に電話を掛けよう

    横浜銀行カードローンの増額申請は、電話で行います。

    yokohama-credit-limit_05

    番号:0120-458-014
    平日9:00~20:00、土日祝日9:00~17:00

    契約番号や口座番号を尋ねられるので、必ずローンカードとキャッシュカードを手元に置いて電話を掛けましょうね。
    あとは、希望限度額や増額理由などの簡単な質問に答えて、審査結果を待つだけでOKです。

    横浜銀行カードローンの金利は100万円まで一定なので、100万円までなら比較的増額しやすい傾向にあります。
    逆に言えば、50万円の限度額から一気に300万円の増額……というのは難しいかも。

    はじめて増額審査を受ける方は、希望額を100万円以下に設定しておくのがおすすめです。

    ③増額審査は最短即日!

    yokohama-credit-limit_06

    電話で申し込む場合、増額審査は最短即日。ですが翌日にもつれこむことも多いので、今日中にお金を借り足したい!という方にはあまり向いていないかも。
    余裕を持って申し込みをしましょう。

    ④所得証明書は50万円まで不要

    増額審査では本人書類と、希望限度額が50万円を超えるときに限り、収入証明書の提出が必要です。

    ★横浜銀行カードローンの契約に必要な書類

    本人確認書類いずれか一点
    (全利用者)
    • 運転免許証
    • 健康保険証+住民票または公共料金等の写し
    • パスポート
    • マイナンバーカード(個人番号カード)
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    希望限度額が60万円以上の場合
    横浜銀行から要求のあった場合
    いずれか一点
    • 源泉徴収票
    • 納税申告書
    • 確定申告書
    • 住民税決定通知書

    書類はFAXか郵送で送信することになります。
    インターネットでの提出はできません。(2016年9月現在)

    利用限度額が100万円を超えると金利が下がる!

    ①横浜銀行カードローンの金利一覧

    限度額増額には、借りられるお金が大きくなる他に金利が下がる、というメリットも。

    yokohama-credit-limit_07

    横浜銀行カードローンの限度額ごとの金利は、以下のようになります。

    利用限度額(借入可能額) 金利
    100万円以下 14.6%
    100万円超過~200万円 11.8%
    200万円超過~300万円 8.8%
    300万円超過~400万円 6.8%
    400万円超過~500万円 4.8%
    500万円超過~600万円 4.5%
    600万円超過~700万円 4.0%
    700万円超過~800万円 3.5%
    800万円超過~900万円 3.0%
    900万円超過~990万円 2.5%
    1000万円 1.9%

    限度額が上がるほど金利が低くなるのがわかりますね。
    この仕組みは、限度額が高い方=お得意様ほどおトクに利用できるようになっています。

    低金利を目指せば目指すほど、増額審査は厳しくなります。

    ②最大限度額は年収の3分の1~2分の1程度

    正確には決まっていないものの、多くの銀行カードローンの最大限度額は、年収の3分の1~2分の1程度
    これは、長い間信頼を積み重ね、何度も増額を重ねた結果の最大額となります。

    そのため、1000万円の限度額をもらうためには、最大でも2000万円~3000万円の年収が必要と考えられるんです。
    この割合を、希望限度額の目安にしてみてくださいね。

    限度額の大きな金融機関ほど、大きなお金を借りやすい傾向にあります。
    横浜銀行の限度額は1000万円と全国トップ
    そのため、ほかの金融機関に比べ大きな限度額をもらえやすいと推測できるんです。

    横浜銀行カードローンの増額体験談

    yokohama-credit-limit_09

    横浜銀行からハガキが届いて、限度額を100万円に増額できる、と書いてあったのでお受けすることにしました。これまでの限度額は50万円です。
    葉書を返送して数日後に電話が来て、問題なく増枠となりました。
    とてもスムーズに増枠できてよかったと思います。
    横浜銀行の限度額はもともと30万円だったのですが、契約から2年ほど経ち年収も少し上がったので、増額申請をしてみました。今の年収は450万円くらいです。
    正直ダメ元だったのですが、希望額の100万円まで引き上げてくれたので、増額については結構やりやすいカードローンかもしれません!

    まとめ

    yokohama-credit-limit_10

    横浜銀行カードローンの利用限度額を増額するためには、審査が必要
     通過の条件をクリアしていることを確認しよう!
    ★毎月積極的に、最低返済額以上のお金を返済しているとベター
    ★横浜銀行から増額案内が来ているなら、審査通過の可能性大
    ★年収や借入状況にもよるものの、100万円までなら比較的増額審査に通過しやすい
    ★増額審査は最短即日で結果連絡!
    ★収入証明書は希望限度額50万円を越えると必要。増額申請の時に気を付けて
    ★横浜銀行カードローン限度額は最大でも年収の3分の1~2分の1まで

    小手先の工夫で、増額審査の結果が大きく変わることはありません。
    増額審査通過の条件を守れているのなら、早速電話を掛けて増額申請をしてみるのもアリでしょう!
    ただ大きな金額を借りやすい銀行カードローンですから、増額に成功したときには、これまで以上に計画的な借り入れを心掛けましょうね。 

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。